« 【番外編】一生に一度の(?)デザイン(丸亀市婚姻届・福岡市婚姻届) | トップページ | 【番外編】十年の執念:上(川根本町10周年・肝付町10周年・肝付町ロゴ) »

2016年11月30日 (水)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その173:かたづけ・たい)

(承前)

塩キャラ/塩ロゴ在庫が減ってきたとなると(とはいえまだまだ強力な隠し球も残ってるけど)、いささか素性の知れないものも相手にせざるを得ない。

古い作品だと、公募時・制定時の情報がネット上から消されてしまうことも多くて、作者もわからなくなりがち。愚blogでは、作者が塩崎一族であると判明すれば本編に、そうと言えなければ【無明の闇】に分類してきたけど、やはり限界事象はどうしても出てくる。

大阪市
大阪市建設局
「かたづけ・たい」(路上違反簡易広告物撤去活動員制度)ロゴマーク
塩崎栄一
かたづけ・たい

「かたづけ・たい」とは、ご当地で2002年度から始められた市民協働政策で、担当は建設局管理部路政担当(現在は路政課)。各地に存在するアダプト制度(cf.【その67】・【第六十八夜】・【その155】)のはしりといったところか。

-----
大阪市では、路上にあふれる違反簡易広告物(はり紙、はり札、立看板、のぼり旗、簡易広告板など)を市民の皆さんによるボランティアで撤去活動をしていただける団体「かたづけ・たい」を募集しています。
-----

「撤去活動をしていただける」ってとこがミソ。「撤去活動をしていただく」ではないのさ(笑)。

1990年代からだったかな、街なかにチラシ類が猛烈にベタベタ貼られるようになったのは。業界でいうと両横綱は消費者金融、不動産。今や懐かしい電話ボックスの中を埋め尽くしていた、風俗系のちっちゃいビラもひどかったですね。
美観を損ねるこれらへの対応は、貼っては剥がし貼っては剥がしのいたちごっこで、お役所だけに任せといたんではとても間尺に合わない、ということで民間からもこうした制度の導入を望む声が上がったものと理解される。

閑話休題、この作品の作者を栄一とする根拠は唯一、さるBBSに出ている次の記事しかない([ ]内はツル註)。

-----
(2008/07/26 抜粋)

【大阪市生野区の塩崎栄一さん(商業デザイナー・63歳)のお仕事】

[大阪市]「かたづけ・たい」ロゴマーク

[桑名市]子育て応援企業登録事業・シンボルマーク
 [→【その109】by 栄一]

部落解放・人権文化フォーラムポスター
 [→【その53】by 栄一]

越谷市制施行50周年記念ロゴマーク
 [→【その97】by 栄一]

[北海道]優駿浪漫街道 佳作
 [→【その49】by 栄一]

宮城県子育て応援シンボルマーク
 [→【その66】by 栄一:優秀賞は歩美]

川崎市体育協会ロゴマーク
 [→【その101】by 栄一]

気仙広域連合ロゴマーク
 [→【その55】by 栄一:歩美と共作]

丹波篠山黒まめ検定イメージキャラクター
 [→【その19】by 栄一]

川崎市体育協会と気仙広域連合の違いがわかんねぇwwwwwwwwwww
-----

アラあんたはん、2008年7月いうたら栄一センセは63歳やのうて67歳のはずやで(cf.【その58】)。

ううう、「かたづけ・たい」ロゴマーク、本編に配置する根拠はちいと薄弱っすか。
制作年代にせよ、いろいろ調べ回っても、2008年4月には存在していたらしいことまでしか掴めない。However, 上記の各作品も、飛び抜けて古い気仙広域連合(2000年)と年代不明の桑名市子育て応援とを除けば全て2007〜2008年なので、これもその辺りなんではないですかね。

で、この活動自体は現在どんな状況なのか。

かたづけ・たい 推移

残念ながら、認定団体数(上段)、活動員数(下段)とも最盛期の2008〜2009年頃の約半分まで減少してしまっている。それには、チラシや捨て看の掲出自体が減ったことも大きいだろう(この活動の成果もあろうし、そんなアナログなやり方など流行らなくなったということかも)。
でももう一つ、2009年のこれの影響はないのだろうか。

【その155】
大阪市
市民協働 いっしょにやりまひょ!大阪 シンボルマーク
塩崎榮一
いっしょにやりまひょ!大阪

「かたづけ・たい」と「いっしょにやりまひょ!」がどういう関係に立つのか ――並立なのか包含なのか承継なのか―― よくわからないんだよね。並立させてるとしたら、それは行政の無駄ってもんだろし。
そもそも、「いっしょにやりまひょ!大阪」が何をするものであったかもとんと不明なのであるがww。2011年になって府知事 → 市長に横滑りした橋下 徹は、「市民協働」の政策自体いまいち乗り気でなかったようですし。

おまけ。
かの「かたづけ・たい」、電話ボックス内のビラには手出しができないんですと。結構驚いた。それは「道路」の話ではなくて、NTTの仕事であるとされたわけ。京都の町家の朝の道掃きみたーい。隣家の前まで掃いちゃうと大変な失礼に当たります。

≪アンタとこが掃除もせえへんよってにウチが箒もって掃かなあかんようになりますんえ≫

これが小役人思考の限界ってもんですかね。

そっか。千二百年の都、京都じゃきっとアダプト制度なんてものは百年経っても根付かないのであろうな。

(続く)

« 【番外編】一生に一度の(?)デザイン(丸亀市婚姻届・福岡市婚姻届) | トップページ | 【番外編】十年の執念:上(川根本町10周年・肝付町10周年・肝付町ロゴ) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【番外編】一生に一度の(?)デザイン(丸亀市婚姻届・福岡市婚姻届) | トップページ | 【番外編】十年の執念:上(川根本町10周年・肝付町10周年・肝付町ロゴ) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想