« 【番外編】・・・うす紅の花びら こぼれた:3番(南房総市章・千葉銀行・佐久穂町章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その173:かたづけ・たい) »

2016年11月28日 (月)

【番外編】一生に一度の(?)デザイン(丸亀市婚姻届・福岡市婚姻届)

自治体章、シンボルマーク、キャラクター、ナンバープレートと流れてきて、もうこの先あまり新しいご当地モノもあるまいと思っていたんですが、まだまだ甘かった。こんなジャンルができてるんですね!

香川県丸亀市
ご当地婚姻届
垂水秀行(丸亀市:グラフィックデザイナー)
丸亀市婚姻届

ご当地婚姻届!その手があったか!!そりゃー、自治体主導の婚活パーティなんてのもたくさんやってるもんなあ(効果のほどは別として)。

どうやらこれ、公募ではなく、ご当地ナンバープレートの既に大家、ジモティの垂水への委嘱だったようです。

-----
(2015.11.20 四国新聞 抜粋)

11月22日の「いい夫婦の日」に合わせ、丸亀市はご当地婚姻届を作成した。デザインは、左下に[飯野山]、右下に[丸亀城]を配し、丸亀が発祥とされる嫁入り菓子[おいり]のバルーンに乗った[新婚夫婦]を大勢の[市民]が祝福している構図。二人の門出にまちの魅力を感じてもらい、定住促進につなげる。
デザインは同市飯野町のグラフィックデザイナー、垂水秀行さんに依頼。

〔後略〕
-----

こうした「ご当地婚姻届」は、既に30内外の自治体が採り入れているらしい。これに記入して提出すると、カラーコピーを記念にくれたり、地元企業からの特典が受けられたりもする(でも一方、法的にはどこの自治体に提出してもOKなのだとか。丸亀市役所でもらった用紙をハネムーン先の沖縄の石垣市役所で提出したりってのもありなわけ)。
全国的な仕掛人はあの結婚情報誌「ゼクシィ」だけど、ただし丸亀市の場合は独自の制定のようで、ゼクシィのサイトにもリストアップされてません。

各地のものを見てみると、単にご当地名所・名産を枠状に配した、あるいはご当地キャラを描き込んだという程度のパターンが多い。一例だけ挙げると。

福岡市
ご当地婚姻届
福岡市婚姻届

人口今や155万人に達し、今後も当分増加が続く見込みのこの政令指定都市でもやってるぐらいだから、定住促進施策とばかりも言えなそうだ。

-----
伝統的な「博多織」がお祝いムードを彩る!
九州を訪れる外国人や若者に人気の[博多織]をイメージしたカラフルなデザイン。青・赤・紫・黄・紺の5色に彩られた[五色献上]と呼ばれる代表的な柄に、お二人の幸せを願って[ハート]のモチーフをあしらいました。[福岡タワー]や[ドーム]、[屋台]などの福岡市のまち並みも、おふたりのご結婚を祝福します。
-----

「博多織」てご存知?一番わかりやすいのは、旅館の浴衣についてくる帯、紺地に白い織模様の入ったアレ。もちろん、そうした普及品ばかりではなくとってもお高いものもあります。本来は格式の高いもので、黒田藩から江戸幕府への献上品にも使われていた。(しかしいつから博多織が「若者に人気」てなっとぅとや?)

丸亀市のものは、こうしたあれこれとは一線を画すると思える。確かにこれはワクワクするよね、風穴を開けたと言えるだろう。ツルの(垂水に対する)贔屓目ばかりではないはず。何より、「大勢の市民が二人を祝福している」というデザインの着想はよそのご当地婚姻届にはないと思うんだ。

-----
(2015.11.16 丸亀市サイト)

〜『おめでとう』の気持ちをデザインに込めて〜

このたび丸亀市の婚姻届について、これまでのものに加え、デザインを刷新した「丸亀市ご当地婚姻届」を作成いたしました。結婚され新たなスタートを迎えるお二人に、まちの魅力を感じていただき、お二人への祝福の気持ちを添えられるように、そんな願いを込めています。
[丸亀城]と[飯野山]をバックに[丸亀うちわ][讃岐うどん][骨付鳥][桃][はっさく][香川本鷹][丸亀ボート][サツキ(市花)]といった当市の特色を盛り込んだデザインで構成されており、丸亀発祥の[おいり]が二人の夢と希望を乗せて、大空に舞い上がる[バルーン]としても描かれています。
また、デザインの中には大小さまざまな[ハート]が8個(末広がりの八)隠れています。届書を記入する際に、お二人で楽しんで探していただける・・・そんな思い出を刻むひとときを、密かに期待しています。
二つの人生を一つに重ねて共に歩んでいかれる門出に、丸亀市から心からの「おめでとう」と「丸亀においでまい」、そんなメッセージを感じていただけると幸いです。
-----

「香川本鷹/かがわほんたか」とは塩飽(しわく)諸島で昭和中頃まで栽培されていた大型の高級トウガラシのことで、その後ほとんど廃れ、今またご当地産品として復活の期待のかかるものだとか。婚礼菓子の「おいり」のことは前に書きました(cf. 2015.11.03「〆の後はドルチェ」)。

おいり

これ、必ずや本人の書いた文章を引いてきたものでしょう。垂水の遊び心は今までも見てきたところではあるけど(cf. 2015.10.29「いはばしる バイクの臀の プレートの;E」・2016.01.04「さわらびの もえいづる はつはるに」)、「届書を記入する際に、お二人で楽しんで探していただける・・・そんな思い出を刻むひとときを、密かに期待しています」という仕掛けは、作者の仕込んだplotとして最も大がかりな、かつ暖かい心遣いの感じられるものです。こうした思いやり ――広い意味でのEntertainment性―― があったからこそ、ただの「アイテムてんこ盛り」に堕していないのだと思う。

これに比べりゃ福岡市のは超へなちょこです、残念ながら。

おまけ。
実は「ご当地出生届」なんてのまであるのだ。リクルートはん、商売上手やね

« 【番外編】・・・うす紅の花びら こぼれた:3番(南房総市章・千葉銀行・佐久穂町章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その173:かたづけ・たい) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【番外編】・・・うす紅の花びら こぼれた:3番(南房総市章・千葉銀行・佐久穂町章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その173:かたづけ・たい) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想