« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日 (月)

【番外編】大御所劇場 三幕目:春なのに(紀の川市章・安平町章・土木学会栃木会)

(承前)

前回まではいわば「大御所の罪」としての部分をあげつらったわけですが、杜多一族のデザインにはやっぱり魅力的なものも多いです。

和歌山県紀の川市
市章
杜多利香(兵庫県神戸市)
紀の川市章(応募案)紀の川市章(最終版)

-----
紀の川市の[紀]の文字をシンボライズし、自然の豊かさに包まれた快適な都市をデザイン。
市を象徴する「紀の川」の流れや、澄んだ空をイメージした[ブルー]を基調に、中心から交流の輪が広がる様子を描いています。
-----

2005年8月の第14回那賀5町合併協議会で、候補3点を対象に決選投票が行われ、35票中最多の20票(2位は9票)を得て採用されたもの。
きれいなデザインです。前回とは打って変わって大らかさを感じる。補整されて緑色が加えられ、明るさも濃く変えられてるけど、このフォルムなら淡い方がよかったんじゃないのかねえ。そりゃ視認性の問題とかいろいろありましたろうが。

一方これ↓だったら、このぐらい濃色の方が映えると思うけど。

北海道勇払郡安平町(あびらちょう)
町章(優秀作品)
杜多利香(兵庫県神戸市)
安平町章

-----
安平町の[安]の文字をモチーフに、広がる牧場と清流安平川をあらわしました。笑顔が広がる町だから、町章からぬくもりと安定感を感じてもらえるよう、優しさのある曲線を生かしてデザインしました。
-----

雰囲気が紀の川市章に多少似てます。こちらは2005年10月、4点で争われた平成17年度第3回早来・追分合併協協議会での投票で1票しか入らなかったんですけどねcoldsweats02

(最優秀作品)
齋藤哲哉(北海道小樽市)(cf. 2014.07.06「Multicolor Junction: Part 1」)

(優秀作品)
伊藤哲也(東京都)
荒川博文(宮城県仙台市)
杜多利香(兵庫県神戸市)

でもこれとても、次のものを目にするとやや興醒めする・・・。

栃木県
土木学会関東支部栃木会
ロゴマーク
杜多利香(兵庫県神戸市)
土木学会栃木会

-----
ロゴマークは、[土]と[木]の文字をパズルに見立て、まちを築いていくイメージをデザインし、まちの安全と人の笑顔を支える仕事を表現しています。
-----

キャッチコピーとともに募集されたもので、2006年9月頃の決定。
同会の事務局は栃木県土木部技術管理課企画情報担当(17文字)が務めており、土木のイメージを上げて親しみやすいものにすることが主眼だったんでしょう。

この公募が変わっていたのは、募集要領上、唯一の応募資格として求められていたのが;

-----
平成18年11月17日、栃木県宇都宮市内で開催いたします「土木学会関東支部栃木会10周年記念式典」の授賞式に出席できる方
-----

だったという点で、そのための交通費1万円を支給することまで明記されていた。脛に傷持つガイダーにとっては(かえって)不都合だったでしょうねぇsmile
賞品は;

-----
最優秀賞:大田原牛肉10万円相当(ロゴマーク、キャッチコピーが別の応募者による場合はそれぞれ大田原牛5万円相当とさせていただきます。)
優秀賞:1万円相当の賞品
-----

で、「これやってくれたらビフテキおごるぜ」的な昭和のかほりも立ち上りますが、ふるさと納税の返礼品でもブランド牛肉はよくあるからなあ。
トータルの結果は次のとおり。

〔ロゴマーク〕
(最優秀賞)
杜多利香(兵庫県神戸市)

(優秀賞)
鈴木印刷株式会社制作部(栃木県宇都宮市)

〔キャッチコピー〕
(最優秀賞)
小寺光雄(北海道札幌市)
「豊かな国土 技術で贈ろう 未来の子らへ」

(優秀賞)
杜多利香(兵庫県神戸市)
「わたしたちの技術とあなたの笑顔をつなぎます」

利香はダブル受賞の栄に浴したわけです、ただし牛肉は半分小寺に持ってかれている。小寺は前に容赦なく斬り捨てた、コトバ世界の超テンプレガイダー。表彰式には三者とも出席してますが、宇都宮から神戸や札幌まで肉5kgかついで帰ったのかしらcoldsweats01

ここで塩崎一族と杜多一族の違いを考えれば、前者はセレモニーへの出席が基本的に父親の栄一であり、娘たちが受賞した場合に代理出席することすら珍しくなかった。後者は逆で、利香は結構表彰式に出ているけれど、父親の利夫が顔を見せることはほとんどなかったのではないか。

また、利香にはアルファベット遣いより漢字遣いがことのほか多いのにも気づかされます(前回も[東]や[尾]があったし)。
漢字一文字からこうした様々なデザインを力業で叩き出してきた実力は認めないわけにはいかないと思う。一方発想そのものはテンプレですが。

― Title Inspired by「春なのに」柏原芳恵(1983.01.11リリース)―

(続く)

2017年2月25日 (土)

【番外編】大御所劇場 二幕目:春と修羅(東松島市章・南大隅町章・尾道中学・高校)

(承前)

ご当地キャラを先に出しちゃったけど、杜多一族と言ったらやっぱり自治体章でしょう。伝説のこの父娘については、一つ書き残していたことがあったな。

【2017.02.08「丸ブーtyphoon艶競べheart [30]」】
石川県鹿島郡中能登町
町章
杜多利夫
〔2004年12月決定〕
中能登町章

-----
その優れた多様性と対象をダイレクトに貫く本質性は確かに認めるけれども、鋭角的な[楔形]のモチーフが繰り返し現れてくることは多少気にかかっている。また取り上げることもあるでしょう(^_-)。
-----

これの例証ね(もう、そうそう甘くもないけれど)。

宮城県東松島市
市章
杜多利夫&利香(兵庫県神戸市)
東松島市章

2005年7月28日に制定されたもので、同年9月発行の広報東松島 No.6には次のように載る。

-----
デザインの趣旨:
東松島市の[東]の文字をシンボルライズし、市の自然と輝く人々の姿をデザイン。奥松島の美しい景観が市を包み込み文化や情報を市から発信していく様子を表しています。そして、心が集う大きな[輪]でつながるイメージを描いています。
-----

原文ママです。

-----
選考理由:
美しい景観が市を包み込み、文化や情報を市から発信していく様子が表現され、市民の心が集う大きな[輪]でつながるイメージが描かれている。また、東松島市の[東]の文字を表現し、市の自然と輝く人々の姿をデザインした作品であり、最優秀賞作品と認められる。
-----

阿呆らし。応募側は(おそらく)募集趣旨を鸚鵡返しし、制定側は作者コメントを繰り返すだけ。これで作者のCreativityを探るという方が無理です。

率直な話、形も色も好きになれないんだよね、この市章。フォルムもやり過ぎ注意の典型丸ブーだと思うし、カラーリングもぎらついているし。
しかし、ご当地では一緒に、市章に沿う形でシンボルカラーを3色定めた。

赤:M100 + Y 99
青:C 99 + M 43
緑:C 75 + Y 90

そして市花のさくら、市木の松も同時に。その名にし負う景勝の土地柄、松は確かに致し方のないところであったろう。しかし結果的には個性消失が進んだだけの気がする。(因みに、東松島市では東日本大震災による死者が1,000人超、全住宅の3分の2超の11,000棟が全半壊という甚大な被害を受けたが、海沿いにある余景/よげの松原はダメージ少なく生き残った由。)

「東○○市」があるなら「南○○町」もあるわけで。

鹿児島県肝属郡南大隅町
町章
杜多利香(22歳:兵庫県神戸市:デザイナー助手)
南大隅町章

こちらは東松島市章の4日後、2005年8月1日の制定。合併(*)より後の制定であることも両者共通している。

(*)東松島市が2005年4月1日、南大隅町が2005年3月31日と、これまた超近接の1日違い。よくあったんだろうけど、こんなケース。

-----
南大隅町のイニシャルの[M][O]で、町を包む雄大な自然がデザインされ、山並みと海の波を重ねたダイナミックなラインは、町の発展力を象徴しています。また、南大隅町の蒼々たる大地の様子が表れており、最南端の町から文化が広がり発展する様子が描かれています。
-----

-----
1.応募の動機は?
町のホームページを見てとても美しい町だったので行ってみたいと思い、応募しました。

2.南大隅町で知っている場所は?
根占町と佐多町のホームページを見た時、鹿児島湾の眺めや佐多岬の灯台が印象的でした。

3.受賞の感想は?
この度は、南大隅町章に選んでいただき、ありがとうございます。とても光栄に思います。この町が町民の方に親しんでいただけるよう願っています。
-----

ああ、完全没個性。3はお行儀よい利香の超典型Clicheだし、2は答をはぐらかしているし、1も「なぜ神戸在住の人間が遠く離れた鹿児島くんだりの片田舎m(__)mのサイトを覗くに至ったか」という最重要ポイントを避けて通っているし。つまりは公募ガイド誌あたりで見たんでしょ?正直に書いてはしらけるだけか。

こうした[楔形]の特徴、無論杜多一族に限ったことではないけれども、次のような作例もあるんです。

広島県尾道市
尾道学園
尾道中学校・高等学校
校章
杜多利香(兵庫県神戸市)
尾道中学・高校校章(応募案)尾道中学・高校校章(最終版)

-----
尾道の[尾]の字と力強く羽ばたく生徒の姿をデザインし,躍動感溢れるものになっています。スクールカラーは萌黄(もえぎ)色です。
-----

中学校の2006年4月開校(高校は以前からあった)に際して校章を刷新したもの。中高共通のようです。途中でごくわずかなデザイン補整がかけられた様子。
しかしねえ。「刷新」とか「萌黄」とかより先に「出がらし」という言葉が直感的に浮かんじゃった。

結局、ツルはこうした鋭角な[楔形]の中に、不穏なものを感じているのだと思う。ヒヤリハット自治体章smilebombtyphoon
推理小説家であり家紋の上絵師でもあった泡坂妻夫の受け売りですがね。(家紋の方の)著作の中で、唯一「丸に釘」紋のことをそんな理由でくさしてたっけ(cf. 2009.03.25「延々々々々 家紋夜話」)。

丸に釘

〔ご参考〕応募総数
東松島市章  690点
南大隅町章  310点
尾道中高校章 100点

― Title Inspired by「春と修羅」(1924.04.20)宮沢賢治(1896.08.27〜1933.09.21)―

(続く)

2017年2月23日 (木)

【番外編】大御所劇場 一幕目:春にしてキャラを離れ(ミライス・ハマナちゃん・鬼子母神キャラ)

(承前)

疾うに立春を過ぎ、寒さも稍峠を越したかに思える今日この頃にて(^_-)。

冬過ぎて 春来たるらし
白妙の 梅薫るてふ キャラの香久山

田中博士斬りも一段落ついたところで、今度は若かりし重鎮、神戸の杜多一族のエース利香に登場願おう。

調べてみるとこの作家も、田中同様思っていたより多くキャラクターの類を作っていた。ツルはそのことに少しく驚きました、そしてそのクォリティにも。大抵の場合、利香ちゃんキャラはテンプレワークの幼児性錯塩路線を踏み越えるものではなかった。
例えば2006年にはこんなものがうたかたのように現れて。

新潟県
新潟県IT & ITS推進協議会
地域ICT未来フェスタ2006 in にいがた イメージキャラクター
ミライス
杜多利香(兵庫県神戸市)
ミライス

ICT、すなわちInformation & Communications Technologyの発展を図る趣旨で10月27〜29日に開かれたイベントのキャラクターで、遅くとも6月には既に出現していた。
っそ、たった三日のために、八十八の手間隙かけて公募かけて[米粒]ロボットキャラ作ったわけよwobbly。精米された白米なのに新たな[芽]を出すという不思議な生命力を宿している。何より、さらに金かけて着ぐるみまで作ったというのが驚きですeye、しかもこったらデザインで。「未来」と「ライス」をかけ合わせたネーミングセンスは「まりもっこり」なんかと同じ。

このテイストは半年後、2006年12月頃発表らしい以下2点に受け継がれた。

静岡県浜松市
ハマナちゃん
市民マナー条例 マスコットキャラクター
杜多利香(23歳:兵庫県神戸市:デザイナー助手)
ハマナちゃん

ご当地では「迷惑行為のない快適で良好な生活環境の実現を目指しています」というわけで、同条例は「あしたからではいけません!」として;

(ア)歩きタバコ
(シ)身体障害者用駐車場の不適切な利用
(タ)タバコの吸殻・空き缶等のポイ捨て
(カ)飼い犬・ねこのふんの放置
(ラ)落書き

の五か条を禁じているんだそうな。

-----
※この条例は浜松市民だけでなく、市外からの通勤・通学者や滞在者等、市内にいる全てのひとが対象になります。
-----

∴浜松行く時は気をつけましょうネ(^_^)y-~~~~

そこで利香ちゃん考えました、「マナーを守ることを心がけ、気持ちよく暮らす様子を[ハート]をモチーフに」表そうと。
「ハマナちゃん」の愛称も当然「浜名湖」由来と思いきや、「浜松」と「マナー」の掛詞 by 利香ちゃんです、はァー。

千葉県市川市中山地区・船橋市本中山(もとなかやま)地区
鬼子母神イメージキャラクター
杜多利香(23歳:兵庫県神戸市)
鬼子母神キャラクター

この二つの地区は、ともにご当地(正確には市川市)にある日蓮ゆかりの法華経寺の門前町として形成されてきた歴史があり、現在に至るも結びつきは強い。

市川市 法華経寺

ここが県から「新観光資源創出事業」の「歴史文化資源の活用推進」に選ばれ、すわ地元諸団体がこのお寺の強力アイテム訶梨帝母(かりていも)、すなわち[鬼子母神]に目をつけたということのようです。愛称も決めたはずだと思うけれど、わかりません。
言わずと知れた安産&子育ての守護神だから、イマドキ風には「子育てにやさしいまち・商店街」云々って体になった次第。このキャラも石榴(本来は吉祥果という想像上の果物である)なんか持たず、可愛い赤ちゃん抱いてるわけです。因みに仏陀が子供の代わりにザクロの実を食べよと教えたなんてことは経典には記されておらず、日本に入ってから作られた俗説。

ズバリ言うわよ、馬鹿者が。「観光資源」という外向きの要素と、「子育て応援」という内向きの要素をごっちゃにするから、虻蜂取らずになるんでしょ。もちろん、それぞれにキャラを作るべきだなんて言ってるのじゃないけど。結局、コミュニティづくりをどのように進めていくのかという根本がはっきりしないまま走り出してしまう、現状の町興し、村興しの問題点が露呈しちゃっただけ。

― Title Inspired by「春にして君を離れ」"Absent in the Spring" (1944) by Mary Westmacott (alter ego: Agatha Christie (1890.09.15〜1976.01.12)) ―

(続く)

2017年2月21日 (火)

【番外編】田舎公募の不幸 〜Desparateなキャラたち〜(ながのはらちゃん・ながのん)

(承前)

長野原町のキャラ公募では町民投票が行われており、結果は次のとおりだった。

投票総数 1,468票

1位 にゃがのはら 435票
福添歩美

2位 ながのはらちゃん 324票
井口やすひさ

3位 ながのん 168票
前田昌克

もうおわかりでしょ、何を言いたいか。

群馬県吾妻郡長野原町
マスコットキャラクター
(優秀賞)ながのはらちゃん
井口やすひさ(群馬県高崎市)
ながのはらちゃん

えーと、おなじみの盛りアイテム解説を試みると、頭の山は二つの峰に分かれているから、福添歩美が用いた浅間山ではなく[浅間隠山/あさまかくしやま]だろう。そこに[八ッ場ダム]+ダム建設で移転する川原湯温泉の[温泉マークspa]+町の花[ムラサキツツジ]+[桜]+[紅葉]+[町章]ってこってしょ。
わかりにくいのも一つ描かれているけど、これはダム建設に伴って架けられた三つの橋、八ッ場大橋(湖面1号橋)・不動大橋(湖面2号橋)・丸岩大橋(湖面3号橋)のうち、形状からして[丸岩大橋]であろう。つまり、このキャラは八ッ場ダム推進/歓迎の立場を表していると理解されるわけです。敢えてchallengeしたのね。

しかしそんなことはこの際忘れ去ってもよろしい。ほんっっとびっくりしました。まさかそんな類似作品が現れてこようとは思っていなかったもので。

【2016.09.03「井の中の 傲る蛙は 久しからずや」】
宮城県大崎市
大崎市社会福祉協議会
イメージキャラクター
おおさきちゃん
井口やすひさ
〔2016年8月発表〕
おおさきちゃん

ああ、あり得ない。類似調査はどうなっていたのだ。[前髪ちょろ]だっておんなじだしsad、ビジュアルどころか「地名 + ちゃん」という命名法までまたもや同一とは!!
因みにこちらは塩崎一族の別名義と考えられる滝沢 卓が「おおちゃん」で優秀賞に入っているから(cf.【その166】)、おあいこだったことになりまス。

もう、新しいことを考え出せなくなっているのだろうか。実は長野原町は、いや長野原町も、井口の住む高崎市に接している。前々回総まくりしたばかりだから繰り返さないけど、「群馬井口流」に全県が染まっていきそうでコワイです。

ツルの狭い心にはどうしても、井口作品はデザイン文化に対する冒涜だとしか映らない。いつも「もうこれ以上類似品は出てこないだろう」と思いながら取り上げるのに、毎回こんなのが出現してくる。・・・前々回もせっかく「井口だって変わるかも」と大人な書き方をしたのに、やっぱり裏切られた思い。
いやまあ、ツルが裏切られるぐらいどうってことはないんですがね、実害はないし。可哀想なはジモティでござい、だ。

以前ぶった切った兵庫・播磨ブログポータルサイト「てんこもり」のキャラ公募で、2007年7月時点で井口の言い分はこうだった(cf. 2016.05.18〜21「公募ガイダーの甘えと傲り」)。

-----
キャラクターデザイン制作者の個性やタッチがその都度、変わってしまったら、誰の作品か解りません。胴体、目、鼻、口元、手、色彩全てが、マンガのキャラクターにしても、デザインのキャラクターにしても、作者の子どもと同じような可愛い分身を自信をもって世の中におくりだすのですから自ずと作者のデザインスタイルが同じなことは当然です。公募にしても依頼デザイン作品にしても同じスタイルであっても、同じ作品は全くありませんので、もう一度、その点を良く見比べて観てください。
-----

ここにはCommunication Designの思想はないし、後に井口が多用する「共生」のClicheとも相合わない。それは現在まで続いていると思うわけ。

また現在、日本タイポグラフィ協会サイトの自己紹介はこうだ(抜粋)。

-----
田舎生活と都会生活をハーフハーフの暮らし、心豊かなエコ環境にやさしいデザイン創作活動を日々心がけ、ロゴ・シンボルマーク、和英ロゴタイプ。筆文字、マスコット(ゆるキャラ)デザイン、コンビニ・プリントショップ用オリジナル年賀状デザイン、商品(製品)パッケージデザインを“グッドデザインをグッドビジネスに結びつく”デザイン制作(近年は企業・団体等50%+行政関連50%比率)に従事し、現在に至る。
-----

これだけの中にも文章ミスが複数ありますねえ。これ、4年ほど前の記載↓と比較してみると面白い(cf. 2013.07.04「頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可):下」)。

-----
田舎生活と都会生活を半々にエコ環境にやさしいデザイン創作活動を日々心がけ、グラフィックデザインをメインに〔中略〕“グッドデザインをグッドビジネスに結びつける”デザイン制作(近年は企業・団体40%+行政関連60%比率)に従事し、現在に至る。
-----

文意を無視して目の前の響きのよい言葉に飛びつく傾向が見て取れます。「結びつく」は自動詞だっちゅうに、なぜそこをイジった(爆)。
「行政関連」の比重が軽くなったのは、ご当地公募あれこれが減ってきたからでしょうね。ツルとしちゃ、そもそも「企業・団体」がMinimumだったのじゃないかと疑っておるのであるが(笑)。

いずれにせよ、全く信用できません。

対して前田作品は。

群馬県吾妻郡長野原町
マスコットキャラクター
(優秀賞)ながのん
前田昌克(大阪市)
ながのん

ふうん。最近「泣きキャラ」を卒業しつつある様子とはいえ、次のスタイルを体得したとも思えず、いささか迷いが見受けられるようです。
盛りアイテムは、町の花[ムラサキツツジ]+[ホワイトコーン]+[トマト]+[町章]。にゃがのはら by 歩美との共通点が多いのは、きっと調べ方が同じなのネww。
で、プラットフォームの方は、ツルは初め、「湯かけ祭り」に登場する鶏だと思い込んだ。でもちょっと腑に落ちなくて調べたら、町の鳥が[ヤマドリ]、やっぱテンプレでした。キジより深い山に棲むこの鳥をシンボルにしたとは、ご当地はかなり山がちなんでしょう。

因みに最優秀賞には5万円と長野原町オリジナルグッズが、優秀賞には1万円が贈られている。

いやー、やっぱりオソロシイわ、群馬って((((;゜Д゜)))。

しつこいけど、今回も「長野原町マスコットキャラクター募集要領」を抜粋しておく。

-----
5.応募条件
(1)応募する作品等は応募者のオリジナルで他の作品と同一または類似していない未公表の作品とし、他のコンテスト等に入賞したことがないものに限ります。

(2)応募作品は、第三者が著作権等の権利を有している著作物を利用していないものとします。

〔中略〕

(6)本要領に違反したものは,審査の対象となりません。また、後日違反が判明した場合には,受賞発表後であっても受賞を取り消すことがあります。
-----

まだ発表して一月だから、ダメモトで密告メール出してみっかな、長野原町役場産業課観光商工係に(ニヤリ)。

2017年2月20日 (月)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その179:にゃがのはら)

(承前)

群馬の[ネコ]キャラといえば、先月の末頃、こんなのもできてるのに気づいて大変驚きました。

群馬県吾妻郡(あがつまぐん)長野原町
マスコットキャラクター
にゃがのはら
福添歩美(グラフィックデザイナー)
にゃがのはら

うぉーーーー、福添歩美、復活!!!!!よくもまあお変わりなく(滂沱の泪)。最新の塩キャラですよっ。

-----
(2017.02.01 上毛新聞 抜粋)

「にゃがのはら」は、[ネコ]が町内の川原湯温泉で開催される奇祭「湯かけ祭り」の参加者のように[ふんどし]姿の格好をしている。頭には[浅間山]をイメージした緑色の帽子をかぶり、その上には特産の[トウモロコシ]や[キャベツ]、[トマト]、[日本酒]が載っている。
-----

マジで犬かと思った。だってこのところ塩崎一族って犬キャラしか作ってない気がするんだもん(笑)。
今までになかった盛りアイテムとしてまず目につくのは酒瓶です。調べてみれば、ご当地には浅間酒造なる蔵元があり、清酒「秘幻」「草津節」「嬬恋美人」なんどを醸しておる。
トウモロコシが白いのは、ホワイトコーンの栽培が盛んで、ふるさと納税の謝礼品にも最新品種「雪の妖精」が選ばれたりなんかしてるかららしい。そうですよね、福添歩美センセ?

実は長野原町は、一部だけれども前回取り上げた高崎市に接している(^_-)。そして、イオンモール高崎キャラのデザイン公募は2016年9〜10月募集で11月の発表、長野原町キャラの公募は2016年8〜9月募集で2017年1月頃発表だった。相次いでネコキャラを選んじゃったわけです。

しかしぶっちゃけ、読者諸賢もあんましピンとこないでしょう、長野原町と言われても。キャベツが有名なのはむしろお隣の嬬恋村だし(実は人口もこちらの方が2倍近くある)、「湯かけ祭り」はおろか、「川原湯(かわらゆ)温泉」にも馴染みのない向きが多いかと。日本一有名な温泉の草津町もお隣だから、割を食ってきたところはあるだろう。
川原湯は源 頼朝が巻狩の途中に発見したという言い伝えもある古い温泉だったんですが、その源泉は近年閉鎖された。「涸れたから」が理由ではない。

-----
(Wikipedia)

貴重な自然湧出の源泉及び元々の温泉街のあった場所は、八ッ場ダム完成によって出現するダム湖の底に沈む予定である。そのため、予定湖面より高い地点にボーリング掘削によって新源泉が掘り当てられ、その周辺に新温泉街を造成し、徐々に旅館、商店、駅を移転していく途上にある。しかし、湯量・泉質ともに旧源泉とは異なり、今後観光地として成り立つのかを不安視する意見もある。
共同浴場は2014年(平成26年)6月30日の「王湯」の閉鎖をもって全て閉鎖され、「王湯」は翌月5日より高台にある新源泉のもと王湯会館として営業を再開した。新源泉は高温の源泉のため、源泉にて温泉卵を作る光景がよく見られる。また、新源泉の近くでは足湯が楽しめるようになっている。
-----

あの八ッ場ダムはご当地だったんだ!となると、(湖底に沈みそして再生するはずの)この温泉に因む神事のモチーフを描き込むことは、ある種の必然だったかもしれない(ほめてるんじゃないよ)。
「湯かけ祭り」とは;

-----
(Wikipedia)

450年程前に源泉が一時枯渇し、鶏を生贄に祈願したところ湯が再び湧きお湯を掛け合ったとされることに由来する。
毎年1月20日の大寒の未明に行われ、紅白を褌の色で区別し、2手に分かれ褌一丁で「お祝いだ、お祝いだ」と叫びながら、お湯を掛け合う。最後に鶏の入ったくす玉が割れ、鶏を捕まえた人は運が良いとされる。ちなみに「お祝いだ」の掛け声は「お湯湧いた」から変化したと言われている。
-----

土地の男衆が下帯一丁(or 全裸)で激しく何かを奪い合うってな祭礼は、(お湯をぼんぼんかけられてもみくちゃにされる鶏こそいい迷惑だが)大抵どこでも大寒の候に行われてきたものではないかしら。
一方、このキャラクターは長野原町観光サイトのFacebookに1月23日に掲載されたもの。祭りの直後にというのもそれこそ後の祭りで考えにくいから、おそらく祭りに合わせて発表されたのではないかと思われます。

そして、なぜ今、「福添歩美」なのか。ここが問題ですよねえ。
実は本公募には、「1人1点のみ」の制限があった。やっぱりなーdespair。調べてみるがよい、ボツ作品の中には「塩崎栄一」やら「塩崎まさよ」やら「長崎チヨ」やら「佐藤秀子」やら「佐藤 修」やら「佐藤健二」やら「今井好美」やら「滝沢 卓」やらの名義からの応募がきっと入っているはずであろう。

ほんでもって、下ぶくれフェイスは八谷早希子の真似事でしょ。

【2015.12.16「下ぶくれなる謎の神々:2粒目」】
群馬県北群馬郡榛東村
マスコットキャラクター
候補作品 作品番号5
〔2015年9月候補発表〕
榛東村キャラクター候補 5番

【2015.01.03「かわたん縁起ばなし:下」】
群馬県利根郡川場村
川場村イメージキャラクター
かわたん
八谷早希子
〔2014年7月発表〕
川場村かわたん

全体のフォルムが似ているというにとどまらない。真正塩キャラの特徴の一つであった左右非対称性は姿を消し、八谷ばりの対称性が幅を利かせてるんですね。
いやー、恐るべし、群馬((((;゜Д゜)))。応募総数、203点もあったのに。

こう見てくると、このキャラのどこに創造性があるというのだよ?この作者のどこにキャラクターデザイナーとしての創造力が残っているというのだよ、えっ!?やはり末期的としか思えぬ。

しかしだねえ。もし、長野原町が榛東村みたいなキャラクターを作りたいという意向を初めから持っていたとしたら??
斯界の最重鎮、塩崎一族にお願いするのが一番確実だったろう、なんてことにも考え至ってまたひんやり、どんより。

(続く)

2017年2月18日 (土)

【番外編】変わるはずのないものもいつしか・・・?(にゃんたか)

(承前)

ご当地キャラの嵐が過ぎ、塩崎一族の活動も低調となってからこの方、前田昌克や駒井 瞭や池田克也などいわゆる常連ガイダーの作風が、どうも変わってきているように感じることがある。この問題は追々見ていきますが、実はこのガイダーもそうかもしれない(*_*)という話で。

群馬県高崎市
イオンモール高崎
公式キャラクター
にゃんたか
井口やすひさ(高崎市:グラフィックデザイナー)
にゃんたか(イオンピー)(応募案)にゃんたか(最終版)

ご当地の大型ショッピングモールの開業10周年を記念して2016年11月に発表されたものです。

こりゃ驚いた、めっきり普通happy02。井口作品とは到底思えんわー。そりゃ、これだってテンプレですよ、もちろん。でもこの作家の場合はそーゆーことじゃないの。生なかなガイダーではないのだから。
井口の描くキャラと言えば、あーゆーのとか、こーゆーのとかしかなかったわけでしょ(これでパパッと頭に浮かぶようなら、アナタも井口デザインに ――あるいは愚blogに―― 相当毒されているということです)。

しかしそれでも、井口らしさはここに潜んでいた。

-----
県内は元より、高崎地域の人々に愛されるモールを目指す『イオンモール高崎』の公式キャラクターとして、モダンな帽子頭部の[建物]は、「モール全体」を表し、楽しいポーチ姿のサービス精神旺盛な少しお澄ましさんの「現代風・招き猫」を擬人化し、みんなに愛され、親しまれ、安心・信頼され、心豊かな自然に抱かれたエコ環境にやさしい地域社会と生き活き共生し、毎日人々の暮らしを応援し、開業10周年を節目に「イオンモール高崎」のメッセンジャーとして地域住民と一緒に更なる発展・向上・繁栄する明るい元気な活気にあふれる輝かしい様子を表現しています。
-----

げっ、250文字以上、ワンセンテンス。

なぜ井口の文章は読みにくいのか。
ロジック抜きで言葉を盛りに盛るからです。だから思いが届いてこない。デザインという、つまりはコミュニケーション作法において、相手に伝えるべきことが伝わらないのは致命的でしょ。そこは自ずとFine Artとは違う。文章を書くのも同じことです、きっと。
最も象徴的なのは、井口Clicheの中にある「共生」なる単語だろう。おそらく井口の頭の中では、この概念は「新奇なコトバ」という感覚なのだと思う。しかし、その意味するところはいつも空虚。
簡単に言えばね、地域住民と共生するのはキャラじゃなくって、そのキャラが表しているイオンモール高崎だってことです。

因みにこのキャラクターデザインは、群馬県在住者限定で募集され、来店者の投票を経て選ばれた。「キャラクターはわが子と同じ。多くの人にかわいがってもらえたら」と井口は語っている(五輪エンブレム採用時の野老朝雄の言葉と同じなのが皮肉です)。2010年に東京からご当地に移り住んできた偉いデザイナー先生の作品に決まって、担当者の鼻も高いことだろう。け・ど・ね。

井口やすひさ@イオンモール高崎

東海の小島の磯の白砂に
 われ泣きぬれて蟹とたはむる
     啄木

高崎のモールのキャラの決定に
 われ泣きぬれて猫とたはむる

何度も書いてきたけれど、井口は地元高崎市に隣接する甘楽郡甘楽町や北群馬郡榛東村のキャラ公募にも応募していた。県内まで広げれば邑楽郡板倉町にも出していたし、お膝元の高崎市でも、東京時代のやすひさによる水道キャラ、夫婦のどちらかによる社協キャラが存在する。群馬県内を蚕食し席捲する井口ブランド、それを阻止し得るのは今や八谷早希子しかおらんのかangry

【2016.01.07「妻を娶らば才長けて 毒を食らわば皿までも」】
群馬県甘楽郡甘楽町
イメージキャラクター
(優秀作品)かんらちゃん
井口やすひさ
〔2013年11月発表〕
かんらちゃん

群馬県北群馬郡榛東村
マスコットキャラクター
(候補作品 作品番号7)
〔2015年9月人気投票〕
榛東村キャラクター候補 7番

群馬県邑楽郡板倉町
イメージキャラクター
(優秀賞)いたちゃん
井口やすひさ
〔2014年6月発表〕
いたちゃん

【2013.07.04「頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可):下」】
群馬県高崎市
水道・下水道キャラクター
めぐみ
井口やすひさ(東京都文京区)
〔2003年6月頃決定〕
めぐみ

【2013.07.03「頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可):上」】・【2015.01.18「Free Lancerの栄光と残照 三:破廉恥」】・【2016.01.05「Glorious Days, Afterglow; 1」】
群馬県高崎市
高崎市社会福祉協議会
イメージキャラクター
たかちゃん
井口やすひさ・千鶴子
〔2013年3月決定〕
たかちゃん

ビジュアルどころか愛称までワンパターンだなんて(T-T)。ぐんまちゃん、何とかしてっ。(あ、これも同じ命名法だわshock

「わが子と同じ」と言うにしちゃあ粗製濫造に過ぎませんかね。あるいはその累がご当地には辛うじて及ばなかったことをもってせめてもの慰めとすべきなのか。

おまけ。愛称はモール専門店の従業員を対象に別途募集された。高崎の[猫]キャラだから「にゃんたか」となったわけですが、井口が応募した時の愛称案はなんと「イオンピー」だったそうな。たはっ。

2017年2月16日 (木)

【番外編】天からの恵みの重さ ― 第弐陣(ガラシャ・細川ガラシャ夫人キャラ・細川忠興公キャラ)

(承前)

愛媛県のキャッピーと同じ2009年1月にはこんなものが発表された。

京都府京丹後市弥栄町
野間地域メインキャラクター
ガラシャ
田中博士(55歳:愛知県:グラフィックデザイナー)
ガラシャ

ううむ、まさに人形的。でも松江の姉様人形か越前の竹人形かって風情もww。基本形は緑と赤という補色使いのお召し物でsmile、[ロザリオ]を下げて切支丹をアピールしてます。

-----
細川ガラシャは、戦国武将明智光秀の娘、玉(たま)で、1578年に細川忠興と結婚。1582年、父明智光秀が本能寺で織田信長を討ち、自らも滅んだことで「逆臣の娘」となった玉を、夫細川忠興は1584年までの約2年間丹後半島の山深い村三戸野(現 京丹後市内)に隠した。三戸野で暮らすうち、玉はキリスト教に救いを求め、後にガラシャの洗礼名を授かった。
-----

お玉とガラシャじゃ随分感じが違うなあ。この名前はスペイン語の "Gracia"、つまりGraceと考えられ、伽羅奢、迦羅奢などと書かれたそうな。

-----
(2009.01.15 野間地域活性化グループ・京丹後市役所 発表資料 抜粋)

最近の傾向として「ゆるキャラ」、「萌えキャラ」の人気が強い中ですが、「細川ガラシャ」の清楚なイメージを持ちつつ、愛着感のあるキャラクターとなりました。
-----

ツルに言わせりゃ清楚というよりユルーい印象ですが、調べてみるとゆるキャラどころかとんでもない刺客級でして。
総務省サイトに出ている『《地域力創造アドバイザー派遣》 京都府京丹後市「限界集落の再生・活性化」』なる資料(2010年発行か;身も蓋もないタイトルやな)を読むと、次のような感じ。

京丹後市は当時既に人口減少と高齢化が顕著であり、しょっぱなから「2005年の人口は1980年の約85%」「高齢化率も、京都府が20.2%と全国並みであるのに対し、京丹後市は28.0%」などと紹介されている。つまりは「京の田舎」なわけです(実は京都府のほとんどはコレなのさ、京都市民の目から見れば)。

そこで2008年度に「地域力創造アドバイザー」として高野誠鮮(じょうせん)なる腕っこきの地域再生仕掛人を雇い入れ、様々な施策が打たれた。野間地域で白羽の矢が立ったのは、食味ランキングで最高評価の特Aを2年連続獲得しているコシヒカリ。これをご当地に隠棲したと伝わる悲運の女性と組み合わせ、「天の恵み ガラシャ」と名づけてブランド化を図った。そう、Graceって「天の恵み」のことだもんね。
キャラ公募もその一環として行われたものです。つまりは田中作品もそのプロジェクトの中に組み込まれていったわけ。「野菜を持たせたり、蕎麦をもたせたりと、今後の米以外の商品のブランド化に対応できる」というところがポイントになった由(そんなのどんなキャラだって同じじゃん)。田中にはこのお米が一俵贈られた由。

ここからがまたスゴいっす。「商用の人口衛星を活用した米の食味測定、土壌養分の測定、農業用水の水質検査を行った」とか、「パッケージには、細川ガラシャの子孫である細川護煕元首相の奥様、細川佳代子氏が商品名を書き入れた」とか(もちろんキャラも描かれてます)、「収益の一部が、細川氏が理事を務める認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」の寄付に回るようにすることで、社会貢献を考えた商品とした」とかいう辣腕ぶり(*_*)。佳代子はキャラクターの最終選考にも関わっている。

天の恵み ガラシャ

ははあ、直系の子孫、今や書家の仲間入りの元首相に揮毫してもらっちゃう作戦には失敗したようです。ま、元ファーストレディの御筆跡はごく普通のレベル。世の中それほど美しくも気高くもないのだよ。

ああいや。果てはバチカン大使館を訪問してこのお米20kgをローマ法皇に献上するなんていう力技も繰り出した。速効性・話題性のあるわかりやすい施策を次々に実行して高野はご当地に活を入れたわけです。
正直、田舎の人達がそれについていけたかどうかはわからない。高野が雇われたのは1年だけだし、もう10年近く前のこと。それは地域の今の姿がどうあるかということに尽きるのでしょうが・・・。そろそろ検証の時期、before it gets too late。

さて、それから数年過ぎ、2013年9月頃になりますと。

京都府宮津市
細川ガラシャ夫人 愛されキャラ
越川かえで(50歳:神奈川県逗子市)
細川ガラシャ夫人キャラ

細川忠興公 愛されキャラ
池田克也(48歳:埼玉県狭山市)
細川忠興公キャラ

じゃーん!お隣の宮津市がこんなの作っちゃった。「細川忠興公・ガラシャ夫人生誕450年記念事業」を大々的に展開した一環で、なんとなれば、本能寺の変の前に細川家は宮津城主だったから。
もちろんNHKに大河ドラマ招致も売り込んでます。当分難しいだろうね、京都は「八重の桜」やったばかりだし、コケたし。
因みに募集要項には「別途愛称を付して使用いたします」とあったけれど、その形跡はどうもありません。

夫キャラが、忠興自らデザインしたと伝わる、[山鳥の尾羽根](一言で言えばヤマドリはキジより尾羽根が長い)を立てた[九曜紋]入り[兜]をかぶっているのはわかるし、妻キャラがやはり[ロザリオ]を掛けてるのもわかるけど、[白い翼]は腑に落ちない。ひょっとして羽衣伝説?確か丹後にもあったよなと思ったら、それは京丹後市の方でしたdespair

細川忠興所用 黒糸威二枚胴具足
細川忠興公所用 黒糸威二枚胴具足

ふうむ。すっごくわかりやすいですねえ、この流れ。田中ガラシャと越川ガラシャの違いは、ご当地キャラの方法論が確立していった時代をそのまま映し出しているようでもある。
こう見てくると、田中の場合、公募村を出ていった理由を(東の場合のように)専らモチベーションの問題に求めることはできないように思いますが、はてどうだろう。

2017年2月15日 (水)

【番外編】天からの恵みの重さ ― 第壱陣(稲毛区シンボルマーク・けんとくん・とよはしロゴ・カメファーくん・ワットくん・キャッピー)

丸ブー自治体章デザインで鳴り響いた田中博士の名は、現在公募界から消え去った様子である。それは平成大合併に伴う新自治体誕生の終焉とともに(つまりご当地キャラの波が来る前に)足を洗ったのだと当然のように思っていたけれども、どうやらそんな単純な話ではなかったらしい。
あんまり自治体章ばかりにかかずらってるのもアレなんで、ちょっと角度を変えてみよう。

もっと前から田中はこんなものを作っていた。

千葉市稲毛区
シンボルマーク
田中博士(愛知県豊橋市)
稲毛区シンボルマーク

-----
稲毛区の[い]をモチーフに、芸術とスポーツが重なり、文化の発信地として未来に広がる形を表しています。
-----

2001年4月、新世紀・市制施行80周年を記念して制定されたものです。丸ブー以前ということかね。

翌年5月にはお膝元でこんなものが採用されている。キャラクターも手がけてたんだ!

愛知県豊橋市
健康とよはしマスコットキャラクター
けんとくん
田中博士(豊橋市石巻町)
けんとくん

愛称の由来は健康の「けん」と豊橋の「と」typhoon。前髪も豊橋の[と]、体形はHealthyの[H]というtyphoontyphoon。わずか15年ほど前のことなのに、「健康」の概念がすごく違っているように感じられるのはちょっと驚きです。動物的体力 > 植物的体力、みたいな感じで(わかりにくい喩えだったらすいません)。

ただ、自治体章以外だと、田中のガイダー活動は地元中心だった様子。自治体章公募華やかなりし2005年にもこんなものがある。

愛知県豊橋市
とよはしロゴマーク
田中博士(豊橋市石巻町)
とよはしロゴマーク

2006年の市制100周年を機に制定されたもので、2005年8月〜2006年12月に「とよはし100祭」が祝われているから、おそらく2005年夏には決まっていたものと思われます。因みに平成の大合併の際には動きナシ。
[トヨハシ]の隠し文字になっていて、あと、「ええじゃないか」云々の文字は[札]を表してるんだそうな。??
「ええじゃないか」とは幕末の1867年(慶応3年)に突如発生した珍事で、「天から御札が降ってくる、めでたいこっちゃ、ええじゃないか」と民衆が踊り狂ったという甚だラテン的なできごとですが(日本史の教科書に出てきたよね)、その起源については京都、愛知といろいろ論争があって、その中で豊橋説は後発組らしい。ま、ええじゃないか。
つまりは庶民が御札を我勝ちに掴まんとするの図なわけです。

(優秀賞)
瓜生記代(豊橋市花田町)
東 信慶(福岡県北九州市)

(特別賞)
鈴木里沙(愛知県立豊橋商業高等学校3年)

この頃は東もまだバリバリ現役ガイダーだったんだ(東が公募から遠ざかったのは2008年の末頃である;cf. 2014.06.12「公募ガイダーのモチベーション:7」)。

2008年10月頃にもお隣のご当地でこんなのが。

愛知県田原市赤羽根町
道の駅あかばねロコステーション
キャラクター
カメファーくん
田中博士(52歳:愛知県豊橋市石巻町:グラフィックデザイナー)
カメファーくん

翌年3月のオープンに半年ほども先立って決定しているので、制定側の熱意のほどが偲ばれます。「カメファー」の愛称も「ロコステーション」の名称も、後日別途公募されたもの。
胴体はイニシャル[A]を象り、頭は[メロン]と[アカウミガメ]の甲羅を模したシュールなデザイン。別にウミガメがご当地グルメというわけじゃない(と思うbleah)。産卵しにきたりしてるんでしょう。[サーファー]とは相性よくなさそうだけどなあ。(そう言えば、昨年夏に湘南の逗子の海辺で立派なウミガメの死骸見かけました。スキューバで生きてるのを見たことは何度もあるけど、死んでるのは初めて。絶命して日が浅いらしく臭くなかったのは幸いでした。ウミガメの死骸の悪臭はとにかくひどいものだとは聞いているので。)

豊橋市にはまだある。

愛知県豊橋市
豊橋市消防団イメージキャラクター
ワットくん
田中博士(豊橋市石巻町)
ワットくん1 ワットくん2

2009年度決定というところまでしかわかりません。
愛称についてはこう書かれているんだけど;

-----
公会堂の[鷲]の「ワ」と豊橋市の「ト」を組み合せました。豊橋市公会堂を守護するように、市民を火事や自然災害から守るという意味です。
-----

(優秀賞)
工藤和久(青森県弘前市)

一方、「愛称については、選考の結果最優秀賞・優秀賞ともにありませんでした」とも出ていて、その辺りの詳細は不明です。

結構キャラクターも作ってたんですねえ、意外。
こうして見てくると、しかし田中のキャラ作品はやはり、その後大流行したいわゆる塩キャラスタイルの洗礼を受ける前のものという印象が強い。何てかな、キャラクターというより「人形的」だと思えるんですよ、ツルは。
「ワットくん」なんか、「強く逞しくカッコよく」路線だったのが、途中で「かわいく」路線に転んでいる。くちばしが柔らかい形に変えられたのも、おそらく着ぐるみ化対応だと思いますが。

もちろんご当地キャラにだって、田中によその土地での作例がないわけではない。

愛媛県
地球温暖化防止キャラクター
(佳作賞)キャッピー
田中博士(愛知県豊橋市)
キャッピー

2009年1月、アユミの「ストッピー」が採用された時(cf.【その40】)の次点の一つです。アユミも用いた[ミカン]は是非モノとしてもcoldsweats01、気になるのは、県政を巡るトップのゴタゴタから冷遇されている[県章]を用いた点だろう(cf. 2012.12.23「その水は本当に清く澄んでいるのか − 上」)。

うーん、なんかなあ・・・。やっぱり、微妙な時代感の差みたいなもの、覗いてますね。

(続く)

2017年2月13日 (月)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その178:しょさまる)

(承前)

このところ本編で変化球が続いたので、今回は正統派塩キャラいきましょう。北海道もかなり北の方で、昨年9月に発表された新作です(こりんごさま、その節は速攻情報ありがとうございました)。

heart04じゃーんheart04

北海道苫前郡初山別村
イメージキャラクター
しょさまる
塩崎榮一(66歳)
しょさまる(応募案)

-----
『しょさまる』は初山別村で出没する妖精です。[しょさんべつ天文台]をかたどった帽子をかたどった帽子をかぶっています。耳は[流れ星]になっており、[ハスカップ]の首飾りをつけ、好物の[まふぐ]のポシェットをつけています。
-----

サイト原文ママです(今は直してありますけどsmile)。はっ!?「好物」!?妖精がフグを賞味するのを賞味するってこと!?!?(爆)

マフグ/Takifugu porphyreusはトラフグ/Takifugu rubripesに比べ半分程度の値段ですが、十分おいしい魚。ご当地ではとりわけこのフグの漁が盛んだそうな。
ハスカップは、スイカズラ科の標準和名クロミノウグイスカグラ/Lonicera caerulea var. emphyllocalyxの別名ということでいいんだと思う。北海道ではケヨノミ/ケユノミ(「毛の多いヨノミ/ユノミ」の意味である)の地方名もある自生種です。お土産にこれのジャムもらったりしますよね。でも生果は極端に日保ちがしないらしいので、幻のベリーであるのは今でも間違いないみたい。
いずれにせよ食い合わせの悪そうな盛りアイテムです。榮一にもフグの珍味などが贈られたそうな。

流れ星に[白点]が入ってるのは塩キャラで既にいくつも目撃例がある。系統としては、ツル的には[USA系]に分類するところですが、それよりこの外見で天文台とわかる人がどれほどいるだろう。何かをモニターするカメラか、悪くするとケツ割れサポーターを頭にかぶったその道のマニアである(わからなかったらラグビー部OBの友達にでも訊いてみよう)。ちょっとイタいですね。
イタいと言えばこの年になっても榮一が66歳と主張してるのも相当なものです(大伏線)。

2016年の3月から6月まで丸々4ヵ月間もかけて募集されていて、ひょっとしたら最長不倒記録ではないかしら。しかもこれはあくまで「原画」の公募であり、その後「適宜、加工・修正」するとか「色など一部修正を加えた上で着ぐるみを作製」するということだったので、ケツ割れの件も何とかなるのかもしれない・・・。

否。担当部署は初山別村役場の経済課水産商工係だから、デザイン補整は天文台なんぞほっといてマフグ・ポシェットに集中するのではあるまいか。それにつけても思い出されるのはこれです。

【2016.04.07「フグかウナギかクジラか知らぬ」】
千葉県成田市
成田市観光キャラクター
うなりくん
瀬戸清文
うなりくん

ふふ、フグじゃないですけどsmile。ウナギくんね。
あるいはこんな風に主客逆転しちゃうことだってあり得るかも。

【その132】
群馬県邑楽郡板倉町
イメージキャラクター
(優秀賞)い〜たん
塩崎榮一
い〜たん

こっちゃあナマズなのよ(爆)。

ともあれ、塩キャラとして最後発になるんじゃなかろうかと思ってるんですが;

-----
(2016.09.07 北海道新聞 抜粋)

〔前略〕

「ゆるキャラ」を使った地域振興が全国の自治体に広がる中、留萌管内でも既に6市町でキャラクターが誕生しており、まだないのは初山別と苫前だけ。

〔中略〕

村は「着ぐるみにするには若干の修正が必要かもしれない」とし、来年3月までに完成させて各種イベントで活躍してもらう考え。

〔後略〕
-----

という目論見。
うーむthink。ご当地キャラの効果って、可視化とか費用対効果の算定とかの困難なものであるとは思う。でも、各種イベントって言ったって、小さな自治体がそれほどバンバン打てるわけじゃないでしょ。それに数年前とは話がいささか違ってきて、ご当地キャラが連日テレビを賑やかしてるような状況ももうないわけだ。その情報発信力を過信することのリスクは高まっていると思うのだけど。Subjective and Changing Consumer Mind。

で、結局12月になってデザインが最終確定したんですが。

heart04heart04じゃじゃーんheart04heart04

しょさまる(応募案)しょさまる(最終版)

うはははは。「天文台なんぞほっといてマフグ・ポシェットに集中」説、当たらずとも遠からず。お腹の青い斑点が消されて、口元が開き気味にされたようです。ハスカップは赤みが増されている。どちらも本物とよく見比べてみたということなんでしょうかね。ケツ割れはそのまんまsmile。他にはキャラ本体の血色が多少良くなったのと、輪郭線が太くなったぐらい。お作法どおりのリデザインでしたとさ。

(続く)

2017年2月12日 (日)

【番外編の場外乱闘】執念 → 怨念 → 呪詛 → 中傷 → 妄想:「HIRANO KEIKO'S OFFICIAL BLOG」のこと

〔2017.04.14 追記〕

以下は、思うところあって、以前【2016.09.17「パロディの不在 下」】の中で書いていたものを分割し、加筆したものです。

-----

今回は、ツルが前に素人の分際でsweat01sweat01こき下ろした平野敬子ブログの件を(cf. 2016.04.12〜13「東京五輪エンブレム再公募について(その4〜5)」)。

ひたすら尖鋭化のドツボに嵌まっていると思ってたんですが、なんだか一層凄絶になってきている。本文を読んでも、執念、怨念といったレベルを通り越して呪詛に近い。まだ続きそうだけど、読むのが大概キツくなってきました。鬼気迫るものを感じて、もはや美しくもないんだよね(∵他者との意見の相違を一切許さないDogmaticな視点にツルがついていけないだけかもしれないが)。

かの有名な、再公募の最終候補4点に対する指摘を行った以降の記事タイトルを並べただけでもスゴいっす。

〔2016.04.09〕
 032 1対3の構図 - 「A案」VS「BCD案」 / The underlying picture of one against three - "Plan A" versus "Plans BCD"

〔2016.05.15〕
 033 今を生きる / Living in the moment

〔2016.05.30〕
 034 負の連鎖……を断つために / Putting a stop……to a negative chain of events

〔2016.06.15〕
 035 欲望の公害 精神の断絶 / Pollution by greed and discontinuity of the spirit

〔2016.07.05・06〕
 036 イカサマ文書 by JAGDA - vol.1 / Bogus document by JAGDA - vol.1

〔2016.07.11〕
 037 イカサマ文書 by JAGDA - vol.2 / Bogus document by JAGDA - vol.2

〔2016.07.28〕
 038 イカサマ文書 by JAGDA - vol.3 / Bogus document by JAGDA - vol.3

〔2016.08.05〕
 039 事実はひとつ / Every fact has only one version

〔2016.08.19〕
 040 新世界へ / Toward a whole new world

〔2016.10.01・02〕
 041 JAGDA文書への意見と要望 ― 法律の専門家による分析 / Opinion and request regarding JAGDA document―An analysis by a legal specialist

〔2016.11.17・18〕
 042 JAGDAの回答 JAGDAへの要望書 / Reply from JAGDA Request letter to JAGDA

〔2016.11.30・12.01〕
 043 「要望書へのJAGDAの回答」に対する更なる質問 / More questions re: "Reply from JAGDA regarding Request Letter"

〔2016.12.11・12〕
 044 「意見書へのJAGDAの回答」に対する質問と提案 / Questions and proposal re: "Reply from JAGDA regarding Request Letter"

〔2016.12.29・30〕
 045 ブラック・デザイン / Rogue design

〔2017.02.11・12〕
 046 弁護士から届いた封書 / Letter from the lawyers

ここで一言。「046」には、JAGDAが弁護士を立てたのは陰湿である旨書かれている。あーあ、そりゃ呪詛すら超えて相手方に対する中傷ですよsad。法秩序への敵視でもあって、看過することはできません。しかも一方で、自身が「041」では顧問弁護士の見解の形で意見書を出していたではないか。
我こそは邪悪やイカサマや茶番を糺すという正当性の主張も自己擁護もよろしいけれども、自己省察と禁反言にはどう決着をつけるわけ?平野センセ。

〔2017.04.14・15〕
 047 おとぎの国の物語 / Tales from Wonderland

文章を読んでも、エンブレム問題の解決、あるいはそのための検証の糸口は一向に見えてこない。それは、平野自身が建設的な視座を持とうとしないからだと考えます。「作り出す者」の態度とはどうしても思えなくて。一言で表せば、共感できません。(宮本百合子の文章を引き合いに平野の「ものわかりの悪さ」の貴重さを論じたヤシロタケツグ氏の見方とは異なります。)

そろそろ、本来自分がやるべき仕事に戻るべき時期に来てるのじゃないかな、頑ななその視線の先にそれが見えているならば。JAGDA/Japan Graphic Designers Association/日本グラフィックデザイナー協会に所属し続けるメリットももうないだろうし。

2017年2月11日 (土)

【番外編】Symbols of Jinsekikogen Town(ミズキちゃん)

(承前)

神石高原町章のことを調べていて、ご当地はひょっとしたら「町の鳥」がサンコウチョウ/Terpsiphone atrocaudataなのではないかと思った。

神石高原町章2

-----
神石高原の[じ]を全体にレイアウトし、高原の自然の源となる[太陽と星と月]をイメージし、それぞれに配置した。
-----

とあったから。

サンコウチョウ

「ツキ ヒ ホシ ホイホイホイ」とさえずることから三光鳥と呼ばれる、誠に可愛らしくも美しい小鳥。カササギヒタキ科、なんだそうな。けど、神石高原町には「町の鳥」の指定はありませんでした。

一方、「町の花」はキク科のヒゴタイ/Echinops setiferとなっている。

ヒゴタイ

よく「完全な球形」と形容される花で、ツルは子供の頃の夏休みに阿蘇で何度か見たことがある。園芸通販カタログなんかに載っているルリタマアザミ/Echinops ritroはこれに近縁の欧州産の種です(話題がマニアック過ぎるかしら)。
この名前、ツルはてっきり「肥後臺」かなんかで阿蘇特産だろうぐらいに思い込んでいたら(熊本県阿蘇郡産山村の「村の花」でもある)、西日本の山地に隔離的に分布しているのだとか。筑前の人、貝原益軒の著した大和本草には「平江帯」、肥後細川家写生帖には「肥後躰」と記されてるんだそうな。いずれ珍しい「ご当地の宝」的な意味でのシンボルであることは間違いありません。

さらに深掘りすると、「町の木」はミズキ科のヤマボウシ/Cornus kousa。

ヤマボウシ

-----
ヤマボウシの白い花は美しく清楚であり,4枚の花(総苞)は,旧4ヵ町村が合併し一つになった神石高原町のイメージに沿っています。
-----

おう、その手があったか!!神石郡の三和町・油木町・神石町・豊松村の合併をキレイに体現してるわけです。自治体章のパーツで旧市町村の数を表すのなんかより、よほど印象に残りますな。
一般には北米産の近縁種ハナミズキ/Cornus florida(旧くはアメリカヤマボウシと呼んだ)が知られてるけど、日本の山野に普通に生えてるヤマボウシの花の方がなんぼか美しいとツルは思いますがね(cf. 2008.04.29「Re:お早ようsun」)。病気にも強いし。
田中一村heartの初期の代表作「白い花」もヤマボウシとトラツグミ/Zoothera dauma(鵺です、ぬえ)を描いたものです。

でさ、ここだけの話、ご当地のキャラクターの中にもこのヤマボウシ盛りのがあるんだわ。

広島県神石郡神石高原町
神石高原町森林セラピー イメージキャラクター
ミズキちゃん
ミズキちゃん

あははは、きっと八谷早希子、[★の瞳]の[下ぶくれ]、はぁ(げんなり)。しかもだよ、ハナミズキではなくヤマボウシだと言っておるのにっpoutthunder。2014年11月頃の制定以来、出番がなかなか増えないようですがね。

ご当地では、観光イメージキャラクターとして2010年12月から「神石高原四仙人衆」(*)という4点セットを有していて、2012年度には「動かせ!四仙人!絵本コンクール」というのも実施されており、絵本部門で大賞を獲ったのが八谷の「四仙人とナマズ大王」だった(その中でまたナマズやらミツバチやらのキャラを生ましめている)。2013年2月の表彰式にも八谷は北海道からばっちり出席しているから、その頃からの縁ではないかと思う(∴ミズキちゃんは not 公募 but 委嘱じゃないかと推測)。つまりはご当地キャラをどんどん増やしていったわけだ、観光に活路を見出だそうとしているこの自治体は。

(*)公募による「こんにゃく仙人」by 西本 晟(神石高原町立三和小学校4年)をベースにしたもの。

うーん、神石高原町さん、だったらやっぱりサンコウチョウを「町の鳥」にしちゃうのがいいと思うよ、町章とセットにして。「陽光と星月夜の美しい高原のまち」とかいうのもポイント稼げそう。どぉ?

そう言えば今宵は満月。

願わくば花の下にて春死なむ
その如月の望月の頃
     西行

ツキ ヒ ホシ ホイホイホイ。

2017年2月 9日 (木)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [31](東御市章・東温市章・〈天草市章〉・〈津市章〉)

(承前)

つい先日、津市章のことをこう書いた。

-----
【2017.02.05「丸ブーtyphoon艶競べheart [29]」】

こうした極度に単純な「いかにも丸にブーメラン」なものは、平成自治体章には案外見出だせない、実は。
-----

そうなんですよね。妖しいまでに複雑系無理くり系の丸ブー自治体章はいっくらでも見つかるけど、シンプル系はなかなか・・・。でもそこを敢えて厳選してきますならば。

長野県東御市(とうみし)
市章
工藤和久(38歳:青森県弘前市:自営業)
東御市章

-----
(2004.03.16 東部町・北御牧村合併協議会だより 最終号)

東御市の頭文字[と]をモチーフに、豊かな自然、人と人の鮮烈な出会いと合併による新市の融和を象徴しています。
[橙色の楕円]は太陽を、中心の[青い弧]は千曲川の流れを、そして[空色の弧]はさわやかな風を表しています。
橙を頭として、青い部分とあわせて人を表現し、おもいきり未来に飛び出そうとしている元気な人々の住むまち・・・それは元気発信都市を意味しています。
-----

合成地名でこういう名前になった場合は重箱読みとは言わんのかしら。
2003年9〜11月の丸々3ヵ月かけて募集され、2004年1月に決定されているので、平成大合併の中では比較的早い方だと言える。丸ブーがネタ切れを起こす前だったとも言えるんでしょう。和久の作者コメントもまだ類型化を起こしていないし。

(佳作)
東 信慶(福岡県北九州市)
田中博士(愛知県豊橋市)
栗山照州(福岡市)
宮坂繁登(長野県小県郡東部町(ちいさがたぐん とうぶまち:現 東御市))
女性の方(長野県小県郡東部町)

因みに田中の案は自身の手による秋田県横手市章(2005年6月決定)に微妙に似ていて、ヒンヤリきました。

半年後、2004年7月になりますと。

愛媛県東温市
市章
曽川正男(愛媛県越智郡朝倉村(現 今治市))
東温市章(応募案)東温市章(最終版)

-----
[と]をデザイン化。躍動する人をイメージしています。[赤い丸]は夢を育む情熱のまち、[青色]・[緑色]は豊かな自然を表わし、二重に重なる構成は二町合併を意味する。未来に躍進する“夢創造都市”東温市を象徴します。
-----

デザイン補整は、下側の青いブーメランを太らせて、視認性を上げたということなんでしょう。

「さわやかな風と出会いの元気発信都市」だの「水清く人と緑が輝く豊かな夢創造都市」だので話は済んじゃったわけだ、基本理念やら将来像やらも。「同一人の応募は、何点でも可能」だった時代とも言える。

(優秀賞)
上林賢次(愛媛県温泉郡川内町(現 東温市))
小倉祥子(愛媛県喜多郡内子町)
川本 智(長野県木曽郡大桑村)
三戸部謙吉(長野県上田市)

あ、小倉は内子町章(2004.02.12決定;cf. 2013.09.26「Les Enfants Terribles(下)」)の作者ですねい。その余勢を駆って東温市章公募(2004.02.02〜03.31募集)にも打って出たということか。

そして、翌年になるとこういうものが現れてきます↓。

【2016.10.16「丸ブーtyphoon艶競べheart [23]」】
熊本県天草市
市章
一戸健一
〔2005年5月決定〕
天草市章

【2017.02.05「丸ブーtyphoon艶競べheart [29]」】
三重県津市
市章
岩永光一
〔2005年10月決定〕
津市章

でもシンプル系はせいぜいここらへんまで。以降は複雑化の一途を辿っていくわけ。残念ながら、それが個性化とは結びつかなかったと思うけれど。

(続く)

2017年2月 8日 (水)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [30](津市章優秀賞・〈米原市章〉・中能登町章・みやこ町章)

(承前)

津市章公募はこれまた、次点群にも突っ込みたい仰天作品がドッサリ。などとツルが言うからには、当然常連ガイダーがひしめいておるわけですが。(下記には「作品3」がないけれど、採用された岩永作品がそれです。)

三重県津市
市章
〔2005年10月決定〕

(優秀賞:作品1・5)井口やすひさ(東京都文京区)
津市章(井口案1) 津市章(井口案5)

-----
[つ]の頭文字をモチーフに、貴重な歴史・風土や産業・文化と新市の将来像の自然(水・緑)に包まれた地域社会をイメージし、将来に向けて飛躍・発展・繁栄する明るく元気な姿を力強く表しています。
-----

やっぱり、「繁栄」なら井口ブランドですねっsign03(って、前とは違うことを言うてる気がするがsweat02;cf. 2017.01.22「大御所の罪:その3」)。

そう、陰刻と陽刻の両方出して、ダブル入賞しちゃったわけである。ミミズかウナギが這い出た風情。しかも作者制作意図はどちらも完全に同一だったという・・・thinkthink。それが目立たないように1番と5番に離して配置したんですね(平野敬子とおんなじようなこと言ってるよcoldsweats02)。
これね、ちょっと、いや大いに意外なのは、必殺技の[将来像鸚鵡返し]を繰り出してないことです。新・津市の将来像は「環境と共生し心豊かで元気あふれる美しい県都」なので。なんと、「共生」の語も使ってないし!!ま、だから何だってほどのことではあるが。

見方を変えれば、井口はこの採用デザイン↓を使い回してここ↑に出しちゃったわけ。

【2015.12.01「丸ブーtyphoon艶競べheart [10]」】
滋賀県米原市
市章
井口やすひさ/靖久
〔2004年12月決定〕
米原市章

モラルや誠実さが感じられないのはいつものこと、このガイダーから。

(優秀賞:作品2)田中博士(愛知県豊橋市)
津市章(田中案)

-----
全体の形は津市の[ツ]と[T]です。[グリーン]は大地の緑を、[ブルー]は伊勢湾と清流を、[オレンジ]は市民の情熱を表した新市の将来像のイメージです。
-----

これ↑はこれ↓に必要以上に似ている。

石川県鹿島郡中能登町
町章
杜多利夫(兵庫県神戸市)
中能登町章

-----
中能登町の[中]の文字をモチーフに3町の合併を表し、豊かな自然とこころ豊かなふれあいが町を包む様子をデザインしました。
歴史・文化・人の3要素の調和のある町を表し、未来へと発展する躍動感が表現されています。
-----

こちらですか?2004年12月の決定です。
ツルはこの歳になるまで、石川県にも鹿島郡というのがあることを知りませんでした。茨城県の鹿島郡が消滅したことは知ってたけど(今は鹿嶋市と神栖市と鉾田市になっている)。

杜多一族に対しては点数の甘いツルですが・・・。その優れた多様性と対象をダイレクトに射抜く本質性は確かに認めるけれども、鋭角的な[楔形]のモチーフが繰り返し現れてくることは多少気にかかっている。また取り上げることもあるでしょう(^_-)。

(優秀賞:作品4)栗山照州(福岡市)
津市章(栗山案)

-----
津市の[つ]の文字を三重に連ねた形状は、県都「津市」を表現。また、[翼]を大きく広げて飛翔するデザインは、市の未来への発展と豊かな自然環境との共生を意味し、新市の将来像を象徴的に表現しています。
-----

まあ、「三重」県ですからね。こっちに「共生」が出てきとるけど(-.-)y-~。
これにもそっくりさんはいるんだよねえ。

福岡県京都郡みやこ町(みやこぐん みやこまち)
町章
小林雄一郎(山梨県)
みやこ町章

-----
みやこ町の頭文字[ミ]の字を基に、京都地域の発展を担う一つの[翼]を、空、太陽、大地の3本の線で表現するとともに、三つの地域が未来に向かって羽ばたく思いを図案化した。
-----

究極的な類似ですが、時期も究極なまでに近接していて;

みやこ町
2005.05.16〜07.11 募集
2005.09.13 決定

津市
2005.06.01〜07.15 募集
2005.10.21 決定

という具合。つまり発想とデザインが致命的に似ちゃったのも偶然ということになるけれど、あるいはMissing Linkがないとも限らずってとこですかな。

因みに津市章公募では、次のとおり「特別賞」を出している。

(特別賞)
河口和弘(一志郡香良洲町(いちしぐん からすちょう):現 津市)
古谷 浩(津市)
岡田友晴(一志郡白山町:現 津市)
岩本寛正(津市)
井谷圭子(津市)

どうやらジモティ救済策といったところだけど、お茶を濁した感が否めません。

えーと、この前何と書いたんだっけ。

-----
【2017.01.23「丸ブーtyphoon艶競べheart [27のおまけ]」】

結局ね、一個テンプレなデザインを選んだご当地というのは、必ず次点等々にも訳ありやらツッコミ甲斐が大きいやらの作品を選んでくる傾向が強いってことですよ、そこははっきりと。
-----

そうそう、やっぱりそうなんだよ。
善人猶以て往生を遂ぐ、況んや悪人をや。ああ、一蓮托生の衆生にどうか御慈悲を。

(続く)

2017年2月 7日 (火)

【覚え書き】東京五輪マスコット選考について (2)

(承前)

もう一本、報道を見ておこう。

-----
(2017.01.17 朝日新聞)

五輪マスコット選び、「炎上」大丈夫? 商標登録、難題

3年後に迫る東京五輪・パラリンピックのマスコット選定の議論が17日、始まった。大会を彩るキャラクターの誕生までには、幾重ものハードルを乗り越えなければならない。選考過程が不透明との指摘が出たエンブレム問題を踏まえ、オープンな議論を通じて長く親しまれる存在を、との声が上がる。

■検討会議始まる
〔中略〕

会議のメンバーは14人で、エンブレム委員会でも座長を務めた宮田氏のほか、タレントの中川翔子さんらが入った。この日は欠席したが、ゲーム「妖怪ウォッチ」を制作したレベルファイブの日野晃博社長や元プロテニスプレーヤーの杉山 愛さんも名を連ねた。

■「エンブレムより難しい」
「マスコットはエンブレムよりもはるかに難易度が高く、炎上必至の予感がする」。エンブレム委に続いて今回も委員を務める夏野 剛氏(慶大大学院政策・メディア研究科特別招聘教授)は会議で苦笑した。
当初のエンブレムは模倣疑惑が持ち上がって白紙撤回された。公募前に限られたデザイナーに参加を要請し、審査で優遇するなど不透明な選考過程も反発を招き、エンブレム委が選び直した経緯がある。もう失敗はできないと危機感を持つ組織委はこの日、「クオリティーと国民の納得感の両立」を目指すことを、委員と確認した。
マスコット誕生までには、どんなハードルがあるのか。委員の林 いづみ弁護士は「名前の問題もあるし、立体になって、動きの世界観もある」と述べた。
エンブレムとは違い、デザインだけでなく名前も国内外の商標権を取る必要がある。リオ大会マスコットには約400の候補があったが、商標登録ができるものは3案だけだったという。デザインについても国内の意匠権と商標権を最大45の区分ごとに取らないといけない。意匠権とは、そのデザインや形状に新規性や独創性があるかが要件で、それを独占的に所有できる権利。「類似」は許されない。それとは別に「被服・履物」「玩具、遊技用具、運動用具」などといった商品区分ごとに商標調査、登録がいる。街中で見られる立体商標の代表例には、不二家の「ペコちゃん」やケンタッキー・フライド・チキンの「カーネル・サンダース像」がある。
五輪ならではの前提条件や制約も多い。IOCは、開催都市の歴史や文化を反映させた特徴的なストーリーがあることが望ましく、子どもにも訴えかける「わかりやすさ」が大切、などと規定。マスコットのどこかに大会エンブレムが入っていなければならない。各競技を示す「ポーズバリエーション」も求める。東京五輪ではリオから五つ増えて33。「情熱」「愛」などの感情表現も必要だ。
海外では日本のアニメ、ゲームが人気で、東京のマスコットへの期待も高いという。近年はプロによるコンペで選ぶのが主流で、組織委内にも「素人が作るのは無理」との見方があるが、エンブレム選びの経緯から、一般からも募った方がいいとの意見は根強い。
リオ大会では募集開始から発表まで2年1カ月を要した。組織委は2年前、開催基本計画で「17年中にも発表する」としていたが、今は「年内の発表は難しい」としている。(原田亜紀夫、能田英二)

■批判集まった大会も
IOCによると、五輪でマスコットが使われるようになったのは1968年フランス・グルノーブル(冬季)から。ただ、IOCが公式マスコットとしたのは4年後の西ドイツ(当時)・ミュンヘンからだった。ダックスフントがモチーフで、五輪カラーのしま模様をした「バルディ」だ。
開催国の文化や神話が基になったり、国民に愛される動物がモチーフに選ばれたりすることが多い。「自然との共存」を基本理念とした98年長野(冬季)は「森の知恵者」のフクロウたち。2012年ロンドン大会では、鉄片から生まれたとされる一つ目姿に「かわいらしさがない」と批判が集まったこともあった。
IPCによると、パラリンピックでも80年オランダ・アーネムから登場。昨年のブラジル・リオデジャネイロは多様な植物を表現した「トム」。メダリストにはメダルの色の頭のトム人形が与えられた。(山本亮介)

  ◇

〈元NHKアナウンサーでエンブレム選定に関わった山本 浩さんの話〉
エンブレムの教訓を生かし、議論を公にするのが大切だ。時間はかかるが、様々な視点でチェックすれば隠れた問題に気づく。エンブレムでも朝顔案が男性用小便器に似ているとの指摘を受け、驚いた。誰もが納得する選定は非常に難しいが、国民全体で議論を共有することで、もう一度東京開催の意義を見直す機会にもなる。例えば、大人っぽくするのか、子どもっぽくするのか。そんな問いから、世界に何を発信するのかという議論にもつなげられる。

  ◇

〈早大スポーツ科学学術院の原田宗彦教授(スポーツマネジメント)の話〉
残念な話だが、商業五輪が本格化した1984年ロサンゼルス大会などを除くと、過去のマスコットを覚えている人は極めて少ないのではないか。原因の一つに、五輪期間後、商標権などがIOCに移るルールがある。将来、マスコットを東京のレガシー(遺産)にしたいなら、ルール変更をIOCに求めるくらいの強い姿勢も必要ではないか。デザインについても、積極的に子どものアイデアを採用するくらいの思い切りがあっていい。
-----

浅ましい話である。原田の言葉は、結局金儲けのことしか考えてないということではないか。キャラクターの成果とはどれほど収益を上げたかでしか測ることのできないものなのであろうか。その視点しか今度の東京五輪にないなら、記憶に残るキャラクターなど作れはしまい。
いや、そもそも五輪の記憶にキャラクターなど必要なのだろうか。「バボちゃん」なんてのも、要るわけ??

それにしても、うーむ、やっぱり素人や似非玄人が面白半分に手を出しちゃいけない分野だと思うのだけれど、ツルは。ゴリゴリのデザインアスリート達よ、集え。

2017年2月 6日 (月)

【覚え書き】東京五輪マスコット選考について (1)

これまでも時々ちょびっとずつ触れてきたネタについて、このところ多少動きがあったので、備忘録的に。

-----
(2017.01.17 時事通信)

◎個性的な作品を=東京五輪マスコット選考
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は17日、大会マスコットの選考方法を決める検討会議(座長・宮田亮平文化庁長官)の第1回会合を東京都内で開き、国民参画を踏まえて質の高い作品を生み出すとの基本方針を確認した。
会合では過去大会の作品事例を示した上で検討事項を整理。ファッション・ジャーナリストの生駒芳子副座長は「東京大会ではさらに突き抜け、個性の立ったものを生み出せれば」と述べた。応募資格は今後精査するが、生駒副座長は「日本はキャラクターやアニメ、漫画の先進国で、才能あるクリエーターが多い。そういう方々に活躍してもらいたいという意見が交わされた」と話した。
検討会議は計6度開催し、3月末までに選考方法を国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)に提出する。マスコットの発表時期は未定。リオデジャネイロ大会は応募要項発表から制作、選考に2年1カ月をかけ、開幕600日前に発表した。これを基準にすると東京大会は約5カ月遅れており、組織委担当者は「少しでも早くすればPRやマーケティングにプラスになるという認識はある」と話した。
-----

ふんふん、半月に1度のペースやな。つまりは日本にはかのオタク文化がある、それを改めて世界に見せつけてやろうじゃないかというこっちゃね。

ん?そう言えば民進党のキャラクターも3月の党大会で発表されるんじゃなかったっけ(どうやらそれまで発表されそうにないし)。えーと、党大会の日程はと。3月12日、やっぱり。普通なら1月に開くところが、選挙が入るかもしれんってので3月に先延ばしにしたやつだ。

もっとも、五輪マスコットの方は「3月中に選考の方法を決める」というだけのものだから、まだまだ道のりは長いわけであるが。

「マスコット選考検討会議」のメンバーは次のとおり。★印は「エンブレム委員会」からの続投組。

座長
★宮田亮平(文化庁長官)

副座長
生駒芳子(ファッションジャーナリスト・アートプロデューサー)

委員
あんびるやすこ(絵本作家・日本児童出版美術家連盟理事・日本美術著作権連合副理事長)
石井リーサ明理(あかり)(照明デザイナー)
石川和子(日本動画協会理事長)
垣内俊哉(株式会社ミライロ代表取締役社長)
官浪辰夫(デザインコンサルタント)
★杉山 愛(スポーツコメンテーター・元プロテニスプレーヤー)
★田口亜希(パラリンピック射撃日本代表・パラリンピアンズ協会理事)
中川翔子(歌手・タレント)
★夏野 剛(たけし)(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別招聘教授)
★林 いづみ(弁護士・桜坂法律事務所パートナー・中大法科大学院客員教授)
日野晃博(株式会社レベルファイブ代表取締役社長)
陸川(りくかわ)和男(株式会社キャラクター・データバンク代表取締役社長・キャラクターブランド・ライセンス協会理事)

いろいろな顔ぶれが並びました。エンブレムの時より、「ブランド/ビジネス戦略」色が前面に出ていると思う(日野と言えばあの「妖怪ウォッチ」の産みの親だ)。ツル的に一番注目したいのは、中川翔子に何ができるかってなことより、今や日本で二番目に有名な障害者という感じの垣内の動向かな。障害者ビジネスを軌道に乗せたとされる車椅子の実業家。

以下は2016年の再公募の際の「エンブレム委員会」の顔ぶれ。

委員長
★宮田亮平(元東京藝術大学学長・大会組織委員会文化・教育委員会委員長・金属工芸家)

委員
今中博之(社会福祉法人素王会理事長)
榎本了壱(クリエイティブディレクター・京都造形芸術大学客員教授)
王 貞治(福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長・一般財団法人世界少年野球推進財団理事長)
勝井三雄(グラフィックデザイナー)
柏木 博(武蔵野美術大学教授・デザイン評論家)
志賀俊之(日産自動車株式会社取締役副会長)
★杉山 愛(スポーツコメンテーター・元プロテニス選手)
★田口亜希(パラリンピック射撃日本代表・一般社団法人パラリンピアンズ協会理事)
但木敬一(弁護士・元検事総長
田中里沙(株式会社宣伝会議取締役副社長兼編集室長)
中西元男(デザインコンサルタント・PAOSグループ(東京・上海)代表)
★夏野 剛(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別招聘教授)
西崎芽衣(一般社団法人ならはみらい事務局(立命館大学休学中))
長谷川祐子(東京都現代美術館チーフキュレーター・多摩美術大学教授)
★林 いづみ(桜坂法律事務所弁護士)
フミ・ササダ(株式会社ブラビス・インターナショナル代表取締役社長)
松井冬子(日本画家)
松下 計(東京藝術大学教授)
マリ・クリスティーヌ(異文化コミュニケーター)
山本 浩(法政大学スポーツ健康学部教授・元NHKアナウンサー)

あの松井冬子が入っていたとは知らなかった!

肩書で一際目を惹くのは西崎であろう。東京都出身、2013年から福島県いわき市内にある双葉郡楢葉町の仮設住宅で足湯の学生ボランティアをしていた縁で、4回生になる2015年4月から1年間、大学を休学し「ならはみらい」の職員として復興と新しい町づくりに携わっていた人物です。ちょうどこの時、どういう経緯か知らないがエンブレム委員に選ばれたわけ。
こうした人物が入っていたこと自体、東京五輪開催が決定した2013年という時代の揺曳であると見ることはできよう(今度のキャラクター選考検討にはそのような経歴の持ち主は含まれていないのだから)。

(続く)

2017年2月 5日 (日)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [29](津市章・神石高原町章)

(承前)

岩永つながり、もう一つだけ。てか、これ↓以外にはもうないはずだけど、岩永作の自治体章は(ツル調べ)。

三重県津市
市章
岩永光一(和歌山県橋本市)
津市章

-----
[つ]をモチーフに[グリーン]で自然豊かな大地、[ブルー]で伊勢湾の波濤をイメージ。自然に恵まれ、人々のふれあいや、培われた歴史や文化を大切に、希望に満ちた明るい活力ある未来へ大きく飛躍して行く姿を表現。
-----

こうなるともう大安売り、『培われた歴史と文化』の(cf. 前々回)、けけけ。2005年10月決定だから、この年9月決定の豊後高田市章と12月決定の八峰町章の間に割って入る形。ついでに言えば三原市章も同年10月制定。はsign05あ、ほんと売り手市場だったんだねえcoldsweats02

こうした極度に単純な「いかにも丸にブーメラン」なものは、平成自治体章には案外見出だせない、実は。たいがい、何らかの技巧に走っちゃうからでしょう。次のように、比較的シンプルなものでもいくらか飾りがついている(津市章だってそうだけど)。

広島県神石郡神石高原町(じんせきぐん じんせきこうげんちょう)
町章
石田金寛(神石郡豊松村(現 神石高原町))
神石高原町章

-----
(2004.04.15 じんらいむ(神来夢) 第29号)

神石高原の[じ]を全体にレイアウトし、高原の自然の源となる[太陽と星と月]をイメージし、それぞれに配置した。
-----

時期が早いせいか、単色なのが目を惹きます。あ、「じんらいむ(神来夢)」というのは神石郡合併協議会の広報紙の名前、happy02イタタ。

♪来る夢 来る人
 通り過ぎてゆく愛
 四つの季節を
 人は 巡り続ける

本公募は、2004.11.05の4町村(神石郡の三和町・油木町(ゆきちょう)・神石町・豊松村)合併に先立つ2003.09.16〜11.30、この手のものには珍しく、対象を対象町村の在住者・在勤者・在学者・出身者に限定して募集された。しかも一人3点までの応募制限つきで。

賞金は;
 優秀賞:1点 125,120円
 入賞:4点 各30,000円
で、結果、応募総数228点。ご当地限定にしてはわりかし頑張った感のある数字です。因みにすごく半端な最高位の賞金額は、2000年の国勢調査による4町村の人口に10円を掛けたもの。

しかし、合併前年度末の2004.03.31にも12,494人あった対象地域の人口はその後1万人を割り込み、広島県サイトによれば2016.07.01現在の推計人口8,955人(▲28.3%)、神石高原町サイトでは2016.09.01現在9,592人(▲23.2%)と、わずか12年程度で約4分の3になっている(二つの数値の大き過ぎる差異の理由はよくわかりませんが)。
そりゃまあ仕方ない、日本の大抵のご当地はそうなんだから。それに愚blogはあくまでデザインのご当地公募を相手にしてるのであった。

本公募では、決定プロセスがいささか変てこで、フラストレーションが溜まります。
予備審査で5点まで絞った後、2004.02.17の第16回神石郡合併協議会で最終決定する予定であったところ・・・会議録をめくりますと。

-----
(金山主任主事)
〔前略〕

今回選定に当たりましては,白黒のこの形で次の選定にしていただきたいというふうに思っております。その後の町章の色の決定については,小委員会の方に一任していただきたいというふうに思っております。

〔中略〕

(小林委員)
〔中略〕

小委員会では,次のステップについてのいろいろとお話ができておるのか,何にもここの時点まででその後はできてないのか。その辺もちょっとお尋ねしたいと思います。

〔中略〕

(中野委員)
現在のところこの先の方向についてはまだ白紙の状態でありまして,この協議会においてどのような選定の仕方がいいのかというのを皆さんの方から意見を仰ぎまして,今後また小委員会で検討していきたいということの結論に至っておる結果であります。
-----

その後、やれ地元中学生に選ばせてはどうかとか、いやいや合併協で決定するとあらかじめ決めておいたのだからそれはまずいとか、果ては、あの候補は三和中学校の校章にそっくりだとか、他にも似てるのがあったような気がするとか、類似を厳しく取り始めるときりがないとかの意見が飛び交い始め、じゃあどうするんだ、小委員会に差し戻すのか、今日決めるのか、だったら類似分は外すのかという話になり;

-----
(福場委員)
それは,ちゃんと小委員会で検討されてここに出されないと,そりゃ困ります。そうしないと,だって投票するときに困りますので。
-----

てなことで結局、「今日は欠席がかつてなく多い」なんて適当な理由と絡めて(35名中7名欠席;議会議長は「町村議会議長さん方の総会」出席のため4名全員欠席;なんでそんな日に協議会開いたのよ)、次回送りということに落ち着いた。つまりは町章選定小委員会の怠慢だとツルは理解しました。

で、だよ。その次の2004.03.12の第17回協議会では無事決定したんですが、この時は一切討議を行わず、投票だけで決めちゃったという次第。かと思うと開票・決定直後にマスコミを入れて入賞者全員への授賞式を行っていて、その辺りは妙な手回しのよさ。

(入賞)
澁谷友章(油木町(現 神石高原町))
油野木和登(豊松村)
横山敬重(油木町)
習田知幹(広島県福山市:広島県立油木高等学校勤務)

そう、中学校章との類似を指摘された作品(by 澁谷)も通しちゃいました。

現在の同町サイトに掲載されている町章はこのとおり。

神石高原町章2

こっちの方が[太陽と星と月]にはふさわしいような気もするけど、町旗と混同してると思うんですよねsad

そして、合併施行時の告示には、「趣旨」に一文が加えられている。

-----
(2004.11.05 神石高原町告示第1号 抜粋)

神石高原の[じ]の形を,高原の自然の源となる[太陽][星][月]のパーツを配して表現している。
また,星(夢・未来・輝き)に向かい手を広げ掴もうとする姿を表し,対外的には神石高原町町民の社会貢献と前向きな姿勢を象徴している。
-----

地方の、というより田舎の小さな自治体が「社会貢献」などと言い出した瞬間、コストカットを意味しているのかとか、あるいはコミュニティの維持が限界に来ているのかとか、まず考え込まなくてはならないような社会に入ってきているのね、僕らは。

― Inspired by「来夢来人」小柳ルミ子(1980.01.25リリース)―

(続く)

2017年2月 3日 (金)

【節分編】鬼は内、鬼は外

本日は春の節分の結縁で、鬼の話題を。2年前の話ではありますが。

-----
(2015.02.13 時事ドットコム)

2015.02.13

巨大な「鬼」が出現=愛媛県鬼北町

全国で唯一、自治体名に「鬼」の字が入る愛媛県鬼北町にこのほど、体長5メートルの巨大な鬼のモニュメントが登場した。

同町の道の駅に設置され、訪れた人に鋭いにらみを利かせている。大きな角、牙をたたえ、体は筋骨隆々。肩には町で養殖が盛んなキジが乗る。デザインは町と精密模型制作の海洋堂(大阪府門真市)などが考案した。
設置に当たり、「『ゆるキャラ』系の鬼を」という話もあったが、海洋堂側から「鬼はそんなものではない。鬼北町らしい特色のある鬼にするべきだ」と指摘されたという。
甲岡秀文町長は除幕式で「『あまりにも怖すぎないか』と話しながらデザインを決めた。子どもたちが大人になって『町にあったな』と思い出すようなものになるといい。素晴らしいインパクトがある」と喜びを語った。

鬼北町は、「鬼が城山」の北に位置することから、2005年に旧広見町と旧日吉村が合併して名付けられた。
-----

ゴホンと言えば龍角散、フィギュアと言えば海洋堂である(あ、鬼キャラ元祖、「風の神様 風邪ひいてまんねん」の改源の方がよかったかな)。「鬼はそんなものではない」の一言が頂門の一針、ビシッと効いてますね。

やや遡ったこの記事ではもう少し詳しいことがわかる。

-----
(2015.01.10 愛媛新聞 抜粋)

町おこし鬼に金棒、巨大な鬼の像2月に披露 鬼北町

2014.11.19
2月1日の誕生の時を静かに待つ、鬼北町の巨大な鬼のモニュメント=11月19日午後、高知市

全国で唯一自治体名に「鬼」が付く愛媛県鬼北町が、新たな町のシンボルを目指し、巨大な鬼のモニュメントの制作を進めている。着色など仕上げの作業も終わり、同町永野市の道の駅「森の三角ぼうし」での2月1日のお披露目に向け、静かにその時を待っている。

〔中略〕

モニュメントは2013年6月に企画。JR予土線のホビートレインなどで関わりのあるフィギュア制作会社海洋堂(大阪府門真市)に相談しデザインを決定、事業費1千万円で制作を進める。
「これほど大きくてリアルな造形は初めて。要求される怖さをしっかりと表現できるか不安だった」。制作を手がけた高知市の立体造形会社「m・e・works」の穂崎真一さん(42)は振り返る。
-----

1月の記事に11月の写真使うなってば(笑)、愛媛新聞。でもどうだっていい、そんなこと。
ご当地で「ゆるキャラ系の鬼」と言えばこれを指す。

【その105】
愛媛県北宇和郡鬼北町
ゆるキャラ
きほくん
福添あゆみ
(愛称)大岩圭司
きほくん

あ、また福添あゆみかー。キジもいてます。

【2014.07.22「愛媛の観念、宮城の覚悟。」】
愛媛県北宇和郡鬼北町
ゆるキャラ
きじの助
星加洋子
きじの助

どちらも2012年2月決定。えっ?ご当地にはこの鬼とキジがいるのにそれを使わなかったの?このペアキャラ作って1年余りでこのモニュメントを計画したというの!?キャラとはおよそ正反対のデザインで!?!?ゆるキャラなんか作った意味なしじゃん。
きほくん&きじの助はほとんど干されたor喧嘩売られたようなものである。

思い出すのはこれのこと。

【その34】
大阪府泉大津市
マスコットキャラクター
おづみん
福添あゆみ
〔2012年4月決定〕
おづみん

(泉大津駅前 おづみん像)
泉大津駅東口のおづみん像

高さ5m、製作協力 大阪芸術大学。2013年3月末をもって撤去されております、悪しからず。

そうかあ。初めはそんなのを想定していたら、まるで違うものになっちゃったというわけね。「ゆるキャラ The Almighty」=「ゆるキャラは地方興しの神である」ではなくなり始めた端緒だと見ていますがどうでしょう。

造形も実は少しく変で、顔の造作にこだわり過ぎて全体に無理が生じた気がしないでもない。短足気味なのは日本人体型としてwまだ許容できるとして、左腕の違和感はどうしても残ります。どうせFRP製だろうから、そこら辺の強度上の制約なんだろうか。
建立2年、野晒しでそろそろ傷みも目立ち始める頃だと思いますが、如何。

2017年2月 1日 (水)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [28](豊後高田市章・八峰町章)

(承前)

このところ取り上げている岩永光一のことなんですが、まだ気になるところがあって。

大分県豊後高田市(ぶんごたかだし)
市章
岩永光一
豊後高田市章

-----
デザインは、豊後高田市の頭文字(英文)の[BとT]を組み合わせて図案化したもので、[緑]は豊かな恵みをもたらす大地を、[紫]は歴史と文化を、[青]は世界に繋がる周防灘の波を表しています。
千年の時を超えて受け継がれてきた美しい自然と六郷満山文化の歴史が織り成す豊かな風土を背景に、明るく活力ある未来に向けて大きく飛躍する市の姿を象徴しています。
-----

「六郷満山/ろくごう まんざん」とは、国東半島一帯にある寺院群の総称で、「八幡信仰と天台修験が融合し発達した国東半島独自の宗教文化」を見せてるんだそうな。そこで『歴史と文化』がウリなわけ(大伏線)。

しかし、そのひょうたんみたいな紫のパーツで表されたものは、岩永自身でもあるだろう、次のものを見れば。

秋田県山本郡八峰町(はっぽうちょう)
町章
岩永光一(54歳:和歌山県橋本市:自営業)
八峰町章(応募案)八峰町章(最終版)

-----
新生「八峰町」の[八]を基本のモチーフにし、白神山地の自然と山並み[グリーン]、日本海の波濤[ブルー]、そして明るく活力ある未来[オレンジ]をイメージとしてデザインしました。培われた歴史や文化と共存・共栄し、「白神の自然と人とで創るやすらぎの町」を目指して大きく飛躍していく姿を表現しています。
-----

豊後高田市章に加え、このデザインのご当地でも『培われた歴史や文化と共存・共栄し』が表されてる(ことにしちゃった)わけです。それだけぢゃない、三原市章でも全く同じフレーズを用いていたのにお気づきでせうか(cf. 2017.01.20「丸ブーtyphoon艶競べheart [27]」)。

えー、八峰町というのは、中国は北京(近く?)にある万里の長城の名所「八達嶺」(八方に達る嶺、の意味がある)みたいなノリか、それとも神仏混淆の花開いた六郷満山文化の向うを張ったかと思いきや、山本郡の八森町 + 峰浜村の合成地名でしたとさ。

思うに、紫とオレンジの[ひょうたん]パーツは、坂口茂樹の用いたPersonal Identity Item「九葉捻花」と同じ役割を持たされていたのではあるまいか(cf. 2016.08.30「世界に一つだけの花,捻れた」)。もっとも、三原市章にはこのアイテムは盛られていないし、他の岩永作品でもそのようですが(他にもあったら鬼の首でも取ったように書き立ててますくさ)。

豊後高田市章は2005年9月の制定、一方、八峰町章は同年12月の決定だけど、その後デザイン補整の具体的内容が報告されているのが珍しい。

-----
(2006.01.25 第14回八森町峰浜村合併協議会 参考資料 抜粋)

補作修正部分
①山のかぶさりを少なくする。
②[引用註:波の内側の]カーブの調整をする。
③波の下の左をさらに少し左へ出して安定感を出す。
④下楕円の天地の幅を少し広くして山、波との大きさのバランスをとる。小さい右の楕円を左の楕円の天にそろえて、伸びていく感じを出す。
⑤隙間は楕円と山と波のあきの幅のバランスとる。小さくしたときにつぶれないようにする。
-----

-----
(2006.01.25 第14回八森町峰浜村合併協議会 会議録 抜粋)

(事務局長)
〔前略〕

専門家の方に委託して、業者の方から更にいろんな改良点があればということで、チェックしてもらいました。補作を行ってもらったのがその次の資料です。

〔中略〕

もう一つは[オレンジ色]の雲が二つあるのですが、これを右手の方が下がるようなデザインでしたが、これを平行して伸びていくような、発展するイメージを作るということで、上向きにした点です。

〔後略〕
-----

ああ、「右上がり=発展」の強迫観念はやっぱりこんなとこにも存在したのね。株屋のネクタイみたいww。

(優秀賞)
庄司義行(60歳:三重県四日市市)
冨田健二(54歳:奈良県葛城市)
大島康裕(33歳:愛知県名古屋市中区)

(続く)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想