« 【番外編の番外編】幕間狂言ノ二:沈黙の北国の春(札幌国際芸術祭2014・第61回さっぽろ雪まつり) | トップページ | 【番外編】大御所劇場 五幕目:春宵一筆値千金(魚小・いらっしゃいしんとく) »

2017年3月 4日 (土)

【番外編】大御所劇場 四幕目:春は残酷である(阪神・淡路大震災10周年・こうべユニバーサルデザイン・神戸発・優れた技術)

(承前)

田中博士のガイダー活動が(自治体章以外だと)地元の愛知県/豊橋市を主なフィールドとしていたのと同様に、神戸在住の杜多利香もお膝元の公募はマメに拾っていた様子が窺い知れる。

兵庫県
阪神・淡路大震災10周年記念事業 シンボルマーク
杜多利香(兵庫県神戸市:デザイナー)
阪神・淡路大震災10周年

2004年の2月から3月の頭にかけて募集されたもの。同時募集のロゴマークには石田 隆&石川和市(愛知県名古屋市:デザイナー)の作品が選ばれた。

1995年の大震災から20年以上が経った今に至るまで、兵庫県では「1.17は忘れない」と銘打ち、「ひょうご安全の日」としていろいろな事業が行われてきた。でも、この「10周年」――20年目には「周」の一文字が除かれた(cf. 2016.01.17「21年目の朝に」)―― の時の情報は、現在ネット上からほとんど消えている。
ところが、外国語のサイトが残ってたんですね。中国語の受賞コメントはこうです。

-----
・次被采用・“阪神・淡路大地震10周年・念事・”的象征・案,我感到特・高・。
地震・生・,我因参加学校・行的滑雪班而不在神・。可是,我至今・很清楚地・得,回到神・以后・眼所看到的受・情况,・予支援的很多人的事情和通・收音机听到的鼓励・言。
此次作品是在回・[1・17]的受・地区惨状基・上,凭着・・与感・的・・,而・・了此次作品。
通・此象征・案能・参加10周年・念事・,我感到很光・。
“1・17”象征・案的,从受・地区・生的,・有力的[萌芽]是在表・向着明天・翔,并表明・・努力的决心。
-----

ツルは中国語読めません。しかも愚blogはガラ系携帯からものしているので、簡体字が表示できなくて上記のような歯抜けになります(汗)。それでも何て書いてあるかはだいたい理解できるでしょ。発生時には学校のスキー行事に参加していて神戸にいなかったらしい、といったこともわかってくる。
英語だとこうです。

-----
I am very happy my design was chosen to be the symbol mark of this Hanshin Earthquake 10th Anniversary Commemorative Project.
At the time the earthquake happened I was away from Kobe on a school ski camp. Today, I still remember the scenes of the earthquake when I returned to Kobe, the support many people gave us later and the words of encouragement on the radio.
The [1.17] in the symbol mark is a reminder of the scenes of the disaster-stricken area, and on top of this a symbol in remembrance of the recovery and gratitude.
I am honored, through this symbol mark, to be able to participate in the 10th Anniversary Commemorative Project.
The [bud] sprouting full of energy from "1.17", the symbol of the disaster-stricken area, expresses the determination to work hard for the future.
-----

いつものお行儀のよいコメントとはいささか異なる「熱」を感じる。この言葉は確かに当事者の実感がこもっているだろう。他の公募にも増してこれは獲りたかったろうし、獲れるとも思っていたはず。和文も是非読みたいとこですけど。
ただ恨むべくは、その才を2011年の震災時にも発揮して欲しかったなどと書くと、各方面に無礼だろうか。

ほぼ同時期、2004年4〜6月にはこの募集がかかった。

兵庫県神戸市
こうべユニバーサルデザインフェア2005 シンボルマーク
杜多利香(神戸市西区)
こうべユニバーサルデザイン

-----
ユニバーサルデザインの[U]、[D]をモチーフに、すべての人にやさしいデザインを「人々の笑顔」で表現しました。
[青]・[緑]・[赤]は海・山・ポートタワーを表し、神戸のまちにあふれる笑顔をイメージしています。
-----

うわ。UDのマークとしては相当の変化球だと思いません?そりゃ、駒井 瞭の自己パクりデザインよりなんぼかマシとは思うけれど(cf. 2016.07.09「アナタのマチのUDってなぁに?Last Coup」)。

〔シンボルマーク部門〕
応募総数 181点

(優秀賞作品)
増田有希子(東京都墨田区)
野原久美子(神戸市東灘区)
岩田新司(大阪府堺市)

この公募で変わっているのはキャッチフレーズ部門で、最優秀賞が該当なしとなったために、優秀賞作品をつぎはぎして新しいのを作っちゃったとこ。

〔キャッチフレーズ部門〕
応募総数 561点

(決定作品)
「神戸夢発・やさしさのカタチみんなで」

(優秀賞作品)
熊谷幸平(岩手県東磐井郡藤沢町(現 一関市))「神戸から世界へ UDの夢発信」

南 英市(滋賀県近江八幡市)「神戸から ひと・街・あんしん夢発信」

河本啓吾(兵庫県西宮市)「やさしさはかたちになりました」

内藤 零(大阪市)「やさしさをカタチにしたら、使いやすさになった」

山口弘正(京都市)「優しいカタチしてるでしょ?」

山口 忍(東京都板橋区)「思いやりのカタチ 神戸から世界へ」

香津晶子(兵庫県宝塚市)「伝わるやさしさ つながる神戸」

原 峻一郎(佐賀市)「神戸から、UDの架け橋 世界へ、未来へ・・・」

こっ、こったら選考もありなんかよおぉっっeye

2006年9〜10月には次の公募が行われている。

兵庫県神戸市
公益財団法人 神戸市産業振興財団
「神戸発・優れた技術」シンボルマーク
杜多利香(神戸市西区)
神戸発・優れた技術

市内の中小製造業を対象に、小さくても特色ある技術と高いシェアを有する企業を認定するもので、1997年度から行われて現在は100社を超えているらしい。

-----
神戸の[K]をモチーフに、様々な技術を表し、羽ばたく[羽]で「神戸発」をアピールしたデザイン
-----

これもちょっと不思議なテイストだよなあ。蝶々の羽って感じでやや頼りなくもありますが(笑)。ま、全国公募で応募総数50点だったそうだから、万事派手好みの神戸市にしちゃあなんぼか地味なもんだったということなんだろう。

― Title Inspired by「春は残酷である」(1977)星 三枝子(1949〜1992.09.08)―

(続く)

« 【番外編の番外編】幕間狂言ノ二:沈黙の北国の春(札幌国際芸術祭2014・第61回さっぽろ雪まつり) | トップページ | 【番外編】大御所劇場 五幕目:春宵一筆値千金(魚小・いらっしゃいしんとく) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247782/68013092

この記事へのトラックバック一覧です: 【番外編】大御所劇場 四幕目:春は残酷である(阪神・淡路大震災10周年・こうべユニバーサルデザイン・神戸発・優れた技術):

« 【番外編の番外編】幕間狂言ノ二:沈黙の北国の春(札幌国際芸術祭2014・第61回さっぽろ雪まつり) | トップページ | 【番外編】大御所劇場 五幕目:春宵一筆値千金(魚小・いらっしゃいしんとく) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想