« 【実績編】民進党ゆるキャラ、決定の件(D案 名づけて ミンシン):総論 | トップページ | 【INDEX編】国体キャラの推移 ―― 敢えて震災の日に »

2017年3月10日 (金)

【番外編】必殺!海老固め(とこまる・えびなさん)

前々から気になっていたのが、国体出身のキャラクターのこと。毎年確実に開催されるスポーツイベントに、毎回どこかでキャラが作られ、事後も藁しべ長者式にご当地の公式/公認キャラクターとして累積していく構図が出来上がっているような気がしてたわけ。
同様の図式は、多かれ少なかれ国民文化祭や全国植樹祭、全国育樹祭、全国海づくり大会等にも認められよう。こうした全国持ち回りイベントが、ご当地キャラ製造装置としても機能してきたと思える。

現時点、最新の国体キャラはこれです。

三重県
第76回国民体育大会「三重とこわか国体」 マスコットキャラクター
とこまる
渡辺光仰(みつお)(45歳:福岡市:イラストレーター)
(愛称)大西杏奈(8歳:三重県津市:津市立西が丘小学校3年)(同一応募者8名)
とこまる(応募案)とこまる(最終版)

2016年1月デザイン発表、8月愛称発表。国体開催は2021年というから東京五輪後です。10年前から開催地が事実上確定し、5年前にはキャラクターも決めておくというのが基本のお作法らしい。五輪以上にヒマかけてんのね。

本公募では「制作意図」は公表されておらず、代わりに「選定理由」が示されている。

-----
「県のさかな」に指定され、三重県を代表するトップブランドのひとつでもある[伊勢えび]をモチーフにしています。
伊勢えびは、従来、縁起物として使われ、一般には健康長寿の象徴として、また、飛び跳ねる姿が力強さや若さ、生命力を感じさせることから、愛称に使われた「とこわか」の意味する、「若々しさ」とよく調和しています。
デザインも、こども顔に可愛さや親しみやすさがあり、額には三重の[M]の文字、活動的で元気なスタイルに、三重の豊かな自然の緑をあしらった姿は、三重らしさと躍動感にあふれ、輝かしい未来に満ちた三重の国体マスコットキャラクターにふさわしい作品と認められることから、本作品を最優秀作品に選定しました。
-----

加えて言えば、これに[県名]と[開催年]と[県章]を描き込んだわけです、わかりやすぅく(とは言え最終的には多少端折られた上で[炬火]が加えられているが)。

ふうん。伊勢海老に「若さ」を象徴させるのはないことではないと思うけれど、ご当地キャラの演出としてはちょっと無理があるんじゃないのかね。一歩間違えれば「ねんりんピック」である。

(優秀作品)
前田昌克(60歳:大阪市:デザイナー)
出口郁子(45歳:大阪府寝屋川市:キャラクターデザイナー)
斎藤可那子(26歳:愛知県名古屋市:デザイナー)

因みに前田作品は県の獣たるカモシカ、出口作品は伊勢海老かぶりたる海女、斎藤作品はトリオキャラなる伊勢海老&海女&松阪牛。
うへえ。政教分離で伊勢神宮を外すとなると、こうならざるを得なかったということであろうか。いや、梅もみかんもあったはず・・・(笑)。

愛称選考でも「若さ」は重視された様子。

-----
「とこまる」の「とこ」は、大会愛称である「とこわか」や、「とことこ」と元気に走り回る子どものイメージにつながります。
また、「まる」には国体の成功(○になる)や、選手だけでなく国体に携わっていただくすべての方の「和」という願いが込められています。
さらに、「とこ」の響きがかわいらしく、「まる」に躍動感が感じられ、誰からも親しみやすく呼びやすい愛称と認められることから選定しました。
-----

愛称応募総数は13,514点、「過去10年間に募集を行った都県と比較し、最多の応募数となりました」と国体エース級のドヤ顔ですが、これは「応募者の中から抽選で100名に三重県産品を授与」と釣った結果でもあろう。伊勢海老、ひじき、温州みかんなどの授与ですよ、授与。ありがたや。
しかも、応募者年齢が「1歳〜99歳」とあって一気にどっちらけます。赤ん坊がどんな意味のある語を発したというのか。

(優秀賞)
えびわかくん
吉岡浩幸(長崎県)(同一応募者31名)
えびわかまる
脇 真理子(三重県三重郡川越町)(同一応募者24名)
とこ若丸
島田明由美(三重県鈴鹿市)(同一応募者6名)

なんじゃらホイ。結局、これも大会愛称と伊勢海老の間を堂々巡りしただけ。

そもそも、「わか」の語を国体愛称に組み込むことは以前から多い。曰く、若楠国体(1976 佐賀)、わかくさ国体(1984 奈良)、わかとり国体(1985 鳥取)、わかしゃち国体(1994 愛知)、NEW!!わかふじ国体(2003 静岡)、わか杉国体(2007 秋田)。
しかし、三重の場合、隣接する和歌山が2015年に「紀の国わかやま国体」を開くというので、多少ナーバスになったところはあるのじゃないかしらん。単なる「とこわか国体」とか「とこわかまる」とかにはできなかった理由も見えてくる感じぃ。

それにつけてもこの姿で思い出すのはこの公募だす。

【2013.08.24「PNまつり 第4弾」】
神奈川県海老名市
イメージキャラクター
えび〜にゃ
LaLa
えび〜にゃ

2011年1月発表、確実に塩崎一族のPNと目される作品である。
そして忘れちゃいけないのが、同じ公募で地元小学生による投票の対象候補10点に入っていたこれ。

神奈川県海老名市
イメージキャラクター
(最終候補作品:投票5位)えびなさん
(作者不明)
えびなさん

ネット上で熱く話題になったやつ。てか、これだけが記憶に残る公募になっちゃった。

ツルはもともとエビって大好きだったんだがなー。いや、ビジュアル的に。

〔田中一村 エビと魚〕
田中一村 エビと魚

ううう、エビの[かぶりモノ系]というのがこの上なく気持ち悪いものに見えてきてしまう今日この頃。AlienのFace Huggerが後ろから取りついた姿に思えて。

« 【実績編】民進党ゆるキャラ、決定の件(D案 名づけて ミンシン):総論 | トップページ | 【INDEX編】国体キャラの推移 ―― 敢えて震災の日に »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247782/67895669

この記事へのトラックバック一覧です: 【番外編】必殺!海老固め(とこまる・えびなさん):

« 【実績編】民進党ゆるキャラ、決定の件(D案 名づけて ミンシン):総論 | トップページ | 【INDEX編】国体キャラの推移 ―― 敢えて震災の日に »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想