« 【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [36b](八幡平市章応募作品・安平町章応募作品・久喜市章・枝幸町章・本の森.JP) | トップページ | 【番外編】サプライ・チェーン・マネジメント・システム―Hの連鎖 / A Supply Chain Management System―Chain of "H"s(北斗市章) »

2017年4月17日 (月)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その183:艮陵協議会・四国理学療法士学会徳島)

(承前)

愚blogで塩崎一族によるものと見なしてきた中に、「佐藤 修」名義がある。
もちろんこれがシオピーの一員たる確証などないのであって、むしろツルとしても誰かが「わてが佐藤 修だす、塩崎家とはひとっつも関係あらしまへん」と名乗り出てくれたり、そんなエビデンスが見つかったりする方がよっぽど手間も省けるし、精神衛生上もよろしい。けれど実際にはその逆の状況証拠が集まってくるばかりで、推定同一人物の嫌疑はいつまでたっても晴れません。

宮城県仙台市
NPO法人 艮陵協議会
ロゴマークデザイン
佐藤 修(大阪府)
艮陵協議会

「ごんりょう」と読みます。「艮」とは訓読みすれば「うしとら」、北東の方角のこと。

-----
艮陵協議会の頭文字をローマ字の[g]でモチーフに、実践的な医療を担い将来の医学の発展に寄与する艮陵協議会の会員の皆様の姿を医療に対する真摯な思いを[ハート]と共にデフォルメして描きました。
-----

・・・言葉が上滑りしている・・・。

種明かしをすれば、東北大学医学部を中心とした団体。同学部の同窓会も「艮陵会」と名乗っているようです。

この公募、なかなか難産で、2011年5月16日に開かれた同協議会総会では次のように報告された由。

-----
ロゴマークの募集を行い、応募数点がありました。選考会にあたる理事会が震災のために開催できず、ロゴマークを決定できませんでした。
-----

確かに大変なことだったろう。でも、多分根本の問題はそういうことじゃないと思う。募集期間は2010.10.28〜2011.02.28、4ヵ月の長きにわたった。それでもって応募総数は11点。数が大事なのじゃないというのは愚blogの基本的主張だけど、さすがに少な過ぎる、長過ぎる。
結局、このマークが選定されたのは年度が替わって間もない2011年5月(上記総会の前だったか後だったかは不明)。

この団体は「卒後臨床研修の充実を図ることを通して、医師の養成と、地域医療の発展に寄与する」ことを目的としていて、つまりは若いお医者さん相手に講習なんかをやってるようですが、もとからあまり華々しい活動ということでもなかったみたい。年次報告には「○○活動:実施できませんでした」みたいな結果が結構並んでいる。
そりゃそうだろう、医者という稼業は激務なものです。自分の仕事をほっぽり出して社会的活動ばかりに精出すわけにもいくまいて。そこは理解する。でも、そんな片手間では、公募にせよコンペにせよ委嘱にせよいいデザインは生まれてこないだろう(だからこんな半端丸ブー&緑とピンクのハート使いというテンプレ塩ロゴを選んじゃったのねcrying)。

似たような分野で、2013年には次のようなデザインも編み出されている。

第42回四国理学療法士学会 in Tokushima
大会ロゴマーク
佐藤 修(大阪府)
第42回四国理学療法士学会 in Tokushima

こっちの事務局は徳島文理大学の保健福祉学部理学療法学科に置かれていた。毎回作り直すんですかねえ、こういうのを。いろいろしがらみがあるんだろうな、大変なこってす。

向かい合った、というより背中合わせの[2つのブーメラン]というのも大層よく見かけるパターンでござるなー。[地図]を描き込むのも言わずと知れたご当地公募のお作法、[赤丸]が比較的小さいのは塩崎一族の丸ブーによく見られる特徴です。
これ、「四国」を「西日本」に置き換えてもそのまま通用しそう。ま、「御礼」は5,000円のクオカードと第42回四国理学療法士学会学会長からの感謝状だけだったし、公募の鬼とて気合いが入らんかったんじゃろう。

本公募で特筆すべきは応募方法で、「下記、応募先にメールにて送信下さい。添付ファイルの形式は、JPEG形式とします。」となっていた。つまり郵送は認めていなかったらしい。制定側の手間を考えればそうした方が効率的であるのは言うまでもないけれど、そんな風に効率至上主義でいっちゃっていいの?
別に、手描きしたい人もいるでしょとか、がきんちょはどうするのとか、digital divideの観点上よろしからずとかいう意味ではなくて、だけど。

あーあ、やっぱりどれも面白味がないよ・・・。こっちも気が乗らないや。

(続く)

« 【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [36b](八幡平市章応募作品・安平町章応募作品・久喜市章・枝幸町章・本の森.JP) | トップページ | 【番外編】サプライ・チェーン・マネジメント・システム―Hの連鎖 / A Supply Chain Management System―Chain of "H"s(北斗市章) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247782/68245709

この記事へのトラックバック一覧です: もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その183:艮陵協議会・四国理学療法士学会徳島):

« 【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [36b](八幡平市章応募作品・安平町章応募作品・久喜市章・枝幸町章・本の森.JP) | トップページ | 【番外編】サプライ・チェーン・マネジメント・システム―Hの連鎖 / A Supply Chain Management System―Chain of "H"s(北斗市章) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想