« 【番外編】マスコミの罪:Intermission | トップページ | 【番外編】公募界の薄闇を飛び回る蝙蝠(日本サウナ・スパ協会) »

2017年4月 9日 (日)

【番外編】マスコミの罪:下(一関市章・三種町章・ゆざわジオパーク)

(承前)

2005年7月の伊藤哲也インタビュー記事を読んで違和感を持ったのはこの部分。

「他に似たデザインがないよう、注意しました」

記者との間にはもっと突っ込んだやり取りもあったのだろうけど(でなきゃこんな一文が出てくるはずはあるまい)、「ええ?似てるのなんかいっぱいあるじゃん!」って印象。

岐阜県揖斐郡揖斐川町
町章
伊藤哲也
揖斐川町章

岩手県一関市
市章
柏木勇三(55歳:岩手県盛岡市:商業デザイナー)
一関市章

-----
市章は、一関市が人々に愛され、親しまれ、さらに発展する姿をイメージし、「一関市」の[い]の字を基にデザインしています。[青]は中央部を流れる北上川やその支流の川の色を、[緑]は奥羽山脈や北上山系の森の色をイメージし、一関市の豊かな自然を表現しています。
-----

↑これについては、某公募系BBSで;

-----
2005/09/18
デザインの趣旨100字以内じゃなくても残れるのなら最初から設けるなっての。一関
それと徳島の某町も
-----

とやる方なき憤懣がぶちまけられております(笑)。

(優秀作品)
山崎晃一(長野県)
小山 力(一関市)
加藤真一(一関市)
後藤二三夫(岩手県水沢市(現 奥州市))

島根県邑智郡邑南町
町章
伊藤哲也
邑南町章

秋田県山本郡三種町
町章
井上健蔵(47歳:青森県上北郡東北町:画家)
三種町章

-----
[三色の輪]が「豊かな自然と大地の恵み、心ふれあう協働のまち」を表現しています。
合併三町が知恵の輪のように融合し、発展してゆく三種町を象徴しています。
-----

前半は例の「将来像鸚鵡返し」の技で、それに知恵の輪ネタを加えたわけね。いい喩えじゃない気がするけど。
ツルは、「みたねちょう」と読むのだと知っていささかガッカリしました、当然「さえぐさちょう」だと思っていたので。そっちの方がなんぼかカッコいいのに、どうせ琴丘町・山本町・八竜町の3町で合併したことを「三つの種」と表したんでしょってな感じ(でも実際は3町を流れる三種川に因んだとされているから、そりゃしゃあないか)。

(優秀賞)
土井添吉高(49歳:福岡県北九州市:グラフィックデザイナー)
松岡光雄(53歳:新潟市:グラフィックデザイナー)
福井 誠(50歳:広島県三次市:美術家)
杜多利夫&利香(56歳&22歳:兵庫県神戸市)

ツルは好みから言えば伊藤作品は好きじゃない。基本的にカッチリし過ぎていて、「ゆらぎ」を感じないから。
しかし、伊藤の名誉のために言っておくと、いろいろ調べてちょっと違う状況だったことがわかってきた。

揖斐川町章(伊藤) 2005年7月制定
一関市章(柏木) 2005年11月決定

邑南町章(伊藤) 2004年8月決定
三種町章(井上) 2005年9月決定

いずれも伊藤作品の方が先にできている。伊藤がパクったとはここでは言えないわけ。因みに一関市章は合併前の2005.07.01〜08.19に募集を行い(∴07.01の揖斐川町章制定より後thunder)、09.20の合併施行をまたいで新市で決定したというパターンです(プチ伏線)。

日の浅いうちにではなくて、決定後何年も経ってから類似品が出てきた例だってある。

【2016.06.03「丸ブー黄金時代」】
大分県竹田市
市章
伊藤哲也
〔2004年11月決定〕
竹田市章

秋田県湯沢市
湯沢市ジオパーク推進協議会
美の郷ゆざわジオパーク構想 ロゴマーク
奥野和夫(神奈川県横須賀市)
〔2012年1月発表〕
美の郷ゆざわジオパーク構想ゆざわジオパーク

-----
院内銀山や松岡鉱山の山並みに、豊富な温泉と地層を[波紋]で描き、湯沢の頭文字[Y]をモチーフに温泉の[湯けむり]を美しい人の姿に見立て、美の郷を表現
-----

うへぇ、7年も後。これもまた「渦巻く水の中から立ち上がる何か」にカテゴライズされるものであろうなあ(cf. 2017.01.11「大御所の罪:その1」・2017.01.13「丸ブーtyphoon艶競べ [25]」)。

このプロジェクトは2011年5月から動き出したもので、現在「構想」の2文字は外れている。一緒に「美の郷」の看板も下ろされちゃったけどcoldsweats01
「美の郷」をアピールしたかったのは、ご当地が小野小町の生地だという伝承があるから。お米の「あきたこまち」や秋田新幹線「こまち」もここから来ているし、同時に公募されたキャラクター「しず小町」(by 多田歩実:神奈川県)もそこ狙いだった。でもそんなもの、"Geo" には何の関係もありゃしません。何か勘違いしてらしたんじゃないかと。

これだって裸に剥けば似たようなもの。

愛知県清須市
市章
伊藤哲也
〔2005年5月決定〕
清須市章

【2015.10.07「One of Those "類似" Preventive Measures? ― 壱の斬」】
鹿児島県肝属郡錦江町
町章
井口やすひさ
〔2005年7月決定〕
錦江町章

もっともこれらは、錦江町章の募集が2005.03.01〜04.28に行われた後、05.23に清須市章が決定されているので、似たのは偶然ってことになるんですけど。

でも、そんなことでは連鎖は終わらない。これはインスパイアってなもんではないんですかね、伊藤センセ?

【2015.10.07「One of Those "類似" Preventive Measures? ― 壱の斬」】
鹿児島県出水郡長島町
町章
伊藤哲也
〔2005年10月決定〕
長島町章

逆さまにすればよくわかるでしょ。

長島町章(倒置)

-----
。すまいてし味意をとこす出み生を力活 ,し表を町2るなにつとひれま囲で海 ,は[波]るす動躍 。たしましンイザデてしジーメイを[陽太]すら照を町新たれま囲に海にフーチモを[な]のながらひ
-----

コメントも逆さまにしてみましたbleah

結局、いくら伊藤が努力を重ねても、よしんばその健気な心がけが常に守られていたとしても、である。そんなものなど無力に過ぎない。後から見る者の眼には、揖斐川町章も一関市章も一概に「似ている」としか映らないのだからweep
そしてご当地マスコミはデザイナー先生を持ち上げる話題ばかり書きたがる。平成大合併では地元のエゴも絡んで修羅場が多くあったわけで、シンボルマークの話題ぐらい明るくまとめようとするんだろう。世の中そういうものなんだろうか。
でも実態はデザイン公募だって負けず劣らずドロドロのズブズブなわけですが。

« 【番外編】マスコミの罪:Intermission | トップページ | 【番外編】公募界の薄闇を飛び回る蝙蝠(日本サウナ・スパ協会) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247782/68277863

この記事へのトラックバック一覧です: 【番外編】マスコミの罪:下(一関市章・三種町章・ゆざわジオパーク):

« 【番外編】マスコミの罪:Intermission | トップページ | 【番外編】公募界の薄闇を飛び回る蝙蝠(日本サウナ・スパ協会) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想