« 【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [40](八幡平市章応募作品・湿原の風アリーナ釧路・浜松医科大学) | トップページ | 【超番外編】「公募ガイド」の大罪;実証1(米子医療センター附属看護学校・徳島県理学療法士会) »

2017年5月21日 (日)

【超番外編】「公募ガイド」の大罪

(承前)

連鎖と言えば、やはりこのガイダーを挙げないわけにはいかない。

今まで幾度も名前を挙げてきたこの雑誌に、こんな記事が載ってましたようで。ネットに転がってたものです。

-----
(2015.08 公募ガイド 「あべたみおのロゴ・シンボルマークの作り方講座」より)

井口やすひささん(70歳 群馬県)
グラフィックデザイナー。1945年、静岡県浜松市生まれ。公募歴は55年。趣味感覚5%、仕事感覚95%という、生活が懸かった公募のプロ。

[主な受賞歴][引用註:画像掲載なし]
●京都新京極商店街 シンボルマーク
●鳥取日本海テレビ シンボルマーク
●ロボフェスタ神奈川2001 イメージキャラクター
●八日市市制50周年記念 シンボルマーク ほか

募集の意図をつかみ、タイプの違う3パターンを応募!

公募歴55年の井口やすひささんは、公募を始めた頃はまったく受賞できなかったという。そのときに気づいたのが、受賞するには“心理学”が必要だということ。
「いかに主催者の意図をつかむか、何を求めているかを読むかが大事です」
公募ガイド等の作品発表を見て、どのスタイルが一番流行っているかアンテナを張り巡らせ、主催者の求めているものを徹底的に調べて推理する。
そのうえで、まずアイデアを数点考え、鉛筆やサインペンでラフを描く。それをスマホに納め、パソコンに転送、トレースしてカラー仕上げをする。
しかし、募集の意図はつかめても、実際に主催者側が何を選ぶかはわからないところがあるので、「新しい現代風のデザイン」「古いデザイン」「その中間」の3パターンをセットにして応募する。
また、井口さんは、プロのデザイナーが審査をする高額賞金の公募と、審査員を立てていない比較的賞金が低い公募を区別している。前者の場合は考えに考えて最後に出てきたような今流のテクニカルデザインで応募。後者の場合は今流のデザインを出しても理解してもらえないことがあるので、最初に思いついたような作品で応募する。結果的には、そのほうが入選確率が高いそうだ。
「作品に添える説明文も重要で、いかに相手を納得させられるか。出力プリントも高解像度の用紙を使用し、相手を100%納得させられるかどうかが、勝負の分かれ目になります」

[井口やすひささんの最近の代表作][引用註:画像省略]
公立能登総合病院 シンボルマーク
安全衛生優良企業 シンボルマーク
びわこ文化公園都市 シンボルマーク
鶴ヶ城天守閣再建50周年 ロゴマーク
-----

もうお腹の皮がよじれまくるなー、おっかしくって。ほんとは「アンテナを張り巡らせ」という根幹のところをこそ深掘りしたいんだけど、とてもそこまでいかないわ。「主催者の求めているものを徹底的に調べて」って、そんなことしなくてもいつもおんなじデザインじゃんヾ(@゜▽゜@)ノ。言行不一致の極み、何遍読んでも。
70歳で55年、ってことは十五の頃からの公募暮らし、そんでもって今さら「生活が懸かった」なんて言われてもリアル感はない。

でも、♪笑い過ぎた後、ふと気が抜けて♪、それから何やら得体の知れない怒りのようなものがふつふつと沸いてくる。
こうした情報のどこが、ペーペーガイダーのどんな参考になるわけ?(この手の記事は、さぞや人気なんでしょうが。)
ほんでもって彼は「プロのデザイナーが審査をする」ようなどんな公募に、応募をしているというの?信じ難いけど。
「説明文も重要で、いかに相手を納得させられるか」なんて、彼に言わせてていいの?納得どころか、使い回しの文章を読むたびにいつも不愉快を味わわされているのに。
ここまでやるなら、ついでに便利な嫁名義の利用法のこともあけすけに書けばよろしかろう。

//

だからツルはこの雑誌を信用できないんです、どうしても。もちろんこうした情報誌の目的は、読者に道徳を説いたり説教を垂れたりすることにはない。しかし、ならば啓発という側面は蔑ろにしてもいいのか。
読んだことすらないものを毛嫌いするのもオトナゲナイけど、時々考える。この雑誌が公募界のために果たしてきた役割は何だったのでしょう。何か、世の中の役に立つことをしてきたのかな?(爆)

― Inspired by「とまどいトワイライト」豊島たづみ(1979.02.01リリース:作詞 阿木燿子:作曲 宇崎竜童)―

« 【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [40](八幡平市章応募作品・湿原の風アリーナ釧路・浜松医科大学) | トップページ | 【超番外編】「公募ガイド」の大罪;実証1(米子医療センター附属看護学校・徳島県理学療法士会) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247782/68693823

この記事へのトラックバック一覧です: 【超番外編】「公募ガイド」の大罪:

« 【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [40](八幡平市章応募作品・湿原の風アリーナ釧路・浜松医科大学) | トップページ | 【超番外編】「公募ガイド」の大罪;実証1(米子医療センター附属看護学校・徳島県理学療法士会) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想