« 【特別編】公募における「失敗」とは何か ――足利市社協キャラ公募のケース―― | トップページ | 【さいはて編】北の駅から(幌延町秘境駅キャラ)― その2 »

2017年6月25日 (日)

【さいはて編】北の駅から(幌延町秘境駅キャラ)― その1

いささかマイナーではあるけれど、最近の公募で目を惹いたのは、昨年すなわち2016年の11月に結果発表されたこれです。

北海道天塩郡(てしおぐん)幌延町
糠南(ぬかなん)駅・下沼(しもぬま)駅
秘境駅キャラクター

全応募作品を公開していて、傾向と趨勢を知るにはなかなかGoodhappy01。糠南駅・下沼駅とも40点程度の応募ではあったものの、小規模なほど常連ガイダーの確率は高くなるというところもあるし。

画像は後回しにして、概要から入ってみると。
幌延町は北海道の地図でいうと、北西にとんがった部分の中ほどの左側にある。人口約2,400人、人口密度 4.21人/km2、牛やトナカイwobblyは1万頭以上という酪農の里です。糠南駅と下沼駅はともに無人駅ですが、そこを逆手に取って地域興しに利用し始めたというわけ。

しかし、単純な双子公募というものではなかった。
糠南駅では、ストーリーを予め町で作り込み、デザインのみを募集した。

-----
ヌカナンの山奥から出てきたメス猫で名前は「ぬかにゃん」。
糠南駅の物置に住みつき、秘境駅探訪ファンを密かに見守っている。
週に2〜3日程度、人型に変身して朝一番のキハ54で幌延町役場に通勤し、何食わぬ顔で秘境駅課でパート勤務。
たまに、「糠南」のキーワードを聞くと油断して耳が飛び出してしまう。
仕事を終えると、また最終のキハ54に乗って糠南駅に帰り、猫型に戻って物置の番人に…。
-----

対して下沼駅では、そこは応募側に委ね、デザイン・愛称・ストーリーのワンセット公募として;

-----
◆下沼駅に関するキーワード
・所在地:天塩郡幌延町字下沼(JR北海道宗谷本線の駅)
・地名は、アイヌ語の「パンケ・トウ」(下の沼)に由来する
※2kmほどでパンケ沼がある
・ヨ3500形車掌車を改造した貨車駅舎
・愛される秘境駅(駅舎内の装飾、絵など)
・昔の学校にあったような机
・駅前には下沼湧水(湧水サロベツ権左衛門)がある
・周辺環境:駅周辺は酪農施設と牧草地が広がり、近くには名山台、パンケ沼、サロベツ原野があり、利尻山も一望できる自然豊かな環境
-----

というガイダンスをかけている。
こちらではさらに;

-----
◎下沼駅妄想キャラ
・「ぬかにゃん」に対抗して「しもにゃん」! ※どこまでも猫押し
・「下沼先生」:下沼駅から通勤してくる国語(書道)の先生
・下沼駅舎に済む[引用註:原文ママ]カエル「パンケロン」
・駅舎を秘密基地にしている近所の謎の少年「しも ぬまお君」
・サロベツ原野に注ぐ川から現れた謎の生物「サロッペ−」
・下沼湧水でついた餅「しもっちー」

※まったくの妄想キャラであり参考とする必要はありません、このような不思議なキャラでも可能という例示です
-----

という情報まで出ていて笑えますが、ありていに申せば、一つに絞り込むことができなかっただけと見た。ついでに言うなら駅舎など少年の秘密基地たり得ない、いくら無人駅でも。駅は大人のための舞台装置である。

で、結果はこうなった。

〔糠南駅 ぬかにゃん〕
(大賞)
しろごま(福岡市東区)
ぬかにゃん

ぬかにゃん 人型1 ぬかにゃん 人型2

-----
・駅舎その物を描き端的に糖南駅を表現しつつ一度見たら忘れられない個性と、万人に受け入れられるキュートさも加えました
・人間になった時の容姿も考え、老若男女誰からでも愛される可愛らしい表情にこだわりました
・顔が[駅舎]型でズバリ糖南駅をアピール!
・雨の日、風の日、暑い日、寒い日、心(顔)の[ドア]を空けて「どうぞ休んで行ってくださいね」と癒してくれるぬかにゃんなのです
-----

フジテレビの「きょうのわんこ」をちょっとパクってみるしろごまなのでしたー。

(準大賞)
菊地陽子(北海道旭川市)(一部「菊池」表記)
深谷智将(ふかや ともまさ)(千葉県茂原市)

(入選)
曜々賢々(長崎県島原市)
mocomo(神奈川県平塚市)
美裡 紫(みうら ゆかり)(北海道網走市)

〔下沼駅〕
(大賞)
ぬまひきょん ナツカ(北海道岩見沢市)
ぬまひきょん1

ぬまひきょん2 ぬまひきょん3

-----
・下沼駅に住みつく妖怪
・誰も見ていない間に、こっそり動き出す
・夜空の星を見上げるのが好き。星にあきたら町の灯りをのぞきに行く
・ほろのべロゴの黒いTシャツを着ているが黒くて一体化して見える
・誰かが来ると、こっそり隠れてしまう
-----

あ、「しも ぬまお君」に近いイメージを採ったんやね。

(準大賞)
しーもーくん 村瀬まゆ美(岐阜県加茂郡川辺町)
しもまる 八谷早希子(北海道江別市)

(入選)
シモッピー 深川重一(大阪府和泉市)
しもー駅長 ギャルおばさん(愛知県名古屋市千種区)
シモヌマン ふじら(埼玉県川越市)

大賞はいずれも個性の強めなものが選ばれた。ただしその個性も、双方[駅舎]キャラを選んだことで殺し合ってしまった点は否めない。
「ぬかにゃん」はちょーっとメス猫にゃ見えませんcoldsweats02。しろごまはもう1セット出しているけど、人間に変化した姿2点は上掲と同一なので、そこは手抜きの謗りも出てこよう。「ぬまひきょん」だって、着ぐるみの運用がいかにもタイヘンそうです。

この2作はちょっと横っちょにどいてもらってと。愚blogで注目したいのはあくまで常連ガイダーの動向ですが、今日は取り敢えずここまで。

(続く)

« 【特別編】公募における「失敗」とは何か ――足利市社協キャラ公募のケース―― | トップページ | 【さいはて編】北の駅から(幌延町秘境駅キャラ)― その2 »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247782/69033846

この記事へのトラックバック一覧です: 【さいはて編】北の駅から(幌延町秘境駅キャラ)― その1:

« 【特別編】公募における「失敗」とは何か ――足利市社協キャラ公募のケース―― | トップページ | 【さいはて編】北の駅から(幌延町秘境駅キャラ)― その2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想