« 【さいはて編】北の駅から(幌延町秘境駅キャラ)― その4 | トップページ | 終わりましたよ »

2017年6月29日 (木)

【さいはて編】北の駅から(幌延町秘境駅キャラ)― その5(& ブルピー・ホロベー)

(承前)

糠南駅と下沼駅の公募、両駅とも40点ほどは応募があったので(想定を上回ったらしい)、いわゆる常連ガイダー以外でも気になる作品は見つかる、いろんな意味で。

(応募作品)ぬかにゃん
ギャルおばさん(愛知県名古屋市千種区)
ぬかにゃん(応募作品)

吉祥文様尽しの装飾的な瓢箪型スタイルは、千客万来の意味合いを込めたものと思われるけど、きっとこれにインスパイアされているだろう。

【2014.12.29「毀誉褒貶も百万遍」】
石川県
北陸新幹線開業PR 石川県マスコットキャラクター
ひゃくまんさん
田中聡美
〔2013年7月頃制作〕
ひゃくまんさん

違います?お・ば・さ・ん。(同じ方だったらごめんなさいねぇ。いや、ごめんじゃないか。)

一方、今までうだうだ書いてきた全てをぶちのめす勢いでひたすら個性的、ひときわ異彩を放つのはこの作者。素直に感心しました。

(応募作品)ぬかにゃん
入本昌次(神奈川県横浜市南区)
ぬかにゃん(応募作品)

(応募作品)パンケ・トウ
入本昌次(神奈川県横浜市南区)
パンケ・トウ

強いねえ。猫娘に対するは露国から(多分)来た紅毛碧眼、毛むくじゃらの異人さん!ま、到底選ばれないだろうけど、あの公募でもハジけてたもんなー。

【2014.08.31「琉風テンペスト 起章」】
エイサーのまち沖縄市PR エイサーキャラクター
(優良賞)入本昌次
〔2011年3月決定〕
沖縄市エイサーキャラ(入本案)

因みに沖縄市エイサーキャラの時に50歳。ツルとほぼ同年代なんだよなあ、この作者。コピックか何かで手描きしてるみたいですね。

//

さて、紆余曲折があったものの、秘境駅プロジェクトはとにかく走り出したわけです。担当は幌延町役場の産業振興課 企画振興グループ。
でも、あんまりうまくいかないんじゃないかとツルは思う。宗谷本線の将来が明るいものとは思えない、という点からではありません。理由は2つ。

外向けの客寄せキャラということを前提に考えると、人々が「秘境駅」あるいは「秘境」に求めるものと、ご当地キャラというものとでは方向性にズレがあるんじゃないかと考えるから。

「こないだ北海道の北の方の幌延ってとこに行ったらさあ、すんごいド田舎で秘境駅みたいなとこがいっぱいあってよー。1日に3本ぐらいしか列車来ねーし、周りも牧場と湿原しかねえの。一人でたそがれてたら、どっからかゆるキャラみたいなのが現れてチョー優しくしてくれてさあ。もうナミダもんよ、幌延すげえ楽しい」
「ヴォーすげェ、俺も行きてー」
「俺も来月また行くし、一緒行こうや」

てなことを期待しているのであろうか(かなり潤色)。
しかし、これがもしもポケGOレアキャラがご当地に出るなんてことにでもなれば、実際人の流れも変わるのかもしれないが。(そんなことで賑わっても嬉しくはないかぁsad

もう一つは、幌延町がご当地キャラクターを作るのは決してこれが初めてではないからです。

2010年11月にはこれを制作していた。

北海道天塩郡幌延町
ブルーポピー マスコットキャラクター
ブルピー
「旭川市内の20代の女性」
ブルピー(当初案)ブルピー(最終版)

-----
(幌延町サイト)

優しくておっとりとした性格で、[ブルーポピー]の妖精で花畑の中をフワフワ飛び回ります。
幌延町では、ブルーポピーを全国にPRするため、ブルピーの携帯ストラップや着ぐるみの製作を行っていきます。
今後とも『トナカイとブルーポピーの里 幌延町』をよろしくお願いいたします。
-----

ふうむ。糠南駅の公募でも「菊地陽子(北海道旭川市)」が準大賞を獲ってるんだけどね・・・詳細はわからない。

栽培が非常に困難で「幻の青いケシ」として知られたヒマラヤのメコノプシス/Meconopsis属も、1990年の大阪花博で脚光を浴びて以降、東日本の冷涼地では大規模栽培に成功するケースが増えた。ご当地では約5千株を育てているそうな。

Meconopsis grandis
メコノプシス・グランディス

それだけではなく、[トナカイ]キャラだってもちろん。

北海道天塩郡幌延町
トナカイ観光牧場 マスコットキャラクター
ホロベー
ホロベー

-----
(幌延町サイト)

トナカイ観光牧場のマスコットとして平成9年に誕生したホロベー。
トナカイの里 幌延町をPRするため、トナカイ観光牧場に舞い降りました。
性格は大人しく、とってもやさしい。
町内で行われるイベントや道内外のイベントにも積極的に参加し、幌延町を知っていただくために観光PRをしています。
-----

ご生誕は1997年12月24日である。クリスマスイブにしゃんしゃんと空から降りてきたんですねxmassnowpresent。そうか、これがあるから下沼駅公募にはトナカイが入ってこなかったんだ。

で、よ。
なぜ、これらの既存キャラに「秘境駅の里」のPRも任せなかったの?うまくいっているのならそれは貴重な資産だし、うまくいってないのなら今回もそうなる蓋然性は高いってことでしょ、それ。ハードルはかえって高まったのではないの??

以上をもちまして、さいはての北の旅路編、終着です。いや、始発でしょうか。

« 【さいはて編】北の駅から(幌延町秘境駅キャラ)― その4 | トップページ | 終わりましたよ »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247782/69045452

この記事へのトラックバック一覧です: 【さいはて編】北の駅から(幌延町秘境駅キャラ)― その5(& ブルピー・ホロベー):

« 【さいはて編】北の駅から(幌延町秘境駅キャラ)― その4 | トップページ | 終わりましたよ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想