艶競べ [46](南あわじ市章・紀北町章・南伊勢町章)" />

« 【落とし前編】彼方から祭囃子とexhaust noteがだんだんと(東京五輪ナンバープレート):上 | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [46](南あわじ市章・紀北町章・南伊勢町章) »

2017年8月17日 (木)

【落とし前編】彼方から祭囃子とexhaust noteがだんだんと(東京五輪ナンバープレート):下

(承前)

このナンバープレート公募には、何とも言えぬ素性の悪さみたいなものを感じる、公募としての。各作品のデザインがどうとかこうとかいうよりも、コンセプトの書きぶりからして。

作品A
「記念」
東京五輪ナンバープレート(候補作品A)

-----
オリンピック、パラリンピックの象徴的な図形である[円]を、様々に配置し、枠を超えた広がりや、[市松模様]、[水引]のイメージで、基本コンセプトと記念・祝いを表現しました。
-----

それでは二番煎じと言われても仕方あるまい。野老朝雄のエンブレムが単色の市松模様であること、幻と終わった2016年東京五輪の招致エンブレムが五色の水引のデザインであったこと(by 故 榮久庵憲司;cf. 2013.10.22「Olympics & Expos その3」)からすれば、今回選考委員会がこのA案を採用する可能性はほとんどなかったであろう。単に、事前選考段階でエンブレムとの調和性と独立性とをどう考えるかの判断を先送りしたようにしか思われない。

・・・いや、そんなことじゃないか。エンブレム再公募の選考では、平野敬子センセ曰く;

-----
(2016.04.09 HIRANO KEIKO'S OFFICIAL BLOG 抜粋)

〔前略〕

4案の中で1案を選ぶという方法論において、先頭に配置された1案だけが際立つ見え方は不適切であり、「A案」ありきのプレゼンテーションだと受け取りました。

〔中略〕

複数のデザイン・プランの嗜好を分析する場合、精度を求める調査では、「A・B・C・D」や「1・2・3・4」という順列を示す記号は用いません。なぜならば、記号の順列が心理に影響を及ぼし、調査結果に影響するからです。ですので通常は、例えば「K・G・I・M」といったランダムな、相互の関係性に意味が生じない記号を用いることが適切とされ、この方法によって公平かつ精度の高い調査結果が得られることとなります。今回の五輪エンブレム4案発表の構図を見る限りにおいては、デザインとしての良し悪しの問題以前のこととして、比較論として「A案」が選ばれやすい状況が整っている、つまり「A案」に特別な優位性が与えられた不平等な発表形式であると受け取りました。

〔後略〕
-----

とか何とかやんやん言われていたのであるから(cf. 2016.04.12「東京五輪エンブレム再公募について(その4)」)、かつ、実際に「候補A」by 野老朝雄が採用の栄に浴したのであるから、今回このA席には当て馬を置くしかなかったはずよ、きっと(/▽\)♪。(因みに平野のblogは2017.04.15をもってとうとう更新されなくなりました・・・。結局うやむやかい。)

東京五輪ナンバープレート(候補作品B)

作品B「多様性の未来」は前回取り上げた採用作品につき詳細省略。ただ、野老作品の時にもうっすら感じたことだけど、「多様性」という概念が「オリンピック/パラリンピック」を最もよく表すものとは、正直ツルには思えないんだよな。

作品C
「輝きはばたけ、東京のつばさ」
東京五輪ナンバープレート(候補作品C)

-----
東京の伝統工芸品:[江戸切子]をモチーフに、東京2020大会から世界と未来へ飛翔する[つばさ]を描きました。江戸切子に用いられる伝統文様を組合せてつばさに施し、その繊細な輝きを持って個々が力強くはばたけるように、という願いを込めています。自動車に取り付けたときにぱっと目を惹くような、シンプルかつ特別感のあるナンバープレートをデザインしました。
-----

うーん、いくら文化的要素を重視したと言おうがだ、江戸切子のギヤマン(元はDiamondを意味する)をその代表とするなんてのは納得性に欠けるでしょうよ。しかも、街なかで一目見てカットグラスのデザインであることが理解されるとも思わない。「繊細な輝きを持って個々が力強くはばたけるように」という理屈そのものに無理があるような気がします。

そして挙げ句の果ては、ありがちな都市型LandscapeをCool Japanに突き混ぜた焼き直しと、NIKEも真っ青の「目指せ自己ベスト」系である。

作品D
「Japan Plate」
東京五輪ナンバープレート(候補作品D)

-----
[日の丸]をモチーフに、東京の[街並み]を再現しました。
-----

作品E
「Just do it」
東京五輪ナンバープレート(候補作品E)

-----
競技に関係なく常に前を見据えて、頂点を目指すオリンピック・パラリンピックをイメージしました。
-----

【2017.06.21「激怒するコシノジュンコ!それは確かに恐いが」】
内閣府 知的財産戦略推進事務局
クールジャパン・ロゴマーク
クールジャパン

【2017.03.04「大御所劇場 四幕目:春は残酷である」】
兵庫県
阪神・淡路大震災10周年記念事業 シンボルマーク
杜多利香
〔2004年2〜3月募集〕
阪神・淡路大震災10周年

Charlie's Angels

あっ、最後のはちょっと違うか。1976〜1981年、米国ABCで放映された "Charlie's Angels" オリジナル版の、ファーストシーズンのCM入り用画面です、Kate Jackson, Farrah Fawcett Majors, Jaclyn Smith主演の。late 70'sのsex symbol、lion hairをなびかせて一世を風靡したファラ・フォーセットも、2009年6月25日、マイケル・ジャクソンと同じ日に鬼籍に入った・・・。

もとい。なんでこんなにコメントの書きぶりに差が激しいのだろう。募集側、応募側、双方のやる気の問題ですかね。あるいは、選考委員会の面子はエンブレム再公募に倣って表面上はきっちり揃えた、だけど内実は、ということなのかな。

結局、五輪というもの自体、大きな壁画の持ち寄り制作みたいなものかもしれない。エンブレム、マスコット、ナンバープレート、公式ソング。招致合戦。予算確保、資金調達。スポンサー、ボランティア。施設建設、インフラ整備。管理運営。そりゃ凸凹はあるでしょう。そして、体育/運動の行事でありながら、文化的側面も重視すべきこととされている。
シビアに言えば、軋みを立てながら回る五輪という巨大歯車に一国が呑み込まれていくわけです。

いやあ、久しぶりに、独断炸裂。

« 【落とし前編】彼方から祭囃子とexhaust noteがだんだんと(東京五輪ナンバープレート):上 | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [46](南あわじ市章・紀北町章・南伊勢町章) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【落とし前編】彼方から祭囃子とexhaust noteがだんだんと(東京五輪ナンバープレート):上 | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [46](南あわじ市章・紀北町章・南伊勢町章) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想