« 【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(はち〜わた) | トップページ | 【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [42](隠岐の島町章・屋久島町章・〈東峰村章〉) »

2017年8月 9日 (水)

【番外編】淀みに浮かぶ泡沫の如く且つ消え且つ結びて:北の帖(外ヶ浜町章)

(承前)

今度は、もう少しややこしい事例になります。本州最北端の青森県、その上に突き出た二本の腕の左側、津軽半島のさらに先っちょにおけるあれこれ合併の経緯をば。

-----
1999.03 五所川原市・西津軽郡8町村・北津軽郡5町村(除 板柳町)がつがる西北五広域連合を設置

2002.02.20 西北五広域連合加盟14市町村が「西北五市町村合併共同研究会」を設置

2002.04.01 津軽北部地方合併協議会(任意協議会)を設置(北津軽郡中里町(なかさとまち)・同 小泊村(こどまりむら)・同 金木町(かなぎまち)・同 市浦村(しうらむら))

2002.08.21 西北五市町村合併共同研究会を解散

2002.11〜12 五所川原市が中里町・小泊村・金木町・市浦村に対し北津軽郡鶴田町を含めた6市町村での合併協議を呼びかけ → 同4町村が拒否

2003.02.01 津軽北部四町村合併協議会を設置(中里町・小泊村・金木町・市浦村)

2003.12.19 金木町が合併協議からの離脱を表明

2004.01.31 津軽北部四町村合併協議会が解散

2004.03.16 小泊村が中里町・金木町に3町村での法定合併協議会設置を申し入れ

2004.03.30 市浦村が五所川原市に合併協議を申し入れ

2004.04.20 金木町が五所川原市に合併協議を申し入れ

2004.05.17 五所川原市・金木町合併検討会を設置(五所川原市・金木町)

2005.06.07 3市町村法定協議会設置準備会を設置(五所川原市・金木町・市浦村)

2004.06.21 中里町・小泊村合併協議会を設置

2004.07.01 五所川原地域合併協議会を設置(五所川原市・金木町・市浦村)

2004.08.06 東津軽三町村合併協議会を設置(東津軽郡蟹田町・同 平舘村(たいらだてむら)・同 三厩村(みんまやむら))

2005.03.28 中里町・小泊村が新設合併 → 中泊町

2005.03.28 五所川原市・金木町・市浦村が新設合併 → (新)五所川原市

2005.03.28 蟹田町・平舘村・三厩村が新設合併 → 外ヶ浜町
-----

「西北五/せいほくご」とは、西津軽郡・北津軽郡・五所川原市のイニシャルを取った名称。
つまりこのケースでは、(旧)五所川原市を中心に西津軽郡と北津軽郡を巻き込んだ「西北五合併話」が二つに分裂し、それとは別に東津軽郡が横から絡んできたという構図。どちらのご当地も当初の目論見とはどんどん違っていったようで、話がわらわらと持ち上がったり消えたりした結果、結局最後はみんな仲よく(?)同時に昇天、いや合併しちゃったのね。

どうやら、「津軽北部四町村合併協議会」が2004.01にポシャったところが一つのターニングポイントになったっぽい。総務省サイト「合併協議における再出発事例」には次のように掲載されている(抜粋)。

-----
解散・再出発理由
新町の名称に対する金木町民の不満が高まったことや、職員の新規採用を巡る意見の相違等が原因となって、協議会会長を出していた金木町が離脱表明したことをきっかけに、合併の枠組みを見直すべきとの意見も出され協議会を廃止した。その後近隣の市との合併で一層の体制強化を目指す団体と、身近な町村との合併により地域の衰退を回避したい団体とがそれぞれ合併協議会を設置したもの。
-----

うわ、ドロドロっぽーい。金木町は一旦袖にした五所川原市に、1年半後には自分からすり寄って行ったわけだ。結局は「金木」の二文字すら自治体名には残らなかったことになるけどsweat01

これら諸々の結果、ご当地一帯は現在とんでもない飛び地の連続になっとります。

えーっと、ごちゃごちゃしてわかりにくいですか?こういうことです。

津軽合併マップ

【青森県北津軽郡中泊町】
南側:旧 中里町
北側:旧 小泊村

→ 五所川原市の北側(旧 市浦村)を挟む

町章
工藤和久
中泊町章
(cf. 2016.06.03「丸ブー黄金時代」・2014.01.23「総合芸術家の作り方:Formula 3」)

-----
中泊町の[中]の文字を基調に、豊かな自然の中で躍動する人々を象徴的に表現しています。[橙]は太陽、[青]は海と空、[緑]は大地で自然に恵まれた中泊町をイメージしています。
-----

【青森県五所川原市】
南側:(南半分)旧 五所川原市 + (北半分)旧 金木町
北側:旧 市浦村

→ 中泊町の南側(旧 中里町)を挟む

市章
浅井哲朗(愛知県名古屋市:自営業)
五所川原市章
(cf. 2015.07.05「丸ブーtyphoon艶競べheart [8b]」)

-----
五所川原(Goshogawara)の[G]をモチーフにし
[青色]は日本海・十三湖・岩木川の水を
[緑色]は津軽平野の大地の恵みを
[赤色]はリンゴと太陽をそれぞれ象徴し
豊かな自然を背景に活き活きと未来に活躍する姿をイメージしています。
-----

【青森県東津軽郡外ヶ浜町】
東側:(西半分)旧 蟹田町 + (東半分)旧 平舘村
西側:旧 三厩村

→ 東津軽郡今別町を挟む

町章
工藤 智(57歳:蟹田町)
外ヶ浜町章

居住者限定公募だったここが一番テンプレ度合いが低いとはねw。青森には工藤姓が多い由。

-----
外ヶ浜の[そ]の文字をモチーフに、緑豊かな半島・青い海・三町村の合併を3本の力強い風に乗せ、新しいまちづくりと飛躍を表現する。
-----

「飛地」というと、どこかの自治体の中にちょこんと小さく別の領地が入り込んでいるイメージだけど、そんなのを遥かに超えてるよねえ。むしろ「分断」というにふさわしい。
「効率」が万能だとは思わないけれど、このような形態が効率的とはとても思えないから、平成大合併第2弾(おっと、その頃にゃもう改元してるかcoldsweats02)は避けられない宿命と見ていますが。

« 【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(はち〜わた) | トップページ | 【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [42](隠岐の島町章・屋久島町章・〈東峰村章〉) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247782/69349667

この記事へのトラックバック一覧です: 【番外編】淀みに浮かぶ泡沫の如く且つ消え且つ結びて:北の帖(外ヶ浜町章):

« 【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(はち〜わた) | トップページ | 【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [42](隠岐の島町章・屋久島町章・〈東峰村章〉) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想