« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [53](さつま町章・〈ときがわ町章〉・佐用町章)

(承前)

しかし、最強の[盆踊り]感で他を圧するのは次の辺りだろう。

鹿児島県薩摩郡さつま町
町章
(作者不明)
さつま町章

ああ、生まれながらに踊り子。
前回の曽於市が鹿児島県の東の方、大隅半島の根元にあるのに対して、ご当地は県北西部に位置する。薩摩町・宮之城町(みやのじょうちょう)・鶴田町(つるだちょう?つるたちょう?)の3町が新設合併した当時のサイトはほとんど残っていないので詳細がわかりかねますが、2004.11.16の第17回薩摩東部地区合併協議会で決定されたものらしい。

-----
ひらがなの[さ]をモチーフに、山の[緑]と川の[青]、[赤色]は太陽をイメージし、旧3町の町民が穏やかに融合する様子をデザインしたものです。
-----

デザイン趣旨を語る文章の中で、「穏やかに」という言葉を見たのは初めてだと思う。質実剛健、薩摩隼人・薩摩おごじょの土地柄ですけん、余計目立ちます(笑)。もっともこれは今、書き換えられている。

-----
さつま町の頭文字[さ]をモチーフに,山の[緑]と川の[青],[赤丸]は太陽を表し,豊かな自然や環境の中で,町民が活力に満ち,将来に向かって発展していく様をデザインした。
-----

この改変を、時流に沿った適切な字句への改良と見るか、無個性な均質化への改悪と取るかは意見の分かれるところだろう。

♪ハァ〜〜〜ア
 踊り踊るな〜ァぁら
 チョイト 丸ブー音頭
 ヨイヨイ

ここからパーツをちょちょいといじった風情なのが関東のこれ。

【2015.07.05「丸ブーtyphoon艶競べheart [8b]」】
埼玉県比企郡ときがわ町
町章
菅谷健夫(埼玉県入間市)
〔2005年10月決定〕
ときがわ町章

-----
ひらがなの[と]をモチーフに、[オレンジ]は太陽と町民の活力を、[青]は清流を、[緑]は山なみを表し、人と自然との調和を意味する。
-----

フン。もはや思考停止である。なんも言うことはねえでよ。

(優秀賞)
飯泉恭子(埼玉県朝霞市)
福島 進(埼玉県本庄市)
福島恵子(さいたま市)
岡野芳太(埼玉県比企郡都幾川村(現 ときがわ町))

♪もひとつ出たホイの よさホイのホイ

(ア、それは盆踊りじゃなくて春歌か。でも盆踊り唄なんてどれも大抵は下がかってるし、東京音頭や炭坑節に限らず。いや、それを言うなら盆踊り自体が古代の歌垣みたいなものだったかと。)

兵庫県佐用郡(さようぐん)佐用町
町章
巽 直幸(奈良県)
佐用町章

-----
町名の[さ]をモチーフにして、「両手を大きく広げた町民」と「太陽に映える豊かな緑と清流」のイメージを重ね、将来像の「ひと まち 自然がきらめく 共生の郷 佐用」を親しみやすく表現。
-----

ここでも鸚鵡返しの技が繰り出されてます。

ここは合併後制定のパターンで、2006年3月に決定されている。巽は産経広告社員で、当時56/57歳だったことが他の公募結果から知られます。バイトしちゃったわけネhappy02。応募総数は約1,900点あった。うち町内約600点、これは近隣の学校に呼びかけたんだろう(後述)。

上記2点を見ちゃった後では端正にすら映るけどw、これとて相当な踊りの名手。
ご当地は社協キャラが栄一の「さっぴー」(cf.【その109】)、観光協会キャラが今井好美の「おさよん」(cf.【その46】)という土地柄だから、無難に画一的なものがお好きなのネ。さつま町だって一族のPNシナモンの「さつまるちゃん」(cf. 2013.08.14「PNまつり 第1弾」)を持ってるけど。

某公募系BBSでの評判は。

-----
79:2006/04/10 21:02
佐用町章決定
[URL]
他自治体で落選したものの在庫処分だから
こんなものしか残ってないのね
佐用町ご愁傷さまでした

81:2006/04/10 21:27
こんな町章
いやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだ

〔省略:3コーラス繰り返し〕

(佐用町民)

82:2006/04/10 22:30
>>79
ウワーこれはひどい。
変な町章のベスト3にエントリー間違いないですね。

83:2006/04/10 22:54
さつま町と大差なし
[URL]
佐用〜ならぁ....。

86:2006/04/11 00:50
おそらく早い段階で
他市町章との類似ライン(赤丸に青と緑のブーメラン)
をわざわざ選び出したんだろう

88:2006/04/11 11:25
佐用町章もそうだけど、ネットをやっていない人は
永遠に市町章が決定したことを知らないままか。

応募者に決定のはがき一枚でも出せばいいものを。
やはり役所仕事だね。
-----

いいえ、ツルはそう思いません。郵便料とは高いものです。落選者に郵送通知を出すなんてのは非効率であって、はっきり言えば冗費。ツルならその分賞金を積み増します。知りたければ自分で問い合わせなはれ、ネットやメールやのうても電話ってもんがおますやろ。
因みに81は【2017.09.27「丸ブーtyphoon艶競べheart [51]」】で挙げた臼杵市章に関する書き込みの442と同一人やないのんsmile?こういうお人が炎上させて回るんやわ、火迺要慎火迺要慎。

(優秀賞)
川本 智(長野県)
岡本 實(大阪府)

(高校生以下の部入賞)
和田有加(須安)
宮脇隆司(たつの市)
下野隆之(山田)
福田綾美(田和)
山本麻未(平福上町)
衣笠優作(柴谷)
春名章宏(円應寺)
鏡原沙紀(本位田甲)
廣瀬美奈(島脇)
大谷直也(たつの市)
大浦彩加(志文)

時々考える。未来枠として選ばれた若者達は、その後どんな進路を辿ったか(高校生はむしろ大人と同格に扱うべきと思いますがね、こういうものでは)。入賞は大きなモチベーションになったろうけれど・・・。
逆に言うと、例えば東京藝術大学美術学部の入試倍率は、絵画科やデザイン科で15〜20倍と全国の大学のトップクラスである。ひところは平気で40倍ぐらいあったよな。多浪率も高いはず。斯界のエリートへの道は公募より厳しいのに。

//

Mal-Boo Bon Dance Feverの中でこういうのを選んじゃったはよいが、百年後に寂寥を味わうのはあなっつぁん達の子孫じゃろうて。

― Inspired by「東京音頭」小唄勝太郎&三島一声(1933.07リリース:作詞 西條八十wobbly:作曲 中山晋平wobbly)―

(続く)

2017年9月29日 (金)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [52](〈臼杵市章〉・曽於市章)

(承前)

臼杵市章斬り、もうちょっと続きを。

大分県臼杵市
市章
立志哲洋
臼杵市章

この市章公募は合併施行後に行われたものですが、2005.01.01に(旧)臼杵市と大野郡野津町(のつまち)が新設合併してから2007.01.01付で制定の告示が出るまで、なんと丸々2年もかかっている。

-----
(2006.03.15 臼杵市議会 会議録 抜粋)

28番(三嶋輝男君)

〔前略〕

次に、市章、市花、市木の制定についてお伺いします。本来、合併協議会で協議されるべき課題でありましたが、新市になりましてこの制定を行いたいという答弁がありましたが、その後今日まで延びた理由をお伺いします。

〔中略〕

財政企画課長(遠藤隆義君)
三嶋議員ご質問の市章、市花、市木についてお答えをいたします。
市といたしましては、新市の一体感の醸成などのことを考えましたときに、当然制定をする必要があると考えております。また、その制定のためには、広く市民の方の意見を聞く必要があると考えておりまして、昨年の9月にアンケート調査を実施いたしまして、その結果、50通余りの回答が得られました。しかしながら、この50通余りの回答で市章等を制定するのには無理があると考えております。このアンケートに回答をいただいた方々には大変申しわけありませんが、ただいま申し上げた状況でありましたので、現在制定に至っていないのが実情であります。今後につきましては、できるだけ早い時期に調査方法を検討し、再調査をしたいと考えております。また、制定につきましてもできるだけ早い時期にしたいと考えておりますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

〔中略〕

28番(三嶋輝男君)

〔中略〕

市章、市花、市木についてはただいまご答弁いただきましたが、今後の検討課題ということでございますが、合併して既に1年3カ月が過ぎています。今後検討課題といいましても早急な対応がとられるよう、改めてお願いするわけでございます。
-----

ツルはここまで読んだ時、「何もやっていなかった」ということじゃないか、職務懈怠も甚だしい、フン!( ̄^ ̄)と思った。
しかし、市長補足して曰く。

-----
市長(後藤國利君)

〔中略〕

市の木、市の花、市章につきましては、合併後1年3カ月過ぎましたけれども、まだ決まっていないというのは事実であります。本来野津町の町章も、臼杵市の市章も、市の花、町の花、こういったようなものも最初からあったわけではなくて、皆さんが住んでいろいろなものを営んでいく中で、だんだん練れてできたものというようなことで、時間がかかるということについては、私自身は抵抗は持っていないわけでありますが、ご懸念があるとしたら、なし崩しに臼杵市の市章がそのまま全体の市章になってしまうんじゃないだろうかというようなご懸念をお持ちの方もだんだんあろうかと思うんですが、そのようなことはあってはならないと思います。新しい臼杵市になったということで、その臼杵市にふさわしい市章ということで皆さんに考えていただいて、いい市章を制定するというのは、これからの話だと。市民の意識が醸成されて、我々のまちの印をどんなものにするか、どんな花がいいんだろうか、こういうようなことをみんなが積極的に考えていただければ、一日も早いようにというようなことを念じております。

〔後略〕
-----

一般的には、「合併後の住民の融和の象徴なのだから」という大義名分が先行して、合併施行前に自治体章を決めてしまうケースの方が多いだろう。中には当初「新市において検討調整する」としておいたのが、封筒やら何やらを作り直す費用も馬鹿にならないとか、やはり合併当初から市章や市旗がないと格好がつかないとかの理由で、軌道修正して募集/予選までは合併協で行うようにしたところもある。
しかし、こうしたシンボル類が「最初からあったわけではなくて、皆さんが住んでいろいろなものを営んでいく中で、だんだん練れてできたもの」だというこの市長の論は新鮮で、ちょっと目から鱗でした。つまり新しい市を「自分のまち」としてすんなり受け容れられるようになるのを待って、ということで、それも一つの見識やね。

[盆踊り系丸ブー]、まだまだあります。臼杵市章の振付を男振りとするならば、女踊りはこれだろう。

鹿児島県曽於市(そおし)
市章
伊藤也寸史(岐阜県)
曽於市章

-----
緑豊かなまち、咲き誇る美しい花々、豊富な実り、曽於市の風景をそのままに[そ]をモチーフに[花]の形でデザインし、曽於市が地域の中で共働・共生し融和を育むとともに「豊かな自然の中で生命の鼓動を感じるまち」として発展していく姿をあらわしています。
-----

まーねー。[花]であることは頷けるし、「豊かな自然の中で生命の鼓動を感じるまち」を表すことにも一応成功してるとは言えるでしょうよ。でも何せ[盆踊り]感、強過ぎるんよ。

♪なんぼ色良く 咲いたとて
 様ちゃんが 通わにゃ
 徒の花 サノヨイヨイ

-----
決定して頂きまして本当にありがとうございます。大変驚いたのと同時に嬉しく思います。曽於市の将来像である『豊かな自然の中で生命の鼓動を感じるまち』の通り、自然を大切に、その自然の恩恵に感謝し、みんな仲良く元気な楽しい街になっていただきたいと願います。
-----

喜びの受賞コメントまで、ガイダーのお作法をきっちり守った「将来像鸚鵡返し」です。伊藤は当時41歳前後、多治見市で美容業を営んでいたことが判明している・・・

募集要項にはちょいと馬鹿っぽい記載があって。

-----
7 入賞発表
市章決定後に広報紙・ホームページ等で発表するとともに、入賞者本人に直接通知します。
-----

そんなの当たり前過ぎるじゃんsign02なんでsign02
これってつまり、「いつ決定するかはわかりません」と書いてあるのと同じことなんでしょう。本公募は、2005.05.10〜06.20募集 → 07.01曽於郡の末吉町・財部町(たからべちょう)・大隅町が新設合併+市制施行 → 10.05制定という順序で進められた。合併期日をまたぐ日程とされたわけです。募集をかけた曽於北部合併協議会としては、新市になった後のことはわからん、という言い分だったんやね。

♪沖の鴎に 潮時問えば
 わたしゃ立つ鳥 波に聞けチョイ
 ヤサエエンヤンサノ ドッコイショ
 ハァ ドッコイショ ドッコイショ

我が亡き後に洪水は来たれ。Apres moi le deluge!

(続く)

2017年9月27日 (水)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [51](宇佐市章・臼杵市章)

(承前)

【丸ブーtyphoon艶競べheart】の[48]〜[50]で「伊」の字を取り上げたわけだけど、もっと悪ノリでその次は「宇」ってなところを切り刻んでみたい。でもそこそこ疲れちゃったので、取り敢えず大分の宇佐市章公募を見てみます。
まあひどいもんです、ここも。応募総数は1,530点もあったのに、最終候補はこの体たらくだった。

宇佐市章候補作品

-----

宇佐市の頭文字[う]をモチーフに、未来に向かって躍動する宇佐市市民の姿を表現。
3人は3市町の合併の円満な発展を、[青色]は発展性と水の実りを、[緑色]は創造性と大地の実りを、[赤色]は情熱と歴史の実りを象徴。


新・宇佐市の平仮名[う]を羽ばたく人の姿に見立てました。
歴史ある市として軽すぎず、かといって堅苦しくならない柔らかい形にし、[やや緑がかった青]は豊な水源と自然をイメージしました。


全国的に名高い宇佐神宮の[宇]の文字を簡略図案化。一市、二町を合わせ、3体もって(うさ)とした。
色彩 [赤]=宇佐神宮殿のイメージ色。
   [紫]=安心院のブドウ色。
   [緑]=院内ゆずの成熟色。


宇佐市の[う]を形象化しました。3市町の合併を3人のフォルムで表現しました。
3つのフォルムは未来に向って限り無く広がる人の輪、互いに手をとりあう協調と優しさ、安らぎを彩りに満ちた暮らしの元気都市をイメージしました。


頭文字の[う・ウ]をモチーフに、輝く未来に羽ばたく姿をイメージした。
下部は宇佐市から沸き起こるウエーブを意味し、上部の[円]は太陽で、希望と活力を表わす。
色の[グリーン]は豊かな自然を象徴している。

*順不動
-----

田舎公募どころか、公募の体すら成していない。ふー、疲れるなーーー。
いろいろ不思議な言葉が並んでいる。が、そこは今回全てスルーしましょう。問題はピンポイントに1番&3番&4番、もちろん。

〔鉄槌 壱〕
なんでこんなに似てるものを3点も最終候補に残したわけ???市章選定小委員会は何考えて絞り込んだの??

-----
(2005.01.07 第14回宇佐両院地域市町合併協議会 会議録 抜粋)

【山本委員】
投票どうの言うんじゃないですけど、この1番と3番と4番というのは何か似ているような感じがするんですけど、提案者か何か一緒なんですかね。提案といいますか、出されている方は。

【原田事務局長】
非常によく似ているんですが、提案者は違います。そういうことです。
-----

たったこれっぽっちのやり取りで、議論が深まることもなくそのまま投票に入ってしまったという・・・shock。山本君、詰めが甘いよ。

〔鉄槌 弐〕
この3点、どれもこの紋↓に十分類似してると思うけど、誰もこれを知らなかったわけ???

【2009.03.07「続 回答乱麻 家紋夜話」】
三つ括り猿
三つ括り猿

全国の日吉神社/日枝神社にゆかりの深い紋所です。宇佐神宮のお膝元としてはどうなのよwobbly。歌舞伎の市川猿之助丈の家紋でもある。
しかも候補はいずれもこの猿を超えてはいなかったという・・・happy02

〔鉄槌 参〕
1番と4番の中途半端な傾き具合、ほんとにこれで間違ってないん???あり得んだろ。

投票結果はこう出た。

1位 5番 92点
2位 3番 57点
3位 2番 35点
4位 1番 21点
5位 4番 6点

当然、1番と3番と4番は互いにカニバって、だけど束になっても57+21+6=84点で、1位の92点には届きませなんだとさ(苦)。
目に見える獣の形から抽象化を究めて家紋を作り上げた(あるいはその単純な造形の中に猿の姿を見出した)古えの紋屋と、三自治体が合併して宇佐だから「う/ウ/宇」が三個、と飛びついた平成の絵師達、ツルが神ならば迷わず「前者然り、後者然らず」と託宣を下します。

で、結局。

大分県宇佐市
市章
井上 茂(54歳:東京都板橋区高島平●−●−●)
宇佐市章

作者住所を会議録にそのままフル書きしちゃったの愚。昭和の時代じゃないんだぜ、2005年1月だぜ。八幡宮の総本社、宇佐神宮の神々も呆れてござったろう。

八幡大神(はちまんおおかみ) :誉田別尊(ほむたわけのみこと)(応神天皇)

比売大神(ひめのおおかみ):宗像三女神(多岐津姫命・市杵島姫命・多紀理姫命)(cf. 2012.03.16〜17「八王子 − 五男神にこだわってみた」・2012.03.18「八王子 − 三女神・宗像大社・厳島神社に近づいてみた」)

神功皇后:息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)(仲哀天皇妃・応神天皇母)

〔鉄槌のおまけ〕
「順不動」って、何ですかーっ!?

●●やったとかいな。(馬鹿笑)

大分つながり&[う]つながりで、もう一ついってみよう。こちらは2006年11月に決定されたもの。

大分県臼杵市
市章
立志哲洋
臼杵市章

-----
[う]をモチーフにして[す]を組み合わせ、[青]と[緑]で豊予海峡や臼杵川などの水や豊かな自然を、[赤丸]は太陽と温もりや活力、また歴史や文化を表している。全体として躍動感のある元気に育つ[子ども]をイメージしている。
-----

まーねー、子どもというより[盆踊り]か[走る人]じゃないかな、やっぱ。

この市章で面白いのは、宇佐市章との共通項を見抜いた人があって。
某公募系BBSでは。

-----
441:2006/12/05 22:44
臼杵市章
これもまたなんだかね…全国区でもこんなもんっす。
[URL]

442:2006/12/05 22:53 ID:BUPS3BB7
>>441
うーーーーーーーーーーーーーーーー!
ううううううううううううううう!

443:2006/12/05 23:09 ID:rxtSFtrL
>>441
旧臼杵市章の方が断然良かったです
--------臼杵市民の声-----------

444:2006/12/05 23:18
>>441
「う」をモチーフにして「す」を組み合わせ、うすっぺらなデザインにしちゃったの?

446:2006/12/05 23:45
臼杵市は、同じ大分県の宇佐市をなめとんのか!
http://1st.geocities.jp/ttgpm094/ABOUT41/ABOUT42/ABOUT43/ABOUT44/ABOUT45/index-as.html

447:2006/12/06 00:03
まあ同じ「う」だからね
でもそんなに類似じゃないと思うけど

449:2006/12/06 08:25 ID:S4Fxapmn
>>441
存在の耐えられない軽さ
-----

この相似に気がついたとは、素直に感心しました。しかし平成の絵師もなかなか味な真似を(爆)。

(続く)

2017年9月25日 (月)

【番外編】みほのさとには おうまがおってさ

(承前)

-----
ネットに載ってるうちに御笑覧あれかし。
-----

・・・しかし、こういう場合往々にして「御笑覧」では済まされぬ様相を呈するところが、ご当地公募というものの闇である。

茨城県稲敷郡美浦村
美浦村マスコットキャラクター
(優秀作品)みほ丸
八谷早希子
〔2017年3月発表〕
みほ丸

これが盛ったのは[パプリカ]です。

【2017.07.14「深い智恵とアイデア ―― 作り変えるための [二]」】
北海道新冠郡新冠町
地域見守り見回り活動事業 キャラクター
にいかっぷん
深谷智将
〔2017年2月発表〕
にいかっぷん

こっちの方は[ピーマン]でしたね、耳が。

これをどう捉えればいいのだろう??

美浦村は2016.08.01〜09.30募集の10.24〜11.30投票、新冠町は2016.12.30までの募集。つまり実は新冠町の方が募集は遅い。深谷は美浦村の投票候補を見てInspireされたのか、それとも自身が美浦村にも応募していて、そこでボツになった作品を新冠町にRecycleしたのか。そう思って眺めていると、「みほ丸」まで「にいかっぷん」同様、顔の下半分に白い怪しい宇宙人が潜んでいるように見えてきますw。(てことは前者なんすかね??happy02smile
無論いずれとも決めつけられないけれど、いずれにしても残念な印象。

返す刀で、制定側にも斬り込んでみよう。

スケジュールを見ると、何やら群馬県榛東村のキャラ公募が思い出されてくる。
美浦村でも当初、キャラ・ロゴとも「結果発表」は「2016年10月15日ごろ、入賞者に通知」としていた。募集締切の半月後とはまた甘く見たもんですねえ、田舎公募の常ではあるが。類似調査?知りません、そんなこと。
実際には、ロゴは12月に、キャラは翌年3月になってから着ぐるみお披露目を兼ねて発表された。なにearpaper?着ぐるみ作るのにそれなりの時間が必要だったんじゃないかと?そういう問題ぢゃないでせう。∵ロゴだって、投票時から既に「12月上旬までに村ホームページ等で発表する予定」となっちゃってたし。

選考に携わったのは「美浦村まち・ひと・しごと創生有識者会議」となっているので、まあ、地元の名士お歴々ってとこだったんだろうか。

しかしこの一連の流れ、注意してみると全く別の見方も成り立つ。上述の「入賞者に通知」の意味するところが、ひょっとしたら;

(A)「採用作品と次点作品のそれぞれの決定」

ではなく;

(B)「最終候補の選定」

という趣旨だった可能性が否定し切れないんですね。
なんとなれば、各6点の最終候補を対象とした美浦村在住/在勤/在学者による人気投票をかませることは当初から想定されていたからです。募集締切から半月の間で投票実施まで考えていたとすると、実務は相当綱渡りになっちゃう。

どちらの考えを取るかによって、全てが違って見えてくるなあ。

(A)の観点に立つならば、それはつまり榛東村同様、日程に大幅な遅れが生じたってだけのこと。単にプロセスがグダグダだったというわけね(それはそれで困りものだが)。

もし(B)が正しいのならば、制定側の美浦村はなぜそんな(どうでもいい、あるいはMisleadingな)内容を「結果発表」の日程として流布したのであろうか。

よくよく考えると、(A)はごく普通な一般向け情報、対して(B)は常連ガイダー(のみ)に必要とされる情報ではないかという気がしてくる。つまり、「既発表のものは別のところに応募できない」という公募の鉄則に照らせば、(B)さえ判明してしまえば、候補に残らなかった、つまり「既発表」扱いとされない(であろう)ボツ作品は(ちょちょいと手直しして?)よそに応募することも可能になる(と応募側が解釈してもしょうがない)わけです。(A)まで待つ必要はないwobbly
この問題は、本件のように、競走馬のトレーニング・センターのある美浦村と、競走馬産地の新冠町と、特性の類似する複数のご当地が相次いで公募をかけた、そんな場合に最もCriticalに立ち上がってくるのだと思う(この究極のケースが平成大合併時の自治体章公募ではないか)。

こういったリサイクル応募については、ツルはあくまで容認しない立場ですが(著作権移転がされていないことは無論承知の上で)、そうした潜脱行為の温床にもなりかねないのではないかと思うに至りました、「人気投票」とか「総選挙」とかいう、体のいい民意反映の姿をした多段階選考プロセスが。
さらに言えば、投票プロセス終了後速やかに関連情報を消し去ってしまえば(榛東村同様、美浦村でも「広報みほ」を除くとこの情報は既にない)、次点作品すらリサイクルに回しやすい(と都合よく見なされる)というのがご当地公募界の現状ではないのか、遺憾ながら。

♪あんたがたどこさ みほさ
 みほどこさ いばらきさ
 いばらきどこさ どっかさ
 みほのさとには おうまがおってさ
 それをがいだーが ぱそこんでうってさ
 にてさ やいてさ くってさ
それを さいとで ちょいとかくし

何のために、誰のために、こうした情報はあるのか、こうした公募はあるのか。ガイダーのためにではないと思う。

こうした考え、失当なんでしょうか??ならばそれは何故?

2017年9月24日 (日)

【番外編】みほどこさ いばらきさ(美浦村ロゴ)

(承前)

美浦村公募、マスコットキャラクターよりも先に発表されたPRロゴが、またスゴいんですう。あり得べからざる禁断のネタがいろいろありましてねー。

茨城県稲敷郡美浦村
美浦村PRロゴマーク
米泉弘人(石川県金沢市)
美浦村ロゴ(最終版)

これが茨城県内のご当地マークだとは誰も思わんのじゃないか。知らされなければ、北海道のどこぞの[馬]の産地で、彼方に見える[二つの峰]は雄阿寒雌阿寒の二岳、湿原を流れる[川]は釧路川、[貝]は当然ホッキ貝、なんてことを口走ってしまいそうである(適当に言ってますm(__)m)。
事実、名だたる馬産地の北海道日高郡新ひだか町とは「馬のまち」つながりでコラボっていて、「地域交流館 みほふれ愛プラザ」(*)でも「エゾシカ肉入りカレー」や「美浦名産パプリカとマッシュルーム、鶏肉入りのアヒージョ」なんてものを販売しておるそうな(「馬肉入り」ではない、念のため)。

(*) 「みほーす」の着ぐるみがお披露目されたのが、2017年3月26日に行われた本施設のオープニングセレモニーにおいてである。

でもとにかく、よくあるご当地ロゴマークの「シンプルで親しみやすい、万人に愛される、縮小・単色使用にも耐える」云々なデザインsmileとは一線を画する趣 ――いわば陰翳礼讃的な感じ(厨坊っぽいけど)―― で、ほーん、と少しばかりは感心しかけたんですわ。ところがなんと、オリジナルは[顔]入りであったのだwobbly

美浦村ロゴ(応募案)

-----
[霞ケ浦]越しの[筑波山]及び緑豊かな大地を背景に、[陸平貝塚]の[地層]をイメージした[連続曲線]で悠久の歴史を、また[人][馬]一体となってJRA美浦トレーニング・センターのコースを疾走する姿で美浦村の一体感&躍進を、イニシャルの[M]に集約しました。
-----

げっ、陰翳どころか能天気&素っ頓狂でびっくり&げっそり。
まさかこの貝がグルメアイテムじゃなかったとは。馬と貝って、取り合わせとしてはすごーく変だと思うんだよね。でも、そこにデザイン上の妙味もあったはず。このロゴマークが(厳密にはこれは「シンボルマーク」だと思うが)それに果敢に挑戦したのはわかるけど、でも見事に討ち死にネ。
米泉の名前は前にもちょっと見た(cf. 2015.07.11「日暮しの門の下で」)。今年64歳前後のはずです(cf. 2017.06.08「丸ブーtyphoon艶競べheart [41]」)。

次点はもっとエグい。

(優秀賞)
安富勝弘(熊本市)
重田 修(神奈川県川崎市)

ヤマユリと主張するけどどうしても星にしか見えない安富作品はもうほっぽっといてと。因みに安富は今年71/72歳(cf.【その33】・2013.04.13「環境をイメージで弄るな」・2016.05.20「公募ガイダーの甘えと傲り:承」)。

美浦村公募で最大の怪はこれである。

茨城県稲敷郡美浦村
美浦村PRロゴマーク
(優秀賞)
重田 修(神奈川県川崎市)
美浦村ロゴ(重田案)

-----
美浦村の頭文字[み]をモチーフに希望と活力に満ち、笑顔で輝く未来に向かって力強く前進する歴史・文化・農業・JRA美浦トレーニング・センターに育まれた水と緑の豊かな大地。人・まち・自然が輝く、明るく元気な「美浦村」を表現しました。
-----

どこかで見たことあるでしょう?そう、うんざりするほどこれに似ている。

【2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」】
長野県佐久市
新佐久市誕生10周年記念事業 ロゴマーク
重田律子(のりこ)(60歳:神奈川県川崎市宮前区:主婦)
〔2014年7月決定〕
佐久市10周年

この一族にも、深ーい謎を感じる。修は当年取って73歳、律子は63歳または67歳ということになりまスbleah(cf. 2013.12.26「さよなら三角、まねしてまん丸 ≪一≫」)。ひょっとしたら重田家には律子サンが2人ぐらいいるのかもしれないな(1人もいないかもしれないが)。
団塊〜老頭児、大繁盛。

またまたくどいけど、こういうことだったんですからね↓。

-----
※独自性があり、人と自然が輝くまちをイメージするデザイン
※応募者のオリジナル作品であること
※他のコンテスト等に入賞、または応募したことがない作品であること
※作品中に第三者が法令に基づく意匠権・商標権・著作権等の権利を有している著作物を利用していないこと
-----

独自性は微塵もない(米泉作品は別w)。オリジナル作品と言えるか否かは限りなく黒に近いグレイ。第三者の権利(重田律子の?佐久市の?happy02)を侵しているとは言えよう。「応募したことがない」のところにはモヤモヤっときますな。違いはイニシャルが[み]か[さ]かってとこだけですっ(ア、踏み出した足の左右も違うか)。
せめて、最低限のルールは守りなさい。

因みに;

〔マスコットキャラクター〕
最優秀(1点) 賞金10万円
優秀(2点) 賞金3万円

〔PRロゴマーク〕
最優秀(1点) 賞金3万円
優秀(2点) 賞金1万円

と両者のランクづけはいささか異なっていた。村役場の企画財政課のなさったことですから、そこはもー、マッチリしてますわdollar。結果、応募総数は前者が475点、後者が209点。割と正直に差がついたようです。でも、老練ガイダーが足元を見てくるのは結局いつも同じsad

(続く)

2017年9月23日 (土)

【番外編】あんたがたどこさ みほさ(みほちゃん 改め みほーす・みほ丸・ミーホ君)

(承前)

先月茨城県美浦村で次点のキャラクターを斬殺して以来、そのまま迷宮入りになってました。でもご当地は目くるめく魅惑のネタの宝庫ゆえ、封印切りして再び深く踏み迷います。

初めにおさらいしておくと、2016年8〜9月に丸々2ヵ月かけてマスコットキャラクターとPRロゴマークを募集し、10〜11月の村民投票を経て、ロゴは12月に、キャラは翌年3月に発表された。

まずはキャラから小手調べ。

茨城県稲敷郡美浦村
美浦村マスコットキャラクター
みほちゃん → みほーす
高岡亜加根(大阪市)
みほーす

-----
[縄文土器]をかぶり縄文人の洋服を着た[ウマ]のみほちゃん。胸には陸平貝塚[引用註:おかだいらかいづか]の[貝]、土器には[MIHO]の文字、特徴あるミホの郷土愛と、JRA美浦トレーニング・センターの馬をキャラクター化。「みほ」という可愛い地名をそのまま名前にしました。(初めて村名を見る人は「みうら」と思いそうなので、「みほ」だと知ってもらいたい!)
-----

「縄文人の洋服」には大いに笑わせてもらいました。
いつぞやこりんごさまにご指摘いただいたとおり、村民投票後に愛称が変更されたのは、この10年選手↓とのかぶりを避けたものでしょう。

【その63】
茨城県稲敷郡美浦村
美浦村社会福祉協議会
イメージキャラクター
みほちゃん
塩崎歩美
〔2008年2月決定〕
みほちゃん

高岡の盛りっぷりはこれもまた錯塩スタイルではあるけれど、同姓同名の人物が福島区のさるデザインオフィスの「営業企画/8HATIスタッフ」として見つかるから、大阪市とは言え塩崎家の一員ではあるまい。

-----
フクダ・ロングライフデザイン株式会社

業務内容
住宅・店舗の設計及び施工
住宅・店舗のリフォーム工事
物販・飲食・貸ギャラリー
-----

ん?その住所でその名前、何だかどこかで見た覚えがあるような・・・。

【2017.08.02「伝統産業のゆるキャラですって? 上」】
埼玉県蕨市
蕨商工会議所
双子織 マスコットキャラクター
ふタコ
高岡(大阪市)
〔2014年11月発表〕
ふタコ(最終版)

ああこれか。ということは、同一作者って理解でいいんですかね?

他の作品はもう、不愉快な思いが甦ってくるので取り上げません、と言いたいところなのではあるが。

-----
みほちゃん 490票(→ 最優秀作品として採用)
高岡亜加根

みほっぴー 354票(→ 優秀作品)
深川重一

みほ丸 293票(→ 優秀作品)
八谷早希子

ミーホ君 245票

みほりん 192票

み〜ほっほ 97票
-----

おお、高岡の馬は並み居る常連ガイダー達を振り切っての栄冠であったかww。

既出ながら、深川の馬はこれ↓(cf. 2017.08.29「More Cutting Edgebudなとんがり塩キャラsign02:中編」)。

(優秀作品)みほっぴー
深川重一(大阪府和泉市)
みほっぴー

八谷の馬はご当地名産のハイカラ野菜を盛った(大伏線)。

(優秀作品)みほ丸
八谷早希子(北海道江別市)
みほ丸

-----
美浦村にJRA美浦トレーニング・センターがあることから[馬]のキャラクターを考えてみました!誰が見ても一目で美浦村のキャラであることがわかるよう胸には、[村名]が記されています。帽子は、特産品の[パプリカ]でできており、5万本が咲き乱れるという城山公園の[チューリップ]が輝いています。
-----

おまけでもう1点だけ取り上げておこう。

(村民投票4位)ミーホ君
ミーホ君

-----
美浦村の花・[ヤマユリ]とJRA美浦トレーニング・センターから[馬]と陸平貝塚から[縄文人]をモチーフにしてデザインしました。可愛い男の子のキャラです。
-----

この馬は中本竹識だよなあsad、どばっとDejavuまみれで。作者名を伏せられてもすぐわかるってことは、普通は個性の表出という肯定的評価につながるんでしょうが、ことご当地公募においてはそれは当てはまりません(爆)。
[かぶりモノ系]な発想で深川の馬と同工異曲、[前髪ちょろ]まで。下ぶくれにしちゃったから馬というより驢馬か牛に見えちゃう(それは深川の馬にも高岡の馬にも言えることでdespair、ここでは逆に八谷の馬の方が下ぶくれ度合いは少ない)。お腹の図柄は[村章]ね。

もう、「ご当地名物=情報発信力」という信仰/強迫観念からいい加減抜け出さなければ、地域興しも将来を踏み間違えてしまうだろう。各アイテムが力不足なら盛りの数量を増やして補強するなんてのも愚の骨頂であろうに。コストも増大するんですよ。

美浦村公募、他にもスゲーのはいろいろ含まれており、キャラ、ロゴ両部門とも「広報みほ」の2016年11月号に「総選挙」候補が載ってます。ネットに出てるうちに御笑覧あれかし。

(続く)

2017年9月21日 (木)

【番外編のおまけ】怒れる公募子

(承前)

古田 新の「辛坊の四苦八苦。60歳からの公募にチャレンジ!」は、一方で示唆に富む名言がさりげなく吐かれていたりもして、大変興味深いです。先日ぶった斬った平山あたりの常連ガイダーに聞かせてやりたいものである。

――やっぱり制作主旨をしっかりまとめた上で作品作りに入らないと、いつの間にかとんでもない方向に行ってしまってて、いざ、作品説明を提出しようとすると、なんにも書けないことが良くあるんです――

――事業内容や意味合いばかり気にして、その事業からうまれる楽しさや、喜びみたいな所に目が行かないと言うのが欠点です。私のシンボルマーク。(ーー);――

――エコを漠然とした「地球の話し」に置き換えないで明日の「自分や自分の子供たちの命に関わる話し」として捉えてもらいたい。
という主旨で作りました――

――右手は今まで教育してきただけ、お利口さんなのですが、どうも小器用で面白味に欠ける。左手で字を書いてみて気がついたのですが、思い通りにはならないけど、奔放で味がある(ような気がする)。何となく、これが自分自身の線ではないかとも思える――

――公募はやはり、好きな物を無責任に作るのが1番ですね――

齢を重ねただけのことはあると思う。左手の件りはstereotypeであまりいただけませんが。
そのMr.辛坊が珍しくキレちゃったのが次の公募。

-----
(2007.09.04 60歳からの公募にチャレンジ、その91)

●「引っ越しサービス、ハウスリフォーム、貨物輸送グループ統一マスコットキャラクター募集」に応募しました。
[URL]

●締切り 9月5日

●発表 10月

●賞 最優秀賞1点=10万円

●こんな感じで出しました。

●自画自賛度 ★★★
わ〜、明日、必着!郵便局へgo!

今日、郵便局で投函しましたが、この公募は、公募期間中に、主催者側の不当な情報変更が行われましたので画像を公開して棄権いたします。angry

追伸
今日(9月5日)先方に着くはずの私の封書は開封されるのでしょうか?私の可愛いムササビ親子はどこへ着地するのでしょうか?sad
-----

-----
(2007.09.04 22:05)

ん〜、これはちょっと許せない。「審査の結果、弊社イメージに合致するものがなく、期間を延長して公募を継続することとなりました。また、イメージの範囲を狭め「ハト」に限定することでより採用に至る確立を高めることになりました」この自己保身的な言いぐさが気に入らない!私は応募画像を公開してこの公募を棄権いたします。

pen辛坊
-----

「確立」は「確率」のtypoだな。当該ムササビ画像はまだ残っているので、興味のある方は適宜検索なすって下さい。

この公募は、株式会社武蔵野貨物 さいたま南センター(埼玉県さいたま市緑区)が行ったもので、結局、募集は2007年11月5日まで延長された。

以下は、公募情報サイト「登竜門」に残る記載(抜粋)。

-----
アイディア
大規模なWEBサイトの構築を企画しています。
これを機に、一般顧客への訴求力を高めるために、マスコットキャラクターを採用し、WEBサイト・印刷物・名詞・ユニフォーム・車輌デザインなどに展開します。

募集内容
・引越しサービス・ハウスリフォーム・一部の一般貨物輸送は、一般顧客が対象の業務です。これらの広告展開に使用します。
・ハトをモチーフとし、下記のようなコンセプトのキャラクターを希望します。
・「丁寧」「安心・信頼」「親しみやすい」のイメージを持ったマスコットのイラスト。
・「XXのマークの引越し」等キャッチのつけられる性質のキャラクターを想定しています。
・WEBサイト・印刷物・ユニフォーム・車輌ボディなどで使用するので、大きくも小さくも使える2次元のキャラクター。
・イメージに合えば、淡彩・カラーは問いません。

発表:締切後審査し、10日以内に入賞者に通知 + WEBサイトで発表
-----

「淡彩」は「単彩」のtypoだろう。10年後の現在、同社サイトにそれらしいキャラは載っていないのでcoldsweats02coldsweats02、これ以上の詳細はわかりません。ただし、某公募系BBSに(抜粋);

-----
725:2007/11/14 18:12
引越しサービス・ハウスリフォーム・貨物運送のグループ統一
「ハト」のキャラクター決定!
[URL]

726:2007/11/14 21:55
ハト 出したやついるんだ
-----

とあるから、とにかく「ハト」で速やかに決めたんでしょう。

まあね、ツルはこの件についてはあまり義憤を感じなかった。この世の中によくあることじゃん、後出しジャンケンなんて。権利の上に眠る者は救われないのよ。「10日以内に入賞者に通知」なんて、同社には類似審査の「る」の字も眼中になかったろう、とは思うけれど。
いや、待てangrypaper。これが並の常連ガイダーだったら、こんなの屁とも思わないか。そっちの方が確かによっぽどこわいや。

因みに古田は2014年夏、大分県別府市に転居している。大分県は大学生活を送った地であり、妻君の郷里でもあるそうな。終の棲家を求めて、なんでしょうか。

2017年9月19日 (火)

【番外編】一匹の竜もし死なずば(ちーたん)

愚blogを書いていて、たま〜に気になってきたサイトがある。「辛坊の四苦八苦。60歳からの公募にチャレンジ!」というblog。ある公募ファンのリアルタイムな苦闘の歴史です。現在、「その12年目。」と副題がついていて、なんと「その594」まで来ているから、まさに古来稀なりき。ハマったきっかけは年賀状デザイン公募だったそうで。
往時は結構精出して応募していたし(そこに見合う成果を上げていたかについては疑問が残るようだけどcoldsweats01)、自己採点もなされていて、死屍累々なれども真面目な公募マニアという気はする。作品画像は「未公表」の縛りを意識して、基本的に一部分のみチラ見せする形です。敢えて「公募ガイダー」の蔑称は避けておこう。

この「辛坊」氏のことは某公募系BBSにもよく書かれていたし、自らBBSを開設していたこともあるので(荒れてきて結局閉鎖したらしい)、一体誰なのだろうと思っていたら、採用されたケースをたまたま見つけた。

-----
(2008.07.11 60歳からの公募にチャレンジ、その204)

「丹波竜マスコットキャラクター募集」に応募しました。
http://www.tambaryu.com/tambaryugp2.html

●締切り
平成20年6月4日(水)〜7月11日(金)必着

●決定及び発表
各賞の入賞者には、直接本人に通知するほか、報道機関などに公表するとともに、ホームページにも掲載(平成20年9月頃予定)

●賞
グランプリ 1点 20万円(買上料含む)
優秀賞   2点 2万円(買上料含む)

●こんな感じで出しました。

●自画自賛度
☆☆☆☆

1億2千万年以上前の堆積した地層から生まれた、[地層]の[竜]です。体にはいっぱいの[化石]のアップリケ。
これだけ長い時間をかけて蘇りながら、なお、これから育っていく生命の兆しを頭のてっぺんに[芽]出しています。命のつながりを体全体で教えてくれます。

●結果
ひさしぶりにグランプリでした!
-----

-----
(2008.08.28 丹波新聞 抜粋)

丹波市は22日、丹波竜マスコットキャラクターを発表した。愛称を募集している。9月2日必着。
1億2000万年以上前から堆積した[地層]をモチーフにし、体のあちこちに[三葉虫]や[アンモナイト]などの[化石]のアップリケをちりばめている。頭からは、[双葉]が出ており、長い時を経てよみがえり、さらに育っていく生命の兆しを表現した。作者は、千葉県千葉市のイラストレーター古田 新さん(62)。
最終選考に残った3点を市民投票した。総投票数は3378票。古田さんの作品は1338票を集めた。

〔後略〕
-----

兵庫県丹波市
丹波竜マスコットキャラクター
(丹波竜の)ちーたん
古田 新(62歳:千葉市:イラストレーター)
(愛称)廣内寿子(丹波市)
ちーたん

あー、この作者だったのか!!名前だけは、「九州観光マスター検定試験ロゴマーク」や「いいいろ塗装の日2007ポスター」の最優秀賞として取り上げたことがあったっけ(cf. 2014.09.11「祭りと金魚と男と女」・【その138】)。

昔の百貨店の包装紙みたいなデザインやなーww。十六茶キャンペーンにも2015年に登場しとった奴っす(cf. 2015.02.28「最強の悪夢の名残り:リスト2」)。結果発表が予定より早まったというのは、ご当地公募には珍しいこっちゃね。

廣内のネーミングには長い詞書きがついている。

-----
『ち』は地層、地球、いのち
『ー』は長く、永遠
『たん』は丹波、誕生、まごころ。
生命を生み出してきた地球、地球誕生から現在までそれぞれの時代の地層で異なった生命の歴史があり、地層で形成される大地は、あらゆる生命を長年にわたり育んできた。自然の営みの根源が大地であろう。その歴史ある地球を形成してきた大地(地層)から命が芽生える。我々が生きる地球の大地を守り、芽生えるいのちを育み、生命を大切にすることを未来に伝えていくこれこそ『ちーたん』に与えられた使命であります。
-----

はぁ、そうでありますか。こういうのもつまりは形を変えたてんこ盛り発想であって、ツル的には評価することはできない(東京五輪マスコットのネーミングが急に心配になってきたshock)。

丹波市は「丹(まごころ)の里」を標榜しており、「たん=まごころ」というのはジモティ的常識なんだろう。「丹」には「丹念」「丹精」の熟語もある。「赤心」という言葉もあるな。「あか」はそういう色。

ご当地で大型恐竜のものらしい化石がジモティ男性2名(旧い友人同士だったという)によって発見されたのは、公募から遡ること2年前、2006年8月のこと。
降って湧いた大発見のニュースは、過疎化の進むこの町に当然ながら恐竜フィーバーを巻き起こした。即ち「恐竜ラーメン」「恐竜うどん」「化石巻」「恐竜たまごっ茶」などが続々商品化shock。「丹波竜」の商標登録がされた後は、「丹波竜ラーメン」や「丹波竜うどん」となってます。
「化石巻」は巻き寿司ね。ご当地では節分の「恵方巻」もこれで、その年の恵方ではなく化石発見場所の方角を向いて食べるのだ(ウソ)。

お役所も早速飛びつき、「恐竜を活かしたまちづくり課」なんて部署を新設した(10年ほど経った今では「恐竜・観光振興課」となってるみたい)。本公募もここの肝煎りです。

♪デカンショ デカンショで 半年暮らす
 後の半年ゃあ 寝て暮らす
 ヨーイ ヨーイ デッカンショ

♪虎は死んだら 毛皮を残す
 恐竜死んだら ゆるキャラ残す
 ヨーイ ヨーイ デッカンショ

今作りました・・・。と、これはお隣の兵庫県篠山市の民謡でしたか(cf. 2015.04.21「十年に一度の逢瀬:6」)。

化石はその後、8年かかって新属新種と認められ、Tambatitanis amicitiaeなる学名が命名された。属名は「丹波」とギリシャ神話の巨人族「Titan」から取られており、種小名は発見者2人の長年の「友情」に因んだものです。

ええと、何の話をしてたのじゃったかいのぅ・・・

blogを読むと、古田は錯塩キャラも一杯作っているし、リメイクやリサイクルをしていることも自ら語っているので、そもそもそこにツルはフフンと鼻を鳴らしちゃうんですけどね。まあ、blogでちゃんと告白しているところは認めてやらなきゃいかんか。(そうです、愚blogはあくまでゴーマンに上から目線。)

2017年9月17日 (日)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その192:お城の動物園・入船小学校)

(承前)

今回は、以前【その180】・【その189】で取り上げた今井健二名義をみたび追いかけます(しかし愚blogも自己目的化しとるのう)。

和歌山市
わかやまフレンZOOガイド
お城の動物園(和歌山公園動物園) ロゴマーク
(来園者投票2位)
今井健二(大阪市)
お城の動物園ロゴ

市営動物園が整備開始から100周年ということで、ロゴマークとキャッチフレーズをそれぞれ公募したもので、2015年5月発表。「100周年」の文字は入っていないから、継続的に使用していくんでしょう。

-----
(2015.06.06 産経新聞 抜粋)

〔前略〕

動物園をサポートしている市民団体「わかやまフレンZOOガイド」が4月中に一般公募し、全国からロゴ57件、キャッチフレーズ173件の応募があった。
ロゴ5件とキャッチフレーズ6件に絞り込み、5月5日の「こどもの日」に合わせて、来館者向けに人気投票を実施。700票の投票があったという。

〔中略〕

1位のロゴは、クマをメーンにして周囲にペンギンやウサギなどが描かれ、207票を獲得。その他、[和歌山城]を頭に載せた[クマ]などユニークなデザインが選ばれた。
-----

あのさあ。「お城を頭に載せた」ようには見えんぜ。クマの後ろにお城が写ってるだけみたいじゃん。そして仄かに漂う昭和感。諸々、塩崎家のお家芸であることは否定しないが。

2013.04.06【その31】
大阪市中央区
メインキャラクター
ゆめまるくん
塩崎栄一
〔2008年10月決定〕
ゆめまるくん

2013.01.27〜28【その24】・2015.05.01【その24の2】
愛媛県四国中央市
マスコットキャラクター
しこちゅう → しこちゅ〜
塩崎歩美
〔2013年1月発表・10月デザイン補整&改名発表〕
しこちゅうしこちゅ〜

四国中央市では途中で[川之江城]を奪われてますがね。

来園者投票で選ばれた面々は次のとおり。

〔ロゴマーク〕
1位(採用作品) 207票
青山えり(静岡県焼津市)

2位
今井健二(大阪市)

3位
なかたこうへい(和歌山県岩出市)

〔キャッチフレーズ〕
1位(採用作品) 195票
「お城と、ZOOっと。」
熊谷さやか(東京都台東区)

2位 116票
「お城で暮らす、「かいらし」仲間たち」
岩本 洋(東京都江東区)

3位 110票
「ZOOっとだいすき!」
森 茜(和歌山市)

応募にはなんと1人1点の点数制限があった(-.-)y-゚゚゚。てことは、別名義なんかも使われたかもしれないってことですよね、榮一老大?ア、でも採用の対価は「謝礼」として「図書カード(些少)」だったそうだから、あんまりゴリゴリやる気は出なかったっすか?
であればもう「お城の動物園永久無料パス」とかにした方がよっぽどインパクトあって、かつ有象無象の全国の公募ゴロも追っ払えるじゃんとツルは思いかけた。でも残念、ここってはじめから入場無料なんですよ(^^;。

権利関係については、動物園自体ではなく市民ボランティアが募集主体だったため、「採用作品の著作権は、わかやまフレンZOOガイドに帰属します」という変則的な形となっている。変なの。お互い使いづらいでしょうに。

キャッチフレーズについても一言解説しておくと、Wikipediaには「移転の計画が進んでいたが平成26年に当選した尾花正啓市長によって現在地での再整備が検討されている」と出ている。だから「お城と、ZOOっと。」には、「来し方」だけでなく「行く末」も含めた深ーい意味があったわけです。

忘れちゃいそうなので、同じ名義をもう一つ、今度は東から、同じく2015年作品で。

千葉県浦安市
浦安市立入船小学校
校章
今井健二(大阪府:イラストレーター)
入船小学校

-----
入船小学校の頭文字[入]をモチーフに、「夢と希望をもち、未来に羽ばたく入船っ子」を[カモメ]の大空に舞う姿でデフォルメしました。
-----

ねね、どうしてこんな奇妙な形にしちゃったの?海獺か海驢か海豹か海象かと思ったcoldsweats02。説明受けた後でもカモメとは思えん。こんな丸ブーのなれの果て的へなちょこ鳥、どこにもいないでしょうよ。

いや、この辺にいるかぁ。

【2013.02.07「キャラ自ずと似るとは聞きしかど」】
滋賀県米原市
米原市立河南小学校
校章
堀江 豊
〔2013年1月決定〕
河南小学校

入船小は新設校とは言え、ご多分に漏れず2つの学校を統合して2015年4月にスタートしたところです。開校時の生徒数は482人、となると1学年約80人wobbly。一緒になっても2クラス程度ってとこか。人口20万人弱の中規模自治体にしてこの状況、少子化の時代やねえ。

何でも浦安市初の学校統合事例だったそうで;

・隣接する入船中と校舎をつなげて、小中一貫を「見通した」学習・指導をしたいとか
・校内に「ホタルの里」を造って、蛍観賞会を地域の恒例行事にしたいとか
・校歌公募では、学校のキーワード「夢」「希望」「未来」を織り込めとか

いかにも今風な気合い空回りネタと、何を今さらなありがちネタが同居している。

校章は開校後の8月頃から10月5日まで校歌と同時に募集され、決定されたのは10月31日(類似調査なんてやってないんだろうなあ)。しかし年度末も迫った2016年2月9日になってようやく「校章・校歌制定式」が執り行われているtyphoon。当時の6年生が新校歌を公に歌えるのは自らの卒業式ぐらいしかなかったろうね。裏声で歌へ旧校歌。
つまりはそういうのを何とも思わない校風、∴田舎公募(これこれ)。

そして入船小サイトには、ちょっと不思議なことが書いてある。

-----
来客用玄関に、旧入船南小学校・入船北小学校の校章を設置しました。
これは、両校の体育館の緞帳にあったものです。
自分が通っていた学校の校章を見た子供たちの嬉しそうな笑顔が印象的でした。
入船北小学校と入船南小学校のよさを引き継ぎ、子供にも保護者や地域の皆様にも魅力ある学校をつくっていこう・・・
両校の校章を見るたび、あらためてそう思わせてくれます。
新しい校章とともに大切にします。
-----

そんなものは校長室にでも飾っておけば十分、あるいは各自の胸の中に。

(続く)

2017年9月15日 (金)

【番外編】Moral Hazardは続く(湯之元温泉ロゴ・屋久島公認ガイドロゴ)

(承前)

【その191】で「Again, Evil Under the Sun」のことをちょこっと引用したついでに、あのガイダーの近況が気になって調べてみたら、やはりオイタをしてらしたようで。

鹿児島県日置市東市来町
湯之元未来80人会議
湯之元温泉 ロゴマーク
(入選)
平山陽一(鹿児島市宮之浦町)
湯之元温泉ロゴ(平山案)

どうだろね、この錯塩ぶり。塩崎一族の活動が停滞しつつあった2015年12月に発表されたものであり、∴まさに「塩を継ぐもの」っす。

もとより田舎公募でpunch

-----
温泉地域の活性化のために看板やパンフレットで活用するPR用デザインの素材を検討するにあたり、地域の皆さんのお力をお借りしたい!ということになりました。
-----

と言いながら、「参加資格:なし」の全国募集だったもので、その内容も;

-----
キャッチコピー、ロゴマーク、シンボルマークの3点を募集します。(3点セットの応募も、どれか1つの応募もいずれでもOK!)
-----

と明記されていたところ、結果はこんなことになった。

〔ロゴマーク・シンボルマーク部門〕
(最優秀賞)
吉永 努(いちき串木野市)

(優秀賞)
長谷川円香(東京都)

(入選)
田村和清(福岡市中央区)
梅村元彦(愛知県春日井市)
平山陽一(鹿児島市宮之浦町)
藤野絢子(千葉県松戸市)

時々あるんだよね、こういうの。「ロゴマーク」と「シンボルマーク」の違いやそれぞれの意義をよく考えずに走り出すからこんなことになるんでしょう。
もっと悲惨だったのはこちらの方。

〔キャッチコピ―部門〕
(大賞・優秀賞)
該当なし

(入賞)
「You know 湯之元」
高橋 誠(鹿児島市魚見町)

「とものゆ、ゆのもと」
藤野絢子(千葉県松戸市)

「春夏秋冬いやしの湯〜湯之元温泉」
村岡孝司(兵庫県丹波市)

「湯め湧くわく 湯之元温泉!」
小寺光雄(愛知県名古屋市)

やっつけ仕事で鳴らす村岡と小寺が入っているようじゃねえ・・・。
「大賞」と「最優秀賞」、「入選」と「入賞」の違いも解せませんが、そんなことより、募集時には「最優秀賞1点」と「優秀賞2点」を出すとだけ規定されていたので、そことの差異の方が気になります。

この結果って、どちらも恥ずかしいことなんだよ。限りなく失敗に近い。公募、侮る勿れ。
「応募いただいた作品の権利は湯之元温泉PRを志す湯之元市民に帰属します」なんてふわふわしたことも書いてあったので、主催した「湯之元未来80人会議」は非公認団体 or 地元有志みたいなことだったんでしょうか(その割にゃ人数が多いが)。
因みに、安く上げたくなったのかと思いきや、賞金はなくって代わりに元湯・打込湯(地元では「うっごんゆ」と発音する)の1年間無料入浴券とか地元特産品の詰め合わせとかで釣りました。シビアに言えば、空回りしやすい要素は揃っていたわけだ。ふるさと納税とは違うのよ。

でもこれだけではこの回を終われない。もっとスゲーのがこれ。

鹿児島県熊毛郡屋久島町
屋久島公認ガイド 公式ロゴマーク
「鹿児島県在住の方」
屋久島公認ガイドロゴ

-----
全体のヴィジュアルは、英文YAKUSHIMAの[Y] +「屋久島と口永良部島の[地形]シルエット」+8つのオレンジ色の放射状は大自然・生命の源「太陽光」+「両手を広げお客様を歓迎し、屋久島町でガイドに携わる人の笑顔」を組み合わせてシンプルに表現。未来に向けて、屋久島公認ガイドの魅力をイメージした、親しみやすく愛着を持ってもらうことを強調したロゴマークデザインです。
-----

こりゃまた・・・。
2016年4月から町公認のガイドの運用が始まるということで、2015年12月に発表されたもの。つまりは湯之元温泉とほとんど同時期ですわtyphoontyphoon

あれ、屋久島と口永良部島ってこんなに近かったっけか?そう言やご当地の地図はこないだ見たばかりだ(cf. 2017.08.11「丸ブーtyphoon艶競べheart [42]」)。

屋久島町

やっぱり少々いじってあったようです、デザイン上の配慮ってやつ。

ああ、塩崎一族でないのなら、これが平山以外の誰の作品であり得よう。このガイダーの遠慮なく塩崎Dogmaを借用したり、臆面もなく自作をリサイクルしたりってのは、もう何度も目にしてきた。悪性はむしろ塩崎一族を上回るのではないかとさえ思われる。そんなガイダーって、鹿児島県内に他にはいないんですよ。匿名にしたりペンネームを使ったりしても詮ないこと、自然と露れてくるものなわけ。

【2015.05.10「Again, Evil Under the Sun: 2」】
愛知県愛知郡東郷町
イメージキャラクター
トッピィ
平山陽一
〔2012年11月決定〕
東郷町トッピィ

【その16】
鳥取県
第64回全国植樹祭 シンボルマーク
(入選)
塩崎歩美
〔2011年8月決定〕
鳥取植樹祭(歩美案)

--

【2013.11.28「平成の世に 多き不訶思議」】
岡山県都窪郡早島町
健康づくり推進運動 シンボルマーク
(優秀賞)
平山陽一
〔2013年10月決定〕
早島町健康づくり(平山案)

【その69】
京都府
京都府地域力再生活動 ロゴマーク
塩崎栄一
〔2007年9月発表〕
京都府地域力再生

--

【2014.02.16「白昼堂々、Evil Under the Sun; 4th-1」】
埼玉県戸田市
戸田市社会福祉事業団
ロゴマーク
Peace(ペンネーム:鹿児島県)
〔2014年1月発表〕
戸田市社会福祉事業団

佐賀市
佐賀市市民活動応援制度 チカラット
ロゴマーク
平山陽一
〔2012年10月発表〕
佐賀市市民活動応援制度

≪まだそんなことやってんのか!!≫

で、なんで「8つのオレンジ色の放射状」なん?8人しか公認ガイドがいないみたいに見えちゃうじゃん。

・・・これでホントに平山でなかったら、ツルも首縊らにゃあかんぞdespair

2017年9月13日 (水)

【番外編】阿波より藍をこめて・野老より永遠に;凝縮(TOKOLO Pattern Magnet・Piecing Pieces Passage・kumapon(g))

(承前)

素人放談、続きます。

無限に連鎖を繰り返す「トコロ柄」「トコロ唐草」と呼ばれるパターンは、10年以上前から存在していたらしい。

PPP Magnet → TOKOLO Pattern Magnet
野老朝雄
TOKOLO Pattern Magnet 1 TOKOLO Pattern Magnet 2

経済産業省が提唱し、新日本様式協議会が2006年10月から制定した「新日本様式/Japanesque Modern」100選(実際には116点ある。内容はすんごいごった煮です)に選ばれた作品。16種類のピース(正確には4ピース×4セット)はどう配置しても模様がつながるというしかけ。でも、ツルも中学の頃か高校の頃か、似たようなのを作ったことがあったっけ(よく言うよ)。当初の名称は "Piecing Product Project" から取ったものだけど、2007年4月に改名されている。三角形のもある由。
これをいーっぱい買ってきて、お宅の冷蔵庫を妖しくイメチェンされてみてはいかがでしょう(笑)。(現在販売しとるかどうか知らんが。)

大阪市北区
ブリーゼタワー 地下通路床面デザイン
Piecing Pieces Passage
野老朝雄
Piecing Pieces Passage

西梅田に2008年10月グランドオープンした商業ビルの花崗岩の床に施されたデザインで、「トコロ唐草」の水流模様は蜆川流れるかつての梅田の湿地帯を表したとされるわけです。

さらに、2014年7〜8月には東京藝術大学美術館で開かれた「マテリアライジング展Ⅱ 情報と物質とそのあいだ」で、「[PIECING PIECES PROLIFERATION] 組合わさっていく部分の増殖」と題した展示を行っているし、五輪エンブレム決定直前の2016年2〜3月、国際芸術センター青森で開かれた企画展「個と群」での津軽刺子への傾倒も同根と考えられる。

一方、ツルが野老デザインで楽しいと思ったのはこれ。上掲作品群と同じ文脈かどうかは置くとして・・・

東京都新宿区
NTTインターコミュニケーション・センター
ICCキッズ・プログラム2011「トランス・スケール 〈ものさし〉をかえてみよう」 出展作品
kumapon(g)(くまぽん)
野老朝雄
kumapon(g) 1 kumapon(g) 2

これが一体「何」なのかを一言で表すと、「黄金比のみの平面構成によるクマ」です。西新宿の東京オペラシティにある同センターで2011年8月に開かれた3人のアーティストによる企画展に出された作品らしい。最終日21日のワークショップに用いられたことまでは突き止めたけど、ひょっとしたらそれより前に発表されていたのかもしれない。

-----
建築や美術にも用いられている[黄金比]は,最も安定した美しい比率(いくつかの数を比べたときの割合)といわれています.kumapon(g)は,その黄金比によって大きさの比率を決めた複数の[円]で描かれています.黄金比をもとに円を増やしたり,色を塗り分けたりすることで,表情を豊かに変えることができます.また,会場では自分だけの《kumapon(g)》のアニメーションを作ることもできます.《kumapon(g)》と遊ぶうちに,黄金比がもつ不思議なルールが見えてくるでしょう.
-----

野老の制作協力者である平本智樹はサイトにこう書いている。

-----
Kumapon(g)は黄金比で小さくなったり、大きくなったりする円で構成される[クマ]です。
この大小さまざまな円を並べることにより、笑ったり、悩んだりと様々な表情をするだけでなく、幾何学模様を構築することもできます。
ちなみに、(g)のgは黄金比(=golden ratio)の頭文字です。
-----

わー、面白そう。ツルも参加したかったなあ、キッズじゃないけど。

kumapon(g) 缶バッジ

缶バッジやエプロンやTシャツなども作られてまするheart
かわいいくまさんざんすが、なかなか侮れない奴らしい。こんなものもあるんです。

kumapon(g) 3

思わず、懐かしの「フラクタル」という言葉を思い出してしまいました、80年代の学生としては。どんどんズームインしていくと、小さな円の中にもまた黄金分割の円が無限に現れてきそう。

他にも「連鎖」がキーワードのデザインは多々あるようで。

-----
般若心経 壁面写経|HEART SUTRA TRANSCRIPTION|延々と続けられて来た複写の一つのヴァージョン。

Rotonda|Study of Rhombus|菱形による充填のスタディ。

Forest(BUILDVOID2)|多角形のピース。|空間を構成する為の部分と構成。
-----

「kumapon(g)」もその意味では「組藍海波紋」などと相似たところがあると思う(シャレじゃないです)。それぞれ対称性 ――線対称や点対称だけでなく、反復対称等まで含めて―― を持ち、充填を意識している。さりながら、全く違う方向へ進んでいったわけです。片や内への凝縮、片や外への拡散。
考えてみれば黄金比という概念も、対称性を前提とした美学上の約束事なのかもしれない。

単一のビジュアルというより、一定の法則性を持つデザインの総体であるところに意味を持つという点では、「kumapon(g)」は「組市松紋」と共通項があるとも言えよう、後者の発表後に次々と打ち出されたその幾何学的Variationのことを考えれば。五輪エンブレム公募の最中にも耳にタコができるほど聞かされた「発展性」ちゅうやつかいね(使い方微妙に違ってるよそれbleah)。
やはり今のところ、「組市松紋」と「kumapon(g)」の2点がこの建築家による平面作品の双璧を成すのではないかしらん。

そして、仮説に過ぎないけれども、組市松紋も組藍海波紋もkumapon(g)も単色であり、本質的には色に頼らないデザインであろう。「藍」に囚われると見誤るように思われます。

結論。
やっぱり、組市松紋に「対称性」を見出せなかった平野敬子はろくなもんじゲホゲホ

― Title Inspired by 映画「地上より永遠に(ここより とわに)」"From Here to Eternity"(1953)―

2017年9月11日 (月)

【番外編】阿波より藍をこめて・野老より永遠に;拡散(藍とくしま・組藍海波紋)

今回は、東京五輪エンブレムの作者について素人が深掘り。

徳島県
(左) 藍とくしま ロゴマーク
(右) 組合せデザイン 組藍海波紋(くみあいがいはもん)
野老朝雄(47歳:アーティスト)
藍とくしま
組藍海波紋

-----
漢字の[藍]をモチーフとした「藍マーク」と,「徳島」を分母に「藍」を分子にした「AI/TOKUSHIMA」を組み合わせたロゴマーク。
色彩は「VS東京」と呼応し、「ジャパンブルー」をイメージさせるよう藍色一色で統一。
「徳島の藍」「藍=徳島」「あわ文化」を表現。
コンパスや定規で書けるデザイン。
-----

-----
波を意匠化した文様[青海波](せいがいは)をモチーフに,「鳴門の渦潮」「祖谷の雲」「産物を育む徳島の大地」をイメージ。
名称は「青海波」の青を[藍]とし,東京オリンピック・パラリンピックエンブレム「組市松紋」に続く「組藍海波紋」。
縦横に繋げ幅広く展開が可能なデザインとしてロゴマークと組合せ、多方面での活用が可能。
-----

あのねー、「,」と「、」が混在してるの、すごく恥ずかしいことですよ。特にこの場合、後者の部分を制定側で付け足した感がありあり。

徳島県では2015年辺りから「藍」振興を打ち出していて、その流れで今年1月に発表されたもの。担当したのは「農林水産部もうかるブランド推進課輸出・六次化推進室」coldsweats01(堂々の25文字)、ライバル視しているのはやはり愛媛県の「今治タオル」らしい。「VS東京」とは、このところご当地が掲げている統一コンセプトです。(ホラ、「香川うどん県」みたいなもんさね。いずれも馥郁たる広告代理店臭。)

もっとも、2016年2月には「現在、中国における旧正月での爆買いが注目を集めていますが、藍産業もその対象になることを期待しています」(徳島県商工労働観光部副部長:仁木 弘)なんて浮わついたことも考えてたようで、多少眉唾ではあるがな。
しかし、4月に「藍色」のみを用いた五輪Iconが発表され、県は大いに気を良くしたに違いない。言い換えればご当地でこれらのデザインを作るのは野老でなければならなかったのである。
因みに公募か否かはわかりませんが、募集をかけた形跡もないから、非公募の委嘱なんでしょう。つまり随意契約ってことね、きっとbleah

-----
(2017.01.25 徳島新聞 抜粋)

阿波藍PRへロゴ 東京五輪エンブレムの野老氏制作
〔中略〕

24日、県庁であった記者会見には飯泉嘉門知事と野老氏が出席。知事は「国内外に向けて阿波藍PRの大きな旗印になる」、野老氏は「徳島の藍の象徴として100年先の人たちにも伝われば」と話した。
制作には藍・食藍推進プロジェクト事業費700万円の一部を充てた。具体的な制作費は非公表。

〔後略〕
-----

うふふ、「非公表」な理由と「随意契約」については、【2016.10.23「デザイン文化に対する暴挙を許すな」】を参照されたし。

しかしこの記事で最も気になる言葉は「藍・食藍推進プロジェクト」であろう。

≪食うの??藍を。≫

食うんです。
アイ(タデアイ・アイタデ)/Persicaria tinctoria はタデ科イヌタデ属に属する。同属のヤナギタデ/Persicaria hydropiperの葉には辛味があって、鮎の塩焼きなんかに添える「蓼酢」や刺身のつまに使われますが、タデアイも代用された由。「蓼食う虫も好き好き」といった体。
そりゃいいんだけど。

-----
(2016.10.26 読売新聞 抜粋)

県特産の藍を使った食品の開発や販売が進んでいる。食用に栽培した藍は染料に使う藍と違って、葉が小さく苦味が少ないという。県も新たな藍の活用法で全国に食べられる藍(食藍)をアピールしようと、食藍の販路拡大やPRにつながる予算を初めて計上するなど支援に乗り出した。(河合修平)

県内で調剤薬局を運営する「ボン・アーム」(本社・徳島市)は藍を使ったお茶や菓子を県内の店舗やインターネットで販売する。
食用にするには、葉に含まれる染料のもととなる渋み成分を減らすことが課題だった。同社は2014年からビニールハウスで行う水耕栽培を始め、肥料や農薬を最低限に抑えた藍を育てることに成功した。
同社が開発した藍の葉のみを使った「純藍茶」は、葉を焙煎し、渋みや苦味をさらに抑えた。乾燥させた葉と茎を生地に練り込んだ洋菓子やハーブティーなどメニューも広がっている。購入者からは「藍はもっと癖があるかと思ったけれど、食べやすい」などと好評という。
こうした動きをサポートしようと、県は、9月議会に、「藍・食藍推進プロジェクト事業」(700万円)を盛り込んだ補正予算案を提出、24日の県議会で可決された。今後、食藍を進める企業の商品開発の支援や体験イベントの企画、食藍を推進するロゴマークの作成などを進める計画で、認知度向上や販路の拡大につなげる。
県内の藍の栽培面積は16ヘクタールで全国最大規模。県は、食藍を通じて20ヘクタールまでの拡大を目指す。
県農林水産部の松本雅夫部長は「これまで守られてきた藍の文化を絶やさないためにも、染めて美しく、食べておいしい藍を発信していきたい」としている。
-----

ううぅむ、何だそりゃ。何ゆえ藍を「食べる」のか、その意義がわからない。極力痩せ作りにして「染料のもととなる渋み成分を減らす」ですと?棘のない薔薇など薔薇ではない、アクのない藍など藍ではない。落語「目黒の秋刀魚」も思い出されます。
つまりこういう文脈なんですね。ボン・アーム所属の藍美容研究家、近藤ルミ曰く、染めに用いるアイの栽培には除草剤や殺虫剤が使われており、食用とするにはその土壌への影響も懸念されたため水耕栽培に踏み切ったと。

一方、県内の藍生産業者は現在5軒程度にまで減っている由。その5軒(およびそのSupply Chain)のために700万円出すということでっか?しかも補正予算で緊急に。【2017.08.02〜03「伝統産業のゆるキャラですって?」】で蕨市の双子織キャラ公募を見た時もちょっと気になったけど、あまりに対象となるところが少ないと、税金の使途としてはケチがつきかねない。シビアだけれどその観点は常について回ると思う。デザインにいくら払うかということとはまた別の問題として。

どうやら、記事にある「食藍を推進するロゴマーク」というのが冒頭の作品のことらしい(「しょくあい」と読むのであろうか、それとも「しょくらん」?)。しかしこのデザインに「食藍」の観念が含まれているとは思えません。それはデザイナーとしてChallengingかつChallengeableな目標でもあったはずだがなー。県側が方針変更したんでしょうか。

あんまりいただけませんねぇ。「組藍海波紋」は10年以上前から制作されてきた「トコロ柄」の延長にあるものだろうが、旧作を超えているとは言い難いし、古典の青海波文より美しいとも思えない。

青海波文

2001年9月の同時多発テロ(16年前の今日だ!!早いものです)以来、野老の関心は「つながる」にあるという。組藍海波紋も「連鎖」の意識されたデザインではある。
しかし、「トコロ柄」らしい柔軟かつ強固な構造性はここには見られないようです。むしろSimpleな隷書風(!)でStand-Aloneの「藍とくしま」の方が好ましく思えるんですがね。

(続く)

2017年9月 9日 (土)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その191:そでがうらチャンピオンジャージ)

(承前)

今回はゴチャゴチャ言う前にまず、塩崎一族の超変化球、まいりましょう。

千葉県袖ケ浦市
そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2015
チャンピオンジャージデザイン
塩崎栄一
そでがうらチャンピオンジャージ(応募案)

これが塩崎作品!?!?というところにほんと驚きますが、なんやゴチャッとしとるなー。いかにもそれらしい、いかにもありそうなデザインにはなってるけれど、それ以上のものではない。意味レスな装飾の羅列が一概にいかんとは言わないがね。

この自転車競技大会は、ご当地にあるサーキット、袖ケ浦フォレストレースウェイで開催されているもので、主催はサイクルロードレース協会東日本。千葉県船橋市にある株式会社マトリックス船橋事業所が事務局を務めている。
この会社、スポーツショップか何かかと思ったら実は大阪市に本社を置くICタグのメーカーですwobbly。しかし自社サイトには「自転車・陸上競技のタイム計測・入退室管理・フォークリフトの安全対策ならお任せください」とあって、つまりはそういうことなのね。自分のとこで自転車競技の実業団チームも持っているようです。船橋事業所は「イベント事業部」となっていて、こうしたスポーツ大会に縁が深いものと推測される。

で、第3回となる2015年7月開催の大会で各部門優勝者に贈られるチャンピオンジャージの募集がかけられたのは同年4月。ジャージ形のテンプレートファイルが用意されて、さながらぬりえ状態の公募となった。

そでがうらチャンピオンジャージ テンプレート

ところどころに見える「MATRIX」等の文字は初めからお題の中に入っていたもの。

そでがうらチャンピオンジャージ)

結果が発表されたのは翌5月。前面と背面が基本同じ図柄というのもかなり意外だったけど、完成品のジャージの前面には、千葉県「チーバくん」by 坂崎千春(cf. 2015.05.06「Again, Evil Under the Sun: 1」)と袖ケ浦市「ガウラ」の2点のキャラクターまで描き込まれて、一層ゴチャつきましたcoldsweats02

こういうのを見るとつくづく、もはや塩崎栄一もただの公募荒らしに戻っちゃったんだなあと思う。
好き嫌いは人それぞれであるにせよ、類似の問題に対する許容度合いは人によりけりであるにせよ、塩キャラなるものが登場してきた時には、それなりに広く受け入れられる要素を兼ね備えたものだったわけでしょう。その意味でやはりそれはEpoch-Makingだったはず。
それに比べるとね・・・。「デザイン」において作家性が感じられないことは、一般論としてはいけないことではないとツルは思っているけれど。

賞金は最優秀賞が2万円、優秀賞3点が2千円。なんぼなんでも小二枚ってのはないよなー。例えばこんなものを高校で美術部入ってる同級生とか、アートスクール行ってる友達とかに頼む時だって、せめてあと一枚ぐらいは足すでしょうに。

(優秀賞)
勝田竜也(りゅうや)(東京都)
阿部ことみ(神奈川県)
外ノ池広美(神奈川県)

勝田と外ノ池はちょこちょこといろんなところに顔を出しているガイダー(マイナー系中心だけれど)。外ノ池の年齢に着目して検索かけてみると大変面白いですよsmile
一方阿部は自転車競技を中心としたスポーツトレーナーで、かつ合気道歴20年にして柔道整復師の資格もあるらしい。茨城県の自転車競技国体チームにも随行してるそうな。そっち方面絡みの応募だったんだろう。

塩崎一族のこうした鉄人スポーツ系デザインは、【その184】のアジアオリエンテーリング選手権シンボルマーク by 榮一があったし、キャラクターでも【無明の闇(その16)】のチャレンジド・アクアスロン皆生「アクア」や、【無明の闇(その4)】のライフセービング活動普及事業団の候補作品などが見られた。【その2】で取り上げた鹿児島県大島郡天城町「あまぎくん(仮称)」by まさよにも「鉄人達の島」の文字が入っている。
でもやっぱり、一族の得意なジャンルではないと思わされます。塩崎デザインの幼児性やてんこ盛りや丸ブーのユルさって(それすらなくば本作のようなことになる)、心身の限界に挑むようなハード系競技との相性がいかにも悪そうだもん。せいぜい「健康増進のための生涯スポーツ」あたりがその限界じゃないかと。

結局、こうしたごりごりの野外フィールド系Athleticsを能く表し得るデザインの考え方なんて、未だに確立してないということなのかもしれない。そしてそれはひとえにデザインばかりの問題ではなく、そうした競技から人心が少しずつ離れつつある反映でもあるように思われますが、如何。

(続く)

2017年9月 8日 (金)

【覚え書き】東京五輪マスコット公募、1st Stage Cleared!

cf.
2017.02.06〜07「東京五輪マスコット選考について」
2017.03.19「五輪公募狂騒曲、再演迫る」
2017.05.28「東京五輪マスコット公募:戦いの火蓋はすでに」

昨日あたり、ネットに「東京五輪マスコット公募 1,753件が形式要件チェック通過」という記事が載っていた。

8月前半にネット登録のみで受け付けられた応募の総数は2,042件だったというから、かねて予想のとおりと言おうか、エンブレム再公募の14,599点という数字に比して2割以下という水準にとどまった。別に、ゆるキャラブームが去ったから盛り下がってるんでしょと言いたいんじゃない。開かれた公募ではあっても、同時に敷居の高いものでもあったわけだ(そこを批判するものではないが)。
形式要件チェックの通過率は85.8%、これも低い数字だと思える。「制作条件」、かなり厳しかったですからねえ。ハネられた289件の中にどれだけご当地公募ガイダーの作品が入っていたことやらw。

ここでスケジュールを再び並べてみると以下のとおり(cf. 2017.05.28「東京五輪マスコット公募:戦いの火蓋はすでに」)。[ ]内は募集が始まった2017.08.01の更新、{ }内は2017.09.07の更新。

-----
【2017.09.28 追記】
< >内をさらに追加しました。
-----

-----
2017.05.22 応募要項発表

2017.08.01正午〜14正午 デザイン募集 {応募総数 2,042件}

{2017.08.22 形式要件チェック開始}

{2017.09.07 形式要件チェック通過件数発表 1,753件}

[2017.09中旬 約100件に絞り込み] {→ 2017.09.13〜14 関連分野の専門家によるデザイン・プロフィールチェックで約100件 <98件> に絞り込み}

{2017.09.28 マスコット審査会によるデザイン・プロフィール審査で約20件 <16件> に絞り込み}

{2017.10中旬 審査会による2次審査 <10.13 2次審査で最終候補3点程度に絞り込み>}

国内外の商標等調査

2017.12初旬頃 最終候補作品発表(3〜4案程度を想定)

2017.12中旬〜2018.01中旬頃 [→ 2017.12.11〜2018.01.19] {→ 2017.12.11〜2018.01下旬} 全国の小学校でのクラス単位による投票

2018.03中旬頃 [→ 2018.02上旬までに] デザイン発表

2018.07〜08頃 マスコット正式発表(愛称決定後)
-----

8月1日の時事通信記事には「小学生の参画が選考の柱」、朝日新聞には「最も得票数の多い作品を最終決定」と出ていた。

だんだんスケジュールが詳細化されてきてる感じで、デザイン発表は少し早まっている。急がされているんでしょう。逆に小学生投票は直近ではちょびっと延長されたみたいです。

次のステージ、来週の「デザイン・プロフィールチェック」は、おもちゃ、コミック、ゲームなど関連業界の専門家10人で行うこととされており、いよいよ北原照久や鳥嶋和彦や日野晃博の出番ってことですかね?そりゃまだ早いのかな。

デザイン・プロフィールチェックの一部と1次審査は、YouTubeのオリパラ組織委公式アカウントで中継されるらしい。やっぱりプロセスの「見える化」には腐心しているようです。全国のガイダーも固唾を飲んで見守るsmile。(でもアナタ方が選ばれる可能性はゼロに等しい。佐野エンブレム騒動の後でアナタ方のを選んだりしたらどれだけ大炎上するか知れたもんじゃないでしょshockshock。胸に手を置いて考えればすぐにわかるはず。)

しっかしいつの間にか、「あと3年」を切ってたんですねえ。元号も五輪開催時にはもう代わってるのか。

2017年9月 7日 (木)

【番外編の番外編】関西ローカルコピー、むかし話。

(承前)

伊根や伊勢のことを書いてたら、突然30年ほどもフラッシュバックしまして。

♪笑って話せるね
 そのうちにって握手した
 彼のシャツの色が紛れた 人混み

京都に住んでいた学生時代、市内から日本海の方へプチ旅行することは時々あった。ま、艶っぽいのもそうでないのも含めまして。
伊根とか、天橋立とか。たまには足を延ばして福井若狭の三方五湖あたりとか、兵庫の城崎とか。そうだ、城崎旅行の時は、京都に帰ってくる電車の中で、アイドル岡田有希子自殺の報を知ったのだった(1986.04.08)。冬の湯村・香住に蟹&露天風呂豪華旅行に行ったこともあったっけ。

♪夏のバカンスを 胸に秘め
 普通に結婚していくの

そんなわけで友人たちと、「伊根はいーねえ」なんていうご当地キャッチコピーを勝手に作ったりなどして遊んでいました。「ね」にアクセントを置いて高く発音する要領、最後の「え」は一気に低くして。ちっちゃい女の子が関西弁で口にしてる感じ。

くっだらないでしょ(笑)。でも、80年前半のその当時、そうしたレベルの商業コピーは結構本当にあったのだ、関西には。
覚えているのは「イセーよく旅シマしょ」というもので、駅のポスターで見ては脱力してた記憶があるから、近鉄のものだったんだろう。あまりに下らないので、記憶の片隅に押しやられて、あれは幻だったのかというぐらいになってたんですが、調べてみたら紛うことなき現実でした。

1985年 近畿日本鉄道 伊勢志摩キャンペーン ポスター

藤吉久美子サンですよね?画質悪いけどm(__)m。今や太川ルイルイ陽介の嫁。

-----
写真あてクイズ、フォト&絵画コンテスト。
遊ぶ、味わう、得する、ドッキドキイベント。
毎日まいにちお祭りさわぎの美しくに!
もう、フツーの旅なんかできっこナイ。

美しくに 伊勢志摩

イセーよく「旅」シマしょ。
-----

やっぱり恥ずかしいわ(///∇///)。
1985年春のキャンペーンだったんだー(遠い遠い眼)。でも言っとくけど、今見るからハズいのじゃなくて、これは当時から相当赤面ものだったんです。(三重県を「関西」と呼んでしまっていいものかどうかには合理的疑いも残るが。)

♪わたしを許さないで
 憎んでも 覚えてて
 今では痛みだけが
 真心のシルエット

でも、もっとスゴかったのがこれ。

「だから滋賀」

ううう・・・。80年代式キャッチコピーの不出来典型例って感じ。今見ても冗談キツいわ。何のキャンペーンだったか忘れましたが、滋賀県民でなくてよかった、率直に言って。

♪わたしを許さないで
 憎んでも 覚えてて
 今でもあなただけが
 青春のリグレット

ところが、まだまだ上には上が(下には下が?)できていたらしい。

「いちにのさん滋賀」

アホらし。いつ考案されたのかわからないけど、ツルが京都を離れた1987年以降のものでしょう。やる気あんのかっ!!状態。

-----
(2008.03.04 長浜観光協会 清水さんのひとりごとblog)

滋賀ブランド
今朝の朝刊に、昨日の滋賀県議会で嘉田由紀子知事がお話しされた記事が載っていました。
滋賀県を的確に想起する名称やシンボルを統一していくため、新年度からネーミングの研究に取り組む、といった内容です。滋賀県は47都道府県の中でも知名度は下位ですし、影が薄い存在。ですから、滋賀県ブランドを構築しよう、ということなのでしょう。
滋賀、しが、近江、淡海、琵琶湖、びわ湖、びわこ、Mother Lake、マザーレイク・・・・・。部署によって、時と場合によって、本当に滋賀のネーミングはバラバラです。観光のキャッチフレーズだって、「だから滋賀」、「いちにのさん滋賀」などなどコロコロと変わりますし、それは決して小生好みではないと申しましょうか、はっきり言って相応しいと思えません。
嘉田知事さん、ぜひとも滋賀県のイメージ向上とPRにつながるネーミングをお願いします。
-----

そうか。このことはご当地キャラにも言えるわけだね。乱立がイメージ向上にはつながらないってことが。

嘉田は2014年2月、アサヒ飲料幹部の十六茶キャンペーン表敬訪問を受けた際、「うぉーたんはゆるキャラの中でも老舗だが全国的に(知名度の浸透が)遅れた」と嘆いていた(cf. 2014.03.31「最強の悪夢、増殖拡大 PART 3-a」)。
その嘉田も既に同年7月、2期をもって知事職を退いている。今、「滋賀県を的確に想起する名称」とは何なんですかね。

♪笑って話せるの
 それはなんて哀しい
 だって精いっぱい 愛した
 あなたを 愛した

結論。
だから、伊賀は「だから伊賀」なんてことにはならないでネ。

― Inspired by「青春のリグレット」麗美(1984.05.21リリース:作詞・作曲 松任谷由実)―

2017年9月 6日 (水)

【番外編】海に暮らす者として(ふなやん)

(承前)

もそっとついでに「伊」つながりでいくとbleah、京都府北部に伊根という土地もある。けれどもここは平成の大合併を経験しておらず、町章も昭和タイプです。一言で言えば京の田舎ね。
そんなご当地で取り上げるべきはこれでしょう。

京都府与謝郡(よさぐん/よざぐん)伊根町
伊根町観光協会
伊根町マスコットキャラクター
ふなやん
水池俊夫(大阪府羽曳野市:イラストレーター)
ふなやん(応募案)ふなやん(最終版)

い〜〜い感じに塩味効いてるでしょ!初め、てっきり塩崎一族の作品と思った。一見、蔵に見えるけど、[漁船]が入っているから[舟屋]です。[釣竿]盛ってる、いや持ってるのはご愛嬌(よく考えると変かも)。途中で船と舟屋は明るく塗り替えられている。エンジンの位置が中央に変えられたのは、漁師さんたちから物言いがついたんでせうか。

ご当地のシンボルとも言える「舟屋」は、1993年のNHK朝ドラ「ええにょぼ」で全国的知名度を上げた。1階が海からそのまま船を着けられるガレージ、2階が住居となっている独特の家の造りで、これが230軒ほども連なる海岸沿いは、「伊根浦舟屋群/いねうら ふなやぐん」として国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

このキャラで注目したいのは後ろ姿です。舟屋ってたいてい、海側から見た姿で取り上げられる。そりゃそうだよね、道側から見ると普通のおうちになっちゃうから。

ふなやん(背面)

でも、だから、生活視点で「舟屋の背中はごく普通」って明らかにしたところに意味があるんじゃないかと。もっとも、初めから水池が背面を描いていたかどうかはわからず、採用後求めに応じて制作したものかもしれません。
さらに言うと、立ち並ぶ舟屋のイメージから、トリオキャラを想定していた節もある。現在の設定としては、「舟屋が建ち並ぶ伊根湾に住む妖精で、舟屋の数だけ存在する」との由(+_+)。

キャラクターデザインは2010年の10〜11月に募集されて12月に決定されており、翌年3月に着ぐるみがお披露目されることになっていた。さるブログポータルサイトに情報が残っている。

-----
(2011.03.01 まにあ道 抜粋)

〔前略〕

このイラストは町内の小中学生と伊根町を訪問された方々の投票によって選ばれました。いわゆる「事前審査」は行われず、438件の作品すべてから直接選ぶというユニークな投票だったため、各方面で話題となりました。
そして、「ふなやん」の名前は、伊根町民のみなさんからの公募によって名づけられました。もちろん、由来は「舟屋」からきています。発音ですが、イントネーションは一番最初の「ふ」にアクセントをつけるのが正しい呼び方となります。

既にイラストは町役場と観光協会の公式サイトで公表されていますが、着ぐるみは3月12日に堂々公開されます!

「Love and Candle 〜潮風のラブレターズ in 伊根〜」
日時 2011年3月12日(土)16:00〜19:00
場所 道の駅 舟屋の里公園
-----

「話題となりました」はむしろ「波紋を呼びました」ではなかったのかと思いますがね。
イベント名もかなり恥ずかしいです。けれどもこれは行われなかった。

-----
おことわり:東日本大震災の影響により、このイベントは当分の間延期することになりました。
あしからずご了承ください。
-----

北近畿、日本海沿いのここにも、こんな影響があったのか・・・。津波注意報はご当地も含め、全国的に発令されていた。
結局、3月21日の伊根町成人式で初お目見えし、一般向けにデビューしたのは4月3日に行われた震災復興チャリティイベント。

-----
(2011.03.31 まにあ道 抜粋)

2011年3月11日に発生した東北関東大震災では、地震と津波により多くの住民が甚大な被害を受けました。
犠牲になった方々に哀悼の意を表するとともに、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

さて、伊根町民の有志が、避難所生活をされている人たちに何ができないかという強い思いで、ついに立ち上がりました!
今回の被災地の中には漁港が多く含まれており、漁師さんが多い伊根町ではとても他人事には思えません。

そこで地元有志により、義捐金と支援物資を集めるためのチャリティイベントを急きょ、行うことになりました。
町民のみなさん、隣接地域である京丹後市・与謝野町・宮津市・舞鶴市のみなさん、そして丹後地域を訪問予定のみなさん!
是非ともこのイベントにご参加いただき、一緒に被災者への支援と復興への協力を進めましょう!

支援物資については下記のものに限ります。
できるだけ箱単位でお願いいたします。

★缶詰(魚やお肉系の小型のもの)
★カップ付きのスープまたは味噌汁(お湯を注ぐだけで食べられるもの)
★栄養調整食品(クッキー状・ゼリー状のもの)
★缶入りのトマトジュース・野菜ジュース

もちろん義援金での支援も歓迎いたします!

【日時】
平成23年4月3日(日) 午前11時から午後2時まで

【場所】
道の駅「舟屋の里 伊根」

〔後略〕
-----

やはり、あの災害の悲惨さを見せつけられた直後では、舟屋の耐震強度や津波対策は、といったことも役場や漁協で真剣に話し合われたんだろうなあ。
このキャラもまた、誕生して早々から「ご当地キャラの役割」なんて大きく重い問題に正面から向き合ったのだと思います。

2017年9月 5日 (火)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [50](伊勢市章・伊那市章・山ノ内町●・〈上野原市章〉)

(承前)

我ながら悪ノリだけど、伊賀、伊予、伊豆とくりゃ、伊勢も気になる。

意外にもまだ取り上げてませんでした、次点しか(cf. 2013.12.28「さよなら三角、まねしてまん丸 ≪三≫」・2013.12.29「伊勢の罰、薩摩の罪。」)。

三重県伊勢市
市章
谷口かおり(三重県松阪市)
伊勢市章

2005年7月決定時の作者コメントはこう。

-----
[ISE]の文字をモチーフに、伊勢神宮の森や伊勢平野の見渡す青空を[緑色]と[青色]で表現しました。中央の[S]の文字で勢いの良さをアピールし、新市の発展を願いました。
-----

それが現在の市サイトではこうなっている。

-----
[ISE]の文字をモチーフに、神宮の森や伊勢平野を包むように広がる青空と清流、そして、豊潤な伊勢湾を[緑色]と[青色]で表現。中央の[S]で勢いを表すとともに、循環型のまちづくりを基本理念とした都市を象徴しています。
-----

いろいろしがらみがついて回るようでcoldsweats01。どこが伊勢湾になったんですかね?「循環型」を押しているのは、時代の流れというほかに、伊勢神宮(正しくは単に「神宮」である)の20年毎の式年遷宮が念頭にあるんでしょう。

でもなんかこれ、自治体章らしくない。企業のコーポレートマークみたいな感じがする。それってツルの頭が丸ブーに毒されちゃったsweat02からっすか?

伊那もあります。

長野県伊那市
市章
伊澤亮之(30歳:伊那市高遠町:デザイナー)
伊那市章

-----
力強い二つのアルプスは市の飛躍・繁栄を、[桜の花びら]は文化・歴史を、そして中央で交わる[二本のライン]は縦に三峰川、横に天竜川を表し、下に広がる肥沃な大地は輝かしい未来への発展を意味しています。都市像である「二つのアルプスに抱かれた自然共生都市」とともに、将来に向けて躍進する伊那市の姿を表現しています。
-----

わかったようなわからんような。「二つのアルプス」、つまり中央アルプスと南アルプスが街なかから見える(らしい)のがご自慢、ということは理解したけど。「二本のライン」はつまりは空白でしょ。そこで何かを表現するというのは、つまりは形を変えたてんこ盛り礼讃思想ではないの?教えて、(ほんとに)偉い人。

-----
(2006.05.25 伊那毎日新聞)

〔前略〕

選考委員は、識見者(公募作品から5点に絞り込んだ市章候補選定委員)、市議会議員代表ら6人。
選考委員会は非公開で、委員は市章候補選定委員会の経過を聞き、全世帯に配布した住民アンケートの結果を参考にしながら、意見を出し合って1点を決めた。
採用作品は、住民アンケートの結果で2番目に多かったもので、1番多かった作品は「山の鋭利がきつく、バランスがとりにくい」とし、市章候補選定委員会で21点から5点に絞る段階で最も支持を集め、まとまりのあるデザインに落ち着いた。
協議後、小坂市長は「満場一致で決まった。色々な観点から、二つのアルプスや三峰川・天竜川などが表現され、色彩も豊か」と採用理由を述べた。

〔後略〕
-----

よくないねえ、これ。住民人気No.1の作品を落としてNo.2に差し替えたから、ではない。その理由づけとして、「なぜあの(住民アンケートトップの)作品ではダメなのか」を明らかにしただけだからです、しかも主観的に。そもそも「バランスがとりにくい」というケチがつくような作品を候補に突っ込んどいたのはどうなのよ、って気がしてくるしね。市長の言葉は「なぜあれではなくこれ(2位作品)を採用するのか」の客観的な理由としては成立していないと思う。
結果、選考委員の意向と好みを優先させた田舎公募という批判は避けられまい(五輪エンブレム騒動を思い出します)。「満場一致」の一言も、密室選考に充満した胡散臭さを払拭できるものではない。それもこれも、Accountabilityのボタン一つをかけ違ったからやで。

某公募系BBSでも・・・。

-----
406:2006/05/25 11:11
伊那市の市章デザイン決まる
[URL]

407:2006/05/25 12:06
バランスが悪いなー。

408:2006/05/25 12:41
元凶は選考委員会
市民アンケートより自分らの1位を優先
[URL]
(そもそもこの5点にした時点で、バランス感覚がおかしい)

411:2006/05/25 15:11
>>408
まったく!何の為のアンケート?だな。

412:2006/05/25 21:32
どうせアンケート無視するなら1番のにしとけよ。
デザイン的にこれが一番優れていると思う。
作者でも関係者でもないよ。

413:2006/05/25 21:56
>>412
同感 2番を選ぶ市民もどうなのょ
いずれにしても全ての年代でトップにもかかわらず市民の意見は無視・・・
市民は、黙って税金納めてりゃ〜いいってことよ
市章も決まったことだし、今夜は料亭で芸者と打ち上げだ〜! (税金で)
-----

さて。こうした「高原を吹き渡る風」的な気分のものは、長野あたりには多いようです。

長野県下高井郡山ノ内町

(作者不明)
山ノ内町● 山ノ内町●(コピーつき)

町名を示すより、「志賀高原のある町」と言った方が通りがいいだろう。マークの素性や性格などの詳細はわかりませんが、町サイトでごく僅かに使用されているほか、コピー入りバージョンが町勢要覧の表紙になってます。シンボルマークといったとこですかね?因みに町章は1955年制定の昭和タイプ。

で、だ。これ↑がこれ↓に似てること、前々から気になってんだよな。

【2015.12.09「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 1」】
山梨県上野原市
市章
野村和範
〔2005年9月決定〕
上野原市章

-----
美しい自然につつまれ、悠久の歴史と文化を誇る上野原市の[上]をモチーフにしています。市の将来像である「夢と希望あふれる快適発信都市」を表しています。
-----

(優秀賞)
深川重一(大阪府和泉市)
合田さち男(岡山市)

上野原市と山ノ内町、名前も微妙に似とるし(笑)、「歴史と文化」は伊那市でも謳われとったし。ひょっとして同じ作者だったりするの?教えて、(ふつうに)偉い人。

(続く)

2017年9月 4日 (月)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [49](伊豆市章・伊豆の国市章)

(承前)

「伊呂波の伊」のはずのイニシャル[伊]も、実際にはいくつもあるわけで。伊賀、伊予とくれば、伊豆はどうだったろう。

あるんよねえ、しかも二つも。別に似ているわけじゃないんだけど。

静岡県伊豆市
市章
大川伊都美(伊豆市)
伊豆市章

-----
伊豆市の市章のイメージとして、まず頭に浮かんだのは、素晴らしい大自然でした。特に色は限定しませんでしたが、シンボルカラーとして、[緑と青の中間色]を提案しました。緑は山を、青は土肥の海をそれぞれ象徴し、山と海の融合色は新生伊豆市にふさわしいと思います。
-----

時は2004年6月、平成大合併のピーク直前あたり、所は伊豆半島中北部、修善寺・湯ヶ島界隈。
あのさぁ。アナタが色を決めなかったら、一体誰が決めるわけ?

そして北隣の自治体でも2005年2月に。

静岡県伊豆の国市
市章
大川伊都美(58歳:静岡県伊豆市:建築士)
伊豆の国市章

なんと、同じ作者だったとはsign03恐るべし、ジモティ応募。

-----
市を上空から俯瞰した景観を、歴史上縁の深い北条氏の紋所である[三つ鱗]と抽象化した[伊豆半島]、蛇行する[狩野川]をモチーフに表現しています。
-----

まずいなあ、これ。絵面を見ただけではわからないけれど、コメントを読むとある意味慄然とする。

〔伊豆市〕
伊豆市

〔伊豆の国市〕
伊豆の国市

伊豆半島の根元の一部分を占めてるだけじゃねーかよpoutthunder。僣越である。
建築士だという大川は、伊豆市章の設計においては市の位置と形をかなり正確に割り出していた(このデザインの問題点はむしろ、そうすることから生じた「鼻持ちのならなさ」だと思う)。伊豆の国市章でも同様の認識は働いていたろう。それでもってこれがご当地を「上空から俯瞰した」姿なわけ??

(優秀賞)
梶山良一(43歳:静岡市:農業)
影井直子(39歳:神奈川県横浜市:主婦)
工藤ハツネ(67歳:青森県弘前市:自営業)
阿部喜明(33歳:福岡市:デザイナー)

(ジュニアグラフィックデザイン賞;伊豆長岡町・韮山町・大仁町の小中学生対象:副賞なし)
(小学生の部)
三枝結実(12歳:韮山小学校6年)
平野正浩(10歳:韮山南小学校)
荒木結衣(10歳:韮山南小学校)
竹内温子(12歳:大仁小学校)
南家(なんけ)諒太(9歳:韮山南小学校)※2点

(中学生の部)
古屋綾美(14歳:大仁中学校)
土屋充代(15歳:大仁中学校3年)
及川 秋(14歳:大仁中学校)
吉村成央(15歳:韮山中学校3年)
花村俊也(14歳:韮山中学校3年)
佐藤大輔(12歳:韮山中学校1年)
村瀬弘祐(14歳:韮山中学校)

ここでご当地一帯の合併の概要をまとめておきますと。
もともと田方郡の(函南町(かんなみちょう)を除く)5町1村、つまり修善寺町・土肥町(といちょう)・天城湯ヶ島町・中伊豆町・大仁町(おおひとちょう)・戸田村(へだむら)で「修善寺市」を形成する計画があったところ、いろいろ大人の事情があって;

修善寺町・土肥町・天城湯ヶ島町・中伊豆町は2004.04.01に新設合併して伊豆市となった一方、

協議を脱退した大仁町は2005.04.01に同じ田方郡の伊豆長岡町・韮山町と新設合併し、周囲の反対を押し切って伊豆の国市という名前になり、

同じく離脱した戸田村は2005.04.01に沼津市に編入合併されるという道を選んだ。

で、伊豆市章は合併後の2004年6月決定、伊豆の国市章は合併前の2005年2月決定という経緯。沼津市章は昭和の時代から変更されてません。

そもそも僣称という意味では、「伊豆の国市」という名称自体がそうかもしれない。立場を変えれば、早い者勝ちとばかりに「伊豆市」の名前を分獲っちゃった自治体だってワルモノでしょうが。

下らない名前が隣り合った例と言えば、埼玉県の富士見市とふじみ野市(cf. 2013.07.08「類似って何なんだっけ:下」)が挙げられよう。埼玉で富士山!どんだけ非日常なんだよ。これらの名を冠する限り、東京や神奈川その他からは永久に馬鹿にされることであろうよ(傲然)。ついでに言えば、「何百キロ離れた○○市から富士山が見えました!!」なんてニュースは、静岡や山梨では歯牙にもかけていまい。

でも、その富士のお山のお膝元でもおんなじことが起こっていたという。

(続く)

2017年9月 3日 (日)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [48](伊賀市章・〈多気町章〉・伊予市章)

(承前)

さて、そろそろまた自治体章Subseries、いきましょうか。「煮詰まっちゃったオーラ」とか、[盆踊り系丸ブー]ってとこまで書いてたっすね。盆踊りをそれほど虚仮にするわけではないけれど、いずれの自治体章も「品」というものを感じられんのだわ。

♪はァーーーア
 丸ぅーへぇぇぇ ブーメランへぇぇとォ
 草木もなびくヨ

三重県伊賀市
市章
信貴正明(41歳:新潟県燕市)
伊賀市章1 伊賀市章2)

また三重県かいな・・・。ご当地は2004年11月に上野市、阿山郡の伊賀町・阿山町・島ヶ原村・大山田村、名賀郡(ながぐん)の青山町の6市町村が新設合併したところ。旧自治体のうち市ではなく町の名前を引き継いだ例は時たまあるな・・・。福岡県朝倉市もそうだったっけ(甘木市 + 朝倉町 + 杷木町 → 朝倉市;cf. 2015.12.09「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 1」・2017.08.07「淀みに浮かぶ泡沫の如く且つ消え且つ結びて:南の帖」)。
市章は同年9月の決定だけれども、今なお市サイトには相当色合いの違う2種類が見られます(なぜだかわかりませんが)。多分、淡色の方が先にできたものと思われる。

-----
[伊]の文字をモチーフにし、山々に囲まれた自然豊かな市のイメージと未来へ向かい躍動する市民の姿を表現しました。[グリーン]は市の自然、[ブルー]は過去から未来へと続く歴史を表し、それらとともに人が輝く、地域が輝く、住み良さが実感できる自立と共生のまち、伊賀市をシンボライズしました。
-----

(優秀賞)
岩下ミホ(東京都新宿区)
河野 通(大阪府堺市)
長澤幸子(岩手県盛岡市)
服部成行&近藤里奈(愛知県名古屋市)(合作)

同じ三重県のこの町↓とタメを張る、見事なまでの盆踊りっぷりです。

【2017.08.20「丸ブーtyphoon艶競べheart [47]」】
三重県多気郡多気町
町章
立志哲洋
〔2005年8月決定〕
多気町章

これだから時々信貴と立志がごっちゃになっちゃう。伊賀市章には2,440点、多気町章にも1,149点の応募があったというから昔日の感がありますな。

信貴は2005年2月、こんなものにも選ばれている。伊賀は居よいか、伊予は居よいか。

愛媛県伊予市
市章
信貴正明(41歳:新潟県)
伊予市章

-----
[い]、[よ]の文字をモチーフに豊かな緑や海などの自然や太陽、人々が未来へ躍動する姿を[無限大∞]のフォルムに重ね合わせて表現。「ひと・まち・自然が出会う郷」新伊予市がさらに発展、飛躍していく姿をシンボライズしました。
-----

んまあ!∞は須賀裕明の専売特許と思うていたに。
こうした赤丸つきのブーメランを選んだ自治体に「田舎みかん市」の称号を与える向きもあったようですが、それではりんご農家の工藤和久センセにいささか失礼というものですわ。

講評がまたすんげえテンプレで。

-----
この作品は、全体を囲む線がリボンが流れるようなリズムを感じさせ、躍動感がある。また、その形は[無限大∞]とともに新伊予市の地形もイメージさせて、輝く未来へと向かう勢いのあるデザインである。山、海、太陽のイメージも分かりやすく、モノクロにした場合にもトーンに変化があり、楽しいデザインとなっている。
-----

まさかの「作者コメント鸚鵡返し」とは小癪な真似を。

(優秀賞)
北野公一(60歳:和歌山県)
田中博士(48歳:愛知県)
中島 厚(73歳:群馬県)
長澤竹四郎(68歳:岩手県)

因みに、北野は[い]、田中は[伊]、中島は[i]、長澤は[イヨ]がモチーフ。出揃ったねーwink
しかしスゴいのはむしろ特別賞の講評です。

森 直衛(84歳:宮城県)

-----
この方は、84歳の高齢(応募者全員の中で最高齢)にもかかわらず、11点もの作品を送付して下さった。それぞれのデザインもしっかりとした意図を持って考えられたもので、着色もていねいである。
-----

大西美沙希(11歳:伊予市)

-----
この作品は、伊予市在住の小学5年生の女の子が、伊予市の[灯台]を外枠にし、中に双海町の海、中山町の山を入れ、3市町が1つになったイメージのデザインである。
-----

村上祐太(18歳:松山市)

-----
この作品は、[イヨ]という文字を形に取り入れ、全体として、まとまりのある作品になっている。形は人の顔にも見え、ユーモラスな楽しさも感じられる。パソコンを用いた応募作品が多い中、高校生ながら、マスキングをして彩色しており、その仕事の正確さは、評価に値する。
-----

だから、それが何なのだ。

「蝶」のモチーフを多用して「マダム・バタフライ」と渾名された森 英絵(1926.01.08〜)が大昔、「どんなファッションデザイナーでもいつかは、縫製がしっかりしているとか刺繍が綺麗とか、そんなことでしか評価されない時期が来てしまう。でもファッションとはそんなことではなく、思いや夢を世に送り出していく仕事だ。自分にとってはそれを託せるものが、幼い頃郷里の島根の野原で遊んでいた時に周りを飛んでいたちょうちょだった」と語っていて、感じ入ったことがある。あの辟易する蝶の乱舞にもちゃんと意味はあったわけです。
上記の講評にはこのわかりやすさも、デザインの根底に流れている(はずの)思いへの共感も表されていない。ご当地公募は素人相手だと鼻で笑う前に、素人から嗤われることを意識すべきであったろう。

(続く)

2017年9月 2日 (土)

もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その20:パープルタウンキャラ)

(承前)

またいつの間にか3ヵ月以上も間が空いてしまった「無明の闇」Subseriesですが。

鳥取県倉吉市
ショッピングセンター パープルタウン
オリジナルキャラクター
(お客様人気投票第2位)
(作者不明)
パープルタウンキャラ

-----
里見八犬伝の[犬]をモチーフに特産品の[梨]と、パープルタウンの外観をイメージした[帽子]をかぶっています。パープルタウンでお買物することが大好き!
-----

作者コメントにVariationをつけると、「パープルタウンでお買物がしたくてしようがない。」となりますww。
江戸後期の曲亭馬琴の書いたFantasy Saga「南総里見八犬伝」の舞台と言えばまずは関東の安房国なのに、なぜご当地がこのお話で町興しを図るかというと(倉吉市でも八犬伝ネタの犬キャラ「くらすけくん」を保有する)、安房の館山城主だった里見忠義が転封・減封の末に倉吉で没した(享年29歳)から。悲劇の君主に殉じた八人の家臣は八賢士と称えられ、八犬伝の「八犬士」のモデルになったとも伝わる由。

俄仕込みの蘊蓄はそのくらいにしてだ。
この公募、「自作かつ未発表のもので、応募者本人のオリジナルに限ります」と明示され、つまり家族間での借名取引も禁じられていた(ただし「応募者本人の」の趣旨がきちんと伝わったかどうか、名義借りをきちんとチェックしたかどうかは定かでないが)。「採用作品発表まで、作品を他に応募したり、各種媒体に掲載しないでください」と釘を刺したのも上出来。応募手段は「郵送」と「持参」と「メール」のフルセットで認められていた。ご当地公募の陥りやすい欠点を避ける工夫は一応取られていたと認められるんですね。しかし。

なんかねえ、軽ぅい悪意みたいなものを感じるんだよね。結果が発表されたのは2016.11.23(こりんごさま、取り上げるのが遅くなってスミマセン)、対して次のキャラのデザイン発表が2016.11.06。

【2017.02.18「変わるはずのないものもいつしか・・・?」】
群馬県高崎市
イオンモール高崎
公式キャラクター
にゃんたか
井口やすひさ
にゃんたか(最終版)

片やパープルタウンは創業35周年記念、片やイオンモール高崎は開業10周年記念。因みに募集期間は前者が2016.06.23〜08.20、後者が2016.09〜10.20である。来店客対象に人気投票をかけたのも同じ。はあぁ。まさに同じ穴の鼬と貉である(いや、[イヌ]と[ネコ]ですがね)。
[店舗建物]を頭に乗っけることは握ってらしたんですか!?榮一センセ、靖久センセ?

それに、塩キャラとしては言うまでもなくこの流れを汲むものですな。

【その190】
熊本県
熊本県総合保健センター
マスコットキャラクター
そうほくん
佐藤優子
〔2013年3月決定〕
そうほくん

【その133】
北海道古平郡古平町
古平町商工会
マスコットキャラクター
ふるっぴ〜
塩崎歩美
〔2014年11月決定〕
ふるっぴ〜

【その188】
社労士成年後見センター東京
マスコットキャラクター
(入賞)
塩崎榮一
〔2016年12月発表〕
社労士成年後見センター東京 キャラクター

いっそ八犬士狙いで八匹作りゃよかったのに、「わんこきょうだい」みたく(そちらの「わんこ」は犬ではなく「椀コ」であるが)。

【2017.07.29「わたしの好きなブラックキャラ」】
岩手県
岩手県空港利用促進協議会
マスコットキャラクター
たいわんこきょうだい
オガサワラユウダイ
たいわんこきょうだい

全部おんなじ顔で盛りアイテムだけ取り換えるっての、塩崎家お家芸でしょ。

因みに採用されたのは、NHKの「どーもくん」を紫の「P」字形にした風情の「ぱぅたん」by 馬野福子(鳥取県東伯郡三朝町)。

おまけ。
倉吉駅にほど近いこのパープルタウン、愛称「パータン」がオープンしたのは1981.11.28。テーマソングは前年にリリースされたばかりの八神純子「パープルタウン」だった。

♪ぱーぽーたーん ぱーぽぉたーん
 すばらしいあさに ふぅっふっふぅ
 ぱーぽーたーん ぱーぽぉたーん
 つばさひろげて ふぅっふっふぅ
 ニュ〜〜〜うぅヨぉ〜ク
 あいするきもちを よびさますまちね
 ニュ〜〜〜うヨぉ〜ク
 むらさきにけむるぅぅ〜 よあけぇ〜〜〜

当時、ご当地のお隣りにはハワイがあった(東伯郡羽合町;2004.10.01から東伯郡湯梨浜町)。でもニューヨークはなかったと思うよbleah
思えばこの曲も結局パクりを認めたんだよなあ、裁判沙汰の末に。後から付け加えられた長たらしいSubtitleとCreditがその辺の事情を物語る。

― Inspired by「パープルタウン 〜You Oughta Know by Now〜」八神純子(1980.07.21リリース:作詞 三浦徳子:作曲 八神純子・Ray Kennedy・Jack Conrad・David Foster)―

2017年9月 1日 (金)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その190:そうほくん)

(承前)

家政士の次は社労士、社労士の次は保健師、というわけでもないのですけれども、とにかく今回の本編も[イヌ]ネタです。

もう4年も前、2013年3月に熊本でこんな塩キャラが決定されていた。

熊本県
熊本県総合保健センター
マスコットキャラクター
そうほくん
佐藤優子(大阪市:グラフィックデザイナー)
そうほくん

うわぁ・・・。激しい既視感coldsweats01。[イヌ]キャラって最近の塩崎家のお家芸ですかね、取り敢えず。
実はあの「ふるっぴ〜」↓より先輩やったんや。お腹の模様はもちろん同センターのシンボルマーク。

【その133】
北海道古平郡古平町
古平町商工会
マスコットキャラクター
ふるっぴ〜
塩崎歩美
〔2014年11月決定〕
ふるっぴ〜

ほれ、[白い眉]でしょ、これも。それでもう十分。佐藤姓だけれど真正塩キャラ認定です。

そしてこれにつながっていくわけだ。

【その188】
東京都千代田区
一般社団法人 社労士成年後見センター東京
マスコットキャラクター
(入賞)
塩崎榮一
〔2016年12月発表〕
社労士成年後見センター東京 キャラクター

「そうほくん」がなんでイヌキャラなのかというとですね・・・・・、それは同センターサイトに、「保健」→「ほ犬」なのだと書いてある。海山 幸かと思うたばい、その駄ジャレセンス。こっちが赤面します。

前に社労士成年後見センター東京のところで;

-----
「後見」→「こう犬」なんだろう、きっと。あー、くっだらね。今に「秋田県」やら「中部経済圏」やら「医科研」だのも(さしずめイカをかぶったイヌかしら)みんなそうなってしまうことであろうよ(大伏線)。
-----

と書いたのは、こういうことだったんですbleah

佐藤優子の名義で発表されたものは、今まで1点しか見つかっていなかった。

【その158】
近畿6府県 共同募金会
第67回赤い羽根共同募金 2013年記念バッジ
佐藤優子(大阪府)
近畿赤い羽根共同募金バッジ2013

-----
[白い子鳩]が笑顔で[赤い羽根]を抱いています。
私達が平和で安定した生活を送れることは有難い。少しでも、恵まれない方々を心から応援したいものです。
-----

それでも「佐藤優子」を塩崎一族と判断していたのは、デザイン上の観点ではなく、文体上の特徴(「〜したいものです」)があったから、そして同じ公募の年度違いに「福添ゆういち」という、やはり塩崎一族の別名義と見なせる作者の入賞があったからです。が、それでも根拠としてはちぃと薄弱なのが気になってました。でもここへ来て作風のEvidenceを得、この鑑定は誤っていなかったと意を強くした次第。

因みに、本公募の次点には「青森県在住の工藤様の作品、当センター職員の2点が選ばれました」とあるので、前者は和久のことでしょう、きっと。後者も平気で内部者を選んでくるあたり、やはり田舎公募と断じるしかありません、ツルとしては。

(続く)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想