艶競べ [57](佐久市章・横手市章)" /> 艶競べ [56](あきる野市章・那賀町章) - 空中庭園@下丸子" /> 艶競べ [56](あきる野市章・那賀町章) - 空中庭園@下丸子" />

« 【番外編】ふにゃふにゃのおまけ(自衛隊家族会) | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [57](佐久市章・横手市章) »

2017年10月27日 (金)

【対決編】丸ブー艶競べ [56](あきる野市章・那賀町章)

(承前)

今回のテーマは、「すごく変なカタチ」です。2つほど狙い撃ち。

東京都あきる野市
市章
あきる野市章

-----
あきる野市の頭文字[A]と[木の葉]をモチーフに、人と緑の共生する姿と未来に向けて発展するあきる野を象徴しています。また、色はそれぞれ、[青]は澄んだ水と空気を、[赤]は市民の情熱とエネルギーを、[緑]は豊かな自然を表現しています。
-----

東京都のかなーり西の方にあるご当地は、平成の大合併旋風より約10年前、1995年9月に秋川市と西多摩郡五日市町が新設合併したところで、その後「先進事例」としていろんなところの合併協議会で引き合いに出された。因みに昔漢字では「秋留」「阿伎留」と書いたらしい。この市章が制定されたのは合併後1年ほど経ってから、1996年11月のことです。作者はわかりませんでした。

「伸びゆく」感、受けないんだよねー、このフォルムから。どっちかっちゃあ萎れ感ネ。Wikipediaのあきる野市の項では[木の葉]部分がスムーズな曲線で描かれているけど、オリジナルはそうではない、明らかに。

2つめはこれ。

徳島県那賀郡那賀町
町章
浅野泰弘(徳島県板野郡藍住町)
那賀町章

-----
那賀町のイニシャル[n]をモチーフにデザイン化。[青]と[緑]の図形は、大和川に囲まれた自然豊かな那賀町を表している。全体の躍動感と[赤い楕円]は、新しい「那賀町」の未来へ向かっての活力ある飛躍・発展を象徴している。
-----

うーん、これとて「躍動しようとしてへたり込んだ頭でっかち」にしか見えんのよ。

-----
五町村が合併して誕生する新しい「那賀町」の町章に、この度私の作品が採用されましたこと、たいへんうれしく思います。この作品は、自然豊かな丹生谷の山々と那賀川の清流をイメージしてデザインし、出品作品3点の中で最も自信のあった作品です。
私の日頃のデザイン活動は「限られた条件の中で常に地域に密着した地方色豊かなデザイン創りと、いつまでも生活の中に生き続けるデザイン」を心掛けて制作しています。35年余のデザイン活動の中でまた一つ新しく「那賀町」の町章が末永く生活の中に生き続けるだろうと考えると感無量です。社用で2カ月に1回鷲敷、相生両町に寄せてもらっていますが、また新たなご縁ができましたことを心より喜んでいます。
今後、町章がたくさんの場面に活用されることを願って、那賀町の限りない飛躍・発展と町民の皆様方の御多幸をお祈り申し上げ、お礼の言葉にかえさせていただきます。
-----

フーン。てことは浅野はデザインを生業としているのであるな。これが一番自信があったのか・・・

(優秀賞)
井口やすひさ(東京都)
松岡英男(山形県)
堀江 豊(広島県)
森 直衛(宮城県)

ああ、そういうことだったのね。ああいやいや
2005年3月、那賀郡の鷲敷町(わじきちょう)・相生町・上那賀町・木沢村(きさわそん)・木頭村(きとうそん)が新設合併したところですが、いずれにせよこの作品で作者が「地方色豊か」だと思う理由はわかりませんすみません。

「丹生谷」は、ツルの大学の先輩に「にゅうのや」さんという女性がいたので得意になってそう書こうとしていたら、ご当地は「にゅうだに」と読むそうです。他にも「にうや/にぶや/にぶのや/においたに/におのや/たんせいや/たんおや/たおや」など様々な読み方があるらしい。そのどれもが一級の難読という(笑)。

(続く)

« 【番外編】ふにゃふにゃのおまけ(自衛隊家族会) | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [57](佐久市章・横手市章) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【対決編】丸ブー艶競べ [56](あきる野市章・那賀町章):

« 【番外編】ふにゃふにゃのおまけ(自衛隊家族会) | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [57](佐久市章・横手市章) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想