艶競べ [59](調布市シンボルマーク・〈筑前町章〉・有田町章)前編" />

« 【番外編】Wildest Coincidence!!(菊芋ヤーコン統一ロゴ) | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [59](調布市シンボルマーク・〈筑前町章〉・有田町章)前編 »

2017年11月30日 (木)

もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その21:SAIL OSAKA '97)

(承前)

長く長く続けてきた本Seriesもそろそろ先が見えてきて、めでたく来月には、ちゅうか本年中には何とか終わらせられそうなメドがついてきました。まっ、塩崎一族も稀代の「キャラクターデザイナー」から一介の「グラフィックデザイナー」に戻った感じだし。お互いやり尽くしたと言おうか^^;。

そんなこんなで、いよいよ残り僅かとなった塩崎在庫から、今回はやや変化球、というより素性の知れない闇球をば。

大阪市
SAIL OSAKA '97
香港/沖縄/鹿児島/大阪 国際帆船レース
シンボルマーク?
(作者不明)
SAIL OSAKA '97 ポスター SAIL OSAKA '97 Tシャツ

本seriesを書き始めた頃、ネットのどこかに栄一作品として載っていた気がする、というレベルのいささか頼りない記憶。その後、画像も情報も見つからなくなっちゃった。だから詳細は一切わかりません(T-T)、公募だったかどうかも含めて。5年の月日ってそういうことね(20年とも言えるが)。

と思ってたら、再発見しました!
某公募系BBSに;

-----
64:2009/01/12 14:51
塩崎栄○は親娘で、もうわかっちゃいるけど確信犯
[URL]

小さくて見づらいけど、左上の写真
http://web1.kcn.jp/b...o/tenpou/hansen.html

帆船部分を、大阪の小島さんの作品から模倣
-----

とあったんです。

「大阪の小島さん」と言えば、鹿児島県いちき串木野市章公募で三重県伊勢市章公募との重複応募がバレて広報失格になった、小島貞彦(大阪府高槻市)のことであろう(cf. 2017.01.26「大御所の罪:その4」)。嗚呼、仁義なきパクり合いの世界。

実は、2種類のバリエーションがあったんだよな、このマーク。ポスターやTシャツになっているこちらがスタンダード版ということになるのだろうけれども;

SAIL OSAKA '97

こちら↓はディテール版とでも理解すりゃいいのかしらん??

SAIL OSAKA '97 (2)

替紋みたいなもんかね(ちょっと違うか)。

[帆船]、[太陽]、[カモメ(?)]、そしてロゴタイプ、いずれも少しずつデザインが違ってます。言われなければ杜多利香作品とでも受け取りそうだ。

【2016.09.05「ガイダーの目を盗んで ―― Return of Amateurs」】
石川県輪島市門前町
總持寺周辺地区まちづくり協議会
總持寺周辺地区シンボルマーク・ロゴ
杜多利香
〔2006年4月発表〕
總持寺周辺地区シンボルマーク・ロゴ

残念ながら(笑)、SAIL OSAKAの方が10年ほども先ですけど。世の中うまくいかないものだねえ。まっ、栄一センセだって(ホントにアナタの作品よねえ??)20年前の作品を今さらあげつらわれても困るでしょうけど、ツルとしてはこれが一族作品ならその価値は一応認めてあげるわ。テンプレメソッドに走る前の「未完成塩崎モデル」であったにせよ、いや、そのゆえに。(帆船レースで帆船描いただけじゃん、と言われればそれまでだが。)

このイベント、アジアで初の国際帆船レースだったらしい。

-----
(1996.12.24 Kansai Window Vol.3 No.119)

来春の香港/大阪帆船レース、18ヵ国・地域から60隻が参加

大阪市は12日、大阪港築港100周年を記念して来年3月から開く「SAIL OSAKA '97 香港/大阪国際帆船レース」に、18の国と地域から計60隻の帆船が参加すると発表した。大型帆船のクラスAには、アルゼンチンの「リベルタ」、ロシアの「ナジェジュダ」、コロンビアの「グロリア」、ポーランドの「ダル・モジェジィ」、日本の「日本丸」など計11隻が参加。レースは来年3月28日に香港を出港、沖縄、鹿児島に寄港しながら大阪までの総距離約2,700キロを約1ヵ月かけて航行。4月29日には参加したすべての船が阪南港沖から大阪港までパレードする。
-----

大阪市もこの頃はお金があったんだなあ。「あこがれ」という名の練習帆船まで持っていたそうな。今や見る影もないけれど。

♪大阪の海は 悲しい色やね
 さよならをみんな ここに捨てに 来るから

ただ、ほんとにすごいと思うのは、この時に集まった市民ボランティア有志が、20年後の今でも「大阪帆船と国際交流の会/Sail & International of Osaka/SAIL 'O'」として地道な活動を続けているという事実。客船入港時の歓迎活動やスポーツイベントのサポートを行っているそうな。SAIL OSAKA '97の後で加わった人もいるらしい。

2020年の東京五輪でもボランティアは大規模に組織されるけど、それが例えば20年先、30年先にも活動を続けていられるだろうか。ツルはその頃にはもう生きていまいが。(「塩崎榮一」は姿を変え名前を変えて生き残っているかもしれないけれど。)

― Inspired by「悲しい色やね 〜 OSAKA BAY BLUES」上田正樹(1982.10.21リリース)―

(あと少しだけ、続く)

« 【番外編】Wildest Coincidence!!(菊芋ヤーコン統一ロゴ) | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [59](調布市シンボルマーク・〈筑前町章〉・有田町章)前編 »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その21:SAIL OSAKA '97):

« 【番外編】Wildest Coincidence!!(菊芋ヤーコン統一ロゴ) | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [59](調布市シンボルマーク・〈筑前町章〉・有田町章)前編 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想