艶競べ [58](白井市シンボルマーク・千曲市章・木曽町章・串本町章)" />

« 【対決編】丸ブー艶競べ [58](白井市シンボルマーク・千曲市章・木曽町章・串本町章) | トップページ | 【番外編】Dual Oval, Double-Crossers(びわこ文化公園都市) »

2017年11月23日 (木)

【番外編】能書きも筆書きもテンプレ(海上保安制度60周年・JA利根沼田・和泉市60周年・中間市ロゴマーク)

公募ガイダーも、常連・大御所になればなるほど老獪な使い回しが多くなることは、これまでもさんざん述べ立ててきたわけですが、驚くべきことをまた一つ発見しました。まあ、まずは何も言わずに見て下さい。

海上保安庁
海上保安制度創設60周年 記念シンボルマーク
井口やすひさ(東京都)
海上保安制度60周年

-----
創設60周年の[60]をモチーフに、海、[日の丸]と海上保安庁イメージキャラクター[うみまる]、[うーみん]を配置し、海上保安庁の歴史を力強くデザイン化。
国民から親しまれ、愛され、信頼・安心される海上保安庁を表現するとともに、海上保安制度創設60周年を機に未来へ向けて更なる飛躍を遂げる海上保安庁の勇姿をアピールしています。
-----

いきなり国家モノっす。2008年5月に60周年を迎えたそうだから、創設は敗戦の3年後だったことになる。そう、70年ほども昔の話です。
キャラクターはなぜか[タテゴトアザラシ]で、「うみまる」は50周年時に制定され、その後「うーみん」が妹として作られた。
で、マークは2007年12月に発表されたもの。そう、10年も前の話ですが、何か?(伏線)

群馬県沼田市
JA利根沼田(利根沼田農業協同組合)
ロゴマーク
井口やすひさ(群馬県高崎市)
JA利根沼田

-----
全体の形は、利根沼田のローマ字頭文字[TN]をモチーフに、新鮮な[双葉]を表し、農業協同組合の貴重な歴史や風土、生産実績等のあらゆる情報交流発信地の“絆”と役割をイメージデザイン化し、組合員や消費者に親しまれ、安心・信頼され、心豊かな自然に抱かれたやさしい地域社会と生き活き共生し、20周年の節目を機に未来へ向けて更なる発展・繁栄する明るい元気な活気にあふれる「JA利根沼田」の姿をアピールしています。
-----

毎度おなじみ、「あらゆる情報交流発信地」「安心・信頼」「生き活き共生」「更なる発展・繁栄」のPerfect能書きSuiteがご愛嬌。2012年10月に制定されたもので(つまり本Seriesを書き始めたのと同じ頃である)、合併20周年祝賀会で行われた表彰には、お膝元の群馬県内のこととて夫婦打ち揃って出席している。賞金、10万円。

ここの20周年とは;

-----
(2012.12 JA利根沼田広報誌「夢ing(ドリーミング)」 Vol.248)

JA利根沼田は平成4年3月1日に、10JAと1連合会が団結して発足し、今年20周年の節目の年を迎えることができました。
当時、県内第1号の広域合併JAの誕生に、JAグループや行政機関などからも注目され、熱い視線と期待、祝福を受けました。
-----

ということで、1992年当時の(旧)沼田市と利根郡の水上町・月夜野町・新治村(にいはるむら)・川場村・昭和村のJAが合併対象だったようです(その後、利根郡片品村のJAとも2010年3月に合併)。
なので、平成大合併で2005年10月に水上町・月夜野町・新治村が新設合併してみなかみ町となるよりも、同年2月に(旧)沼田市が利根郡の利根村・白沢村(しらさわむら)を編入合併するよりも、一回り以上前のことになる。自治体合併に先鞭をつけた形。

ま、いずれにしろ現在の沼田市は突拍子もないカタチになっとります。駆け引きは様々あったんでしょう。

群馬県沼田市

沼田市のHのくびれの上の三角が川場村、その左上の広い部分がみなかみ町、右上が片品村、くびれの下の三角が昭和村。「昭和」、平成大合併でも生き残ったのネ。(昭和と言えば、山梨県中巨摩郡昭和町(なかこまぐん しょうわちょう)も存続してます、秋田県南秋田郡昭和町(しょうわまち)は消滅して潟上市(かたがみし)の一部となってますが。)
この全ての地域を一つのJAでカバーしてるわけ。代表理事組合長はある意味沼田市長なんかより偉いのかもww。

大阪府和泉市
和泉市制施行60周年 ロゴマーク
井口靖久(70歳:群馬県高崎市:デザイナー)
和泉市60周年

これは2016年2月に次のデザインとともに決定された。

〔スローガンフォント〕
高橋里志(53歳:和泉市:自営業:ロゴヒット グラフィックス 代表)

公募のテーマは「萌えます いずみ 〜新たなパワーが芽生える躍進の和泉市〜」・・・ヤレヤレ┐( ̄ヘ ̄)┌。
ロゴマークは41点(うち市内8点)、スローガンフォントは11点(同 2点)の応募だったのに対し、審査は「市職員、市内各種団体、公募市民」の計85人に上ったとなむ。船頭多くして船 陸になんとやら。

因みに左上に見えてるのは仏ブルボン王家の象徴fleur-de-lis、ではなくて[泉]を図案化した市章です。前回のこれにもあったパターンね。

千葉県白井市
シンボルマーク
(作者不明)
〔1999年12月制定〕
白井市シンボルマーク

そして2017年、つまり今年の5月12日発表のこれに至る。

福岡県中間市
ロゴマーク
井口やすひさ(73歳:群馬県高崎市:デザイナー)
中間市ロゴマーク

ご当地では発表10日前の5月2日、現職市長 松下俊男が任期満了を目前にして病死しており(従って表彰式は副市長 後藤哲治により執り行われた)、そのせいもあってか活用はあまりされていないようです。

同時に選ばれたのは;

〔キャッチコピー〕
水野文乃(30歳:中間市:主婦)
「ちょうどいい生活宣言都市 なかま」

で、ロゴマークに添えられていた「人々は皆んな、なかま。」のフレーズは実際には使われていない。やれやれ、そりゃそうだろうな、Localityもないし、送り仮名も妙ちくりんだし。

さて、言いたいことはおわかりですかね?[かすれ]が共通している点?? Definitely NO!!
そうではなくって、その[かすれ]のパターンが全部同じなんです。つまり型紙があったのだ(x_x)(x_x)(x_x)。それを10年来、使い回してるってこと。まさかのことで、ツルも長いこと気がつきませなんだ。
いくらデジタル制作とは言え、それはツルにとっては愕然とする事実。美も醜も嘘も真もDetailにおはします。デザイナーがそういうところを面倒臭がってんじゃねえよと思うけど、ガイダー業界ではこんなのも常識なの??教えてよ、やすひさセンセ、えいいちセンセ。

« 【対決編】丸ブー艶競べ [58](白井市シンボルマーク・千曲市章・木曽町章・串本町章) | トップページ | 【番外編】Dual Oval, Double-Crossers(びわこ文化公園都市) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【対決編】丸ブー艶競べ [58](白井市シンボルマーク・千曲市章・木曽町章・串本町章) | トップページ | 【番外編】Dual Oval, Double-Crossers(びわこ文化公園都市) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想