« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その21:SAIL OSAKA '97)

(承前)

長く長く続けてきた本Seriesもそろそろ先が見えてきて、めでたく来月には、ちゅうか本年中には何とか終わらせられそうなメドがついてきました。まっ、塩崎一族も稀代の「キャラクターデザイナー」から一介の「グラフィックデザイナー」に戻った感じだし。お互いやり尽くしたと言おうか^^;。

そんなこんなで、いよいよ残り僅かとなった塩崎在庫から、今回はやや変化球、というより素性の知れない闇球をば。

大阪市
SAIL OSAKA '97
香港/沖縄/鹿児島/大阪 国際帆船レース
シンボルマーク?
(作者不明)
SAIL OSAKA '97 ポスター SAIL OSAKA '97 Tシャツ

本seriesを書き始めた頃、ネットのどこかに栄一作品として載っていた気がする、というレベルのいささか頼りない記憶。その後、画像も情報も見つからなくなっちゃった。だから詳細は一切わかりません(T-T)、公募だったかどうかも含めて。5年の月日ってそういうことね(20年とも言えるが)。

と思ってたら、再発見しました!
某公募系BBSに;

-----
64:2009/01/12 14:51
塩崎栄○は親娘で、もうわかっちゃいるけど確信犯
[URL]

小さくて見づらいけど、左上の写真
http://web1.kcn.jp/b...o/tenpou/hansen.html

帆船部分を、大阪の小島さんの作品から模倣
-----

とあったんです。

「大阪の小島さん」と言えば、鹿児島県いちき串木野市章公募で三重県伊勢市章公募との重複応募がバレて広報失格になった、小島貞彦(大阪府高槻市)のことであろう(cf. 2017.01.26「大御所の罪:その4」)。嗚呼、仁義なきパクり合いの世界。

実は、2種類のバリエーションがあったんだよな、このマーク。ポスターやTシャツになっているこちらがスタンダード版ということになるのだろうけれども;

SAIL OSAKA '97

こちら↓はディテール版とでも理解すりゃいいのかしらん??

SAIL OSAKA '97 (2)

替紋みたいなもんかね(ちょっと違うか)。

[帆船]、[太陽]、[カモメ(?)]、そしてロゴタイプ、いずれも少しずつデザインが違ってます。言われなければ杜多利香作品とでも受け取りそうだ。

【2016.09.05「ガイダーの目を盗んで ―― Return of Amateurs」】
石川県輪島市門前町
總持寺周辺地区まちづくり協議会
總持寺周辺地区シンボルマーク・ロゴ
杜多利香
〔2006年4月発表〕
總持寺周辺地区シンボルマーク・ロゴ

残念ながら(笑)、SAIL OSAKAの方が10年ほども先ですけど。世の中うまくいかないものだねえsmile。まっ、栄一センセだって(ホントにアナタの作品よねえ??)20年前の作品を今さらあげつらわれても困るでしょうけど、ツルとしてはこれが一族作品ならその価値は一応認めてあげるわ。テンプレメソッドに走る前の「未完成塩崎モデル」であったにせよ、いや、そのゆえに。(帆船レースで帆船描いただけじゃん、と言われればそれまでだが。)

このイベント、アジアで初の国際帆船レースだったらしい。

-----
(1996.12.24 Kansai Window Vol.3 No.119)

来春の香港/大阪帆船レース、18ヵ国・地域から60隻が参加

大阪市は12日、大阪港築港100周年を記念して来年3月から開く「SAIL OSAKA '97 香港/大阪国際帆船レース」に、18の国と地域から計60隻の帆船が参加すると発表した。大型帆船のクラスAには、アルゼンチンの「リベルタ」、ロシアの「ナジェジュダ」、コロンビアの「グロリア」、ポーランドの「ダル・モジェジィ」、日本の「日本丸」など計11隻が参加。レースは来年3月28日に香港を出港、沖縄、鹿児島に寄港しながら大阪までの総距離約2,700キロを約1ヵ月かけて航行。4月29日には参加したすべての船が阪南港沖から大阪港までパレードする。
-----

大阪市もこの頃はお金があったんだなあ。「あこがれ」という名の練習帆船まで持っていたそうな。今や見る影もないけれど。

♪大阪の海は 悲しい色やね
 さよならをみんな ここに捨てに 来るから

ただ、ほんとにすごいと思うのは、この時に集まった市民ボランティア有志が、20年後の今でも「大阪帆船と国際交流の会/Sail & International of Osaka/SAIL 'O'」として地道な活動を続けているという事実。客船入港時の歓迎活動やスポーツイベントのサポートを行っているそうな。SAIL OSAKA '97の後で加わった人もいるらしい。

2020年の東京五輪でもボランティアは大規模に組織されるけど、それが例えば20年先、30年先にも活動を続けていられるだろうか。ツルはその頃にはもう生きていまいが。(「塩崎榮一」は姿を変え名前を変えて生き残っているかもしれないけれど。)

― Inspired by「悲しい色やね 〜 OSAKA BAY BLUES」上田正樹(1982.10.21リリース)―

(あと少しだけ、続く)

2017年11月29日 (水)

【番外編】Wildest Coincidence!!(菊芋ヤーコン統一ロゴ)

(承前)

菊池市の「菊芋ヤーコン」の続きです。

ご当地としては、「からだにきくちから」をキャッチコピーにブランディングに努めておるわけ。しかしこれ、戦略上決定的な誤りを犯していると思いますな。まだ知名度の低い外来野菜2種を売り込むのに、「菊芋ヤーコン」ではダメでしょ、「・」を省くのは。「菊芋ヤーコン」なる単一の作物があるかと思われちゃうじゃん。園芸おたくのツルだって、同じキク科だから最新交配品種でも誕生したのかと思って調べ直しちゃったもん、ケッthink

この公募結果で心底驚いたのは、実は昨日書いたようなところにではない。そんな生易しいレベルを超えて、入賞した3点が3点とも、既存の自作品に類似してるんですshockshockshock

熊本県菊池市
菊池市菊芋ヤーコン振興協議会
菊芋ヤーコン統一ロゴマーク
(最優秀賞)重田 修(神奈川県)
(優秀賞)小田切 卓(大阪府)
(優秀賞)井口やすひさ(群馬県)
菊芋ヤーコン統一ロゴマーク 入賞作品

ううう、頭痛と吐き気。2日前の悪寒もぶり返して。

【2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」】
長野県佐久市
新佐久市誕生10周年記念事業 ロゴマーク
重田律子
〔2014年7月決定〕
佐久市10周年

【2017.10.25「ある伝説の・・・ふにゃふにゃ」】
富山県
とやま地域包括ケアシステム シンボルマーク
重田 修
〔2015年12月発表〕
とやま地域包括ケアシステム

【2017.09.24「みほどこさ いばらきさ」】
茨城県稲敷郡美浦村
美浦村PRロゴマーク
(優秀賞)
重田 修
〔2016年12月決定〕
美浦村ロゴ(重田案)

ははあ、兄弟がさらに増えたということか。

【2017.05.23「「公募ガイド」の大罪;実証2」】
愛知県刈谷市
刈谷市観光協会
シンボルマーク
井口やすひさ
〔2008年決定〕
刈谷市観光協会(当初案)

岩手県北上市
北上市地域貢献活動企業功績賞 認証マーク
〔2008年決定〕
北上市地域貢献活動企業

佐賀県唐津市
FMからつ株式会社
シンボルマーク
井口やすひさ
〔2010年3月発表〕
FMからつ

何だか熱まで出てきたよ。

まとめると、エイイチ/小田切が
 [き]よた → [き]くち
と考えたのと同様、修/律子は
 [さ]く/[と]やま/[み]ほ → [き]くち
やすひさは
 [K]ariya/[K]itakami/[K]aratsu → [K]ikuchi
というところに飛びついたわけだ。腕っこきガイダーが揃いも揃って、見事なまでの思考の一致!これぞテンプレ。3人が3人とも、家族名義を借用することを屁とも思わぬところも共通しているhappy02

そうそう、やすひさ作品はどうしても[菊芋]と[ヤーコン]を適当にごまかして描いたようにしか思えないんだよね。そんなことでどうやってこの新顔野菜のPRができるわけ?

実際のところ、制定側も類似checkなんてことは全く頭になかったんだろうなあ。募集要領の「著作権等の帰属に関する事項」には、こんな一文も載っているが。

-----
応募作品について第三者から権利侵害等の警告または訴えがあった場合、その作品を応募した応募者は、その解決に全面的に協力するものとします。
-----

つまりだ。少なくとも富山県や佐久市から権利侵害のクレームがついた場合には(^_-)、重田も同協議会に「全面的に協力」しなければならないわけ(でもここはむしろ逆にユルくて、よそなら「制定側は一切責任を負わない、応募側で全て対処しろ」というものも結構あると思う)。

同協議会の事務局は菊池市役所経済部農政課ブランド推進室(18文字)。前回書いたけど、応募側が「自作」「著作権等無侵害」と言ってるんだから責任はそこが負うんだ、募集側ではない、という考え方をしているようなんですね(問い合わせたもんcoldsweats02)。そんな虫のよい解釈の余地が生まれてくるのは、やはり建て付けがまずいからでしょ。それはすごく危険なことなんだよ。Branding以前の問題として、どうするんですかね。

えー、募集側の態度についてはもう一つ触れておこう。募集要領には「地域の方々だけでなく、訪日外国人にも目に留めてもらえるような日本らしさを感じられるもの」としゃらっと書いてあって、そこにもまあほんなこつ仰天しましたばい。
恥ずかしゅうてから外人さんにゃとてーも見せられん、愚blogの内容ともども(実は以前さる筋から「英文版を読ませてほしい」というrequestを頂戴したことがあって、そんなこと忙しくてやっとられるかいと丁重にはねつけたなんてことがあった。ほんとに読みたいなら自分で訳しなはれ。上から目線でproof checkは厳しくやらせていただきますがね)。

因みにこの公募の賞金は最優秀賞が3万円、優秀賞が1万円だった。最近、こうした相場は平成大合併やゆるキャラブームの頃より明らかに下落してきている。それは制定側に「公募なら安くあげられる」という意識が蔓延してきたからで、よくないことと思うけれど、そこはおいといて。
このデフレ傾向の意義に無頓着なのは常連ガイダー自身ではないのかという気がします。安い公募だから手抜きしちゃえ、が今でも罷り通る、みたいな。

結論。またしても田舎公募、募集側も、応募側も。

2017年11月28日 (火)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その197:菊芋ヤーコン統一ロゴ・長岡ナンバープレート)

(承前)

謎の重田一族を斬り払ったところで、だ(いきなり大伏線)。先月、すなわち2017年10月にこんなものが発表されていた。

熊本県菊池市
菊池市菊芋ヤーコン振興協議会
菊芋ヤーコン統一ロゴマーク
(優秀賞)
小田切 卓(たく)(大阪府)
菊芋ヤーコン(小田切案)

うっ。頭痛を堪えて、初めに言っとくと(いきなり脱線)。
これは、北米原産のキクイモ/Helianthus tuberosusと南米原産のヤーコン/Smallanthus sonchifoliusという二つの作物を意味します。どちらもキク科、前者は「太陽の花」Helianthus/ヒマワリ属、後者については【その112】の北海道常呂郡置戸町キャラ次点 by 歩美のところでもちょっと取り上げました。北方系かと思っていたらそうでもないのね。
いずれも芋なのにデンプンには乏しく、水溶性食物繊維イヌリンやらフラクトオリゴ糖やらを含むというので、低カロリーにしてインスリン様の効果があるとか腸内乳酸菌の増殖に役立つとかがウリの今風「健康野菜」。

それはそれとしてですねえ。デザインはアレの焼き直しですよねえ。

【その49】
北海道札幌市清田区
きよたでお菓子を食べよう!キャンペーン委員会
シンボルマーク
塩崎エイイチ
〔2013年5月決定〕
きよたでお菓子

いや、むしろこっちの辺りか。

【その38】
滋賀県
滋賀県食品自主衛生管理認証制度(セーフードしが)
認証マーク
塩崎エイイチ
〔2010年1月表彰〕
セーフードしが

【その162】
東京都町田市
町田産農産物シンボルマーク
(優秀作品)まちだのめぐみ
塩崎エイイチ
〔2011年7月発表〕
まちだのめぐみ

はーーー。例の如く[へのへのもへじ系]のイニシャル[き]に[舌ぺろ]で、不整形のごつごつしたのが[菊芋]、てことは濃い色の部分が[ヤーコン]ってことになるけど、ちょっと無理め。文字の先端が[手]の形になるのは塩ロゴでしばしば見られるところです。

「小田切 卓」という名前はこの期に及んでの初見参eye。なれど宮城県大崎市と埼玉県所沢市で「滝沢 卓」名義が見つかっている(cf.【その166】)。所沢の公募では、大阪市生野区在住とされてます。これは一族の本拠地。塩崎パズルのピースが嵌まっていく感じなんだよね、やっぱり。(もし一族でなかったら、いつでもお申し越し下さいませねhappy02。)

募集要領には、通常の著作権侵害禁止文言に加え、失格事由の一つとして「提出書類に虚偽の記載をした場合」が挙げられている。「小田切 卓」が虚偽記載に当たるのか否か(深いわ)、是非とも知りたいところですな。因みに「1名(1団体)につき、何点でもご応募いただけます」だったthink

ついでに言えば、「応募方法」のところにはこんなことも記されている(適宜抜粋)。

-----
【用紙やCD-Rによる応募】
応募用紙を縦で使用し、枠内にデザインしてください。
1作品につき、1用紙として記入してください。
CD-Rで送付の場合は、CD-Rの表面に氏名を記入して、応募用紙の必須事項を記入したものを同封してください。

【電子データによる応募】
ファイル形式をPDFまたはJPEGとし、ファイルサイズを8MG以下としてください。
Eメールの場合には下記のとおりでご応募ください。
メール件名を「ロゴマーク応募」としてください。
1作品につきメール1通としてください。
応募用紙及び電子データをメールに添付してください。
データの送信中の事故等により作品が提出先に届かない場合や、不可抗力の事故及び何らかの障害でデータファイルが開けない等の問題が発生した場合、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
-----

Technically speaking, ツッコミどころ満載。「CD-Rによる応募は電子データによる応募ではないのか」なんて揚げ足取りは控えるとしてもだね。
どだい心得違いだろ、送られてきた「データファイルが開けない」場合に「一切の責任を負いかねます」だなんて。そんな時は「開けませんよ」と返信するのが(民間では?)当然のビジネスマナーであって、それは(たとえ何千点の応募が来るような?)公募の場合でも変わりはしないはずです。

もっと直近で、つい昨日、2017年11月27日に決定されたばかりの最新作も挙げておこう。

新潟県
新潟版図柄入りナンバープレート 長岡ナンバー
福添歩美(41歳:グラフィックデザイナー)
長岡ナンバープレート

そう、来年秋に解禁される自動車用のやつです。ツルが昨朝通勤電車の中で「今度は自動車用のそれがぼちぼち動いてる様子」と書いた時点ではまだ発表されていなかったのだよhappy02

-----
○作品説明(受賞者)
長岡市といえば、全国的に有名な日本三大花火大会の一つである[長岡花火]をモチーフに世界・未来へ平和への思いを繋ぐ花火を美しくデザイン致しました。

○選定理由
県民人気投票において、全体としては1位とわずか3票差の2位であり、市町村ごとの集計結果を見ると、長岡市民のみならず、長岡ナンバー地域全域で幅広い支持を得ているため、デザイン性のほか、地域バランスを考慮し、本作品が選定された。

○作品講評(山本 敦委員長)
長岡ナンバーが管轄する地区では、新潟を代表する三大花火がある。川の花火(長岡)、山の花火(片貝)、海の花火(柏崎)。また長岡地区では大小さまざまな花火が季節を問わずに上げられていて、地域バランスを考えても長岡地区をイメージするにはふさわしいデザインであると思う。夜景のブルーの中にさまざまな花火の色が浮かぶ印象的なデザインである。

○受賞者の声
最優秀賞の連絡を頂き、喜びと驚きでいっぱいでした。この受賞を機に益々デザイン制作に励みたいと思います。
-----

(優秀賞)
松岡光雄(65歳:新潟市:グラフィックデザイナー)
小川清勇(52歳:東京都:グラフィックデザイナー)

今再びの福添歩美sign03まさかそうくるとはsign03しかも2位から逆転採用sign03何の熱もこもってない受賞コメントにも、講評のつまんなさにも正直びっくりです。「新潟版図柄入りナンバープレート検討委員会」の長を務めた山本 敦は長岡造形大学視覚デザイン学科 学科長(教授)。夜空に花火なんて、ほんっとどこにでもある絵柄ぢゃん。こんなの、ホントに愛車につけたいか?

投票1位だった松岡は花火に加えて長生橋(長岡の花火の「ナイアガラ」もここにしかけられる)を描いており、そこが敗因になったと思われる。同時公募の新潟ナンバーがこんな結果だったんです。

(最優秀賞)
小川清勇(52歳:東京都:グラフィックデザイナー)
(優秀賞)
永岡みつき(57歳:東京都建築イラスト)
平野今日香(20歳:新潟県胎内市:新潟デザイン専門学校)

小川はダブル入賞してるわけ。「新潟」では萬代橋と朱鷺を描いて採用、「長岡」の松岡作品はアイテムかぶりになっちゃったんですね。はーあdespairdash

(続く)

2017年11月27日 (月)

【番外編】♪天国じゃなくても ♪信号はなくても(天龍村・銚子市・三豊市 ナンバープレート)

原付バイクのナンバープレート制定熱が冷めてきたところで、今度は自動車のそれがぼちぼち動いてる様子。今月辺りから発表も始まってるみたい。動きが本格化する前に、個人的に気になるこの作家の作品を今一度鑑賞してまいります。

長野県下伊那郡天龍村
天龍村原付オリジナルナンバープレート
垂水秀行(香川県丸亀市)
天龍村ナンバープレート

-----
[龍]の手にしっかりと握られた[水晶]には[村章]が刻まれ、[ブッポウソウ]とともに天龍村を見守っている姿を描きました。山の斜面には[茶畑]が広がり、[橋]に掛けられた[巣箱]にブッポウソウが集まっている姿も描かれています。大自然と共に未来に向かって力強く躍進する天龍村の姿を象徴し、物語を感じられて、いつまでも親しみを持ってもらえるようなデザインに仕上げました。
ドライバーの皆様の安全運転を見守ってくれるように願いを込めています。
-----

「広報天龍」2016年7月号で紹介されている。ブッポウソウ/仏法僧は村の鳥。そうか、敢えて極小に描くミクロ視点も持ち合わせているのだな。
龍と対をなすものは、虎ではなく鰻であろう。

【2015.10.21「いはばしる バイクの臀の プレートの;A」】
高知県四万十市
原付バイクご当地ナンバープレート
垂水秀行
〔2015年3月発表〕
四万十市ナンバープレート

ブッポウソウはお手のもの。

【2015.10.23「いはばしる バイクの臀の プレートの;B」】
宮崎県西諸県郡高原町
ご当地ナンバープレート
垂水秀行
〔2014年10月発表〕
高原町ナンバープレート

〔天龍村〕
1人or1団体 1点のみ
採用作品に賞&村特産品等の副賞
応募総数 13点

〔四万十市〕
1人2点まで
採用作品に賞状&副賞
応募総数 34点

募集要項には『天龍村イメージキャラクター「おきよめっち」や「ドラゴン」、天龍梅花駅伝キャラクター「梅花ちゃん」及び村章は使用いただいて構いません』とあるが、ここでも垂水は既存キャラを用いていない。

ご当地は天竜川の上流域の山村で、1956年9月に誕生したところ。Wikipediaによれば「平岡ダムや佐久間ダムの完成により変貌を遂げた天竜川のかつての姿をしのんで命名された」という名前の由来がちょっと珍しい(因みに、戦前まで静岡県には磐田郡天竜村があった;現 磐田市)。

天龍村は村誕生60周年、四万十市は市制施行・合併10周年という節目の記念だけど、こんな周年記念で作っちゃったご当地もある。

千葉県銚子市
銚子市ご当地ナンバープレート
(優秀賞)
垂水秀行(香川県丸亀市)
銚子市ナンバープレート(垂水案)

1874年(明治7年!)設置の[犬吠埼灯台]が御題で、2014年11月15日、「犬吠埼灯台140周年記念セレモニー」で発表されている。

-----
選考ポイント
銚子のイメージを全て取り込んで、パノラマ風に見事に表現している作品。
-----

・・・それ、褒めてないって(苦)。

(最優秀賞)
河井大郎(ともお)(滋賀県大津市)

(優秀賞)
高島 瞳(銚子市)
垂水秀行

(特別賞)
内野 梓(銚子市)

河井は2014年6月24日発表の静岡県藤枝市や同年11月5日発表の青森県十和田市のナンバープレート公募で、垂水や榮一の前に次点に甘んじていた(cf. 2015.10.27「いはばしる バイクの臀の プレートの;D」・【その135】)。遂に雪辱を果たした形。

こちらの対になるのはこれですな。

【2015.10.25「いはばしる バイクの臀の プレートの;C」】
神奈川県鎌倉市
オリジナル・ナンバープレート
垂水秀行
〔2013年11月発表〕
鎌倉市ナンバープレート

そして上には上があり、「市の花であるマーガレットの認知度を高め、地域の活性化につなげる」ために作っちゃったのがここ↓、別に周年記念もはなくってね。

香川県三豊市
三豊市オリジナルナンバープレート
(優秀賞)
垂水秀行(香川県丸亀市)
三豊市ナンバープレート(垂水案)

-----
[玉手箱]からモクモクと煙が上がる様子をモチーフにデザインしました。手前にはたくさんの[マーガレット]が咲き、その奥には粟島・志々島を中心とする[塩飽諸島]を臨み、さらに遠くには[瀬戸大橋]も見えます。鮮やかな色使いが明るく元気なまちを印象づけます。
浦島太郎を玉手箱でシンプルに表現したデザインには、明快性とインパクトがあり、市名・番号などと絵柄が重ならないように配し、標識としての視認性とデザイン性のバランスを追及しました。
-----

銚子市の翌月、2014年12月発表。市の花は4月に決まったばかりだった。なぜこの花かと言えば、もともと蚊取り線香の原料として盛んだった除虫菊の栽培が、近縁種マーガレットの花卉栽培に移っていったからで、現在全国シェア1位らしい。この花、標準和名をモクシュンギクといって、野菜の春菊との属間交配で生まれた黄花品種などもあります。
ご当地には浦島太郎伝説もあって、垂水はやはりそれをキャラクター化するのではなく、一捻りして構成したわけだ。あ、「追及」じゃなくて「追求」ね。

でも本公募でスゴいのは、入賞作4点全てを市サイトのアイコンに流用していること。垂水作品は「産業・建設」に使われてます。ちゃんと著作権譲渡等の契約結んだんですかねえ、次点まで。

(最優秀賞)
栄元太郎(東京都:三豊市出身)

(優秀賞)
小池友基(群馬県)
図子律子(三豊市詫間町)
垂水秀行

//

2017年に入ってから今まで、垂水の新作は確認できないでいる。自動車のデザインプレート解禁はチャンスだと思うんだけどねー、やっぱり公募から足を洗ったのでしょうかdespair。それとも、あまりにデフレ化の進む原付バイクから自動車に乗り換えるんですかね?

それはそれとして、ご当地ナンバープレートというのはお手軽な周年行事&税収増加策/税収減対策だとツルは考えていた。

例えば天龍村の人口はこう推移している(国勢調査)。

1970年 4,222人
1975年 3,739人
1980年 3,389人
1985年 3,051人
1990年 2,822人
1995年 2,445人
2000年 2,239人
2005年 2,002人
2010年 1,657人
2015年 1,365人

実に四半世紀で半減(▲51.6%)。2020年夏の五輪が終わった後、10月に控える次の国勢調査では、4桁を割り込むことも懸念されるわけです。
さらに、【2017.11.21「雑感:新たな時代の予感」】で取り上げた視点に倣うとするなら、同じくWikipediaには;

-----
行政の最大の課題は、過疎化、少子高齢化問題である。2010年の統計では、老年人口割合が53.7%と長野県で最も高い数値を出す限界自治体である。村内には信号が1つもない。
-----

とある。

歳入が減っても、歳出はそう簡単に削れるものではない。固定費の負担もあるし、行政サービスの低下を招くことになるし。
ご当地プレートの増収効果など微々たるものだろうけれど、あるいはご当地公募全般のデフレによる費用削減効果も同様だろうけれど、お手軽どころかもうそこまでなりふり構わぬ事態になりつつあるんですかね、日本。

― Title Inspired by「風になりたい」THE BOOM(1995.03.24リリース)―

2017年11月26日 (日)

【番外編】重き霧の晴れて後(コウノトリPRロゴ):下

(承前)

タウンニュース宮前区版には、「人物風土記」の1週間前にこんな記事も出されていた。

------
(2016.09.30 タウンニュース 宮前区版 抜粋)

徳島県鳴門市が認証するコウノトリブランドのロゴマークに区内在住の重田 修さんの作品が選ばれた。同市では優れた生産物等を、昨年同市に飛来した国の天然記念物「コウノトリ」にちなんだブランドとして認定し、市内外に発信。地域活性化を図っていく。今後、重田さんのロゴがその象徴となる。重田さんは「親しみを持ってもらえれば」と話す。

〔中略〕

デザインについて重田さんは「幸せを運ぶ鳥として知られるコウノトリによって同市に幸せがもたらされ、大きく羽ばたけるようにと願いを込めた」と話す。
重田さんはグラフィックデザイナーとして働いていたが、定年後は趣味として全国各地のロゴの公募に挑戦。10年以上続けている。これまで約45点の作品が入選。10点以上が最優秀賞に選ばれ、実際に世田谷商店連合会(東京都)等で使用されているという。重田さんの作品は全て手書き。「温かみが伝わるようにしたくて。親しんでもらって地域が元気になるようなものを作るよう心がけている」という。また、制作に入る前に地域を知ることも大切にしており、中でもその地の自然をモチーフとすることが多い。今回も[渦潮]という同市の象徴ともいえる自然を取り入れた作品となった。

〔後略〕
------

何ですって!?「自然をモチーフとする」!?見たことねえぞ、この判子絵ガイダーで。

当のご当地では発表時にこのような報道があった。

------
(2016.09.09 徳島新聞 抜粋)

鳴門市内に飛来している特別天然記念物コウノトリにちなんだ農作物などの認証制度を導入する市は8日、認証した農作物などのブランド名とロゴマークを決めた。いずれも全国公募していた。販路拡大や市のPRなどにつなげる。
ブランド名に決まったのは、山口県周南市の青木輝男さんが応募した「コウノトリおもてなし」。鳴門を訪れる人を心と味でもてなすとの思いが込められている。応募のあった830件から最優秀賞に選ばれた。
ロゴマークには252件の応募があった。[渦潮]と[コウノトリ]を描き、幸せを運ぶコウノトリのイメージを[ハート]で表現した川崎市の重田 修さんの作品が最優秀賞に選ばれた。重田さんの作品のほか、優秀賞の作品も使う。
鳴門市には昨年からコウノトリが定着しており、市は餌場となっているレンコン畑に着目。自然に配慮した農法で栽培したレンコンなどを認証し、独自ブランドとして売り出すことを決めた。

〔中略〕

鳴門市大麻町の巣の周辺には現在、3歳の雌と2歳の雌が巣の近くの畑で餌をついばむなどして過ごしている。
------

ツルはかなり驚いた。

(1) 前回も書いたけど、重田作品が全て手描きとされていること。

【2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」】
長野県佐久市
新佐久市誕生10周年記念事業 ロゴマーク
重田律子
〔2014年7月決定〕
佐久市10周年

【2017.10.25「ある伝説の・・・ふにゃふにゃ」】
富山県
とやま地域包括ケアシステム シンボルマーク
重田 修
〔2015年12月発表〕
とやま地域包括ケアシステム

【2017.09.24「みほどこさ いばらきさ」】
茨城県稲敷郡美浦村
美浦村PRロゴマーク
(優秀賞)
重田 修
〔2016年12月決定〕
美浦村ロゴ(重田案)

【2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」】
東京都西多摩郡瑞穂町
みずほ・きらめき回廊 ロゴマーク
(優秀賞)
重田律子
〔2014年3月決定〕
みずほ・きらめき回廊(重田律子案)

【2017.10.25「ある伝説の・・・ふにゃふにゃ」】
自衛隊家族会
ロゴマーク
(優秀賞)
重田 修
〔2017年3月発表〕
自衛隊家族会(重田案)

どこが「手描きの温かみ」やねんangry。揺らぎや歪みに向ける眼差しはさらになし。

(2) 重田が市章をベースにしたことが一切伏せられていること。これには納得がいかない(伏せなければならぬ問題であったとも思わないし)。

コウノトリPRロゴ(応募案)

【2013.10.23「Olympics & Expos おまけ」】
徳島県鳴門市
市章
(作者不明)
〔1947年11月制定〕
鳴門市

記者の不勉強ってとこかネ。

(3) 次点作品も利用していくということ。これについては意図も詳細もわかりません。ツルも不勉強ってことやね。

(4) そもそも、コウノトリがワンペア飛んできて1年も経たない時点で、「棲みついた」としてキャンペーンを張ろうとしていること。本公募で一番浅ましいのはこの点であろう。ついでに言えば、コウノトリを用いた「何の」ブランディングであるのかが不明確。ご当地産品の販促やらご当地自体のイメージ高揚やら、包括的に運用したかったのだろうということは見てとれるが、その考え方には無理がある。ご当地とコウノトリとの間に関係性がまだできあがっていないからです。

燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや。そっとしておけ鴻の鳥。

(続く)

【番外編】重き霧の晴れて後(コウノトリPRロゴ):上

(承前)

どうやら、神奈川ローカルメディア「タウンニュース」紙は、このところ地元のロートル公募ガイダーを顕彰することに血道を上げているらしい。今まで謎に包まれていたこの人物に肉薄(!!)するこんな記事も見つけた。

------
(2016.10.07 タウンニュース 宮前区版 人物風土記)

徳島県鳴門市の「コウノトリブランド」ロゴマークを制作した重田 修さん
けやき平在住 73歳
手描きの温もりで地域活性

重田 修

○…徳島県鳴門市が公募した「コウノトリブランド」のロゴマークコンテストで最優秀賞を受賞。ロゴとして採用された。作品には「幸せを運ぶ鳥・コウノトリが幸せをもたらしてくれるように」と願いを込めた。「受賞できて嬉しい。次の作品作りへの意欲が湧いた」と現在制作中のロゴの下絵を嬉しそうに見せてくれた。

〇…もともとはグラフィックデザイナーとして活躍。引退後、時間を持て余していた父を見かねた子どもからの勧めで再び筆をとった。「長年の経験と技術を生かせる場が見つかった。生活にハリがでましたね」と後押ししてくれた子どもたちに感謝する。ロゴ作りのこだわりは手描きで描くこと。これまで受賞した全ての作品が手描きだ。「線の丸みや歪みが作品の表情になる。温かみが感じられるでしょ」と笑顔を見せる。今ではロゴ公募への挑戦が生きがいになっている。「地域の元気に繋がるよう、少しでも力になれたら」

〇…長野県出身。父親が国鉄職員だったため、転校も多かった。友達づくりにと始めた野球が現在の趣味の一つになっている。大人になった今ではプレーこそしないものの、大リーグ観戦でひいきの球団の勝ち負けで一喜一憂していると苦笑い。2人の子どもを夫人と育てあげ、今では5人の孫のおじいちゃん。「人数が多くて正月はてんやわんや。家に来て絵を描いているのを見るとちょっとは似たのかなと思う」とニコリ。

〇…座右の銘は「忍耐と努力」。会社勤めを辞めて独立した際には苦労も多かったと振り返る。「へこたれないで地道にやってきた経験は人生の財産。支えてくれた奥さんには感謝している」とも。今後、制作活動により力を入れる。少子化で地方の学校が統廃合され、新しいロゴの公募が多くある。制作の際にはそんな地方の現状も見えてくるという。「その地域が希望を持って明るくなれるよう貢献したい」と作品を通して想いを伝えていく。
------

尾浦がsoccerサッカーsoccerだったので、こちらはbaseball野球baseballですhappy02。ほのぼの家族ネタも取り混ぜて。

基本、今どき「手描き=温かみ」などと腑抜けたことを平気で口にするデザイナー、いや元デザイナーをツルは信用しません。

嫁がもし同様にデザイナーであったなら、ここで「支えてくれた奥さんには感謝している」という書き方は出てこないってば。「互いに切磋琢磨する間柄」とか何とかでしょ。結局、「重田律子(のりこ)」の実体は誰、いや何なのか。都合のよい名義借りの客体、ダミーに過ぎないのではないか。この記事に「重田律子」の名前が出てこないことこそ全てを語っていよう。

話題にされているデザインはこれです。

徳島県鳴門市
コウノトリ定着歓迎・PR ロゴマーク
重田 修(73歳:神奈川県川崎市宮前区けやき平)
コウノトリPRロゴ(応募案)コウノトリPRロゴ(最終版)

えー、これが[コウノトリ]sign02ツルだよこれじゃ。あんまりだというわけか、ファイナル版では脚の色が赤く変えられている。これでよしんばコウノトリとわかったとしても、「子育て支援」なんぞを表すsmileと理解されるのが関の山ではないのかよ。
決定されたのは1年ほど前、2016年9月。担当したのは「鳴門市農林水産課(コウノトリ定着推進連絡協議会ブランド名称等公募担当)」、フルで書いたら堂々の35字!!

新設校の校章公募に挑戦するなどはもってのほか、一切願い下げにしたいものである。頼むから生きがいは年賀状図案集の公募ぐらいにとどめてくれ(それなら掲載されたって最終的な選択権は消費者/利用者側に残るからね)。

(続く)

2017年11月25日 (土)

【番外編】幾久しく御栄えあれ(横浜市栄区シンボルマーク)

(承前)

つい先日斬った尾浦孝夫のこと、さらに深く抉る。
今を去ること30年前、尾浦は自分の地元のシンボルマーク公募に採用されていた。

神奈川県横浜市栄区
シンボルマーク
尾浦孝夫(47歳:栄区犬山町:会社員)

横浜市栄区シンボルマーク

1988年2月の決定である。驚くべきことに、当時の広報紙の内容が今も栄区役所サイトに転載されている(以下抜粋)。

-----
シンボルマーク よろしくね(263人の投票をもとに決定!)――昭和63年2月号の広報よこはま・栄区版から――

〔中略〕

シンボルマークの作者・尾浦さんは、47歳の会社員。
「マークを作るのが好きです。水道100周年のマーク募集に応募した後、次はひと目でわかるものを作ろうと考えました」と。
尾浦さんは、地域の中学生サッカークラブの指導者。栄区サッカー協会の会長でもあります。「サッカーは、一人だけが上手でも、試合では勝てません。みんなの協力が必要ですね。それで、栄区にも、同じことが言えると思ったのです。栄区に住む、いろいろな個性の人が協力すれば、きっと素晴しい区ができると思うのです」
……13年前、犬山町に越してきたとき、まだ、付近に建つ家も少なく、「何もないところ」だと思った尾浦さん。せめて「子どもたちにとって、住みよい環境を作りたい」とも考えたそうで、その思いが、今、こうしてマークに託されているのです。
-----

尾浦作品の得票数は「109通と、実に総投票数の40パーセントを超える人気」だったそうな(しかし当時の栄区の人口12万人弱、対して投票総数が263票というのはなんぼなんでも少な過ぎるぜ)。しかも、ですよ。

-----
どれがイイかな さかえのマーク ――昭和62年11月号の広報よこはま・栄区版から――

ワークショップ、一般応募合わせて400点以上の作品の中から、区民投票の候補として選ばれた作品は、どれも力作ぞろい。

〔中略〕

ワークショップと一般公募
栄区誕生1周年を記念して、区のシンボルマークを制定するための区民投票を実施します。
ここに6つの侯補作品を紹介するまでには、まず昨年8月、区内の小・中学生代表の参加をえて「栄区シンボルマークデザインワークショップ」を実施しています。このワークショップでは、参加者の自由な発想を引き出すために、デザイナーを中心としたスタッフがいろいろ工夫した手法を試みました。

〔後略〕
-----

と、事前の仕込みも十分にした(つもりだった)のに。時代が時代だけに、投票は葉書だけで行われたそうな。

さらに驚くことに、同じネタが今年の元日、神奈川県内をカバーするこのローカルメディアにも載った。

-----
(2017.01.01 タウンニュース 栄区版 人物風土記)

尾浦孝夫さん
犬山町在住 75歳
町と共に残る作品を

尾浦孝夫

○…栄区が誕生[引用註:1986.11.03 泉区とともに戸塚区から分区]した翌年に制定された区のシンボルマークを、30年前に考案した。マークは400点以上の作品から区民投票で決定。「皆が助け合う良い町であってほしい」と、組体操のようなイメージで[栄]の文字が一目で分かるように表現したという。「自分が作ったものが今でも使われているのは喜ばしいこと」と目を細める。

○…出身は現在の香川県高松市。電機メーカーで製品の形状をデザインする仕事を担い、長年にわたりスピーカーなどをデザインしてきた。デザイン好きが高じて1961年には日本宣伝美術会(日宣美)の工場内標識試案に応募すると、見事に特選を受賞。それ以来、マーク作りに魅せられ、自治体や企業のマークに毎月のように応募し、徳島県阿波市の市章などが実際に採用された。「マーク作りは趣味みたいなもの。オリジナルのものを考えている時が楽しい」。

○…仕事の都合で現在の地に移り住んできたのは約40年前。当時の戸塚区上郷町で1982年、少年サッカークラブ「上郷JFC」を創設した。「サッカーは1人では勝てない。11人で協力して戦う面白さを知ってほしかった」。子どもたちのために審判の資格を取得したり、指導者の研修を受けるなど努力を重ね、発足当初は連戦連敗だったチームも全国大会で準優勝するまでに成長した。現在、チームは「横浜栄FC」と改称。今でも顧問として練習グラウンドの確保などに励みチームを支えている。

○…自宅には実際に採用された自治体のシンボルが書かれた紙や賞状から、作成中のアイデア用紙などが多数並び「頭の中ではいつも何かしらの形を考えている」。近年では東京五輪のエンブレムにも応募。「今でも自分の作品の方が良いと思っているよ」と笑みを浮かべる。「町がある限りは自分が死んでもマークは残る」。マークと共に栄区がいつまでもあり続けることを願っている。
-----

地元コミュニティへの参加、それはそれで大変よろしい。栄FCのサイトには、今も尾浦孝夫・和子夫妻の名前がファウンダー的な立場で載っている。
孝夫はサッカーのみならず、2010年2月発行の「栄区まちづくり行動計画」by 横浜市栄区役所区政推進課「栄区まちづくり行動計画検討委員会」には、公募による委員として名を連ねる。今や地元の名士の仲間入りなんだろうな。

それに、電機メーカーでスピーカーをデザインしてきた、ですと???ツル的には真っ平御免だけど(謎。)、これも確かに「公募以外での社会との関わり」であることは間違いない。
前田昌克がパナソニックの企業デザイナーであった(と思われる)ことを別にすれば、こうした社会的キャリアが明らかとなるケースは大変珍しいと思う。

採用時に尾浦が得た金銭的対価は、おそらく大した額ではなかったろう。その一方で、「名誉」という非金銭的対価は30年にわたって神通力を保ち続けているわけ。

しかし。
【2015.12.09〜11「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 1〜2」】でツルが書いたところはあくまでも「確からしい推測」の域を出ないものではあるが、そこに基づくと、田舎名士もよそに出稼ぎに出れば、阿漕な真似して頬被りを決め込む不逞の輩だった。その顔に泥を塗るのは己れ自身であろう。

福井県あわら市
市章
(入賞)
〔2003年10月〕
あわら市章(作品番号7)

-----
「いやし」「ゆうゆう」「自然と創作の和・環」をイメージし、あわら市の頭文字[あ]を表現している。
-----

福岡県朝倉市
市章
(優秀賞)
〔2005年9月〕
朝倉市章(受付番号1049)

北海道勇払郡安平町
町章
(応募作品)
〔2005年10月〕
安平町章(応募作品)

2017年11月24日 (金)

【番外編】Dual Oval, Double-Crossers(びわこ文化公園都市)

(承前)

前回取り上げたうち、次のものは[かすれ]の他にもリサイクルアイテムがあるよねえ。

群馬県沼田市
JA利根沼田
ロゴマーク
井口やすひさ
〔2012年10月制定〕
JA利根沼田

初めに断っとくと、どれを取ってもおんなじ、金太郎飴状態の顔パーツのことぢゃないっすよ。
つまりこういうの。

【2015.01.16「Free Lancerの栄光と残照 二:不誠実」】
法律事務所
ロゴ
iguchi7
〔2012.12.10 Lancers提案〕
2012.12.10提案

会社
ロゴマーク
iguchi7
〔2013.03.22 Lancers提案〕
2013.03.22提案

ううう、[T]&[丸]のことを指摘しようと思ったのに、これらまで[かすれ]型紙使用だったとは・・・despair

こんなものもあったね。

【2017.05.22「「公募ガイド」の大罪;実証1」】
鳥取県米子市
米子医療センター附属看護学校
校章
井口やすひさ/靖久
〔2016年4月使用開始〕
米子医療センター附属看護学校

徳島県勝浦郡勝浦町
徳島県理学療法士会
ロゴマーク
井口やすひさ
〔2017年4〜5月頃発表〕
徳島県理学療法士会

[T]と[Y]とを描き分けてあるとはツルには思えませんがgawk

前回見たこれ↓にも、井口作品でしばしば目にする別のアイテムが登場している。

福岡県中間市
ロゴマーク
井口やすひさ
〔2017年5月発表〕
中間市ロゴマーク

言うまでもなく、[二重楕円]。話は平成大合併時代まで遡りますがネ・・・

【2015.10.09「One of Those "類似" Preventive Measures? ― 弐の斬」】
大分県杵築市
市章
井口靖久/やすひさ
〔2005年7月決定〕
杵築市章

【2016.05.30「丸ブーtyphoon艶競べheart [17a]」】
栃木県佐野市
市章
井口やすひさ
〔2005年8月発表〕
佐野市章(最終版)

【2015.12.19「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 6」】
鹿児島県奄美市
市章
(第1次選定作品)
〔2005年9月候補決定〕
奄美市章(受付番号810)

うーむ、[∞]的連鎖happy02、あるいは「作風」に名を借りた創造性の軽視(冷)。当時から某公募系BBSでも;

-----
965:2005/12/27 17:56
[URL]
(向かい合ったブーメラン)がよっぽど好きな方ですね
     ↑
なにか良いネーミングをつけてネ

979:2005/12/27 20:30
>>965 「メビウスのブーメラン」か??
-----

と揶揄されていた。

古い話?とんでもない!上掲の中間市ロゴマークは今年のことだし、ちょっと前にもこんなものがやっぱりあった。

滋賀県
びわこ文化公園都市
シンボルマーク
井口やすひさ(群馬県高崎市)
びわこ文化公園都市

-----
びわこ文化公園都市の頭文字[び]をモチーフに、県内外の人々が交流する“笑顔”を表し、多様な施設の機能連携による魅力発信をイメージしました。豊かな自然に抱かれ、明るく、元気で、活気にあふれる「びわこ文化公園都市」の輝かしい未来像をアピールしています。
-----

大津市と草津市に広がる丘陵地をこう呼んでいるわけ。京阪奈丘陵の関西文化学術研究都市のプチ版ってとこですかな。
このマークは2014年9月に発表されたようです。どの辺が「琵琶湖」で「文化」で「公園」で「都市」なんだか。

これまた;

-----
473:2014/09/19 08:59
楕円を二つ重ねるデザインは、グッチーの専売特許だから真似するなよ
-----

なんて茶化されてます。

こういうのはまだきっと他にもあるんだろう(^_-)。
井口が東京を引き払って高崎に移住したのは2010年のこと。それ以降、残念ながら新しい試みはほとんどなされてないと見ました。感性がどうのこうのという問題ではないと思う。それでもリサイクルだらけのデザインで応募はし続ける、そしてそこそこ選ばれてしまうという皮肉。

2017年11月23日 (木)

【番外編】能書きも筆書きもテンプレ(海上保安制度60周年・JA利根沼田・和泉市60周年・中間市ロゴマーク)

公募ガイダーも、常連・大御所になればなるほど老獪な使い回しが多くなることは、これまでもさんざん述べ立ててきたわけですが、驚くべきことをまた一つ発見しました。まあ、まずは何も言わずに見て下さい。

海上保安庁
海上保安制度創設60周年 記念シンボルマーク
井口やすひさ(東京都)
海上保安制度60周年

-----
創設60周年の[60]をモチーフに、海、[日の丸]と海上保安庁イメージキャラクター[うみまる]、[うーみん]を配置し、海上保安庁の歴史を力強くデザイン化。
国民から親しまれ、愛され、信頼・安心される海上保安庁を表現するとともに、海上保安制度創設60周年を機に未来へ向けて更なる飛躍を遂げる海上保安庁の勇姿をアピールしています。
-----

いきなり国家モノっす。2008年5月に60周年を迎えたそうだから、創設は敗戦の3年後だったことになる。そう、70年ほども昔の話です。
キャラクターはなぜか[タテゴトアザラシ]で、「うみまる」は50周年時に制定され、その後「うーみん」が妹として作られた。
で、マークは2007年12月に発表されたもの。そう、10年も前の話ですが、何か?(伏線)

群馬県沼田市
JA利根沼田(利根沼田農業協同組合)
ロゴマーク
井口やすひさ(群馬県高崎市)
JA利根沼田

-----
全体の形は、利根沼田のローマ字頭文字[TN]をモチーフに、新鮮な[双葉]を表し、農業協同組合の貴重な歴史や風土、生産実績等のあらゆる情報交流発信地の“絆”と役割をイメージデザイン化し、組合員や消費者に親しまれ、安心・信頼され、心豊かな自然に抱かれたやさしい地域社会と生き活き共生し、20周年の節目を機に未来へ向けて更なる発展・繁栄する明るい元気な活気にあふれる「JA利根沼田」の姿をアピールしています。
-----

毎度おなじみ、「あらゆる情報交流発信地」「安心・信頼」「生き活き共生」「更なる発展・繁栄」のPerfect能書きSuiteがご愛嬌。2012年10月に制定されたもので(つまり本Seriesを書き始めたのと同じ頃である)、合併20周年祝賀会で行われた表彰には、お膝元の群馬県内のこととて夫婦打ち揃って出席している。賞金、10万円。

ここの20周年とは;

-----
(2012.12 JA利根沼田広報誌「夢ing(ドリーミング)」 Vol.248)

JA利根沼田は平成4年3月1日に、10JAと1連合会が団結して発足し、今年20周年の節目の年を迎えることができました。
当時、県内第1号の広域合併JAの誕生に、JAグループや行政機関などからも注目され、熱い視線と期待、祝福を受けました。
-----

ということで、1992年当時の(旧)沼田市と利根郡の水上町・月夜野町・新治村(にいはるむら)・川場村・昭和村のJAが合併対象だったようです(その後、利根郡片品村のJAとも2010年3月に合併)。
なので、平成大合併で2005年10月に水上町・月夜野町・新治村が新設合併してみなかみ町となるよりも、同年2月に(旧)沼田市が利根郡の利根村・白沢村(しらさわむら)を編入合併するよりも、一回り以上前のことになる。自治体合併に先鞭をつけた形。

ま、いずれにしろ現在の沼田市は突拍子もないカタチになっとります。駆け引きは様々あったんでしょう。

群馬県沼田市

沼田市のHのくびれの上の三角が川場村、その左上の広い部分がみなかみ町、右上が片品村、くびれの下の三角が昭和村。「昭和」、平成大合併でも生き残ったのネ。(昭和と言えば、山梨県中巨摩郡昭和町(なかこまぐん しょうわちょう)も存続してます、秋田県南秋田郡昭和町(しょうわまち)は消滅して潟上市(かたがみし)の一部となってますが。)
この全ての地域を一つのJAでカバーしてるわけ。代表理事組合長はある意味沼田市長なんかより偉いのかもww。

大阪府和泉市
和泉市制施行60周年 ロゴマーク
井口靖久(70歳:群馬県高崎市:デザイナー)
和泉市60周年

これは2016年2月に次のデザインとともに決定された。

〔スローガンフォント〕
高橋里志(53歳:和泉市:自営業:ロゴヒット グラフィックス 代表)

公募のテーマは「萌えます いずみ 〜新たなパワーが芽生える躍進の和泉市〜」・・・ヤレヤレ┐( ̄ヘ ̄)┌。
ロゴマークは41点(うち市内8点)、スローガンフォントは11点(同 2点)の応募だったのに対し、審査は「市職員、市内各種団体、公募市民」の計85人に上ったとなむ。船頭多くして船 陸になんとやら。

因みに左上に見えてるのは仏ブルボン王家の象徴fleur-de-lis、ではなくて[泉]を図案化した市章です。前回のこれにもあったパターンね。

千葉県白井市
シンボルマーク
(作者不明)
〔1999年12月制定〕
白井市シンボルマーク

そして2017年、つまり今年の5月12日発表のこれに至る。

福岡県中間市
ロゴマーク
井口やすひさ(73歳:群馬県高崎市:デザイナー)
中間市ロゴマーク

ご当地では発表10日前の5月2日、現職市長 松下俊男が任期満了を目前にして病死しており(従って表彰式は副市長 後藤哲治により執り行われた)、そのせいもあってか活用はあまりされていないようです。

同時に選ばれたのは;

〔キャッチコピー〕
水野文乃(30歳:中間市:主婦)
「ちょうどいい生活宣言都市 なかま」

で、ロゴマークに添えられていた「人々は皆んな、なかま。」のフレーズは実際には使われていない。やれやれ、そりゃそうだろうな、Localityもないし、送り仮名も妙ちくりんだし。

さて、言いたいことはおわかりですかね?[かすれ]が共通している点?? Definitely NO!!
そうではなくって、その[かすれ]のパターンが全部同じなんです。つまり型紙があったのだ(x_x)(x_x)(x_x)。それを10年来、使い回してるってこと。まさかのことで、ツルも長いこと気がつきませなんだ。
いくらデジタル制作とは言え、それはツルにとっては愕然とする事実。美も醜も嘘も真もDetailにおはします。デザイナーがそういうところを面倒臭がってんじゃねえよと思うけど、ガイダー業界ではこんなのも常識なの??教えてよ、やすひさセンセ、えいいちセンセ。

2017年11月22日 (水)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [58](白井市シンボルマーク・千曲市章・木曽町章・串本町章)

(承前)

子育てと尼崎とこの国について回る面倒なあれこれを適当なところで(十分過ぎるよcoldsweats01)適当に切り上げましてと。
再び魅惑の丸ブーステージです。まずは平成大合併に先立つこれから。

千葉県白井市(しろいし)
シンボルマーク
(作者不明)
白井市シンボルマーク

-----
ふるさと白井の広がる未来と地域の調和を象徴しています。[輪]の色の[青]は空と水を、[橙]は梨と大地と稲穂を、[緑]は森と田園を表現しています。

[青]
空、水を表す
澄んだ空、きれいな水
[橙]
梨、大地、稲穂を表す
梨の実、豊かな大地
[緑]
森、田園を表す
やすらぎの森の緑
-----

橙が梨??ちょっとよくわかりません(笑)、そんなに何度も繰り返されたって。知恵の輪みたいに絡めりゃそれっぽくなると思ったわけだ。右下に何かちょこんとついているのは、これがなんと市章(1981年11月制定)。ご当地は平成大合併を経ていないので、丸ブー市章を手に入れることができず、代わりに当世風なシンボルマークを別途用意したと見たんだけれど、実際には1999年12月の制定なので、大変な先見の明ありですwink。でも市章とシンボルマークの両立というやり方が一般化していなかったので、このように折衷したものと思われる。こういうコブつきデザイン、どっちかというと「汚し」だと思えるのでキライだけど。

これを先行事例としてww、4年ほど下ると大合併の時代に突入する。

長野県千曲市
市章
尾浦孝夫(神奈川県横浜市)
千曲市章

-----
デザインは、「共生と交流の和・[環]をイメージし、千曲市の[千]を表現」したもので、市の将来都市像である「千曲川に月や花が映える共生と交流の都市(まち)」実現への願いが込められている。
-----

ナンのことやら(冷笑)。何も考えずに[将来像鸚鵡返し]の技をかけたということね。知恵の輪感、より強力です。でも定めしこういうのを「縮小に耐えないデザイン」というのであろうよ。

≪もっと頭使えやオラァsign03

ご当地は更埴市(こうしょくし)と呼ばれていた市(全く親しみの湧かない地名だ)が、近隣の更級郡上山田町・埴科郡戸倉町(はにしなぐん とぐらまち)と新設合併した自治体。合成地名を廃したとも言えるわけ。

-----
(2004.01.24 信濃毎日新聞 抜粋;適宜アラビア数字に変換)

千曲市の市章選考委員会は二十三日、市役所更埴庁舎で開き、今月中旬まで十八歳以上の市民を対象に実施した市章アンケートの結果が報告された。最も多く投票があったのは、横浜市内の男性の作品。今後議会に報告した後、正式に決定、告示する。二月下旬にも、市章と市旗のお披露目をする予定だ。

〔中略〕

選考委員長の橋本光明・信大教育学部教授によると、「二十一世紀らしい斬新さがある」と高く評価された。
アンケートは、市内在住の十八歳以上約53,400人を対象に投票用はがきを配布。22.8%に当たる12,158人が投票した。1位の作品は4,792人から支持があり、2位とは109票差だった。
千曲市の市章は、合併に先立ち昨年六、七月に全国から公募。集まった1,800点余の中から、市職員二十人による事前選考で約300点に絞り込み、行政や議会代表と美術・教育関係者九人でつくる選考委員会が5点を選んで市民アンケートをしていた。
-----

「合併に先立ち」とはちょっと引っかかる表現。本公募は、市章募集 → 新設合併 → 市章決定という流れだった。つまりむしろ「合併に先立ち」決定に持ち込むことはしなかった、というところにニュースバリューがあるのじゃないの?
おそらく、2割超という回収率は高い方なんだろう。でも、投票された12,158票を分母に取ってみても、トップの尾浦作品(得票率 39.4%)と2位の作品(同 38.5%)の差は0.9ポイントしかなかったので、相当競り合った末の辛勝であった(この2点で4分の3を占めたのだから、残り3点を大きく引き離したとも言えるが)。

平成大合併の中では、千曲市成立は2003年9月だから早い方に入るだろうけれども、ピークの頃は何でもありだった。

長野県木曽郡木曽町
町章
水谷 勉(大阪府藤井寺市)
木曽町章(応募案)木曽町章(最終版)

-----
木曽町の[キ]をデザイン化しました。
[青]は、澄みきった空気と水、豊な自然を表します。
-----

「縮小に耐えないデザイン」その2。自覚があったのか、最終的にスリットを広げたようです(なぜ発表段階からそうしなかった?)。

ここは町章募集 → 町章決定 → 新設合併の順当無難なプロセスで、2005年8月決定。水谷も親子ガイダーなんだよね、いつかまた取り上げるつもりだけど。

2006年4月になるとこんなものが制定された。

和歌山県東牟婁郡(ひがしむろぐん)串本町
町章
中村善則(北海道札幌市:デザイナー)
串本町章

-----
[串]の字をモチーフに、[緑]で陸地、[青]で大海原、[オレンジ]で人の力を表現し、それらの組み合わせによって人と自然が生み出す力、未来へと向かって伸び行く姿を表現しています。
-----

トンガリ感がだんだん前面に出てきました(褒める意味合いではなくて)。性的な暗喩もあるようなないようなww。厨坊男子あたりがはやし立てそうです。

こちらは新設合併 → 町章募集 → 町章決定のパターンで、表彰は新町発足1周年の記念式典で行われている。えらい念入りに運んだもんやな(笑)。
因みに(旧)串本町は西牟婁郡に属していたのが、行政面・経済面で東牟婁郡や新宮市(元は東牟婁郡だった)との結びつきが強かったため、2005年4月に東牟婁郡古座町と新設合併した際に東牟婁郡に移ったそうな。そんなのもありなんだ。

(続く)

2017年11月21日 (火)

雑感:新たな時代の予感

(承前)

ご当地キャラも目指してきたはずの「地方興し」に関連して、次の辛口記事も興味深かった。『本事業は、経済産業省の編集協力のもと、(株)日刊工業新聞社が運営しております』とクレジットされている。

-----
(2017.08.16 METI Journal 政策特集 地域の未来 Vol.5 抜粋)

ゆるキャラ、バズ動画、工場誘致…残念な地方創生はなぜ起こるのか

〔前略〕

「問題」と「課題」の混同
まずは「問題」と「課題」の混同だ。問題を解決するためには大きく3つのサイクルがある。(1)解決すべき問題の決定、(2)問題解決のための適切な課題の設定、(3)設定された課題を正確に実行するー。

〔中略〕

(1)の解決すべき問題の決定をするのは政治家(主に首長)だ。極論を言えば政治家はそのために住民から投票というカタチで選ばれている。どの問題を解決するのか、それをやってくれるリーダーを選ぶのが首長選挙である。

課題の設定は民間が得意
次に(2)の問題解決のための適切な課題の設定は民間が得意とする領域だ。理想と現実を的確に把握し、その差を埋めるための課題をロジカルに設定する力は民間企業の商品・サービス改善で培われている。そして最後の(3)の設定された課題を正確に実行することに関しては官(行政)が最も得意とする領域だろう。

そもそも行政は一定の試験に合格している人たちの集団。与えられた課題(タスク)を正確に時間内に処理する力の高い人たちの集まりのはず。一方で自ら課題を設定する機会は多くない。
自治体の施策といえば、同じようなイベントをやったり、ゆるキャラを作ったり、動画を作ったり…。果たしてそれが地域の問題解決につながるのか疑問なのに実施しているのは、適切な課題の設定が苦手な意思決定組織だからともいえる。

例えば、移住促進PR動画を公開したところ瞬く間に話題になり、再生回数が100万回を超え、全国放送でも何回も取り上げられた自治体がある。では、その後、移住者の数に変化はあったのか?統計を見る限りは、動画を公開する前よりもその自治体への転入者は減少している。
作られた動画のクオリティーはとても高く、面白い仕掛けもされていて、つい何度も見てしまう。動画の再生回数を増やす、という観点からすると大成功だった。ただ、これはあくまで動画のできが素晴らしかっただけであり、移住者を増やすために設定した課題が移住PR動画をバズらせる、ということにすり替わってしまっている。

〔中略〕

「目的」と「目標」の乖離
「問題」と「課題」の混同と同様に、自治体が陥りやすい残念な地方創生は、「目的」と「目標」が乖離してしまうケースだ。目標というのは「標(しるべ)」と書くようにどこか行きたい場所があり、そこに向かうために参考にする案内板のようなもの。実際の案内板にも◯◯まであと5kmと書いてあるように、目標は数値化もしくは言語化されている。一方、目的は「的(まと)」と書くように到達したい、もしくは到達すべき場所、状態のことを指し、必ず数値化・言語化できるとは限らない。
人口問題にあてはめてみよう。人口減少を少しでも緩和することを目的にすると、「毎年500人が減っていれば、それを300人に抑えて、30年後に人口◯万人の維持を目指す」となってしまう。施策の中に目標数値を入れること自体はよいが、この目標が「人口の絶対数」で正しいのかを冷静に考える必要がある。
日本の人口は2008年の1億2800万人を頂点に減少局面に入り、このままいけば2041年に1億人の大台を下回ってしまうと言われている。1億人といえば1966年の頃だ。

〔中略〕

人口問題の本質

〔中略〕

地方創生の文脈において「人口減少が問題だ」と指摘されるが、厳密に言うと、人口減少自体が問題なのではない。地域にとっての本当の問題はその地域の持続可能性が損なわれ、地域が消滅してしまうことである。それを防ぐために地域の持続可能性を高めることが大事なのだ。

持続可能性を保つ
それを踏まえて地方にとっての目的は何かというと、「地域に根ざす伝統や文化、産業、経済などを次世代(=若者)につなぎ、進化させ、地域の持続可能性を高める」ということになる。
では、地域の持続可能性を高めるためには何を標としなければならないのか。それは「地域の人口構成をドラム缶状に整える」ことだ。その地域の適切な人口は、面積や産業、交通事情、周辺の地域との兼ね合いなどで変わる。しかし、どんな地域においても、人口構造が歪(いびつ)であれば、その地域の持続可能性は損なわれていく。
多くの若者が都会に出てしまって帰ってこなければ、そのうちその地域から出産適齢期の女性がいなくなり、子供が生まれなくなる。逆に子供がたくさん生まれ、若い人がどんどん増えてくれば(昔の日本がそうであったように)働き口が不足してしまう。地方で廃校が増える問題も、都会で待機児童が出る問題も人口減少自体が原因なのではなく、「人口構造が歪なること」で発生している。

世代間の歪みを是正

〔中略〕

つまり、地方創生における地方側の目標は人口の絶対数に置くのではなく、世代間人口の歪みの是正に置くべきで、各年齢層の歪みを何%以内にする、といった数値を目標にしなければならない。
また、目標は目的との最短距離上に設定することを心がけないといけない。そうでなければ、目標は達成しているけれど、どんどん目的から離れていく、といった疲労感しか残らない残念な状況に追い込まれる可能性があるからだ。

観光客を増やしてもダメ

〔中略〕

例えば、たびたび人気の温泉地ランキングでもトップ10に入るある温泉地。平日でもたくさんの観光客で賑わう。ではさぞかし地元は活性化しているのだろう、と思って人口動態を見てみると、高校を卒業した若者がどんどん町外に流出し、人口流出率は県内でトップだったりする。
この背景は観光産業が地元経済への波及効果を産んでいないことが要因だ。仮に年間数千万人単位の観光客が来て、温泉を楽しみ、飲み食いをして、宿泊しても、食材は県外産がほとんど、ホテルは東京資本となれば、消費されたお金は地元に還元されにくい。結果としてその他の産業に波及せず、雇用が生まれない。
本当に観光で雇用を作り地方創生につなげるのであれば、観光客数だけでなく、一人あたりの消費単価、域内調達率(顧客に提供された商品・サービスがどれくらい域内で付加価値が付けられているか)の3つの因子を見ることが大事になる。

工場誘致は逆効果も
工場誘致に関しても同じことが言える。そもそも地域は雇用を作る必要があるのか、製造業は雇用吸収力が高いのか、の2点を考える必要がある。現在、多くの地方都市は事務職以外の職種はすべて求人数が求職者数を上回っている。つまり、事務職以外の職種は人手不足の状況で雇用をしたいけど、働き手が見つからない、という状況に陥っている。
これは景気がよいからではなく、少子化と若者が流出した結果、生産年齢人口が縮小していることが原因だ。製造業についてはその傾向が顕著で、ただでさえ人手不足に頭を悩ませているのに、そこに工場を誘致したら地場企業の経営をさらに圧迫するだろう。
ゆるキャラやPR動画だけでなく、地域の活性化に直結すると思われていた観光客増加や工場誘致も現在の環境だと逆に地域の重荷になってしまうことがある。行政の意思決定者は基本的に50歳以上の経験豊富な人が多い。その経験がときには思い込みにかわり、施策に反映される。だからこそ、データや根拠にもとづき、論理的に施策を組み立てることが大切なのだ。
-----

寄稿したのは宮崎県日南市のマーケティング専門官、田鹿倫基(たじか ともき)、1984年生まれ。民間から転身した、つまり上記(2)の出身の人です。
結構、目から鱗。経産省が関与してる(?)からこそこんなことが書けるんだろう、総務省とはまた立場も違うはず。

2017年11月20日 (月)

雑感:一つの時代の終わり

今年もあのグランプリの結果が発表されたらしい。千葉県内の某キャラクターが栄冠を勝ち得たようですが、それはさておき、ゆるキャラ好きにはもっと気になる(であろう)ニュースが報じられていた。

-----
(2017.11.19 時事通信)

ゆるキャラGP、終了検討=20年めどに ― 実行委会長

ご当地キャラクターの人気投票イベント「ゆるキャラグランプリ」の西 秀一郎実行委員会会長は19日、同イベントを2020年をめどに終了させることを検討していると明らかにした。
三重県桑名市のナガシマリゾートで、時事通信の取材に応じた。
西会長は理由について、「ゆるキャラで地方を元気にと思ってやってきたが、自治体の人がやればいいことだと思う」と説明。「20年くらいで終わりにしたい。グランプリを続ける、続けないはみんながもっと考えてくれるといい」と語った。
-----

そうじゃないでしょう??
「ゆるキャラグランプリで好成績を収めること」が自己目的化しているケースも多々見られる以上、この「目標」がなくなってしまえば、キャラの新規制定も、あるいは既存キャラの着ぐるみの経年劣化に伴う再作成も、予算は下りにくくなるでしょうね。息の根が止められることを意味していると思う。
読売系のスポーツ紙には多少突っ込んだ切り口で出ている。

-----
(2017.11.21 スポーツ報知)

ゆるキャラGP、2020年で終了へ 11年震災復興でスタート、一つの区切り

〔前略〕

地方自治体のご当地キャラクターなどの日本一を決める「ゆるキャラグランプリ(GP)」が東京五輪・パラリンピックが行われる2020年をメドに終了する見通しとなったことが20日、分かった。西 秀一郎大会実行委員会会長(54)がスポーツ報知の取材に応じ「20年にはオリパラも行われており、一つの集大成になれば」と話した。

〔中略〕

西会長は「GPが始まった2011年には東日本大震災があり、復興が大きなテーマだった」とし、「20年にはオリパラも行われるので、GPも一つの区切り。集大成になるでしょう」と語った。ゆるキャラについては「人口減の続く地方はヒト・モノ・カネを集めるため、観光などを通じて知恵を出し合ってきた。ゆるキャラも地方創生という大きな目的を達成するための手段の一つでした」と意義を強調した。

〔中略〕

16年4月に熊本地震が発生した際、県は復興を応援するシンボルマークと旗印「くま紋」を制作。16年の食品などの関連グッズの売り上げは1280億円を記録した。東日本大震災の被災地のゆるキャラとも交流することで、復興支援の輪も広がった。
これまでGPの運営は西会長を中心とする大会実行委員会が行い、IT大手「ヤフー」や銀行などの地元企業などが協力してきた。関係者によると、今後は別のイベントとして、各自治体などが持ち回りで主催する形が検討されている。

〔後略〕
-----

完了形で語られるにはあまりに早過ぎると思うし(謎)、「被災者=ゆるキャラによる癒しを受ける者」という図式もやや短絡的と思いますが(cf. 2012.11.24〜25「やめちゃいけないキャラもあろ。」)。

2020年にオリンピック・パラリンピックを開いてしまった後には、日本は確かに今度こそ人口減少の問題に真っ正面から向き合わねばならないだろう。そこまでの「つなぎ」ということなのですかね、ご当地キャラの役割は。

あ、そう言えば、東京五輪マスコットの最終候補3点の発表、来月7日になったんだよな。全国の2万1千校の小学校に選考はがきも発送されたらしい。21世紀初頭の日本に華開いたキャラクター文化(マンガ文化とはまた違う)の最後の光芒となるんだろうか?

(続く)

2017年11月19日 (日)

【番外編】當世尼崎近松生世話狂言 − 参段目(尼崎市100周年 パロディ)

(承前)

本件に関連して、国立国会図書館の「カレントアウェアネス・ポータル」サイトの中にある「レファレンス協同データベース」で興味深い情報を発見した(適宜抜粋)。

-----
(2017.01.05)

レファレンス事例詳細

提供館
尼崎市立地域研究史料館

質問
平成元年(1989)頃に尼崎市で近松門左衛門に関するシンボルマークが定められた経緯について知りたい。

回答
尼崎市久々知の日蓮宗寺院・広済寺(こうさいじ)には、江戸時代の浄瑠璃作家・近松門左衛門の墓があり、昭和41年(1966)に国の史跡に指定されています。尼崎市では、昭和61年の市制70周年を機に、近松をゆかりの文化人として文化振興のシンボルとする「近松ナウ」事業を開始し、毎年9月から11月にかけて演劇を中心とするさまざまな催しを開催するほか、近松の墓や昭和50年に建設された近松記念館などを核とする「近松の里」の整備などに取り組みました。
シンボルマークは、その一環として制定されたものです。

『市報あまがさき』第936号(平成元年−1989−9月5日付)にシンボルマークの募集要項が掲載されており、「人びとに親しまれ『近松と出会う街・あまがさき』を象徴するような、近松門左衛門の人と世界をモチーフにした」意匠をB4判ケント紙で作成することとあります。作品募集は同年12月1日に締め切られ、全国から390点の応募がありました。審査の結果、近松の作品・時代を象徴する[まげ]と尼崎市の頭文字[a]を組み合わせた、宝塚市・藤井弘明さんの作品が最優秀賞に選ばれ、現在にいたるまで活用されています。

回答プロセス
1 以下の文献を紹介した。

◆『近松のまち あまがさき』(尼崎市市民局文化室編, 尼崎市発行, 1991)
「近松ナウ」事業推進のため設置された尼崎市近松懇話会(座長・米山俊直氏)のメンバーや市民からの近松に関する寄稿、近松の年譜や作品紹介などを掲載し、近松ナウ事業の一環としてシンボルマークを制定したことを紹介している。

◆『市報あまがさき』第936号(平成元年9月5日付)
シンボルマークの募集要項を掲載している。

◆『市報あまがさき』第948号(平成2年3月5日付)
シンボルマークが決定されたことを紹介している。

備考
近松シンボルマーク(尼崎市ウェブサイト、平成29年1月5日確認)
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/chikamatu/055chikamatsu_mark.html

調査種別
文献紹介

質問者区分
社会人

解決/未解決
解決
-----

米山俊直!お懐かしや、京都大学教養部の名物教授だった文化人類学者ですな(1930.09.29〜2006.03.09)。

しかし、いやー、助かりますよ。ツルの知りたい情報が余さず出てるもん(爆)。
市とあきんど倶楽部が協議を持ったのは2017.02.07。先立って調べた「質問者」の「社会人」とはどちら側だったんでしょうねェー。(ツルは、記者じゃなかったのかという気もするけど。それとも学者とか?)

も少しおまけ。
本件でもう一つ気になるのは、2017.04.12の産経新聞記事の冒頭に出ていた、尼崎市100周年ロゴマークにまつわるゴタゴタのことです。

-----
昨年9月、尼崎市議が作成した市政を揶揄する市政報告のビラが問題になった。発端は市民からの通報。もとは昨年[*]、市制100周年を記念して市が作ったロゴのコピー「知れば知るほどあまがすき」。笑顔になるようデザインされた「100」の文字も泣き顔に変えられた。
-----

[*] 尼崎市が100周年を迎えたのは2016.04.01だが、当該テーマの決定は2014.07.22、ロゴマーク↓の発表は2014.10.06。∴「昨年」は正確ではない。

【2015.05.20「百年に一度の邂逅:B」】
兵庫県尼崎市
尼崎市市制100周年 ロゴマーク
北側利彦
尼崎市100周年
 ↓
市政報告ビラ
光本圭佑(37歳:尼崎市議会議員:維新の会)
尼崎市100周年パロディ

うはははは。ここは是非ともジモティ北側のコメントが取りたいところである。パロディとしては極上じゃありませんか。

当時の記事に当たってみますと。

-----
(2016.09.07 読売新聞 抜粋)

〔前略〕

ビラは8月に約7万5000部を配布した。同市が制定を目指す自治基本条例の中身を批判する記事で、[100]の三つの数字をそれぞれ擬人化して[笑顔]にしたロゴのデザインを[泣き顔]に改変。さらに、「知れば知るほど“あまがすき”heart」というフレーズを「知れば知るほどあまが危機!!」と書き換えていた。
市のガイドライン(運用指針)ではロゴの加工を禁じており、使用には申請が必要と規定。光本市議は市からの改善要請を受け、増刷分からロゴを外した。
同市議は「市政への関心を持ってもらいたい一心でロゴをパロディー化した。ガイドラインを知らず、関係者に不快な思いをさせてしまったことは申し訳ない」と話している。
-----

問題はむしろ、これを政治活動に用いたことなんだろうな。「ガイドラインを知らず」とは大いにうつけたところではあるけれど。アノ政党の所属であったことも手伝ってか、ネット上ではプチ炎上したようですが、いちいち取り上げません。

-----
(2016.09.06 朝日新聞 抜粋)

〔前略〕

ビラは8月上旬、市内で約7万5千部配布したという。市が制定を目指す自治基本条例について、「全国の自治体で左翼系勢力が推進している」などと批判する記事に付けていた。
市によると、8月4日に市民からビラを問題視する声が寄せられた。

〔後略〕
-----

政治的信条とは各人に差があるものであって、それを異にする陣営からはツッコミを受けやすい、単なる「シャレ」では済まされへんでってなことに、なぜ予め思い至らなかったのだろうか。議員センセイともあろうお方が。

でも結局、一連の事象で一番割りを食ったのは、尼崎市自身だったんじゃないですかね。シンボルマークの著作権管理一つ満足にできてなかったことが露呈しちゃったわけだから。およそ「文化振興」にふさわしくないよ。

2017年11月18日 (土)

【番外編】當世尼崎近松生世話狂言 − 弐段目(尼崎市近松シンボルマーク・尼崎あきんど倶楽部)

(承前)

一体、双方どんなマークであったのか。

兵庫県尼崎市
近松シンボルマーク
藤井弘明(兵庫県宝塚市)
〔1990年3月発表〕
尼崎市近松シンボルマーク

兵庫県尼崎市
尼崎商工会議所
尼崎あきんど倶楽部
ロゴマーク
〔1999年頃使用開始〕
尼崎あきんど倶楽部

こりゃーさすがにまずいっ。しかし問題は少々違うところにありそうです。

類似を指摘された側は、次の文章をサイトに載せた。

-----
尼崎あきんど倶楽部のロゴマークに関する一部報道に対する当倶楽部の見解と今後の対応について

今般、当倶楽部のロゴマークが「近松のまち あまがさき」のシンボルマークを流用したかのような報道がされました。
しかしながら、当該報道については、一部事実誤認も見受けられますので、本件の経緯についてご説明をさせていただきます。
当倶楽部のロゴマークが策定されたのは今から20年ほど前になります。
策定時、尼崎市との間で明確な文書でのやり取りはありませんでしたが、尼崎市から当倶楽部のロゴマークについて類似性が指摘されることはありませんでしたので、当倶楽部は尼崎市からロゴマークの使用について了解を得たものと理解しておりました。
その後、尼崎市から平成25年頃に当倶楽部のロゴマークに関し、近松のシンボルマークとの類似性に関する指摘がありましたが、当時の指摘は使用の差し止めやロゴマークの変更を求めるようなものではありませんでした。
そのため、当倶楽部はその後もロゴマークを記載した記念品を市役所内に掲示するなどしましたが、その際も尼崎市から特段指摘を受けることもありませんでした。
ところが、平成28年、尼崎市市制100周年のロゴマークを市議会議員がパロディ化したことが公になったことをきっかけに、尼崎市から当倶楽部のロゴマークと近松のシンボルマークの類似性が指摘され、ロゴマークを変更するように求められました。
当倶楽部は当初、尼崎市から当倶楽部のロゴマークについて承諾を得たものと理解しており、変更の必要性はないと考えておりました。
もっとも、当倶楽部としても、ロゴマークの使用の承諾に関する文書がなく、尼崎市と当倶楽部双方とも当時の担当者が退職もしくは退会してしまっているなどの事情があること、当倶楽部が尼崎市の発展に寄与することを目的とする団体であり、尼崎市との間で混乱を引き起こすことを望むものではないことから、平成29年2月7日、尼崎市との間で協議を行い、今後の混乱を避けるために、当倶楽部が新たなロゴマークに変更することで双方が合意するに至りました。
現在、当倶楽部では、尼崎市との合意に基づき、法律の専門家の意見を踏まえて変更作業を進めているところです。
なお、上記尼崎市との合意では、平成29年3月31日以前に当倶楽部において製作したグッズ(幟、法被等)については、ロゴマークを変更することなく使用することが認められております。
本件の経緯は以上のとおりであり、一部メディアで報じられている内容は事実と一部異なるところがあり、当倶楽部としては、本ホームページを通じ当倶楽部の見解と今後の方向性について公表するものでございます。
上記のとおり、今後当倶楽部では法律の専門家の意見を踏まえて新たなロゴマークに変更する作業を行っております。
新ロゴマークが決まりましたら当倶楽部のHPでご案内をさせていただきますが、当倶楽部では新たなロゴマークに変更した後も、メンバー一同が気持ちを新たにし、今まで以上の事業活動を行ないながら、尼崎市の活性化に取り組んでいく所存でございます。関係各位の皆様方におかれましては、なお一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年4月25日
尼崎あきんど倶楽部
会長 下境田 耕治
-----

・・・どこが「事実誤認」なの?つまりは、「3年ほど前から」「市職員がデザインの変更を求めていた」のか、「指摘は使用の差し止めやロゴマークの変更を求めるようなものではなかった」のかという点、および、2017年2月の協議が「物別れに終わった」のか、「合意に至った」のかという点だと思うけど、そこらは本質的な問題ではないのではないかしらん。少なくとも前者は事実確認ではなく解釈の入り込む問題でしょうし。
それに「双方とも当時の担当者が退職もしくは退会してしまっている」から、「100周年のロゴマークを市議会議員がパロディ化したことが公になったことをきっかけに」指摘を受けたから、だからどうだというのか?
この一文を読んで、「ああ、そういう事情があったのなら仕方がないな」とはとても思えない。外部の目には単に「流用を認めて継続使用を断念した」のと違いは見えず、身の証しを立てることには成功してないわけです。

≪ちーがーうーだーろー!≫

この話の素性の悪さはひとえに、「会員の一人がマンホールにデザインされた近松のロゴを気に入って」同倶楽部のロゴが作られたこと(上記の文章ではそのことには触れられていないが)、これだけ酷似していて、かつその旨の指摘を遅くとも2013年頃からは受けていたのに、使用を控えようと言い出す者がいなかった(らしい)こと、そして「なあなあ」の状態が長らく続けられてきたこと(これは市側の問題でもあるが)、それら自体にある。
「降って湧いた災難だ」、「暖簾分けしてもらったはずなのに」といった意識もほの見えるけれども、原因は内なるところに在ったのだと思う。みんな、少しずつ、自分に都合のよいように、事実を引き寄せているのね。
結局、お互い自分自身のIdentity戦略を突き詰めて考えていなかったということではないのかしらん。

既に尼崎あきんど倶楽部サイトでは、しゃらっと新バージョンに差し替えられている。「当倶楽部のHPでご案内」をした形跡は残ってないんですが(反論の文章は残っているのにだeye)、いつの間にやったんですかねえ。

(変更前)
〔1999年頃使用開始〕
尼崎あきんど倶楽部(変更前)

 ↓

(変更後)
〔2017年使用開始〕
尼崎あきんど倶楽部(変更後)

あぎゃー、まさかそんなぁhappy02。これじゃ尼崎じゃなくて釜ヶ崎じゃねーかよpunch。パロディとしては格が上がりましたがねsmile

(続く)

2017年11月17日 (金)

【番外編】當世尼崎近松生世話狂言(いまはやり あまがさき ちかまつ きぜわきょうげん) − 序段

既に旧聞に属しますが、春先、こんなことが報じられていた。

-----
(2017.04.12 産経新聞【関西の議論】 抜粋)

兵庫県尼崎市が作成した江戸時代の人形浄瑠璃作家、近松門左衛門をモチーフにしたロゴマークに“そっくりさん”の存在が明らかになった。酷似したロゴマークの出どころは市内の商店主らでつくる「尼崎あきんど倶楽部」。市のロゴは公募で平成2年に誕生、同倶楽部は11年ごろから使用を始めたとみられ、「市の了解も得ている」と主張するものの記録は残っていない。知的財産権に詳しい専門家が「明らかなパクリ」と明言するロゴ。市はロゴの変更を求めているが、果たして解決の糸口は…。(沢野貴信)

無断改変は著作権侵害
「知れば知るほどあまが危機」
昨年9月、尼崎市議が作成した市政を揶揄する市政報告のビラが問題になった。発端は市民からの通報。もとは昨年、市制100周年を記念して市が作ったロゴのコピー「知れば知るほどあまがすき」。笑顔になるようデザインされた「100」の文字も泣き顔に変えられた。
市が問題視したのは無断で市のロゴを改変、使用したことだ。市議もブログで反省の言葉を載せ、著作権侵害問題は一件落着と思われたが、騒動は別のところにも転がっていた。

市内の商店主らでつくる異業種交流団体「尼崎あきんど倶楽部」のロゴが、市が平成2年から使用するロゴとそっくりだったのだ。
市のロゴは近松の[ちょんまげ]と尼崎市の頭文字の[a]をモチーフにデザインされた。色は単色。一方、あきんどのロゴは[商]の文字が加わり、円の周囲に「尼崎あきんど倶楽部」「尼崎商工会議所」の文字が配置され、単色だったロゴは[青]と[緑]の2色になっている。
市のロゴは商標登録こそされていないが、市が著作権を管理。一般使用に関しては市への届け出制を取っているが、あきんど側から申請された形跡はないという。
実は、市は3年ほど前から、あきんどのロゴの存在を知っていた。市職員がデザインの変更を求めていたのだ。しかし、変更されるどころか、あきんどは市長が出席するイベントでも自分たちのロゴが入った法被などを着て参加するなど使用を続けた。市の担当者は「いつか変更するだろうと思っていた」と話すが、事実上、黙認状態となっていた。
市は昨秋、改めてあきんどにロゴの変更を求めた。その際、意外な事実を知らされる。そっくりロゴの使用開始が11年ごろで、20年近く無断使用されていたことが判明したのだ。
このため、市とあきんどの関係者が今年2月7日、市役所で話し合いの場を持った。関係者によると、「ロゴを変えてほしい」と伝える市に対し、あきんど側は「長く使ってきて愛着がある」と答え、物別れに終わった。

あきんど側の主張は…
あきんど関係者に「あきんどロゴ」誕生の経緯を取材したところ、あっさりと“流用”を認める答えが返ってきた。
「会員の一人がマンホールにデザインされた近松のロゴを気に入って、あきんどのロゴを作った」
ただ、“流用”との指摘に、関係者は「市にも了解を得ていると伝え聞いている」と困惑する。
あきんどは8年、JR塚口駅周辺の市北部の活性化を目指し、地元商店主らで結成された「尼崎北あきんど倶楽部」が前身。18年に活動範囲を全市に拡大し、会員も200人を超える。バッジや法被といったグッズを作るなどロゴへの愛着は深い。
20年近く使用を続け、最近になるまで本物を管理する市からのクレームもなかったという。あきんどがまちおこしで利用するポスターなどにも、当たり前のように使用されていただけに、「なんで今さら」という思いもあるようだ。

市とあきんどに記録が残っておらず、双方の関係者は口をそろえて「当時、それなりの立場にある人同士が口約束をしていたのでは」と推測する。
お互いに市のまちおこしにつながる活動を展開している関係上、双方とも強く主張できない状況だが、市関係者は「著作権などコンプライアンスの問題からもまずい。ロゴを変えてもらわないと…」と語る。

なぜ近松ゆかり?
なぜ、尼崎市のシンボルが江戸時代に活躍した人形浄瑠璃作家の近松門左衛門なのか。
近松は晩年、同市内の寺院「広済寺」で執筆活動に励んだと伝えられ、本堂脇には国指定史跡の「近松の墓」もある。市では、ゆかりの人物として認知されているという。
近松没後250年、市制70周年に当たる昭和61年。そんな「超文化人」を市は文化振興のシンボルとして登場させた。「公害のまち」といったマイナスイメージの払拭を目指した。
近松ロゴは平成元年に一般公募され、全国から集まった390点の中から兵庫県宝塚市の男性の作品が選ばれた。尼崎市をPRするリーフレットやポスター、マンホールのデザインなどで使用されたほか、ロゴが刻印された手焼きせんべいや巻きずしのパッケージなど、ロゴを活用した商品も次々と誕生した。

著作物は「個性が出ているものが対象」
知的財産制度に詳しい大阪工業大大学院知的財産研究科の大塚理彦教授に、市とあきんどのロゴを見比べてもらったところ、「これは丸パクリ。著作権侵害の可能性が極めて高い」と強調する。
大塚教授によると、全てのロゴが著作物になるのではなく、「デザインした人の個性が出ているものが対象」という。近松のロゴの場合、[a]の下の空間を塗りつぶしたり、英字をベースに[ちょんまげ]を表現したりしている点が個性だといい、「簡単にできるものではなく、創意工夫がすごく出ている」と著作物として評価する。あきんどが使い続けるには「市に認めてもらったことを立証する必要がある」と話す。

〔中略〕

高まる知財管理意識
商標や特許といった知的財産に対する意識は高まっている。特許庁によると、27年の商標登録出願件数は約13万1千件。25年以降、3年連続で出願数が増加しているという。
盗用被害や類似ロゴの使用を防ごうと、商標登録を進める自治体も。

〔中略〕

尼崎市の近松ロゴをめぐっては、あきんど側がロゴの変更も視野に検討を始めたという。市とあきんどが「市の発展のため」と同じ目的を掲げていても、“なあなあの関係”だとトラブルが起こるという実例を示している。
-----

なんだか、ツッコミどころの多い内容ではある。論理に微妙にバイアスがかかっているし、「知れば知るほどあまが危機!!」の枕は話の本筋には関係なさげ(大伏線)。省略した箇所には、葵の御紋の商標化をめぐる公益財団法人 徳川ミュージアム(東京都世田谷区)vs 株式会社ヤナギヤ(茨城県水戸市)の争いとか、兵庫県三田市(さんだし)の三田産ロゴマーク制定に際して商標登録を出願したとかの話が出ているけれど、これらも然り。学者先生に説いてもらわんでもこれがマズイってことぐらいわかるわいな。
あれこれ枝葉を繁らせるより、むしろここで例示しなきゃならないのはお隣の大阪府「モッピー」の永年愛称かぶりの件じゃなかったのかね(cf. 2014.07.12「ゆるキャラ大量受難時代、だと?」)。いや、本件の引き金を引いたであろうはずの、2015年後半の東京五輪エンブレム盗作騒動に一切触れていないことこそ不思議。

それはそれとして、詮議してみますか。

(続く)

2017年11月16日 (木)

【番外編の番外編】ガイダー縁起絵巻:残闕(新潟県ハッピー・パートナー企業・明石海峡観光PR)

(承前)

フン、このネタがそうおとなしく終わると思うたか。信貴作品で最も奇妙な味わいを持つのはこれである。

新潟県
新潟県男女共同参画推進企業(ハッピー・パートナー企業)シンボルマーク
(優秀作品)
信貴正明(新潟県燕市:グラフィックデザイナー)
ハッピーパートナー企業 新潟県(正明案)

2009年11月発表。これ、気持ち悪いとしか思えんのですよねーーー、ツルは。おそらく県の花[チューリップ]をモチーフにしてお決まりのパターンに仕立てたのだろうけれど、キメラ的半陰陽で男女が融合しちゃってるわけです。それって趣旨的にどうなのよ。よしんば性的Diversityのシンボルマークであったとしても、まともに使えないわよ。
こんなことするぐらいなら、「グラフィックデザイナー」としての技を磨いて自分の引出しをもっと増やしなさいよ。

こりゃさぞかし応募が少なかったのだなと思いきやさにあらず。314点も集めた(県内在住・通勤・通学者限定だった)というのだから恐れ入ります。

(優秀作品)
小柳孝則(新潟県三条市:専門学校生)
信貴正明

でも、これしきでのけぞっているわけにはいかぬ。本公募で採用されたのはこの作家であった(*_*)(*_*)。

新潟県
新潟県男女共同参画推進企業(ハッピー・パートナー企業)シンボルマーク
信貴美和(みわ)(新潟県燕市:主婦)
新潟県ハッピー・パートナー企業

-----
ハッピー・パートナーの頭文字[H]と[P]を擬人化し、[握手]する姿で男女が対等な立場で協力し合う理念を表すとともに、両者の笑顔で職場環境への満足感を表現しました。
-----

出ましたーーーshineshine、信貴一族の片割れ。御両人打ち揃って誠に御目出度い限りですshineshine。見分けるポイントは「ハッピー・パートナー企業」か「ハッピーパートナー企業」かってとこ(爆)。
"Home Page" か "Hewlett Packard" かって感じ。何やら利香ちゃんのこれも彷彿とさせる見てくれやね。

【2017.03.04「大御所劇場 四幕目:春は残酷である」】
兵庫県神戸市
こうべユニバーサルデザインフェア2005 シンボルマーク
杜多利香
〔2004年8月表彰〕
こうべユニバーサルデザイン

最優秀作品は1万円の図書カード、優秀作品は5千円の図書カードが出されたので、信貴一族にはトータルで15,000円の実入りがあったことになりまス。ですよね、新潟県県民生活・環境部男女平等社会推進課さん(20文字)。
県の発表資料には、冒頭の正明作品画像は作者名を伏せた形で掲載されている。てことは、それを匿す意図があったということだね。

信貴美和の名義は、信貴正明に混じって時たま見つかるけれども、実体/実態はご多分に漏れずまるで不明。この借名問題に関しては、某公募系BBSに次のような書き込みが残っている。

-----
132:2006/01/14 14:48
佐賀市章一人一点はきついな
田舎の親父の名前を借りるか

134:2006/01/14 18:02
親父の名前で応募しても、入賞しなきゃ出す意味ないし、
採用されたら連絡が親父さんの方へ行くと思うけど、
事務局の担当者から、デザインの趣旨を確認したい!だの
データの形式は?だの、DICは何番?だの、色の意味は?だの
聞かれたときのために、親父にレクチャーしとかなきゃならないし、
親父に嘘つかせ通すのも大変だと思うよ〜〜。

それに、賞状は親父の名前だし、
プレスやネットに掲載されるのも親父の名前だし、
賞金だけが目当てならそれでもいいかもしれないけど・・・

660:2006/02/28 16:03
K藤元市氏(70歳)K藤ハツネ氏(68歳)K藤和久氏(41歳)
夫婦・親子じゃないかと推測しても不思議ではない年回り

S貴正明氏(42歳)S貴美和氏(38歳)は夫婦?兄妹?アカの他人?
よみが、ミワじゃなく、ヨシカズの男同士?
-----

ふうむ。「しぎ みわ」であることは確かだけれど、それ以外の関係性はわかりません。ましてや真実の作者は。
で、「一人1一点」の制限つきだったんですか?「賞金だけが目当て」だったんですか?信貴センセ?

まだまだ驚愕は続く。

明石海峡周辺地域連携会議
明石海峡周辺地域観光PR ロゴマーク
小柴雅樹(兵庫県宍粟市)
明石海峡観光PR

-----
[明石海峡大橋]でつながる、神戸市垂水区・明石市と淡路市の市民の笑顔を組み合し、まちの魅力を発信し、観光客をお迎えする笑顔、交流の笑顔をデザインしました。
-----

ぎょえー、小柴センセまでが(;゜∇゜)。気持ち悪さは半減してると思うけど、それはともかく発想はおんなじ。
決定は2014年10月で、こちらの賞品は10万円の旅行券、応募総数208点。小柴センセは大変効率的に立ち回られましたようでWW。

同会議は、本土側の明石市・垂水区、淡路島側の淡路市に加え、本州四国連絡高速道路株式会社が構成メンバーとなっている。事務局となったのは明石観光協会。ちょっと意外なのは神戸市須磨区が入ってないことですかね。源氏物語の昔から、須磨と明石はワンセットで語られる土地でしょうに。
しかしその風光明媚の地、須磨区も、今ではこんなものに成り果てて・・・

-----
(Wikipedia)

2014年(平成26年)5月8日に「日本創成会議・人口減少問題検討分科会」が発表した2040年人口推計結果で、20歳から39歳までの若年女性の減少率が2010年(平成22年)比で51.4%となり、「消滅可能性都市」の1つとされた。
-----

すごく意外。

それはさておき。作品の良否の波が激しいのと、安定的にテンプレなのと、どちらがマシなんですかね。「作者を語るにその最低の作品を以てせよ」というツルの基本スタンスから言えば、どっちも×だということになっちゃうんですがね、あーあdespair

2017年11月15日 (水)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その196:なら子育て応援団キャラ・新潟県イクメン応援宣言企業・梼原町ナンバープレート)

(承前)

-----
この先進県が、地域に根差した、ここにしかない新たな取り組みを展開することを願って、ここはキレイに筆を置きます(^_-)。
-----

愚blogでこういう風に書いたひにゃ、絶対キレイに終わりっこないのよ。フフフフフ。

前回の最後に取り上げた2016年11月発表の公募で、次点にこんなのが入ってました。

奈良県
なら子育て応援団
キャラクター
(優秀作品)
佐藤健二(大阪府)
なら子育て応援団キャラクター(佐藤健二案)

おおsign03【その192】で仕留めた今井健二と推定同一人物の関係に立つwww佐藤健二ですかsign01この名義を取り上げたのは【その159】のことでしたな。

これ、何の動物ですかねえ?奈良つっても、まさかこれで鹿なん?リス?それともウォンバットっすか!?ずっと見てるとミミズクみたいにも思えてくる。しかし鹿は♂にだけ角が生えるから、これはやっぱり[♀鹿]でいいのかいな。[地名]入りの[抱っこ紐]で[子供]を抱いて[ハート]を玩んでいるわけですが、媚びを帯びつつも微妙ぅぅに悪魔ちゃんテイストが忍び込んでいるのがなかなか多義的、ウフフ。

この公募では作者コメントも選評も公表されなかったようだけど、でも何か見覚えが・・・やっぱこれか。

【その177】
山口県光市
おっぱい都市宣言のまち イメージキャラクター
(特別賞)
塩崎歩美
〔2014年8月発表〕
光市おっぱい都市宣言のまちキャラクター(歩美案)

ほれ、ウォンバットでしょ(いや、そりゃ[カンガルー]ですけど)。こうして再生産がかけられることによって、価値は相互に下落していくのね。

〔キャラクター〕
(最優秀作品)
筒井明日実(京都府)

(優秀作品)
佐藤健二(大阪府)
前田昌克(大阪府)

次点を分け合った前田作品は、素性不詳の生き物↑をピンクの♂鹿に置き換えて応援団の鉢巻きを締めさせただけの風情、もう、とほほです(;´д`)。

結局、一口に「子育て支援」と言っても、[A]内容を明示するものと[B]明示しないものがあるんじゃないか。
これまでなんとなく、(1)カード提示型と(2)企業登録型とに分類してきたのはともに[A]に属することになる。[B]はそこに属さない or どちらをも包含する or 施策自体が明確でないものという整理ですかね。

上掲の「なら子育て応援団」は[B]の例ということになるんだろう。他には;

【その186】
滋賀県長浜市
子育てを応援するまち長浜 ロゴマーク
塩崎榮一
〔2015年3月発表〕
子育てを応援するまち長浜

あたりが挙げられよう。

[A]の例としては;

【その141】
滋賀県
滋賀県子育て応援住宅認定マーク
塩崎榮一
〔2014年11月発表〕
滋賀県子育て応援住宅

などもあったけれど、こんなのはどうでしょう。奈良と同じ2016年、9月の発表。

新潟県
イクメン応援宣言企業(新潟県男性育児休業等応援宣言企業)シンボルマーク
(優秀作品)
塩崎榮一(大阪市:グラフィックデザイナー)
新潟県イクメン応援宣言企業(榮一案)

幼児の表現がいつもどおりなのは軽く流すとしてsmile、ああやっぱり昭和のかほり、この横顔。テンプレから離れると途端に古臭くなる。[ネクタイ]でパパを表したのは、実は採用作品も同じ。そこがグランパ世代の限界です、おそらくは採用側もネ。

(最優秀作品)
居関孝男(京都市:グラフィックデザイナー)

(優秀作品)
塩崎榮一
古俣(こまた)莞奈(新潟市:専門学校生)

因みに当時榮一は75歳(cf.【その58】)、居関も66歳(cf. 2017.08.23「珍説弓張板/Lunatic Bow」)だったはず。

≪だって記念品しか出ない公募ランティアだし!≫

佐藤健二名義、ついでにもう一つ拾っとくか。

高知県高岡郡梼原町(ゆすはらちょう)
ご当地ナンバープレート
佐藤健二(大阪市)
梼原町ナンバープレート

こちらは奈良と同月、2016年11月に町制50周年記念で発表されたもので;

-----
(2016.12.24 高知新聞 抜粋)

〔前略〕

「雲の上の町梼原の豊かで美しい自然」を表現したというプレートには、[四国カルスト]の山並みと風力発電用の[風車]があしらわれている。

〔後略〕
-----

と報じられている。
この名義も、栄一が表向き活動低下した後の隠れ蓑ということなのか、それとも、「1人1点」の制限がついていたからthink、栄一名義の応募も別途存在してたんですかね。因みに応募総数は20点。50周年式典でやるはずだった授賞式は行った形跡がない。

(優秀賞)
北野公一(和歌山県)
松浦美晴(栃木県)

梼原町は正式には「檮原町」と書きます。檮=ゆすのき=イスノキ/Distylium racemosum(マンサク科)の多い原、の意味だろうか。緻密で堅牢な材を持つ木で、杖や木刀、算盤珠などに加工される。ツルは梼の箸を使ってますが、それは美しいものです。
でもさ。かくも有用なイスノキも、生の木を見ると、葉っぱに「虫えい」―さすがにガラ系携帯では漢字表示できん― つまり「虫瘤」がたくさんついて、見た目が気持ち悪いんだよねー。西日本では結構見かける植物で、特徴があまりないから虫瘤こそ見分けのポイント。ツルだったら、この木が庭に勝手に生えてきたりすりゃ真っ先に伐採しますが。

閑話休題。デザインは次の一連のものと同じベース上にある。

【その135】
青森県十和田市
原動機付自転車オリジナルナンバープレート
塩崎榮一
〔2014年11月発表〕
十和田市ナンバープレート

【2016.12.24「PNまつり 第19弾」】
奈良県宇陀市
オリジナルナンバープレート
森田モアイ(ペンネーム:大阪市)
〔2015年11月発表〕
宇陀市ナンバープレート

水彩風Landscape + ワンポイント。森田モアイの塩崎一族たる蓋然性も高まったかな(苦)。
しかも次のものとも[カルスト]つながりだったという(笑)。

【その135】
山口県美祢市
原付バイクご当地ナンバープレート
塩崎エイイチ
〔2012年12月発表〕
美祢市ナンバープレート

やれやれ、こうしてガイダーの飯の種は続いてくのネ。そりゃ、政策がどう展開していくかは各個の考え次第でしょう。でも、そこに付随してくるロゴだのキャラだのは、国・地方を問わず大概代わり映えしない公募デザインになっちゃう。つまんないよなー。

(続く)

2017年11月14日 (火)

【番外編】「子育て」の苦労いろいろ:ご苦労(子育て支援パスポート・なら子育て応援団キャラ)

(承前)

いやあ、枝葉が繁り過ぎました。というわけで元の番外編に戻りましてとw。

【三苦労】のところでこう書いた。

-----
ま、そんなこんなも2016年4月からは意味レスな話になっとるんですが・・・(大伏線)。
-----

というのはこの時から、(2)のカード提示タイプは政府の肝煎りで「子育て支援パスポート事業の全国共通展開」として統一化が図られ、ビジュアルも新たに定められたからです。

内閣府
子育て支援パスポート事業
ロゴマーク
(作者不明)
子育て支援パスポート

なんだかぱっとしないデザインでござんすがね。

実施時期は次のように予定されていた。

○2016年4月1日 41道府県
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県

○2016年10月1日 5都府県
東京都、山梨県、大阪府、大分県、沖縄県

○2017年4月1日 1県
神奈川県

実際には大阪府のみ2017年4月1日にずれ込んだようです(苦)。このうち、従来この事業を行っていなかったのは東京都と沖縄県eyeeye

例えばこの自治体では、過渡的にこのようなデザインとなった。

奈良県
なら子育て応援団
ロゴマーク
なら子育て応援団

つまり、このところ見てきたあれこれのデザインはいずれも取って代わられて消え行く運命にあるわけ。「すくすくかんさい」や「すこやん」や「三重県子育て家庭応援」が塩崎一族の作品であったかどうかも、永遠に謎のまま。

♪悩みなき 昨日のほほえみ
 訳もなく 憎らしいのよ
 青春の後ろ姿を
 人はみな 忘れてしまう
 あの頃の 私に戻って
 あなたに逢いたい

対象地域を拡大して利便性を向上することを意図したものであるから、別にどこからも文句は出てこないでしょう。しかしこのサービスは、商業施設の多い都会においてその恩恵を最大限に享受できる(はずの)ものであって、過疎地ではメリットが少ない(であろう)ことを見逃してはならないと思う。それがこの政策の限界。

各地の自治体が苦労して築いてきたものを、後からやってきた中央政府がかっ攫っていったとも言えそうです。そこんとこ、奈良ではどう対応したか。
今度は新たにキャラクターを作っちゃったんですねえ。

奈良県
なら子育て応援団
キャラクター
筒井明日実(京都府)
なら子育て応援団キャラ

「応援団」だから奈良の[鹿]に[詰襟の学生服]を着せたわけ。ありそうでなかなかなかった直球勝負。2016年11月に発表され、同月20日の「みんなで子育て応援デイ」で表彰まで行われている。担当部署は奈良県健康福祉部こども・女性局女性活躍推進課企画政策係(堂々の27字!)。実はちょっと気に入ってたんですが、同時に公募されたキャッチコピーとのマッチングは選考時に一切考慮されなかった様子。

〔キャッチコピー〕
(最優秀作品)
安田安世(奈良市)
「つなごうよ 子育て笑顔 奈良のまち」

(優秀作品)
志村紀昭(愛知県)
「安心して子育てできる奈良が好き」

保岡直樹(東京都)
「ほっと奈良 子育て安心 地域の輪」

しかし、もっと気になるのは、キャッチコピーを読んでも、何をやろうとしているかがハッキリしないことである。つまりこういうのが「イメージキャラクター」「イメージコピー」ということなんですかねhappy01

キャラクターやコピーの出来栄えは別としても、いわゆる「子育て支援」とて;

-----
(1) 従業員の子育てを積極的に支援している企業を行政が認定し優遇するもの
(2) 子育て家庭が店舗でカード類を提示すると特典が受けられるもの
-----

ばかりに限られるものではあるまい。この先進県が、地域に根差した、ここにしかない新たな取り組みを展開することを願って、ここはキレイに筆を置きます(^_-)。(ア、それって「奈良に[シカ]ない」なんつーシャレかしら)

― Inspired by「あの日にかえりたい」荒井由実(1975.10.05リリース)―

2017年11月13日 (月)

【番外編の番外編】ガイダー縁起絵巻:下巻(マザーズハローワーク・認知症ほっとけんまち敦賀)

(承前)

人呼んで「子育ての信貴」、容赦なく集中砲火を浴びせます。

2004年の広島県「イクちゃん」、2005年の厚労省「くるみん」に続いては2006年6月発表のこれ。これがまたねーーorz。

厚生労働省
子育て女性の再就職支援(マザーズハローワーク)シンボルマーク
信貴正明(43歳:新潟県:グラフィック・デザイナー)
マザーズハローワーク

-----
マザーズの[M]をモチーフとし、働く意欲に満ちた女性と子供の姿に表現。働きたい子育て女性の気持ち、そしてそれを支援するあたたかい心を[ハート]でイメージ。子供をつれて気軽に訪れることができる「マザーズハローワーク」を親しみやすくシンボライズしました。
-----

「くるみん」に比して認知度が低いように思えるのはツルの不勉強ですかね?それともビジュアルの印象の薄さ?

-----
(2006.06.02 厚生労働省 記者発表資料 抜粋)

働く女性の場合、出産を機に子育てのために退職するケースが多く、子育て女性については就業希望者が多く存在している一方、希望する形での再就職は困難な場合が多い傾向にあります。また、人口減少や団塊世代の引退等により、労働力人口が急激に減少することが懸念され、女性の労働力を活用することが重要となっています。
このため、女性が働きやすい職場環境を整備するとともに、出産・子育て等で離職した方々への再就職支援を強化するため、平成18年度より全国12箇所にマザーズハローワークを新設したところです。
-----

こちらの担当部署は、厚生労働省職業安定局首席職業指導官室(18文字)。「くるみん」の厚生労働省雇用均等・児童家庭局職業家庭両立課(22文字)よりは名刺のレイアウトがしやすそうです。いやいや、そういう話じゃない。異なる部署が別々にこんなことやってることが、どうなのよ?10年以上経って、状況はどう改善されてきているの?

因みに応募総数は;

 イクちゃん 177点
 くるみん 51点
 子育て女性再就職支援 41点

と徐々に盛り下がっております、悪しからず。厚労省、2つ束になっても広島県の半分やんけ。

もう、相当厭きてきたけど、でもまだ終わるに終われない。少し時代が下って、2010年5月発行の「広報つるが」にこんなものが載っている。

福井県敦賀市
認知症ほっとけんまち敦賀 シンボルマーク
信貴正明(46歳:新潟県燕市)
認知症ほっとけんまち敦賀

-----
敦賀市の頭文字[つ]をイメージした人々が、互いに[手]を取り合う姿を、安心の[ハート]型に構成しました。認知症になっても安心して暮らせる敦賀市をイメージしました。
-----

今度はお年寄り系ですが、つまんねーことタラタラ書いてんじゃねーよannoy。内容が伴ってねーんだよangryangry
審査した「敦賀市高齢者権利擁護連絡協議会」の面々も、己れの不明を恥じよ。

もう、めんどくさいから、これらが次の諸々と似てるか似てないかなんてのは各位がご自由に判断なすって頂戴。

【2016.07.05「きょうのわだい」】
京都府
京都はあとふる企業 シンボルマーク
齋藤哲哉
〔2011年10月発表〕
京都はあとふる企業

【2016.12.16「類似は友を呼ぶ?」】
新潟県柏崎市
絵本で子育てキャンペーン ロゴマーク
小池友基
〔2016年5月発表〕
絵本で子育て

//

【その66】
宮城県
子育て応援 シンボルマーク
塩崎栄一
〔2008年6月発表〕
みやぎっこ子育て家庭応援

【その65】
静岡県三島市
三島市社会福祉協議会
三島市障がい者週間 シンボルマーク
塩崎エイイチ
〔2011年12月発表〕
三島市障がい者週間

//

【その66】
岩手県
いわて子育て応援の店 シンボルマーク
塩崎栄一
〔2007年11月発表〕
いわて子育て応援の店

【2013.11.20「志とは裏腹に Part 2」】
山口県
やまぐち男女共同参画推進事業者 シンボルマーク
立志哲洋
〔2008年1月発表〕
やまぐち男女共同参画推進事業者

【2016.12.12「趣向を凝らして双子ロゴ」】
埼玉県蕨市
蕨市協働事業 シンボルマーク
小池友基
〔2015年7月発表〕
蕨市協働事業

【2016.12.18「そして類似に吸い寄せられてゆく。」】
福岡県糸島市
糸島市男女共同参画 シンボルマーク
濱口温男
〔2016年3月発表〕
糸島市男女共同参画

信貴作品、他に総務庁の国際高齢者年(1999年)マスコットキャラクターなんかもあるけど、さすがに20年近く前のネタとなるとツルも食指がぴくりともしません。食傷。
今回取り上げてきたものだって、10年前後昔の古い話ではある。ツルとタメになるはずのこのガイダー、最近は公募の表舞台には出てきていないようです。

しかし、話はそれでは済まない。俯瞰してみて改めて思うのは、三十路に入ったばかりの小池友基だって、こうした思想と方法論をがっつり真似ているではないかということ(「小池には新しいものを感じる」とか言ったのは誰だ?)。悪貨は良貨を駆逐するって、ほんとなのね。

てなわけで、3回にわたって繰り広げた華麗なる信貴サン縁起絵巻、これにて全巻を閉じさせていただきます。

2017年11月12日 (日)

【番外編の番外編】ガイダー縁起絵巻:中巻(イクちゃん・光市10周年・くるみん)

(承前)

実は、信貴には他にも子育て支援モノの採用が結構ある。もちろん、デザインはいずれも期待に違わず大同小異です。
まず、2004年制定のこれから。

広島県
広島県子育て応援キャラクター? → 広島県の子ども元気いっぱいキャラクター → こども未来づくり・ひろしま応援隊 キャラクター?
イクちゃん
信貴正明
イクちゃん

-----
ひろしまの[ひ]の文字がモチーフ。広島の元気いっぱいな子どもたちをイメージし,明るく楽しい未来へ向け,かける様子を描いています。
-----

うんうん。もはやツルも、こんなの↓や;

【その38】
北海道士別市
JA北ひびき
ロゴマーク
塩崎榮一
〔2012年11月発表〕
JA北ひびき

こんなの↓との;

【その181】
広島県
観光地ひろしま!おもてなし県民運動 シンボルマーク
(優秀賞)
今井弘実
〔2014年8月発表〕
観光地ひろしま!おもてなし県民運動(今井弘実案)

微妙な違いも嗅ぎ分けられるようになったぞよ。テンプレガイダーの皆さんに感謝せにゃあっはっはWWW。
しかし、ここまでくると↓お手上げじゃけん\(>_<)/。

山口県光市
新市誕生10周年 シンボルマーク
松本奈津美(光市)
光市10周年

イニシャルの [ひ]を逆(さかさま)に 光哉

鶯の 身を逆に 初音哉
     其角

杉本一文 画くところの角川文庫版 横溝正史「獄門島」

こっちがひっくり返るばい。チークカラーは市の花[ウメ]になっとるげな。恐れを知らぬ超錯塩ではあるけど、なんとなく、「パチンコ HIKARI会館」の看板になっとりそうな気もするとよbleah

光市が2014年10月で10周年を迎えたのを祝うマークで、同年3月に発表されている。調べてみると松本は前年の12月から、「子育て応援クラブ えこままHIKARI」で地域の子どもを対象に「なりきりダンス教室」を主宰している由。子育てに意識高い系なのはそりゃ大変よろしい。しかし、パクりに対する感覚は麻痺してござると見た。

・・・のっけから大脱線しましたが、広島に戻りまして。
愛称の謂れがまた結構キテおる。

-----
すくすく育つイメージ,元気に歩む(行く)イメージから「イクちゃん」と名付けられる。
-----

ふん、「スクちん」でも「ススムちゃん」でもよかったであろうな。

これまた変遷の多いキャラのようで。

-----
平成16年度に児童福祉月間に合わせ「児童福祉の理念の一層の周知」と「子どもを取り巻く諸問題に対する社会的関心の喚起」を目的とし,子どもの健やかな成長を応援するため公募。応募総数177件の中から選ばれる。広島県や(公財)ひろしまこども夢財団,こども未来づくり・ひろしま応援隊の活動などで,「広島県の子ども元気いっぱいキャラクター」として活躍中。
-----

で、2006年に設立された「こども未来づくり・ひろしま応援隊」の第一弾事業として2007年2月にスタートしたのが「イクちゃんサービス」。先日【子育て」の苦労いろいろ:一苦労】で書いたところに沿って言えば、(2)のカード提示タイプです。

この翌年、2005年1月に発表された次のデザインも、実は信貴作品だったんよねえ。

厚生労働省
次世代認定マーク
くるみん
信貴正明(41歳:新潟県:グラフィック・デザイナー)
(愛称)
池田寛子(神奈川県)・田中 享(すすむ)(新潟県)
くるみん

こっちはもちろん(1)の企業認定タイプ。ツルの会社もこれ、取ってますな。取得回数に応じて[☆]の数が増えていくシステムとは知らんかったが(^_-)。だから、この画像は取得回数10回の超優良企業ということになるわけ。超ダサっ、その思想自体が(不動産業の認可番号の最後につけるカッコつきの数字と同じ発想である)。どれだけ長くやっているのか、という情報が重要な場合とそうでない場合とがあるのよ、厚生労働省雇用均等・児童家庭局職業家庭両立課さん(22文字)。
だからいつまでたっても○流官庁は○流官庁なのさ。まあ、それよりもガイダーが中央官庁のこれもん公募に採用されると後々ロクなことにならんというのがツルの基本認識ですがね。

ネーミングもつくづく、センスのないことである。[ん系ネーム]が??いえ、「次世代認定マーク」の謂いが。

-----
(2005.01.21 厚生労働省 記者発表資料 抜粋)

急速に進行する少子化の流れを変えるためには、仕事と子育ての両立支援が重要な課題となっており、次世代育成支援対策推進法(平成15年法律第120号。以下「次世代法」という。)では、仕事と子育ての両立が図りやすい雇用環境の整備等を図るため、企業において行動計画を策定・実施することとされている。
こうした企業による次世代育成支援に向けた取組を促進していくため、次世代法では、行動計画に掲げた目標を達成したこと等の基準を満たす企業を認定するとともに、当該企業の商品、広告等に認定を受けたことを示す表示(以下「次世代認定マーク」という。)を使用できることとしている。
-----

ああ、やっぱり。呼び名を短くしようとして、「育成」の2文字まで省いちゃったのネ、センス悪っ(それより自分たちの呼び名を短くしなはれ)。
それかあらぬか、2年近く経った2006年11〜12月に改めて愛称が募集され、「くるみん」と発表されたのは2007年2月になってから。やっぱり○流官庁のすることは・・・こほん。

〔池田寛子コメント〕
-----
赤ちゃんが大事に包まれる「おくるみ」と、「職場ぐるみ・会社ぐるみ」で子供の育成に取り組もう、という意味を込めました。
-----

〔田中 享コメント〕
-----
マークのイメージとして、子どもが優しく“くるまれている”というあたたかい印象が強いこと。企業(会社)“ぐるみ”で、仕事と子育ての両立支援に取り組むこと。これらの考えから、“くるむ”⇒“くるみ”⇒“くるみん”となりました。
-----

「企業ぐるみ」っつうと大抵、悪いことに使うじぇ、昔から(笑)。

で、10年経って2015年3月にはこんな進化形まで誕生した。

プラチナくるみん
プラチナくるみん

一体、担当者はポケモン世代やったとかしらん?徹底して民草をランク付けしたいんやね。

実は厚労省にはもう一つ子育て絡みの信貴作品があるんだけど、それは次回に持ち越しってことで。

(続く)

2017年11月11日 (土)

【番外編の番外編】ガイダー縁起絵巻:上巻(クリパくん・ふくしまUDキャラ)

(承前)

これ↓について、Intermission的にちょっと。

すくすくかんさい
まいど子でもカード
シンボルマーク
すくすくかんさい

-----
画風から言えばむしろ川本 智や信貴正明っぽい感じかも。
-----

想起したのは次の2点だった。

【2014.12.07〜11「2年課程修了試験」】
新潟県五泉市
シンボルマーク
いずみちゃん
川本 智
〔2002年10月発表〕
いずみちゃん

【2016.07.03「まちのうわさ」】
全国経営基盤強化促進委員会(事務局:全国農業会議所)
いきいきファーマー ロゴマーク
〔2004年12月制定〕
いきいきファーマー

いや、そりゃ「いきいきファーマー」の作者は不明ですよ、信貴っぽいというだけで。で、そこにちょっと鍬を入れてみると、程なく掘り当てました。

静岡県賀茂郡西伊豆町
黄金崎クリスタルパーク
イメージキャラクター
クリパくん
信貴正明(43歳:新潟県燕市)
クリパくん

-----
こんにちは!ぼく「クリパくん」

2007年4月27日、クリスタルパークの10歳の誕生日に、943点の応募の中からぼくがキャラクターに選ばれました。
帽子はクリスタルパークの[ガラスドーム]、手足は西伊豆の海の[波]、そして帽子の隣の[赤い丸]は西伊豆の夕陽をイメージしているんだよ!
クリスタルパークを略して「クリパ」っていうんだ。
よろしくね。
-----

うはは、あの伊藤若冲にも型紙使った作品があるそうですからねえww。「クリソツくん」あたりに改名なさることをお勧めします。

水晶の産地がテーマパークか博物館を開いたのかと思ったらちょっと違って、ご当地はかつてガラスの原料となる硅石を産した(1939〜1989.10)ことから、これを歴史に埋没させることなく町興しに再活用しようというものだった。第3セクター(2006.04〜 指定管理者制)により、ガラスミュージアム・体験工房・ショップ・カフェレストランを合わせたお洒落な施設となっております(多分)。
ガラス工芸の美術館が建つようになったらその観光地はもうおしまいだ、とか申しますがね。ほれ、ラリックやガレのsmile。しかもキャラクターはこの始末。

ネーミングにも、ツルは笑いこけました。同じ感想を持った人は他にもいたようで。

-----
935:2007/04/29 11:15 ID:LCgye250
黄金崎クリスタルパークキャラクターデザイン決定
新潟県燕市の信貴正明(43)の作品「クリパくん」
[URL]

936:2007/04/29 12:34 ID:2RS85DgB
>>935
画像はこちら
[URL]

937:2007/04/29 14:10 ID:e6ZS4LPz
>>936
納得!!

939:2007/04/29 16:15 ID:2RS85DgB
蟹さんもあるよ。
[URL]

940:2007/04/29 16:16 ID:2RS85DgB
さかっちもあるよ。
[URL]

941:2007/04/29 16:18 ID:2RS85DgB
こころんもあるよ。
[URL]

942:2007/04/29 17:23
みんな「パクリ」くんに改名したら・・・
[URL]

947:2007/04/30 09:18 ID:v47YATI9
>>942
信貴氏に限らずおじさんになるとワンパターンになるんだね。
ご用心、ご用心。
-----

939のURLは、新潟県糸魚川市にある、「道の駅 マリンドリーム能生(のう)」のシンボルマーク? or キャラクター?のことだったらしい。942の方はこれ↓を指しているのだと思う。

福島県
ふくしまユニバーサルデザイン イメージキャラクター
信貴正明(新潟県燕市)
ふくしまUDキャラ

2003年9月に開かれた「ふくしまユニバーサルデザイン国際シンポジウム」で投票・発表されたもの。製作意図が、今となっては痛ましくも皮肉である。

-----
みんなが安心に、快適に暮らす未来の福島県からやってきたキャラクターをデザインしてみました。丸いからだにユニバーサルデザインの[UD]の文字を[ハート]型に配置し、やさしさ、安心、快適さをアピールしています。
-----

未来からやってきたのなら、なぜDisasterのことを教えてくれなかった?

-----
・UDの文字を強調しすぎず、上手く図案化している。
・丸い身体がキビタンを連想させる。
-----

この程度の講評しか出せなかった審査員のレベルをツルは悪む。

これ↑と「アタマアンテナ」の兄弟関係に立つのがこれ↓。

【2014.12.07〜11「2年課程修了試験」】
滋賀県大津市
市民活動センター
マスコットキャラクター
おっぴぃ〜
信貴正明
〔2007年8月デザイン発表〕
おっぴぃ〜

後はこのあたりね。

【2016.05.28「公募ガイダーはS字固めがお好き?」】
埼玉県坂戸市
イメージキャラクター
さかっち
信貴正明
〔2006年4月制定〕
さかっち3

【2016.03.27〜31「4年次進級検定】
岐阜県可児市
可児市社会福祉協議会
イメージキャラクター
こころん
信貴正明
〔2003年10月制定〕
可児市社協こころん

蟹さんではないよ。

こころんはもひとつあるよ。

新潟県胎内市
胎内市社会福祉協議会
マスコットキャラクター
こころん
信貴正明
〔2009年8月デザイン決定〕
胎内市社協こころん

こうなると、やはり「いきいきファーマー」も信貴作品ということになるんでしょう。一つ解決(多分)。
でもなー、こういうのが大ドンデンで深川重一作品だったり平山陽一作品だったりすることもありそうだからなー。ゆめ侮るなかれ、ご当地公募界。

(続く)

2017年11月 9日 (木)

【番外編】「子育て」の苦労いろいろ:四苦労(三重県子育て家庭応援)

(承前)

見てきたとおり、地方自治体の子育て支援策というのは移り変わりが激しい。概ね、都道府県単位(or 市町村単位?)で始められ、近隣自治体と複雑に連携しながら広域化していったようです(こうした動きは九州でも北関東でも見られた;cf.【その66】)。それに伴って、ビジュアルもころころ変わっていったことが見て取れる。

ここでもう一つ、東海にありながら「すくすくかんさい」にも加入した三重県を例に挙げてみます。

三重県
三重県子育て家庭応援事業(子育て家庭応援クーポン)
シンボルマーク
三重県子育て家庭応援1 三重県子育て家庭応援2

三重県子育て家庭応援3 三重県子育て家庭応援4

途中で現れてくるブレーメンの音楽隊的なものは、「はぐみん」なる愛知県出身の子育て・子育ち応援マスコットキャラクター(こちらも広域化していったわけだ)。
三重県がこのクーポン制度を開始したのは2007年12月。東海3県(2009年4月共通化完了)と関西2府7県(2010年4月共通化完了)と、どちらの提携に先に乗ったのかはわかりません。普通に考えりゃ前者やろけど。

添えられた言葉が;

まもる、みつめる、ささえあう。
子育て宣言・三重。
 ↓
子どもの育ちを応援しよう
みえのこども応援プロジェクト
 ↓
三重県子育て家庭応援事業(協賛店)
三重県の次世代育成支援シンボルマーク

と遷移していったのは、あんまりコロコロ変わるもんでキャッチフレーズ的なものを入れてられなくなったってことじゃないかしら(苦)。

若き県知事、鈴木英敬(えいけい:本名 ひでたか:1974.08.15〜:2011.04.21〜 在任中)は「にっぽん子育て応援団」サイトで宣言して曰く。

-----
三重県では、平成23年4月に「三重県子ども条例」を施行するとともに、おおむね10年先を見据えた戦略計画「みえ県民力ビジョン」(平成24年4月策定)において、子どもが豊かに育つことができる地域社会の実現に向けた取組を重要な政策として位置づけています。
子どもの活動を応援する取組を「みえのこども応援プロジェクト」として、子どもや子育て家庭を地域全体で支えるという趣旨に賛同する企業・団体で構成する「みえ次世代育成応援ネットワーク」(平成24年3月末現在1048会員)[引用註:2006年6月設立]等と連携して、「子育て応援!わくわくフェスタ」や「家族の絆一行詩コンクール」などの取組をしています。
今後とも、多くの企業や団体の皆さんの支援や協賛のもと、子どもの豊かな育ちや子育て支援の活動を進めていきます。また、「家庭の日」の普及・啓発を通じ、企業における子育て支援や家族の絆を深める取組を進め、企業や団体、県民の皆さんと力を合わせて、子育ち・子育てにおける「『幸福実感日本一』の三重」を創ってまいります。
-----

いろんな名詞が出てくるけど、それぞれの性格づけと関連性が今一つハッキリしない。
長野県が他都道府県における取り組みをまとめた資料の中で、三重県は次のように書かれている(2008年9月頃(?)のものですが)。

-----
みえ次世代育成応援ネットワークでは、当面の取り組みとして、3つの応援を考えています。

1 メッセージ応援(情報発信)
みえ次世代育成応援ネットワークにご参加いただいた企業、団体やグループの取り組みや活動内容を、みえ次世代育成応援ネットワークのホームページ「みえ次世代ネット」で紹介していきます。
「子ども・子育て家庭応援メッセージ」を、たくさんお寄せください。

2 この指とまれ応援(企画提案)
みえ次世代育成応援ネットワークにご参加いただいた企業、団体やグループ、その他の関係者から、三重県全体や広い地域で取り組む支援策などについての企画や提案をいただき、賛同者を募ってネットワークで実施します。

3 出会いの広場応援(マッチング)
みえ次世代育成応援ネットワークにご参加いただいた企業、団体やグループ、その他の関係者が、現在の取り組みや活動内容、今後の取り組み予定や連携の希望について、「みえ次世代ネット」に登録しておきます。
活動や取り組みのためのパートナー探しをネットワーク事務局がサポートします。
-----

つまり、進んで自ら汗を流す心積もりはなかった様子。一方「みえのこども応援プロジェクト」は財源を民間からの寄付金に頼っていたらしい。結構びっくりしました。こんな、もんまりとしたことをやって、いや、考えていたなんて、三重県はほんとに大丈夫なんでしょうか?たとえ10年近く前の状況だとは言え。上記の施策で、「ああ、だからこの土地で子育てしよう」という社会的共感が醸成されるとは思えないm(__)m。

ツル思うに、子育て支援政策というのは、子供を持ちたいという気持ちへの障害となるもの、その思いに待ったをかけるものを取り除くことに尽きるのではないか(例えば、待機児童が一人もいません、とか)。
それはこの知事(嫁はシンクロナイズド・スイミングの武田美保である)が率先して育児休暇を取得して「イクメン・オブ・ザ・イヤー 特別賞」だの「ベスト・ファーザー イエローリボン賞・政治部門」だのに選ばれたなんていうことよりも大事。

//

実はですね。

前回と今回取り上げたシンボルマークとキャラクター計3点については、5年前に愚blogで本series「もうやめようよ、ご当地キャラとか。」を書き始めたばかりの頃からずっと気になっていた。
というのも、この中のどれか(正確には、前回の2点のどちらかと、今回の三重県と、それぞれ)が塩崎一族の作品であると、ネット上に出ていたような記憶がおぼろげにあったからですdespair
でも、いつまで経っても再び出会うこともないし、もともと確かな記憶でもなかったし、今調べてももうわからない。上記で判明した辺りがせいぜいのところです。ああ、見つけたその時にきちんとまとめておけばよかったng

今改めて見てみれば、「すこやん」は塩崎作品と考えるにはいささか疑問が多い。「すくすくかんさい」も多少の?がつくようで、画風から言えばむしろ川本 智や信貴正明っぽい感じかも。三重県の[ハート]三つ重ねについても、あまりに情報が乏しい。従って、いずれも【無明の闇】にも分類できかねた次第。
どなたかこの3点の作者情報、ご存じないですかねえ。(「公募ガイド」誌には載っていたのかしら?)

(続く)

2017年11月 8日 (水)

【番外編】「子育て」の苦労いろいろ:三苦労(すくすくかんさい・すこやん)

(承前)

さて、遂に(^_-)いきましょうか、「すくすくかんさい」のこと。

関西子育て世帯応援事業(すくすくかんさい)
まいど子でもカード
シンボルマーク
すくすくかんさい

-----
「まいど子でもカード」の名称は、“子育て世帯にとって「私の(my)」「どこでも」使えるカード”、“企業・団体からは「まいど」という歓迎”の意を表しています。
-----

のっけから何ですが、こういうWording感覚、大っキライ。ぐちゃっとした切り方で苛々する、長いし。長くても7文字ってのが日本語の音韻の基本でしょうが。

-----
関西2府8県(福井県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、徳島県、鳥取県)においても、同様の取組みである「関西子育て世帯応援事業(愛称:すくすくかんさい)」を展開し、子育てを社会全体で応援する機運の醸成を進めているところです。
なお、「まいど子でもカード」は大阪のみならず、三重県、滋賀県、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、徳島県、鳥取県の協賛店舗でも利用できるようになりました。
-----

うううー、ツッコミどころありまくりです。
少なくとも徳島県と鳥取県は関西とは呼ばない、普通。三重県だって東海地方、福井県は北陸地方だろよ。その福井県だけ「まいど子でもカード」に入っていないのは何ゆえ?
「すくすくかんさい」と「まいど子でもカード」は実質的に同義ではないの?それとも後者は前者に包含されるべきものなの?調べてみてもよくわかりません。その辺りも、「関西子育て世帯応援事業」なるものが、「まいど子でもカード」以外に何をやってるのか一向にハッキリしないところに起因すると考える次第。

当初は大阪府が;

-----
個人給付やイベントなどに比べ広域で子育て支援を実施しやすい、広域連携による企業参画型子育て支援事業を平成18年11月13日開催の関西2府7県が参加する「近畿ブロック知事会議」にて提案し、子育て応援・関西キャンペーン(関西子育て世帯応援事業)の一環として、「まいど子でもカード」事業をスタートさせた。
-----

と音頭を取ったことだけはやっと突き止めた。(因みに、前者の「すくすくかんさい」という愛称は公募で2009年3月に決定されたらしい。)
後者の「まいど子でもカード」のスタートは2007年10月だったそうなんですが;

-----
シンボルマーク:子育て応援・関西キャンペーン(関西子育て世帯応援事業)のシンボルマークを使用。
-----

とあるだけで、やっぱりこのシンボルマークがいつ作られたのかはわからんっangry

斯くして;

三重県:子育て家庭応援事業
滋賀県:淡海子育て応援団事業
京都府:きょうと子育て応援パスポート事業
兵庫県:ひょうご子育て応援の店
奈良県:なら子育て応援団事業
和歌山県:家族のふれあい優待事業
徳島県:「GO!GO!くっつき隊」応援事業
鳥取県:とっとり子育て応援パスポート事業

の各制度を、大阪府の「まいど子でもカード」が呑み込んでいったとも言える。

ま、そんなこんなも2016年4月からは意味レスな話になっとるんですが・・・(大伏線)。

大阪の子育て支援モノでもう一つ見過ごせない(^_-)のはこれだす。

大阪府
大阪府子育て応援キャラクター
すこやん
すこやん

[つくし]をモチーフにしとるわけやんな。
これがまたねーー、制定の詳細と役どころがいまいちはっきりしないんだよねえ。「すくすくかんさい」の旗を持たせちゃって、両者の関係はどうなっておるのよ。『「まいど子でもカード」事業をはじめ、子育てに関する大阪府のさまざまな取組みを応援します』とされて、児童虐待防止のオレンジリボン活動のイベントなんかにも駆り出されたりしてたようですけど。制定は、日本の社会がやたら「絆」と「つながり」という精神安定剤を求めていた2011年、誕生日は同年12月15日とされている。

結局この制度、利用者から見れば、余計な情報が次々ごちゃごちゃとくっついていった感じ。それは我こそ関西の雄と自負する大阪の独善ではないのか(京都にゃ一応頭を下げとかにゃなるまいが)。ツルに言わせりゃ、「すくすくかんさい」という愛称も(もう)不要でしょうよ。もっとシンプルに、「関西子育て応援事業 すこやかカード」、その統一イメージキャラクターが「すこやん」、ぐらいではダメなの?

しかしこのキャラも、2014年の大阪府ご当地キャラ大リストラの変(cf. 2014.05.03「最強の悪夢、増殖拡大 PART 10」・2014.07.12「ゆるキャラ大量受難時代、だと?」)以来、姿を消しつつある。2016年3月からは着ぐるみ貸出もやめてしまったそうです。

(まだ続く)

2017年11月 7日 (火)

【番外編】「子育て」の苦労いろいろ:二苦労(マタニティマーク)

(承前)

なら子育て応援団のロゴマークに途中から加わってきたビジュアル、先にこちらを見ておこう。

厚生労働省
マタニティマーク
恩賜財団母子愛育会埼玉県支部
マタニティマーク1

割とよく目にするマークです。福祉モノだから当然[ハート]遣いとなるわけだけど、この[赤ちゃん]がまだ[お母さん]のおなかの中にいるのか、それとも既に生まれているのかどちらとも取れるように描かれているのは秀逸だなあと思う。

この公募、「恩賜財団母子愛育会埼玉県支部(埼玉県)の作品をマタニティマーク(最優秀作品)として決定した」そうなので、団体名義での応募を排除してなかったんですね。いわゆる公募で「どなたでも応募できます」としてあるものであっても、個人(複数人の共作を含む)でない者が採用されるのは珍しいと思う。団体参加を認めてしまうと、コンペとの境界がはっきりしなくなるからではないか。
因みに母子愛育会とは、1933.12.23の皇太子(つまり現天皇)誕生に際し、昭和天皇からの下賜金で翌年3月に創立された団体で、現在は社会福祉法人、総裁は秋篠宮家の紀子妃。今やブランド出産医院御三家の一翼に成り果ててますが。

(優秀作品)
瀬沼 晃(東京地下鉄株式会社:東京都)
青木一浩(神奈川県)

「東京地下鉄」は東京メトロの運営会社。昔「営団地下鉄」と言ってたやつです。これとて半ば内部応募かもcoldsweats01

公共交通機関の「優先席」が、高齢者を念頭に置いた「シルバーシート」として始まり、障害者を含む概念に拡大してきた(ペースメーカー使用者に関し現在一般的なcautionは「優先席付近では、混雑時には携帯電話の電源をお切り下さい」である)その後になって、妊娠中の女性についても(特に初期は)「外から見てわかりにくい」ための苦労があるとして対応の機運が高まり、公募によってこの統一マークが定められたのが2006年3月(先行するものは民間にいくらかあった)。担当したのは厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課 「健やか親子21」推進検討会事務局(計38文字cat)。

-----
(2006.03.10 厚生労働省 記者発表資料 抜粋)

マタニティマークとは?
・妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。
・さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。
-----

実は「電車やバスで席を譲りましょう」だけではなかったわけだ。マークに添える「呼びかけ文」としては次のような例が想定されていた。

-----
○ 交通機関等での取組
「座席は譲りあっておかけ下さい」
○ 受動喫煙の防止対策
「禁煙にご協力下さい」、「禁煙席があります」
○ エレベーター等の乗降、段差のある場所での配慮等
「妊婦さんやお子さんを連れている方に配慮を」
-----

今、一般によく見かけるのはこれですね。

マタニティマーク2

問題はどこにあるのか(マタニティマーク自体に対する批判は取り上げないとして)。
奈良でのこのマークの使い方はいかにも突出している。カードを提示して各種優待・特典が受けられるという制度趣旨からして、上述したマタニティマークの目的外使用スレスレって感じ。
Visual Identity上も、厚労省曰く;

-----
マタニティマークの著作権等の一切の権利は、民間、地方公共団体等に幅広く自由に活用いただくために厚生労働省に帰属します。
-----

とする一方で、

-----
マークに呼びかけ文以外のデザインは加えないでください。
-----

とも言っていたので、やっぱりアカンかったんと違うか、これ。

なら子育て応援団 あかちゃん応援隊
〔2008.01.01〜2009.11.30〕
あかちゃん応援隊

まあ、だから2年足らずで廃止されたのかどうか、それはわかりかねますけれども。

(続く)

2017年11月 6日 (月)

【番外編】「子育て」の苦労いろいろ:一苦労(なら子育て応援団)

(承前)

先日も富山県の「子育て応援モノ」を斬ったところですが、このジャンル、重い腰を上げて全体を俯瞰してみよう。

そもそも、この手の施策は地方行政の飛びつきやすいところであって、平成大合併が一息ついた頃から活発化した動きではないかと思う。百年の大計の枠組み作りは済んだ、次はコミュニティの創出維持発展のために、非婚化、少子化、高齢化あたりへの対策が吃緊の課題、焦眉の急(財源は限られてるけど)。
ツルの思うところ、地方行政の子育て支援サービスは次の2つのタイプに大別されてきた。

(1) 従業員の子育てを積極的に支援している企業を行政が認定し優遇するもの
(2) 子育て家庭が店舗でカード類を提示すると特典が受けられるもの

当初「企業参加型子育て支援」とか呼ばれていたものはこの両方を指すのかな。ほんとはこんなことより「待機児童解消」なんかの方が、子供ができてすぐに直面する(≒女性が離職を余儀なくされる)、行政の取り組みがなかなか成果を出していない、という意味で重大な問題だろうけれども、そこは民間の努力を超えたところであって、行政側としてはあまり表に出してPRしたくないところなのかもしれない。

どちらかと言えば(1)は人口減と高齢化に伴う労働力低下を何とか補わにゃという国策タイプ(∴「女性活躍推進」や「外国人労働力導入」と等列に置かれるものだろう)であり、(2)はもっとダイレクトに、おらがとこの人口減に何とか歯止めをかけたい自治体の危機意識の表れでもあろう(∴「婚活サポート」「空き家バンク」「デマンド交通」あたりとセット化されやすいはず)。

そうしてこれらは、主にシンボルマークの形で(^_-)visualizeされてきたわけです。愚blogでも何度となく斬ってきました。

(1)としては、梅村元彦作品と目される;

【2017.10.25「ある伝説の・・・ふにゃふにゃ」】
富山県
元気とやま!子育て応援企業 シンボルマーク
〔2015年12月発表〕
元気とやま!子育て応援企業

が、(2)では例えば;

【2013.11.08「宍栗?穴栗?穴粟?宍粟!{三粒目}」】
山梨県
やまなし子育て応援カード シンボルマーク
小柴雅樹
〔2006年8月発表〕
やまなし子育て応援

が挙げられる。
数の上では(2)の方が多いようで、これはカード等の提示という手段からして、視認性の高いマーク類に頼るところが大きかったからでしょう。

さて、ここからが本論。
(2)で一つ言えるのは、やたら変遷が大きいということ。2005年8月から実施している奈良県(少なくとも都道府県単位では本邦初だった。やはり、平成大合併のピークの頃です)を例に取って、つぶさに見ていこう。

奈良県
なら子育て応援団 ロゴマーク
(作者不明)
なら子育て応援団

これがVery Basic Pattern。Variationとしてこんなものもあった。

なら子育て応援団 多子世帯応援隊
なららちゃんカード
なららちゃんカード1

≪多子世帯応援隊sign02eyesign02

憶良らは 今は罷らむ 子泣くらむ

ちょっと見辛いので別図版を。(2色刷り資料のPDFから採ってきたので色合いが違ってますが。右下に小さく見えるマークも取り敢えずスルーするとして。)

なららちゃんカード2

この辺りは、橿原市(かしはらし)にある「東洋医学子育て つくしん坊」のサイトに今も出ている情報が一番わかりやすい(抜粋)。

-----
そもそも「なら子育て応援団」とはなんでしょうか?
「奈良県・結婚ワクワクこどもすくすく県民会議」が、さまざまな分野・地域で子育てを応援する企業、店舗、NPO等を団員とし、少子化対策の一環として設立したものです。

『子育て家庭歓迎隊』
『多子世帯応援隊』
『従業員子育て応援隊』
『地域子育て応援隊』

の4つの分野で登録ができ、さまざまな企業やNPO法人などが団員となっています。
さらに、平成20年1月1日から『あかちゃん応援隊』がスタートしました。
-----

なら子育て応援団 あかちゃん応援隊
あかちゃんheartならカード
あかちゃん<img class=ならカード" border="0" />

え、このメインビジュアル、どっかで見たことある、という声も後回しにします(^_-)。店舗側で掲示するのはこちら↓だったらしい。

あかちゃん応援隊

上記のクリニックではこんなメニューを揃えていた。

-----
■多子世帯に対する料金の割引などのサービス提供(多子世帯応援隊)
なららちゃんカードのご提示で、入会金を免除。大人の鍼治療10%OFF、初診料無料

■その他子育てを応援する活動(地域子育て応援隊)
「東洋医学子育て つくしん坊」の活動すべて

■子育て家庭に優しい設備や付加的サービスの提供(子育て家庭歓迎隊)
子連れでの治療が可能。託児はできませんが、小さなキッズスペース(絵本・おもちゃ)もあります。

■妊娠中、そして、乳児を養育する家庭を応援する活動(あかちゃん応援隊)
妊婦さん・産褥婦さんへの鍼治療:通常料金より1000円引き、1回2000円。

18歳未満の子供が3人以上の世帯に配布される「なららちゃんカード」をゲットすれば、「多子世帯応援隊」の特典がうけられます。
さらに、母子健康手帳交付時に配布される「あかちゃんheartならカード」をご提示いただくと、「あかちゃん応援隊」の特典がうけられます。
-----

真面目に地道にやってたんですねえ、ここ。
しかしこの制度、多様化し過ぎたか、行政上は程なく行き詰まったらしい。

-----
なららちゃんカード(多子世帯応援カード)、あかちゃんheartならカード(あかちゃん応援隊カード)をお持ちの方へ

2つのカードは平成21年11月30日をもって使えなくなりました。新しいロゴマークはなら子育て応援団(外部リンク)のホームページで世帯情報を登録し、ダウンロードしてご利用ください。
-----

その新マークがこれ。

すくすくかんさい 奈良県1 すくすくかんさい 奈良県2

縦型になったのは、カード提示からスマホ画面の提示が主流になったからなんだろう。思えば子育てこそ時代を一番敏感に映す鏡かもしれない。
「なららちゃんカード」にちょこっと顔を出していたマークがメインに取って代わり、「すくすくかんさい」と銘打たれてます。では、このマークは何だったのであるか?

(続く)

2017年11月 5日 (日)

【加筆編】展ばした腕のその先に:下(八幡平市章応募作品)

【2018.01.31 加筆】

(承前)

梅若小学校

最終的に、梅若小学校章の作者名は公表されなかったようです。けれどツルの第一印象では、「これ、和久やろ」。だってこうだもんね。

【2014.01.21「総合芸術家の作り方:Formula 1」】
三重県伊賀市
伊賀市立上野南中学校
校章
工藤和久
〔2011年8月発表・2012年4月開校〕
上野南中学校

大分県日田市
水資源機構 大山ダム建設所
大山ダム水源地域ビジョン ロゴマーク
工藤和久
〔2013年1月発表・2013年4月ダム供用開始〕
大山ダム1

全国防衛協会連合会
ロゴマーク
工藤和久
〔2009年3月決定〕
全国防衛協会連合会

何と言っても、UmewakaとUenominamiでどちらもイニシャルは[U]。
待てよ、てことは、ツルの推測が正しければ、和久は梅若小と桜堤中の双方で採用されたということになって、改めてぞぞぞぞっの墨東奇譚、梅桜の帖。

もっともねえ。この手のデザインはいくらでも見つかるしねえ。

【2016.01.25「丸ブーtyphoon艶競べheart [13]」】
新潟県東蒲原郡阿賀町
町章
加藤雅丈
〔2004年12月決定〕
阿賀町章

下に展ばせばこうだし。

石川県鳳珠郡能登町
町章
(作者不明)
〔2004年10月頃発表〕
能登町章(応募案)能登町章(最終版)

能登町章なんか、地元小中学生対象の募集である。「次世代のキラキラした目で新しいものを」なんて簡単には信じないぞ、ツルは。結局、ごくありふれたデザインじゃないかよ(苦言)。

それに、こんなのも思い出すなあ。

岩手県八幡平市
市章(応募作品0119)
〔2005年6月決定〕
八幡平市章(応募作品0119)

-----
「八幡」の[八]をモチーフに人が大きな農(黄色部)を抱きかかえている様子を表現。[赤色]は燦々と輝く太陽を象徴すると共に「八幡平市」の活力を象徴。[緑色]は緑豊かな自然を象徴すると共に「八幡平市」の繁栄を象徴。[青色]は清く流れる川の流れを象徴すると共に「八幡平市」の明るい未来への希望を象徴。[黄色]は豊かな大地と実りを象徴すると共に「八幡平市」の躍進・発展を象徴。
-----

あらまあ、原色を全部使っちゃったんですかい。自治体のシンボルとしてはいささかお下品ですよ。さして長くもない文章の中に「象徴」という単語が8回も出てくるのも極めてお寒い。実は何も象徴していないってことになるんだよ。

岩手県八幡平市
市章(応募作品0140)
八幡平市章(応募作品0140)

-----
八幡平市の[八]の字を数字の[8]、そして頭文字の[H]を組み合わせ図案化した。[緑]の部分はH、[白い]部分が8。Hの文字の意味の中には、Humanism(人間性を大切にし)、Happiness(幸せに)、Hope(希望をもてる)、Home Town(故郷の町)という意味合いも持たせたい。
-----

こりゃまた一体何なんですかね?コンセプト、というより文体が全く違っているから0119とは別人なんでしょうが(0140の直前には同じ文体の作品が10点以上並んでいるtyphoon)。そもそも「はちまんたい」なのになんで「ヒューマニズム」とか「ホープ」とか「ホームタウン」とかまで持ち出すのだ。『歯舞群島の「H」は北方領土の「ほ」です』って言うようなのと変わりゃしねえ(今は「歯舞諸島」とは呼ばないんですよ)。
こういうのを読むとさすがに「(ちゃんとした)日本語で書け」と言いたくなる。『「は」の文字の意味の中には、「はつらつ」、「はりあい」、「はばたき」、「はれやか」という意味合いも持たせたい』ぐらいに(適当っすがsweat01)。
でも、後からいくらでも付け足せる理屈なんてものじゃ、やっぱりダメなんだと思います。

【加筆編】展ばした腕のその先に:上(梅若小学校)

【2018.01.29 加筆】

(承前)

東京都墨田区
墨田区立桜堤中学校
校章
工藤和久
〔2012年3月決定・2013年4月開校〕
桜堤中学校

墨田区の向島中学校と鐘淵中学校を統合して桜堤中学校とするに際しては、同時にもう一組の学校統合が進められていた。

-----
梅若小学校と堤小学校、向島中学校と鐘淵中学校の学校統合等について

墨田区教育委員会

「新たな墨田区立学校適正配置等実施計画(平成20年3月策定)」に基づく梅若小学校と堤小学校、向島中学校と鐘淵中学校の統合について、検討会を設置し、学校関係者や地域の皆さまのご意見をお聞きしながら検討してまいりましたが、このほど墨田区教育委員会で次のように決定しましたのでお知らせします。

1 梅若小学校と堤小学校の統合について
① 梅若小学校と堤小学校を統合し、平成23年4月に新校を開校します。
② 統合新小学校の位置は現在の梅若小学校の位置とします。
③ 統合新小学校として使用するため、梅若小学校の校舎増築工事等を行う予定です。

2 向島中学校と鐘淵中学校の統合について
① 向島中学校と鐘淵中学校を統合し、平成25年4月に新校を開校します。
② 統合新中学校の位置は現在の堤小学校の位置とします。
③ 統合新中学校として使用するため、校舎等を新築する予定です。

3 通学区域の変更について
「新たな墨田区立学校適正配置等実施計画」で定めた平成23年度の通学区域の変更は、小学校が計画どおり平成23年度から実施し、中学校は向島中学校と鐘淵中学校の統合時期に合わせ平成25年度からの実施に変更します。
-----

えーとつまり、中学校の方は諸般の事情で2年遅れたっちゅうわけやね。
従って校章公募の告知が「すみだ区報」に載ったのも、小学校は2009年11月11日号、桜堤中は2011年11月1日号と2年の差が生じた。間を隔てるのは、ツルに言わせればやはり東日本大震災である(とは言え、小学校の方も開校は震災後、それも直後だが)。

小学校の新校名は、旧校の一方と同じ「梅若」とされた。2009年11月の区報には;

-----
両校[引用註:(旧)梅若小と堤小]の位置する地域は、「梅若伝説」が伝えられる歴史の深い地であるとともに、防災への意識が大変高いまちです。
-----

と出ているけれども、この記載、趣旨も意図も不明です。梅若伝説というのは能の「隅田川」の元となった説話で、母親と生き別れになった子供が人買いに拐かされたあげくこの地で病を得て亡くなり、我が子を尋ねさまよう母親もここへ辿り着き真実を知って入水自殺するというやりきれないストーリー。いくら歴史を言い立てようが、学校名としてこれほど不吉なものもまずない。おそらく、小中で梅と桜のペアになる、こいつぁいい、残さなきゃとでも思ったんでしょうが。
ここはシンプルに「デザインへの意識が大変高いまちです」とでも書いといた方が、テンプレ除けにもなにがしか役に立ったろうに。

え?向島中と鐘淵中の跡地はどうなったかって?
知りません。コミュニティセンターにでもなったんじゃない?担当の墨田区役所庶務課区立学校適正配置担当(18文字)、詳しく書けば墨田区教育委員会事務局墨田区役所庶務課区立学校適正配置担当(29文字flair)にお訊きあそばせ。

して、問題は公募結果である。

東京都墨田区
墨田区立梅若小学校
校章
(作者不明)
梅若小学校

-----
周りの[円形]の部分は、梅若小学校の頭文字の[U]を表しています。
大地に[梅の花]が咲き結実していく様を表し、梅の成長は未来へはばたく子どもたちの成長にも重なります。また、子どもたちが地域の皆さんに守られたなかで成長していくことも表現しています。(後略)
-----

あのなー、「後略」の部分が一番知りたいんだよっsign03sign03(爆)

この手の円形シンメトリー丸ブーの作例は大変多い。だから某公募系BBSでは作者につきあれこれと詮索されていた。

-----
674:2010/12/21 14:58
平成23年4月、現・梅若小学校と堤小学校が統合し新生『梅若小学校』として新たにスタートします。この統合新校のシンボルとなる校章デザインを平成21年11月上旬から平成21年11月30日までの間、公募したところ、おかげさまでたくさんの方々から作品が寄せられ、その数は98点にのぼりました。どうもありがとうございました。
数回の統合地域準備会での協議による選定作業の結果、平成22年3月1日に開催された第8回統合地域準備会において、特賞1点と優秀賞8点を決定しました。その後改めて数回の協議を重ね若干の補整を加えた結果、次のとおり新しい校章が決定しました。各賞の受賞者には教育委員会と統合地域準備会から、賞状と記念品をお贈りしました。

作者だれ?

675:2010/12/21 15:13
↑あえて「小」の字を入れないのにしたのかなw
グッチー辺りのデザインぽいw

676:2010/12/21 16:50
たけちゃんだよ
だって抱きかかえてアナルを舐めようとしてるもんw

682:2010/12/21 20:58
>>674
たけちゃんじゃないだろw

にしても「緑色の輪郭部分の形状等を変更しました。」って気になるwww

683:2010/12/21 22:54
たけちゃんのオケツ校章すごいねーw
菊門をなめたり、カメを突っ込んだり、表現が直接的になってる
いくらなんでもヤリすぎじゃね?

689:2010/12/22 19:24
>>683
たけちゃんは、オケツやアナルをモチーフにした校章で
教育委員会や学校教育を
痛烈に批判しているんだとおもいます。

でも子供たちが かわいそう。
-----

痛烈にお下品ですが、「グッチー」とは井口やすひさ、「たけちゃん」とは中本竹識。683の言葉はこれ↓を指しているのだと思う。

【2017.06.06「校章M&A方程式:第1式」】
山梨県甲府市
甲府市立善誘館小学校
校章
中本竹識
〔2010年12月決定・2011年4月開校〕
善誘館小学校

でも、本当に中本なのであろうか??682が本人ということだってあり得ぬではない。今ではもう「緑色の輪郭」云々の話はネット上で探し出せないけれども。
Sexualという意味では、前回挙げた小樽市立北陵中学校の校章 by 工藤和久だって、Subliminalどころではなく性的暗喩に満ちているではないか。

(続く)

2017年11月 4日 (土)

【番外編】墜ちていく翼(桜堤中学校・蒲江翔南学園・旧 蒲江町章)

もうホントこれっきりにしたいけど、なかなかそうもいかなくて。

東京都墨田区
墨田区立桜堤(さくらつつみ)中学校
校章
工藤和久(青森県)
桜堤中学校

そう、またこのガイダーのことsadです。

学校統合は地方だけの話じゃない。2013年4月に墨田区立向島中学校・同 鐘淵中学校が統合して開校したところ(「鐘ヶ淵」はあのカネボウ発祥の地である)。同じく都内北部の足立区立千寿桜堤(せんじゅさくらづつみ)中学校とは別物ですsmile。校章は2012年3月に決定されている。
本件募集のことを告知した「すみだ区報」2011年11月1日号には対価については何も出ていないから、おそらく無償の「公募ランティア」だったものと思われます。

(優秀賞)
北野公一(和歌山県)
工藤和久(青森県)
村杉はるか(向島中学校)
舩生仁真(鐘淵中学校)
渡辺勇真(鐘淵中学校)
今村 萌(押上小学校)
徳久日萌乃(隅田小学校)
菅野楓貴(梅若小学校)

和久はダブル入賞だったという・・・typhoontyphoon

で、これと次のものとがよく似ていると言いたいわけですよ、愚blogとしては当然に。

【2017.05.24「Hのし過ぎは教育上よくないざーます!!」】
北海道小樽市
小樽市立北陵中学校
校章
工藤和久
〔2016年9月決定・2017年4月開校〕
北陵中学校

-----
北陵中学校の[H]の文字と小樽の[ガス灯]、[翼]を基調に未来に灯をともし、羽ばたく北陵中学校を象徴的に表現しました。
また、翼は[赤色]で太陽、ガス灯は[橙]で光と実り、Hの左側は[緑]系で大地と青葉、Hの右側は[青]系で空と海、運河を表し、豊かな自然と風土に恵まれた小樽市を明快にイメージしました。
-----

ところがもっと驚くことに、北海道の北陵中学校と同じ年の同じ月、2017年4月に開校した九州のこの学校もこんな校章にしたんです。

大分県佐伯市
小中一貫校 蒲江翔南学園(佐伯市立蒲江翔南小学校・佐伯市立蒲江翔南中学校)
校章
工藤和久(青森県弘前市)
蒲江翔南学園

校章は2016年11月に発表されている。デザインだけでなくコンセプトの相似も玩味下さいませ。

-----
旧・蒲江町の[町章]と[翼]を基調に素敵な未来へ元気に翔たく蒲江翔南学園を象徴的に表現しました。
[赤]は太陽、[青]は豊かな海で自然と風土に恵まれた蒲江地区をイメージしました。伝統を継承し、シンプルに、親しみやすく、多くの人々に長く愛される校章です。
また、縮小、単色、白黒にも耐えられ、いろいろと多用途な使い方が出来ます。
-----

ふむ、調べてみると。

大分県 (旧)南海部郡(みなみあまべぐん)蒲江町
町章
旧 蒲江町章

東京都大田区の蒲田工業会の会章にもソックリなものが(嘘よ)。

蒲江町は、2005年3月3日に(旧)佐伯市と(旧)南海部郡の全5町3村が新設合併したことにより、現在は佐伯市の一部です。

それから12年後、(旧)蒲江町内の6つの小学校と1つの分校、すなわち名護屋小学校・蒲江小学校・河内(ごうち)小学校・西浦小学校・楠本小学校・上入津(かみにゅうづ)小学校と名護屋小学校の森崎分校が一気に統合されて蒲江翔南小学校となり、同時に、既存の蒲江翔南中学校と合わせて「佐伯市初となる施設一体型小中一貫校」として「蒲江翔南学園」がスタートした。なんでも通常の中学1年生は「7年生」なんだそうです。

しかしこれには抜かった。まさかここまで似ているものを同時に北と南に送り込むなんてsign03これこそ欺瞞でしょうよangry、ツルに言わせれば。
まあ、この頃からやってたことだしなあ↓(他にもあるかもしれんけど)。

【2013.06.06「Family... Business?? Part 2」】
千葉県浦安市
浦安市立東野小学校
校章
工藤和久
〔2010年4月開校・2011年2月制定〕
東野小学校

旧校同士の校章を合体させる手法は中本竹識や立志哲洋にもあった(cf. 2017.06.06「校章M&A方程式:第1式」)。既存のデザインを足し算する(!)という思考は、工藤和久ではこのような方向に進んでいってるわけです。そりゃ、自治体章に何かをおっかぶせた校章というのが大昔からあることも理解はしてますがネ。

≪次は、どこに?≫

2017年11月 2日 (木)

【番外編】顔入りマークと丸ブーの時代:下(枕崎かつお節製法伝来300年・千葉ウィスコンシン協会)

(承前)

顔入りマーク、2006年まで下るとこう展開してくる。

鹿児島県枕崎市
枕崎水産加工業協同組合
かつお節製法伝来300年 記念ロゴマーク
彦根 正(東京都町田市)
枕崎かつお節製法伝来300年ロゴマーク

-----
マクラザキの[マ]の文字をモチーフに活き活きとした[カツオ]をつかみ、『かつお節生産量日本一』の『枕崎』をアピールし親しみやすく表現しています。
-----

鰹節の周年ロゴ!!企画自体ニッチ過ぎて、コメントのつけようがありません。

-----
・かつお節のイメージにふさわしいデザインとします。
・[300年]の文字を含むものとします。
-----

という御題だったげな。

なんでも、1707年(宝永4年)に紀州から移り住んだ森 弥兵衛なる人物が、ご当地に鰹節の作り方(「煮熟・焙乾・カビ付け」がポイント)を広めたとか。てことはこの「顔」がその弥兵衛どんってことかしら。
3世紀に及ぶ歴史の割にゃ軽いデザインです。下手すりゃヤマキやにんべんの「削り節パック」みたいなものになっちゃうわけで、応募側としてはそことの違いを打ち出すことに頭を悩ませたことでげしょう。制定側もそこだけは避けたかったはず(と思いたいがbearing)。

2006.10.18〜11.30募集、12.26発表。賞金10万円也で応募総数275点。

この直前にはこんな公募もあった。

【2015.04.17「限りなく闇黒に近いブルー」】
千葉県
千葉ブランド水産物認定マーク
(佳作)
駒井 瞭
千葉ブランド水産物(駒井案)

こちらは2006年の07.14まで募集が行われ、11.13までには発表されていたことがわかっている。偉いデザイナー先生も形無し。一方駒井はこの[魚]路線も長く温存していくんですがね、「限りなく闇黒に近いブルー」に書いたとおり。

誇り高き彦根の公募作品からあと1点いっておこう、「顔入り」ではないけれど。

千葉県
千葉ウィスコンシン協会
ロゴマーク
彦根 正(東京都町田市)
千葉ウィスコンシン協会

-----
友好や交流を示す[ハート]をベースに、両県州のイニシャルの[C]と[W]を組み入れ、スペリオル湖やミシガン湖に接したウィスコンシン州と、三方が海に囲まれた千葉県を、象徴的な太平洋の[波]で結んでいます。
-----

こ、これが[W]ですかあぁぁ!!
ふっ。彦根センセお得意の丸ブーっす(本人はそのlabelingを潔しとしないようだが)。まさに丸ブー全盛の2005年9月、応募総数29点の中から選ばれたもの。
ツル的にはこれまたぎゃふんである。そんな団体の存在にも吃驚ですが(ツルは従兄がウィスコンシン大学の院に留学していたので、この米国の州には親近感を覚えるけれども)、1文字変えて「China-Wisconsin Association」にした方がしっくりきそう(爆)。いや待て、確かほんとにそんなのあったぞ。

【2016.12.02〜04「十年の執念」】
外務省
日中文化・スポーツ交流年 ロゴマーク
加賀谷美幸
〔2007年3月発表〕
日中文化・スポーツ交流年

-----
China-Japanの頭文字[C]と[J]をダイナミックに交流させ、新しい[ハート](心)を生み出しました。CとJは、長い交流を「種」とし、ぐんぐん天に向かってのび、成長回転します。ハートを大切に包み込み、守り、育てる様を表現しました。日中交流の基本も心(ハート)です。〔後略〕
-----

でもそんなことより・・・

日本理学療法士協会
ロゴマーク
(作者不明)
〔2001年7月公募〕
日本理学療法士協会

厚生労働省
シンボルマーク
日高美明
〔2008年7月制定〕
厚生労働省

【2014.01.16「マルチな才能の行く末」】
兵庫県伊丹市
市立伊丹病院
シンボルマーク
(優秀賞)
駒井 瞭
〔2010年8月発表〕
市立伊丹病院(駒井案)

こうした流れの中の1ピースとして理解されるわけ。

愚blogではパクり・パクられの関係を簡便に示すため、決定/発表の時期をなるだけ書いてきたけれど、2年ほど前から、どちらが先でどちらが後かなんてあまり意味をなさないように思えてきている。そこはもう卒業かなって感じ。
いずれにしても10年以上前からの話、一般社会は、千葉ウィスコンシン協会のは2005年製で日本理学療法士協会は2001年製だから前者が後者にinspireされたんだねとか、2004年の松戸市「みのりちゃん」は2003年製のエコファーマーのパクりだよとか、今さらそんな風にはまず見まい。結局今あるのは「同じようなマーク」という認識だけだろう。

無論、こげな↓極端な例外(と信じたいがbearing)は別じぇ。

【2016.05.12〜13「アナタのマチのUDってなぁに?」】・【2016.07.09「アナタのマチのUDってなぁに?: Last Coup」】
岐阜県多治見市
多治見市バリアフリーマーク
駒井 瞭
〔2006年度決定〕
多治見市バリアフリー

東京都日野市
ユニバーサルデザインロゴマーク
駒井 瞭
〔2016年3月制定 ⇒ 7月取消〕
日野市ユニバーサルデザイン

【2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」】
東京都西多摩郡瑞穂町
みずほ・きらめき回廊 ロゴマーク
(優秀賞)
重田律子
〔2014年3月決定〕
みずほ・きらめき回廊(重田律子案)

【2017.10.25「ある伝説の・・・ふにゃふにゃ」】
自衛隊家族会
ロゴマーク
(優秀賞)
重田 修
〔2017年3月発表〕
自衛隊家族会(重田案)

2017年11月 1日 (水)

【番外編】顔入りマークと丸ブーの時代:上(豊の魚一村一魚・こづくん)

自治体章ばかりじゃ飽きてもくるので、今回は「顔入り丸ブー」、ぶった斬ります。平成大合併より早く、つまりご当地キャラが流行り始めるより前は、こんな「キャラクターマーク」とでも言うべきものが多かったんだよね。

大分県
豊の魚(おおいたのいお)一村一魚 シンボルマーク
彦根 正(東京都町田市)
豊の魚一村一魚

-----
大分の英文頭文字[O]と[魚]を組み合わせ、一村一魚の共に元気な県産水産物を親しみやすく表現。[O]は消費拡大の広がりを表象している。
-----

ううう、なにげに[ハート]も盛ってある。こういうの、作者鑑定が難しくてツルは苦手なんだよなーー、どれも同じに見えちゃって(爆笑)。

【その59】
長野県小諸市
セーフコミュニティ推進協議会
セーフコミュニティこもろ
シンボルマーク → キャラクター こもえみちゃん
塩崎歩美
〔2010年8月デザイン決定〕
こもえみちゃん

【2014.12.07〜11「2年課程修了試験」】
新潟県五泉市
シンボルマーク
いずみちゃん
川本 智
〔2002年10月発表〕
いずみちゃん

滋賀県大津市
市民活動センター
マスコットキャラクター
おっぴぃ〜
信貴正明
(愛称)山崎智美
〔2007年8月デザイン発表〕
おっぴぃ〜

【2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」】
兵庫県川辺郡猪名川町
町制施行60周年記念ロゴマーク
鬼丸邦宏
〔2014年12月発表〕
猪名川町60周年

三次元化の造形上の困難からか、今ではこうしたデザインは、着ぐるみを作る必要のないスポット的なもの、つまり周年記念モノなどに限られてきてる気がするけど。
ま、他にもあるけどこのくらいにして。「顔」にはやっぱり訴求力があるということなんでしょうが、皮肉にもむしろ個性は失われたという。

大分県発祥の「一村一品運動」の海産物、いや水産物バージョンだけど、「地域ごとにそれぞれが特色ある産物を育てていこう、その総体としての大分ブランドだ」というこの運動の趣旨をよく具現化しているとは思えない。むしろそれは次点作品の方ではないか(個人の感想です)。

【2014.03.08「野獣の花輪に護られて(5)」】
(優秀賞)
幅田朱美(兵庫県伊丹市)
豊の魚一村一魚(幅田案)

〔キャッチフレーズ〕
「跳ねる大分!一村一魚」
内田健治(鹿児島市)

(優秀賞)
「豊かな味わい豊の魚(おおいたのいお)」
緒方一雄(神奈川県茅ヶ崎市)

この水産物ブランド化を始めたのが2000年で、シンボルマーク(応募総数 217点)とキャッチフレーズ(同 971点)を公募したのは2002年。その翌年には舞台を「漁」から「農」に移してこんな兄弟分が。

【2014.12.07〜11「2年課程修了試験」】
全国環境保全型農業推進会議
エコファーマーマーク
彦根 正
〔2003年6月使用開始〕
エコファーマーマーク

そう、こっちなんて「農」のイメージすらほとんど入ってなかったのだがーcoldsweats01。もっともそれは例えば次のものだって同じこと。

【2016.11.04「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第四声」】
千葉県松戸市
松戸市都市農業振興協議会
松戸産農産物ブランド化シンボルマーク
みのりちゃん
(作者不明)
〔2004年2月制定〕
松戸 みのりちゃん

地域の商店街興しにおいても同じ顔立ちのマークは見つかる。

神奈川県横浜市港北区
小机商店街協同組合
小机商店街
シンボルマーク → キャラクター こづくん
彦根 正(東京都町田市)
こづくん

当初シンボルマークとして募集・制定された後、案の定いつの間にかキャラクターという扱いになって愛称までついたようです。

それこそイニシャル[K]に顔をつけて擬人化したというだけで、「商」の意味合いは皆無である(塩崎一族ならマイバッグを描き添えるところsmile)。

【その104】
滋賀県大津市
大津市商店街連盟
シンボルマーク
塩崎栄一
〔2009年3月表彰式〕
大津市商店街連盟

小机の制定時期はわからないけれど、作風からしておそらく「豊の魚」や「エコファーマー」と同じ頃だったのではないかと思われます。商店街事務局と覚しき部屋の一隅で行われた「感謝状贈呈式」には、彦根はきっちり出席されたご様子(町田からJR横浜線で20分だし)。

Faceを売りHeartを売りNameを売る。そりゃいいんですけれども。

(続く)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想