« 【番外編の番外編】ガイダー縁起絵巻:中巻(イクちゃん・光市10周年・くるみん) | トップページ | 【番外編】「子育て」の苦労いろいろ:ご苦労(子育て支援パスポート・なら子育て応援団キャラ) »

2017年11月13日 (月)

【番外編の番外編】ガイダー縁起絵巻:下巻(マザーズハローワーク・認知症ほっとけんまち敦賀)

(承前)

人呼んで「子育ての信貴」、容赦なく集中砲火を浴びせます。

2004年の広島県「イクちゃん」、2005年の厚労省「くるみん」に続いては2006年6月発表のこれ。これがまたねーーorz。

厚生労働省
子育て女性の再就職支援(マザーズハローワーク)シンボルマーク
信貴正明(43歳:新潟県:グラフィック・デザイナー)
マザーズハローワーク

-----
マザーズの[M]をモチーフとし、働く意欲に満ちた女性と子供の姿に表現。働きたい子育て女性の気持ち、そしてそれを支援するあたたかい心を[ハート]でイメージ。子供をつれて気軽に訪れることができる「マザーズハローワーク」を親しみやすくシンボライズしました。
-----

「くるみん」に比して認知度が低いように思えるのはツルの不勉強ですかね?それともビジュアルの印象の薄さ?

-----
(2006.06.02 厚生労働省 記者発表資料 抜粋)

働く女性の場合、出産を機に子育てのために退職するケースが多く、子育て女性については就業希望者が多く存在している一方、希望する形での再就職は困難な場合が多い傾向にあります。また、人口減少や団塊世代の引退等により、労働力人口が急激に減少することが懸念され、女性の労働力を活用することが重要となっています。
このため、女性が働きやすい職場環境を整備するとともに、出産・子育て等で離職した方々への再就職支援を強化するため、平成18年度より全国12箇所にマザーズハローワークを新設したところです。
-----

こちらの担当部署は、厚生労働省職業安定局首席職業指導官室(18文字)。「くるみん」の厚生労働省雇用均等・児童家庭局職業家庭両立課(22文字)よりは名刺のレイアウトがしやすそうです。いやいや、そういう話じゃない。異なる部署が別々にこんなことやってることが、どうなのよ?10年以上経って、状況はどう改善されてきているの?

因みに応募総数は;

 イクちゃん 177点
 くるみん 51点
 子育て女性再就職支援 41点

と徐々に盛り下がっております、悪しからず。厚労省、2つ束になっても広島県の半分やんけ。

もう、相当厭きてきたけど、でもまだ終わるに終われない。少し時代が下って、2010年5月発行の「広報つるが」にこんなものが載っている。

福井県敦賀市
認知症ほっとけんまち敦賀 シンボルマーク
信貴正明(46歳:新潟県燕市)
認知症ほっとけんまち敦賀

-----
敦賀市の頭文字[つ]をイメージした人々が、互いに[手]を取り合う姿を、安心の[ハート]型に構成しました。認知症になっても安心して暮らせる敦賀市をイメージしました。
-----

今度はお年寄り系ですが、つまんねーことタラタラ書いてんじゃねーよ。内容が伴ってねーんだよ
審査した「敦賀市高齢者権利擁護連絡協議会」の面々も、己れの不明を恥じよ。

もう、めんどくさいから、これらが次の諸々と似てるか似てないかなんてのは各位がご自由に判断なすって頂戴。

【2016.07.05「きょうのわだい」】
京都府
京都はあとふる企業 シンボルマーク
齋藤哲哉
〔2011年10月発表〕
京都はあとふる企業

【2016.12.16「類似は友を呼ぶ?」】
新潟県柏崎市
絵本で子育てキャンペーン ロゴマーク
小池友基
〔2016年5月発表〕
絵本で子育て

//

【その66】
宮城県
子育て応援 シンボルマーク
塩崎栄一
〔2008年6月発表〕
みやぎっこ子育て家庭応援

【その65】
静岡県三島市
三島市社会福祉協議会
三島市障がい者週間 シンボルマーク
塩崎エイイチ
〔2011年12月発表〕
三島市障がい者週間

//

【その66】
岩手県
いわて子育て応援の店 シンボルマーク
塩崎栄一
〔2007年11月発表〕
いわて子育て応援の店

【2013.11.20「志とは裏腹に Part 2」】
山口県
やまぐち男女共同参画推進事業者 シンボルマーク
立志哲洋
〔2008年1月発表〕
やまぐち男女共同参画推進事業者

【2016.12.12「趣向を凝らして双子ロゴ」】
埼玉県蕨市
蕨市協働事業 シンボルマーク
小池友基
〔2015年7月発表〕
蕨市協働事業

【2016.12.18「そして類似に吸い寄せられてゆく。」】
福岡県糸島市
糸島市男女共同参画 シンボルマーク
濱口温男
〔2016年3月発表〕
糸島市男女共同参画

信貴作品、他に総務庁の国際高齢者年(1999年)マスコットキャラクターなんかもあるけど、さすがに20年近く前のネタとなるとツルも食指がぴくりともしません。食傷。
今回取り上げてきたものだって、10年前後昔の古い話ではある。ツルとタメになるはずのこのガイダー、最近は公募の表舞台には出てきていないようです。

しかし、話はそれでは済まない。俯瞰してみて改めて思うのは、三十路に入ったばかりの小池友基だって、こうした思想と方法論をがっつり真似ているではないかということ(「小池には新しいものを感じる」とか言ったのは誰だ?)。悪貨は良貨を駆逐するって、ほんとなのね。

てなわけで、3回にわたって繰り広げた華麗なる信貴サン縁起絵巻、これにて全巻を閉じさせていただきます。

« 【番外編の番外編】ガイダー縁起絵巻:中巻(イクちゃん・光市10周年・くるみん) | トップページ | 【番外編】「子育て」の苦労いろいろ:ご苦労(子育て支援パスポート・なら子育て応援団キャラ) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【番外編の番外編】ガイダー縁起絵巻:中巻(イクちゃん・光市10周年・くるみん) | トップページ | 【番外編】「子育て」の苦労いろいろ:ご苦労(子育て支援パスポート・なら子育て応援団キャラ) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想