« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その202:いるまちゃん・まっぴ〜) | トップページ | 【落穂拾いの帖】大御所厳選!Countdown, 5!!(オケちゃん・みまちゃん・秋田三鶏) »

2017年12月25日 (月)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その203:タワラモトン)

(承前)

クリスマスプレゼントbirthday、さらに一品いきます。「いるまちゃん」よりもっと新しく、今月7日に報道に乗ったばかりのキャラクター。

奈良県磯城郡田原本町(しきぐん たわらもとちょう)
公式キャラクター
タワラモトン
塩崎榮一(71歳:大阪市生野区)
タワラモトン

ついに出た、[ブタ]キャラ。なぜに奈良で豚なのか。特にご当地で養豚が盛んというわけではなさそう(田原本町の「ふるさと納税」返礼品には「豚ロース肉(奈良県産)」というのも入っているようだが)。仮にそうだったとしても、そこをアピールするのはリスキーに過ぎるかとpig

-----
(2017.10.23 毎日新聞 抜粋)

〔前略〕

町内の弥生時代の環濠集落遺跡、唐古・鍵遺跡(国史跡)でブタとみられる骨が出土したことから[ブタ]を公式キャラクターに決め、デザインを募集。

〔中略〕

ブタは弥生時代に集落で飼育されていたと考えられている。町は今年8月、本物のミニブタと女の子が町内の名所を巡る観光プロモーションビデオ「タワラモトンとおさんぽ」を制作。合わせて「タワラモトン」のデザインを公募し、投票で選ぶことにした。
-----

はあ、もうその頃に野生の猪から家畜化してたということね。つまりモチーフと愛称は先に決まっていた。採用副賞は商品券5万円分で応募総数391点、大健闘ですな。
ついでながら、今年7月に吉本新喜劇初の女性座長になった酒井 藍(註:現在6人いる座長の末席である)はご当地の出身で、今月11日、「たわらもと広報大使」第1号に任命されたそうな。だから、そういうことね(笑)。豚尽し。

-----
(2017.12.07 毎日新聞 抜粋)

町キャラ、デザイン決定 特産品身に着ける 田原本 /奈良

〔前略〕

町内にある唐古・鍵遺跡の[楼閣]をモチーフにした帽子や町特産品をあしらった服を身に着けた[ブタ]を描いたもので、森 章浩町長は「愛くるしく、一緒に頑張っていきたい」と話している。

〔中略〕

デザイン案を公募して5案に絞り、10月半ばから約1カ月間、総選挙を実施。町民中心に8688票が投じられた。決定したデザインは、大阪市生野区の塩崎栄一さん(71)が描いたもので、2位の倍以上となる3788票を獲得した。

〔後略〕
-----

(優秀賞)
笹田宗宏(田原本町)
平井美佐子(田原本町)
宮本美卯(田原本町)
外山千春(奈良市)

見逃してはいけない、「中心に」の一言を。投票は「住所、年齢、性別など問わず、全ての人」を「有権者」としていたので、珍しくも全国対象だったわけ(ただしネット投票はなし)。
もひとつ見落とすな、別名義は別として、栄一系名義の年齢が七十路の大台に乗って報じられたのはこれが初めてであることを。しかし、愚blogが塩崎一族斬りの根拠の一端としている「1995.07.01=栄一満54歳誕生日」説に基づけば(cf. 2013.10.06【その58】)、2017.08.23〜09.19の本件募集の時点で榮一は既に76歳のはずである。数えなら喜寿、ここまで来たらむしろ逆鯖で「米寿になりましたじゃ」ぐらいに触れて回る方がよほど有利だと思うけど、まだまだ脂っ気の抜けないことでpig

-----
【2018.01.06 追記】
・・・と思っていたら、榮一が出席(!)した2017.12.27の表彰式を報じた新聞記事には「自称71歳」と書かれていました。詳細については【2018.01.06「スゲエよ!!!!! 奈良新聞」】を是非ご覧下さい。
-----

あ、そうだ。以前は[通せんぼ]塩キャラといったらあゆみ作と相場が決まっていたものです(cf. 2013.05.23「直立不動で御神楽舞える?」)。栄一系名義でこのポーズは珍しいかも。

で、盛りアイテムは「町特産品」とぼかしてあるけど、[柿の葉寿司]+[柿の葉?]+[桃]+[町章]。[タ]の字のデザイン元はわかりません・・・。塩キャラDogmaを貫徹するにはアイテムがやや不足した印象。町の花は[スイセン]、町の木はイチイガシ。では、なぜここで[桃]を盛ったか。
昔からの名産品というわけではないようですが、ご当地にも桃太郎伝説があって、「桃太郎発祥の地」を名乗っている。唐古遺跡からはモモの実の核も出土している由。で、モモ生産も地元の「黒田桃花会」という団体が2002年から始めたらしい。「古代桃」なる品種も保存栽培している。(いずれも訴求力が弱くてピンネタには据えられなかったと見たが。)

結局、こういうことだろう。「唐古・鍵遺跡」を除けば、ご当地の存在感はネット上極めて薄いm(__)m。ご当地産品もよくわからないってぐらいに。ところが来春に「道の駅 レスティ唐古・鍵」がオープンするので、ここで一気に攻勢に転じたい。新しい名物作りを狙って、この夏には「田原本町お土産(特産品)コンテスト」てのもやったんですね。
キャラ公募もその文脈で捉えるべきなのだと思う。従って今後、盛りアイテムの入れ替えもあり得るのじゃないかしらん。

-----
【2018.09.01 追記】
実際には、2018年3月になって、盛りアイテムを全て外した落飾の身になっとります。詳しくは【2018.07.10「その203の2」】をご覧下さい。
-----

しかしです。ご当地では既に以前から、桃太郎キャラ「ももたん」、古事記の編纂者太安萬侶の生地であるとして「やすまろさん」、唐古・鍵遺跡には「楼閣くん」、少なくとも3点のキャラクターが存在する。はあぁdespairdash
田原本町役場産業建設部観光・まちづくり推進課商工観光係(27文字!)はそれでも飽き足りなかったらしい。ほとんど迷走しているように見えるけど、今後どこまで増やしていくのであろうか・・・coldsweats02。そしてどのように管理・運営していくのか。

結局は田舎公募。ツルの経験則では、「田舎公募」とは次の特徴を有する。

①制定/公募する目的が明確化されていない
②内部者応募が禁じられていない
③応募に際しての禁止事項とそこへの制裁が曖昧
④著作権等の保護に関して無頓着または過剰に敏感
⑤募集期間および選考期間が途中で延長(または短縮)される
⑥サイト掲載された作品のファイルサイズが異常に大きい

本公募は①が当てはまるだろう。②のケースは岩手県九戸郡洋野町の町章公募をはじめいろいろと斬ってきた。③も様々なバリエーションがあるけれど、ツルに言わせりゃできるだけ厳格かつ明快にして、解釈の余地を残すべからずです。④なら宮崎県日向市「若山牧水キャラ」公募または山梨県南都留郡鳴沢村「なるシカくん」公募などが挙げられる。⑤は群馬県北群馬郡榛東村「しんとうちゃん」公募がそうだったし、東京都大田区「はねぴょん」公募にも現在進行中の東京五輪マスコット公募にも生じた問題。都会だって国プロだって、田舎公募は田舎公募です。⑥は前回の「いるまちゃん」が当てはまり、元画像は2,903 x 3,808 pixelで1,776KBもあった(苦)。しかし上には上があって、【2017.12.17「公募の畔、百年河清を待ちながら」】で取り上げた「まなびの森新見図書館」シンボルマークは2,739 x 2,932 pixelで3,379KBに及んでいる。サイト開くとびっくりしますよー、マークがずろろーんと広がってパソコンの画面にも入りきらないcoldsweats01

公募に際してこういうものを許した風土、外から常に見られていることを意識しない閉鎖性というのはねーdespair。内容の画一化、没個性化も元を辿ればそこに遠因があろう。

豚(の骨)まで塩崎センセのキャラにして、それこそ塩漬けにならねばよいがpig。いや、そこは従来一方的に「ご当地産品 → キャラクター」という流れであったご当地興しビジネスが、「キャラクター → ご当地産品」へと逆流を起こす兆しかもしれない、なんちゃって。「古代ポークカレー」とか「弥生式豚骨ラーメン」とかどうでしょうpig。(上述のコンテストでは「古代桃ビール」が入賞している!)

さあ、大晦日の本編がいよいよ最終回ですっ!

(続く)

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その202:いるまちゃん・まっぴ〜) | トップページ | 【落穂拾いの帖】大御所厳選!Countdown, 5!!(オケちゃん・みまちゃん・秋田三鶏) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

まさか地元がこんなことになっていたとは…
タワラモトンは知ってたけど吉本芸人のサカイアイという子を模したキャラクターだとばかり思ってたなぁ。
ブタのキャラクターに対してトンコツラーメンで入賞とか…なかなかやりおる!
でも、いま1番好きなキャラクターはくまモンッ!
本物のブタもかわいいけどキャラクターが動いてるほうが好きだなー。
シカッチェと一緒に頑張るんだッ!

熊好きな田原本民さま

はじめまして、管理人のツルと申します。かくもマイナーな愚blogにお越しいただき、ありがとうございます。

なるほど、ジモティのご感覚としては、ご当地出身の酒井 藍嬢 → タワラモトンという豚流の方がしっくりくるのでしょうね。

本文にも追記しましたが、その後タワラモトンのデザインは、塩キャラ(愚blogでは塩崎一族によるご当地キャラクターのことをこのように呼び習わしています)お得意の盛りアイテムが剥ぎ取られてしまったのに驚きました。
また、これも先刻ご承知かもしれませんが、ツルが書いた「弥生式豚骨ラーメン」は、実際に「田原本町お土産(特産品)コンテスト」で選ばれたというわけではありませんので、念のため。その辺りも【2018.07.10「その203の2」】で触れています。

「シカッチェ」のことは知りませんでした。愚blog流に書けば;

プロバスケットボールチーム バンビシャス奈良
チームキャラクター
シカッチェ
〔2013年3月発表〕
北村満理子(奈良県宇陀郡御杖村:会社員)

というところになりますか。
「バンビシャス奈良」って、スポーツチーム名としてはあんまり強くなさそう・・・m(__)m。でもそのキャラクターとなれば、シカはもう必然なんでしょうねえ。微妙にブタtaste入っていてm(__)m、タワラモトンとも相性よさそうですしw。

よろしくご贔屓賜りますようお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247782/72504975

この記事へのトラックバック一覧です: もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その203:タワラモトン):

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その202:いるまちゃん・まっぴ〜) | トップページ | 【落穂拾いの帖】大御所厳選!Countdown, 5!!(オケちゃん・みまちゃん・秋田三鶏) »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想