艶競べ [63](京丹後市章・京丹波町章)" /> 艶競べ [62](匝瑳市章・安平町章応募作品) - 空中庭園@下丸子" /> 艶競べ [62](匝瑳市章・安平町章応募作品) - 空中庭園@下丸子" />

« m(__)m 工事のお知らせとお詫び m(__)m → 終了しました | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [63](京丹後市章・京丹波町章) »

2017年12月16日 (土)

【対決編】丸ブー艶競べ [62](匝瑳市章・安平町章応募作品)

(承前)

気分を変えて漢字系丸ブー、もう一ついっとこうか。

千葉県匝瑳市(そうさし)
市章
合田さち男(岡山市)
匝瑳市章

-----
海の波と緑の葉を表すデザインで匝瑳市の[匝]の字と、いきいきした匝瑳市民を表し、匝瑳市がシンボライズされています。[橙色]は「活力」、[緑色]は「成長」、[青色]は「未来」を表しています。
-----

2006年1月に八日市場市と匝瑳郡野栄町(のさかまち)が新設合併したところで、市章は合併前募集・合併後制定というパターン。1,754点の中から選び抜かれた逸品ですヨ(きっと)。

ご当地はWikipediaでこう紹介されている。

-----
旧八日市場市は植木(苗木)の産地として有名であり、匝瑳市は植木の栽培面積が日本一となっている。
-----

それは知ってたんですけどね、ツルは園芸オタクとしてかなり驚いたことが一つ。匝瑳市の花はチューリップとされている。えっ
実はチューリップという植物は、(品種系統にもよるけれども)基本、ウィルス病にかかりやすい。治療の方法がなく、これに感染したら球根ごと廃棄するしかないという厄介な病気です。だから園芸書には「チューリップの球根は消耗品と考えて毎年購入すべし」みたいなことがよく書いてある。
この花が16世紀にヨーロッパに紹介された後(原産地はトルコ辺りで、語源は「ターバン」)、投機対象として異常な高値を呼び、「チューリップ相場」が起きたことはよく知られている。その理由の一つに、ウィルス病の初期症状として花弁に白斑が入ることが多いため、それを突然変異によるきれいな変わり物が生じたと勘違いして珍重した(その後程なく弱って絶えてしまうわけだけど)ことがあるとされる。
で、このウィルス病、冬季に土壌が乾燥するところで激しく出るんですね。つまり、冬場に晴天が続いて空っ風の吹く関東地方はチューリップ栽培に向いてないわけ。逆に言えば、日本では新潟や富山でチューリップ球根の商業生産が盛んなのは、冬季の降水量、すなわち雪が多いからです。

ね?なのにそのチューリップをわざわざ市の花にしちゃったわけよ、関東の自治体が。植木の生産が盛んという土地柄であってみれば、園芸全般のエキスパートも多いはずだけどなあ?

その匝瑳市がチューリップを市章に取り入れなかったというのは、【2017.12.12「罪と罰のあとさき」】で取り上げた新潟県五泉市が、市の花はチューリップじゃないのに市章はチューリップをモチーフにしたのと真逆です。

新潟県五泉市
市章
小島貞彦
〔2006年6月決定〕
五泉市章

改めて眺めてみると、こちらが匝瑳市章で上掲が五泉市章であってもいいような気もしてくる(笑)。思い切って取り替えっこしちゃったらどうでしょう?今からでも遅くはない(遅いかww)。
あるいは次点を繰り上げるとか。

(優秀作品)(cf. 2016.01.19「水は高きより低きに流れる、とかや」)
小松秀男(宮城県気仙沼市)
水久保義信(宮崎県都城市)
鈴木由紀(愛知県豊橋市)
上田博文(大阪府柏原市)

(特別賞:小・中学生努力賞)
〔小学生の部〕
加瀬葵唯(八日市場市立八日市場小学校4年)
伊藤拓海(八日市場市立椿海(ちんかい)小学校2年)
多田匡利(八日市場小学校5年
太田智也(野栄町立栄小学校3年)
明智隼翔(八日市場小学校6年)
江波戸紗於利(栄小学校5年)

〔中学生の部〕
佐久間春菜(八日市場市立八日市場第二中学校2年)
藤本春樹(熊本市 九州学院中学校2年)
秋山礼子(八日市場第二中学校3年)
実川文香(八日市場市立八日市場第一中学校1年)

因みに、匝瑳市初代市長は江波戸(えばと)辰夫(旧 八日市場市長でもあった)。ひんやーりする、紗於利ちゃんとの血縁関係があったのかなかったのか。でもそれ言い出したら、第2代の現市長は太田安規(やすのり)(父親は旧 八日市場市長であった)。智也くんとの関係はどうなのよ(笑)。

やっぱり繰り上げはしない方がよさそう、大人も子供も。

これにペアリングするのは、本来なら平成大合併によって生まれた難読自治体名番付の西の横綱、宍粟市(しそうし)でなければならんところだけれども;

【2013.08.07「宍粟市も踊る官兵衛」】
兵庫県宍粟市
市章
硲(はざま) 卓也
〔2005年1月決定〕
宍粟市章

既に斬殺してしまったので、頭を切り替えてこれ↓にしておこう。

北海道勇払郡安平町
町章(応募作品)
〔2005年10月決定〕
安平町章(応募作品)

今まで何遍も取り上げてきた安平町章応募全作品リストから。うふふ、そこはかとなーく似てるってところが通好み。作者が同じなのかどうなのか、それは読者諸賢の解釈と判断に任せましょう。

匝瑳市章

(続く)

« m(__)m 工事のお知らせとお詫び m(__)m → 終了しました | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [63](京丹後市章・京丹波町章) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【対決編】丸ブー艶競べ [62](匝瑳市章・安平町章応募作品):

« m(__)m 工事のお知らせとお詫び m(__)m → 終了しました | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [63](京丹後市章・京丹波町章) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想