艶競べ [65](湖南市章・雲南市章)" />

« 【対決編】丸ブー艶競べ [65](湖南市章・雲南市章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その200:森ナビしそう・さどわらブランド) »

2017年12月17日 (日)

【それでもやっぱりおまけ編】公募の畔、百年河清を待ちながら(まなびの森新見図書館)

(承前)

「類似」という(だけの)観点からひたすら公募デザインを斬りたくってきた愚blogも、遂に最終段階に入ってきとるわけですが、そうなると探索の目も厳しさがいや増すわけでして。

岡山県新見市
新見市立中央図書館(まなびの森新見図書館)
シンボルマーク
工藤和久(5●歳:青森県弘前市:デザイナー)
(施設愛称)岡本洋子(新見市)
まなびの森新見図書館

今年の4月に移転・改称してオープンした図書館ですが、このマーク、実質的にこれと同じですねェ。

【2017.05.05「ガイダー十字架遺産指定の件:第2回」】
愛知県日進市
シンボルマーク
(候補作品⑦)
〔2014年7or8月市民投票〕
日進市シンボルマーク候補⑦

なんでこんなものを平気で出せるかね。おそらくこんなものは氷山の一角で、他にも腐るほどあるんでしょうが、それにしてもコワいよ。ツルも内心忸怩とするわ。
愚blogで2014年夏の日進市シンボルマークのことを取り上げたのが2017.05.05。新見市立中央図書館でシンボルマーク募集が行われたのが2017.05.01〜31、投票が06.26〜07.20。あの記事が脳裡の記憶を呼び覚まし、新たなネタを与えることになったのではないかと危惧しないものでもない。

作者コメントも見較べてみよう。

-----
新見市の[に]の文字と[本]の形を基調に、学びの世界で躍動する市民の姿で、新見市立中央図書館を象徴的に表現しています。[暖色系の色]は学び、憩い、喜びを表し、[緑]は豊かな自然で学習環境に恵まれた新見市を明快にイメージしています。
-----

-----
日進市の[に]の文字を基調に未来へ元気に躍動する市民の姿で日進市を象徴的に表現。[赤]は太陽、[緑]は大地と青葉、[黄]は光とみのり、[水色]は水辺で豊かな自然と風土に恵まれた日進市を明快にイメージ。シンプルで、親しみやすく、多くの人々に長く愛されるデザイン。また、縮小、単色、白黒にも耐えられ、多用途な使い方が出来る。
-----

ああ、やっぱり。何も変わらない、どこからも光明は射し込んでこない。

候補作品だったのだから何やっても構わないとでも?そういうことではないでしょう?
既採用作品の使い回し応募やら、同時重複応募やら、何でもありの制作態度なのだから、初めから募集要項や応募条件を遵守するつもりは毛ほどもないわけで、そこをコンプライアンスの立場からツルは批判している。ま、五十路のおっさん達の性なき諍いと言わば言え。

新見市教育委員会教育部生涯学習課生涯学習係さん、アナタのとこのBibliothecaの象徴が、そんなことでいいわけですか?この作品にどれほどの知的労働が込められているのかと問いたいです。

そして、こうした批判に対して、デザイナー村の住人達がどのように「きちんと」反論するのかも知りたい気がします。挑発する気もさらさらないけれど、その夢は遂に叶えられそうにないな。

« 【対決編】丸ブー艶競べ [65](湖南市章・雲南市章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その200:森ナビしそう・さどわらブランド) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【対決編】丸ブー艶競べ [65](湖南市章・雲南市章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その200:森ナビしそう・さどわらブランド) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想