« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

【速報編】東京五輪マスコットデザイン、遂に決定sign03(名前はまだない)

cf.
2017.02.06〜07「東京五輪マスコット選考について」
2017.03.19「五輪公募狂騒曲、再演迫る」
2017.05.28「東京五輪マスコット公募:戦いの火蓋はすでに」
2017.09.08「東京五輪マスコット選考、1st Stage Cleared!」
2017.12.07「誤植あり、プロフィール」
2017.12.11「東京五輪マスコット選考、2nd Stage Cleared!」

とうとう決まっちゃいましたね、東京五輪のマスコット。3組の最終候補の中から見事選ばれたのは「ア」のペア。大方の予想どおりだったように思われます。

候補 ア:109,041票(53.0%)
候補 イ: 61,423票(29.9%)
候補 ウ: 35,291票(17.1%)

【候補 ア】
東京オリンピック・パラリンピックマスコット
谷口 亮(43歳:福岡市:フリーイラストレーター)
オリンピックマスコット パラリンピックマスコット

【候補 イ】
候補イ オリンピック 候補イ パラリンピック

【候補 ウ】
候補ウ オリンピック 候補ウ パラリンピック

-----
(2018.02.28 毎日新聞 抜粋)

〔前略〕

作者の谷口氏は福岡県在住で、高校を卒業後に米カリフォルニア州のカブリロカレッジで美術を専攻。帰国後に路上でキャラクターグッズを販売しながら腕を磨き、これまでに通信教育大手「ベネッセコーポレーション」の教材のキャラクターなどを手がけている。谷口氏は「頭の中は真っ白です」と喜びを語った。

〔中略〕

海外の日本人学校も含めて1万6769校が参加。約28万学級の約7割にあたる20万5,755学級が投票した。マスコットは五輪・パラリンピックをセットで1作品として、作者を伏せて投票。投票は学校単位で一本化せず、各クラスに1票が与えられた。

〔後略〕
-----

そっかあ!!愚blogでは前に;

-----
【2017.12.11「東京五輪マスコット選考、2nd Stage Cleared!」】

 候補 ア:ゲームキャラ
 候補 イ:学習マンガキャラ
 候補 ウ:ご当地キャラ
-----

と例えたけど、微妙にズレてたようですなdespair

ツルも、漠然とながら、「ア」が選ばれるのではないかと感じていた。それはデザインの優劣や好悪の問題ではなく、単に、エンブレムの組市松紋を採り入れたものだから有利に働くだろうと思ったまでのこと(前に書いたように、この案に決まったらイヤだなとも思っていた)。

ツルはこのところ例の組市松紋パズルにハマってますが、そことも特に関係はなし。このような↑形で小器用に組市松紋をあしらったとしても、それはご当地キャラの盛りアイテムDogmaと何ら異なるものではない気がする。
ついでに言えば、五輪のオフィシャルグッズとして、組市松紋をランダムに解体したデザインをあしらった商品もいろいろ出てますが、それらはこのデザインの展開性という観点からは悉く意味レスなものと感じてをります(挑戦的)。楷書を行書や草書に崩したところで、新しい魅力を発見できるとも限らないし(微笑)。

後は、「7〜8月」ないしは「8月ごろ」に予定されている愛称発表を残すのみ。いや、都市鉱山から作られるというのがウリの金銀銅のメダルのデザインもまだですか。現在コンペ中で2019年7月に発表予定。

-----
(2017.12.18 共同通信)

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、大会メダルのデザイン決定に向けたコンペへのエントリー書類を20日から受け付けると発表した。応募資格は今年4月1日時点で18歳以上のプロのデザイナーやデザインを専攻する学生らに設定。平面と立体の2段階によるデザイン審査を行い、大会1年前にメダルとデザイナーの発表を目指す。
採用作品への賞金は100万円。国籍は問わないが、2次選考でメダル製造機関との調整が必要なため、「日本語での意思疎通ができる方」との条件が設けられた。
-----

変なのー!そんなの通訳つければ済むことじゃん。次には出場選手も『日本語での意思疎通ができる方』に限定するなんて言い出しかねないぜbleah。ツルに言わせりゃそこは制定側が負担すべきである。
外国人役員がいる企業の株主総会では、当たり前に会社側でやってることですよ(もっとも、外国人株主が実出席するときは株主側が通訳を連れてくるべし、というのが通説的立場だと思うが。日本法による株式会社が日本において開催する株主総会だから日本語で、というのは大前提)。
世界のスポーツのオマツリなんでしょ。資格限定のコンペなんでしょ。Spec Workじゃないんでしょ。Communication Designなんでしょ。
さもなくば、日本発の優れたデザインを世界に知らしめるという意味で、日本人(その趣旨を貫徹するなら、日本国籍を有する者、ということになりそうだが)に限定することも考えられるけど、そんなものに固執してたらもはや現代の芸術は成立しないんだろうな。

そこのあたり、もちっと考えろよ。自分たちの都合を優先させるのではなくて。

デザインの苦闘は続く。

2018年2月22日 (木)

【加筆編】未来へと噴き出す血潮:下(塩尻市婚姻記念証応募作品・塩尻市出生届)

(承前)

-----
でも、ガイダー側はそこをまだほとんど意識してないように思えますが・・・。
-----

いや、そうでもないのかも。駒井は昨年11月、人口減少の抑止を願ってwwこんな珍品2点をも作っているのだ。

長野県塩尻市
塩尻市オリジナル婚姻記念証
(応募作品 No.13)
駒井 瞭(関西)
塩尻市婚姻記念証(駒井案)

-----
希望の[太陽]映えて[諏訪湖]越しに[富士山]を眺望する高ボッチ高原、松本盆地、奈良井・田川、特産誇る[ブドウ]、婚姻を祝福する[ハート]に[し・お](新郎の右手・顔・左手)[じ・り](新婦の右手・顔・左手)を組み合わせ、新たな人生のスタートの幸せに光ときめく「婚姻記念証」をさわやかに一生の記念となるようデザインした。
-----

わおぉ、今度はブルーとピンクのDouble Faceかよcatfacecatface。指先の「婚姻を祝福する[ハート]」は血飛沫が姿を変えたるものにて則ち血の婚礼の証。而して駒井式ひらがなCryptographyは相変わらず解読不能、故に誰も挑んではならぬ。

誠に申し訳ない、申し訳ないんですが、このデザインの婚姻届を使いたい/使ってもらいたいというセンスはツルにはやっぱりわかりませんm(__)m。駒井はまだこの使い回し路線を続けていくのであろうか。ほんっと、後生だからいい加減にしてほしいです。

(最優秀賞)
作品名「コン姻届赤」
すあま(塩尻)

(優秀賞)
作品名「絵本風」
イシイミホ(千葉)
作品名「ウェディングツリー」
山崎(花澤)直子(塩尻)

(しおっ子ねっと賞)
作品名「綺麗な狐」
椛(もみじ)(塩尻)

※作品名は塩尻市サイトより、作者名等は「しおっ子ねっと」サイトおよび「塩尻 子育て はぐしおブログ」より(以下同)。

もう一つはこれ。

長野県塩尻市
塩尻市オリジナル出生届
(優秀賞)「ペインティング赤ちゃん」
駒井 瞭(関西)
塩尻市出生届(駒井案)

-----
[朝日]輝き[諏訪湖]越しに[富士山]を望む素晴らしい眺望の楽しめる高ボッチ高原、松本盆地、奈良井・田川を背景にすくすくと育ち伸び行く市の木[いちい]、市の花[キキョウ]、特産[ブドウ]と天高く大きく広がる夢・希望に成長を託す[風船]を持つ[子ども]を重ね「出生届」の明るく元気な姿を誰にでも一目見てよくわかり広く親しみ愛されるようデザインした。
-----

こっちは逆に安心しちゃう・・・(爆)。相変わらず文章は支離滅裂だが。

(最優秀賞)
「ぶどうとコウノトリ」
シノザキ(東京)

(優秀賞)
「ペインティング狐」
有野陽子(塩尻)
「ペインティング赤ちゃん」
駒井 瞭

この2つの公募は民間主導で行われ;

企画・主催:しおじり子育てネットの会
協賛:塩尻市振興公社
後援:塩尻市
協力:株式会社コミクリ・株式会社イメージレイン
賞品:
(最優秀賞:各1点)
木曽漆器の漆塗りワイングラス
(優秀賞:各2点)
塩尻産ワインとシャインマスカット

てなものだった。しかし実務はユルユル。
市民投票時から作者名を公表するという暴挙に出ている。ネット投票も実施されたけれども、「正式ではありませんが、選定の参考までに、10月16日までネット投票も行なっています」という中途半端かつ不明瞭な位置づけ。婚姻記念証に「しおっ子ねっと賞」をなぜ追加設定したのかも不明で、入賞した「椛」がペンネームである(と考えられる)ことを考え合わせると、再びヒンヤリしてきます。まあ、応募総数、婚姻記念証23点・出生届9点という規模だったので、それこそ内輪募集に毛が生えた程度のものではあったかと。

最終的には;

-----
(2017.11.07 塩尻 子育て はぐしおブログ 抜粋)

出生届に関しては著作権の問題がありダウンロード版はありません。

〔中略〕

婚姻記念証の入賞作品は、11月22日から、塩尻市公式ホームページでダウンロードが出来るようになります。
また、その他の人気作品に関しても、「しおっ子ねっと」からダウンロードできるようになります。
-----

-----
(2017.11.22 塩尻市サイト 抜粋)

出生届及び婚姻記念証の最優秀賞については、市民課で配布しております。
また、婚姻記念証の優秀賞及びしおっ子ねっと賞については、下記のPDFより無料でダウンロードできます。
-----

という、わけのわからんことになっている。著作権云々のことは、募集要領には一言も書いてなかったのに。塩尻市さん、アウトソーシングには常にリスクがつきまとうのよ(どうでもいいが正しくは「配布」ではなく「配付」ではないのか)。

そもそもこうしたものがどうして「子育て応援」あるいは「結婚・出産・育児への動機づけ」になるのか、よくわかりませんが。

2018年2月20日 (火)

【加筆編】未来へと噴き出す血潮:上(八尾市ロゴ候補・京都市地域コミュニティ活性化)

(承前)

稲沢市と同時期に行われていた同種同類の公募で目を剥いたのがこれ。

大阪府八尾市
八尾市シティプロモーション推進ロゴマーク
(市民投票対象作品 No.3)
(作者不明)
八尾市ロゴ候補

あー、駒井 瞭だ、「誰も真似ない」と評されるところの。他の作者ではあり得ない。

【2014.10.05「配達されない三通の手紙:四通目 第三葉」】
愛知県半田市
はんだスポーツの日 シンボルマーク
ハルスくん
駒井 瞭
〔2013年6月デザイン決定・2015年7月愛称決定〕
ハルスくん

この↑公募の際には、こんな風に囀ずられてたんですよね。

-----
208:2013/07/10
瞭君キターーーーーーーーーーー
[URL]
すごいよ瞭君
すごいよ瞭君
すごいよ瞭君
すごいよ瞭君
すごいよ瞭君
すごいよ瞭君
すごいよ瞭君
すごいよ瞭君
すごいよ瞭君
すごいよ瞭君
すごいよ瞭君
すごいよ瞭君

209:2013/07/12
>>208
股間からナニがそそり立ってますけど、
公序良俗
大丈夫ですか?

210:2013/07/12
採用作品の傾向と対策で、採用作品をちょっと真似てみることはあるけど
瞭君の作品は誰も真似ないところがすごい

211:2013/07/13
こんなもん真似てどーすんだよwww
真似ようなんて思うお前の頭どーかしてるんじゃね?
-----

ううむ、屹立男根競べ、八尾の勝ちsun(って、採用されてないけど)。

こちらは市制70周年記念(平成大合併は経験していない)で2017年7〜8月に募集したもの。候補3点を対象に市民投票が12月15日〜2018年1月15日に行われ、2月7日に結果発表されたばかり。当初は2017年12月下旬頃発表予定となっていて、成り行きに注目してたんですが、結局稲沢市と同様に越年し、愚blogでぶった斬る機会も逸してしまった次第。(つまり投票プロセスは途中から咬まされたことになる。これがいやしくも「八尾市総合戦略審議会」のやったことというから驚きです。)

-----
希望の[太陽]輝く高安山、大阪平野、大和・長瀬・玉串川を背景に協働、共生の市民(男女)、八尾空港、河内音頭のふるさと、なごみあい、ささえあい、たすけあいのあい(愛)を心緩やかな[ハート]として、自然、歴史、文化、産業、観光誇る人もの情報を国の内外に魅力発信するシティプロモーション「まちは人 やおは人」の明るく元気な姿を広く親しみ愛されるように少しキャラクター的にデザインした。
-----

ううう、ワンセンテンス、190文字近く。やっぱり文章はクドくてわかりにくいぜ。一方、デザインの類似は大変わかりやすいですなbleah。げんなりするほどの既視感、赤一色で[指から血飛沫]は駒井の一つ覚え。

【2014.10.05「配達されない三通の手紙:四通目 第三葉」】
兵庫県高砂市
市制施行60周年 記念シンボルマーク
(入選)
駒井 瞭
〔2013年10月決定〕
高砂市60周年(駒井案)

フォルムはこれ↓とも微妙に似通っている。

東京都日野市
日野市ユニバーサルデザインまちづくり推進協議会
ユニバーサルデザインロゴマーク
駒井 瞭
〔2016年3月制定 → 同年7月取消し〕
日野市ユニバーサルデザイン

過去の自作との類似で取り消されたアレです(ツルのチクりによるものですがね;cf. 2016.07.09「アナタのマチのUDってなぁに?: Last Coup」)。
あの時ツルは同協議会に宛ててこう書き送った。

-----
(2016.06.16 メール抜粋)

今般の件につきましても、多治見市との酷似は極端な例であるにせよ、なにがしか類似する氏のデザインは、他にもネット上複数見つけ出すことができるように感じております。今後につきましても、貴市と同様のケースが立場を変えて生じない保証もまたありません。
-----

あながち杞憂でもなかったようです。

駒井の血飛沫Double Faceはまだまだある・・・。色違い&足つきだけど、2014年3月発表のこれとかさ↓。

京都市
地域コミュニティ活性化ロゴマーク
(優秀賞)
駒井 瞭(78歳:大阪府東大阪市)
京都市地域コミュニティ活性化

うおっ、八尾以上の巨根だぜsign03馬もお辞儀horse

品位と厳正を重んずる(時折忘れますが)愚blogらしく、襟を正しまして。

〔一般枠(高校生以上)〕
(最優秀賞)
小西克将(41歳:京都市伏見区)

(優秀賞)
駒井 瞭

(佳作①)
盛(もり) 秀雄(59歳:青森市)

(佳作②)
小池友基(ゆうき)(28歳:群馬県高崎市)

〔未来枠(小中学生)〕
〔省略〕

老いも若きも京の都の活性化に寄って集って大童、である。だんだん頭痛がしてきた。

八尾市に戻って、もう一つだけツッコミを。
この公募では、「市民投票」といいながらも、「投票資格」は;

-----
八尾を応援したい人。(※市内に在住・在勤・在学、年齢等は問いません。)
なお、投票は1人1票とします。
-----

とされていた。八尾市総合戦略審議会、ユルさ全開typhoonsun。人気投票を全国区とするの愚は減ってきていると思うのだけれど。

(最優秀賞:作品No.2)
今津博明(八尾市) 681票(56.75%)

(優秀賞:作品No.1)
松岡英男(山形市) 345票(28.75%)

駒井は174票(14.50%)。合計ピッタリ1,200票、1位から3位までほぼ半分ずつの得票数、かつジモティ採用に落ち着いたところにまたヒンヤリします。

どうも、八尾市と稲沢市の公募は双子の関係に立つような気がする。どちらも周年記念だからとか、取り上げた作品が旧作の使い回し/剽窃だからとかいう意味じゃなくてですねcoldsweats01

-----
八尾市では、人口減少社会の中にあっても、若い世代も含めた多くの人が、住んでみたい、住み続けたいと思えるまちとなるための取り組みの一つとして、市内外へ八尾市の持つ魅力を積極的に発信する、シティプロモーションを推進していくこととしています。
-----

-----
本市では名古屋圏における存在感向上を目指し、「市民が将来もずっと暮らし続けるまち」、「名古屋で働く人が暮らしの場として憧れるまち」を目指し、市民や企業、団体、行政が連携してまちづくりに取り組んでいきます。
-----

明示的か否かの違いはあるにせよ、来るべき人口大減少の時代を意識していると感じられる。大都市の衛星都市として発展し、今のところ人口も微減にとどまる両市にしてこうです。今後の自治体周年モノの公募ではこんなテイストが増えてくるんだろうなあ。でも、ガイダー側はそこをまだほとんど意識してないように思えますが・・・。

(続く)

2018年2月17日 (土)

【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ:Part II-b(稲沢市ロゴ・新潟県スマイル・カンパニー)

(承前)

稲沢市が採用したのはこれだった。

愛知県稲沢市
ロゴマーク
草野敬一(長崎市)
稲沢市ロゴ(応募案)稲沢市ロゴ(最終版)

-----
稲沢市の[い]をベースに、市民をはじめ市に関わるひとの一体感や信頼関係、60周年を祝い今後益々の発展性と賑わい等をイメージしました。
-----

草野は昔からいるテンプレガイダーで現在62/63歳のはず。やや地味ながらずっと活動を続けており、塩崎一族の活動低下の後、逆に採用が増えている印象があるcoldsweats01。キャラクターで強調される幼児性(そこは他のガイダーと同様だけれども)が「か弱さ」ないしは「ひ弱さ」を伴ったものであるところが一番の特徴だろう。

植木の町として知られるご当地は、銀杏の生産量も日本一(正確には旧 祖父江町が)なのだとか。ならば[イチョウ]が当然市の木かと思ったらそれはマツ。
スリットを入れたデザイン補整は単色印刷を意識したものだろうが、ほんとに必要だったのかねえ、この白筋は。もっと不思議なのは、補整で添えられたワーディングの左右センタリングが取れていないこと。最近の流行りなんですか?

しかし今どきよくこんな手垢のついたもの選んだよなー。[イニシャル]に[顔]を二つ入れたデザインなど、過去のご当地公募にどっさり見つかるではないか、昔から。例しにこの一族を挙げてみよう(塩崎一族や堀江 豊を含め、他のガイダーにも山ほどあるけど、敢えて古めのところで厳選)。

新潟県
スマイル・カンパニー シンボルマーク
信貴美和
新潟県スマイル・カンパニー

-----
ものづくりや助け合いを表す[手]と、新潟の[に]の文字を組み合わせた形で、障害者と企業とが手をたずさえ合って笑顔で共に歩む姿をイメージしました。
-----

2006年10月制度施行。スマイル・カンパニー制度=「障害者多数雇用事業者からの物品等調達制度」と定義づけられた、ユルユルなるもの。

【2017.11.16「ガイダー縁起絵巻:残闕」】
新潟県
新潟県男女共同参画推進企業(ハッピー・パートナー企業)シンボルマーク
(最優秀作品)
信貴美和
〔2009年11月発表〕
新潟県ハッピー・パートナー企業

-----
ハッピー・パートナーの頭文字[H]と[P]を擬人化し、[握手]する姿で男女が対等な立場で協力し合う理念を表すとともに、両者の笑顔で職場環境への満足感を表現しました。
-----

(優秀作品)
信貴正明
ハッピーパートナー企業 新潟県(正明案)

そう、「越後に信貴一族あり」と謳われた時代があったのだよ。そして「越後にスマイル・カンパニーとハッピー・パートナー企業あり」と。

それから全国区にも。

【2017.11.13「ガイダー縁起絵巻:下巻」】
厚生労働省
子育て女性の再就職支援(マザーズハローワーク)シンボルマーク
信貴正明
〔2006年6月発表〕
マザーズハローワーク

-----
マザーズの[M]をモチーフとし、働く意欲に満ちた女性と子供の姿に表現。働きたい子育て女性の気持ち、そしてそれを支援するあたたかい心を[ハート]でイメージ。子供をつれて気軽に訪れることができる「マザーズハローワーク」を親しみやすくシンボライズしました。
-----

もちろん、草野にもね。

【2016.05.28「公募ガイダーはS字固めがお好き?」】
島根県
県民いきいき活動促進ロゴマーク
草野敬一
〔2012年9月発表〕
島根県民いきいき活動促進

-----
島根県の頭文字[S]をベースに、県民いきいき活動に参加し、爽やかな汗を流す、いきいきとした躍動感や、助け合い支え合う、絆の大切さ等をイメージさせる作品が採用された。
-----

だんだん笑えなくなってくる。今後も営々として生まれてくるんだろうなあ。未来永劫に。

2018年2月15日 (木)

【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ:Part II-a(稲沢市ロゴ候補・八幡平市章応募作品)

cf.
2015.05.17「未来へと流れ出でたるモノ」

2018年に入って結果発表された公募で、前からとても気になっていたものがあるので、臆面もなく追加しちゃいますm(__)m。

愛知県稲沢市
ロゴマーク(候補作品 3)
(作者不明)
稲沢市ロゴ(候補作品 3)

市制60周年(*)を記念して2017年6〜7月に募集されたもの。335点集まったうち、有識者(名古屋文理大学助教 木村亮介・愛知文教女子短期大学教授 早矢仕清貴)が絞り込んだ候補9点を対象として、市内在住・在勤・在学者による投票が9月4日〜10月6日に行われた後、1月23日に発表されるまでになぜか長くかかっている。当然年内に発表されるものと思ってこっちも準備してたのに、愚blog終了の方が先になっちゃった。

(*) 平成大合併の際、(旧)稲沢市は2005年4月に中島郡の平和町と祖父江町(そぶえちょう)を合併しているが、これは編入合併だったので周年カウントには影響しないということであるらしい。

-----
信頼・安心・みどりと心の豊かさ・再生・美しい未来を制作コンセプトに「生まれ変わり」をシンプルに表現しました。
文字[い]と[心]をモチーフに[無限大記号]・ハート・人と人の繋がりのビジュアルイメージが市民間の信頼と繋がり・愛と優しさ・強い結びつきを表し、60年、100年へと躍進する姿を表現したロゴマークです。また、うねりの造形が自然の豊かさを表現すると同時に、植木や盆栽・双葉のイメージを含み稲沢市の特長がそのまま表現されています。
-----

冒頭に不思議なことが書いてあるのは、募集要項に;

-----
60周年は人でいう「還暦」にあたります。還暦とは、干支が60年で一巡することから本卦還りともいい、「生まれ変わり」を意味します。この節目を機に、本市が新たに生まれ変わり、市民をはじめとする本市に関わるひとすべてが一丸となってまちづくりに取り組むための、旗印となるロゴマークを募集します。
-----

とあったからです。何だかすごく違和感がある、自治体が還暦で生まれ変わりを果たすって考え方に。今どき「本卦還り」なんて誰も言わないでしょうよ。
ご当地では50周年の時は何をやったのであろう。周辺2町を編入合併してまだ間がなかったので、そんなものをお祝いする機運はなかったのかしらん。

[∞]マークと言えば、一昔前なら須賀“無限大”裕明で決まりだったはずだけど(cf. 2013.12.11「アは阿漕のア,T is for Trick」)、今さらその線はあるまい。もっとも、十年の沈黙の後に公募界に復帰した彦根“The Malboo”正のような例もあるにはありますが(cf. 2017.06.09「その公募の投票1位は正に盗作ではないのか」)。

で、だ。これが次のものによく似ていると思ってたんですよね・・・。

岩手県八幡平市
市章
〔2005年6月決定〕

(応募作品0773)
八幡平市章(応募作品0773)

(応募作品0774)
八幡平市章(応募作品0774)

デザイン趣旨はどちらも全く同じ。

-----
新・八幡平市の無限な可能性、3町村の人々との関わり合いを無限([∞])と人をモチーフに表現しました。八幡平市の[8]をも表しています。
-----

ふう。こういうのはどういうことになるんだろう?
偶然で済まされる範囲なんですか?それにしては色まで似過ぎている感じが。
コンセプトが違うからOKなんですか?というほどのシッカリした内容でもなし、通常の仕事でそんなことクライアントに言ってたら信用失いかねないでしょうよ(ご当地公募でのクライアントとは、広義には当該ご当地全体を意味するだろう。そこを敵に回すことになるわけだ)。
元ネタが一介の応募作品に過ぎない(しかも十二支が一巡りもする前のhappy01)から考慮に入れなくていいんですか?まさかね。

おそらく、制定側は何らかの理屈を立てて問題なしと判断するのであろう。しかし。

作者が異なるという前提に立った場合、そして剽窃行為はあったと(外形的に)認められる場合、そしてそれが「参考」「インスパイア」では済まされないということになった場合、それでもまずいということにはならないの?
AOKというのなら、それは何故?お墨付きを与えてしまったら、歯止めのないパクりパクられ地獄へ堕ちていくだけではない?そんな未来に何の疑問も抱かなくていいの??

「過度に厳格」「実害はない」という以外の論拠が知りたいんですけれど。

因みに、稲沢市の入賞は次のとおり。

(最優秀賞)
草野敬一(長崎市)

(優秀賞)
外ノ池広美(神奈川県横浜市)
草場有紗(千葉県柏市)

次点の画像は公表されていない。∴冒頭の[∞]作品が外ノ池や草場の作だったかどうかも不明です。

(続く)

2018年2月12日 (月)

【VSOP編】オリンピック/パラリンピックエンブレムの組市松紋のパズルを作ってみた(下段)【スペシャル付録つき!!】

(中段から続く)

こういうものは得てして、「やってみて初めてわかった」という発見が必ずあるものだろうけど、ツルも今回そんなことを感じた。

エンブレム決定後、毎日新聞が野老へのインタビューを行って;

-----
(2016.04.29 毎日新聞 抜粋)

〔前略〕

どちらも明確に定義しているわけではないが、丸い円で描かれた五輪は禅の世界で宇宙全体を示した「円相」、パラリンピックは日本になじみの深い「鶴」をそれぞれイメージした。どちらもシンメトリー(対称)に見えるが、五輪のエンブレムは非対称。「パラリンピックは正解、五輪は正解を模索している図」と説明した。

〔後略〕
-----

と書いている。
(「オリンピックエンブレムは非対称」とある部分は正確でない。このことは、あの平野敬子BLOGでもエンブレム決定前の2016年4月中旬には既に訂正が打たれていたのであるから、記者子の不明は全くいただけないが、それは深追いしないとして。)

最後の言葉がひどく謎めいていると思ってたんですが、これってこういうことじゃないでしょうか。

パラリンピックエンブレム

パラリンピックエンブレムを、左右対称かつ上下対称の図形の一部と見た場合、その全体像としての解はただ一つしか存在しない。それが美濃焼豆皿に現されたこれです。

02 抹茶緑色
「双極/bipolar」
双極/bipolar

ここに至って図像は完結するわけだけど、前者と後者の間には1対1対応が成り立ち、前者の段階で解は既に見えているとも言える。

オリンピックエンブレム

ところが、オリンピックエンブレムでは、120°回転対称の制約を受けるとしても、中心に残された空白部分へのピースの置き方は1通りではない。
そこを、最終解 ――おそらくはこれ↓―― を求めて模索する姿と表現したものと思えるわけです。

01 藍色
「三目結/flat trinity knot」
三目結/flat trinity knot

あれこれやって遊んでみると、「三目結」やオリンピックエンブレムにおいては、(「双極」やパラリンピックエンブレムとは対照的に)「点対称ではあるが線対称ではない」ことも意図されていたのだろうと思えてくる。つまり、野老はこんなの↓は最終解にしたくなかったハズ。

組市松紋2

「三目結」のうち、オリンピックエンブレムで空白だった部分を組み替えたものですが、これだと、当該部分は120°回転対象であると同時に左右対称でもある。また、一見して全体が120°回転対称であることに注意が向きやすい気がする。作者はそんな規則性に従ったわかりやすさを志向してはいなかったろう。

野老は「展開としてサッカーボールに貼り付けることも可能」とも述べている。平面充填から飛び出すことができたら、それはまたすごく面白いだろうなあ!
因みに、野老の友人というやはり建築家の松川昌平は、野老エンブレムに触発されて「ランダム・エンブレム・ジェネレーター」なるプログラムを開発したそうだけれど、ツルはこのアナログおもちゃの方がなんぼか面白いです。普遍化、公式化、抽象化より個別化、辺縁化、具体化の方に惹かれるし。

こんなことも考えた。
このパズルはつまりはきれいなチェック柄を作っていく一人遊び用のおもちゃだけど、だったらこれをチェス盤や将棋盤、あるいはダイヤモンドゲームと同じように見立てて、その上に白と藍の2色の駒を置いて/動かしていくようなゲームは作れないか。ボードの方が千変万化するのだから、駒の動きは極力簡単にした方が面白いものになりそうだけど。
この延長線上の考え方で、駒を作らなくても、オセロゲームのようにひっくり返して遊ぶものが作れないか。各ピースの裏側は、白地に紅の組み合わせになっているとか、あるいは白地と色地の部分が逆転しているとか、あるいは全部白地のピースと全部色地のピースとが同数になっているとか、あるいはトランプのように数字が振ってあるとかでね。

うーむ、こうなるとやっぱり、ワンクリックでひっくり返したり、何らかの得点が自動的に表示したりできるデジタルの方が今時の感覚には合いますかぁ。

もう一つ、正十二角形の「枠」は、むしろ作らない方が自由に発想が広がっていくのではないかという気もし始めている。菱形ピースももっと沢山作って、制約条件を取り払っていって、展開要素をてんこ盛りにしていってだねえ(笑)。きりがないけどね。

最後に素敵なおまけです。

組市松紋パズル.pdf

これ↑を印刷して、菱形・十二角形の線(ごく細く薄くしてます)に沿って切り抜いていけば、このパズルの全パーツができあがりますよんheart。枠の部分はごく僅かに大きくして「遊び」を取ってありますscissors。(ほんとはWORDファイルの方が高画質なんだけど、愚blogではuploadできないのでPDFに変換して。WORD版をご所望の方はメールでお問い合わせ下さい。)

ああ、紋様の復権。今こそ貴君も組市松の迷宮に踏み惑い給えshineshine

2018年2月 9日 (金)

【VSOP編】オリンピック/パラリンピックエンブレムの組市松紋のパズルを作ってみた(中段)

(上段から続く)

えーっと、改めてお断りしておくと、このパズルはもちろんツルが考案したものではありません。著作権?アウトでしょうねえ(滝汗)。

というより、「組市松紋」と総称されるであろうこれらのデザインに係る著作権をどこまでどのように保護すべきか、そこは解釈の分かれるところのようです。JOCとしては当然、オリンピックエンブレムとパラリンピックエンブレムとして表された2つの個別デザインに限らず、このシステム全てを押さえてしまいたいところだろう。作者としては、だったら賞金100万円では到底安過ぎると言うだろうなあ。

そうした問題はいろいろあろうけれども、これねー、やっぱり絶対学校教材にすべきだと思うんですわ、日本はもちろん世界中で。教育的効果高そうだし、何より楽しいし(大の大人がやっても楽しいと思いますが)。

「教育的効果」については、こんなことまでお勉強できるのよ。

まず前振りとして、このデザインで基本となっているのは;

・3種類の菱形の各辺=3種類の長方形の各対角線=正十二角形[小]の最長対角線(=正十二角形[小]の外接円の直径)

という共通要素である。この長さを「2r」と置くと、前回述べたとおり、正十二角形[大]の一辺はこれを2倍したもの=4r。さらに言うと、長方形[中]の短辺=r、長辺=√3rである(菱形[中]の中には正三角形が隠れてるでしょ)。

・長方形の面積は、[小]=rの2乗eyeeye、[中]=rの2乗の√3倍、[大]=rの2乗の2倍。すなわち、その比は[小]:[中]:[大]=1:√3:2(2016.04.28 by 鯵坂もっちょ氏・長谷川能三氏)

魅力的ですねえ。この数字、見たことあるでしょ。正三角形を2等分してできる直角三角形の各辺の比(三平方の定理による)と同じ。ということは、長方形[中]の短辺と長辺と対角線の比と同じ(!)。何か関係があるのだろうか。

・正十二角形[大]の白と藍との面積は等しい

・正十二角形[大]の各辺=4r、正十二角形[小]の各辺=長方形[小]の短辺=2r×sine15°(≒2r×0.2588=0.5176r)

・オリンピックエンブレムの中心の空白部分は、一辺を2rとする正十二角形[中]であり、その面積は12(2+√3)×rの2乗、正十二角形[大]の一辺は[中]の2倍だから面積は4倍の48(2+√3)×rの2乗(2016.04.28 by 長谷川能三氏)

こうした発見に始まる諸々こそが、この2020年東京大会のエンブレムのみがなし得る独自の「展開」(あるいは、野老が望んでいたという「集合知」)です。こんなもの、今までのどの大会にもなかったでしょ。近年、このスポーツの祭典で重視されているという「文化的側面」の問題に対しても、一つの解決を叩き出してみせたと思う。

2016年4月25日に五輪エンブレムが野老作品に決まってすぐの段階から、このパズルを自作した人もいた様子。
以下、兵庫教育大学准教授(代数的位相幾何学)の濱中裕明氏のblog「低次元日記 この世が3次元で本当によかった」より。

-----
(2016.04.29)

なるほど、五輪エンブレムはこうなっていたのか。

菱形3種(うち1種は正方形)のタイルを組み合わせています。内角が30°と150°、60°と120°の菱形、それと正方形。

--

(2016.05.19)

前回,東京五輪のエンブレムとひし形タイリングに深い関係があることを示唆する画像を載せましたが,これとても面白そうなのでGWに木で作ってみました.パズルというよりおもちゃですが.

正方形,内角60°-120°のひし形,内角30°-150°のひし形で出来ています.枠は正12角形です.いろんな模様を作るのが楽しいのです.私も,小学生のうちの子たちも,大喜びでいろいろ模様を作りました.

右が娘の,左が私の作品.

これは私の作品.120°回転対称ですね.

これは息子の作.渦巻きを意識したそうです.

これも息子の作品.中央に正方形を集めてみた,だそうです.

これは私の作.180°回転対称のみの対称性にしてみました.

これも私の作品.なんとなく(笑)

最後に,ランダムに入れてみました.

適当に入れれば入るか,というとそうでもなく,少し考えながら入れないと最後まで入りません.割と数学的な構造がこのタイリングには隠れているようです.ともあれ,いろんな模様を作るのは,とても楽しいのです!
-----

敢えて画像は省略しますが、文字だけでも楽しさが伝わってくるでしょ。パズルが趣味というこの数学者のうちのお子さん方が妬ましいわ。

ツルは前に、組市松紋エンブレムはスポーツの祭典のシンボルとしてふさわしいとは思わないと書いた(cf. 2016.05.06「野老案に目がテン! 第4回」)。その印象は実は今もあまり変わっていないんだけれど、それでもこのデザインシステムの持つ魅力、いや魔力には捩じ伏せられてしまった感じです、為す術もなく。

小さい頃、家にタングラム的なパズルがいくつかあって、ツルは大好きだった、小学校入る前から。そうだ、ケースに「あなただけの プラパズル」って書いてあったっけ。熱中してやってたなーーー。あの頃こんなおもちゃがあったら、もっとシアワセだったろうに(T-T)。

(下段へ続く)

2018年2月 6日 (火)

【VSOP編】オリンピック/パラリンピックエンブレムの組市松紋のパズルを作ってみた(上段)

cf.
2016.04.09〜13「東京五輪エンブレム再公募について(その1〜5)」
2016.05.04「野老案に目がテン! 第2回」
2017.09.13「組市松紋、全容を顕す!!」

組市松紋パズル

遂に実作してみました。いやー、楽しーーheart04heart04、美しーーーheart04heart04heart04

作るのは割と簡単だった。基本、次のものを図に描いて切るだけ。

・内角が30°と150°の菱形[小]・・・24個
・内角が60°と120°の菱形[中]・・・24個
・内角が90°と90°の菱形[大]・・・12個

大きさは;

・各菱形の辺の長さを全て等しくする

ことがポイント。そして;

・3種類の菱形[小]〜[大]の各辺の中点を結んでできる(内接)長方形[小]〜[大]を藍色に塗る

菱形[大]と長方形[大]はつまり正方形ですね(以下同様)。

後は、パズル全体の枠として;

・各菱形の辺の2倍を一辺とする正十二角形[大]と、それより一回り大きい正十二角形[特大]を同心となるように作図する

までやれば完璧だろう。ツルは本体の大きさ(正十二角形[大]の最長対角線)を188mm、枠の外側の大きさ(正十二角形[特大]の最長対角線)を205mmとしました。そのくらいがA4サイズ素材で作れるほぼ最大値だったので。
オフィシャルグッズの有田焼六寸皿(直径 約190mm)とぴったり同じサイズにすることも意味アリかもしれません(伏線)。

こうしてできる60個のピースを枠の中に隙間なく敷き詰めていけば、そこに現れてくる白色と藍色のパターンが、あの組市松紋 ――全ての長方形が各頂点においてのみ他の長方形と接する―― になるというしかけ。並べ方次第で、千変万化の紋様が生成される。

やっぱし難しそうですか?じゃあ違うアプローチで説明を。

3種類の藍色の長方形は、それぞれ、一つの時計の文字盤(正十二角形[小])の;

・12時-1時-6時-7時を結んだもの(長方形[小])
・12時-2時-6時-8時を結んだもの(長方形[中])
・12時-3時-6時-9時を結んだもの(長方形[大])

である。

3つの長方形

そして、それぞれの長方形の2本の対角線に平行な辺を持つように、外接する菱形[小]〜[大]を描けばよろしい。

あれほど複雑に見えたオリパラエンブレムも、有田焼六寸皿も、美濃焼豆皿も、これで楽しく簡単に再現できます。その本質は菱形タイリングによる平面充填というところにあって、長方形による市松模様はその副産物に過ぎなかったわけ。

エンブレムの発表当初は、全体の形が(長方形[小]の長辺を一辺とする)正二十四角形であると捉えた向きもあったようですが、それは誤り。当該二十四角形の各辺には、「長方形[小]の長辺」と「長方形[小]の対角線」とが交互に現れてくるので、「正」二十四角形にはなり得ません。そんなことも、隠された菱形構造に気がつくとスルスルッと理解できます。

組市松紋解析6

ツルは、WindowsのWORD上で作図しましたcoldsweats02。十二角形と菱形と長方形さえ描ければ、何とか作れます。いいや、そういうことじゃないな。定規とコンパスだけで正十二角形を描く方法を理解しているなら、アナログでも作れるはずです。

モノとしてのパズルの素材については、美しさとか易加工性とか堅牢性とかあれこれ考えたけど、結局第1号モデルはスチレンボード製ということにして、各ピースはプリンターで普通紙にカラー印刷したものをボードに貼りつけてから切りました。

〔第1号制作に要した材料費(税込)〕
①スチレンボード(A4:5mm厚:両面白色紙貼り) 1枚 151円
②スチレンボード(A4:3mm厚:表面白色紙貼り・裏面糊つき) 2枚 205.2円×2=410.4円

計、561.4円。有田焼六寸皿(9,450円)の17分の1のコストで楽しめちゃうsmile

①を土台として、②のうち1枚から正十二角形[特大]と正十二角形[大]を切り出したものを貼り付けて枠にする。もう1枚の②は60個の菱形ピースに用いる。

菱形ピースのうち長方形部分には風合いに一癖ある厚手の紙なぞを貼ってもいいかなと思って、蒲田のユザワヤでリサーチかけて次のものも買ってきました。(渋谷の東急ハンズとか新宿の世界堂とかに行ったら、また違った素材になるものと想像。)

③スターカラーケント ネイビーブルー(A4) 1枚 22.6円
④羊皮紙 紺(A4) 1枚 24円
⑤ミランダ 紺(A4) 1枚 32円
⑥両面テープ(15mm×6m) 1個 208円

ここまで入れても計848円。
③④⑤を長方形[小]〜[大]に切って菱形ピース[小]〜[大]へ貼り付けることになりますが、今回は候補として3種類ほど買ったまでで、実際にはA4の藍色の紙が1枚あれば足ります。無論、色違いやグラデーションを交えてもいいだろうし、逆に簡便にやるならA4サイズ・ノーカットのラベルシールにカラー印刷して切り貼りするのも手です。

(中段へ続く)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想