« 【VSOP編】オリンピック/パラリンピックエンブレムの組市松紋のパズルを作ってみた(下段)【スペシャル付録つき!!】 | トップページ | 【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ:Part II-b(稲沢市ロゴ・新潟県スマイル・カンパニー) »

2018年2月15日 (木)

【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ:Part II-a(稲沢市ロゴ候補・八幡平市章応募作品)

cf.
2015.05.17「未来へと流れ出でたるモノ」

2018年に入って結果発表された公募で、前からとても気になっていたものがあるので、臆面もなく追加しちゃいますm(__)m。

愛知県稲沢市
ロゴマーク(候補作品 3)
(作者不明)
稲沢市ロゴ(候補作品 3)

市制60周年(*)を記念して2017年6〜7月に募集されたもの。335点集まったうち、有識者(名古屋文理大学助教 木村亮介・愛知文教女子短期大学教授 早矢仕清貴)が絞り込んだ候補9点を対象として、市内在住・在勤・在学者による投票が9月4日〜10月6日に行われた後、1月23日に発表されるまでになぜか長くかかっている。当然年内に発表されるものと思ってこっちも準備してたのに、愚blog終了の方が先になっちゃった。

(*) 平成大合併の際、(旧)稲沢市は2005年4月に中島郡の平和町と祖父江町(そぶえちょう)を合併しているが、これは編入合併だったので周年カウントには影響しないということであるらしい。

-----
信頼・安心・みどりと心の豊かさ・再生・美しい未来を制作コンセプトに「生まれ変わり」をシンプルに表現しました。
文字[い]と[心]をモチーフに[無限大記号]・ハート・人と人の繋がりのビジュアルイメージが市民間の信頼と繋がり・愛と優しさ・強い結びつきを表し、60年、100年へと躍進する姿を表現したロゴマークです。また、うねりの造形が自然の豊かさを表現すると同時に、植木や盆栽・双葉のイメージを含み稲沢市の特長がそのまま表現されています。
-----

冒頭に不思議なことが書いてあるのは、募集要項に;

-----
60周年は人でいう「還暦」にあたります。還暦とは、干支が60年で一巡することから本卦還りともいい、「生まれ変わり」を意味します。この節目を機に、本市が新たに生まれ変わり、市民をはじめとする本市に関わるひとすべてが一丸となってまちづくりに取り組むための、旗印となるロゴマークを募集します。
-----

とあったからです。何だかすごく違和感がある、自治体が還暦で生まれ変わりを果たすって考え方に。今どき「本卦還り」なんて誰も言わないでしょうよ。
ご当地では50周年の時は何をやったのであろう。周辺2町を編入合併してまだ間がなかったので、そんなものをお祝いする機運はなかったのかしらん。

[∞]マークと言えば、一昔前なら須賀“無限大”裕明で決まりだったはずだけど(cf. 2013.12.11「アは阿漕のア,T is for Trick」)、今さらその線はあるまい。もっとも、十年の沈黙の後に公募界に復帰した彦根“The Malboo”正のような例もあるにはありますが(cf. 2017.06.09「その公募の投票1位は正に盗作ではないのか」)。

で、だ。これが次のものによく似ていると思ってたんですよね・・・。

岩手県八幡平市
市章
〔2005年6月決定〕

(応募作品0773)
八幡平市章(応募作品0773)

(応募作品0774)
八幡平市章(応募作品0774)

デザイン趣旨はどちらも全く同じ。

-----
新・八幡平市の無限な可能性、3町村の人々との関わり合いを無限([∞])と人をモチーフに表現しました。八幡平市の[8]をも表しています。
-----

ふう。こういうのはどういうことになるんだろう?
偶然で済まされる範囲なんですか?それにしては色まで似過ぎている感じが。
コンセプトが違うからOKなんですか?というほどのシッカリした内容でもなし、通常の仕事でそんなことクライアントに言ってたら信用失いかねないでしょうよ(ご当地公募でのクライアントとは、広義には当該ご当地全体を意味するだろう。そこを敵に回すことになるわけだ)。
元ネタが一介の応募作品に過ぎない(しかも十二支が一巡りもする前の)から考慮に入れなくていいんですか?まさかね。

おそらく、制定側は何らかの理屈を立てて問題なしと判断するのであろう。しかし。

作者が異なるという前提に立った場合、そして剽窃行為はあったと(外形的に)認められる場合、そしてそれが「参考」「インスパイア」では済まされないということになった場合、それでもまずいということにはならないの?
AOKというのなら、それは何故?お墨付きを与えてしまったら、歯止めのないパクりパクられ地獄へ堕ちていくだけではない?そんな未来に何の疑問も抱かなくていいの??

「過度に厳格」「実害はない」という以外の論拠が知りたいんですけれど。

因みに、稲沢市の入賞は次のとおり。

(最優秀賞)
草野敬一(長崎市)

(優秀賞)
外ノ池広美(神奈川県横浜市)
草場有紗(千葉県柏市)

次点の画像は公表されていない。∴冒頭の[∞]作品が外ノ池や草場の作だったかどうかも不明です。

(続く)

« 【VSOP編】オリンピック/パラリンピックエンブレムの組市松紋のパズルを作ってみた(下段)【スペシャル付録つき!!】 | トップページ | 【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ:Part II-b(稲沢市ロゴ・新潟県スマイル・カンパニー) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【VSOP編】オリンピック/パラリンピックエンブレムの組市松紋のパズルを作ってみた(下段)【スペシャル付録つき!!】 | トップページ | 【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ:Part II-b(稲沢市ロゴ・新潟県スマイル・カンパニー) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想