« 【VSOP編】オリンピック/パラリンピックエンブレムの組市松紋のパズルを作ってみた(中段) | トップページ | 【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ:Part II-a(稲沢市ロゴ候補・八幡平市章応募作品) »

2018年2月12日 (月)

【VSOP編】オリンピック/パラリンピックエンブレムの組市松紋のパズルを作ってみた(下段)【スペシャル付録つき!!】

(中段から続く)

こういうものは得てして、「やってみて初めてわかった」という発見が必ずあるものだろうけど、ツルも今回そんなことを感じた。

エンブレム決定後、毎日新聞が野老へのインタビューを行って;

-----
(2016.04.29 毎日新聞 抜粋)

〔前略〕

どちらも明確に定義しているわけではないが、丸い円で描かれた五輪は禅の世界で宇宙全体を示した「円相」、パラリンピックは日本になじみの深い「鶴」をそれぞれイメージした。どちらもシンメトリー(対称)に見えるが、五輪のエンブレムは非対称。「パラリンピックは正解、五輪は正解を模索している図」と説明した。

〔後略〕
-----

と書いている。
(「オリンピックエンブレムは非対称」とある部分は正確でない。このことは、あの平野敬子BLOGでもエンブレム決定前の2016年4月中旬には既に訂正が打たれていたのであるから、記者子の不明は全くいただけないが、それは深追いしないとして。)

最後の言葉がひどく謎めいていると思ってたんですが、これってこういうことじゃないでしょうか。

パラリンピックエンブレム

パラリンピックエンブレムを、左右対称かつ上下対称の図形の一部と見た場合、その全体像としての解はただ一つしか存在しない。それが美濃焼豆皿に現されたこれです。

02 抹茶緑色
「双極/bipolar」
双極/bipolar

ここに至って図像は完結するわけだけど、前者と後者の間には1対1対応が成り立ち、前者の段階で解は既に見えているとも言える。

オリンピックエンブレム

ところが、オリンピックエンブレムでは、120°回転対称の制約を受けるとしても、中心に残された空白部分へのピースの置き方は1通りではない。
そこを、最終解 ――おそらくはこれ↓―― を求めて模索する姿と表現したものと思えるわけです。

01 藍色
「三目結/flat trinity knot」
三目結/flat trinity knot

あれこれやって遊んでみると、「三目結」やオリンピックエンブレムにおいては、(「双極」やパラリンピックエンブレムとは対照的に)「点対称ではあるが線対称ではない」ことも意図されていたのだろうと思えてくる。つまり、野老はこんなの↓は最終解にしたくなかったハズ。

組市松紋2

「三目結」のうち、オリンピックエンブレムで空白だった部分を組み替えたものですが、これだと、当該部分は120°回転対象であると同時に左右対称でもある。また、一見して全体が120°回転対称であることに注意が向きやすい気がする。作者はそんな規則性に従ったわかりやすさを志向してはいなかったろう。

野老は「展開としてサッカーボールに貼り付けることも可能」とも述べている。平面充填から飛び出すことができたら、それはまたすごく面白いだろうなあ!
因みに、野老の友人というやはり建築家の松川昌平は、野老エンブレムに触発されて「ランダム・エンブレム・ジェネレーター」なるプログラムを開発したそうだけれど、ツルはこのアナログおもちゃの方がなんぼか面白いです。普遍化、公式化、抽象化より個別化、辺縁化、具体化の方に惹かれるし。

こんなことも考えた。
このパズルはつまりはきれいなチェック柄を作っていく一人遊び用のおもちゃだけど、だったらこれをチェス盤や将棋盤、あるいはダイヤモンドゲームと同じように見立てて、その上に白と藍の2色の駒を置いて/動かしていくようなゲームは作れないか。ボードの方が千変万化するのだから、駒の動きは極力簡単にした方が面白いものになりそうだけど。
この延長線上の考え方で、駒を作らなくても、オセロゲームのようにひっくり返して遊ぶものが作れないか。各ピースの裏側は、白地に紅の組み合わせになっているとか、あるいは白地と色地の部分が逆転しているとか、あるいは全部白地のピースと全部色地のピースとが同数になっているとか、あるいはトランプのように数字が振ってあるとかでね。

うーむ、こうなるとやっぱり、ワンクリックでひっくり返したり、何らかの得点が自動的に表示したりできるデジタルの方が今時の感覚には合いますかぁ。

もう一つ、正十二角形の「枠」は、むしろ作らない方が自由に発想が広がっていくのではないかという気もし始めている。菱形ピースももっと沢山作って、制約条件を取り払っていって、展開要素をてんこ盛りにしていってだねえ(笑)。きりがないけどね。

最後に素敵なおまけです。

組市松紋パズル.pdf

これ↑を印刷して、菱形・十二角形の線(ごく細く薄くしてます)に沿って切り抜いていけば、このパズルの全パーツができあがりますよん。枠の部分はごく僅かに大きくして「遊び」を取ってあります。(ほんとはWORDファイルの方が高画質なんだけど、愚blogではuploadできないのでPDFに変換して。WORD版をご所望の方はメールでお問い合わせ下さい。)

ああ、紋様の復権。今こそ貴君も組市松の迷宮に踏み惑い給え

« 【VSOP編】オリンピック/パラリンピックエンブレムの組市松紋のパズルを作ってみた(中段) | トップページ | 【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ:Part II-a(稲沢市ロゴ候補・八幡平市章応募作品) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【VSOP編】オリンピック/パラリンピックエンブレムの組市松紋のパズルを作ってみた(中段) | トップページ | 【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ:Part II-a(稲沢市ロゴ候補・八幡平市章応募作品) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想