最後の春の緊急企画【特別編】桜咲いたぜ!PNまつり!! 第21弾(雪ん子くん&雪ん子ちゃん)" />

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その207:いちみんLINEスタンプ) | トップページ | 最後の春の緊急企画【特別編】桜咲いたぜ!PNまつり!! 第21弾(雪ん子くん&雪ん子ちゃん) »

2018年3月20日 (火)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(Derivative Six:塩キャラLINEスタンプ)

(承前)

前回も見たけど、このところご当地キャラをLINEスタンプに仕立てる動きが強まっているようで。
塩キャラに限ってみても、ざっと調べただけで;

いまルン(cf. 2013.08.24【PNまつり 第4弾】)
イルミン(cf.【その4】)
えび〜にゃ(cf. 2013.08.24【PNまつり 第4弾】)
おづみん(cf.【その34】)
オロリン(cf.【その137】)
かいくん(cf.【その48】)
かいづっち(cf.【その95】)
がくとくん(cf.【その7】)
菊松くん(cf.【その47】)
きさポン(cf.【その71】)
キララちゃん(京田辺市:cf.【その119】)
きんたくん(cf.【その20】)
ここなす姫(cf.【その27】・2013.05.03【その27の2】)
さがみん(cf.【その96】)
しこちゅ〜(cf.【その24】)
しょさまる(cf.【その178】)
しろいしみのりちゃん(cf.【その102】)
チェリン(cf.【その8】)
つちまる(cf.【その5】)
ともなりくん(cf.【その29】)
なべまる(cf.【その89】)
はねぴょん(cf.【その156】・2016.08.16【その156の2】)
ばら菜(cf.【その87】)
ふじみん(cf.【その4】)
みーや(cf.【その34】)
めい姫(cf.【その3】)
もとまる(cf.【その18】)
やいちゃん(cf.【その79】)

あたりが既に発売されているってな具合(画像省略)。さすがにベテラン勢が多げですが、ワンセット40点で120円というのがどうやらスタンダードみたい。
そんな中で、2016年2月キャラクターデザイン発表・2017年2月スタンプ発売の大田区「はねぴょん」、2016年9月キャラクター発表・2017年9月頃スタンプ発売の初山別村「しょさまる」あたりは機を見るに敏なるところ。

むろん、LINEスタンプ製作まで当該キャラクターの作者に依頼するケースより、作者の手を離れたところで生み出される場合の方が多いと思われる(その極端な例が前述のいちみんLINEスタンプ公募だろう)。
しかし、次のようなものもあるんです。

-----
(2016.08.30 城南新報 抜粋)

城陽市の師走を彩る光のページェント「TWIKLE JOYO」イメージキャラクター『イルミン』を基に制作した40種類のイラストが、無料通信アプリ・LINE(ライン)スタンプとして登場。早くも若者を中心とするスマホ世代に人気を博している。

〔中略〕

LINEスタンプとは、アプリを使って文字でやりとりする際、自らの感情や思いを伝えるイラストのこと。今や若者を主に中、高年齢層まで「スマホが手放せない」という人が増える中、知名度アップを図る一つの手段として、近隣市町のゆるキャラも制作を進めており、同アプリ上の「スタンプショップ」で多種多彩なイラストが販売されている。

光のページェント10周年の記念事業として、約5年前に選定されたイメ・キャラ『イルミン』は、市の“福市長”として親しまれている『じょうりんちゃん』と双璧の人気を誇っている。特に毎冬、20万人近くの人が訪れる光のページェント「TWINKLE JOYO」開催中は、幼い子供を連れた市民が一緒に記念写真をねだるシーンがあちら、こちらで見受けられるが、これまでグッズはバッジなどに限られていた。
その師走イベントもこの冬で15回目の節目を迎えることから、主催する市観光協会では「さらなる知名度アップを」と、作者の塩崎歩美さん =大阪府在住のイラストレーター= に依頼し「元気出してね」「またね」「お願いします」「ご飯いこ」など、さまざまな思いを伝えるイルミンのイラスト40種類を制作してもらい、このほど1セット120円で販売を開始した。

〔後略〕
-----

「グッズはバッジなどに限られていた」とはいえ、着ぐるみは別途既に作られてますがさ。

歩美センセに作ってもらったのねぇぇ(正確には、イルミンの作者名義は「塩崎アユミ」であるが)。どうやって連絡取ったんでしょう(苦)。

ナンバープレート制定(原付方面の)が何やら尻すぼみになっちまった後の、ご当地モノの新たな流れってことっすかね?今後は着ぐるみとLINEスタンプが標準装備ってなことになるのかなぁ。まぁ、ご当地キャラの延命策ってところもあるだろうけど(冷血)。

しかし改めて考えてみると、LINEにせよFacebookにせよTwitterにせよ、あるいはPinterestとかInsta映えとかのアレコレにせよ、ただの流行りだってところもある気がする。いつそっぽを向かれるかわからないというかね。AmazonがあのToys"R"usを駆逐したといっても、次の強力ビジネスモデルが出てきたらどうなるか。That's a subjective and changing consumer demand.
ツル自身は、『自らの感情や思いを伝える』のに出来合いのイラストをもってしようとは思いませんし。

・・・いや、そんなことじゃなくて、ご当地キャラ自体がもはや「歴史」になり始めているのかも。

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その207:いちみんLINEスタンプ) | トップページ | 最後の春の緊急企画【特別編】桜咲いたぜ!PNまつり!! 第21弾(雪ん子くん&雪ん子ちゃん) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その207:いちみんLINEスタンプ) | トップページ | 最後の春の緊急企画【特別編】桜咲いたぜ!PNまつり!! 第21弾(雪ん子くん&雪ん子ちゃん) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想