« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その206:いちぴょん) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その207:いちみんLINEスタンプ) »

2018年3月18日 (日)

【加筆編】さらに繰り返され積み重ねられていく歴史(いちのん・イッピー・ミウル・潤水都市さがみはら・相模原市緑区シンボルマーク)

(承前)

一宮市社協の公募で次点に入ったのはこの二人だった。

愛知県一宮市
一宮市社会福祉協議会
公式マスコットキャラクター

(優秀賞)いちのん
八谷早希子(北海道)
いちのん

-----
[帽子]は、「助けあい」「やさしさ」「福祉」をイメージした[ハート]型になっており、市の花[ききょう]、“幸せ・希望・夢”の実現を象徴する[虹]が描かれています。服には[社会福祉協議会のロゴ]が描かれています。
明るく元気な笑顔で子どもからお年寄りまで、男女を問わず多くの方に親しみを持っていただけるキャラクターです!
-----

(優秀賞)イッピー
天野穂積(静岡県)
イッピー

-----
一宮市の花[ききょう]をメインモチーフとし、[ハート]を掲げるポーズによりやさしさ、助け合いを表現。
-----

八谷はまーだこんなキャラ作ってたのか!!3年前の自作の焼き直しだろうが

【2015.01.11「下ぶくれの神様 三たび」】
岩手県胆沢郡金ケ崎町
金ケ崎町社会福祉協議会
イメージキャラクター
かねっぴー
八谷早希子
〔2014年11月発表〕
かねっぴー

しかも時代が下って劣化弾となった印象が拭えない。[前髪ちょろ]は、八谷にせよ塩崎一族にせよ、ハート頭キャラの時に非常な高確率で用いられるお洒落アイテムです。

もっとスゴいのは天野で、本件発表の3日後、2017年11月9日にも次の作品が発表されている。がんがんノシてきてるところが、ひところの八谷の勢いを彷彿とさせます。

【2017.12.28「テンプレうどん、一丁上がり!!」】
香川県仲多度郡多度津町
多度津町社会福祉協議会
イメージキャラクター
たどっくちゃん
天野穂積
たどっくちゃん

-----
たどっくちゃんは、[ラブラドール・レトリバー]の介助犬。福祉の心、安心、助け合い、やさしさを意味する[ハート]を掲げ、耳も[ハート]、町花の[桜]の髪飾りを付けています。
-----

これまたがっくし。[ハート]を捧げ持つのが人か犬かの違いだったとは。そして一宮市社協の御題の「助け合い」と「やさしさ」を流用してたわけだ。
天野はこの時点で63/64歳だったはず(cf. 2017.12.03「バイクをクルマに乗り換えて('_'?) 」)。いい歳だけど、デザイナーとは、公募ガイダーとなった瞬間にクリエイターたることをやめてしまうのであろうか。過去例を研究し尽くし傾向と対策を頼りに(上品な物言いね)出してきたと思わしむるのは八谷や小池友基などと同じ。先例に挙げ得るものは次のあたりか。

【2016.10.01「繰り返すこのMonoRhythm 〜〜ただ繰り返す〜〜 一番」】
京都府福知山市
介護のロゴマーク
工藤和久
〔2015年11月発表〕
福知山市 介護のロゴマーク

神奈川県相模原市緑区
緑区イメージキャラクター
ミウル
工藤和久(青森県弘前市)
(愛称)西野夏澄(相模原市緑区)
ミウル

-----
緑区の[シンボルマーク]をモチーフに、自然あふれる緑区と豊かな自然を愛することをイメージした、明るく元気な、安らぎあふれるキャラクターです。
-----

-----
「潤水都市さがみはら」の中で水と自然がいっぱいの緑区。「緑区から潤いを」発信していきたいという願いを込めて、ミウルと名付けられました。
-----

2012年2月決定。そうだ、このシティセールスのロゴは、あの塩キャラも利用してたぞ。

【その96】
神奈川県相模原市
マスコットキャラクター
さがみん
塩崎歩美
〔2014年4月決定〕
さがみん

神奈川県相模原市
「潤水都市 さがみはら」ロゴデザイン
高野直輝(19歳:東京都世田谷区:サレジオ工業高等専門学校デザイン工学科4年)
〔2010年9月発表〕
潤水都市さがみはら

-----
相模原市の[S]の字を「右肩上がりの勢いある[葉っぱ]に見立て、自然の優しさと都市の活気を[緑色]で表現」、その隣に[水]を思わせる塊を配置し「緑が水を守り、水が緑を守る」という意味が込められている。
-----

さらに追ってみると、緑区の方は・・・

神奈川県相模原市緑区
シンボルマーク
池澤文隆(相模原市南区)
相模原市緑区シンボルマーク

-----
緑と未来の[ミ]をモチーフに、未来へ向けて羽ばたくイメージのデザインで、自然との融和を図るまちづくりを表しています。
-----

ミウルの髪の毛のところだったんやね。こちらは市民等を対象に「緑区のイメージにふさわしいと思う色で着色したシンボルマーク」を募集したもので、2011年5月制定だったらしい。緑系以外にどんな選択肢があり得たろうと思うけど、「若竹色」とされてます。

そして、これが生々流転、左右反転して「イッピー」まで使われていった、みたいな。違いますかね?(もっと酷似した作品も和久や金津 博にあったような気がするけど、もういいや。)

一方、イッピーのでっかい[ききょう]も確かにどこかで見たぞと思ったら、まさかのコレでした↓。

【2016.09.04「頬紅の ご当地キャラぞ 哀しかるべき」】(2018.01.21 加筆)
ウェブ版「公募ガイド」
「公募スクール」添削サンプル
井口やすひさ
公募スクール 添削サンプル

あまりによくできたジョークで笑っちゃう。やすひさセンセに「桔梗の花と彩色はとても良く表していますが、花の大きさが少し大きく感じます」って直されちゃいますよ、テンプレ能くテンプレを制すってか。(でも、そのやすひさも社協キャラ応募は数多い。もし本公募にも出していたのなら、やすひさは落ちて天野は次点に入ったというわけで。)

社協の行うキャラ公募というのも、ご当地公募中とりわけnicheなものと心得てますが、それにしてもどうしてどこもこうなんだろう。個性化を徹底的に否定しているかのようである。新しいものを生み出しているとはとても感じられない。
[ん系ネーム]だって[ぴー系ネーム]だって、「いちぴょん」だの「いちのん」だの、「イッピー」だの「かねっぴー」だの、イラッと感が満タン。社会福祉の理念と没個性とはおよそ相容れないと思うんだけどなー。

----------
【2018.04.07 追記】
本稿公開の翌日、早くも某公募系BBSに書き込みが。

-----
622:2018/03/19 19:39

空中庭園@下丸子ツルは勘違いしてるようだが
これは井口先生が仮想のキャラを作成して自ら添削(のようなもの)したんだからね
-----

あらー、意外に見られてんだ、愚blog。光栄(でもないか)。これに対するツルの見解は、【2016.09.04「頬紅の ご当地キャラぞ 哀しかるべき」】(2018.01.21 加筆)を見よ。
----------

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その206:いちぴょん) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その207:いちみんLINEスタンプ) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その206:いちぴょん) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その207:いちみんLINEスタンプ) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想