« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その215:深川・留萌自動車道全線開通) | トップページ | 【特別編】公募における「失敗」とは何か ――足利市社協、1年後―― Before(あしのすけ) »

2018年6月19日 (火)

【加筆編】風雪の五百年、してその次は(甲府市ナンバープレート・こうふ開府500年)

(承前)

道路交通系、もひとつばかし。先月、あのナンバープレートスペシャリストの待望の新作が。

山梨県甲府市
こうふ開府500年 記念ナンバープレート
(優秀賞)
垂水秀行(香川県丸亀市)
甲府市ナンバープレート

初めに言っとくと、自動車用の「地方版図柄入りナンバー」ではなく、バイク用(50cc・90cc・125cc)の方です。周年記念日は2019年元日となっている。

描かれたのは、何はなくとも[霊峰富士]+[甲州ぶどう]、そして2004年に復元完成した甲府城の[稲荷櫓]であろう。確かに安定の垂水デザインという感じではあるけれど、うーん、それ以上のものではない、期待値には届いていない印象。垂水らしいユーモアや楽しさも散りばめられてはいないし。惜しくも次点です。

制定側が求めていたのは、『「こうふ開府500年記念事業」として、甲府の連綿と続く長い歴史や文化等を市内外へ広くPRする、「甲府らしさ」を表現した魅力ある形状・図柄』。∴『「こうふ開府500年記念事業ロゴマーク」を配置するスペース』(後述)の確保も要件とされていた。
だからかな、入選作はどれも「新しい時代の鼓動」みたいなものは見えてこなくて、Retrospectiveにとどまってしまった感じ。

(最優秀賞)
志村敢人(かんと)(20歳:神奈川県藤沢市:甲府市出身:慶應義塾大学3年)

(優秀賞)
細名竜治(熊本市)
垂水秀行

メインモチーフにされたのは、志村が武田家の軍配、細名が武田家の兜、垂水が武田家の城だもんなぁ。

志村については、一般メディアで「甲府市出身」と記載されているのに対して、本丸たる甲府市サイトだけは「山梨県甲府市 志村敢人様」とクレジットしている。市の広報紙スタッフによる取材ブログも前者です。甲府市は都合のよいように事実を引き寄せちゃったのね。

それぞれのナンバープレートに描き添えられた紋章はこれ↓、1年余り先立つ2017年3月決定。

山梨県甲府市
こうふ開府500年 ロゴマーク
須賀裕明(55歳:東京都千代田区:グラフィックデザイナー)
こうふ開府500年

-----
[武田菱]を結び目に見立て、人と人、心と心を結ぶ象徴である[水引]を図案化しました。[5本のライン]は「開府500年」を示し、過去・現在・未来と多彩な伝統・文化、豊かな自然などを結びながら、新たな歴史を築き、甲府のさらなる発展を表現しています。
-----

わぉ、須賀裕明!!またこの名前を目にするとは思わなかった。そうなると水引の形も俄然違って見えてくるというもの。
一昔以上前の平成大合併時、[∞]を用いた丸ブーデザインを多作し「スガッチ無限大」と渾名されたガイダーなので(といっても自治体章で採用に至ったのはツルの知る限り鹿児島県姶良市章と山口県下関市章のみ)、もっとずっと上の年齢だとばかり思い込んでました。ツルと同年代だったとは。僅かにグラデーションがかかっているのが今ふうっすbleah

そして、このコトバ系ガイダーも再発見。

山梨県甲府市
こうふ開府500年 キャッチフレーズ
保岡直樹(46歳:東京都世田谷区:作詞家)
「つなぐ歴史 かがやく絆 こうふ開府500年」

-----
豊かな歴史を受け継ぎ、輝く未来をひらく姿をアピール。「絆」に甲府市の輪を連想しました。
-----

「かがやく」は多分、ご当地の宝石研磨業を意識したものと思われますが、「つなぐ絆 かがやく歴史」ってなのを敢えてひっくり返してみたのねってな技巧の跡が覗いちゃうところがちょいと興醒め。「甲府市の輪」が何のことなのかは・・・わかりません。

【その215】
北海道 留萌市・留萌郡小平町・増毛郡増毛町
留萌南部地域広域観光連携協議会
深川・留萌自動車道全線開通キャンペーン キャッチフレーズ
保岡直樹
「彩発見!オロロンライン」

おまけ。
植物おたくなところも押さえておきませう。ご当地に古くから伝わる「甲州ぶどう」は意外にもヨーロッパブドウ/Vitis viniferaの系統であり、その来歴には謎も多い。日本のブドウには珍しくワイン醸造にも用いられるのはこの欧州系の血のためで、生食用として多く栽培されているアメリカブドウ/Vitis labrusca系の品種は「狐臭」(*)があって醸造には向かないとされます。

(* 1970年代末頃の昔の「暮しの手帖」の甲州のぶどう園の特集記事には、「胡臭」と書かれていたのをなぜか鮮明に覚えている。今や高級品種の「甲斐路」(フレームトーケー×ネオマスカット:1977年品種登録)がデビューしたての品種として載ってたと思う。差別的だから字が変わったのかと思ったら、英語でも "foxy flavor" と表現するらしいので、あながちそうでもなさそうです。ほんとにキツネの匂いがするというわけでもないみたいだけど。)

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その215:深川・留萌自動車道全線開通) | トップページ | 【特別編】公募における「失敗」とは何か ――足利市社協、1年後―― Before(あしのすけ) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247782/73677545

この記事へのトラックバック一覧です: 【加筆編】風雪の五百年、してその次は(甲府市ナンバープレート・こうふ開府500年):

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その215:深川・留萌自動車道全線開通) | トップページ | 【特別編】公募における「失敗」とは何か ――足利市社協、1年後―― Before(あしのすけ) »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想