« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その212:つのぴょん) | トップページ | 【解明編】闇を払う若者たちとの対話:Session D(ながの子ども・子育て応援県民会議) »

2018年6月 2日 (土)

【解明編】闇を払う若者たちとの対話:Session C(ももちゃん/モモちゃん・パゴちゃん)

(承前)

もちろん、学生くんたちが問い合わせをした全部が全部、結果判明したわけではないそうです。「教えられない」という場合もあれば(まあそうだろうな)、返信そのものがなかったケースもあった由。

例えば、次の社協キャラだと・・・

【2017.12.07「無明の闇(その22)」】
大阪市港区
港区社会福祉協議会
マスコットキャラクター
くしゃきょん
(作者不明)
〔2013年2月発表〕
くしゃきょん

「公募で応募された中から選ばれたものだから作者は公表しない」というお返事だったそうな。Logicがまるで通ってないけど、「一般人だから教えられない」と言いたかったんでしょう。でも塩崎一族が一般人とは到底思えないし(というより、このギャップを利用して巧妙狡猾に立ち回っている気がする)、愚blogにも書いたとおり、募集要領には「入賞者の氏名、年齢、職業(学校名)について公表します」と明記していたのだから、いわば募集側の規定違反というwww。
つまりは一族が氏名の公表を渋ったということだろう、でも画風からして隠しようもないのにね、てな結論になりました(笑)。

愚blogで取り上げたものに限らず、学生くんたちはこんな古株キャラまで調べ上げたらしい。

北海道常呂郡佐呂間町
佐呂間町開基百年記念事業イメージキャラクター → 佐呂間町イメージキャラクタ
百ちゃん → ももちゃん/モモちゃん
ももちゃん/モモちゃん

-----
「ももちゃん」は1994年佐呂間町開基百年のイメージキャラクターとして誕生して以来町民に親しまれてきました。
「百」を「もも」と呼んで名付けられました。
佐呂間町特産の[かぼちゃ]と[ホタテ]をイメージしており、現在は佐呂間町の公認「ゆるキャラ」です。
-----

-----
ももちゃんは、[かぼちゃ](佐呂間町の特産品)、[ホタテ](サロマ湖 特産品)の帽子を掲げて元気にあいさつしている様子を現します。
-----

なんと、かれこれ25歳になろうとしてるわけだ!(つまり、学生くんたちよりほぼ歳上eyeeye
ホタテは「帽子」には見えないけど、頭にかぶった姿を想像すればもっと妙かも。ま、比較的着ぐるみにはしにくいというか、着ぐるみ化した時に印象が大きく変わりやすいデザインというところは時代を反映してるんでしょう。

桃の実だの花だのを盛ってあるわけではないし、ご当地で桃が名物ということもなさそうなので、どうしてこの愛称なんだろうと思ってたら、「百年」から来てたのか。
なんでも当初は「百ちゃん」の表記だったのが、百周年事業終了後にはこれを使わないことになったそうな(そりゃま、「ひゃくちゃん」と読む人もいたろう)。で、「漢字は使わない」ことだけ決めたため、今でもサイトには「ももちゃん」「モモちゃん」両方の愛称で出ているという・・・。ゆ、ゆるいわ〜。

(以上、いずれも又聞きを含むので正確性はいまいち保証できませんが。)

-----
1894年に青森県東津軽郡出身の鈴木甚五郎が浜佐呂間に入植し、半農半漁の営みに始まる。1901年には「サロマベツ原野殖民地区割設定」が行われ、1911年4月21日、栃木県谷中村民(足尾鉱毒事件の被災者)が入植し、サロマベツ原野(現 栃木地区)へ移住する。
-----

「開基100年」記念モノって多いですな、北海道って。でもご当地に足尾銅山とのつながりがあるとは知らなかった。

で、作者について。これも公募で、しかし「ご当地出身・東京在住の一般人」という回答だった由。学生くんたちの下馬評では、一に塩崎一族、二に中本竹識だったとか(ツルも存在だけは知ってて、中本あたりかと思ってました)。

しかしこうしたマイナー系までよく目を向けたもんだなあ。

調べ直してみると、3年経った1997年、このキャラには弟分が生まれていた、遠く離れた西の古都に。

奈良県生駒郡斑鳩町
マスコットキャラクター
パゴちゃん
(作者不明)
パゴちゃん1

パゴちゃん2

こちらは町制50周年記念。[柿]+[五重塔(の最上階と九輪ならぬ五輪typhoon)]で、あまりにも有名な;

柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺
     子規

の句の視覚化がこれだとか(@ ̄□ ̄@;)。愛称は仏塔の意の「Pagoda」から来ている。GIFファイルでは柿の実から手と塔がにょきにょき出てくるしかけです(もう少し上手に作れなかったものかしら)。三次元では足がにょきにょき伸びるらしいですがsmile。そこら辺が兄貴分とは違うとこ(笑)。

これももう二十歳を超えているのねえ。あの「せんとくん」より年上。いや、百歳どころか千歳越えなのかw(「誕生日」は聖徳太子の命日とされる西暦622年2月22日;「平城遷都1300年祭」は2010年)。

そういや、せんとくんの収入は往時の3%になっちゃったとか、最近のネットニュースに出てましたな。

栄枯盛衰は世の習い。

(続く)

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その212:つのぴょん) | トップページ | 【解明編】闇を払う若者たちとの対話:Session D(ながの子ども・子育て応援県民会議) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247782/73401983

この記事へのトラックバック一覧です: 【解明編】闇を払う若者たちとの対話:Session C(ももちゃん/モモちゃん・パゴちゃん):

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その212:つのぴょん) | トップページ | 【解明編】闇を払う若者たちとの対話:Session D(ながの子ども・子育て応援県民会議) »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想