« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その216:とくぽん) Mission C | トップページ | 【加筆編】忍ぶれど 色に出にけり 丸ブーは(淡路島くにうみ協会・埼玉県住まいづくり協議会・川崎市生涯学習財団) »

2018年7月10日 (火)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その203の2:タワラモトン 追補)

(承前)

cf.
2017.12.25【その203】
2018.01.06「スゲエよ!!!!! 奈良新聞」
2018.03.03「It's so FRIDAY, FRIDAY Chinatown」
2018.03.04「Oh It's a FRIDAY Night」

タヌキの因縁話の後は、ブタの後日譚につきまして。

昨年末の発表以来、今まで何くれとなく愚blogに話題を提供してくれている奈良の塩キャラ、タワラモトンにちょっとびっくりする異変が起きていた。

奈良県磯城郡田原本町
公式キャラクター
タワラモトン
塩崎榮一
〔2017年12月発表〕
タワラモトンタワラモトン2

こともあろうに、法被に盛ったアイテム、[柿の葉寿司]・[柿の葉?]・[桃]・[町章]がみんな消されてたんです(@_@;)。代わりにつけられたのは小さ目の[名札]のみ。

実はなかなか立ち上げイベントの多いキャラクターで;

2017.12.27 入賞者表彰式(榮一出席
2018.03.29 辞令交付式・特別住民票交付
2018.04.20 「道の駅 レスティ唐古・鍵」グランドオープンに登場
2018.06.04 「道の駅 レスティ唐古・鍵」でタワラモトン石像除幕式(奈良中央信用金庫寄贈

とてんこ盛りに盛り上がってた様子。着ぐるみは3月の辞令交付式から登場しており、これが補整後の姿なので、三次元化に際しての修整だったことになる。

うーん、【その203】でこう書いたのにぃ↓。

-----
来春に「道の駅 レスティ唐古・鍵」がオープンするので、ここで一気に攻勢に転じたい。新しい名物作りを狙って、この夏には「田原本町お土産(特産品)コンテスト」てのもやったんですね。
キャラ公募もその文脈で捉えるべきなのだと思う。従って今後、盛りアイテムの入れ替えもあり得るのじゃないかしらん。
-----

しかし引き算の発想できましたか(そういうことじゃねえだろ)。

決定時の新聞記事の見出しも「町キャラ、デザイン決定 特産品身に着ける」だったんだぜ。今年2月のあのFRIDAY記事でも当初案のデザインで載ってたんだぜ。特産品コンテスト↓のその後の経過が思わしくないんじゃないか、なんて大きなお世話の余計な心配をしちゃうではないか。

〔金賞〕
唐古・鍵遺跡のめちゃ美味しい索餅(さくべい)スナック
本間文子(奈良雑貨 ならいろは)

〔銀賞(食品部門)〕
いもぼた
安田淑子

〔銀賞(一般部門)〕
カラーハンドタオル
森田淅男

〔銅賞(食品部門)〕
奈良黒田 古代桃ビール
片岡慎治(桃花会)

〔銅賞(一般部門)〕
陶鐸土鈴
橋本寿一

これらの品は、「道の駅 レスティ唐古・鍵」での販売が予定されていた。実際どうなってるかは知りません。
「奈良雑貨 ならいろは」は大阪市中央区の「デザインオフィス リバティ」が展開するブランド/ショップで、「マニアックさんがそそられるオリジナル商品を企画デザイン」というのが売り。一昨年の秋に奈良を訪ねた時、ご当地の土産物屋がずいぶん垢抜けてきたと感じたけど、そういう部分の仕掛人の一人ってことかな。でもま、新しい奈良ブランドは大阪船場で創られておるわけよ(笑)。

閑話休題。
石像が道の駅に鎮座するってなことにもなれば、特定の物産を盛りにくいということはあったろう。一方で、ツルの勘繰りも杞憂とばかりは言えないのかもしれない。同町によるタワラモトンの公式のプロフィールはこうなっている。

-----
氏名:タワラモトン
生年月日:9月30日
好きな食べ物:おにぎり、味間いも、イチゴ
性格:活発で明るい、超ポジティブ
特徴:町のPRのために、長い眠りから目覚めた。
語尾に「トン」をつける。
気が向いたら飴を配る。
-----

「好きな食べ物」が特産品コンテスト入賞品とほとんど全くかぶってないんですねえ、意外にも。ここでも連動は図られなかったわけです。
因みに「味間いも」はサトイモのご当地品種。里芋でぼた餅を作れるとはあまり思えないんだけど、町サイトでは同コンテスト入賞品の画像掲載だけで説明はない(それもいかがなものかと思うが)ので詳細は不明。

ツルが「田舎公募」のいの一番の特徴として書いた「制定/公募する目的が明確化されていない」という欠点は、三次元化に際しても引き継がれちゃったようです。
既に1,100箇所を超えた全国各地の「道の駅」で「何」を売り物にしていくのか、何を発信していくのか。海山の幸と地ビール売ってます、コミュニティセンターや防災拠点としての役割も果たしていきます(そこは副次的なものかと)、ご当地キャラもいます、てなことだけではそれこそ全国道の駅総金太郎飴化計画である。
急速な高齢化の中で、民間のドライブインや物産センターの巻き返し、あるいはコンビニ業界の新たなビジネスチャンス、てなことにはなっていかんかしら。無理か。

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その216:とくぽん) Mission C | トップページ | 【加筆編】忍ぶれど 色に出にけり 丸ブーは(淡路島くにうみ協会・埼玉県住まいづくり協議会・川崎市生涯学習財団) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その216:とくぽん) Mission C | トップページ | 【加筆編】忍ぶれど 色に出にけり 丸ブーは(淡路島くにうみ協会・埼玉県住まいづくり協議会・川崎市生涯学習財団) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想