« 【加筆編】校章による統合新設校ペアリングの試み:2(阿蘇中学校・一の宮小学校) | トップページ | 【加筆編】校章による統合新設校ペアリングの試み:3(玖珠美山高校・別府翔青高校) »

2018年9月 9日 (日)

【ペアリングのおまけ編】阿蘇は火の山 空の涯 何を祈って 吐く煙(阿蘇中学校・阿蘇小学校)

(承前)

前回挙げたこれに関することなんですが・・・。

熊本県阿蘇市
阿蘇市立一の宮小学校
校章
井口靖久(群馬県高崎市)
一の宮小学校

◇2015年6月 決定
◇2016年4月 宮地小学校・坂梨小学校・古城小学校の統合により開校

ややこしいんだけど、4年遡った同じご当地の阿蘇中学校章公募で、次点にこんなものが入っていた。

熊本県阿蘇市
阿蘇市立阿蘇中学校
校章
(優秀賞)
居関孝男(60歳:京都市西京区)
阿蘇中学校(居関案)

◇2011年8月 発表
◇2012年4月 (旧)阿蘇中学校・阿蘇北中学校の統合により開校

え・・・・・・。何やら不気味な冷風が背中をよぎります。やすひさもこれは目にしていたはず。

でもそれだけではない。その翌年にはこんなのまでできちゃってます。

熊本県阿蘇市
阿蘇市立阿蘇小学校
校章
奥野和夫(46歳:神奈川県横須賀市:グラフィックデザイナー)
阿蘇小学校

◇2012年12月 発表
◇2013年4月 碧水小学校・乙姫小学校の統合により開校(2005年3月 碧水小学校が役犬原(やくいんばる)小学校を先行統合)

「阿蘇らしさ」は全く感じられない。超伝統的な桜花紋に色をつけた(だけの)風情ですが・・・

-----
(広報あそ 2012年12月号)

3校(碧水・乙姫・役犬原小)に共通した[桜の花]または[星型]をモチーフに、阿蘇五岳とカルデラを描き、元気よく成長する子どもたちの様子を表現しました。
阿蘇山の自然を感じさせる[緑色]に健やかな身体を、[水色]に確かな学力を、[桜色]に豊かな心を象徴させ、「阿蘇小」の文字を中央に配することで、[校名]を分かりやすくしました。
-----

五弁花の旧校章重ねだとは思いも寄らなかった。校名をわかりやすく配した、というのもむしろ詭弁で、「阿蘇」というどちらかといえばごちゃついた文字を差し込むことで視認性が落ちているのではないかしらん。とはいえ、「小」だけにすると、ホントに普通名詞的Iconになってしまうからねぇ

-----
(同上)

受賞コメント
この度は最優秀賞にご選考いただきまして誠にありがとうございました。また、記録的豪雨で被害に遭われました市民の皆様方には謹んでお見舞い申し上げます。連日、被害の様子は全国的に報道されており、心を痛めておりました。副賞の賞金は、全額を豪雨災害への義援金にさせていただきますとともに、一日も早い復興をお祈り致しております。
(奥野和夫)
-----

前回触れたとおり、この豪雨とは同年7月のもの。少なくともこの作者なりに、遠く離れたご当地を思いやる心は失っていなかったということだろうか。しかしそれは本来、Creatorの責めを果たすところにこそ在るぞかし。

(優秀賞)
古川寛貴(32歳:阿蘇市)
中本竹識(32歳:福岡県北九州市)

もひとつ追加で阿蘇中学校に戻りましてと。
同校校章の次点は居関の他にあと1点あってですね・・・。

熊本県阿蘇市
阿蘇市立阿蘇中学校
校章
(優秀賞)
立志哲洋(60歳:東京都江東区)
阿蘇中学校(立志案)

こちらは阿蘇らしいですか?でも問題はそんなところ以前にある。ツルは見た瞬間これを思い出した。

【2013.11.19「志とは裏腹に Part 1」】
熊本県阿蘇市
阿蘇草原再生協議会
阿蘇草原再生 ロゴマーク
立志哲洋
阿蘇草原再生(立志version)

◇2009年3月決定
◇2009年8月採用見送り

立志は阿蘇草原再生ロゴマークの仇を2年後の阿蘇中学校章で取ろうとしたってことかいね。もう出涸らししか残っていなかったってことっすか?(活火山をデザインしたら何にせよこういうビジュアルになっちゃうでしょ、なんて考え方は当方採っておりませんので悪しからず。)

居関と立志、同い年ということは認識していなかった。この時ちょうど還暦。因みにやすひさは66歳だった。
老頭児であること自体は別に構わない、人はみな年を取るのだし。最近取り上げたところで言えば、【2018.08.28「海の幸、山の幸: Mission #2」】の食用菊パープルマムの開発に共同で取り組んだ青森県階上町の菓子店主小松國男は70歳、八戸工業大学教授の若生 豊も66歳だった(私立大学の先生の定年って何歳なんだろう?)。
しかし、産み出すもののクォリティを維持していく、いや齢を重ねて高めていくことができなければ、それは垢とか澱を貯め込んでいくのと同じである。若い人が才能に欠けるより始末が悪いだろう。

ツルも重々、心しよう。

― Title Inspired by「火の国旅情」ばってん荒川(1976リリース:作詞 中沢昭二:作曲 岩代浩一)―

« 【加筆編】校章による統合新設校ペアリングの試み:2(阿蘇中学校・一の宮小学校) | トップページ | 【加筆編】校章による統合新設校ペアリングの試み:3(玖珠美山高校・別府翔青高校) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【加筆編】校章による統合新設校ペアリングの試み:2(阿蘇中学校・一の宮小学校) | トップページ | 【加筆編】校章による統合新設校ペアリングの試み:3(玖珠美山高校・別府翔青高校) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想