« 【ペアリングのおまけ編】Crystal clear river with cold water, Four leaf clover in tiny garden, Twinkling star above deep forest...(清流小学校・星の杜小学校) | トップページ | 【ペアリングのおまけの枝葉編】北の原野に咲く花の 匂ふが如く今盛りなり(村山産業高校・北海道大学・釧路短期大学・京都大学) »

2018年9月24日 (月)

【ペアリングのおまけ編】制作と補作の差異;選考における融合のご参考(酒田光陵高校)

(承前)

前々回見た、公募で集まった作品を素材として利用して最終的なデザインを制作する、というやり方には確かに結構驚いた。

長崎県松浦市
松浦市立福島養源小学校
校章
(参考作品)
奥野和夫(神奈川県横須賀市)
工藤和久(青森県弘前市)
(制作)
上地貴典(株式会社アクト 代表取締役)
福島養源小学校

◇2015年3月 決定
◇2016年4月 福島小学校・養源小学校の統合により開校

さりながら、こうしたやり方も以前からあったもののようである。

山形県酒田市
山形県立酒田光陵高等学校
校章
(参考作品)
奥野和夫(グラフィックデザイナー)
佐藤泰輝(山形県立酒田工業高等学校(現 酒田光陵高等学校)3年)
(制作)
池田 正(東北芸術工科大学教授)
酒田光陵高校

◇2010年11月 募集
◇2012年4月 酒田商業高等学校・酒田工業高等学校・酒田北高等学校・酒田中央高等学校の統合により開校(酒田中央のみ市立)

-----
学校名の「光陵」を基にしてデザインしました。
[光]の文字をベースにして、「陵」については文字ではなく、線と色を使い松林のイメージを[深緑]で表現しました。
21世紀を躍進することを願い、若さと情熱のシンボルとして作成しました。
-----

その校名こそが没個性の権化なのよと突っ込みたいところではあるが、そこはおいとこう。クロマツ林のある松陵小学校区と光ケ丘地区に位置するからこの名前にしたとされているので、致し方ありません(「光陵」の名を持つ高校は他に福岡や埼玉や神奈川にもある)。
こちらも奥野がネタにされてますなあ;-)。両校の選考の経緯を見比べてみると、一層驚きます。

〔福島養源小学校〕
-----
参考とした作品の制作者
(敬称略)
奥野和夫(神奈川県横須賀市)
工藤和久(青森県弘前市)

制作者
上地貴典 (株)アクト代表取締役

〇決定までの流れ
・「校章」を公募(平成26年7月1日〜平成26年8月25日)
・地元・PTA・学校関係者により校章選定委員会を組織し、公募19点の中から2点を参考作品として選出(優秀賞及び佳作は該当者なし)
・参考作品を元に(株)アクトに制作を依頼
・校章選定委員会で再度検討し、最終的に「校章」を決定
-----

〔酒田光陵高等学校〕
-----
1 制作
参考とした作品の制作者
佐藤泰輝 酒田工業高校3年生
奥野和夫 グラフィックデザイナー

制作者
池田 正 東北芸術工科大学教授

2 決定までの経緯
○校章デザインを公募(平成22年11月1日〜30日)
○公募128点の中から5点を参考作品として選考
○池田 正教授に補作を依頼
○参考作品5点のうち2点を参考に池田 正教授が制作
-----

ふむ。こういう場合、採用分として用意されていた(はずの)賞金はどうなったんですかねえ?

≪うまく立ち回れば費用が浮くぜ

言葉の選び方・使い方まで必要以上にがっつり似ている感じ。福島養源小は酒田光陵高の影響下にあったと見て相違あるまい。
必ずしも前者が後者のやり口を真似したと言ってるのじゃありませんよ、共通のMissing Linkなんぞもあり得ようから ―― 善意に解釈すれば(^_-)。

しかし、どうも腑に落ちない。「株式会社アクト」はAgentという扱いで間違いないだろうけど、「東北芸術工科大学教授」は偉いセンセなわけでしょ。Advisorの立場に近いのではないか。そこへネタを持っていって「これとこのあたりで融合よろしく」なんて頼んだわけ??それともそれは教授の方から持ちかけたとか??(だとしたらセンセのCreativityはどうなるのだ。)

応募総数19点と128点、そもそも状況が根本的に違っていたんだろうか。「応募が少なくて作品レベルも総じて低い」からこうしたとか?それとも初めからそのように公表して募集したの?もしそうだったとしたら、「公募」=「ネタ集め」に過ぎなかったわけだけど、そんなことでもまともな作品って集まってくるん?

もっと遡ればこんなものもあったけれど・・・

【第六十八夜】
兵庫県姫路市
ひめじ街路樹アダプト制度 シンボルキャラクター
ひめっち
塩崎榮一
成瀬重道
ひめっち

-----
(2008.11.26 神戸新聞 抜粋)

姫路の[ひ]を図案にした塩崎さんの作品に、[道路の中央線]や[ほうき]を入れた成瀬さんの案を採り入れた。
-----

でもこの場合だと、公表されたのは「素材」の作者のみであって、作品を完成させる行為はあくまで「補作」に過ぎず、その補作者も表には出ない日陰の存在だったわけです。そこが本質的に違う(と思うがね)。
うーん、でも、そこら辺で公募後30年も経って大モメした山梨の「ふじくん」のケースもあったよなあ(cf. 2014.08.03「静岡の恥辱、山梨の呪縛。― File 2」)。

« 【ペアリングのおまけ編】Crystal clear river with cold water, Four leaf clover in tiny garden, Twinkling star above deep forest...(清流小学校・星の杜小学校) | トップページ | 【ペアリングのおまけの枝葉編】北の原野に咲く花の 匂ふが如く今盛りなり(村山産業高校・北海道大学・釧路短期大学・京都大学) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ペアリングのおまけ編】Crystal clear river with cold water, Four leaf clover in tiny garden, Twinkling star above deep forest...(清流小学校・星の杜小学校) | トップページ | 【ペアリングのおまけの枝葉編】北の原野に咲く花の 匂ふが如く今盛りなり(村山産業高校・北海道大学・釧路短期大学・京都大学) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想