« 【決着編】仍って件の如し ―― ゆるキャラGP2018の結末 | トップページ | 【覚え書き】「ご当地ナンバー」なるものについて:8 »

2018年11月20日 (火)

【決着編のその後】ゆるキャラGP2018の結末 ―― 四日市市長の主張など

(承前)

四日市市長の森 智広が、2018.11.20 02:16、ブログを更新している。

基本的な主張は変わっておらず、『多くの報道にて「組織票」と揶揄されました』、『強制的な投票やお金を払った投票、機械による投票は一切ありませんでした』、『事実と異なる過剰なまでの報道』などの記述が並び、ただしその一方で、『様々なご批判を頂いている事も承知しておりますし、それらを真摯に受け止めております』との一文も書かれている。

ツルつらつら惟るに、だ。本件に関し四日市市の首長として今やるべきことは次の2点であろう。

(1)
ゆるキャラグランプリ2018実行委員会が、「こにゅうどうくん」に投じられた票を40万票近く(ネット投票中間集計 約118万票 → 最終得票 約80万票)無効判定したことについて、どう考えるのかを表明すること。

(2)
一連のプロセスで市が具体的に「何をやったのか」を明らかにし、検証すること。「何をやらなかったのか」ではなく。

それがなければ、「不正は一切ありません」というその主張の是非を客観的に判断することすらできない。

もっとも、『今回で「ゆるキャラグランプリ」を卒業します』とも明記してあるので、そんなしちめんどくさいことはしないだろうけれど。

大牟田市長の中尾昌弘の2018.11.19付のメッセージはもっとすごくて、一連の報道等には一切触れず、単なるお礼のみ。

結局、このイベントそのものに対するBad Reputationが尾を引いて残る。

以上。

« 【決着編】仍って件の如し ―― ゆるキャラGP2018の結末 | トップページ | 【覚え書き】「ご当地ナンバー」なるものについて:8 »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【決着編】仍って件の如し ―― ゆるキャラGP2018の結末 | トップページ | 【覚え書き】「ご当地ナンバー」なるものについて:8 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想