« 【加筆編】校章エキスパートの来歴:3(江東区ロゴマーク・港区シティプロモーションシンボルマーク) | トップページ | 【決着編】仍って件の如し ―― ゆるキャラGP2018の結末 »

2018年11月18日 (日)

【加筆編】校章エキスパートの来歴:4(日本秋祭 in 香港)

(承前)

Internationalたらんと欲するガイダーの願いが遂に叶ったのは2016年8月、次の公募で採用された時だった。

外務省
在香港日本国総領事館
「日本秋祭 in 香港 −魅力再発見−」公式ロゴマーク
奥野和夫(神奈川県横須賀市:グラフィックデザイナー)
日本秋祭 in 香港

2016年10〜11月、同総領事館が中心となって初めて開催された行事で、100以上の各種イベントが繰り広げられた。その後毎年開かれており、今年もただ今開催中
つまりこのマークは、主に香港で用いられているわけだ。発表された折には至極長文の詞書がついていた。

-----
作者からのメッセージ
一般的に秋というと茶色を連想されることが多いかと思いますが、
日本の秋は古来より色鮮やかなイメージがあります。
天高くまで澄み渡る青空と白い雲、緑色に混じり紅や黄色に染まる山々、
それらを映しだす鏡のような川や湖の水面・・・・
そんな様子をロゴマークでは、日本の秋を象徴する[菊]の花を散りばめることで表現しました。
「菊」は、春に咲く桜とともに日本らしい花のひとつです。桜の季節とは違う日本のイメージも香港の皆様にぜひ知っていただきたく思います。
菊は薬用として中国より伝わり、世界に類を見ないほど日本で品種改良がなされ、その美しい姿は工芸品などの意匠にまで高められてきました。
その歴史からも日本人にとって「菊」は、「創意工夫」の象徴ではないかと私は考えています。

また、一輪の菊の花は、一枚一枚の花びらがそれぞ独立した花であり、
それらの集合体として一輪の花が成り立っています。
相手を思いやり、チームワークを重んじる日本企業や日本の社会にとってふさわしい花とも言えます。

香港の皆様には、ぜひとも「日本秋祭 in 香港」で「創意工夫」と「思いやり」に満ちあふれた日本文化や日本のモノ、サービスの魅力を再発見していただくことを心より願っております。
-----

国際的なものとなるとさすがに気合の入り方が違うと見えます。

家紋風に言えば十弁一重表菊散らし(天皇の紋章は「十六弁八重表菊」と表される)。菊花紋を使えるか否か、使うのが効果的か否かについては、各方面にいろいろと根回しが要ったことでせう。

桜が日本の春の名物であることは今や世界中が知っている。一方、秋にもインバウンド需要を喚起するために、こういうストーリーの企画を立てたんですな。季節感には乏しい南方の島国の人たちに、エキゾチックでカラフルな「秋」を演出したわけだ(敢えて「紅葉」は選ばずに、と言うべきだろう)。ここにおいても、「色」への執着は見て取れるようです。
でも香港の方々よ、言っとくけど、日本の秋ってそれほど菊の花がバンバン咲き誇ってるわけじゃないっすよ(苦)。

これにもまた奥野の略歴が添えられていて。

-----
作者プロフィール(2016年7月18日現在)
奥野 和夫(Kazuo OKUNO)
神奈川県横須賀市在住、グラフィックデザイナー。工業デザインやインテリアデザインを経て、1993年に「オクノ・デザイン・ルーム(のちに有限会社オクノデザインルーム)」を屋号として独立。ロゴマークや全国の学校の校章デザイン・校歌を手がける。近年は、東京2020オリンピック・パラリンピック開催を契機とした江東区ブランディング戦略ロゴマークや「日・サウジアラビア外交関係樹立60周年」「日・カンボジア友好60周年」公式ロゴなど。
-----

ほらね、きっちり「東京2020オリンピック・パラリンピック開催を契機とした」という枕詞もついてます。この時はまだ、港区シティプロモーションシンボルマークの方は制定されていたかった。

あっ、そうかあ奥野は自作の横須賀市議会シンボルマークにつき、「これがきっかけで市と連携した仕事が増え」と語っていた(cf. 2018.11.10「校章エキスパートの来歴:1」)。てことは、国際派を目指すとなれば国交○周年モノなんかで外務省に食い込むってのもその意味で重要な足がかりだったわけだ。

見落としそうだけど、重要な一言が書かれてますねえ。

「校歌」。

そう、実はこれこそ奥野の隠し芸で、各地でいくつか校歌歌詞の公募にも採用されている。駒井 瞭や工藤和久と同じく「総合ガイダー」のカテゴリーに入れることができそうです
いや。奥野はキャラクターは作らないのか。ナンバープレートでも見たことがないような。

この件はいずれまた、ネタにさせていただきましょう。

(続く)

« 【加筆編】校章エキスパートの来歴:3(江東区ロゴマーク・港区シティプロモーションシンボルマーク) | トップページ | 【決着編】仍って件の如し ―― ゆるキャラGP2018の結末 »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【加筆編】校章エキスパートの来歴:4(日本秋祭 in 香港):

« 【加筆編】校章エキスパートの来歴:3(江東区ロゴマーク・港区シティプロモーションシンボルマーク) | トップページ | 【決着編】仍って件の如し ―― ゆるキャラGP2018の結末 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想