« 【ペアリングのおまけ編】北相の短命な高校の最後の光芒 | トップページ | 【電波編の重要な追加】ふたたび、月曜から夜ふかし(はあとん) »

2018年11月 3日 (土)

【加筆編】文化の継承の件(文化庁)

cf.
2017.06.14「お上にはお上の事情と紋章:ニ」

本日は文化の日なので、それにふさわしいネタで(笑)。

なぜ、今なのだろう。
知らないうちに、文化庁のシンボルマークが変わっていた。

文化庁
シンボルマーク
鈴木正道(東京都文京区:グラフィックデザイナー)
文化庁

賞金50万円が出たというから、久方ぶりのやり甲斐ある大型公募だったろう。

文化庁サイトでは現在次のように紹介されている。

-----
平成30年(2018年)9月に決定された文化庁の新・シンボルマークは,[円型]と伝統的な[市松模様]の組合せにより,多様な文化芸術の様相を表現しています。二種類の円の重なり合いが,文化芸術の無限の可能性も感じさせます。「文化庁」の文字は、宮田文化庁長官が揮毫しました。
一般公募により応募された作品1,420件の中から文化庁内及び外部専門家の協力を得て選考を重ねた結果,平成30年9月に鈴木正道氏(東京都在住・グラフィックデザイナー)の本作品を採用しました。文化庁の催す行事や各種支援による公演等で表示していただくとともに,封筒,各種パンフレットなどにおいて表示することにより,文化を大切にする社会の構築に向けて活用してまいります。本シンボルマークを末永く御愛用いただけますよう,よろしくお願いします。
-----

ああ、おぢさんはいつも気になる。「○○いただけますようお願いいたします」という言葉使い。「○○いただきますようお願いいたします」と「○○いただけますならば幸いです」の混用ではないのか。
「いただく」ではない「いただける」には、「可能」の意味が加わっているわけでしょ。平たく言えば「○○してもらえる」「○○してもらうことができる」の尊敬語だ。「あなたに○○してもらうことができるならば、わたしは幸いに思う」はいいけれど、「あなたに○○してもらうことができる(状態である)ように、わたしは願う」あるいは「○○することが(あなたに)できる(状態となる)ように、わたしは願う」なんてのはヘンテコなロジックと思うわけ。ツルは、仕事のメールでこの文章が最後に添えてあったりすると、そんなヤツは頭の悪い馬鹿だと決めてかかることにしています、悪しからず。

てなことはこの際どうでもいいとして、同庁は2021年度中に京都に一部移転することが決まっており(一部とは言えトップの文化庁長官も京都に赴任滞在することになる)、それに向けてこの10月1日に大規模な組織改編をやった、だからそれをアピールするためにシンボルマークも新調した、という理屈らしいんですね。
しかし、それならばマークの制定は一連の動きが外形的に明確となる京都移転のタイミングに合わせるのが普通の考え方ってもんではないの??いくら文化庁創設50周年の節目でもあったとは言え。

いずれにしろ、これ↓は20年足らずでその役割を終えたことになる。

文化庁
シンボルマーク
堀江 豊
〔2002年12月制定〕
文化庁

-----
文化庁の[文]の文字をモチーフに[三つの楕円]で,「過去・現在・未来」「創造・発展」「保存・継承」の輪をイメージし,芸術文化を創造し,伝統文化を保存・伝承していく人の姿(文化庁)・広がりを表現しています。色彩は日本伝統色の一つである[朱色]としました。
-----

ちょーーーっと短命な気がするがねえ、相模原青陵高校ほどではないにしろ。

それにしても「二種類の円」とはどうにも解せない。これ↓だったらまだわかるんだけど。

【2016.05.05「野老案に目がテン! 第3回」】
「TOMOE - Athlete Spirit−」
悉陀大哲(しった だいてつ)
東京五輪エンブレム(悉陀大哲案)

五輪エンブレム再公募のボツネタによる「負けエンブレム展」で佳作入選した作品。主催した芸人西野亮廣をして《市松模様は、コッチの方が好き!》と言わしめた逸品です。まさか今になってこの画像を載せることになろうとは。

最終候補4点で意見募集を行った際の作者によるデザイン趣旨は次のとおり。

-----

日本を表す[円]をモチーフに。それと伝統的な[市松模様]で様々な文化芸術の新しい構築を表します。
相反する[円]と[市松模様]の組み合わせにより、多様な文化芸術の様相を表現。日出づる国の太陽にも見えます。
-----

はぁ、どこにも「二種類の円」たらいうことは出てしまへんにゃわ。しかしここまで市松紋がお好きどしたか、宮田はん。

-----
宮田亮平長官、アナタ東京芸大の学長やら2020東京五輪のエンブレム再公募の選考委員長やらマスコット公募の座長までやってる芸術家なんだから、何とかして頂戴。
-----

と頼んどいたのが効いたようです(Little White Lie)。ここは是非とも広島の堀江の惜別の言葉が取りたいところ。

宮田はんいうたら、東京であの仕事からこの仕事から、ほんまにご苦労さんなことでおましたなぁ。そらアレやで、中に自分の字入れたマークにしはったり看板の字書かはったりするいうたかて、役得いうもんやで。
京都来はったら仕事やら精出さんと静かーーにしてはったらよろしおすわ、ほほほ。

« 【ペアリングのおまけ編】北相の短命な高校の最後の光芒 | トップページ | 【電波編の重要な追加】ふたたび、月曜から夜ふかし(はあとん) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【加筆編】文化の継承の件(文化庁):

« 【ペアリングのおまけ編】北相の短命な高校の最後の光芒 | トップページ | 【電波編の重要な追加】ふたたび、月曜から夜ふかし(はあとん) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想