« 【覚え書き】「ご当地ナンバー」なるものについて:4(長崎県版ナンバープレート) | トップページ | 【加筆編】校章エキスパートの来歴:1(横須賀市議会) »

2018年11月 8日 (木)

【覚え書き】「ご当地ナンバー」なるものについて:5(富士山(山梨)ナンバープレート)

(承前)

他に気づいたところもいろいろとある。各論的に拾っていくと。

まず、「盛岡」の作者蛇口禎治は、先立って2013年4月、次のバイク用プレートにも採用されていた(画像省略)。

岩手県 西磐井郡平泉町・一関市・奥州市・胆沢郡金ケ崎町 (*)
原付バイク等オリジナルナンバープレート
蛇口禎治(58歳:岩手県上閉伊郡大槌町:グラフィックデザイナー)

(*)対象地域は自動車用と同一

大槌町は、その2年前、東北地方太平洋沖地震とそれに伴う大津波により甚大な被害を受けたところである(cf. 2012.11.24〜25「やめちゃいけないキャラもあろ。」)。蛇口も自宅を流され、父君をはじめ家族や親族9人が死亡/行方不明となる不幸に襲われたとのことで、お見舞い申しあげます。蛇口にとっては、これらの公募もまた復興のために自らができることという意義があったのだと思う、供養の意味合いはもちろんのこと。

//

2018年1月29日発表の「富士山(山梨)」の居関孝男作品は、北斎の赤富士をそのまま題材にした(だけの)もの。当初は「山梨版凱風快晴」と呼ばれていた由、いと畏れ多し。どこに居関の創作が働いているのかわからない、これでは公募した意味にすら疑義がつきかねない。

山梨県 富士吉田市・南都留郡道志村・同 西桂町・同 忍野村・同 山中湖村・同 鳴沢村・同 富士河口湖町
富士山(山梨県)版図柄入りナンバープレート
<富士山>
居関孝男(67歳:京都市西京区:グラフィックデザイナー)
富士山(山梨)ナンバープレート

【2018.04.29「田舎公募は伝染るんです。」】
東京都品川区
原動機付自転車ご当地ナンバープレート
居関孝男
〔2018年1月22日発表〕
品川区ナンバープレート

※哥川廣重 東海道五拾三次より「品川 日之出」

(優秀賞)
塩崎榮一
品川区ナンバープレート(榮一案)

東京都墨田区
すみだオリジナルナンバープレート
安藤晴南
〔2016年10月頃発表〕
墨田区ナンバープレート

※葛飾北斎 富嶽三十六景より「神奈川沖浪裏」

ああ、品川区のバイク用プレートと同時期だったのか。道理で!
ここに至って浮世絵三部作、完成です。もう、「富士山(静岡)」も<雄大な富士と豊かな田園>とか腑抜けたこと言ってないで、「山下白雨」でも持ってきた方がよっぽど注目を集められたのにねえ・・・。浮世絵四天王。
いや。居関はホントにそんなものを静岡側に応募してたかもしれないな。うん、きっとそうだ。ガイダーとは畏れを知らぬもの。

2017年11月発表の「山形」「庄内」の公募でデザイン検討委員会の委員長を務めた中山ダイスケは、当時東北芸術工科大学のデザイン工学部グラフィックデザイン学科教授であり、2018年4月からは学長に就任している。嫁は鶴田真由、ニューヨーク在住中に知り合った由だから、女優とデザイナーの出逢い in Big Apple, 二昔か三昔前のトレンディドラマさながらです(実際には、9.11 Attackの頃のことなので、もっと切羽詰まった魂の彷徨があったものと思われますが)。
てな下世話なネタはおいといてだ。東北芸術工科大学と言えば、長岡造形大学とともに、愚blogではもうおなじみ、別の下世話ネタで(cf. 2018.09.25「北の原野に咲く花の 匂ふが如く今盛りなり」)。ひょっとしてと思って探ってみると、今回もやっぱりあったみたいなんです。
「山形」の作者の「鏡 春菜」で検索すると、2009年or2010年に同大学の情報デザイン学科グラフィックデザインコースを卒業した人物、および、2010年春に山形市の洋菓子メーカー株式会社シベール(ひと頃「ラスク」を流行らせた会社ね)に入社した人物がヒットする。中山と鏡の間に師弟関係がなかったと考える方が無理な気がします。公募で教え子を選んじゃう伝統はまたもや守られたらしい(一切影響がなかったと言うのならば、瓜田に履を納れたるの説明責任を果たせ)。
となると、同じ委員会で選んだ「庄内」の作者、対象地域内の鶴岡市出身という松浦隆浩のこともひどく気になってくるけど、詳細は判明しなかった。

中山には、「アイデアには癒着が必要なんです」というインタビュー記事(CREATIVE PLATFORM OITA;2016.09.06実施)もあって、腹が捩れるほど大笑しました。内容は至極真面目で、頷ける部分もあるにはあるけれど、結局この人、アートとデザインの二刀流という旨をも語ってはいるものの、「デザインの力」をただもう無闇に信じている ――脱中心的な意義は含まずに―― ということなのだと感じました。

「柏」に登場する名前をググってみるとこれまた謎にぶつかる。柏市の広告会社、株式会社グッドエスのスタッフ欄に出てくる氏名と一緒です。

取締役副社長 デザイナー
遠藤貴之

デザイナー
福地俊一郎

これらが本人なのであれば、肩書を「デザイナー」「会社員」と書き分けたわけで、それもちょっとどうなんだかね。

いやあ、もう飽食満腹お腹一杯。〆は別腹でさらりと。

「つくば」風情が東京芸大に委託したのは意外だけど、地域内に取手キャンパスがある縁です、他の大学は関係なしここと取手市とはコラボイベントなど昔からやってるんだよね。

(続く)

« 【覚え書き】「ご当地ナンバー」なるものについて:4(長崎県版ナンバープレート) | トップページ | 【加筆編】校章エキスパートの来歴:1(横須賀市議会) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【覚え書き】「ご当地ナンバー」なるものについて:4(長崎県版ナンバープレート) | トップページ | 【加筆編】校章エキスパートの来歴:1(横須賀市議会) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想