« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その26:川越市キャラ応募作品)

(承前)

暮れもとうとう押し詰まり、大つごもりにふさわしいネタをと考えてたんですが、なかなかうまいこといきません。ええい、こうなりゃ自棄じゃ、塩食らわば古き皿まで。2009年8〜9月に全応募作品が(@_@)投票にかけられたキャラクター公募から。画質が悪いのは蒙御免。

埼玉県川越市
川越市マスコットキャラクター

(応募作品 335)
(作者不明)
川越市キャラ応募作品 335

「小江戸」「蔵の街」でプチ観光地化しつつあるご当地のプチランドマーク、[時の鐘]がモチーフだと思う。まあ、そんなもんでしょう。

(応募作品 336)
(作者不明)
川越市キャラ応募作品 336

こっちは銀閣寺かよっ、小江戸じゃなくて京都に持ってけっ(鹿苑寺金閣は三層、慈照寺銀閣は二層である)。ま、そんなもんでっしゃろな。[No.1ポーズ]が何を意味しているのかはよくわかりません(やっぱ川越芋かな)。
ベーシックデザインの脇に他のポーズを2点ほど添えるのも、塩崎一族定番の小技です(やすひさ辺りにもあるけど)。塩キャラ判定、どちらもクロと見ました

この公募はどういう立ち位置にあったのか。2009年9月の「小江戸新聞」なるweb情報に詳しい。

-----
「川越」をより多くの人に親しんでもらおうと市が企画した「川越市マスコットキャラクター」のイメージ募集に、全国から441点が集まりました。
現在、新富町の鏡山酒造跡に展示されており、13日まで一般市民の投票を受け付けています。

川越も「ゆる玉応援団」の仲間に
県内には現在、「ゆる玉応援団」として21体のマスコットキャラクターがおり、親しみやすい“ゆるきゃら”がイベントやキャンペーンなどで各市町村のPRに努めています。いよいよ川越市も「ゆる玉応援団」に仲間入りです。

〔中略〕

多いモチーフは芋や蔵・時の鐘
明治蔵と大正蔵に分けて展示された全作品のうち、モチーフとして多かったのはサツマイモや蔵・時の鐘などで、中にはダルマやカッパ・お地蔵さんや忍者を描いたものもありました。
来館した市民らは楽しそうに作品を見比べ、お気に入りの1点に投票。市内の写真家・宗形 慧さん撮影の「川越まつり」絵はがき(絵柄10種類のうち1枚)を贈られていました。
これまで3日間で332人が一票を投じており、作品は一般投票の結果を参考に、12月に選考結果を発表の予定です。
-----

最終的に886名が投票したらしい。不可解なのは、この全作品対象の投票を終えた後になって、「川越市マスコットキャラクター選考委員会作業部会」で1次選考を、次いで「川越市マスコットキャラクター選考委員会」で2次(最終)選考を行ったことで、投票の結果がどのように反映されたのか(あるいは反映されなかったのか)、今となっては知る由もない。

あそこもここも作ってるからウチもという意識は、ゆるキャラ王国埼玉県においてはとりわけ強かったろう。ほとんど同調圧力となって働いたものと思われます、県知事の「一村一品」ならぬ「一自治体一キャラ」の大号令の下に(cf.【その15】)。

某公募系BBSではいろいろと詮索されていた。

-----
10:2009/10/05 19:46
カワゴエ
[URL]

11:2009/10/05 19:47
↑あとみんの兄弟がいるよ〜

12:2009/10/05 19:54
↑336
アユたんのいつものかぶりもの
キマッテルね♪

13:2009/10/05 19:56
↑431
青森の人のキモキャラもいるー♪

14:2009/10/05 20:06
↑338はホリエモン?

15:2009/10/05 20:11
↑219〜224辺りのキャラが古くさすぎwww
昭和3〜40年代臭がするwww

16:2009/10/05 20:12
↑38-39ってだれだっけ?ピース好きだね〜

17:2009/10/05 20:14
431はマントくんのキャラの公募のときに見覚えがwww

18:2009/10/05 20:16
おっと・・・ アズマックスも抜け目なく応募してるねー

19:2009/10/05 20:18
>>15
162-167のキャラも古臭い(笑)
てか作者が一緒か?

20:2009/10/05 20:19
のぼりを持たせるのが好きだね〜
パチンコ屋の新台入れかえじゃないんだから(笑)

21:2009/10/05 20:20
埼玉県外からの応募は35人らしいが
ほとんどが常連さんじゃねえかwww

22:2009/10/05 20:24
[のぼり]好きはシオピーもだよね♪
335もシオピーだよね♪

25:2009/10/05 21:18
323が好きです。

27:2009/10/06 11:15
>>10
たけちゃん、出しすぎwww

29:2009/10/06 11:28
>>17
あれ青森のキャラだったのかよwww
当時、ダサい仏像のキャラがいるな〜って思ったらwww
やっぱりセンスないね青森の人は
-----

「青森の人」とは工藤和久のこと(断言)。「ホリエモン」は堀江 豊、「アズマックス」は東 信慶、「たけちゃん」は中本竹識。「あとみん」は中本作品である(cf. 2015.02.17「In Quest of the Complete Recycle」)。
現在も全作品が;

http://www7b.biglobe.ne.jp/~koedo-shimbunsha/Pages/YurucharaTouhyou.html

で見られますよん。

ご当地キャラクターとは、例えば「食」に準えて言うなら、「ご当地ディナー」の中の「先付」ないしは「箸休め」(に過ぎないの)ではないかとツルは考え始めてます(敢えて和食で攻めてみた)。ぼんぼんご当地グルメを盛りました、というようなものは結局役どころ知らずで下品なお味に堕してしまうのではないかしら。

[時の鐘]ならぬ歳の鐘の響く中(こう書きたかったからこのネタを大晦日に持ってきたのさ)、切ないことも多かった2018年が遂に暮れていきます。皆様、どうかよい新年を。

2018年12月30日 (日)

【告発】松戸ナンバープレート選考に不正の疑いあり

【2019.06.15 追記】

2019.06.08 11:24、本ブログは、【2019.02.03「【加筆編】矢切渡、誰がものぞ:後編(葛飾ナンバープレート)」 】につき、@niftyから、刑法第230条の名誉毀損罪のかどで「侵害情報の送信防止措置請求」があった旨の通知を受けた。
これに伴い、同社が「侵害情報の送信防止措置」を講じる前の対応として、当該記事に関連すると考えられる本稿の公開を停止する。

 

【2019.06.30 追記】

2019.06.25 12:24、本稿が上記同様に刑法第230条の名誉毀損罪のかどで「侵害情報の送信防止措置請求」を受けていた旨を確認した。

2018年12月28日 (金)

【覚え書きのおまけ】やっぱり片手落ちの悪夢だった(大田区ナンバープレート(ジャマイカカラー))

(承前)

cf.
2016.02.26「片手落ちの悪夢」

そう簡単に終わると思うたか、くわっくわっくわっ^ロ^;。

テレビを見ないツルは、平昌冬季五輪が終わった後まで知らなかったんですが、コレが↓・・・

東京都大田区
ご当地ナンバープレート
関 玲子
〔2016年1月発表〕
大田区ナンバープレート

こんな↓ことになってたんですね。

東京都大田区
ご当地ナンバープレート(ジャマイカカラー)
大田区ナンバープレート(ジャマイカカラー)

日経新聞にも載ってたのに。
念のため言っとくと、原付バイク等の方ですよ。

前の記事で;

-----
町工場100社が協力し合って競技用の雪橇を作り上げる、そりゃいいこってす。日本代表チームから不採用食らったのがご不満顔ですが、幸いジャマイカに拾ってもらってるし。映画「Cool Running」を思い出すな。
-----

と書いたけど、大田区サン、気をよくしてその[橇]を[ラスタカラー]にしちゃったわけ。

と・こ・ろ・が。

-----
(2018.02.21 ねとらぼ)

東京都大田区で交付されている原付バイク用ご当地ナンバープレートで採用されていたジャマイカカラーの下町ボブスレーデザインが、終了する方針であることが分かりました。

下町ボブスレーは、2016年夏にジャマイカと正式契約し、平昌五輪に向けてソリの開発・改良を続けていました。しかし、ジャマイカ側が下町ボブスレーのソリの使用を拒否したため、下町ボブスレーはジャマイカ側へ法的措置を取ることを予告する騒動に発展。結局、ジャマイカが平昌五輪で下町ボブスレーのソリを使用することはありませんでした。

〔中略〕

大田区によると、ご当地ナンバープレートのボブスレーデザインは継続するものの、カラーはジャマイカカラーではなく、当初交付していた黒を基調としたものに変更する予定。理由はジャマイカが下町ボブスレーのソリを使用しなかったからではなく、もともとオリンピック仕様の特別バージョンだったため、それに伴った交付終了としています。
-----

なんじゃそりゃあ

ツルも、ジャマイカに拒否られたことは知っていた。その時は「契約結んだといっても、ほんとにLegally Bindingな内容だったのかなあ」「他にもっといい物を作るところが現れたってことで、そりゃまずい話だよなあ」なんて漠然と考えてました。それがまさかこんなところに影響してくるとは!!

よく考えてみると、契約はきちんとしたものだったのにそれを反故にされたのであれ、そんなこと気にも留めない南国お気楽Reggae連中m(__)mにいいように振り回されたのであれ、結局は「先読み」が足りなかったという謗りは免れないんではないのかね。あるいはジャマイカチームの求めるクォリティを満たすことができなかったというのであれば、それはこの「大田区ものづくり・いい話」の根幹を揺るがす一大事。

それはそれとして、さらにそれに乗って踊った大田区って・・・。日本チームに続いてジャマイカチームからも袖にされるリスク、ひいて言えば事業構造が極めて脆弱であることへの危惧は誰も考えなかったのだろうか。結果論でしょうかね?

-----
(2017.04.28 大田区サイト 抜粋)

ジャマイカカラーの下町ボブスレーが走る! 〜大田区ご当地ナンバープレート新デザイン交付開始〜

〔中略〕

大田区では昨年度から原付バイクのご当地ナンバープレートの交付をスタートさせています。
羽田空港をイメージした[旅客機]とともに[下町ボブスレー]がデザインされたナンバープレートで昨年4月から交付を開始し、1年間に2,400枚を上回る交付実績となりました。このたび「下町ボブスレープロジェクトネットワーク委員会」により製作された本家ボブスレーはジャマイカ代表チームへの採用決定に伴い、当初の黒を基調としたカラーリングから黄・緑・黒の三色によるジャマイカ国旗を基調としたカラーリングに変わりました。
それに合わせて、ご当地ナンバープレートにおける下町ボブスレーのカラーリングも[ジャマイカカラー]のものを5月から新たに交付を始めます。当初版と同様にジャマイカカラー版も区民の皆さんに親しみを感じてもらえるプレートになることを願っています。

〔後略〕
-----

ああ、税吏が欲をかいちゃったんだ。バイク用・自動車用を通しての最恥ナンバープレートの称号を進ぜましょう。

可哀想なはジャマイカバージョンを売り付けられた区民バイカーでごさい。

教訓。
田舎公募の神様に一旦見入られると、その呪力から脱け出すことは大変に難しい。その後もたいてい同様の結果を招きます。6年あまり見てきての、それが率直な感想。

2018年12月26日 (水)

【加筆編】校章による統合新設校ペアリングの試み:15(吉川美南高校・ひらた清風中学校)

(承前)

さて、これまた長く続いたこちらのSubseriesもこれで打ち止めです、一応。学校統合の流れは今も続いているし、それは「平成後」もしばらくは変わらないだろう。従って、愚blogでぶった斬りたくなるネタもまた出てくるかとは思いますがね(奥野作品を含め)。

で、取り敢えずの〆はお箸と鎖鎌で。

埼玉県吉川市
埼玉県立吉川美南高等学校
校章
奥野和夫(神奈川県横須賀市:グラフィックデザイナー)
吉川美南高校

◇2012年7〜9月 募集
◇2013年4月 吉川高等学校(全日制課程・定時制課程)・草加高等学校(定時制課程)の統合により開校

-----
吉川の頭文字[Y]と美南の頭字[M]をモチーフに「高い理想・限りない発展・豊かな知識」といった志を[ハート]に見立てた形(M字部分)に象徴させ、その志(M字部分)を貫き通す精神を[翼](Y字部分)で描きました。
新しい時代へ向けてのモチーフやイメージで構成し吉川の地から大空へ羽ばたく様子を表現しました。
下に円形(丸)、その上に左右に広がる形、そしてその上に[高]の文字を配した形は、長く親しまれた[吉川高校の校章]のシルエットを受け継いでおり、さらに[草加高校(定時制課程)の校章]の要素も付け加えています。
-----

これまたいろいろと不思議なところのある文章です。

イニシャル2文字を重ねるのも、旧校の校章を踏襲するのも、「翼」も「羽ばたき」ももう驚きゃしない。
わからんのはまず、[M]をわざわざ「ハート」に見立てたところ。ビジュアル上到底そうは伝わらないでしょという点はthroughするとしても、そんな理屈づけしたら全体の意味が妙なことになっちゃうんでないの?試しに、この画像のことは頭から完全に取り去って、文章だけからどんなビジュアルになるのか想像してごらん(Imaginationの鍛錬です)。
大方、「ハートに矢が刺さった」構図になるのではなかろうか。それって一目惚れで恋に落ちる寓意のIconだよww。

もっと高次なところで言えば、なぜこのコンセプトの文章はこんなに水ぶくれしているのか。愚blogで扱う大抵のガイダーはキャラだのロゴだののデザイン界の住人だから、想いを巧みに文章に乗せる専門家ではない(デザインの専門家ですらない場合もある)。しかし奥野は校歌の作詞のガイダーでもあるわけ。Museの住まう山の民として、この書きぶりはどうなのよ。それとも、制定側が手を入れまくって手垢がついちゃったってこと?

もう一つ、後半の記述について。
調べていると、旧 吉川高校のサイトの残骸に行き当たった。

-----
「吉川高校の校歌・校章を何らかの形で残して欲しい」という声もよく耳にしますので、こういった声も十分踏まえながら検討してまいります。
-----

どうやら、その意を斟酌しだものだった様子。(新校はこの学校の敷地に設置されたので、ということは事実上吉川高校が草加高校の定時制を吸収したに過ぎなかったのではないかという気もしてくる。)

(優秀賞)
井口やすひさ(群馬県高崎市)
工藤和久(青森県弘前市)
高橋力也(埼玉県三郷市)

(特別賞)
加藤貴士(吉川市)
後藤英誇(吉川市)

これとペアにするのは、敢えてコレ。

福島県石川郡平田村
平田村立ひらた清風中学校
校章
奥野和夫(神奈川県横須賀市)
ひらた清風中学校

◇2015年5月 発表
◇2016年4月 蓬田(よもぎた)中学校・小平(おだいら)中学校の統合により開校

-----
(2015.05.10 広報ひらた No.679 抜粋)

[清風]と[中]の文字をあしらった[ひ]の字の[村章]に清風の頭文字[S]で爽やかな風が村を吹き抜ける様子を描き、2校が手を携えてひとつの風になる様子を表現しました。
-----

一見してやすひさ作品だと早合点しかけたけど、そうではありませんでした。それはこっちネ(^.^)b。

【2018.10.28「月曜から・・・日曜まで夜ふかし」】
福島県石川郡平田村
平田村商工会
芝桜の里ひらた イメージ キャラクター
ジュッピー
井口やすひさ(?)
〔2004年5月制定〕
ジュッピー

それにしても、ちょっと・・・奇異。「清風」と「S」の両方をあしらったところが。それって、デザインのお作法的に、どうなの??

しかし、そんなこんなを云々するより、イニシャルが一致するこの学校↓と、のほほんと見比べてみるってぐらいが丁度いいスタンスかもです、愚blogとしましては。

【2018.10.22「校章による統合新設校ペアリングの試み:10」】
神奈川県平塚市
神奈川県立平塚湘風高等学校
校章
奥野和夫
〔2009年4月開校〕
平塚湘風高校

//

正直、吉川美南高校のもひらた清風中学のも好感は持てない。とんがり具合がこれを思い出させるから。(個人の感想です。)

【2009.03.25「延々々々々 家紋夜話」】・【2017.02.25「大御所劇場 二幕目:春と修羅」】
丸に釘

泡坂妻夫先生を嘆かせたという、不穏な家紋。

過剰にとんがった特徴を前面に押し出したデザインにせよ、空虚な言葉の羅列にせよ、結局はこれらも作者が対象を「特徴のない」ものと見ていたということになりはしないか。逆説的かもしれないけれど、そのように思われてなりません。

2018年12月24日 (月)

【覚え書き】「ご当地ナンバー」なるものについて:とりあえずの〆

(承前)

Wikipediaには、こんなことも書いてある。

-----
これまで、ご当地ナンバー導入が構想されたものの実現に至っていないものとしては、日光、鎌倉、秩父、浦和、町田、熊野、博多などが挙げられる。
埼玉県さいたま市の旧浦和市エリアでは県庁所在地であった旧市時代より創設が取り沙汰されており、近年においても浦和レッズや高級住宅街として知名度が高く浦和ナンバー創設を市議会でも取り上げられている。
三陸沿岸都市会議では復興支援・地域活性化のために「三陸ナンバー」創設を提唱したが断念している。

〔後略〕
-----

そうかあ、「博多」にもそんな話があったんだ!!しかし、もしこれが現実の話になってくると、またぞろ「福岡」vs「博多」問題でいろいろモメるんだろうなあ(cf. 2017.10.30「似て非なるもの − 福岡 vs 博多 とか」)。周辺自治体もどちらかと言えば「博多」の方が好ましいと思ってるんじゃないかな。「福博」なんてのは認められるんだろうか(地元じゃ普通の言い方なんですけど)。
そしてこれはひょっとして、福岡県のもう一つの政令指定都市「北九州」にも飛び火し、悪くすると山口県下関市を巻き込んで、県またぎの「関門」ナンバーとかになったりするのかもしれない・・・な。
・・・いや、「下関」は既に第1弾で実現してるか。それに北九州市では今年の1月、原付バイクのナンバープレートを「区名表示」(1963年の5市合併前の名残ということだろうか??)から「市名表示」に変更して、デザインプレートも導入したばかりだし。今まで真剣に取り組んできたとは言い難い「北九州市」としてのネームバリューを向上させるシティプロモーションたらに目覚めてきたようです。
あ、「福岡」「北九州」というのは既存ナンバーね。

埼玉県、特に県庁所在地のさいたま市辺りにはあまり縁のないツルは、浦和に「高級住宅街として知名度が高く」というイメージが全く持てないので、コメントのしようもございません。サッカーファンでもないし。

町田市に至っては、神奈川県の中に突き出た東京都の盲腸である。こんなところが独立宣言して「町田」を名乗りでもしようものなら、いろいろと混乱が生じそう(笑)。よく言われることだけど、もし町田市が神奈川県に入っていたら、あれこれ言われることもなかったろうに。ナンバーも「相模」に乗り入れた方がよほど地理上も交通上も無理がないのじゃないかねえ。

東京都町田市

しかし、ツルとしてはやはり、「三陸」がポシャった理由が知りたい。調べてみると、おぼろげながら浮かび上がってきた。

-----
(2006.02.08 毎日新聞)

自動車のプレートに三陸ナンバーを導入する問題で、三陸地域自動車検査登録事務所誘致促進協議会長の小沢和夫釜石市長は7日、同市で開かれた三陸沿岸都市会議で「足並みがそろわない」として運動を断念する考えを表明した。しかし同会議の首長らからは異論が続出、同会議としては運動を継続することを再確認した。

同会議は青森県八戸市から宮城県気仙沼市まで7市長で構成。昨年2月、いわゆる「ご当地ナンバー」の導入に向け、同促進協と協調して取り組むことを決議している。
小沢市長が断念を表明したのは昨年8月、沿岸18市町村の担当課長会議を受けての方針。
宮古市以南の沿岸部だけでは自動車登録台数が9万3000台と要件の10万台に届かないため沿岸北部の市町村にも呼びかけて開催。しかし「必要とは思わない」とする所が多かったという。このため宮古市以南の官民で組織する同促進協は断念に等しい運動の一時凍結方針を決め、1日開かれた三陸沿岸南部3市協議会にも報告していた。
この日の会議では宮古市の熊坂義裕市長が「三陸振興の観点からナンバーは必要だ」と断念反対の口火を切り、久慈市の山内隆文、大船渡市の甘竹勝郎、陸前高田市の中里長門の3市長が同調した。
小沢市長は会議後、「促進協としてはナンバー導入運動はやめ、本来の目的である自動車検査登録事務所の誘致運動に絞る」と説明。陸中海岸国立公園から三陸海岸への名称変更問題も絡んで反対意見が強い北部の意向も考慮して「三陸ナンバー」の名称にはこだわらず、公募により理解を求めていく考えを強調した。
-----

なるほど、震災前からある話だったのか。
因みに、宮城県気仙沼市から岩手県久慈市までを区域としていた「陸中海岸国立公園」は2013年5月、青森県八戸市の蕪島(ウミネコ繁殖地)・青森県三戸郡階上町(はしかみちょう)の種差海岸まで加えて「三陸復興国立公園」と改称している。とんだ駄名だと思いますがね。

ご当地ナンバーの件は、震災後にも再び話題に上った。

-----
(2014.02.20 産経新聞 抜粋)

青森、岩手、宮城の3県7市でつくる三陸沿岸都市会議が10日、宮城県気仙沼市で開かれ、岩手県久慈市の山内隆文市長が自動車のご当地ナンバー「三陸」の導入を提案した。
三陸ナンバーは平成16年の同会議で議題となったが、沿岸自治体の足並みがそろわず、19年の沿岸地域の住民アンケートで反対が賛成を上回って立ち消えとなっていた。

〔後略〕
-----

当該3県からは、震災後、第2弾で岩手県の「盛岡」「平泉」、福島県の「郡山」が、第3弾で青森県の「弘前」が導入することとなった。そうなると改めて、欲しくなってくるもんじゃないですかね。その後現在まで、目立った動きはないようですが。

//

さて、思いのほか長びいた本Subseriesも、今回でケリをつけます、一応。後は誰がどこを獲るかという点に多少興味が残るくらいで。
はなから「ご当地ナンバー」が「地域興し」に果たす役割なんて信じていない愚blogですし。地域の結束ないしは帰属意識の強化になにがしか貢献するところならあろうかとは思うけれど。

2018年12月23日 (日)

【覚え書き】「ご当地ナンバー」なるものについて:16

(承前)

「ご当地ナンバー」を実施する上においては、台数基準を満たさねばならないとか、住民合意の形成を要するとかの縛りがあり、それぞれ様々なケースがあったわけですが。

2018年5月22日に国交省が第3弾の導入地域決定を発表する少し前、こんな記事が出ていた。

-----
(2018.05.09 withnews 抜粋)

〔前略〕

東美濃→反応いま一つ

〔中略〕

横須賀→支持広がらず
渡良瀬→支持広がらず

〔中略〕

飛鳥→台数足りず
軽井沢・佐久→譲らず
ご当地ナンバーを国に認められるには、一定の登録台数が必要です。市町村単独で登録台数が基準に満たない場合は、周辺との協力し、台数を満たさなくてはなりません。
奈良県では2013年に、4市町村が「飛鳥」ナンバーの導入を目指しましたが、周りに賛同を広げられず断念。
長野県では2006年、「軽井沢」と「佐久」が互いに譲らず共倒れになりました。

雪国魚沼→一部離脱
出雲→島根に愛着
一方、周辺市町村で申請しようとしたものの、理解が得られず、脱退する動きも各地で相次いでいます。
新潟県湯沢町など4市町村で検討していた「雪国魚沼」の導入を断念しました。住民アンケートをしたところ、いずれも現行の「長岡」への支持が過半数を占めたためでした。「雪国という言葉に暗いイメージを持つ人もいる」との声もあったといいます。
島根県出雲市などが申し込んだ「出雲」では、雲南市が検討を中止。アンケートで現行の「島根」支持が多数派で、「今の『島根』に愛着がある」といった声が目立ちました。

〔中略〕

江東→確実視
伊勢志摩→3度目の…
まもなく新たなご当地ナンバーが認められる見通しですが、確実視されているのが東京都江東区の「江東」ナンバー。現在は「足立」ナンバーですが、江東区の住民アンケートでは「江東」が約9割の支持を得ました。
周辺6市町と「伊勢志摩」を導入予定の三重県志摩市の担当者は「伊勢志摩ナンバーは過去2度、台数不足などで断念した。サミットで広まった名を再び全国に発信できる」と意気込んでいます。

旧自治省官僚で岐阜県庁に勤めたこともある長野県立大の田村 秀教授(行政学)は「成功した地域はアイデンティティーが明確で富士山や伊豆のように住民間でイメージが共有されている。合意ができるには時間がかかる」と話しています。
-----

この記述には、不勉強とそこはかとない底意地の悪さを感じる。

官僚出身の大学教授のコメントの取り方も超適当だし(こんな話では書いても書かなくても同じである)、既に書いたとおり「飛鳥→台数足りず」は過去の第2弾の時の話。この記事の書かれた時点で既に、国交省の条件緩和も、捲土重来を期するご当地の様々な動きも公表されていたのだから(素人のツルがちょちょっとネット検索をかけただけでも次々上がってきたもん)、妙です。「軽井沢・佐久→譲らず」なんて12年前の第1弾の時のこと。メディア的視点は感じないわな。

離脱という点では、「伊勢志摩」だって当初計画から度会郡大紀町や多気郡の多気町・大台町が抜けた後の7市町である。
これだからネットメディアってほんっと嫌。分析が表面的で不徹底にしてかつ恣意的(ツルが言うかね

結局、「江東」は○、「東美濃」と「横須賀」と「渡良瀬」は×。「雪国魚沼」も×で、ツルに言わせれば、「雪国という言葉に暗いイメージ」というよりむしろ「雪国魚沼という言い方にださいイメージ」を持った、「雪国」を地域興しに利用するのはもう沢山、というところもあったんじゃないかと思いますが。
まあいいじゃないの、ご当地の「長岡」ナンバーはこの10月から花火の図柄入りプレート(福添歩美の!!;cf.【その197】)をゲットできるようになったわけだし。ただし上越市・糸魚川市・妙高市にお住まいの方は2020年度中に「上越」ナンバーになってしまうから、歩美センセのデザインが手に入るのも今のうちです、お早めに!

その意味でもっと面白そうなのは「飛鳥」。例えば明日香村住民が今日新車を買うなら「奈良」で、図柄入りプレートは[桜]+[紅葉]+[五重塔]+[鹿]という、奈良としては至極伝統的な(つまり平凡な)デザインになるんですが、ちょっと我慢して2020年度まで待てば、そのマンネリイメージを打破してこれぞご当地「飛鳥」ならではな[朱雀]入りになる。これはなかなかな鼻先人参やねー、ま、お好きな方をどうぞ。

歴史と伝統を誇る名前では他に、「出雲」も結果的に○、「伊勢志摩」も○。「島根」や「三重」よりは確かにメジャーになった。しかしほんとに大事なのはそこら辺ではなく、「新しい名前に愛着を持ってもらうにはどうすればよいか」を考えることでしょ。今までのものに愛着を感じるのは当たり前の話で。

ついでに言うと、2年前の伊勢志摩サミットの神通力がどれほどあったか、そこは大いに疑わしいと思う。全国的にはむしろ伊勢神宮の式年遷宮(2013年;ご当地ナンバー的には第2弾の発表された頃である)や、鳥羽水族館のダイオウグソクムシNo.1個体の5年間絶食(2009〜2014年2月)、なんてニュースの方がよほどインパクトあったんではないかしら
もっともWikipediaには;

-----
三重県は2016年5月下旬に第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)が開催され、その終了直後の同年7月に「伊勢志摩ナンバー」導入を国土交通省に要望、翌年の第3弾募集のきっかけとなった。
-----

とあるので、その全国的な功績は大きい、という風に語り継がれていくんでしょうな、ご当地ではきっとww。

(続く)

2018年12月22日 (土)

【覚え書き】「ご当地ナンバー」なるものについて:15

(承前)

いと珍らかなる「東美濃」などいふもありけり。

-----
(2018.04.24 朝日新聞 抜粋)

放送中のNHKの連続テレビ小説「半分、青い。」は岐阜県東部が舞台。「東濃」と呼ばれ、古くから中山道の宿場町が栄えた歴史ある地域だ。ドラマは架空の街「東美濃市」で物語が進む。
「『東美濃』の魅力が毎日発信されます。チャンス到来」と、期待するのは、この地域で最も人口が多い岐阜県多治見市の古川雅典市長。同市や中津川市など7市町と商工会議所で協議会をつくり、現行の「岐阜」から「東美濃」ナンバーの導入を目指している。

〔中略〕

岐阜県東部では、中津川市に27年開業予定のリニア新駅が設置されることもあり、観光・地域振興を図ろうと、沿線自治体からご当地ナンバー構想が浮上した。「信長、秀吉の時代から『美濃を制する者は天下を制す』と言われる。『美濃』ブランドは全国に通じる」との声があがり、「東濃」ではなく、あえて「東美濃」ナンバーとすることにした。

〔後略〕
-----

ああ、死ぬほどくっだらねー。NHKと信長、秀吉頼みかよ。リニア新駅ができれば天下取れるのかよ。結局、(今回は)ボツ。朝ドラが終わっちゃった今、第4弾以降でこの名が再び浮かび上がることはあるまいて。

年明け頃からの経緯は次のようになる。

-----
(2018.02.16 Response 抜粋)

ご当地ナンバー、住民の反対33% vs 賛成22%で実現推進を決議…東美濃
東美濃ナンバー実現協議会は16日の会議で、ご当地ナンバーの賛否を住民アンケートで問い、「東美濃」ナンバーの推進を全会一致で決めた。
東美濃ナンバー導入に取り組むのは、岐阜県多治見市、中津川市、瑞浪市、恵那市、土岐市、可児市、御嵩町の6市1町と商工・観光関係団体。現在は「岐阜」ナンバーで、実現すれば「飛騨」に続く3番目のナンバーとなるが、課題は「東美濃」の地名に知名度が低いこと。地元の岐阜新聞が「東美濃ナンバー反対6割 住民の意識醸成課題」と報じるほどだ。
そこで同協議会は「東美濃ナンバー」の賛否を問うアンケートを、該当地域の住民1万人と、商工会議所・商工会の事業者668者を対象に1月に実施。その結果を同日公表し、それをもとに推進を決めた。
ただ、住民アンケートでは「賛成」23%、「反対」33%。アンケートは賛否を5段階で問い「賛成」「どちらかといえば賛成」「どちらでもよい」「どちらかといえば反対」「反対」の1つを選択する形式だが、どちらかといえばという消極的意思表示を加えても、住民意識は反対が多かった。一方、事業者アンケートでは「賛成」47.9%、「反対」23.6%と、賛成が上回った。
「協議会の決定を尊重し、県への申込み手続きを進める」と、協議会に出席した古川雅典多治見市長は述べた。

住民アンケートでは反対が賛成を上回る中で、推進が決まったのはなぜなのか。協議会事務局の多治見商工会議所は、住民と事業者で賛否が分かれた結果と決議について次のように説明した。
「ご当地ナンバーは住民の意識形成が条件に盛り込まれているが、過去2回の協議会で実現に向けた基準を定めて、それに沿って推進が決まった」
アンケートで反対が過半数を上回らない限り、ナンバー実現を目指すという基準だった。
多治見市は今後の課題について、こう話す。
「地域振興、観光振興という目的のために東美濃ナンバー推進はある。ナンバー導入ありきではなく、少なからずある反対に対してなぜ推進するのかを説明し、理解を求めたい」
協議会は、ナンバー申請の手続きと平行して、4月をめどに、東美濃ナンバーに描く図柄の選定方法などについて議論を進める予定だ。

〔後略〕
-----

確かに「反対が過半数を上回らない限り実現を目指す」と書くと、かなり突飛なルールだと思える。「賛成が過半数とならない限り(合意形成があったとは言えず、)断念する」というのが普通だろうから。「伊勢崎」だって、アンケートで一応は賛成が過半数を取っていたわけで、それでも諦めた。
しかしこれも、「(今は過半数の賛成を取れていないが、)地域の合意が形成されるまで、実現を目指して尽力していく」と考えれば割とフツウな感じになっちゃうので、ネットメディアが扇情的な見出しをつけて報じるほどのことではないかもしれない。どこに力点を置くかというだけの問題かも。(とはいえ、その状況で「推進決議」を取っちゃったのはやっぱちょっとマズいか。)

こうしたごちゃごちゃはそもそも、『対象地域において、地域住民の具体的なニーズがあること』という導入基準に関し、国土交通省が客観的な要件を示していないことに起因すると思う。「具体的ニーズ」「合意形成」を盾に取るのならば、どういう場合にニーズが存在すると言い得るのか、賛否の割合はいかほどと捉えるべきなのか、Authoritiesが明確化するのは(一般社会の立場からは)当然のこと、ないしは合理的で望ましいことである。そこを国交省は「民意に任せる」とばかりに逃げてるんですね、しゃらくさい。国のお役人が判断を保留した事項を地方の小役人が云々できるもんか。そもそも、賛否がそれほど分かれることは想定されていたの??

-----
(2018.03.07 カーナリズム 抜粋)

【導入検討中】東美濃(岐阜県)
東美濃ナンバーは7市町の関係組織代表らでつくる「東美濃ナンバー実現協議会」が中心にすすめています。
しかし、1月のアンケート結果で可児市は東美濃ナンバーへの導入反対が多数のため、可児市議会では「東美濃ナンバー実現教会」から脱退宣言をしました。
2月19日の第3回協議会で可児市と再度協議をした結果、アンケートで反対意見が過半数を下回っていることをから、再度「東美濃ナンバー実現協議会」と共に導入にむけて協力していくことで一致したそうです。

〔後略〕
-----

だから、何なの?この記事のわかりにくさは。そして短い文章に2ヵ所のtypo、書いたらまず自分で読み直しなさいよ。「東美濃ナンバー実現教会」って何なんだよ。だからネットメディアって嫌。(もう1ヵ所、わかります?)

5月22日の国交省発表後も、水面下の動きは続いていたようだけれども。

-----
(2018.09.25 朝日新聞 抜粋)

〔前略〕

岐阜県東部の自治体などが、この架空の街の名と同じ「東美濃」のご当地ナンバー実現を目指していたが、24日断念した。住民アンケートで反対が多かったという。
「東美濃」ナンバーの導入をめぐっては、今年1月の住民アンケートでも反対多数だった。このため、岐阜県の多治見市など7市町と商工会議所で作る協議会は、周知期間を設けて9月に再度アンケートを実施。この日の協議会で結果が報告され、住民1万人のうち4175人から回答があり、賛成36.9%、反対61.1%だった。
協議会は「住民の合意形成がなされていない」と判断。国から申請期限を9月末まで延期することを認められていたが、申請しないという。
-----

賛成 vs 反対、むしろ前より差がついとるやんか。ここにきて命脈は断たれた次第。ご当地興しには別の方策を考えろ、ちゅうこっちゃな。

(ああ、今日もツルは機嫌が悪い)

(続く)

2018年12月19日 (水)

【加筆編】校章による統合新設校ペアリングの試み:14(山東小学校・鹿島小学校)

(承前)

だいぶ息切れしてきましたが、まだまだ続きます。今回のペアは伝統的[桜花]紋のカラフルな展開例ww。

滋賀県米原市
米原市立山東小学校
校章
奥野和夫(神奈川県)
山東小学校

◇2011年2月 発表
◇2011年4月 山東西小学校・山東東小学校の統合により開校

-----
山東東小学校と山東西小学校の校章のシンボルである[桜の花]と、地域を流れる蛍の棲む[川]、天野川、由里川、黒田川の流れを描き、山東小学校の頭文字である平仮名の[さ]の文字を、水辺で元気に遊ぶ子どもの姿に見立てデザインしたものです。豊かな自然の中で生き生きと躍動する姿や、夢や希望に向かってたくましく成長する姿を表現しています。
-----

不思議なことが書いてあるなあ。これで[さ]だとは、言われなきゃ誰も気づくまい。というより、[さ]の字にさほどかこつける必要があるのかね。それに、旧校の校章デザインを踏襲するというケースは確かに時々あるけど、だったらもう公募なんかしないで地元のデザインオフィスに頼みゃいいんじゃない?とか思っちゃう。

そんなことより、説明されていない盛りアイテムが一つある。右上のピンクの[丸]です。単なるアクセントなの?しかしこれでは悪くすると「さんとう」ではなく「ざんとう」になってしまうではないか
つまり、これ↓と同じことが起きている。

【2018.12.12「校章による統合新設校ペアリングの試み:11」】
広島県世羅郡世羅町
世羅町立せらひがし小学校
校章
奥野和夫
〔2010年7月発表〕
せらひがし小学校

ひょっとして、これは奥野が隠し込んだ作者のSignatureなのではあるまいか?こうした例は坂口茂樹の「捻花」紋や岩永光一の「瓢箪」印にも見られたところ(cf. 2016.08.28「お山の大将キミとボク」・2016.08.30「世界に一つだけの花,捻れた」・2017.03.25「世界に一つだけの花,またも捻れた」・2017.02.01「丸ブー艶競べ [28]」)。

お次は、[か]の字にかこつけたこの学校です。

石川県鹿島郡中能登町
中能登町立鹿島小学校
校章
奥野和夫(神奈川県横須賀市)
鹿島小学校 鹿島小学校 陶板

◇2014年3月 発表
◇2015年4月 久江小学校(休校中)・御祖(みおや)小学校・滝尾(たきお)小学校・越路小学校の統合により開校

オッ、乙な真似を。ふにゃふにゃの王様、梅村元彦もかくや。因みに2つ目の画像は、有限会社川田美術陶板(石川県白山市)に発注された校舎壁面用のサイン陶板。

-----
鹿島の[か]の字で中能登の空を羽ばたく[鳥]を描き、町木[サクラ]の花をあしらい、地域が子供たちを支える様子を表現しました。
-----

このデザインのどこで「地域が子供たちを支える様子」が表されていると言えるのか、はなはだ疑問です(ばっさり)。
町の花がそのことを表している、と言いたいんでしょうが、ちょっと待て。ご当地には他にも町立小学校が存在する(鳥屋小学校・鹿西(ろくせい)小学校)。いくら町立とはいえ、町の花を使うのは僣越(ないしはネタ切れ)というものではないのかね。市町村章や自治体公式キャラクターが市の花やら町の木やらを盛ったりするのとはちょっと違うでしょうが(あっ、そうしたものだったら市の花なんぞを盛るのもAOKと言ってるんじゃありませんよ)。配慮が足りないとかいうことではない。デザインというものの範囲を実は狭めているだけなのではないかと疑問を呈したいわけ。
もっとも、同校校歌にも「桜の庭に 立つ校舎」と歌われているぐらいだから、桜の木が植わってないってことは決してあるまい(一方で、鳥屋小にも鹿西小にも桜はきっとあるでしょ)。ま、つまりはそれぐらいの軽さなんでしょう。

鳥はツバメかと見ました、ツルは。しっぽがひどくずんだれた感じだし、「燕尾」にもなってないけど。これも中能登町のシンボルなのかと思ったら、町の鳥はウグイス。校歌には「うぐいす歌う ふるさとに」という歌詞も出てくる。でもこれがまさかウグイスだとは言わないよね?ね?

・・・一体、全国の小学校で、染井吉野(沖縄県だと寒緋桜だろうが)が植えられていないところはどのくらいあるのだろう?そして、校章に桜の花をあしらったところはどのくらいあるのだろう?こう考えてくると、なかなかリスキーな道を選んだものです。

(続く)

2018年12月18日 (火)

【加筆編】校章による統合新設校ペアリングの試み:13(富士見中学校・湯沢翔北高校)

(承前)

今回は少し古いところに舞い戻って、シンプルめな線描タイプからワンペア。

長野県諏訪郡富士見町
富士見町立富士見中学校
校章
奥野和夫(神奈川県:グラフィックデザイナー)
富士見中学校

◇2010年1月 発表
◇2010年4月 富士見高原(こうげん)中学校・南中学校の統合により開校

-----
町名の由来である[富士山]を町花[すずらん]で囲むことにより、地域社会とともにある中学校の姿、唯一の中学校である一体感を表しています。
富士山は心身ともに健全に成長する姿を、すずらんの花は郷土愛や地域とのつながりを象徴しています。
-----

「基本となる校章は白黒とし、色は使用する物に合わせ適宜、配色します」とされていて、Do's & Don'tsだらけのデザインマニュアルでガチガチに縛り付けるよりなんぼか良識的じゃんと思ったりはします。このことを考えたのが奥野だったのか制定側だったのか、そこを知りたいものである。
しかし何やら昭和感たっぷりテイストなのは、モノクロであるとか左右対称であるとかの理由だけではないはず。やはりおそらく、ベタ面を用いず太い輪郭線だけで構成されていることから受ける印象でもあると思う。

4月5日の開校式後、4月24日に改めて挙行された開校記念式典には奥野も招かれ、晴れがましく壇上からスピーチを述べた。どんなこと話したんでせう(微伏線)。

もう1点、翌年開校のこれもいっとこうか。

秋田県湯沢市
秋田県立湯沢翔北高等学校
校章
奥野和夫(神奈川県)
(補作)青木隆吉(元 秋田公立美術工芸短期大学教授:秋田県デザイン協会会長)
湯沢翔北高校

◇2010年12月 制定
◇2011年4月 湯沢北高等学校・湯沢商工高等学校の統合により開校

-----
湯沢の頭文字[y]と翔北の頭文字[s]を、また翔のつくりの部分である「羽」の形と「北」の字が連想されるように組み合わせており、大空を飛ぶ[鳥]の姿を描き、生徒が湯沢の地から世界へ、たくましく羽ばたく様子が表現されています。
色は、鳥の頭と左の[羽根]の部分が[えんじ色]で創造力を、右の[羽根]から下の部分が[青色]で実践力を象徴しています。
-----

うーん、高校の校章とはちょっと思えん。どこぞの新興国のAirforceのEmblemみた〜いである、パイロットのカッコイイ軍服の腕のところについてそうな。

この学校の開校式は開校から半年経って10月1日に行われ(東日本大震災の影響もあったのだろうか)、やはり奥野は出席した。こちらは同校サイトの「学校からのお知らせ」に、「校章図案作成者 奥野和夫氏のお話」の概要が残っている。「校章に込めた思い」っちゅうやつです。

-----
「[雪の結晶]が空から舞い降り、そして結晶が上昇気流の風に吹かれ、再び天高く舞い上がり、[鳥]の姿となっていく・・・」このような情景をもとにデザインをスタートさせました。
単に[y]と[s]を組み合わせただけでなく、翔北の「翔」や「北」の字をyとsに融合させた形を考えました。
左右に広がる鳥の[翼]の部分は、「翔」の字のつくりの「羽」の形、そして「北」の字を連想させるデザインにしています。ですから、翼の腕の下の[羽根]は、左右2枚ずつでなければいけませんでした。
湯沢翔北という学校名がなくても、この校章を見ただけで学校名が思い浮かぶような校章を考えたつもりです。
-----

ふむ、なかなか重層的です。しかしなあ、ううむ。「鳥」だの「翼」だの「翔」だのって、学校モノにしこたま見られるネタだからなあ。
ふと思いついて調べてみると、愚blogの本Series記事のうち、「鳥」の字が入ったものは今までに254本(つまりこの記事で255本目;以下同様)、「翔」の字は69本、「翼」の字は57本ある。「鳥」は「鳥取」の地名にも使われているから嵩上げされてるところはあろうけど、ま、大体の傾向はそんなもんか。

で、この高校、例えば前に挙げたこことイニシャルが一致するんですね。

【2018.10.06「校章による統合新設校ペアリングの試み:8」】
神奈川県横浜市栄区
神奈川県立横浜栄高等学校
校章
奥野和夫
〔2008年12月決定〕
横浜栄高校

-----
横浜の頭文字[Y]の形を成長する[双葉]と鳥の[翼]に見立て、「きらめく」「ときめく」「はばたく」を象徴しています。
また、翼が自らの力でおこす風を「栄」の頭文字[S]で描き、本校の生徒が互いに支え合いながら未来創造空間を築いていく様子を表現しています。
-----

ほらね。
つまりは両校の間で可逆反応を起こせそうだ。速攻で友好縁組しちまいなさい。神奈川と秋田、SquareとRound、案外好ましい効果を生むんじゃないの。

(続く)

2018年12月16日 (日)

【覚え書き】「ご当地ナンバー」なるものについて:14(横須賀ナンバープレートサンプル)

(承前)

今度は死屍累々たるボツネタについてひとくさり。今回も意地悪&上から目線で潰してまいります。

ご当地ナンバーの実験場とされた感のある千葉県に比べ、神奈川県では一貫して音無しの構え。これは一つには「湘南」が1994年から導入されていて、「横浜」との二枚看板が既に揃っていることも大きいだろう。あとは「箱根」ぐらいですかね(笑)。
しかし県内のナンバープレート事情たるや、足柄下郡の箱根町、真鶴町、湯河原町はその「湘南」、かと思うと鎌倉市や逗子市、三浦郡葉山町は「横浜」。ややっこしい、てか納得性低い。

だから一時は鎌倉市も「鎌倉」を検討したりしてたらしい。しかし今は浦安市同様の理屈を用いて静観しているようです。

-----
自治体単独で申請することができるのは、対象地域内の登録自動車の数が10万台を超えている場合に限るとなっています。鎌倉市内の車両保有台数は平成29年2月時点で、50,249台(出典:神奈川県自動車販売店協会ホームページ)であることから、現状では、鎌倉市単独で申請することはできません。
引き続き、更なる条件の緩和など、国における動向を注視してまいりたいと考えております。
-----

変なの。だったら逗子や葉山と組みゃいいジャン。「知床」を見習え(cf.「11」)。ま、湘南<鎌倉 という神奈川県民的ランキング概念も働いているんでせう。

他方、こんな話もあった。

-----
(2017.11.16 神奈川新聞 抜粋)

横須賀市は15日、「横須賀ナンバー」の導入について市民と事業所にアンケートを実施したところ、反対意見が多かったため導入を見送る、と明らかにした。市民の反対理由で最多だったのは「(現在の)横浜ナンバーが良い」。上地克明市長は「99%賛成だと思っていたのでショック」と肩を落とした。

アンケートは市民1544人と市内事業所447が回答。市民は賛成(48.3%)が反対(33.8%)を上回る一方、事業所は反対(47.0%)が賛成(38.9%)より多かった。
主な意見は、賛成が「横須賀が好きだから」「横須賀のアピールにつながる」、反対は「横浜ナンバーがかっこいい」「今のままで何の不便もない」などだったという。
上地市長は会見で「大変意外で驚きを禁じ得ない」と落胆した様子。「非常に残念だが時期尚早だった。今後は市民が横須賀に誇りを持ってもらえるようなまちづくりを進めたい」と話した。

〔後略〕
-----

いいえ、時期が遅過ぎたのよ。山口百恵やダウンタウンブギウギバンドが活躍していた時代はもう遠いの。同市長は上地雄輔氏の父君であらせられます、はい。当年取って64歳。親子揃ってwell-madeなおバカの演じ方がわかってらっしゃる
予めデザインサンプルまで用意しといてアンケートを取ったというのにね。

神奈川県横須賀市
横須賀ナンバー 導入検討アンケート用サンプル
横須賀ナンバープレートサンプル

「♪ポルトガル人が 長崎へ〜〜〜」でカステラを伝えた時みたい。横須賀で<黒船来航>じゃいろいろ差し障りがあるでしょうよ。<よこすか海軍カレー>や<自衛隊>なんぞじゃもっとマズかろうが。

市長さん、長崎県平戸市か、せめて「黒船祭」やってる静岡県下田市にでも売り渡しなさいよ、このデザイン。そうすりゃ[船]の意味合いも変わってくるから。

複数県にまたがるという意味で「富士山」に次ぐ2例目(となるはずの)、「渡良瀬」も注目度は高かったようであるが。

-----
(2018.02.16 東京新聞)

足利市は十五日、群馬県桐生、みどり両市とともに検討してきた自動車の図柄入りご当地ナンバー「渡良瀬」の導入を見送ると発表した。一月に市民の意向を調査し、群馬二市で「渡良瀬」より現行の「群馬」ナンバーを支持する回答が多かったことを受けて、三市で協議して判断した。
意向調査では、桐生とみどり両市はともに「群馬ナンバーのままがよい」という回答が40%台で、「渡良瀬ナンバーを希望する」は20%台だった。足利市は「渡良瀬ナンバーを希望する」が38%、「とちぎナンバーのままがよい」が26%、「どちらでもよい」が36%だった。
国土交通省が示した導入基準では、単独の自治体ならば登録自動車台数が十万台超で「地域住民の合意形成が図られていること」などの要件を満たすように求めている。約七万二千台の足利市は、他の自治体と合同でないと導入できない。
足利市の担当者は「渡良瀬という名称が足利市民にとってなじみ深いことは分かったので、今後のシティープロモーション、観光振興につなげたい」と話した。
-----

そう。多分こちらには、栃木県<群馬県 という秘かな北関東的格付け意識が影響していると思う。
記事を補足すると、2017年5月に発表された緩和後の基準「概ね5万台超」には「対象地域に複数の自治体が存在すること」という縛りが付加されているから、7万台以上あっても足利市は単独では実施できない。かくなる上は、どっか弱小な自治体一つでいいから栃木県内でつるんで、第4弾(if any)を狙う望みが残されているということかもしれない、何かと面倒な「県またぎ」から軌道修正してさ。
でもほんとの課題は台数のことではなくて、賛成率の低さです。横須賀市より有意に低いもんねえ

ま、そこんとこうまくやって内部での合意形成に漕ぎ着けたとしても、『「渡良瀬」≒栃木県』が妥当かつ説得力あるものかどうかはまた別の問題ですけど。トロッコ列車の「わたらせ渓谷鉄道」だって、群馬県桐生市から県境を縫うように渡良瀬川沿いを登っていって栃木県日光市の足尾辺りに到るのだし。(でも日光市は日光市で「日光」を狙っている!)
結局は各自が「渡良瀬」の3文字にどれほど価値を見出すかということなんだろう。緩和基準も「相当程度の知名度」と釘を刺している。

(続く)

2018年12月15日 (土)

【覚え書き】「ご当地ナンバー」なるものについて:13

(承前)

「12」で書いたように、人口稠密地域でご当地ナンバーの導入に熱心なのは、千葉県内の自治体。第1弾で「成田」「柏」、第3弾で「市川」「船橋」「松戸」「市原」と、計6地域も送り込んでいる。
ご当地キャラクターなら埼玉、ご当地ナンバーなら千葉に行ってみろというわけやな

ツルはなんぼなんでも多過ぎると思いますね。こうなるともう、ご当地ナンバーになってない従来ナンバーの方が逆にご当地ナンバー化しちまいそうってなもんである。

-----
(2018.02.27 毎日新聞)

千葉県船橋市は、自動車ナンバーを「船橋」とするご当地ナンバープレートの導入を決めた。船橋ナンバーを求める請願を市議会が採択したことや市民からの要望を受け、2020年度の実施を目指す。隣の市川市も同時期に導入する方針で、あおりを受ける形の現行の習志野ナンバーは大幅に減りそうだ。
ご当地ナンバー制度は2006年度に国土交通省が採用。同制度を利用して柏と成田の両ナンバーが既に実現しており、現在の県内ナンバーは、千葉、習志野、袖ケ浦、野田を含めた六つだ。
習志野ナンバーの対象地域は、船橋▽市川▽浦安▽習志野▽八千代▽鎌ケ谷▽印西▽白井――の8市と栄町。船橋市によると、登録台数は約58万9000台(昨年3月末現在)で、うち船橋市は約18万7300台、市川市は約13万1500台と、両市で半数を超す。
船橋市は従来、国交省による「複数市町村の集合体」という要件を考慮し導入を見送っていたが、地域内の登録台数が10万台以上なら単独でも可能になったことから導入を決めた。昨年実施の市民意識調査では、船橋ナンバーに「賛成」は29.6%、「どちらかといえば賛成」が41.5%で、合わせて7割を超えている。
県内では他にも、野田ナンバーの松戸市(登録台数約13万8900台)や袖ケ浦ナンバーの市原市(同約13万1800台)が、ご当地ナンバーの導入方針を決めている。
-----

ほほう、現在の「習志野」から「船橋」「市川」分を引くと、残りは約27万200台。ここからは妄想ですが、これで夢と魔法の王国を持つ浦安市が独立したりすると、もっといい感じに「ご当地ナンバー」めいてくるわけです、残る「習志野」は。

こういう問題に対し、浦安市では一応の回答を持っていて。

-----
(浦安市サイト 抜粋)

浦安市の場合、現時点では10万台以上の自動車登録台数は見込めないことから、近隣自治体と共同で「ご当地ナンバー」を導入する方法が考えられます。
しかし、市川市や船橋市は、それぞれ単独で「ご当地ナンバー」を導入することから、現時点で実現することは難しいと考えています。
-----

ふむ。ご当地は人口16万人強、自動車保有5万台内外といったところなので、微妙です。そこはホレ、残った自治体に頭下げて回る前に、とっとと経済特区作っちまってだ、「東京ディズニーランド」ナンバー特区に。そうすりゃ逆に、よその方からすり寄って来ますぜ、浦安の旦那衆。ついでのことに、「相当程度の知名度」ならまるっきり問題はねえ、ちげえねえ。

えー、地域名表示は最大で4文字までとされているけれど、特区という錦の御旗さえあれば刃向かう者とていない(はず)。もしダメなら「ディズニ」または「デズニー」で我慢して頂戴。(ローマ字は禁じられているので「TDL」はきっと却下。)

妄想と冗談はこのぐらいにしといて、冒頭の記事には大きな疑問点が一つある。

-----
船橋市は従来、国交省による「複数市町村の集合体」という要件を考慮し導入を見送っていたが、地域内の登録台数が10万台以上なら単独でも可能になったことから導入を決めた。
-----

というくだりです。

だって、2006年10月導入の第1弾で既に;

仙台(宮城県仙台市)
豊田(愛知県豊田市)
一宮(愛知県一宮市)
堺(大阪府堺市)
下関(山口県下関市)

が、2014年11月導入の第2弾では;

郡山(福島県郡山市)
川口(埼玉県川口市)
越谷(埼玉県越谷市)
杉並(東京都杉並区)
世田谷(東京都世田谷区)
春日井(愛知県春日井市)

が、1自治体単独での導入を果たしていたではないか。

因みに第3弾では上述4市の他に;

苫小牧(北海道苫小牧市)
板橋(東京都板橋区)
江東(東京都江東区)
葛飾(東京都葛飾区)
四日市(三重県四日市市)
高松(香川県高松市)

も単独申請です。

深掘りしてみると、2013.02.26発表の「ご当地ナンバー(第2弾)導入要綱」に、次のように示されていた。

-----
①地域特性や経済圏等に関して、他の地域と区分された一定のまとまりのある地域であり、一般に広く認知された地域であること。また、原則として、単独の市町村(特別区を含む。以下同じ。)ではなく、複数の市町村の集合体であること。
②対象地域内の登録自動車数が10万台を超えていること(対象地域の全部が離島である場合は、これに準ずる規模の台数であること。)。
③対象地域において、地域住民の具体的なニーズがあること。

〔中略〕

⑥対象地域が、当該地域を管轄する都道府県内における他の地域名表示の対象地域と比較し、人口、登録自動車の台数等に関して、極端なアンバランスが生じないものであること。

〔後略〕
-----

その後これが、2017.05.30の第3弾導入地域募集の国交省発表資料にこう↓引き継がれたわけだ。

-----
・従来基準:対象地域内の登録自動車数が10万台を超えていること。
・追加基準:上記基準を満たしていない場合であっても、対象地域内に複数の自治体が存在し、かつ、当該地域の登録自動車数が概ね5万台を超え、地域名表示が当該地域を称するものとして相当程度の知名度を有すること。(観光著名地等)
-----

はーぁ、原則は原則であって例外を認めていなかったのではない、実際に例外はたくさん出た、そしてそのあたりを国交省も毎日新聞も適当に端折って、いやごまかして書いた、ということだったのね。

誰も皆、少しずつ、嘘をつく。もー、全くどいつもこいつも

とりわけ国交省。精読した上で批判をするのに堪えない気がする。

(続く)

2018年12月14日 (金)

【超速報】すみれ December Love:シレトコスミレとチングルマの顛末(知床ナンバープレート訂正版)

(承前)

cf.
2018.12.10「知床菫と稚児車の秘密」

案外早くケリはついた。4日前に書いたこの件です。

-----
となると残る問題は、デザインを直すのか、呪文をどうにかするのか、そのどっちなんだということになりそう。
-----

本日さきほど、つまり2018.12.14(金)に日付が変わってすぐのこと、中標津町サイトに発表資料らしきもののPDFファイルが載ったのを見つけた。2018.12.14付としてです。ツルは00:15頃に気がつきました、あくまでたまたまですが(キッパリ)。そこに掲載の画像がこれ↓。

北海道 斜里郡斜里町・同 小清水町・同 清里町・目梨郡羅臼町・野付郡別海町・標津郡中標津町・同 標津町
知床版図柄入りナンバープレート
<何が隠れているかな?>
佐野可那子(29歳:愛知県:会社員)
知床ナンバープレート(訂正後)

おおっ、じゃじゃーん。コレが[シレトコスミレ]というものですよ。[オオワシ]の姿も直されてます。
念のため、訂正前(この際「補整前」とか「修正前」とかの呼び方は正しくないと思う。"Amendment" ではなく "Correction" である)のデザインも再掲。

知床ナンバープレート(訂正前)

やっぱり[チングルマ]だったに違いない(180度ひっくり返したぐらいじゃん、というご意見もありましょうが)。導入検討協議会会長の湊屋羅臼町長サンも、地元の自然のよいお勉強になりましたねーーぇ。ア、それは選考委員長のイラストレーター yukkyこと佐藤由紀子サンも同じことだ。

//

これとは別の問題として、本作品は作者名の表記に揺らぎがある。

報道では全て「佐野可那子」が用いられている一方、各自治体のサイトでは本日時点、「佐野加那子」とされてるんですわ(斜里町サイトなんて「加那子」「加奈子」の二つある)。しかし上述の(チングルマがシレトコスミレに直された後の!!)発表資料PDFファイルだと、やっぱり「可那子」です。

仮説として、正しくは「加那子」だったのを発表資料に間違えて「可那子」と書いちゃったのでメディアがそのまま報じた、各自治体は後で気づいてHTML上では「加那子」とした、なんてあたりだろうかと考えてたんですが、さらにその後で問題化したチングルマの方はPDFを直したのだから、その時併せて作者名訂正をしなかったはずはない(気がついているならば)。

社会人になったばかりの頃、目上の人に厳しく教え込まれませんでした?皆さん。「名前を間違えるのは大変な失礼に当たる」と。常識以前の問題、てやつね。

この件は要確認につき、続報を待ちなはれ。

-----
【2018.12.15 追記】
この件についても意外に早くカタはついた、みたいです。
某所に手を回して(詳細は秘密ね)調べさせてんですが、2018.12.15(土) 17:30頃、導入検討協議会の会長を出している羅臼町のサイトが、以下のとおり(こっそり)差し替えられていることに気がついた。

〔Before〕
佐野加那子 知床ナンバープレート
 ↓
〔After〕
佐野可那子 知床ナンバープレート

正しいのは当初発表どおり、「可那子」だったようです、まだ連絡は入ってきてないそうなんだけど

しかしそれはそれとしてだ。新たな問題の勃発ですよ。問題の花が[チングルマ]のまま。中標津町サイトでは昨日時点で既に[シレトコスミレ]に変わっていたのに、だぜ。

一体どういうことなん?引き続き、要watchです。
-----

-----
【2018.12.17 追記】
本日つまり2018.12.17(月) 15:10頃、某所宛に羅臼町から、「可那子」が正しい旨の知らせがようやくあったとのことです。で、ツルが同町サイトを確認してみると、作者名は直ったものの、上掲の画像はまだ元のまま。解せない・・・。引き続き某省、じゃなかった某所からは確認が飛んでいる由なので、成り行きを見守ろう。
-----

-----
【2018.12.18 追記】
今度こそ、遂に決着がついたようです。先ほど、2018.12.18(火) 22:30頃、ツルが仕事帰りの電車の中で羅臼町サイトにアクセスしてみたら、こうなっていた。

佐野可那子 知床ナンバープレート(最終版)

[チングルマ]はめでたく[シレトコスミレ]に変じ、[オオワシ]の姿も変えられるなど、こまごました訂正&修正が入ってます。朝の通勤電車で見た時にはまだ変わっていなかったので、本日中に差し替えがされたことになりますネ。
一方、清里町サイトだと古い画像のまま。この足並みの乱れと効率の悪さ、何なんだろう。ここまで実務のレベルが落ちているとは正直思いませんでした。これこそが田舎公募の田舎公募たる由縁m(._.)m。
しかしそれにつけても、選考委員会は何をやっていたのやら。委員長の佐藤由紀子サン、どうでしょうか?実務が伴わないのにあまり吹かさない方が賢明かと思いますが。
-----

----------
【2018.12.21 追記】
昨日になってやっと、作者の受賞コメントが公表された。

-----
(2018.12.20 知床ナンバー導入検討協議会 Facebook 抜粋)

〔前略〕

最優秀賞に輝いた愛知県の佐野可那子さんから喜びのコメントが届きましたので、ご紹介します。

「知床ナンバープレートのデザインに採用いただきありがとうございます。
嬉しい気持ちでいっぱいです。採用のお電話をいただいた晩はジンギスカンでお祝いをしました。

知床の雄大な自然をベースに知床で出会えるたくさんの動物たちを隠したデザインです。
プレートを見る多くの方に楽しんでいただけたら幸いです。
知床ナンバーが交付されるころ、実際の動物たちを探しに知床に遊びに行こうかなと考え、
今からわくわくしています。このたびは本当にありがとうございました」。

〔後略〕
-----

あ、・・・・・。
前に挙げた制作意図でも気になってたんだけど、佐野の言葉には「植物」への言及が一度もない。
推測に過ぎないが、ひょっとしたら、左下に花を描き込んだのは佐野ではなかったのかもしれない。だとしたら、全体がまるで違って見えてくる。シレトコスミレを無理なくあしらうことができたのは、佐野作品だけであったとかね。

因みに清里町サイトはチングルマのままですが、もう飽きちゃったからmonitoringやめまーす。
----------

これら諸々、内田暁友氏はご存じかなー、なんて。

― Title Inspired by「すみれ September Love」一風堂(1982.07.21リリース)・SHAZNA(1997.10.08リリース)―

2018年12月13日 (木)

【加筆編】校章による統合新設校ペアリングの試み:12(秋芳桂花小学校・小浜美郷小学校)

(承前)

奥野の校章作品、ついに、4色以上のフルカラー版の登場です(そりゃ、前にもそんなのは取り上げたけど)。

山口県美祢市
美祢市立秋芳桂花小学校
校章
奥野和夫
秋芳桂花小学校

◇2017年4月 発表
◇2018年4月 嘉万(かま)小学校・別府小学校の統合により開校

-----
[桂木山]と[花尾山]の形で「秋芳」の頭文字[S]の字を描き、自然に抱かれた環境と2校が調和していく様子を表しています。
地域の花にふさわしい[梨の花]を中心に配し、子どもの成長を地域が見守る象徴としています。
-----

あ、これまたサ行の[S]なんだ。
この校名は別にご当地がモクセイ(中国語ではこれが「桂」である)の花どころで秋には学校じゅうが芳香に包まれるので、なんてことではなく、二つのお山から一文字ずつもらったから。梨が「地域の花にふさわしい」と謳っているのも、別にそういう風に制定しているわけではなさげ。つまりはご当地、厳密に言えば旧 美祢郡秋芳町(しゅうほうちょう)で和梨の栽培が盛んということのようです。市の花はサクラ、市の木はカシで桂も梨も入ってません。
しかしぶっちゃけ、これがバラ科のナシの花の形だとは思えんね。キキョウだろと言われてもリンドウでしょと言われても(実は旧 秋芳町の町の花がリンドウだった)頷いてしまうであろうことよ。それに、あのー、ナシの花って悪臭があるんですが(前に書かなかったっけ?)。ミツバチも敬遠するとなむ。だからここはひょっとしたら、後付けの理屈かもしれないな。
因みに応募総数、10点

開校時のサイト記載では次のような尾ひれハヒレがついた。

-----
(配色について)
・梨の実をイメージした金色 → 地域の宝(=子供たち)
・緑と黄緑 → 地域の自然(山など)
・ピンク → 地域の愛情(健やかな成長を祈る心)、梨の花のおしべとめしべの色
-----

だからぁ、ナシの花がどうしてナシの実を表すんだよ(苦)。蕊も実物はピンクというより微妙に黒ずんでいたような印象が。
ただ、「色」に蘊蓄を傾けるこうした書きぶりは江東区ロゴマークや港区シティプロモーションシンボルマークなどでも目にしたところなので、奥野本人の記述かもしれない(cf. 2018.11.17「校章エキスパートの来歴:3」)。

カラートーンが似ているところでもう1点。

福井県小浜市(おばまし)
小浜市立小浜美郷小学校
校章
奥野和夫(52歳:神奈川県横須賀市:グラフィックデザイナー)
小浜美郷小学校

◇2017年5月 発表
◇2019年4月 松永小学校・国富小学校・遠敷(おにゅう)小学校・宮川小学校の統合により開校予定

-----
そよ風にゆれる実った[稲穂]で美郷の[み]の字が描かれ、美しい郷土の情景が表現されている。そよ風を[翼]に見立て、児童たちと地域の夢や希望を象徴している。
また、[4本(4色)のライン]がひとつになって翼になる様子は、4校(4地区)が協調して発展していく様子が表現されており、田園地帯の[黄緑]、[黄金色]、[水色]、[桜色]、そして市の木モミジの[エンジ色]が配色されている。
-----

まさかこの中に「み」の字が描かれているとは誰も思うまいが。

≪隠し文字としちゃ上々だぜ

しかし、うううむ、米どころなのね、米どころだからどーしてもこーしたデザインになっちゃうのね、sigh。応募総数、74点。

【2014.06.09「公募ガイダーのモチベーション:6」】
新潟県魚沼市
市章
田中 恵
〔2005年3月決定〕
魚沼市章

やはり、複合系のデザインに優品なし、と思ったりもします。

募集期間は秋芳桂花小が2016.08.22?〜10.31、小浜美郷小が2016.06.01〜07.29と、かなり近接している。絵に描いたような類似が出てこないのは、愚blogで斬ってきた(一部の?数多の?)常連公募ガイダーに比べればまともとは思うけれど、やはりコンセプトのどこかにはSimilarityが顔を覗かせてしまうわけだ。

平成大合併の頃の自治体章と比べても多色化が進んでいるのは、制定側による「地色を含め4色以内」みたいな意味レスな制約が減ってきたということだ、ついでに言えばそこの流れにうまくハマったのが奥野の特質/個性だったのだと理解しますが、どうなんでしょう。
しかしプロセスカラー印刷にかけるといかにも転びそうな色合いだなー。

(続く)

2018年12月12日 (水)

【加筆編】校章による統合新設校ペアリングの試み:11(せらひがし小学校・下新倉小学校)

(承前)

久方ぶりに、このSubseriesに戻ります。メインターゲットはもちろん校章コレクターの奥野和夫。

サ行の学校なのに、奥野がイニシャル「S」を使わなかったケースだって、そりゃ無論ある。

広島県世羅郡世羅町
世羅町立せらひがし小学校
校章
奥野和夫(神奈川県横須賀市)
せらひがし小学校

◇2010年7月 発表
◇2011年4月 宇津戸小学校・中央小学校・伊尾小学校・東小学校の統合により開校

奥野作品としてはやや古めです。
まっ、丸ブーの成れの果て的な左上の緑の[丸]のことは取り敢えずおいといてだねえ(笑)。割とこの人、補色遣いも躊躇しないんすね。
[桜の花びら]のワンポイントがポイントを稼いだようだけど、ご当地の町の花はスズラン(自生の南限だとか)、町の木はマツ(松茸が名産だというからアカマツだろう)なので、この桜は自治体のシンボルということではありません(微伏線)。
応募総数、58点。

この公募においては作者の制作意図が公表されていないので、勝手に想像するしかないけれど、緑の部分は「せらにし」の[せら]を象ったものではないかと思える。そうなると、謎の[丸]は「ら」の字の短い棒ということになりそうです。となると・・・ツル絶句。悪くすると駒井 瞭の不訶思議暗号もかくや。つまんねえ

因みにご当地には「せらにし小学校」もある↓。(「きた」「みなみ」はない。なお、「世羅小学校」も「せらひがし小学校」と同時に統合新設されている。)

◇2004年4月 (旧)世羅西町内の山福田小学校・小国小学校・津田小学校・黒川小学校を統合し世羅西町立せらにし小学校として開校
◇2004年10月 自治体合併により世羅町立せらにし小学校に改編

つまり、もともと「世羅町の西にある小学校」の意味ではなかった。旧 世羅西町の記憶を残す「せらにし」の名を消し去ることはできず、そこから「せらひがし」の発想が派生したものと思われます。

そして、舞い散った桜の花びらは5年後、風に吹かれてこの地に舞い降りた。

埼玉県和光市
和光市立下新倉(しもにいくら)小学校
校章
奥野和夫(神奈川県横須賀市:グラフィックデザイナー)
下新倉小学校

◇2015年4月頃 募集
◇2016年4月 新設開校(白子小学校・新倉小学校の校区から分割)

今どき珍しく、統合ではない純然たる新設校で、和光市で9番目の小学校になる。

-----
市木[イチョウ]の葉と[下]の字で描いた[円](和光の和)でバランスのとれた健やかな成長を表現。[新]の一画目にあしらわれた[桜]の花びらに、子どもたちの夢や希望を応援する気持ちを象徴させました。
-----

応募総数、こちらは143点。
最大のツッコミどころは「下新倉」だか「上新倉」だかよくわからんという点であろう(因みに「上新倉小学校」は存在しない)。こちらのご当地でもサクラは自治体のシンボルに入っておらず、市の花はサツキ。

ふと思うんだけど、こうした校章で市町村の木だの花だのをあしらうことはとても多いわけだよね。でも、その植物が実際に校庭に植わってなければ、児童生徒たちにとってほんとうに親しみの湧く校章にはならないんじゃないかな。となると、純然たる新設校の場合などは特に、そのあたりどのように扱われているのだろう?そりゃ、ソメイヨシノの木ぐらいなら、どこの学校にも数本は植えるものかもしれないけれど。
あ、そうか、このことは、サクラが自治体シンボルに選ばれていないせらひがし小や下新倉小にだって言えるのか。ならば奥野センセ、どういうコンセプトで[桜の花びら1枚]をあしらうことになったんですか?「せ」の字や「新」の字を表すために必要だった、とかいうレベルの話じゃなくてね。場合によっては塩崎一族のハートマークと同じ評価を下すことになりそうだ。ましてや誰かみたいに「特徴がなかったので苦肉の策」とかいうことだったら張っ倒すぞ。

この辺りまでは、奥野作品も伝統的な丸ブー自治体章同様にMAX3色遣いまで。以降になると、よりカラフルで見た目を楽しませる傾向がはっきりしてくるようだけれど、そのことはまた次回へ。

(続く)

2018年12月11日 (火)

【加筆編】荻窪と足立と知床と佐賀の接点(知床ナンバープレート・佐賀県遺産)

(承前)

おまけです。知床ナンバーの次点に入ったのは次の2作品である。

北海道 斜里郡斜里町・同 小清水町・同 清里町・目梨郡羅臼町・野付郡別海町・標津郡中標津町・同 標津町
知床版図柄入りナンバープレート

(優秀賞)(無題)
荻窪裕司(東京都)
知床ナンバープレート(荻窪案)

(優秀賞)<animal>
足立真人(兵庫県)
知床ナンバープレート(足立案)

採用作品↓まで含めたどれもが生物多様性、的なデザインだったという

知床ナンバープレート

中でも、[シカ]は美しい動物であるという含意を最も強く持っているのが荻窪作品だと思うけど、そこをあんまり強調しちゃあいろいろマズいんじゃないかね。最近どこでも目の敵ですから。

一方、これが常連高齢公募ガイダーだったらば(e.g. 北野公一)、山並み描いてハマナス添えてハイ一丁上がりだったかもです、as follows:

【2016.02.17「“サルでも採用されるtechnique”の嘘:その5」】
福島県耶麻郡北塩原村
ご当地ナンバープレート
北野公一
〔2014年3月決定〕
北塩原村ナンバープレート

知床とハマナスの関係については、わからなかったらパパかママかおじいちゃんかおばあちゃんに聞いてネ(^.^)b。

荻窪と足立は、いずれも本職のグラフィックデザイナー。

荻窪は書籍デザインを主なフィールドにしているらしく、KADOKAWAの電撃文庫の装丁を多く手がけている。10年以上前の情報になるけれども、「電撃文庫表紙デザインの意義」というネット書き込みに既にこんなものが(適宜抜粋)。

-----
2006/07/23 20:46
794 名前:イラストに騙された名無しさん
なんか表紙が白地に女の子がぽつんと書いてあるやつ多くない?
あれ見ると粗製乱造を感じずにはいられないんだよ
デザイナー何やってんの?って感じ

[URL]より

というのは、私も思ってて。まあ粗製濫造かどうかはともかく。んで、そういうデザインがレーベルの枠すら超えて普及していることの証明になるかなあと思って〔後略〕

■コメント
2006/09/18 13:35
ED-purple
電撃文庫の白地に女の子表紙といえばブギーポップは笑わないが印象深いです。あれを見て「こ、れは!」と思った人も多いのではないでしょうか。上記の話とは少しずれるかもしれませんが、この影響は見逃せないと思います。

2006/09/18 21:59
通りすがり
ブギーポップはヒロインの2重人格?と掛けてあったからあれでも良かったと思いますけど、最近のは生産効率を上げるための手抜きでは?〔後略〕

2006/09/20 03:26
水花
何かの電撃の雑誌に載っていましたが、
表紙のデザインは、小説の巻末にのっている装丁者という専門のデザイナーに依頼するみたいです。
電撃の「白地にキャラクター」のデザインは荻窪祐司さんという方が多く務めているようです。というか始めた人っぽいです。
「ブギーポップ」「悪魔のミカタ」「灼眼のシャナ」「ドラどら」など。
まあそれでみなさんがパク、いやいや手法として一般化したのだとおもいますよ。
-----

お勉強になりますねえ。「ライトノベルのデザインの世界にも塩崎一族(みたいなの)がいた」ってことですな。

足立はこの数年、年賀状デザイン集の常連となっている。臙脂色を特徴的に用いて動物をいろいろ描き込むスタイルで、毎年数社にクレジット入りで載っているから、人気作家と言っていいんだろう。いわゆる「クリエイター年賀状」っちゅうやつね。

足立真人 2014年賀状 足立真人 2019年賀状

日本郵便の2018年戌年、つまり今年の年賀状商品販売サイト(来る2019年亥年は漏れた様子)では次のように紹介されていた。

-----
クリエイター:足立真人 
イラストレーター。新聞のコラム・挿絵の連載や、日本各地を描いた「Who Mails?」シリーズ、書籍の装画、テキスタイルデザインなどを手がける。動物を中心に和を強調したイラストを描いています。
-----

うんうん。ツルも2013年巳年と2015年未年で使わせてもらいましたよ、大幅にアレンジしたけど。早い話が、ファンです

もひとつおまけ。知床ネタをいろいろ調べまくってたら、こんなものに再会した。

【2013.11.06「宍栗?穴栗?穴粟?宍粟!{一粒目}」】
知床世界自然遺産地域連絡会議
知床世界自然遺産 シンボルマーク
(優秀賞)
小柴雅樹
〔2009年4月発表〕
知床世界遺産

あれっ!?これって何だか最近も目にしたような・・・。これだ↓。

佐賀県
佐賀県遺産シンボルマーク
(優秀賞)
小柴雅樹(兵庫県宍粟市)
〔2009年2月決定〕
佐賀県遺産(小柴案)

工藤和久の高野町町制90周年&富貴村合併60周年ロゴと中本竹識の佐賀県遺産シンボルマークを取り上げた時に見てたんだ(cf. 2018.07.05「剽窃か融通か、誇りなのか懼れなのか」・2018.09.01「佐賀は田舎だ。しかし文教県ではなかったのか?」)。長く続けていると記憶が飛びがちになっちまいます、歳のせいかしら

小柴センセ、アナタまでが・・・・。佐賀県遺産に2つ目のケチです、もう空虚なやり取りなんか考えないけど。

2018年12月10日 (月)

【加筆編】知床菫と稚児車の秘密(知床ナンバープレート)

このところ、図柄入りナンバープレート第3弾のデザイン発表が相次いでますが、ツルがすかさず食いつくのはむしろこんな話題です。

 

北海道 斜里郡斜里町・同 小清水町・同 清里町・目梨郡羅臼町・野付郡別海町・標津郡中標津町・同 標津町
知床版図柄入りナンバープレート
<何が隠れているかな?>
佐野可那子(29歳:愛知県:会社員)
知床ナンバープレート

 

-----
知床の雄大な自然を感じさせるナンバープレートです。
パッと見は[クマ]の親子と[オオワシ]のデザインですが、よく見ると後ろの[雪山]に知床で出会えるたくさんの[動物]たちが隠れています。ナンバープレートを見る全ての人たちに楽しんでもらえるといいな!
-----

 

うーむ、クルマのナンバープレートとしては、隠し絵の手法で知床の大自然を表すには、もっと色数を抑えた方が格調の高いものになったのではないかしらと思ってみたり。
ついでに言えば、ツルが知りたいのは「原付プレートデザインと自動車プレートデザインを分けるものは何か」である。

 

-----
(2018.12.06 釧路新聞 抜粋)

 

世界自然遺産「知床」の名を冠したご当地ナンバーの導入を目指す「知床・地方版図柄入りナンバー導入検討協議会」(会長・湊屋 稔羅臼町長)は5日、羅臼町役場で会合を開き、ナンバーの図柄を決定した。選ばれたのは、愛知県在住の会社員佐野可那子さん(29)の作品。[ヒグマ]の親子と[オオワシ]が目を引くデザインだが、背景の[雪山]には[エゾシカ]や[クジラ]、[キタキツネ]などの野生動物が隠れている。湊屋町長は「走る広告塔として、参加自治体のPRに大きく貢献してくれるはず」と期待を寄せる。

 

〔後略〕
-----

 

-----
(2018.12.06 毎日新聞 抜粋)

 

〔前略〕

 

[ヒグマ]の親子や[オオワシ]、[シレトコスミレ]など知床の野生動植物が描かれ、雪をかぶった[知床連山]には[エゾリス]や[エゾシカ]、[キタキツネ]などが隠れている。

 

〔後略〕
-----

 

ところが早くもその翌日には。

 

-----
(2018.12.07 北海道新聞)

 

【羅臼】根室・オホーツク両管内7町でつくる「知床」ナンバー導入検討協議会が5日に発表した自動車のご当地ナンバーの図柄のうち、花の模様に疑問符が付けられた。想定するシレトコスミレではなく、チングルマに見える―と専門家が6日、会員制交流サイト(SNS)のツイッター上に投稿した。
決定した図柄は、世界自然遺産の知床を表現する内容で、愛知県在住の女性の作品。知床連山の山肌に動物たちが「隠し絵」として描かれている。左下に描かれた花について、協議会会長の湊屋 稔羅臼町長は、5日の発表でシレトコスミレと説明していた。
図柄の花は5枚の花びらが等しい角度で広がっている。これについて、知床博物館(オホーツク管内斜里町)の内田暁友学芸員は「チングルマでは?」などとツイッター上に投稿。
内田氏によると、シレトコスミレは花びらの1枚が地面の方を向き、5枚の花びらは等しい角度で広がっていない。図柄の花は高山植物のチングルマに見えるという。内田氏は北海道新聞の取材に対し「作者のデザインは尊重したい」とした上で「植物に詳しい人も多い土地柄。違いに気づく人もいるのでは」と話す。

 

シレトコスミレ チングルマ -----

 

「チングルマでは?」どころではないですよ。チングルマそのものじゃねえかよ。北海道新聞の要領を得ない書きぶりは、記者が植物方面に明るくないことの証しだろう。
内田氏がTwitterでつぶやいたのは以下の内容である。

 

-----
2018.12.05
道新記事「ヒグマやシレトコスミレが描かれ」…はっはっは、ご冗談を。チングルマでしょ?

 

2018.12.05
一眼でわかる違いを言葉で説明すれば、シレトコスミレは左右相称、チングルマは放射相称ということです。オオワシの尾羽の形について指摘する人もいそう

 

2018.12.06
これをシレトコスミレだと言われて「変かも」と思う人はたくさんいるでしょうが、「違う」と正面切って反論するほど関心と自信のある人はそれほどいないのでしょう。と言いつつも、知床は関心と自信のある層が厚いので本番までに直ると信じていますが…
-----

 

やっぱりね。ツルも激しく同意します。「オオワシの尾羽の形」のことは、さすがだと唸りましたが。

 

スミレ科スミレ属のシレトコスミレ/Viola kitamianaとバラ科ダイコンソウ属のチングルマ/Geum pentapetalumを取り違えるネイチャリストなど決していはしない。類似点は露ほどもありそうにない。
しかし、念のため調べてみると、シレトコスミレは白弁黄芯花を咲かせるという、日本産スミレでは他に例のない珍稀種なんだとか。山野草マニアには堪らんだろうなあ。チングルマ(この名は「稚児車」からの転訛だという)は東日本の山地に広く分布する植物で、お花畑の常連である(伏線)。九州出身京都経由東京在住で基本的に「西」の人間のツルはあまり縁がないけど、実は草本じゃなくて小低木です。(佐野の住む愛知県も東日本ではないなww。)

 

つまりはカラーパターンに類似、いや相似があったわけだww。[シレトコスミレ]と初めに唱えたのが佐野だったか湊屋だったか、それはわかりませんでした。しかしその呪文はもう一人歩きし始めている。

 

となると残る問題は、デザインを直すのか、呪文をどうにかするのか、そのどっちなんだということになりそう。しかしこれも結論は↑の中に既に出ているようです。内田氏のコメントとは逆になるけれども、「知床」の自然の特異性 ――世界自然遺産にも選ばれたところの―― を前面に押し出すのならば、率直に言って遍在種のチングルマでは力不足というものだろう。それともナンです、「白神でも白馬でも八甲田でも八幡平でも見られる植物がここではぜーんぶ見られます!!」ってなことがアピールしたいんですかね?まさか。

 

さて、どのようにケリをつけるのやら。

 

-----
【2018.12.15 追記】
本件の結末については、【2018.12.14「すみれ December Love」】をご覧下さい。
-----

2018年12月 9日 (日)

【加筆編】「特徴のない」ご当地、「特徴のない」ロゴ(長与町50周年)

(承前)

今年9月には、もっとエグいのが発表された。

長崎県西彼杵郡(にしそのぎぐん)長与町
町制施行50周年 記念ロゴマーク
天野穂積(静岡市)
長与町50周年

-----
50周年の[50]をモチーフとし擬人化、腕を組み笑顔で重ねる事で、町民の住んでよかった。と思える町への誇り、愛着を表現しました。また町花木[梅]特産物[みかん]を組合せ長与町らしさを強調してあります。
-----

喜びの受賞コメントは次のとおり。

-----
この度は最優秀賞という素晴らしい賞を頂きまして、誠にありがとうございます。
制作にあたりましては、町制50周年、長与町らしさ、親近感、住みたい、住み続けたい、住んでよかった、などをキーワードとして制作しました。
今後、ますますの発展をお祈りいたします。
-----

先日書いた「はあとん」の前田マサカツのケース(cf. 2018.11.05「ふたたび、月曜から夜ふかし」)と同じこと。紋切りデザインと空虚な言葉の羅列に軽い憎悪が。

【2015.04.05「十年に一度の逢瀬:3」】
大分県竹田市
市制施行50周年記念事業 公式ロゴマーク
小池もとお
〔2004年(?)決定〕
竹田市50周年

【2016.12.20「Dejavuなんかこわくない」】
長野県安曇野市
JAあづみ
創立50周年記念ロゴマーク
三巻保征・小池友基
〔2014年10月発表〕
JAあづみ50周年

【その214】
岐阜県加茂郡坂祝町
町制施行50周年 記念ロゴマーク
小野寺 卓(大阪市)
〔2018年3月発表〕
坂祝町50周年

(優秀賞)
天野穂積
長谷川 綾

ふふん、坂祝町の天野作品も見てみたいものだわ。

5点選ばれた次点も相当見ものです。

(優秀賞)
居関孝男(京都市)
長与町50周年(居関案)

-----
[ながよ]・[50]を組み合わせ、より分かりやすく描きました。[円]を基本に用い、かつつなぎ合わせることで住みやすい環境を表わし、産する[ミカン]、[が]で長与川・大村湾、そしてそよぐ風としてあります。
-----

田中 勉(大阪府池田市)
長与町50周年(田中案)

-----
特産品の[みかん]をモチーフにして[50]の文字をデザインしました。テイストは誰もが親しみをもってもらえるよう、かわいらしい感じを意識してデザインをしました。
-----

立志哲洋(東京都江東区)
長与町50周年(立志案)

-----
[50]の中に[ハート]と[町章]、そして町のキャラクター[ミックン]をあらわし、そのハートで町への誇りや愛着、そして「住み続けたい町」を願う心を表現しました。
-----

小柴雅樹(兵庫県宍粟市)
長与町50周年(小柴案)

-----
50年の歴史を見つめてきた長与川を、海(大村湾)・長与川・丘陵地のイメージに重ね、シンボルとしました。
-----

浦川 紫(長与町)
長与町50周年(浦川案)

-----
[50]の中に長与町の特産品である[みかん]を付けて、大好きな長与の風景を入れ込みました。
-----

5点中3点はまさに同工異曲。応募総数231点もあったのに、これは選考側の失態だと思う。そう言えば昔、「赤丸にブーメラン」の市章を制定した自治体に「田舎みかん市」の称号を奉ろうってな話が某公募系BBSに載ってたっけ。[50]と[ミカン]に頼らなかった小柴案がむしろ潔い(一瞬「NAGOYA」に見えちゃうけど)。

本件では同時にキャッチフレーズも募集され、566点も集まった。これがまたでねー。固有名詞を隠すと本質が見えてくる。

〔キャッチフレーズ〕
長池恵美(長崎市)
「すこやかな 未来をはぐくむ ●●町」

-----
これから60年、70年、80年、90年、100年そしてそれ以降の未来を見据えて考えたキャッチフレーズです。
-----

-----
●●町が、平成31年1月1日に町制施行50周年を迎えられるにあたり、心よりお祝いを申し上げます。この度は、50周年記念キャッチフレーズの最優秀賞に選んでいただき、大変光栄に存じます。このキャッチフレーズが、今後、皆さまに親しまれていくと幸いです。
●●町の更なるご隆盛を、祈念いたしております。
-----

これとて地域力零、受賞コメント絶対零度の無感動。しかし次点群も同様。

(優秀賞)
小寺光雄(愛知県名古屋市)
「人と自然が響きあい 未来を拓く●●町」

-----
四季を通じて美しい自然と温かい人情の●●町は、50周年を契機に市民の協同で新たな未来を切り開くためにさらに前進していきます。
-----

杉本庄司(神奈川県川崎市)
「時を超え つなげるひろげる ●●の笑顔」

-----
過去から未来へ、●●に住む人々の笑顔がつながりひろがっていくという、キャッチフレーズにしました。
-----

じゃあ次の機会にはお隣の時津町と合併なされば?

土井京子(長与町)
「住み続ける程に 幸せ感じる ●●町」

-----
実際、長崎市より40年前に移り住んでみての実感です。
-----

長崎市も40年前より住みよくなってますよ、今やきっと

吉岡敏郎(東京都豊島区)
「彩り豊かに50年 夢が広がる●●の未来」

-----
恵まれた自然環境の中で育まれた絆のもとに先人たちが繋いできた我らの町。これから未来に向けて更に夢が広がる●●町。いいね!
-----

工藤元市(青森県弘前市)
「みかんの風吹くまち・ずっと好きです、●●町」

-----
町制施行50周年を迎え、「住み続けたい町」「50年後に向けて発展し続ける町」として特産[ミカン]と町民みんなに愛され続ける●●町を象徴的に表現しました。
-----

最後のところでギョッとします。工藤和久の父君、もう死んじゃったかと思ってたので(マジで)。この中じゃこれが一番Localityがあるように思えてきちゃうのもお笑い草。

≪次の50年、ミカンだけで戦えますか≫

ああ、前田昌克の「特徴のない街」という言葉が耳について離れない。

2018年12月 8日 (土)

【加筆編】特徴ある学園、「特徴のない」キャラ(サンディー)

今回は、権謀術数渦巻くご当地公募界に送り込まれた新たな刺客を返り討ちの滅多斬り。

北海道江別市
酪農学園大学
電子ジャーナル「酪農PLUS+」 マスコットキャラクター
サンディー
天野穂積(静岡市:グラフィックデザイナー)
サンディー

-----
[牛]をモチーフとし、[大学帽]をかぶり、[辞書]を持ち、「酪農PLUS+」の[ロゴ]が入った[つなぎ服]を着て、酪農学園大学らしさと「酪農PLUS+」を表現
-----

本年7月に発表されたもの。あのーー、コンセプト間違ってますよー。これじゃ酪農学園大学のマスコットにしかなりませんよ

-----
(2018.08.02 大学プレスセンター 抜粋)

「酪農PLUS+」は、酪農学園大学の建学の理念や酪農教育、研究成果の普及・啓蒙を目的として2017年3月まで発行された『酪農ジャーナル』の電子版として、2018年4月に開設。同大の教職員の専門知識を広く発信しているほか、電子媒体ならではの機能を活かし、双方向型の情報交換を行っている。
-----

江別市と言えば、つい先日も別の学園で斬った八谷早希子のお膝元。その牙城を突き崩しての採用です。しかし、ビジュアルにせよコンセプトにせよ、愚blogで見てきた学校系塩キャラと変わりはない。過去の他人の作品↓を上手になぞっただけで、新しいものは何もない。(今日はツルは何かしら機嫌が悪い。)

【2015.12.30「無明の闇 その10」】・【2018.05.19「闇を払う若者たちとの対話:Session A」】
茨城県水戸市
学校法人常磐大学
TOKIWAマスコットキャラクター
ときわんこ
福添あゆみ
〔2012年7月決定〕
ときわんこ

千葉市稲毛区
敬愛大学
生涯学習センター マスコットキャラクター
KeLLくん
塩崎栄一
〔2014年頃決定〕
KeLLくん

【その216】
徳島県
徳島大学
マスコットキャラクター
とくぽん
塩崎榮一
〔2018年5月発表〕
とくぽん

【2017.06.27「北の駅から ― その3」】
北海道天塩郡幌延町
糠南駅・下沼駅
秘境駅キャラクター
(入選)シモッピー
深川重一
〔2016年11月発表〕
シモッピー

愛称の由来は「サン(太陽・日の出) + デイリー(酪農・エブリデイ)」だそうな。なぜ "sun" なのかという高邁かつ深遠な問題は避けて通るとしてもだ、"dairy" と "daily"、RとLの発音はいまだに日本人には苦手なのだと思い知らされる。つまり知性は感じられない([辞書]を抱えていても)。

塩崎一族と異なる点を敢えて探せば、7月30日(月:つまり平日)に行われた表彰式に天野が出向いたことぐらいである(そりゃ、塩崎家のセンセ方もたまには出席なさいますがね)。リタイア後のガイダーとはまた何と自由なこと。

-----
(2018.07.31 同学サイト)

〔前略〕

表彰式では、竹花一成学長が「酪農家へ情報発信をして来た酪農専門雑誌『酪農ジャーナル』が、電子版『酪農PLUS+』へリニューアルし、『土から学ぶ、未来へ紡ぐ酪農学園』をコンセプトとして運営をしています。親しみを持ってご利用いただけるようマスコットキャラクターを募集しましたが、趣旨を深くご理解いただいた天野様のおかげで、このような素晴らしいマスコット『サンディー』が誕生しました。今後は着ぐるみなども作成し、私自身も着用しながら、さまざまなイベントで活用したいと考えております」と話しました。
受賞した天野氏は「キャラクターをデザインする上で最も悩むのは何をモチーフにするかですが、今回は酪農学園大学ですから[牛]しかないと考え、実際に酪農学園を訪れてホルスタイン柄のベンチなどを見て、牛で間違いなかったと改めて思いました。屋上に上がって学園の全景も眺めましたが、自然に囲まれたその広大さに感銘を受けました」と話しました。
-----

そんなの、夏の北海道に物見遊山にやって来た観光客の態度と変わりゃしないじゃん。Public RelationsやCustomer Relationsなどの "Relations" の主体としての視点を感じないんですよ。
お人好しのツルは、「あれ、天野はわざわざ北海道まで出かけて取材したんだ!!感心感心」と思いかけましたが、そういうことじゃないな。表彰式で訪れただけ。

これではただの学園祭専用になってしまう。学長サンも自ら着ぐるみに入るなんて与太は再考されてはどうだろう。大学のキャラじゃなくて電子雑誌のキャラなんだから、内輪受けしてればいいってものではない。まあ、それ言ったらデジタル化されたのになんで[アナログ書籍]を手にしてるの、なんでデジタル媒体に着ぐるみが要るのって話にもなっちゃうけど。

本公募は当初、今年の1月31日まで、酪農学園大学および法人傘下の「とわの森三愛高等学校」の学生・生徒・教職員の間でサイト名称とキャラクターが募集された。
ところが。

-----
(2018.03.06 同学 Facebook)

酪農ジャーナル電子版の「愛称」及び「マスコットキャラクター」募集に際しまして、多くの皆さまからご応募いただきありがとうございました。

◇愛称 『酪農PLUS』(応募者:匿名希望)
◇マスコットキャラクター 該当作品なし ※後日、再募集を予定

なお、応募者が匿名希望のため表彰式及び商品の贈呈は行いません。
-----

いささか冴えないことになっちゃった。そこで、5月から全国公募で仕切り直し、賞金も5千円から3万円にUPして捲土重来。今度は48点の応募を集め、何とか決着した様子。ちょっとかわいそうな身の上、だからってやっつけ仕事でOKつってんじゃないけど。

思うに、このケースでは「酪農」という特異な分野から情報発信するという極めてはっきりした独自性があるのだから、そう聞いた瞬間にあの「特徴のない」という呪縛(蓋し前田の至言也)からは解き放たれるはずと思う。様々な想像と選択が生まれ出ようところ、[牛]だけで止まっちゃったらしい天野の発想は、しかしこんな「特徴のない」キャラクターを生んだわけです。

なんていうかな、平成大合併の頃から斯界に巣食っている老残大御所ならまだしも、天野や八谷早希子や小池友基など、「遅れて来た」連中まで旧来とまるで変わらない手法で出してくるのって、ほんとに救い難い状況と思うんだよね。

(続く)

2018年12月 6日 (木)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その221:板柳町キャラ 名づけて あぷりん)

(承前)

 

前回の本編に引き続き、北日本からもう1点。こちらも盛岡の「つどりん」同様、今夏の作品です。8月末まで募集され、デザイン発表はやや遅れて11月上旬。塩崎一族、微妙に復活の兆し。

 

青森県北津軽郡板柳町(いたやなぎまち)
マスコットキャラクター
(愛称未定) → あぷりん
塩崎榮一
板柳町キャラ

 

-----
[りんご]の里、板柳町に住んでいる元気な女の子。リンゴと会話ができる。
夢は有名になってアイドルデビュー。
魅力いっぱいの板柳町をPRするため全国を飛びまわる。
-----

 

え、これが塩キャラ顔が微妙に変わってるし、[りんご]以外何にも盛ってないじゃんよ楽、し過ぎ(笑:トマトにも転用可)。[No.1ポーズ]を取る左手だけ大きく描かれたのもなんだか浅ましい。

 

町サイトを訪れてみると、ご当地は『日本一のりんごづくりの里を目指しています』、じゃなかった『日本一のりんごの里づくりを目指しています』なんだそうな。「日本一」はどこにかかるんでしょうか
・・・と思ってたら、11月29日午後2時からサイトがリニューアルされて、キャッチフレーズも『より豊かな、より快適な、より元気な「りんごの里板柳」をめざして』に変わってた・・・

 

採用の対価は町特産品のみ。定めしりんごやらりんごジュースやらりんごジャムやらゼリーやらパイやらが届いたことと思われます。しかし公募ガイダーの欲しいのは現金かさもなくば金券なのだよ、あくまで。ふるさと納税の返礼品になってそうな、でも実はどこでも買えるような「特産品」などではなく。そこを事前に察知して露骨に手を抜きやがったな(笑)。
それでも塩崎一族はご当地お隣の弘前市の工藤和久には採用の座を明け渡さなかったわけです。というより和久は実家がりんご農家とかで、そんな賞品にはおよそ食指が動かなかったのかもしれない。いやむしろ、「日本一」の板柳町に塩を贈るような真似はしたくなかったのか。それとも、制定側がそれを知って落としたのか。

 

手を抜いたのは榮一センセだけではなく制定側も同じだったらしい。デザインのガイダンスは「町らしさがあり」、「着ぐるみ制作が可能」、「フルカラー」ぐらいしか出ていなかったというユルユルぶり。かくて、「特徴のない町」的キャラの一丁上がりっす。

 

でもね、よろしい?[No.1ポーズ]はこないだまでの旧キャッチフレーズにあった「日本一」に呼応したものであろうことは容易に想像がつくけど、この言葉は新しいキャッチフレーズでは使わないことにしたんでしょ。(別に、同町がりんご日本一でなくなったわけではないようだが。)
その一方でキャラは「板柳だから当然りんごだよね」だけで走ってしまったのでは、なんにもならないのじゃないっすか?住民が今後の地域のあり方を考えるいい機会でもあったはずなのに。キャラが「魅力いっぱいの板柳町をPR」なんて言われても、その「魅力」というのがまるで伝わってこないんだよ、[りんご]がどうのこうのではなく。

 

それは制定側に骨太の戦略がないからです。もしあったのなら、まず戦略が策定されて、それに合致する形でのキャラクター募集・制定という流れになるはずで、上述の経緯はそこに沿っていないように思われる。そんなもの、多分公募ガイダーの考えるべき範疇を超えているだろうけれど(高柳順子あたりに訊いてみたいところではある;cf. 2013.02.19「三島宿、ひともとの柳いと高きぞありける:その3」)。
無論、アイテムをたんまり盛りゃあいいなんて言ってるのではない。逆に、盛りアイテムを([りんご]以外)取り去ってしまったらこれだけ平板/平凡なものになっちゃうデザインってどうなんだ、ということです。
ご当地は、青森県サイトにも過疎の町として載っているとは言いながら、人口約1.4万人、人口密度331人/km2、65歳以上が35.2%。隣接する弘前市や五所川原市(の南半分)との合併を選ばなかったのも、一つにはりんご産業があったからと考えられる。
現在は徹頭徹尾「りんごの里」に傾注しているけれども、少子高齢化がさらに進んで、あるいは海外のりんごが入ってきて(日本産りんごは国際競争力が比較的高いとされているものの)、りんご作りが立ち行かなくなったらどうするのか、できるだけ明確な形で提示しておかないとそろそろ間に合わなくなる。

 

-----
(2018.11.15 陸奥新報)

 

〔前略〕

 

キャラクターのデザインには県内外から58点の応募があった。町内の小中学生や町職員らの投票などにより、大阪市の塩崎榮一さんの作品に決まった。

 

〔後略〕
-----

 

おいおい、『町職員「ら」』とか『投票「など」』とかって、他に誰が何したんだよww。そんなところ(だけ)はえらく入念だった様子。因みに「1人5点まで」の縛りがあったので、悪くすると実質1桁の応募者だったかも・・・(借名分を本人分に名寄せしてカウントすれば)

 

ただ今、12月25日まで絶賛愛称募集中です。ただし今度は「1人1点」のみの制限つき。今度こそ借名が横行するのかしら?

 

ツルは予言する、「いたりん」という応募が最多になることを。でもそれは既に板柳警察署キャラの名前に使われている。かくなる上は警察キャラの方を「いたぽりん」に改名させてだ(笑)。そうすりゃ一番の話題にもなるだろう。しかしそれでも、お隣の鶴田町「つるりん」by 井口やすひさ(cf. 2013.07.03「頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可):上」)とのモロかぶりは解決されないんだよね。

 

-----
【2019.03.31 追記】

板柳町キャラ、愛称が03.25に「あぷりん」と発表されてます。
[アップル]と[りんご]のかけ合わせであるとか何とかです([アップル]と[プリン]と捉える向きもおありでしょうが)。
いやー、「いたりん」にはならなかったかぁ、残念無念(爆)。でもやっぱり隣町の「つるりん」との競合関係はそのままになったのネ。
-----

2018年12月 4日 (火)

【加筆編】十文字家の一族:後段 ―― 萬古不変の謎(ピヨとピコ)

(承前)

ここでもう一つ種明かしをすると、M.M.作品(候補 18の方の)とM.I.作品とを取り上げたのは他でもない。

十文字学園女子大学キャラクター候補 18

十文字学園女子大学キャラクター候補 07

こんなものがあるからさっ!!

日清食品株式会社
チキンラーメン シンボルキャラクター「チキラーズ」メンバー
ピヨとピコ
ピヨとピコ

2001年生まれの一卵性双生児の姉妹であるとやら。
ああ、[下ぶくれ]って、M.M.センセ、そういうことだったんすかムソルグスキーの呪物、「[卵の殻]をつけた[雛鳥]の踊り」って、M.I.センセ、こういうものっすか(爆)

チキンラーメンと言えばキャラクターはもちろん「ひよこちゃん」。変遷を年代順にまとめるとこうなる。

1958年
チキンラーメン 発売

1967年
キャラクター「ちびっこ」 採用 (*)

(*) 未確認だが「ちびっこ」の愛称は、このキャラクターも着ぐるみ出演していた当時のテレビ公開収録番組「日清ちびっこのどじまん」(1965.07.27〜1969.09.29放送 / 司会:桂 小金治 → 大村 崑)からの逆成ではないかと思う。なお、日清食品のもう一つの看板商品「出前一丁」の「出前坊や」とは別のキャラである。

1991年
キャラクター「ひよこちゃん」に交替 (**)

(**) Wikipediaには『「ちびっこ」に代わって1989年に登場した』とあるものの、日清食品サイトの記載に従っておく。

2001年
制定10周年でグループキャラ12点 追加投入・「チキラーズ」 形成

2010年
「ひよこちゃん」デザイン リニューアル(by play set products)

-----
play set products (プレイセットプロダクツ) とは、2002年より活動を開始した中野シロウ、西塚耕一、中原正博の3名によるデザインチーム
-----

おや、デザイン変更したのは集団化よりずっと後だったんだ。当初このリニューアルは「かわいらし過ぎる」とかでそれほど評判がよくなかったように記憶してますが。
中野とこのチームのことは、【2015.05.02「十年に一度の逢瀬:9」】でちょろっと取り上げました。厳密には、play set productsのサイトを見ても「ひよこちゃんのデザイン変更を手がけた」とだけ出ているので、他のキャラは日清がインハウスでいじったということになるのかな。

ここんとこ、日清食品は「ひよこちゃん=よいこキャラ」卒業の狼煙を上げまくってるとか。創業者安藤百福(ももふく)の半生のNHK朝ドラ化とチキンラーメン発売60周年で攻めに入ってる模様です(いかにも日清、な印象はあるけど)。これまた最近巷で話題になってるらしい「ちぃたん☆」(【2017.09.19「一匹の竜もし死なずば」】で取り上げた(丹波竜の)「ちーたん」とは異なる)とどっちがハジケてるんですかね。あんまり興味ないけど。

//

十文字学園が90周年ロゴ類制定と同じ年に省エネキャラを作り、一学科のキャラを企画し、その翌年に図書館キャラの企画を走らせ、さらにその翌年に全学キャラを導入した理由については、結局よくわからない。CI、VIに力を入れたというだけでは理屈がつかない気がします。
むろん、大抵の私学(特に短大)と同様に、この学校法人も経営は厳しそうである。このところ何が起きているか。

2011年
十文字学園女子大学社会情報学部・(旧)人間生活学部 募集停止
十文字学園女子大学(新)人間生活学部 開設

2012年
十文字学園女子大学短期大学部文学科(国語国文専攻・英語英文専攻) 募集停止
十文字学園女子大学短期大学部表現文化学科 開設

2015年
十文字学園女子大学人間生活学部(健康栄養学科・文芸文化学科) 開設
十文字学園女子大学短期大学部表現文化学科 募集停止
十文字学園女子大学短期大学部文学科(国語国文専攻・英語英文専攻) 廃止

2016年
十文字学園女子大学大学院(人間生活学研究科 食物栄養学専攻 博士後期課程) 開設

2017年
十文字学園女子大学社会情報学部 廃止

2018年
十文字学園女子大学短期大学部 廃止
十文字学園女子大学(旧)人間生活学部 廃止

改革の嵐が吹き荒れているわけです。「もっくん」作者が在籍していた短期大学部も既にない。かつては4年制に勝る規模を誇ったというのに

気を取り直しておまけです。
同学園は2022年に創立100周年となる。そこで今秋、またもや記念のロゴマークを公募していた。学園内になかなかの数寄者がおられるようですな。結果が出たら、気が向いたら、追記しますか。

・・・と思ってたら12月3日、つまり昨日、発表になってました。詰めが甘かったわ、ワタシ。

(最優秀賞)
小峯 亘(千葉県)

(優秀賞)
宮川さやか(長野県)

結局、今度は山形の考案し「十」のデザインは採り入れられず、[七宝繋ぎ]になったようです(画像省略っ!)。

2018年12月 3日 (月)

【加筆編】十文字家の一族:中段 ―― 謎の一部の解明と新たな謎の提示(もっくん・十文字学園 シンボルマーク・ロゴ・校章)

(承前)

十文字学園のデザイン関連の問題、過去に遡っていくとだんだん綻びが見えてくる。

実はこの学校にはもう1点キャラクターが現存する。「プラスちゃん」の前年、2013年11月に学園内公募で決定されたこれ。

埼玉県新座市
十文字学園女子大学
図書館キャラクター
もっくん
(作者不明:十文字学園女子大学短期大学部表現文化学科1年)
もっくん

-----
図書館にもぐる、本の世界にもぐる、という意味を込めて[モグラ]のキャラクターにしてみました。頭には、十文字に植えてあるイチョウの木をイメージして、[イチョウの葉]を飾りに生やしました。[本]が大好きで、いつでもどこにでも持って行っているという設定です。名前は、「ブック」と「もぐら」を合わせてみました。
-----

意外にキャラ立ちがきっちり利いてます、テンプレガイダーなぞの比ではない。「本の世界にもぐる」というのは、実際に本好きでなければ生まれてこない感覚だと思う。
はぁ、M.M.作品(候補 03)が[イチョウ]を盛ったのは、キャンパスにあるからとかAll-Season Typeにするためとかいうより、既存キャラに合わせる趣旨だったんやねきっと。取り敢えず一つ、謎解消。

さらにその前の年、2012年には学園創立90周年を迎えて4月にVIが更新されていた。

埼玉県新座市
十文字学園
シンボルマーク
ロゴ
山形季央(としお)(十文字学園女子大学客員教授)
十文字学園 シンボルマーク・ロゴ

-----
シンボルマーク
「人生の岐路でいつも前向きに出会いを生かす女性であってほしい」というメッセージを込め、また、十文字の[十]の文字のかたちから、デザインに「クロスロード」(岐路)を採用。学園と学生が一体であることを表現。

ロゴ
幼稚園から大学まで学園のすべての名称を同一書体で統一することで一体感を生み出す。ロゴは、質実で明るい校風を表現するためシンプルな書体にし、「クロスロード」の輝きを入れた。また、英字体も用意。
-----

言ってる意味がわからんっ、学園が岐路に立たされていることしかっ(爆)。そんなんでもって学生・生徒・幼児との一体感を示すというんかいっ(再爆)。ビジュアルはどちらも縦線と横線の交点を白抜きにしてあるのがミソです、錯視ネタみたく。
山形は元は資生堂本社宣伝制作部コーポレートデザイン戦略室長だったとかで、同月からここに招かれたばかりでこれらを考案した(よく考えるとそれもかなりスゴい)。つまり非公募の委嘱、ないしは内製。この時はキャラクターマーク(別に井口やすひさや駒井 瞭のゆるキャラ&丸ブーのなれの果てみたいなやつじゃありませんよ)やイメージカラー(深紅色)まで手がけている

ここでまた一つ謎が解けます。S.H.作品やM.I.作品に描かれたのはこの時の[シンボルマーク]だし、プラスちゃんの目とおへその[+]印も右側の[ロゴ]の作法に基づいているわけだ。

十文字学園女子大学キャラクター候補 14

十文字学園女子大学キャラクター候補 07

プラスちゃん

因みに校章は別に旧くからあって(つまりVI対象外)、創立者の一人「十文字こと」女史の家紋、[五三の桐]の陰紋に[十文字]を重ねたもの。ちょうどM.M.作品(候補 03)が[八重桜]に[十文字]を乗っけたように。

十文字学園
校章
十文字学園校章

十文字学園女子大学キャラクター候補 03

おっと、因果関係が逆か。
「桐華祭」の名も趣旨は同じだろう。とりわけ女子大にありがちな現象として、Apotheoseも進んでいると理解しました(それがApoptosisに転じなければよいが)。

これだけではない。同年には、以下のとおり新設学科のためだけにキャラクターが募集された。

-----
(2012.02.21 十文字学園 新座だより No.37 抜粋)

本学短期大学部は平成24年度に「表現文化学科」を新設する。これを記念して昨年、全国から「跳ぶ」を象徴する絵や文章などの作品を公募して「表現文化大賞」を開催した。今年行われる第2回目の公募は、3月から5月末まで受け付ける。詳しくは2月、短期大学部のホームページに掲載予定。感性を生かしたたくさんの作品をお待ちしている。

短期大学部 第2回「表現文化大賞」公募要項

部門
①表現文化学科のキャラクターを描く
②「再生」をテーマに、詩を書く

公募期間
2012年3月1日〜5月末日

対象
全国の高校生、本学大学生・短大生、本学全卒業生
-----

「再生」がテーマだったのは無論、東日本大震災と関係があるだろう(2011年の卒業式は延期を余儀なくされ、6月5日に挙行されている)。

キャラクター部門の入賞者は次のとおり。

(優秀賞)
面来小百合(表現文化学科1年)
丸山怜華(文学科国語国文専攻2年)

(準優秀賞)
ヨウ キョウミン(文学科国語国文専攻2年)

画像は公表されていない。その後どのように活用されたのかも全くの謎。最高賞を得た面来は募集開始時にはまだ入学していなかった、というよりその時点では「表現文化学科」自体が設置されていなかったことがわかる。

驚くなかれ、同時期にはこんなキャラまで登場した。

-----
(2012.02.21 十文字学園 新座だより No.37 抜粋)

本学では、平成23年度冬期も引続き東北の被災地復興に配慮。さらに、停電を防ぐためにも、無理のない範囲での節電が求められていることから、省エネ推進プロジェクトがオリジナルキャラクター「もこやん」を使用した節電ハンドブックを制作。全学生および教職員へ配布し、節電キャンペーンを行っている。ハンドブックでは、冬の電力使用事情をはじめ、節電を意識した教室の使用方法、暖かく過ごすためのちょっとしたアイデアなどを紹介している。
-----

もこもこしたヒツジのキャラです(画像省略)。

謎は一層深まる。ああ、ゆるキャラ全盛の時代だったのねえとか、キャラ好き知事の率いる埼玉県のことだからねえなどと思う一方、この乱発ぶり、ゆるキャラブームに乗っかった人気取りの施策でしかなかったのかとも思います。結局、何が残ったのだろうか。

(続く)

2018年12月 2日 (日)

【加筆編】十文字家の一族:前段 ―― 謎の提示(十文字学園女子大学キャラ候補・プラスちゃん)

(承前)

そう言えばこないだ11月、横溝正史の推理小説「犬神家の一族」(なんてゾクゾクする字面だろう!)が新派の舞台にかけられた、とか出てたっけ(@大阪松竹座&新橋演舞場)。

てなわけで早速これ↓の続編、いきましょう。

埼玉県新座市
十文字学園女子大学
マスコットキャラクター

この公募では、2014年6月までの募集で394点を集め、7月に第1次選考で24点の候補に絞り込んだ後、第2次選考として人気投票を行った。当初学内投票を想定していたところ、結局一般投票となったらしい。4年余り経った今でも投票プラットフォームがネット上に残されていて、覗いてみたら結構ウケました。

http://www.jumonji-u.ac.jp/mailform/character.html

(投票候補 03)
M.M.
十文字学園女子大学キャラクター候補 03

増田繭美やね(絶対、前田昌克や村瀬まゆ美ではないと思う;伏線)。頭の花は[八重桜]と見える。キャンパスにいくらか桜の木があり、花どきには一般開放されたりもする模様です。[イチョウ]の[wand]とお腹の三色の[虹]の由来は謎(^_-)。けれど目が[栗の実]になるのは増田繭美/海山 幸にだけ見られる特徴。

【2015.06.30「キャラに幸あれ」】
岐阜県恵那市
公式キャラクター
エーナ
海山 幸
〔2014年10月発表〕
エーナ

うーん、なぜこの学園で[栗]なのかも謎、栗が名物の恵那市はともかく。どうやら新座市栗原の地が栗の産地だったらしいことまでは突き止めたんですが。(え!?ひょっとして栗じゃない!?だったらまたびっくり。)
恵那市と十文字学園の公募はほとんど同時に進行しており、結果が発表されたのも双方2014年10月。時期が近けりゃデザインは似る、の命題の好例の擬似双子と見ました。こういうのだと、いくら制定側が類似問題をウォッチしていても追い切れるものではないわな。

もひとつわかりやすいのはこれ。

(投票候補 14)
S.H.
十文字学園女子大学キャラクター候補 14

これは八谷早紀子。[★の瞳]はその専売特許である。

【2013.09.08「下ぶくれの神様」】
北海道枝幸郡枝幸町
枝幸町社会福祉協議会
マスコットキャラクター
えさっぴー
八谷早希子
〔2013年5月発表〕
えさっぴー

【2015.01.11「下ぶくれの神様 三たび」】・【2015.12.24「聖夜に深く不実はうずもれ」】
岩手県胆沢郡金ケ崎町
金ケ崎町社会福祉協議会
イメージキャラクター
かねっぴー(「わんこかねっぴー」Version)
八谷早希子
〔2014年11月発表〕
わんこかねっぴー

これだって同時期だ。でも頭の花は金ケ崎町の花[サツキ]なので、[桜]らしいS.H.作品とは明らかに別物ですよー(って言っとかんとわかりゃしねえ)。

微妙なバランスの問題か、[学帽]はむしろカップ麺容器か烏賊頭巾でもかぶった感じ。これを選んどきゃ、♪「赤いきつね」と「緑のたぬき」の向うを張っておしゃれな「さくら色した十文字ヌードル」なんぞを学内外に売り出す手もあったろうに。ナルトは2枚、学帽についた紅い[]のとお腹の四角い謎の[マーク]のを入れるべし。謎肉ならざる謎ナルト。
悪ふざけはほどほどに。でも、はーん、増田/海山こそむしろ八谷より[下ぶくれ]の女王かもしれんなどと考え始めている今日この頃。

もう一蹴り二蹴り入れとこうか。

(投票候補18)
M.M.
十文字学園女子大学キャラクター候補 18

いまいち確信が持てないけれど、こちらのM.M.が村瀬まゆ美ではないかと思う。

(投票候補 07)
M.I.
十文字学園女子大学キャラクター候補 07

これはおそらく誇り高きあの市原麻奈美だろう。

あれ、女性ガイダーばかりになっちゃった。

最終的に採用されたのはこれです↓。ピンクピンクしたガイダー作品とは一線を画す[しろくま] Teddy Bear。

プラスちゃん(投票候補 04)
M.H.
プラスちゃん

作者のフルネームは不明。ツルのウォッチしている大御所陣の中にこのイニシャルの持ち主はいません。10点以内に賞金1万円を贈るとされていた優秀賞についても、もはや情報は取れず謎のまま。

うーん、♪「白いくまさん十文字パスタ」の方がキャッチーかしら。発表は2014年10月25〜26日の学園祭、桐華祭で行われた(ただし「誕生」は同年10月10日とされている)。「夢見る“十文字の乙女”」と紹介されているから♀のクマです、超無理だけどww。
しかしここは、「最も女の子女の子していない」キャラが選ばれたことに注目すべきなんだろう。

ま、あの「リラックマ」(by コンドウアキ@サンエックス株式会社)と、J:COM(株式会社ジュピターテレコム)のケーブルインターネット「ZAQ」のキャラクター「ざっくぅ」をプラスして2で割った感じのキャラっすね。いろいろ、プラス思考ですなー(爆)。

(続く)

2018年12月 1日 (土)

もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その25:十文字学園女子大学キャラ候補)

(承前)

-----
番外ネタばかりでつなぎまくるのも愚blogの沽券にかかわるぜ(どんなプライドやら)。
-----

そうなんですよねーー。しょうことなしにコレ、引きずり出します。もっとも作者名が判明したとも言えないから、お作法に従って【無明の闇】にカテゴライズしますが。

埼玉県新座市
十文字学園女子大学
マスコットキャラクター
(投票候補 10)
A.S.
十文字学園女子大学キャラクター候補 10

ちょいと、いや結構前、2014年7月頃に投票対象候補として発表された、さる私学のキャラクター公募における作品。

[十文字]の絣らしいピンクのおべべに紫の袴(微妙にチマチョゴリ風ww)。∴女の子だろう、女子大だしね、[サル]だろけどキャッキャッ。まっかなおっきな[おリボン]つけたところより、[前髪ちょろ]でイニシャル[J]を表したらしいところがワンポイントと見るべきでしょうキャッキャッ。耳の前の2つずつの突起が何を表すのかはわかりませんキャッキャッ。[大学名]を英文で入れちゃったのは塩崎家らしいご愛敬、でも蛇足
微妙ぅぅぅに、「女子大生」に対する色眼鏡を感じてしまうのは、ツル自身にそういう無意識があるということなんだろうか???

投票段階から作者名は「A.S.」とイニシャル公表されていて、ということは「塩崎歩美」だか「塩崎あゆみ」だか「塩崎あゆ美」だか「塩崎アユミ」だかの確率が非常に高いと言えよう。(もっとも、昔日の吉田栄作みたいに「塩崎A一」なんて線もあるかもしれないが、ま、大差ないな。)
うーん、確かにどこかで見たデザインなんだよねー。[USA]、すなわちUnidentified Small Animalsなあたりで。しかも比較的最近・・・。

【その206】
愛知県一宮市
一宮市社会福祉協議会
公式マスコットキャラクター
いちぴょん
福添あゆみ
〔2017年11月発表〕
いちぴょん

【その202】
埼玉県入間市
入間市社会福祉協議会
マスコットキャラクター
いるまちゃん
塩崎エイイチ
〔2017年12月発表〕
いるまちゃん

【その204】
愛知県名古屋市中区
中日ビルタウン
イメージキャラクター
chutan
塩崎
〔2011年6月頃発表〕
chutan

【その166】
埼玉県所沢市
所沢市社会福祉協議会
平成28年度 所沢社協シンボルマーク
滝沢 卓(大阪市生野区)
〔2015年12月頃発表〕
平成28年度所沢社協シンボルマーク

こんなとこか、フフン。dejavuは常について回るんだけど。やはり塩崎認定に問題なしと見ます。

本公募では、「応募は一人(一グループ)1点まで」「自作で未発表作品に限り、他の作品と同一、類似または第三者の著作権等の権利を侵害していないものに限る」「最優秀賞作品(採用作品)以外の応募作品の著作権は、それぞれの応募者に帰属」などと明示されていたので、案外かっちりした公募だったのかもしれないとは思ったりはする(超伏線!)。「類似」とまで書いてあるその一言が決め手です。

採用対価は20万円あったことから、他のガイダー陣もだいぶ寄ってきたようですが、その話はまた回を改めて。

(続く)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想