« 【加筆編】十文字家の一族:中段 ―― 謎の一部の解明と新たな謎の提示(もっくん・十文字学園 シンボルマーク・ロゴ・校章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その221:板柳町キャラ 名づけて あぷりん) »

2018年12月 4日 (火)

【加筆編】十文字家の一族:後段 ―― 萬古不変の謎(ピヨとピコ)

(承前)

 

ここでもう一つ種明かしをすると、M.M.作品(候補 18の方の)とM.I.作品とを取り上げたのは他でもない。

 

十文字学園女子大学キャラクター候補 18

 

十文字学園女子大学キャラクター候補 07

 

こんなものがあるからさっ!!

 

日清食品株式会社
チキンラーメン シンボルキャラクター「チキラーズ」メンバー
ピヨとピコ
ピヨとピコ

 

2001年生まれの一卵性双生児の姉妹であるとやら。
ああ、[下ぶくれ]って、M.M.センセ、そういうことだったんすかムソルグスキーの呪物、「[卵の殻]をつけた[雛鳥]の踊り」って、M.I.センセ、こういうものっすか(爆)

 

チキンラーメンと言えばキャラクターはもちろん「ひよこちゃん」。変遷を年代順にまとめるとこうなる。

 

1958年
チキンラーメン 発売

 

1967年
キャラクター「ちびっこ」 採用 (*)

 

(*) 未確認だが「ちびっこ」の愛称は、このキャラクターも着ぐるみ出演していた当時のテレビ公開収録番組「日清ちびっこのどじまん」(1965.07.27〜1969.09.29放送 / 司会:桂 小金治 → 大村 崑)からの逆成ではないかと思う。なお、日清食品のもう一つの看板商品「出前一丁」の「出前坊や」とは別のキャラである。

 

1991年
キャラクター「ひよこちゃん」に交替 (**)

 

(**) Wikipediaには『「ちびっこ」に代わって1989年に登場した』とあるものの、日清食品サイトの記載に従っておく。

 

2001年
制定10周年でグループキャラ12点 追加投入・「チキラーズ」 形成

 

2010年
「ひよこちゃん」デザイン リニューアル(by play set products)

 

-----
play set products (プレイセットプロダクツ) とは、2002年より活動を開始した中野シロウ、西塚耕一、中原正博の3名によるデザインチーム
-----

 

おや、デザイン変更したのは集団化よりずっと後だったんだ。当初このリニューアルは「かわいらし過ぎる」とかでそれほど評判がよくなかったように記憶してますが。
中野とこのチームのことは、【2015.05.02「十年に一度の逢瀬:9」】でちょろっと取り上げました。厳密には、play set productsのサイトを見ても「ひよこちゃんのデザイン変更を手がけた」とだけ出ているので、他のキャラは日清がインハウスでいじったということになるのかな。

 

ここんとこ、日清食品は「ひよこちゃん=よいこキャラ」卒業の狼煙を上げまくってるとか。創業者安藤百福(ももふく)の半生のNHK朝ドラ化とチキンラーメン発売60周年で攻めに入ってる模様です(いかにも日清、な印象はあるけど)。これまた最近巷で話題になってるらしい「ちぃたん☆」(【2017.09.19「一匹の竜もし死なずば」】で取り上げた(丹波竜の)「ちーたん」とは異なる)とどっちがハジケてるんですかね。あんまり興味ないけど。

 

//

 

十文字学園が90周年ロゴ類制定と同じ年に省エネキャラを作り、一学科のキャラを企画し、その翌年に図書館キャラの企画を走らせ、さらにその翌年に全学キャラを導入した理由については、結局よくわからない。CI、VIに力を入れたというだけでは理屈がつかない気がします。
むろん、大抵の私学(特に短大)と同様に、この学校法人も経営は厳しそうである。このところ何が起きているか。

 

2011年
十文字学園女子大学社会情報学部・(旧)人間生活学部 募集停止
十文字学園女子大学(新)人間生活学部 開設

 

2012年
十文字学園女子大学短期大学部文学科(国語国文専攻・英語英文専攻) 募集停止
十文字学園女子大学短期大学部表現文化学科 開設

 

2015年
十文字学園女子大学人間生活学部(健康栄養学科・文芸文化学科) 開設
十文字学園女子大学短期大学部表現文化学科 募集停止
十文字学園女子大学短期大学部文学科(国語国文専攻・英語英文専攻) 廃止

 

2016年
十文字学園女子大学大学院(人間生活学研究科 食物栄養学専攻 博士後期課程) 開設

 

2017年
十文字学園女子大学社会情報学部 廃止

 

2018年
十文字学園女子大学短期大学部 廃止
十文字学園女子大学(旧)人間生活学部 廃止

 

改革の嵐が吹き荒れているわけです。「もっくん」作者が在籍していた短期大学部も既にない。かつては4年制に勝る規模を誇ったというのに

 

気を取り直しておまけです。
同学園は2022年に創立100周年となる。そこで今秋、またもや記念のロゴマークを公募していた。学園内になかなかの数寄者がおられるようですな。結果が出たら、気が向いたら、追加記載しますか。

 

・・・と思ってたら12月3日、つまり昨日、発表になってました。詰めが甘かったわ、ワタシ。

 

(最優秀賞)
小峯 亘(千葉県)

 

(優秀賞)
宮川さやか(長野県)

 

結局、今度は山形の考案し「十」のデザインは採り入れられず、[七宝繋ぎ]になったようです(画像省略っ!)。

« 【加筆編】十文字家の一族:中段 ―― 謎の一部の解明と新たな謎の提示(もっくん・十文字学園 シンボルマーク・ロゴ・校章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その221:板柳町キャラ 名づけて あぷりん) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【加筆編】十文字家の一族:中段 ―― 謎の一部の解明と新たな謎の提示(もっくん・十文字学園 シンボルマーク・ロゴ・校章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その221:板柳町キャラ 名づけて あぷりん) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想