« 【加筆編】桜吹雪舞い散るTemplate(白河ナンバープレート・弘前ナンバープレート) | トップページ | 【INDEX:一応完結】ご当地ナンバー第3弾 = 地方版図柄入りナンバープレート第2弾 作者先生リスト »

2019年1月24日 (木)

【加筆編】僻邪視のDogma(動く防犯の眼・犯罪ゆるさんステッカー)

(承前)

前回取り上げたこの作品↓の件なんですが。

福島県白河市・西白河郡矢吹町・同 西郷村・同 泉崎村・同 中島村
白河版図柄入りナンバープレート
(優秀賞)
<だるまナンバー>
福島県屋外広告美術協同組合白河支部
白河ナンバープレート(福島県屋外広告美術協同組合案)

身近などこかで見たような、いや、見られたような記憶が・・・。漠たる既視感。考え込んで地元下丸子の商店街を歩いていたら、店先でこんなものが目に飛び込んできて虚を衝かれた

東京都青少年・治安対策本部
東京都防犯ステッカー
「万引きを見逃さない!」バージョン
動く防犯の眼(万引き防止バージョン)

ああ、これだったか!!
八方睨みの三白眼で辺りを睥睨する黄色い[隈取り]の顔は確かに強いインパクトがある。抑止効果もだるまさんよりなんぼかパワーアップです。悪事や不正を糺す役どころという意味では歌舞伎「暫」の「筋隈」あたりがふさわしいのだろうけど、図柄は明らかに異なって「助六」あたりの「むきみ隈」。

結構よく見かける気がするけど、調べてみたら東京都ローカルのステッカーでした。もともと「地域に密着したクルマによる防犯」を意図して、2007年12月頃に東京都が警視庁と連携して作ったもので、「動く防犯の眼」なる名前まであるんだそうな(MisleadingなNamingだ)。当初は車などに貼っつけてどうこうするものだったわけです。

庁有車用:「防犯パトロール」
民間事業車用(車両用およびバイク・自転車用):「犯罪を見逃さない!」
動く防犯の眼

これがおそらく反響を呼び、万引き防止(ずいぶん前に、万引きの増加が商店経営を圧迫しているという記事を読んだことがある)なんかにも使用されるようになったのだろう。「飲酒運転させない宣言の店」の短冊ポスターになっているものも見かけたことがある。

しかしこのデザインは「個人使用はできません」という妙な縛りがあり(それって一体どうなのよ、趣旨に照らして)、そこが普及の妨げになっているようにも思われる。

深追いすると、都内にはこんなものまでできていた

東京都荒川区
犯罪ゆるさんステッカー
犯罪ゆるさんステッカー

こちらは地獄の[閻魔大王]が見てござる。

♪You can't escape my eyes
 Private eyes are watching you
 They see your every move

-----
(2016.06.21 荒川区サイト 抜粋)

安全・安心の街づくりをさらに前進させるためには、区民の皆様方一人ひとりが防犯に対する意識を持つことが必要です。
そこで、皆様方が簡単に、防犯活動に取り組めるよう、「犯罪ゆるさんステッカー」を作成いたしました。一人でも多くの方にステッカーを貼付いただき、街の安全を見守っていただきたいと考えておりますので、是非、ご協力ください。
-----

ははあ。「簡単に」というところが「動く防犯の眼」との大きな違い、あるいはわざわざ別なものを作った理由やねww。

-----
目的
目に付きやすい場所にステッカーを数多く貼付することで、犯罪を犯そうとする者を心理的に抑制する。
ステッカーを貼付してもらうことで、防犯意識を高めるきっかけをつくる。

使用方法
目に付きやすい場所(自動車、玄関先、壁面など)に貼付してください。

対象者
区内に住所のある個人または事業者
ステッカーを目立つ場所に貼っていただける方
-----

ツルの感想ですか?どれもどちらかと言えば嫌いです。こうしたものは「人を見たら盗っ人と思え」って言ってるのと同じだから。短絡的発想を強制してるのがイヤ。
つまりは互いに監視し合う警察国家的隣組発想。それが地域の結びつきであり助け合いだとするのは少々筋違いだと思う。最近静かに増えてきている気のする「子ども駆け込み寺」的ステッカー/ポスターと決して同じではない。

例えばね。
福島県屋外広告美術協同組合のサイトには、白河支部として以下の業者が出ている。

(有)池田工芸
エムアール
(有)サクラ店装
(有)シバ
(有)大洋社
トウホク工芸
(株)中川堂CS福島
ナカジマ広告
プランニング・アド(有)
水の谷工芸
(有)アダップ
富永看板店

となると、この中に「動く防犯の眼」をパクった犯人がいるということだ、みたいな話に短絡的に突っ走りがちでしょ。でもそう簡単に言い切ることは危険で、だからツルも「松戸」の時には慎重に調べた上で考え抜きました。それと似たようなもん。

ツルはそれでも、「だるまナンバー」はやはり「動く防犯の眼」の直接的影響下にあると思います。福島県屋外広告美術協同組合白河支部の12業者の誰もが、10年以上前からある東京都のクルマ用ステッカー(栃木県などにも使用許諾を出している様子だが、福島県については不明)のことを知らなかったとは考えにくいので。
追突防止にも役立つでしょ、という理屈に対しても、それはドライバーの心理を真に汲み取ったものなのかという気はするけど、そのことはまたいずれ。

あー、我ながら何だか平野敬子女史じみてきたわーー

― Inspired by "Private eyes" Daryl Hall & John Oates(1981リリース)―

(続く)

« 【加筆編】桜吹雪舞い散るTemplate(白河ナンバープレート・弘前ナンバープレート) | トップページ | 【INDEX:一応完結】ご当地ナンバー第3弾 = 地方版図柄入りナンバープレート第2弾 作者先生リスト »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【加筆編】桜吹雪舞い散るTemplate(白河ナンバープレート・弘前ナンバープレート) | トップページ | 【INDEX:一応完結】ご当地ナンバー第3弾 = 地方版図柄入りナンバープレート第2弾 作者先生リスト »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想