« 【緊急編】謎が謎呼ぶ、闇が闇呼ぶ(ちぃたん☆):1 | トップページ | 【加筆編】桜吹雪舞い散るTemplate(白河ナンバープレート・弘前ナンバープレート) »

2019年1月20日 (日)

【緊急編】謎が謎呼ぶ、闇が闇呼ぶ(ちぃたん☆):2

(承前)

次の記事にはもっと興味深いことがいろいろと出ている。

-----
(2019.01.18 J-CASTモバイルニュース 抜粋)

〔前略〕

もともと、「しんじょう君」の方が活動歴は長く、2016年には、ゆるキャラグランプリで優勝して一躍脚光を浴びた。須崎市の元気創造課によると、翌17年に対馬でニホンカワウソ発見かと報じられたのをきっかけに、ペットとして個人が飼っているメスのコツメカワウソと接点が生まれ、市が18年1月に観光大使に委嘱した。
-----

え!!そうだったのか!「対馬でニホンカワウソ発見か」の件は、【2018.07.15「ものやなぞると 人の問ふまで」】でちょっと取り上げたよなー。(ここには「個人が飼っている」とだけ書かれ、それがキャランドゥの関係者であることは明らかにされていないが。)
続けます。

-----
このカワウソと同名のゆるキャラ「ちぃたん☆」は、大きくなって妖精になったという設定で、しんじょう君と同じデザイナーが手がけて17年12月に生まれた。東京・秋葉原出身だとうたい、キャラ作りは、アイドルグループ「仮面女子」も所属しているクリーブラッツが手がけている。

〔中略〕

市は、ペットのカワウソについて、「観光大使を1年やって、PRの実績が確認できない」と判断し、17日付で大使を解任した。ちぃたん☆も、これを受けて、ツイッターのプロフィールなどから、観光大使の表記を削除している。
-----

「仮面女子」と言えば、「地下アイドル」という立ち位置で秋葉原で活動しているわけだけど、2014年7月にはメンバーの月宮かれん(17歳)が事故死するだの(自殺と示唆されている)、2015年1月には週刊文春が『オリコン1位「仮面女子」メンバーが事務所社長の“性接待”強要を告発!』を記事にするだの、2016年12月には研究生の川原結衣(21歳)がブログで妊娠・引退を電撃発表し、相手はこの社長ではないかと噂されるだの、2017年2月には神谷えりな(25歳)が殺害予告を受けていた旨記者会見を開くだの、とかくdarkな話題には事欠かない。
そして所属事務所の「クリーブラッツ アリスプロジェクト」は、キャラクター「ちぃたん☆」の秋葉原観光推進協会にも名を連ねている・・・。だんだん書くのが怖くなってきました。

けれど須崎市の悩みはもう別なところに移っている。

-----
海外の「商標」を市は懸念
とはいえ、観光大使を解任したとしても、ゆるキャラがしんじょう君に酷似している以上、今後もトラブルが予想される。須崎市元気創造課は1月16日、「市のキャラと間違えられることもあって、非常に困っています」とJ-CASTニュースの取材に答えた。
同課によると、ちぃたん☆を手がけるクリーブラッツは、海外進出に備え、韓国やアメリカで商標登録も済ませた。しかし、しんじょう君は、アニメ化され、19年秋に日本のほかアジア各地で上映を予定している。市は、韓国や中国、台湾でしんじょう君の商標登録をする準備をしており、「そっくりだとして、各国で登録申請を却下されたら困ります」と漏らす。
後発のキャラに食われる形になるのを心配しているわけだ。

〔中略〕

ちぃたん☆は、18年12月から関連会社のキャランドゥが運営し、キャラ作りの委託先がクリーブラッツになっている。市が誤解を受けて困っていることについて、キャランドゥは19年1月18日、「ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ありません。大使ではありませんがしんじょう君、須崎市が大好きなのでこれからも応援させていただきたいですし、お役に立てることがあればさせて頂きたいです」と取材にコメントした。
商標登録の件については、「複数のメディア様にご回答し弊社のお伝えしたいことが分散することは避けたいので申し訳ありませんが未回答で御願いします」とした。
-----

あれっ!?何か変。J-CASTニュースは、1月17日に解任が発表される前日に須崎市元気創造課に取材をした。なぜなんだろう?

しかしなんとまあ、とんだブラック企業じゃねえかよ。ついでに言えば、このキャラが須崎市のために「お役に立てること」など、もはや何もありはしないのに。須崎市もこれ以上手玉に取られてはいかんと思う。

-----
株式会社クリーブラッツ
東京都港区東麻布3丁目4番9号

代表取締役社長
池田せいじ
-----

その傘下のキャランドゥの概要は以下のとおり。

-----
株式会社キャランドゥ
東京都葛飾区青戸5丁目31番17号 金線0034号室

設立
2018年10月25日

代表取締役
池田作人

資本金
100万円

社員数
2名

事業内容
キャラクターの企画、デザイン、販売、インターネットコンテンツの企画、設計、制作、運用、管理
〔中略〕
芸能プロダクションの経営
〔後略〕
-----

「金線」は「金線サイダー」(三ツ矢サイダーの前身とされる)の工場跡に建ったマンションで、「数多くのミュージシャンに支持される本格的な防音室を完備」しているのが売り。当該0034号室は不動産屋に言わせれば「これぞデザイナーズといわんばかりの最上階のメゾネット、そうペントハウスです。リビングにある白い階段はまさに成功者だけに許される勲章といえます。」なんだとか。賃貸ですがね

なお、会社設立1ヵ月後、2018.11.29に所在地変更を行っており、

東京都港区東麻布2丁目25番2号

となったようです。

「池田せいじ」(本名:池田正流/まさる)はもと歌舞伎町のカリスマホストだったとかいう人物(「池田作人」はその親族だろう)。こんな書籍も出している。

「1億欲しいか! 芳晶せいじの華麗な成り上がり人生」
芳晶せいじ
辰巳出版株式会社
2006.04.10発売

ホスト引退後にクリーブラッツを立ち上げてアイドルプロデュース業に進出したわけ。
ううう、やっぱりねえ。
筋の悪い話。

//

結局、次の謎は残ったままである。

≪なぜ、端広こうは「しんじょう君」とそっくりな「ちぃたん☆」を作って秋葉原観光推進協会に提供したのか?≫

≪なぜ、東京のクリーブラッツ/キャランドゥが高知の須崎市に話を持ちかけたのか?≫

≪なぜ、須崎市は類似キャラの横行を許したのか?≫

しんじょう君(2代目)の制作当時、端広は高知市の大学生だったが詳細は不明、このペンネームを今も使っているかどうかは不明である。「Lancers」サイトには現在、「20代後半女性 高知県」との記述があるが、無論性別を含め定かではない(2019.01.17 最終ログイン形跡)。今も学生というはずはないだろうから、「責任ある立場ではない」という甘えも許されまい(cf. 2018.03.31「夜は若く、アナタも若かった。が、」)。

これら諸々に一気に解決を与えるためには、「端広はクリーブラッツ/キャランドゥの関係者になった」と考えるのが最も合理的であるような気がする。
でもねえ。そうすると、リデザインが稚拙過ぎる感じなんだよね。

ちぃたん☆3

ちぃたん☆4

これじゃカワウソじゃなくてネコだよ。しかも顔は完コピだし(笑)。

« 【緊急編】謎が謎呼ぶ、闇が闇呼ぶ(ちぃたん☆):1 | トップページ | 【加筆編】桜吹雪舞い散るTemplate(白河ナンバープレート・弘前ナンバープレート) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【緊急編】謎が謎呼ぶ、闇が闇呼ぶ(ちぃたん☆):2:

« 【緊急編】謎が謎呼ぶ、闇が闇呼ぶ(ちぃたん☆):1 | トップページ | 【加筆編】桜吹雪舞い散るTemplate(白河ナンバープレート・弘前ナンバープレート) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想