« 【加筆編】環境保全とリサイクル<img src="http://emojies.cocolog-nifty.com/emoticon/recycle.gif">の話:その2 | トップページ | 春の小川 »

2019年2月27日 (水)

【続報編】瓦解 崩壊 信頼 未来 ―― しんじょう君 vs ちぃたん☆(その後)

(承前)

ええと、土佐の高知の須崎市と東京秋葉原を舞台にした(でもないか)ゆるキャラ版仁義なき戦い、その後の展開です。

-----
(2019.02.15 日本経済新聞 抜粋)

テレビ東京は15日、ゆるキャラ「ちぃたん☆」が登場し、4月から開始予定だったテレビアニメ「妖精ちぃたん☆」の放送を見合わせると発表した。「ちぃたん☆」は、高知県須崎市のマスコットキャラクター「しんじょう君」に酷似し著作権を侵害しているとして、同市がテレビ東京に対処を求めていた。延期か中止かは「現時点では白紙」という。

同局宣伝部は「(ちぃたん☆の)運営事務所と須崎市との間で見解の相違があり、それが解消されるまで状況の推移を見守る」と説明している。

〔中略〕

「妖精ちぃたん☆」は、同局の子供向け番組「きんだーてれび」内で4月3日から放送予定だった。〔共同〕
-----

周知のとおり日経はテレ東の筆頭株主。身内のことを報じるのに共同通信の配信をもってしたわけだ(苦)。

これを受けて須崎市側はその日のうちに市長コメントを出している。

-----
(2019.02.15 朝日新聞 抜粋)

〔前略〕

須崎市の楠瀬耕作市長は15日、「ちぃたん☆のファンの皆様、テレビ東京やスポンサーをはじめとする関係者の皆様には申し訳なく思っております。しかし、本年1月17日にちぃたん☆の運営会社であるクリーブラッツ社に活動停止を申し入れましたが、その後もイベント出演やネット上でのタレントとの共演など、当市の申し入れは完全に無視され違法状態での活動を拡大させようとしております。この状況は誠に遺憾であり看過できないものと考えております」とのコメントを出した。

〔中略〕

キャラクター版の「ちいたん☆」は、フジテレビ系のスポーツニュース「S-PARK」内で不定期に放送されている「ちぃたん☆チャレンジ」にも出演している。フジ企業広報室は15日、今後の放送について「事実関係を確認し、適切に対処したい」と取材に答えた。
-----

ツルに言わせりゃ誠に遺憾なのはアンタ達の従来の権利意識だって同じだよ。これまで後手後手の対応だったのに比べ、今回はレスが早い、いや早過ぎる。誰かの差し金によるんでしょうww。

フジテレビもこの時点では「当面放送は控える」という態度だったと理解すべきなのだろう。「ちぃたん☆チャレンジ 〜ROAD TO 2020〜」は毎週日曜の23時15分から5分間程度放送されていたらしい。須崎市による活動停止申し入れが公表されたのが2月6日(水)、その後10日(日)からオンエアされてない模様です(ツル自身はテレビを見ませんが)。

スポーツ紙では次の情報が加わる。

-----
(2019.02.16 スポニチアネックス 抜粋)

〔前略〕

アニメ制作のスタッフによると「短編だと制作費は1本数百万円。4月放送を控え、少なくとも3本は収録済みのはずで1000万円ほどの損害があるのでは」とした。

〔後略〕
-----

小さい小さい、話が。
クリーブラッツ社長の池田正流/いけだ せいじ/芳晶せいじには「1億欲しいか! 芳晶せいじの華麗な成り上がり人生」という著書だってあるのだよ(cf. 2019.01.20「謎が謎呼ぶ、闇が闇呼ぶ:2」)。
片やしんじょう君も須崎市のふるさと納税額年間10億円突破に与って大とされているんだぜ(cf. 2019.02.08「瓦解 崩壊 信頼 未来 (2)」)。

そして翌日、遂に須崎市は法的措置に踏み切った。

-----
(2019.02.22 スポーツニッポン 抜粋)

高知県須崎市の公認キャラクター「しんじょう君」に酷似し著作権を侵害しているとして、活動停止を求めている人気ゆるキャラ「ちぃたん☆」について同市は「ちぃたん☆」の標章及び着ぐるみの使用停止を求める仮処分を申し立てたと22日発表した。
市の公式サイトでは、「ちぃたん☆」の商標登録を出願した東京の芸能事務所に「ちぃたん☆」の活動停止を求めたにもかかわらず「テレビ番組への出演や有料ファンサイト開設、SNSでの投稿を行うなど、ちぃたん☆の活動を継続し、また、関係者を介して直接当市職員に接触を繰り返し、当市に対し損害賠償請求を示唆するなど、実質的かつ本質的な協議が困難な状況にありました」と説明。
さらに「同社は独善的な主張を繰り返し、ちぃたん☆の活動を止めないばかりか、都内各所でちぃたん☆の着ぐるみをゲリラ的に出現させたり、格闘技告知イベントへ登場させたりするなど、かえって活動をエスカレートさせております」と報告してから「上記状況をもはや看過することはできず、平成31年2月16日、東京地方裁判所にちぃたん☆の標章及び着ぐるみの使用停止(著作権法112条1項、不正競争防止法3条1項、2項、商標法36条1項)を求める仮処分を申し立てしました」と発表した。

〔後略〕
-----

「格闘技告知」とは、2月11日に渋谷で行われた、K-1「K'FESTA2」告知イベントへの出演のこと。ま、地方の一自治体風情m(__)mが活動停止を申し入れたぐらいでいちいちキャンセルしてたら、二度とお呼びがかからなくなっちまうわな。しかし、激おこの須崎市には格好の材料を与えた形です。

一番気になるのは、「関係者を介して直接当市職員に接触を繰り返し、当市に対し損害賠償請求を示唆」という件りですね。「関係者」がどの筋を指すかは不明ですが、まあ弁護士先生などではあるまい。「当市職員」が元気創造課元気創造係の守時 健を意味することは間違いないだろう。恫喝的な言動があったりもしたんですかね?

相変わらず、作者「端広こう」の存在は謎に包まれている。唯々諾々と類似キャラを制作したことについて、デザイナー村ではどのように受け止められてるんでしょう。
「日本最大級のクラウドソーシング」を謳う公募サイト「Lancers」には、「KOH_HASHI」名義で2018年5月16日に登録している(最終ログインは現在のところ2019年1月17日、つまり須崎市がクリーブラッツに活動停止を申し入れた日)。ホストクラブのキャラクター応募があったりして、笑えます。

-----
はじめまして、端広こうと申します。
「ホストクラブ店舗のキャラクターデザイン」にご提案いたします。

ニヒルな表情のウサギのキャラクターです。
表情やポーズは柔軟に対応できます。

ご一考いただけましたら幸いです。

端広こう
-----

これだったら池田社長のつてを頼っていった方が確実じゃない?ww

« 【加筆編】環境保全とリサイクル<img src="http://emojies.cocolog-nifty.com/emoticon/recycle.gif">の話:その2 | トップページ | 春の小川 »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【加筆編】環境保全とリサイクル<img src="http://emojies.cocolog-nifty.com/emoticon/recycle.gif">の話:その2 | トップページ | 春の小川 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想