« 【加筆編】人々の暮らしと智恵(市原ナンバープレート) | トップページ | 【加筆編】地域産業と人々の暮らし(佐伯市ナンバープレート) »

2019年3月23日 (土)

【加筆編】てんこ盛りHyper Imagination(市原ナンバープレート)

(承前)

 

「市原」候補作品Aの作者コメントに出てきた、「アンケートで多数票のあった市原の美しい特色が前面に出るようにしています」という言葉が気になってちょっと調べてみると。

 

公募の前年の2017年9月、ご当地ナンバー導入に関する市民アンケートが実施されており、その中で「(導入された場合は)どんな図柄なら取り付けたいと思うか」というQに対し、他を相当引き離して上位三傑を占めたのは;

 

「市の花コスモス・市の木イチョウ・市の鳥ウグイス」
「小湊鉄道」
「養老渓谷の紅葉」

 

だった。

 

つまり垂水は、そのうち[小湊鉄道]をメインに、[市の鳥]をスパイスに使って、言い換えれば絞り込んで勝負に出たわけ。
一方、それとは対照的にスーパー全部乗せに仕立てたのがこのあたり。

 


<The Ichihara>
市原ナンバープレート(優秀賞C)

 

-----
市原市代表的なもので市原市を表現してみました。
[小湊鉄道]から市の花[コスモス]、市の木[イチョウ]、市の鳥[ウグイス]及び養老渓谷の[観音橋]、[紅葉]まで、市原市特有なアイデンティティーを厳密な計算でフレームに組み込んでみました。
-----

 

「厳密な計算」がウリでこれっての・・・ひどく脱力しますな。いや、素人にはそれとわからぬところこそプロの計算づくというものであろうか。(だったら言葉で書くなよ

 


<市原市オールスター勢揃い>
市原ナンバープレート(優秀賞E)

 

-----
市原市にある数多くの有名な名所を揃えました。左上から養老渓谷の[紅葉]、[チバニアン]、[トロッコ列車]、[高滝湖]、[ゴルフ場]、[鶴舞公園]、[コスモス畑]、[田園風景]、[ダイヤモンド富士]、[国分尼寺]、[五井東口]、[コンビナート]と[夜景]。そこへ緑の[五線譜]のそよ風が吹き、[梨]や[イチジク]、[コスモス]、[イチョウ]が譜として奏でています。[オッサくん]は絶対必要かと存じます。このナンバープレートをつけて市外や他県に行った時、それを見た人たちが、市原市の見どころの多さに関心を持って来てくれれば、という願いをこめました。
-----

 

胸焼けしそう・・・。ひたすら盛りに盛っただけで、ストーリーもコンセプトも成立してはいない。(盛り過剰で、コスモスなんて2回出てくる。)

 

制定側がガイダンスを出すことを一概に否定するものではないけれど、結局問われるのはデザインする側/伝達する側のリテラシーということになるのじゃないかな。意図が伝わらなければデザインではないだろう。

 

市民アンケートは、調査票郵送と同市サイト上とで実施され(後者は「誰でも回答可能」だったので厳密には市民限定ではない)、ご当地ナンバーの導入自体に対しては「ぜひ取り付けたい」「まあまあ取り付けたい」の合計が前者では65.7%、後者では79.3%と、それなりに高い賛同を得ていた。住民の合意は形成されていると言い得たわけです。

 

賛成理由の中から目を惹くものを適宜抜き出すと;

 

・袖ヶ浦の知名度が低いから。
・袖ヶ浦ナンバーの地域が広すぎると感じていたから。
・現状の「袖ヶ浦」ナンバーにとても違和感があるから。

 

など。一方、反対理由としては、「今のままで支障ないから」が多く、「袖ヶ浦ナンバーに愛着があるから」はその約3分の1と少数。「その他」として;

 

・市に財政負担がなくてもどこかが負担する。税金のむだである。
・導入に効果があるのか。もっと他のもので「市原」をアピールすべき。
・「市原」の知名度が低く、田舎っぽい印象だから。
・市原の交通マナーが悪くて恥ずかしいから。
・住居地を特定されたくないから。
・房総半島としての一体感を持っていたいから。

 

といった結果だった。

 

もっと興味深いのは自由記載の意見・感想で、いくらか拾ってみると。

 

(肯定的意見)
・市原ナンバーができたら更に市原に誇りが持てる。
・他県で「袖ヶ浦」はどこかと尋ねられることがあるので、「市原」ナンバーを使用することは、全国へPRする手段として有効だと思う。
・「市原」ナンバーを付けることで、事故、違反など無い運転をひとり一人が心掛けると思う。

 

(否定的意見)
・ムダな税金は使わないで欲しい。
・市原ナンバーで地域が活性化するとは思えない。
・地名だけ知れ渡っても中身がともなわなければ意味がない。
・市原の人は運転マナーが悪いので、「市原」に悪いイメージがつきそうだ。

 

(デザイン関連)
・市原と聞いて思い浮かぶ代表的な観光地やランドマーク的なものがない。
・どこにでもある紅葉などでは「市原」とわかりづらいと思う。市原ならではのものを。
・工場の風景は公害イメージがあり好ましくない。
・図柄、カラー等が選択できればよいと思う。

 

(その他)
・「市原」ありきではなく、公募にて決定してほしい。
・ひらがなで「いちはら」にする等の工夫がほしい。
・「市原」をPRするのなら、まずは「五井駅」を「市原駅」にする方がよい。
・現行の袖ヶ浦ナンバーと市原ナンバーを選択できれば、なおよい。
・「市原」では住んでいるところが特定されてしまうのでせめていくつかの市と一緒に導入してほしい。

 

全うなものから住民エゴに類するものまで、様々な本音が並んだ印象。
個人的には、「居住地を特定されたくない」という意見が意味するところについて考え込んでみると、怖い気がしてくる。個人情報保護とはそんなに偉いものなのか。社会を弱体化させる側面も持ち合わせてはいないか。

 

あ!!候補作品Eのスーパーてんこ盛り発想は、「代表的な観光地やランドマーク的なものがない」に対する反論だったのかあ!!そっかそっか(爆)
「工場の風景は公害イメージがあり好ましくない」というのも、あの「四日市」に対するアンチテーゼになってるなw。

« 【加筆編】人々の暮らしと智恵(市原ナンバープレート) | トップページ | 【加筆編】地域産業と人々の暮らし(佐伯市ナンバープレート) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

はー、ココログリニューアル後のゴタゴタをやっと全解消することができましたわー。
「復旧済み」とか公式サイトには載ってても、そうでないことはやっぱり多いのねえ。
やれやれ、この期に及んで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【加筆編】てんこ盛りHyper Imagination(市原ナンバープレート):

« 【加筆編】人々の暮らしと智恵(市原ナンバープレート) | トップページ | 【加筆編】地域産業と人々の暮らし(佐伯市ナンバープレート) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想