« もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その28:やらにゃん候補) | トップページ | 【加筆編】やむにやまれぬやらにゃん?やるでば!(やらにゃん)その2 »

2019年4月27日 (土)

【加筆編】やむにやまれぬやらにゃん?やるでば!(やらにゃん)その1

(承前)

前回取り上げた新潟県胎内市の「やらにゃん」公募は2010年4~5月に募集されており(大伏線)、第1次選考を通過した25点を対象に、5月16日~6月6日に第2次選考の投票が実施され、5点が第3次の最終選考に進んだ。
かなり驚くべきことに、今もネット上に投票チラシやweb投票プラットフォームがひっそりと残る。

http://www.tainai-kentei.com/img/pass2.pdf
http://www.tainai-kentei.com/yaranyan_vote/vote5.cgi

公表された投票結果は次のとおり。

〔市民投票:733票〕
1位 186票
No.1
(女性:15歳:胎内市あかね町)
Yaranyancandidate1

2位 83票
No.5
(男性:52歳:横浜市)
Inoueyaranyanoriginal_1
3位 55票
No.6
(男性:47歳:新潟県燕市)
_shigi_yaranyancandidate6

〔web投票:905票〕
1位 135票
No.5
(男性:52歳:横浜市)
Inoueyaranyanoriginal_1
2位 129票
No.8
(不明)
Yaranyancandidate8
3位 116票
No.21
(女性:30歳:大阪市)
やらにゃん候補
-----
(2010.06.11 胎内検定Blog 抜粋)

最終審査に進む作品は、市民・WEB投票の上位3作品ずつですが、重複しても繰り上げはしないというルールですので、以上5作品が、13日の最終審査に進みます。
-----

実地の市民投票では票差が大きくついたのに比べ、web投票の方は結構接戦だったんですねえ。
No.6は作風と居住地からして信貴正明/美和作品で間違いないだろう。
No.8が[弓]をつがえているのは、源平期のご当地の女武将で弓の名手、「巴板額」と武勇を謳われた[板額(はんがく)御前]を表したもの。

すっっごく不思議なのは、市民投票において大差で1位となったジモティ作品のNo.1がweb投票では3位内にも入らなかったこと(大伏線2)。異常値ですよねこれ。上記Blog記事には「中条地区では圧倒的得票を集め」と出ていた。ご当地は平成大合併で北蒲原郡の中条町(なかじょうまち)と黒川村が(それなりのすったもんだを経て)2005年9月に新設合併したところ。あかね町はむろん中条町側。何の機巧絡繰もなかったと考える方が無理な気がする・・・。

結局、採用されたのはこれです。

新潟県胎内市
胎内検定実行委員会
胎内検定マスコット
胎内市観光大使
やらにゃん(投票候補 No.5)
井上ひさと(52歳:神奈川県横浜市)
そう、この前年の2009年、金太郎キャラ公募で割りを食った(いや、むしろ逆に漁夫の利を貪ったのかな?)あの元サンリオデザイナー「井上ひさと.」が作者である(cf. 2013.01.06「金太郎出世譚」)。

-----
(2010.06.11 胎内検定Blog 抜粋)

かわいらしい顔と耳に被った[矢印]型の[帽子]が特徴の[猫]です。
矢印は「胎内をもっと知ろう!」という上向きのベクトルを表しています。
-----

-----
(Wikipedia 抜粋)

名前の「にゃん」の響きから[ネコ]のキャラクターであり、耳にかぶっている矢印型(↑)の帽子と額の「や」の字が特徴。[矢印]は胎内検定と胎内市の進むベクトルで、[や]の字は、胎内弁の誘う・促す意味の「やらにゃん」の「や」とやる気の意味の「やるでば」の「や」の二つの意味がある。
-----

なお、「生年月日」は「平成17年9月1日」とされているけれども、これはややmisleadingで、実際には上述の合併の効力発生日であるに過ぎず、キャラクター公募プロセスとは関係がない。

-----
(2010.06.14 胎内検定Blog 抜粋)

当初このキャラは[鉛筆]を持っていましたが、体験型の胎内検定は「エンピツいらず」のキャッチフレーズで行こう!ということになり、2次審査終了後に急遽、井上さんが[虫眼鏡]にかえて作り直してくれました。
-----

Inoueyaranyanfinal
このバージョンでは眉が描き加えられてややパンチの効いた顔つきになっているけれど、「眉つき」がスタンダードになったわけではないようです。
えっと、「エンピツいらず」とは、体験型のイベント形式とし、五感を働かせて参加する(よってご当地グルメの味覚つき!)ということを意味している。

しかし語るに落ちたり。最終決定する6月13日の第3次選考より前に、デザイン補整をかけたというわけですね?ね?ね?
では聞くけど、それは真に公正なやり方で行われたんですか?例えば、最終候補5点全てに同様の依頼をしたとかさ(大伏線3)。

募集要項には;

-----
また胎内検定のコンセプトに即して、募集も「誰でも参加できる」WEBと胎内市内での公募とし、選考は参加したい方は誰でも気に入ったキャラクターを選べる方法を採用しました。WEB投票と市民投票を行い、その後公開審査で決定するという透明度の高い公募で行います。
-----

なんて書いてあるけど、それはまやかしではないのか。この問題はまたじっくり考えてみよう。

このキャラクター、現在管理しているのは一般社団法人 胎内市観光協会のようですが、ありがちな話でファミリー化している。

やらにゃん(10歳)
父:やるぞう(43歳)
母:やるよ(31歳)
祖父:やるへい(60歳代)
祖母:やるちよ(60歳代)
弟:やるすけ(7~9歳)
妹:やるみ(5~7歳)

3世代、子どもは3人のほぼフルセット家族モデル。
うーん、何のために表情考え中。弟妹の年齢がいまいち不詳だというのも変な話で表情嬉しい汗

(続く)

« もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その28:やらにゃん候補) | トップページ | 【加筆編】やむにやまれぬやらにゃん?やるでば!(やらにゃん)その2 »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その28:やらにゃん候補) | トップページ | 【加筆編】やむにやまれぬやらにゃん?やるでば!(やらにゃん)その2 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想