« 【加筆編】団塊の世代の執念 | トップページ | <img src="http://emojies.cocolog-nifty.com/emoticon/spade.gif"><img src="http://emojies.cocolog-nifty.com/emoticon/heart.gif">さよなら平成スペシャル企画<img src="http://emojies.cocolog-nifty.com/emoticon/club.gif">【特別編】おさらばさらば!PNまつり!! 第22弾(にいがた元気プロジェクトキャラ) »

2019年4月 8日 (月)

【加筆編】前期高齢者とて執着(長野植樹祭・東京育樹祭・森ずきんちゃん・愛知植樹祭)

(承前)

 

植樹祭/育樹祭フィールドでは、もう1人スペシャリスト的強力ガイダーが存在する。愚blogではあまり取り上げたことがなかったけれど、盛 秀雄で御座居ます。

 

長野県
第67回全国植樹祭 シンボルマーク
盛(もり) 秀雄(青森市)
〔2016年開催〕
長野植樹祭

 

-----
長野県の[N]の文字をモチーフに、「信濃の山々」と、そこに生息する県の鳥[ライチョウ]と「[森]の文字」を組み合わせて表現しました。「信濃から 未来へつなぐ 森づくり」を発 信する県民の姿をイメージし、シンボルマーク化しました。
-----

 

青森でも使えるし、兵庫県三木市あたりでもいけそうな

 

〔大会テーマ〕(cf. 前回)
「ひと ゆめ みどり
 信濃から 未来へつなぐ 森づくり」
池永一広
兵藤怜美

 

〔ポスター原画〕
中村実紘(みひろ)(長野県高遠高等学校2年)

 

その翌々年には。

 

東京都
第42回全国育樹祭 シンボルマーク
盛(もり) 秀雄(青森市)
〔2018年開催〕
東京育樹祭

 

3点セットのうち、シンボルマークは都民から意見募集もしたらしい。まるで知らんかったけど。(ついでに言うと、テーマとシンボルマークは2016.04.11〜05.31の募集だったところ、〜06.10まで延長されている。盛り上がりに欠けたのは間違いなさげ。)

 

-----
(講評)
[スコップ]や[苗木]を持っている[切り株]と[葉]のキャラクターが、デザイン全体で森林の循環を上手に表現している。[TOKYO]の文字と色が、葉脈に溶け込むような形でさりげなく入っており、都で開催する育樹祭のシンボルとしてふさわしい作品である。
-----

 

(優秀賞)
当具かおる(三重県名張市)
三巻保征(新潟県三条市)
工藤和久(青森県弘前市)

 

(佳作)
池田克也(埼玉県狭山市)
梅村元彦(愛知県春日井市)
古室英恵(東京都立つばさ総合高等学校1年)
小野由理(東京都立荒川商業高等学校2年)
吉野遥香(東京都立工芸高等学校3年)

 

当具 薫も傘寿に近い御歳のはず(cf. 2018.08.14「おどま勧進 かーんじん あん人たちゃ よか衆」)。性別不明。

 

〔大会テーマ〕
(最優秀賞)
「育樹から 木のある暮らし つないでく」
羽渕敏伸(東京都渋谷区)

 

-----
(講評)
樹を育てることによって、木のある暮らしが守られ、さらに育樹につながっていくことを表現している。私たちの日常の生活が森林循環の一翼を担い、森林を守ることにつながっていくというメッセージとなっており、都にふさわしいテーマである。
-----

 

(優秀賞)
「樹を育て 活かして築く 森・未来」
和田 勉(つとむ)(宮崎市)
「都市(まち)つくる 未来をひらく 森づくり」
福島 進(埼玉県本庄市)
「100年後 みつめて育てる 樹のみどり」
夏田信身(大阪府堺市)

 

(佳作)
「子供らへ 未来に育め 希望の樹」
田久保茂和(福岡市)
「回れ回れ森林サイクル 植えて育てて使って植える」
西村 嘉浩(神奈川県相模原市)
「みどりの恵みに感謝して 植えよう!育てよう!引き継ごう!」
吉岡敏郎(東京都豊島区)
「たいせつな 樹に ありがとうの 水あげよう」
山野大輔(大阪府堺市)
「東京発 はぐくむ緑 のびゆく未来」
池田克也(埼玉県狭山市)

 

そう、池田はダブル入賞している。

 

〔ポスター原画〕
鎌仲思実(ことみ)(東京都練馬区立開進第三中学校2年)

 

-----
(講評)
明るい作風で仕上げられており、ポスターにした時の華やかさやインパクトを感じる。子どもらしい雰囲気の中でも、しっかりと育樹が表現されており、未来に向かっていく距離感なども上手に組み込んでいる。大会テーマとの相性もよく、ポスター原画としてふさわしい。
-----

 

どれもこれも「ふさわしい」でまとめちゃった。でも東京開催ってこと自体、育樹祭には似つかわしくないイメージやね。

 

そしてさらにその次の年、つまり今年の6月にはこれが活躍するんであろう。

 

愛知県
第70回全国植樹祭 マスコットキャラクター
森ずきんちゃん
盛(もり) 秀雄(青森市)
〔2019年開催予定〕
森ずきんちゃん

 

-----
・愛知県の[A]の字をモチーフに、愛知県の森に住む、[葉っぱ]を巻いた元気な女の子をイメージし、キャラクター化しました。
・手には、[苗]と[シャベル]を持たせ、大会テーマの「木に託す もり・まち・人の あす・未来」を強調し、表現しました。
-----

 

すごいでしょ、[スコップ/シャベル]と[双葉]のバリエーション。発想は東京の丸パクり、じゃなかった完コピ。[aichi]も入ってるし。

 

「大会テーマ・シンボルマーク・ポスター原画専門委員会を設置し、審査を行い決定」したとされているのに、結局「マスコットキャラクター」を制定することとなった。そこは次点も同じ

 

(優秀賞)
トノとカブのすけ
陣条和榮(兵庫県神戸市)
モーリー
落合智江(愛知県名古屋市)
あいばくん
斉藤あむ(東京都目黒区)
愛知植樹祭(優秀賞)

 

有象無象の次点までいちいち取り上げていたらきりがないけど、落合作品なんてただの塩真似です。きっと、シンボルマーク類のキャラクター化という潮流の中で捉えりゃいいんでしょうが、それにしてもなあ。

 

〔大会テーマ〕
「木に託す もり・まち・人の あす・未来」
大井田雄策(東京都大田区)

 

(優秀賞)
「緑で築く、未来の森林(もり)と都市(まち)づくり」
齋藤慶寛(東京都文京区)
「きらめく緑 人・未来」
金田則子(群馬県高崎市)
「響きあう まちと森 活かしあう 人ともの」
濱田典佳(富山県黒部市)

 

〔ポスター原画〕
「ぼくの木」
齋藤悠大(愛知県西尾市立津平小学校2年)

 

このところ、盛の年齢は公表されていない(それは一般的な傾向でもあろうけれども)。しかし2014年3月に京都市が発表した「地域コミュニティ活性化ロゴマーク」の佳作に入った際には59歳とされており(cf. 2018.02.20「未来へと噴き出す血潮:上」)、そこを基準にすれば現在64/65歳ということになる。
原則、「前期高齢者」は65歳〜74歳、「後期高齢者」は75歳〜を指すとされているので、前者にさしかかったところです。ついでに言うと、前回触れた「団塊の世代」つまり1947〜1949年生まれも現在まだ前者に該当してまス。

 

//

 

全国植樹祭と全国育樹祭は、各都道府県と公益社団法人 国土緑化推進機構とが主催している。ということは、同機構はこうした公募の実態を当然知っていることになる。もちろん各都道府県だって、「先催県」「先進事例」についての情報収集にはおさおさ怠りないわけ。
「他所のことだから無関心でしょ」では全くない。逆に「前例に倣っておけば無難でしょ」という態度しか見えてこない。そこが、「こんな公募など意味レスだ」と考える由縁です。

 

ああ、全てが、がんじがらめに絡め取られている気がする・・・

« 【加筆編】団塊の世代の執念 | トップページ | <img src="http://emojies.cocolog-nifty.com/emoticon/spade.gif"><img src="http://emojies.cocolog-nifty.com/emoticon/heart.gif">さよなら平成スペシャル企画<img src="http://emojies.cocolog-nifty.com/emoticon/club.gif">【特別編】おさらばさらば!PNまつり!! 第22弾(にいがた元気プロジェクトキャラ) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【加筆編】団塊の世代の執念 | トップページ | <img src="http://emojies.cocolog-nifty.com/emoticon/spade.gif"><img src="http://emojies.cocolog-nifty.com/emoticon/heart.gif">さよなら平成スペシャル企画<img src="http://emojies.cocolog-nifty.com/emoticon/club.gif">【特別編】おさらばさらば!PNまつり!! 第22弾(にいがた元気プロジェクトキャラ) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想