« 【もやもやの蛇足】Rock on the Road! お祭りソングに注いだ情熱:作詞家と振付師と・・・ | トップページ | 似て非なるもの - ダークダックス vs デューク・エイセス vs ボニージャックス(後編) »

2019年6月 8日 (土)

似て非なるもの - ダークダックス vs デューク・エイセス vs ボニージャックス(前編)

祭りと言えば、子供の頃3、4年住んでいた福岡県大牟田市に「大蛇山」という夏祭りがあった。祗園会系の祭礼で、無論今でもご当地最大の行事。ご当地キャラの「ジャー坊」(cf. 2018.11.13「ゆるキャラGP2018投票のこと」・2018.11.19「仍って件の如し ―― ゆるキャラGP2018の結末」)はこの大蛇の山車を象ったもの。
その頃、「大蛇山ばやし」なる曲が作られて、確か小学校5年の運動会で踊りを踊らされた記憶がある。歌っていたのがダークダックスかデューク・エイセスかボニージャックスかだったんだよね。なぜか実家にも豪華仕様のシングルレコードがあった(父親が職場でもらってきたものだったような)。子どもの頃からいつも見分けが(もちろん聴き分けも)つかなかったけど、どのグループだったんだろう??

というわけで、今回は昭和の時代の男性4人組の歌手のお話です。

ぶっちゃけ、どれも嫌いだったんよねーー、すっごく。なんでこんなにコーラスが薄っぺらいんだろう、ぐらいに思っていた(個人の感想です)。さりながら、嫌いなものを前にすると燃える質。

以下、結成順に並べてみます。メンバーには変動もあるので、取り敢えず1970年現在で。半世紀前、大阪万博の年にFlash Back!


【ダークダックス/Dark Ducks】
活動期間:1951年~2016年

〔トップテナー〕
高見澤 宏(ひろむ)(1933.11.09~2011.01.07)
〔セカンドテナー〕
佐々木 行(とおる)(1932.02.18~2016.06.20)
〔バリトン〕
喜早 哲(きそう てつ)(1930.11.08~2016.03.26)
〔バス〕
遠山 一(はじめ)(1930.05.26~)

慶應義塾大学の男声合唱団ワグネルソサエティのメンバーにより在学中に結成されたクァルテット(当初は3名で、翌1952年に入学した高見澤を加えて4名となった)。ロシア民謡といえばダークダックス、てなもんであったそうな。
このグループのみメンバーが一度も変わらず(最年少の高見澤が亡くなった後も補充はしなかった)、そのことは誇りだったようである。1987年には、「メンバーが変わらない日本で最も長期にわたって活動するコーラスグループ」というすっごく微妙なギネス世界記録に認定されてます。また、リーダーを明確な形では決めていなかったようで、一番自然発生的な経緯を持つということらしい。
因みにメンバー全員スキーが趣味(微伏線)。


【デューク・エイセス/Duke Aces】
活動期間:1955年~2017年

〔トップテナー〕
谷口安正(1939.06.28~1990.12.31)
〔トップテナー → セカンドテナー〕
吉田一彦(1936.01.25~:2015.03引退発表)
〔バス → バリトン:リーダー〕
谷 道夫(1934.11.08~)
〔バス〕
真木野(槇野)義孝(1936.02.24~)

「Aces」を「エイセス」と読んだのが時代を感じさせます。一番ポップス路線に近かったらしい。一方で「ゴスペル」と呼ばれるようになる前の「黒人霊歌」なんかも歌ってたそうな(ひょっとしたら両者は別物なのかしら)。3グループ12名の中で一番若かった谷口(とはいえ1939.09.01の第二次世界大戦開戦より前の生まれである)が一番早く亡くなったのが皮肉です。享年51、脳出血だった。


【ボニージャックス/Bonny Jacks】
活動期間:1958年~

〔トップテナー〕
西脇久夫(1936.01.29~)
〔セカンドテナー〕
大町正人(1937.07.20~2011.07.08)
〔バリトン〕
鹿島武臣(1934.01.01~)
〔バス:リーダー〕
玉田元康(1934.05.31~)

こちらは早稲田大学グリークラブのメンバーで結成。どうやら、レパートリーのジャンルは最も広かったらしい。「歌の伝道師」の異名を取ったとやら(詳細不明)。

「大蛇山ばやし」は、調べてみたら、1972年7月に大牟田市制55周年を記念して発表されたものだった。あれ、そうするとツル的にはアレは小4の運動会の時だったのかな??
作詞 安元 薫、作曲 中村八大(はちだい)、歌はデューク・エイセス。中村は時代の寵児だった超大御所で、生まれは中国・青島ながら、ご当地にも近い福岡県久留米市で育ったので、その辺の引きがあったのかもしれない。安元は大牟田市教育長だったヒトで、ご当地の夏祭り実行委員長なども務めていた。あーーー、だから小学校で踊るような羽目になったのか!!この1回だけだった気がするけど。次の年だったか、学校の先生に「今年は大蛇山ばやしは踊らんとですか」と聞いたら「いいや。ひゅうなかったろうが、あの歌は」と言われて、「ああ、大人もそう思ってたんだ」と妙に納得した記憶がある。「ひゅうなか」とは筑後弁で・・・いや、やめとこう。適宜ご想像下さい。ま、宇崎竜童の言葉を真似て言うなら、めっきり「ご当地ソングのようなもの」だった印象。でも、今でも踊られているらしい、「炭坑節」に次ぐ第二の踊り唄として。


で、いきなりですが、ここで抜き打ち試験です。

【問題】
以下の10曲はいずれもダークダックス、デューク・エイセス、ボニージャックスのいずれかによってレコード化された楽曲である(五十音順)。これらにつき、下記の問いに答えよ。

(1) 各楽曲をレコード化したグループを答えよ。(答は1つとは限らない)

(2) これらの楽曲は主に1960年代に発売されているが、1950年代のものが1曲、1970年代のものが1曲含まれている。それはどれか。

①「いい湯だな」
♪いい湯だな ハハハン

②「一週間」
♪テュリャ テュリャ テュリャ

③「おさななじみ」
♪おさななじみの 想い出は

④「女ひとり」
♪京都 大原 三千院

⑤「銀色の道」
♪遠い遠い 遥かな道は

⑥「ちいさい秋みつけた」
♪ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋

⑦「手のひらを太陽に」
♪僕らはみんな 生きている

⑧「遠くへ行きたい」
♪知らない街を 歩いてみたい

⑨「山男の歌」
♪娘さん よく聞けよ

⑩「雪山讃歌」
♪雪よ岩よ 我らが宿り

(回答は次回)

« 【もやもやの蛇足】Rock on the Road! お祭りソングに注いだ情熱:作詞家と振付師と・・・ | トップページ | 似て非なるもの - ダークダックス vs デューク・エイセス vs ボニージャックス(後編) »

蘊蓄Field:似て非なるもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【もやもやの蛇足】Rock on the Road! お祭りソングに注いだ情熱:作詞家と振付師と・・・ | トップページ | 似て非なるもの - ダークダックス vs デューク・エイセス vs ボニージャックス(後編) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想