« 【もやもや編】祀り上げられた偶像 —— 伊那まつりと勘太郎のこと | トップページ | 【もやもやの蛇足】Rock on the Road! お祭りソングに注いだ情熱:作詞家と振付師と・・・ »

2019年6月 1日 (土)

【もやもやの蛇足】Rock on the Road! お祭りソングに注いだ情熱:作曲家と・・・

(承前)

伊那まつりの「Dancing on the Road」を1997年に作った宇崎竜童は、実は各地で『新しいお祭りソング』を提供している。

これは伊那より前から始まっており、ちょっと調べただけでも;

1987年
静岡県清水市(現 静岡市清水区)
清水みなと祭り(1947年~)
「港かっぽれ~KAPPORE FUNK」

1988年
愛媛県宇和島市
和霊大祭・うわじま牛鬼まつり(1950年~ 宇和島商工祭り:1996年~ うわじま牛鬼まつり) ガイヤカーニバル(1988年~)
「GAIYA ON THE ROAD」

1988年(?)
愛媛県八幡浜市
八幡浜みなと夏まつり てやてやウェーブ(1988年~)
「TEYA TEYA I WANT YOU」

あたりが見つかる。他にもあるかもしれません。
宇和島と八幡浜で祭りの名称が2段に分かれているのは、若年層向けにアップテンポの踊りの場を用意したということのようです(しかし同じ愛媛県内で同時期に同様の動きがあったというのはどういうわけだろう?)。伊那と宇和島に「on the Road」が共通してる理由となると・・・もう怖すぎて書けません表情ひえ~。どこもいろいろ苦労してんのね。

ここで滅法面白かったのが、皮切りとなった「清水みなと祭り」のサイトに載っている、2012年の宇崎竜童のスピーチ。実は四半世紀にわたる経緯がありまして・・・。

-----
5月10日(木曜日)完成したばかりの清水文化会館マリナートにおいて、第65回清水みなと祭りの記念事業の一つである、新曲『かっぽれ・フラメンコ』の制作発表会が開催されました。

〔中略〕

港かっぽれ誕生から25年。清水の街との縁

今から25年前、当時の実行委員長をはじめ、実行委員会の方々が、清水みなと祭りのために曲を書いて欲しいといらっしゃいましたが、2度お断りをしました。それはご当地ソングのようなものを依頼しに来られたと思ったからでしたが、3度目にいらしたときに、清水みなと祭りという伝統的なお祭りの中で、年齢を超えて、若い人も子供も、大人もお年寄りも、みんなが踊れる踊りの曲を書いてもらいたい。それが清水の街を活性化するために助けになるんだという話を聞き、三度目の正直で、是非という事でお引き受けしました。

この時書いた「港かっぽれ」がきっかけで、色々な土地のお祭りのためのダンスミュージックをあちらこちらで書きましたが、どの土地も1曲頼んだら、もう後は僕の所へ来ないんです。なのに清水はそれから5年経ったらもう1曲欲しいと言って来ました。で、さらに5年経ったらまた欲しい。その時には、これはもう腐れ縁になるんだなと思ったんですが、4曲目を書いた時には、これはもう腐れ縁ではなくて、深いご縁でこの街の人たちと僕が繋がっているんだなと嬉しく思いました。
そして10年経って、去年「もう1曲書いて欲しい」と言われた時には、感動的でもありました。
この10年間やりたいと思ってたんです。だけど色々事情があったようで、この10年は新曲の依頼がありませんでした。なぜ来ないのかとしびれを切らしていました。でも昨年願いが叶ってオファーを頂きました。

1曲目の「港かっぽれ KAPPORE FUNK」は大阪の住吉神社から船で清水へ来た人が、この地にかっぽれを残して行ったという事が発端だったので、かっぽれをR&Bのファンクとぶつけて、老若男女全ての人が踊れる楽曲にしようという事でスタートしました。2曲目の「活惚レゲエ」は南の国の音楽のサウンドを清水へ持ち込もうとレゲエを使いました。次は北で、国内のねぶたの囃子を取り入れて「かっぽれ侫武夛」ができました。そして5年後は南へ向かい、沖縄の華やかなお祭りであるエイサーの囃子とかけ声をぶつけてみました[引用註:「かっぽれエイサー」]。

それから10年の間、次に来たらどうしようとずっと考えていましたが、なかなか依頼が来ないものですから、頭の中は世界中駆け巡っていましたが、去年話が来た時に、これはフラメンコしかないという事で、今日初めて曲名を申し上げますが「かっぽれ・フラメンコ」という曲を書きました。
フラメンコにしようと思った瞬間に、フラメンコと文楽の曾根崎心中とのコラボレーションの仕事を通じて、もう12年程のお付き合いをさせていただいている、フラメンコ・アーティストであり、振り付け師でありダンサーである佐藤浩希さんに振り付けをお願いする事にしました。今、佐藤さんはどんな振り付けにしようかと考えられている最中だと思います。

清水から日本中に、世界中に発信を!

これまで何年も清水みなと祭りの「港かっぽれ・総おどり」に参加させて頂いておりますけれども、今までの曲の振り付けは、なかなか前に進む事が無かったので、僕からの佐藤さんへの注文の一つとして、前へ進む、前へ動いて行く振り付けを組み込んで欲しいという事をお願いしてあります。また、フラメンコは変拍子がベースになっておりますが、ダンスミュージックですから、新しい盆踊りという認識をして頂いて、フラメンコのベースになっている変拍子は一部分で取り入れる形になっております。
それと今までの曲の冒頭には「かっぽれ、かっぽれ、よーいとな、よいよい」というかけ声が入っておりましたが、今回はそれをスパニッシュなサウンドの中で歌に乗せました。その後に「オーレ」ということばを入れました。

デモテープは完成しましたが、まだここで皆さんにお聞かせする事は出来ません。現在アレンジャーが編曲をしている最中で、今月中には完成する予定です。まだ皆さんに聴いて頂けないんですけれども、発表をこの新しく完成した清水文化会館マリナートで行える事を感謝しております。
建築中のマリナートを無理を言って施設を全て拝見しました。この立派な会館でテストランとして「かっぽれ港響曲」というタイトルで、20年前に行った「一万人の港響曲」をタイトにした形を、この舞台で行える事をとても嬉しく思います。その時は、ぜひ皆さんに参加して戴いて、満員の会場の中で、20年前にやった事と、これからやろうとしている事両方を、皆さんに聴いて見て頂いて、清水には伝統になりうる楽曲がこんなに沢山あるんだという事を知って頂きたいと思います。

僕は日本の中心は清水にあると認識しております。ここ清水から、日本中に、世界中に、このかっぽれの音を発信出来たら、受け止めてもらえたらと思っております。壮大な計画で100年後の事まで考えて、100年後極楽か地獄か解りませんが、そこから見下ろすか見上げるかした時に、清水で壮大なお祭りが続けられている姿を拝見したいと思って、今回新しい曲を作らせて頂きました。
新しい曲を作った時に、同じ屋根の下に住んでおります作詞家の阿木燿子に最初の聴衆として聴いてもらいましたが、その時のことばが「あなた、25年清水みなと祭りに関わらせていただいて、楽曲を提供させて頂いて、この5曲目があなたが清水へ提供する遺作になるのかもしれないんですよ。遺作になるのかもしれないのに、これで良いんですか」という非常に厳しい批評がありまして、僕はそれを聞いて考え込んで、そうか、もしかしたら遺作になるのかと思い、それからもう一度イントロから考え直して作り直して聴いてもらったら、「これなら詩を乗せても良いかな」というお返事を妻から頂きまして、何とか楽曲が仕上がりました。
ですから、僕としては入魂の一作。そしてこれは何十年も皆さんが引き継いで踊って下さる楽曲。遺作にならないと良いんですけれども、遺作になってもこれでも良いだろうという気持ちで作りましたので、ぜひ7月15日にマリナートで行われる発表会の時には、皆さんお誘い合わせの上、いらして頂きたいと思います。
よろしくお願いいたします。
-----

聴衆の心に強く訴えかける言葉の花束。今や、清水みなとの名物は次郎長親分以外にもいろいろあるんですよ(笑)。でもご当地としてはさっすがに「かっぽれYOSAKOI」だけは頑として受け入れませんっ爆弾

「どの土地も1曲頼んだら、もう後は僕の所へ来ないんです」にはもう大笑いしましたが。

(続く)

« 【もやもや編】祀り上げられた偶像 —— 伊那まつりと勘太郎のこと | トップページ | 【もやもやの蛇足】Rock on the Road! お祭りソングに注いだ情熱:作詞家と振付師と・・・ »

文化Field:詩歌/音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【もやもや編】祀り上げられた偶像 —— 伊那まつりと勘太郎のこと | トップページ | 【もやもやの蛇足】Rock on the Road! お祭りソングに注いだ情熱:作詞家と振付師と・・・ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想