« 【加筆編】うかる!もうかる!公募の極意 - 前編(岬町キャラ・たらら・なかなか・虫プロ・ウンパくん) | トップページ | 【加筆編のおまけ】ゆるキャラ伝授手習鑑(つつじん・とんぴ〜) »

2019年7月21日 (日)

【加筆編】うかる!もうかる!公募の極意 - 後編(ほほみん・エミー・みさっきー&みさきーちょ)

(承前)

 

同じ手法、和久作品でもう一ついっとこう。

 

京都市
公益社団法人 京都市身体障害者団体連合会
イベントキャラクター
(優秀作品)ほほみん
工藤和久(青森県弘前市)
〔2012年10月頃発表〕
Kazuhisahohomyn

 

これまた異形の[USA系]である。目のハイライトの入り方は前回取り上げた「たらら」と同じ。もう一つ、このころまでは厚めの[前髪ちょろ]が多かったことがわかってくる。
まあ、こっちはフレーズが違っているからまだよしとしようか。作者の制作意図はいつもとまるで違わんが(苦)。

 

-----
体の上部に京都市の[京]の文字を模した,明るく,元気なキャラクターです。いろいろな色のたくさんの[ハート]は多様性のあふれる個性の輝くキャラです。シンプルで親しみやすく,多くの人に長く愛されるマスコットデザインです。また,縮小,単色,モノクロにも耐えられ,HP等多用途な使い方が出来ます。
-----

 

2年前のこれ↓がこういう風↑に展開したんですよ、ご参考まで。

 

【2019.03.11「永遠の京風テンプレ、其の弐」】
京都府
京都府地域の安心・安全サポート事業所 シンボルマーク
工藤和久
〔2010年11月頃発表〕
京都府安心・安全サポート事業所

 

-----
京都府の[京]の文字を基調に、安心・安全のまちの元気な笑顔でサポート事業所を表現しました。
[紫色]は雅で、伝統と文化と風土に恵まれた京都を明快にイメージしました。
親しみやすく、可愛らしく、多くの人に長く愛されるデザインです。
-----

 

ほうら、やっぱしコメントは変わらっとらんでしょうが。そういうものなんですわ😆。
福祉モノの鉄板アイテム[ハート]も、「ほほみん」では首狩り族の首飾り状態だし、元気感もなくなってるし、なんぼか劣化しとるんと違うかという気はしちゃうけど(苦)。

 

話戻って、本公募で採用されたのはこれ。

 

京都市
公益社団法人 京都市身体障害者団体連合会
イベントキャラクター
エミー
高柳順子(静岡県三島市)
Takayanagiemmy

 

-----
広場=元気に走る=[犬]をモチーフにしました。エミーはいつでもニコニコのわんこ。ほほえみ広場を元気いっぱい走り回り,全ての人に笑顔をふりまきます。大きい[ハート]の帽子はみんなの優しい気持ちを象徴。黄緑色の洋服は自然豊かな緑を表現。黄色い[スマイル]バッチがついている。
-----

 

京都モノで「歴史」や「文化」や「伝統」ではなく「自然」を謳ったものは案外少ないんじゃないかという気がしますが、ちょっとやっつけ気味です(笑)。
でも多分、一番重要なのは「ハートを一見それとはわからないように描き込んだ」ことではないかと思う(高柳には甘いツル)。

 

2012.10.20に、「ほほえみ広場2012」なる障害者健常者交流イベントで入賞者表彰式が行われている(どなたが出席なさったかはわかりまへん)。

 

その1年後、「ほほえみ広場2013」に登場したのは京都市営地下鉄キャラ「都くん」と京都市環境キャラ「エコちゃん」。「エミー」は缶バッジが先着100名に配られたのみだった様子。
その1年後の「ほほえみ広場2014」も同様(缶バッジプレゼントについては不明)で、さらに1年経ちますと。

 

-----
(同会サイト 抜粋)

 

ほほえみ広場2015

 

〔前略〕

 

平成27年10月17日(土)梅小路公園で開催しました。

 

〔中略〕

 

午後の式典では主催者の挨拶、「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」「みやこユニバーサルデザイン賞」入賞者の表彰式が行われ、啓発ブースのゆるキャラたち、京都市交通局のマスコットキャラクター「都(みやこ)くん」や「DO YOU KYOTO?」のキャラクター「エコちゃん」、人権キャラクターの「人KEN(じんけん)まもる君」と「人KEN(じんけん)あゆみちゃん」も応援にきてくれました。
-----

 

おわかり?地下鉄キャラも環境キャラも人権キャラもやってきたのに、どうやら「エミー」は参加しなかったらしいんですよ(苦笑)。そう、福祉の「イベントキャラクター」でありながら。
キャラクターのあり方として、着ぐるみが必須かというところについては、ツルは基本、否定的。しかしこういうのを見ると、ではどうやって活用していくつもりなわけ?と思ってしまう。

 

と、ここまで書いて締めようとしたところで、今年3月、大阪府岬町のみさき公園を運営していた南海電鉄が2020年3月末をもってこの事業から撤退する旨発表したことに気づいた。今後については町と協議するとしている。
イルカショーもなくなっちゃうんでしょうか。採用決定後にペア化されたこの↓キャラ(cf. 2015.10.11「無明の闇(その9)」)もどうなっちゃうんでしょうか、[イルカ]盛りなのに。

 

大阪府泉南郡岬町
マスコットキャラクター
みさっきー&みさきーちょ
(作者不明)
〔2013年6月誕生〕
Misackyandmisakycho

 

微妙に役割が違うらしく、Wikipediaには;

 

-----
ゆるキャラである「みさっきー」は主に岬町内において活動し、「みさきーちょ」は岬町観光大使として町外を中心に活動を行なう。
-----

 

と書かれている。

 

そしてこの小さな自治体(人口 約1.6万人)は、この非常事態にどう対処していくんでしょうか。

 

平成生まれのご当地キャラにとって、令和は厳しい時代になるのかも。
・・・いいや、もう既に活動停止しているとしたら??💦💦指南のしようもございません。

 

 

----------
【2020.02.13 追記】

 

結局、こういう結論になったようです。

 

-----
(2020.02.13 朝日新聞)

 

みさき公園、3月末で閉園 動物たちはお引っ越し
南海電気鉄道は13日、大阪府岬町のレジャー施設「みさき公園」を3月末で閉園すると発表した。昨春に撤退の方針を発表した後、複数の相手先と事業譲渡の交渉を進めてきたが、折り合えなかったという。
公園で飼育する約70種類の動物は、アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)などの動物園に引き取ってもらい、施設の撤去を進める。
みさき公園は1957年開園。動物園のほか、イルカショーを楽しめる遊園地として人気だったが、18年度の来場者は約33万人とピーク時の半分以下に減少。営業赤字が長年、続いていたという。
-----

 

遂に命運尽きましたか。
----------

« 【加筆編】うかる!もうかる!公募の極意 - 前編(岬町キャラ・たらら・なかなか・虫プロ・ウンパくん) | トップページ | 【加筆編のおまけ】ゆるキャラ伝授手習鑑(つつじん・とんぴ〜) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【加筆編】うかる!もうかる!公募の極意 - 前編(岬町キャラ・たらら・なかなか・虫プロ・ウンパくん) | トップページ | 【加筆編のおまけ】ゆるキャラ伝授手習鑑(つつじん・とんぴ〜) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想