« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その238:千代田区障害者サポーター)その1 | トップページ | 似て非なるもの - 芋 vs 薯 vs 藷 »

2019年9月 8日 (日)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その238:千代田区障害者サポーター)その2

(承前)

そもそも千代田区はどのような意識でこの制度を創設(2018年度中)したのか。

-----
障害者サポーターとは、障害への理解を深めながら、地域における声掛けなど具体的な配慮等の普及・啓発を行っていただく方です。
-----

ふうむ・・・。
同区は総人口(夜間人口)が2015年国勢調査で58,406人と23区内最少ながら、2010年国勢調査の47,115人と比べると+24.0%という驚異的な増加率を示しており、これは市区町村レベルで全国第1位。この傾向は今後もまだまだ続くんだそうです。別の視点から見ると、2010年時点では5万人に足りず地方自治法上の市制要件(東京都特別区は市と同格である)を充足していなかったところが、やっと名実ともにってことになるわけ。

千代田区に住むのって、どんなものなんだろう。同じ東京都とはいえ「南大田区」の場末に住むツルにはあまり想像がつかない。そりゃまあ、皇居だの国会議事堂だの国立劇場だのホテルニューオータニだのがあっても、だから暮らしやすくなるとはとても言えんよな(爆)。

地方の人口5万人レベルの小都市、例えば新しいところで2018年10月1日に福岡県筑紫郡那珂川町が単独市制施行して誕生した福岡県那珂川市(2019年4月末つまり平成最後の日に人口50,286人である)と、この東京都千代田区で、障害者共生のあり方が同様だとはとても思われない。
千代田区の昼間人口は2015年国勢調査時点で853,068人(=夜間人口の14.6倍)、つまり非居住者によって街が成り立っているからです。一方那珂川市は、北に接する政令指定都市福岡市のベッドタウンとして発展してきているから、むしろ夜間人口の方が多いだろう。その差異は大きいと思う。

ともあれ、シンボルマークと同時に愛称も公募された。

-----
募集内容
愛称もシンボルマークも共に、「障害などのあるなしに関わらず、その人らしさが尊重され、住み慣れた地域で安心して暮らし続けられる千代田区の実現」に寄与するものであること。
-----

冒頭に書いた千代田区の説明を読んでみても、区内居住者を対象として想定しているように思われるから、この政策の効果は限定的ではないのかと思えてしまうわけ。どうでしょう、千代田区保健福祉部障害者福祉課障害者福祉係さん(21字)。

どちらも対価は図書カード1万円分で、次点は設定されていない。(つまり対価トータル2万円也で「ガーデンシティみしま」と同様のお手軽感。)

(愛称)
ハートクルー
今田 豊

-----
心と心がふれあうまちのハートと、複数の作業員から成る一団であるクルーを合成した造語です。活動する個人の呼称として用いることを目的とし、誰でもハートクルーになれるという意図で、覚えやすく親しみやすい愛称としました。
-----

作業員なのかよ・・・。
シンボルマークに[ハート]が使われることはもう、必然だったわけだね。

本件シンボルマーク公募は1人1点のみという応募制限があったが、塩崎一族はそれを守ったと言い得るのか否か?
応募総数は53点。三島市障がい者週間のシンボルマークは18点、「魅力ある福祉・介護の職場宣言~ひろしま~」ロゴマークは20点だったからマイナー公募と言えたろうが、今までも繰り返し説いてきたとおり、それでも公募は公募であって、事後的使い回しは到底許されることではありません。それは採用対価がMinimumなものであっても同じこと。

障害者福祉を推進しましょう、その大目的のために新たな制度を設けましょう、VIも採り入れましょうとなったにもかかわらず、結果的にそのVIが逆にネガティブな効果を生んでしまうというのでは何にもなりませんよ、千代田区保健福祉部障害者福祉課障害者福祉係さん。

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その238:千代田区障害者サポーター)その1 | トップページ | 似て非なるもの - 芋 vs 薯 vs 藷 »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その238:千代田区障害者サポーター)その1 | トップページ | 似て非なるもの - 芋 vs 薯 vs 藷 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想