« 【加筆編】Liaisons Dangereuses entre Dessin et Politique: 第3(伊勢志摩サミット三重県民会議) | トップページ | 【加筆編】Liaisons Dangereuses entre Dessin et Politique: 第5(伊勢志摩サミット市民会議・大阪サミット(関西版)) »

2019年12月 8日 (日)

【加筆編】Liaisons Dangereuses entre Dessin et Politique: 第4(洞爺湖サミット)

(承前)

伊勢志摩サミットロゴの発表の際、首相スピーチではわざわざこんな言葉が述べられた。

-----
(2015.12.28 首相官邸サイト 総理の一日 抜粋)

平成27年12月28日、安倍総理は、総理大臣官邸で伊勢志摩サミット・ロゴマーク発表及び表彰式を行いました。
総理は、挨拶の中で次のように述べました。

「〔中略〕

審査委員の皆様には、貴重な時間を割いていただき、情熱を持って審査していただきました。北海道洞爺湖サミットの時にロゴマークの最優秀作品に選ばれたことをきっかけに、デザイナーの道に進まれた近藤敦也さんにも、委員に加わっていただきました。

〔後略〕」
-----

なんと、三重県民会議版の作者が政府版の審査委員も務めてたんですねえ!そっちの方に結構驚いた。

時系列で並べると;

2015.08.21 〔県民会議版〕会長の県知事鈴木英敬(えいけい)から近藤に制作依頼
~2015.09.25 〔政府版〕小中高生等を対象に募集
2015.09.25~10.01 〔県民会議版〕候補3点につき県民投票
2015.10.14 〔県民会議版〕発表
2015.11.25~12.04 〔政府版〕候補14点につき意見募集
2015.12.28 〔政府版〕発表&表彰式

となっており、県民会議版は辛うじて政府版の募集締切より前に制作されているので、子どもたちの作品を参考にして云々といった問題は生じなかったんでしょうが。

その8年前、十代の頃に近藤が関わった洞爺湖サミットロゴは次のもの。

G8北海道洞爺湖サミット(第34回主要国首脳会議)
ロゴマーク
近藤敦也(18歳:三重県立特別支援学校北勢きらら学園高等部3年)ら5名
2008kondotoyakosummit

こちらも小中高生限定公募で、その点は伊勢志摩サミットでも踏襲されたことになる。
この時は "Group of Eight" だったのは、ロシアが入っていたから(2014年から資格停止になっている)。

-----
(2008.01.04 朝日新聞)

政府は4日、今年7月に開催される北海道洞爺湖サミットのロゴマークを公表した。サミットの主要テーマの一つである環境・気候変動問題が題材。4198点の応募作品の中から、三重県立特別支援学校北勢きらら学園(同県四日市市)の近藤敦也さん(18)ら5人による共同作品が選ばれた。
近藤さんらは、発芽している緑の[種]を青い[地球]が取り囲んでいるデザインを通じて、地球上で自然と人間が共存する姿を表現したという。また、地球がいつまでも緑あふれる美しい星であってほしいという願いや、サミットから生まれた[芽]が成長して大きな実を結んでほしいというメッセージも込めた。
-----

この時の首相は福田赳夫、じゃなかった福田康夫だった(「アナタとは違うんです」)。

-----
(2008.01.24 福田内閣メールマガジン 抜粋)

〔前略〕

● 最優秀賞受賞の喜び(北海道洞爺湖サミットロゴマーク採用作品作成者代表、三重県立特別支援学校北勢きらら学園高等部3年 近藤敦也)
北海道洞爺湖サミットロゴマーク募集に応募したきっかけは、クラスみんなで環境について共に学び、みんなの思いを一つのかたちに表したかったからです。そしてなによりも、思い出に残る一つの作品をみんなで作り上げたいという思いがありました。
クラスで最初に「環境」・「地球」・「共生」・「平和」という四つのテーマを決めました。そして、話し合いと試行錯誤を積み重ね、今回のデザインができました。
ロゴマーク作成で一番苦労したところは、みんなの考えや思いをいかにかたちにしていくかということです。
今、振り返ってみると、このロゴマーク作成という活動で、クラスみんなが成長し、今まで遠い存在だったサミットのことを身近に感じられるようになりました。
この取組を通して再認識したことがあります。それは、色々な人の意見を聞き合うことの大切さです。北海道洞爺湖サミットでは、環境問題や人々が戦争・紛争などで苦しんでいる現実をしっかりと見据えて、世界中の人たちが平和で安心して暮らせる社会が実現するような議論がなされることを期待しています。
-----

「常に前向きで志を全うする」という、行政が、いや社会が好むような「健全な障害者」のDogmaにぴたりと当てはまっていたわけです。

(続く)

« 【加筆編】Liaisons Dangereuses entre Dessin et Politique: 第3(伊勢志摩サミット三重県民会議) | トップページ | 【加筆編】Liaisons Dangereuses entre Dessin et Politique: 第5(伊勢志摩サミット市民会議・大阪サミット(関西版)) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【加筆編】Liaisons Dangereuses entre Dessin et Politique: 第3(伊勢志摩サミット三重県民会議) | トップページ | 【加筆編】Liaisons Dangereuses entre Dessin et Politique: 第5(伊勢志摩サミット市民会議・大阪サミット(関西版)) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想