« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

【やや速報編】ババンバ バンバンバン!はぁビバノンノン(登別市ナンバープレート)

ちょいとInterceptして、Expertの新作、入りました!半年ぶりっす(cf. 2019.09.28「令和の夜明けぜよ」・2019.09.29「令和の日暮れじゃん」)。10日前に発表されたばかりでございます。年度末も近づいとるしのぉ。

 

北海道登別市
市制50周年記念ご当地ナンバープレート
垂水秀行(45歳:香川県丸亀市:グラフィックデザイナー)
Taruminoboribetsucitynumberplate

 

-----
地獄谷の[雪景色]と、[鬼花火]を組み合わせ、静と動の表情を一つのシーンに描きました。
雪を装った岩肌の中に、[Noboribetsu]の文字が隠れています。黄色や桃色の下地色でも、番号や図柄が鮮明に見えるように、そして、[手筒花火]の迫力が伝わるように、丁寧に表現しました。
-----

 

えー、垂水さん、一体どうしちゃったんです、秋田のなまはげ👹なんか描いて(爆)。

 

それに「雪を装った岩肌」って何なんだよ。「雪を粧った」か、せめて「雪をまとった」でしょうが。「雪のように見えながら実は塩だった」「福添と見せかけて実は塩崎だった」のような場合に使うんですよ、その字は💣💣💣。ああ、垂水センセが間違ったのではないと信じたい。

 

「黄色や桃色の下地色でも」ってのはこういうことです↓。

 

-----
原動機付自転車用のナンバープレート(50cc以下、90cc以下、125cc以下)のデザインを募集します。
※3種類全てに同一のデザインを使用します。
市制施行50周年以降も長期間にわたって使用されることを念頭にデザインしてください。
-----

 

-----
・下地の色(白、黄、桃の3種類)を考慮したデザインにしてください。
-----

 

つまり排気量ごとに地色が決められてるからですが、51~90ccの黄色地の場合、炎の中は何色で描かれるのだろう?(実際には、黄色ナンバーとなるバイクは現在ほとんど販売されていないらしいが。)
そして、率直に申しあげると、男性原理の象徴、みたいな(あるいは男子の通過儀礼には最適、みたいな)噴き上げる手筒花火の男衆の威勢よさ勇壮さカッコよさ、一言でいうなら陶酔感を表すことには成功していないと思う([鬼]になった瞬間にその感興は失われたのかもしれないが)。とにかく、へっぴり腰じゃん。

 

申しあげたいことはもう一つ。
あのね、「ご当地ナンバープレート」てのは今どき厳密には自動車用を指すんですよ、登別市の市民生活部税務グループさん and/or 総務部企画調整グループさん。国土交通省にお目玉食らっちゃいますよ。

 

手筒花火のことは前々から(昔ビールか何かのCMに登場してたよな)調べなきゃと思っていたのだけれど、どうやら発祥は三河の愛知県豊橋市あたりらしい。

 

-----
(Wikipedia)

 

伝統的に手筒花火が行われているのは、愛知県東三河地方とそれに接する静岡県遠州地方の浜名湖沿岸地域であり、同じ遠州地方でも、天竜川以東では伝統的なものは少なく、もし行われているとすれば、手筒花火が広く知られるようになった近年、伝統的に手筒花火を行っている団体を招くなどして新たにイベントとして打ち上げるようになったものがほとんどである。また同様のことが愛知県西三河地方にも言える。
-----

 

ふむふむ。登別のそれの由来も、どうもはっきりしない。単なる観光用の人寄せではないのかという臭いがしてきて。

 

-----
(同協会サイト 抜粋)

 

幸せを願い、人々の厄を持ち去りしために、打ち上げる―。鬼花火伝説の語り継がれる地獄谷に棲む「湯鬼神(ゆきじん)」たちが、噴火のごとく迫力たっぷりの鬼花火を夜空に放ちます。

 

日付 2019年6月1日~7月26日 期間中 木・金曜日
※2019年6月1日(土)はオープニング開催

 

時間 20:30~

 

会場 地獄谷展望台

 

観覧料金 無料
-----

 

わかったのは、日本語がかなり不自由ってことだけ・・・。
昨年は悪天候に祟られ、7月に入ると実施率が半分になっちゃったんですが・・・

 

-----
7月4日(木)
本日予定してりました「地獄の谷の鬼花火」/午後8時30分は、雨天のため 中 止 といたします。

 

7月12日(金)
本日予定してりました「地獄の谷の鬼花火」/午後8時30分は、雨天のため 中 止 といたします。

 

7月19日(金)
本日、予定をしておりました「地獄の谷の鬼花火」/午後8時30分は、雨天のため 中 止 といたします。

 

7月26日(金)
本日予定してりました「地獄の谷の鬼花火」/午後8時30分は、雨天のため 中 止 といたします。
-----

 

原文ママですよ(苦)、やっぱり不自由。
しかし、である。苦あれば楽あり。

 

-----
(2020.02.10 同協会サイト)

 

登別の「地獄の谷の鬼花火」が地域活性化センターによる「第24回ふるさとイベント大賞」(1996年創設)で応募総数120の中から、なんと、大賞(内閣総理大臣賞)に選ばれました!
-----

 

同協会サイトに載っている、一般財団法人 地域活性化センターの発表資料には次のように出ている(抜粋)。

 

-----
令和2年2月6日

 

※受賞イベントに関する公表(報道解禁)は、令和2年2月10日(月) 14:00以降として頂きますよう、お願い致します。

 

各賞
受賞イベント名
市町村
主催団体

 

大賞(内閣総理大臣賞)
地獄の谷の鬼花火
北海道登別市
一般社団法人 登別国際観光コンベンション協会
-----

 

うわっ、Embargoなんて、何十年ぶりに実例見たって感じ。今どき For Immediate Release でしょ。
しかも、センター側のサイトには「※」印以下の一文を外したメディア向け2月10日付バージョンがアップロードしてあるのに、協会サイトのものは関係者向け2月6日付バージョンをそのまんまスキャンして掲載してるんですよね。そりゃマズいでしょう。やっちゃいけんことですよ。情報管理がなってない。

 

さらには、同センターのサイトに、開催回数として「14回」と出ているのを遂に見つけた。つまり平成も後期になってから始まったイベントだったわけだ、やっぱり。
ともあれ、このナンバープレートが発表されたのはバズーカ花火がふるさとイベント大賞に選ばれたすぐ後の2020.02.19だから、その余勢を駆っての本件決定だったかと思われます。

 

因みに、ご当地を訪れるとたくさんの「鬼」が騒々しく、じゃなかった賑々しく出迎えてくれるらしい。PRキャラクターも鬼の「登夢(とむ)くん」である。地方の湯の里(しかも北国の)に都会人(や外国人)が求めているものとはいささかズレがあるように思えてしまうけど、そりゃま考え方はいろいろあるでしょう。でもツルはネットでいろいろ見てみて、正直、ご当地を旅したくなったりはしませんでした。

 

このこと、作者の目にはどう映ったろうか。例えば、鎌倉市ナンバープレート(cf. 2015.10.25「いはばしる バイクの臀の プレートの;C」で、 「小豆島 島T計画」の「審査員特別賞「小豆島をつくる人々」(cf. 2016.01.02「遠い祭りの音と 郷土の匂いと:中」)で、垂水が着目したのは観光やイベントごとではなく地元に暮らす人々の日常だった。花火を手にした人寄せ鬼の図は不本意なものではなかったかという思いが消えない。

当然、このイベントは夜間の開催なんですが、本作ではそこは表されなかったようです(cf. 2015.10.27「いはばしる バイクの臀の プレートの;D」)。

 

さらに言うと、この時は同時に;

 

-----
(2020.02.20 室蘭民報 抜粋)

 

この日は、50周年記念キャッチフレーズやオリジナルの婚姻届・出生届のデザインも発表。キャッチフレーズは札幌市在住の根本信男さん(67)の「湯のまち、youのまち、登別。」に決定。オリジナル婚姻届には、市内在住の後藤奨平さん(22)、出生届は日本工学院北海道専門学校CGデザイナー科の伊藤春那さん(18)の作品がそれぞれ選ばれた。婚姻届・出生届は4月から使用開始する。
市企画調整グループは「市制施行50周年をPRするアイテムが出そろったので、さまざまな場面で活用・周知をしていきたい」と話している。
-----

 

とあって、げんなりします。婚姻届も出生届も登夢くんイラストつき、しかもこの前月には50周年記念ロゴマーク決定(by 白石 長(しらいし たける):42歳:大阪府)、これも鬼モチーフで。

徹底的に鬼オシで周年アイテム一式取り揃えて、あとは岡山あたりのどこぞの自治体と友好関係結んで「どっちが勝つか!?鬼 vs 桃太郎 ご当地対決大綱引き」なんてイベントでもぶちかましゃあメディアも注目してくれるは観光客もドカドカ来てくれるはで、ご当地が抱える課題も雲散霧消することでしょうよ。

 

― Title Inspired by「いい湯だな」ザ・ドリフターズ(1967.06.10リリース:作詞 永 六輔:作曲 いずみ たく;cf. 2019.06.08~09「似て非なるもの - ダークダックス vs デューク・エイセス vs ボニージャックス」)―

2020年2月23日 (日)

【加筆編】むすんで、つないで:第十四結節([有田×野老]展ポスター・今年の一皿記念品)

(承前)

 

もうかれこれ2ヵ月ほども野老朝雄ネタで引っ張っとりますが、塩崎一族ネタだってまだ枯渇しちゃってはいないのですよ。でもあと少し、ローカリティ系TOKOLOデザインを見てみることとしよう。

 

-----
2016年の青森の他に、2007~2019年にかけての宮城での取り組み、2017~2019年における徳島での取り組みがあって、それから・・・
-----

 

・・・2019年秋、舞台は再び西に飛び、遂には佐賀に至った。全国北から南から状態。

 

2019.09.20~11.24
佐賀県立九州陶磁文化館(佐賀県西松浦郡有田町)
特別企画 [有田×野老]展 [ARITA × TOKOLO] EXHIBITION
Tokolo2019aritaxtokoloexhibition

 

1980年11月開館の同館にとり、この「ありたかけるところてん」は、作家(強いて言えば、「陶芸家」として、ではない)と共同企画する初めての展覧会だったらしい(@_@)。そういう性格のミュージアムなんですね。両者を初めに引き合わせたという東京大学総合研究博物館特任教授の(てか大手ディスプレイ業者株式会社丹青社の)洪 恒夫(こう つねお)が展示企画(の助言?)を行っている。

 

-----
野老氏が魅了される[青]の色彩を主題に、伝統と革新の融合により独自の切り口で新たな有田焼の可能性を模索します。未来につなぐ有田焼の「青」の世界をお楽しみください。
-----

 

藍染めの布製品(風呂敷・手ぬぐい・法被等)や紙製品(折り紙・扇子・団扇等)に次いで、陶磁器とのコラボに踏み切ったわけやね。いや、有田焼と言えば東京五輪の最初期の公式グッズに組市松紋あしらいの六寸皿があったから(cf. 2017.09.13「組市松紋、全容を顕す!!」)、回帰したとも言えるのだろうか?

 

野老と有田焼のつながりはまだ他にも見つかった。

 

Tokologourmetnaviplate2018pattern

 

株式会社ぐるなび総研(東京都千代田区)が年末に発表する「今年の一皿(R)」の2018年記念品として用いられたデザインで、銘「野老唐草紋様皿」。当然、非売品(でしょ?)。
しかし、実は同じピースで、翌年この商品が作られたんである!

 

【第二結節】
京都市中京区
山田繊維株式会社
ふろしきブランド むす美
野老むすび PPP唐草 白
野老朝雄
〔2019年10月発売〕
Tokolomusubiwhite

 

まっさかそう「つながる」とは😜思わんかった!そりゃ、ぐるなびと山田繊維はそれぞれ知ってるんだろうけど。

 

本展では、3年分の「今年の一皿」記念品が展示されたらしい。

 

Tokologourmetnaviplates

 

野老唐草紋様皿 有田焼 2018
Tokologourmetnaviplate2018indigo
Tokologourmetnaviplate2018white

 

野老組人紋様皿 有田焼 2017
Tokologourmetnaviplate2017indigo
Tokologourmetnaviplate2017white

 

野老組菱縞紋様皿 有田焼 2016
Tokologourmetnaviplate2016

 

デザイン:野老朝雄(アーティスト)
制作:寺内信二(李荘窯)
生地製造:古賀 隆(辻製陶所)
企画:ぐるなび総研
プロデュース:クレアーレ熱海湯河原工房
協力:佐賀県(有田焼創業400年事業実行委員会)

 

佐賀県は初年度のみクレジットされている(微伏線)。有田焼の窯元や生地師が関わった中、プロデュースは熱海だか湯河原だかってのが微妙に残念な感じ・・・。いわゆるパブリックアートを手がけるデザインハウスのようです。

 

互いに隣接する静岡県熱海市と神奈川県足柄下郡湯河原町は地理上、生活上、経済上の結びつきが強く、特に熱海市最北部にある泉地区は「伊豆湯河原温泉」として広義の「湯河原温泉」の一角を成し事実上湯河原町と一体化しており、合併話も何度となく持ち上がってはポシャってきたらしい。「クレアーレ熱海湯河原工房」も実際にはこの泉地区にある。

 

で、この↑デザインはこの↓遺伝子の一表現形、のはず。

 

【第五結節】
PAPER RHOMBUS PUZZLE
03. RED
野老朝雄
〔2017年1月発売〕
Tokolopaperrhombuspuzzle03red

 

有田焼との関わりについて、野老自身は「2016年に皿をデザインする仕事で有田に来た」と語っており、ということはおそらく洪がそこに関わっていたのだろう。それはぐるなび総研の組菱縞紋様皿というより、五輪公式グッズの組市松紋六寸皿のことだったのではないか(さしたる根拠とてないけれど)。折しも有田焼は「創業400年」を迎えていて、大変な力こぶだったようです。そんな絡みもあって、この年のうち、年の瀬に「今年の一皿」記念品シリーズが開始されたのではないか、とツルは考えた。

 

しかしどうやらそうではなかったようです。

 

[有田×野老]展開催に先立つ3ヵ月前に野老が有田を訪れた際、次のように報じられていた。

 

-----
(2019.06.28 西日本新聞 抜粋)

 

〔前略〕

 

秋の有田展のきっかけは同町の李荘窯業所との縁。2016年からインターネット上のレストラン人気投票の副賞として有田焼の皿を共同製作し、九陶での展示企画に発展した。

 

〔後略〕
-----

 

やれやれ、裏取りなしに書いちゃだめね、やっぱり。

 

そして本展終了後の2019年12月には、やや趣きを異にした次の品が「今年の一皿」としてアノ「タピオカ」ネタに贈られている。紋様ではなくフォルムによるデザインに変わったわけです。

 

野老盛麻紋様皿 有田焼 2019
Tokologourmetnaviplate2019indigo
Tokologourmetnaviplate2019white

 

ふぅっ。アレは「一皿」ぢゃなかったと思いますがね。「一カップ」でせう。

 

脱線になるけど、最近のタピオカ(特にコンビニ物のドリンク)って、トウダイグサ科のcassava(Manihot esculenta)ではなくサトイモ科のコンニャク(Amorphophallus konjac)が代用で使われているんです。これは、キャッサバ由来の澱粉だと「茹でた状態で水中に放置した場合、水分を吸収してぶよぶよに膨張し、もちもちとした食感は失われる」(by Wikipedia)ためであるらしい。案外、タピオカって調理に時間がかかる上に、その後の保存も難しいんですね。(昔懐かしいnata de cocoでは代用できないのだろうか?)

 

因みに “Amorphophallus” は「不整形の男根」というほどの意味。カラー(オランダカイウ)やミズバショウ、スパティフィラムなどにも見られる、苞/仏炎苞の中にある肉穂花序をペニスに見立てての命名です。アンスリウムなんて「おちんちんみたいなのがついてる赤い花」という捉え方をしてる人は多いと思う。
属名を分解すると “a-morpho-phallus” で、“a” (本来は “an”)は;

 

“amorphous”(非晶質)↔ “morphous/crystal”(結晶質)
“asymmetry”(非対称)↔ “symmetry”(対称)
“anonymous”(非顕名/匿名)

 

の例が、“morpho” は;

 

“morphing” (モーフィング)
“metamorphosis”(変形/変容/(生物学上の)変態)

 

の例があるし(南米の青く輝く蝶として知られるモルフォチョウ属も“Morpho” である)、“phallus” は;

 

“phallicism”(男根崇拝)

 

の例がある。

 

(続く)

2020年2月22日 (土)

Goin’ Back to China(何を求めて帰っていくの)

返す刀で、「フライディ・チャイナタウン」の前年のこの中(?)ヒットもいっとこう。(対偶意識が強いんです、愚blog💦)

 

-----
ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ
 作詞:岡田冨美子
 作曲:Pim Koopman
 編曲:井上 鑑(あきら)
 歌 :鹿取洋子
 (1980.03.01リリース)

 

港の灯りキラキラ 夢みたいにきれい
そっと私をつねって 好きになった人

 

ゆらり あなたのお船に
ゆらり 揺られて揺れて

 

今夜 連れて行かれたい CHINA
今夜 異国で抱きしめて
今夜 連れて行かれたい CHINA
今夜 異国で愛してね

 

外人墓地を歩けば 哀しいほど素敵
生きてることを忘れて 今口づけして

 

ゆらり あなたのお船に
ゆらり 揺られて揺れて

 

今夜 強く結ばれて CHINA
今夜 あなたと眠りたい
今夜 きっと必ずよ CHINA
今夜 すべてになりたいの

 

ゆらり あなたのお船に
ゆらり 揺られて揺れて

 

今夜 連れて行かれたい CHINA
今夜 異国で抱きしめて
今夜 連れて行かれたい CHINA
今夜 異国で愛してね

 

今夜 強く結ばれて CHINA
今夜 あなたと眠りたい
今夜 きっと必ずよ CHINA
今夜 すべてになりたいの
-----

 

これまた懐かしいなあ(若い子は知らんがな)。アレンジャーが「フライディ・チャイナタウン」と同じとは知らなかった!

 

ホント、どうでもいいような歌詞っすけどね~~、この頃の洋楽カバーってこんな内容のばっかだったんですよ↓。

 

〔1986.11.05リリース〕
椎名 恵「LOVE IS ALL ~愛を聴かせて~」(原曲 “I’ve Never Been to Me” by Charlene)とか

 

〔1984リリース〕
羽賀健二「ネバーエンディング・ストーリーのテーマ」(“Never Ending Story” by Limahl)とか

 

〔1984.07.05葛城盤リリース・1984.11.05麻倉盤リリース〕
葛城ユキ/麻倉未稀「ヒーロー」(“Holding out for a Hero” by Bonnie Tyler)とか

 

〔1984.04.21リリース〕
小林麻美「雨音はショパンの調べ」(“I Like Chopin” by Gazebo)とか

 

〔1983.07.21麻倉盤リリース・1983.08.05畑中盤リリース〕
麻倉未稀「What a feeling 〜フラッシュダンス」/畑中葉子「愛はMUSIC」(“Flashdance... What a Feeling” by Irene Cara)とか

 

〔1980.02.21リリース〕
葛城ユキ「哀しみのオーシャン」(“Sitting on the Edge of the Ocean” by Bonnie Tyler)とか

 

〔1979.05.01麻生盤リリース・1979.05.05布施盤リリース〕
麻生よう子/布施 明「恋のサバイバル」(“I Will Survive” by Gloria Gaynor)とか。

 

一番笑えるのは羽賀健二(現 羽賀研二)の曲(作詞:ちあき哲也)、ということになっているらしいけど、ツル的には松任谷由実が日本語詞をつけた小林麻美(あさみ)のですね。原曲の世界を離れて歌い手に寄り過ぎているというのなら、羽賀より小林の方がむしろ極大値です。因みに、ロック姐さん葛城ユキは現在御年70歳ということで、そこにもびっくりした。

 

話を戻して。
フライディ・チャイナタウンとゴーイン・バック・トゥ・チャイナ、他の共通項は「China」 ーーしかも神戸南京町や長崎新地などではなくここは横浜中華街のChinatownでなくてはーー ぐらいしかないが。「外人墓地を歩けば」は上海租界あたりの話と取れなくもないけど、やっぱ横浜山手のそれでしょう。「衣ずれの月あかり」はさしずめ山下公園界隈かね?(その頃はみなとみらい21地区もまだ存在してなかったわけだし。)

 

1979年リリースの元歌を歌ってたDIESELはオランダのロックバンドだそうな。歌詞の内容は相当違っている。

 

-----
Goin’ Back To China
 作詞・作曲:Pim Koopman

 

When I saw Annie she was head over heels
For a guy she had met in the streets
He told her she meant all the world to him
So there’s no need in goin’ back east

 

Annie, where in the world would your love be
Annie, where in the world has he gone

 

Hey Lee, what’s the deal, you’re goin’ back to China
Hey Lee, what’s the deal, what you’re running for
Hey Lee, what’s the deal, you’re goin’ back to China
Hey Lee, what’s the deal, what you’re runnig for

 

I knew she’d cling to anybody at all
Isolation was a part of her game
No French, no Dutch, had no connection at all
Til she found out, she was a part of the frame

 

Annie, where in the world would your love be
Annie, where in the world has he gone

 

Annie, where in the world would your love be
Annie, where in the world has he gone

 

Hey Lee, what’s the deal, you’re goin’ back to China
Hey Lee, what’s the deal, what you’re running for
Hey Lee, what’s the deal, you’re goin’ back to China
Hey Lee, what’s the deal, what you’re runnig for

 

Hey Lee, what’s the deal, you’re goin’ back to China
Hey Lee, what’s the deal, what you’re running for
Hey Lee, what’s the deal, you’re goin’ back to China
Hey Lee, what’s the deal, what you’re runnig for
-----

 

この歌も知ってたけど、こんな歌詞だったんだ。世界の違う男女の恋愛関係、中国男と欧州女の。これまた薄いけど。

 

以上、“China” が多分まだ一般用語としては中国大陸のみを指していた80年代あたりのお話です。

2020年2月16日 (日)

Fly-Day China Town(私も異国人ね)

この終末、じゃなかった週末、福岡から上京しています。

 

昨年11月のUターンでのGoin’ Back to Fukuoka以来、早いもので3ヵ月が過ぎ、遂に20年間に及ぶ「空中庭園@下丸子」の舞台となったルーフバルコニーつきマンションの処分に取り組むこととした次第。
三日三月三年、まあ、郷里に帰ってはみたものの新しい仕事や職場が(あるいは福岡という街が(≧∇≦)b)どうにも性に合わなくて逃げ帰る ――東京に!!―― なんて懸念も杞憂であったと言ってのけられそうな感じになってきたので、東京五輪前に売却しちゃおう、そうしないと値崩れしちゃうよね、でも管理組合の理事長もやってて民泊禁止にした行きがかり上、民泊に使われてしまうのはマズいなあ、といった現状です。

 

金曜夜に仕事を終えてから空路東京に入り、翌日土曜から複数の不動産屋と打ち合わせして、さらに友人達と呑んだくれて、池上梅園の梅を観て、今日日曜夜の便で福岡に戻る、いや帰る予定。金曜の晩も着くなり呑んでました・・・TGIF, It’s So Friday, Friday China Town, 横浜中華街あたりでと言いたいところだけど、実際には下丸子の隠れ家呑み屋で。

 

待ち時間の暇をつぶしていたら、YouTubeにちょっと面白懐かしいものを発見。

 

-----
フライディ・チャイナタウン
 作詞:荒木とよひさ
 作曲:海老名泰葉
 編曲:井上 鑑(あきら)
 歌 :泰葉
 (1981.09.21リリース)

 

It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
真夜中の人ごみに
It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
弾けるネオンサイン

 

肩にぶつかる外人(ジンガイ) ウインクを投げる
知らん顔のあなた とまどいのひとコマ
踊り疲れていても 朝まで遊ぶわ
港の見える場所で 何か飲みたいのよ

 

It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
ジャスミンに口づけを
It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
私も異国人ね

 

お店に並ぶ絹の ドレスを指さす
渋い顔のあなた わがままがいいたい
愛想笑いのおばさん きっと似合うわと
どこか静かな場所で着替えてみたいのよ

 

It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
衣ずれの月あかり
It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
私も異国人ね

 

It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
ジャスミンに口づけを
It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
私も異国人ね
-----

 

そう、あのお騒がせ娘、いやおばさんの泰葉のデビューシングル。ツルは京都の学生時代、結構ファンだったんだよねー。歌、すごくうまかった(もとはクラシックの声楽志望だったはず)。仏教大学の学園祭のステージも行ったし、三条河原町にできたライブハウス「H/アッシュ」のこけら落としも泰葉で、入れ替えがなかったから2度見たっけ。途中でPAの音が出なくなった時があって、その曲はアカペラというかマイクなしの肉声で歌い切った。結構凄かったです。
それととともに、トークを聞いてて才気煥発、すごく頭の回転の速い人だという印象を受けた、姉の海老名美どり以上に。それが故の空回りする危うさみたいなものも同時に感じたけど。

 

アレンジャーというものをリスペクトしていて、デビュー後に編曲も学び、自分の名前がやっと「編曲」にクレジットされるようになったのが嬉しい、というようなことを何かで言ってました。確か、「私は努力型の天才」とも公言していたと思う(お母さんのエッセイに出てたんだっけ)。

 

「泰葉」は本名で、父の林家三平(初代)こと海老名泰一郎(やすいちろう)と母の香葉子(かよこ;本名は嘉代子であるという)から一文字ずつ取られたものである。
テレビに進出することでスターダムにのし上がり没後「昭和の爆笑王」に祭り上げられた父親は、もともと音楽好きでその道に進みたかったところ、戦争で兵役(陸軍!)に取られたこともあってか果たせず、我が子にその夢を託し音楽家が出ることを望んでいたそうな。自身の落語ネタにも音楽を取り入れたものがあったっけ。その方面の才能を一番色濃く受け継いだのが二女二男のうち第二子の次女泰葉ということになる。(この話を何で見聞きしたのか、今となっては記憶がはっきりしないけれど、デビュー当時にエピソードとしてメディアに乗ったものだったか、あるいは彼女がライブで話すのを直接聞いたのだったかもしれない。)

 

その後、春風亭小朝と結婚したのには相当驚きました。到底、落語家の嫁として裏方に回ってるような玉じゃねえだろ、てな感じで。そして20年近い結婚生活の末に離婚、「金髪豚野郎」発言、一時的ながらプロレス界入り、イラン人実業家との婚約およびその解消、そして自己破産と、相次ぐお騒がせネタでだんだん、いやどんどん訳わかんなくなっていったのは周知のとおり。「イタい人」のレッテルが貼られるのも致し方のないところでしょう。ミュージシャン活動をしていた時代を知るおっさんおばさん世代からは「惜しい」「残念」の声が上がる(ツルも同感同感>_<)。才能豊かな人だと思うんだけどねえ。双極性障害に苦しんだことも公表している。

 

人となりはそのぐらいにしておいて、ここからが本論。
YouTubeに、デビュー前音源と称するものが上げられていることに気がついた。貴重です。

 

-----
〔デビュー前Version〕
It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
真夜中の人ごみに
It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
弾けるネオンサイン

 

肩にぶつかる外人(がいじん) ウインクを投げる
知らん顔のあなた とまどいのひとコマ
踊り疲れていても 朝まで遊ぶわ
港の見える場所で 何か飲みたいのよ

 

It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
ジャスミンに口づけを
It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
真夜中の昼下がり

 

お店に並ぶ絹の ドレスを指さす
渋い顔のあなた わがままが言いたい
愛想笑いのおばさん きっと似合うわと
どこか静かな場所で着替えてみたいのよ

 

It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
衣ずれの月あかり
It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
私は異国人ね

 

It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
ジャスミンに口づけを
It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
ジャスミンに口づけを
It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
私は異国人ね

 

It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
・・・の月あかり
It’s So Fly-Day Fly-Day CHINA TOWN
私は異国人ね
-----

 

少ぅし歌詞が違ってるんですよ。「真夜中の昼下がり」は力技っすねえ。「・・・」の部分は歌詞を度忘れしたみたい。アレンジはリリースされた最終版よりフュージョン寄り(つまりヒット性には乏しい感じ😅)。

 

ツルも博多に帰ってまだ三月、「私も異国人ね」なのかもしれないな。だからこの歌を思い出したのかも(汗)。

2020年2月15日 (土)

【加筆編】むすんで、つないで:第十三結節(東京2020オフィシャルグッズ・ザ・チョコレート)

(承前)

 

野老朝雄の地方での仕事、も少し続けてみよう。
2016年の青森の他に、2007~2019年にかけての宮城での取り組み、2017~2019年における徳島での取り組みがあって、それから・・・

 

しかしその話に行く前に。

 

前回引用した国際芸術センター青森の発表資料の中に出てくる、謎に満ちた一文↓の真相に辿り着いた人はあまりいなかったのではないかしらん。

 

-----
本展でも、資料をある法則にのっとって並べることで「群」となり、あるパターンを生み出すかもしれません。
-----

 

ヒントとなったのは、大阪市淀川区の印刷会社、株式会社遊文舎のニューズレターに載っていた短い文章。

 

-----
(2019.07 遊文通信 95 抜粋)

 

東京2020オリンピックエンブレム制作者である野老朝雄氏による講演会が去る6 月27日(木)に(株)モリサワ本社にて開催されました。

 

〔中略〕

 

セミナーのチラシをコピーすると折り紙になります。
折ってみると模様の重なるところがあり、折手の任意でまた違った組市松紋を構成することができます。
-----

 

えええ!!
コレのことです↓(cf. 2019.10.23「正十二角形、描けますか?」)。

 

モリサワ文字文化フォーラム

 

その図柄の大きな正方形も実は “TOKOLO Origami” になっていたとは(*_*)。となれば当然、青森のも同じだったろうと推測がつくわけです。

 

Tokolo2016aomoriindividualandgroup

 

Tokolo2016aomoriindividualandgrouppatter

 

切って折っても模様は「つながる」。この大正方形において相対する各二辺のところの半円水玉模様も、互いに「つながる」配置になってるでしょ。よくよく見れば、ひとかたまりの模様が縦にも横にも4回ずつ現れていて、そこはモリサワも同じ。

 

ああ、一見地味に思えて実は精緻限りなし。こういう幾何学的なネタ、大好物っす♥♥。こんなトリック、かの故 泡坂妻夫先生(cf. 2009.02.25「後後後後 家紋夜話」;本職は「紋章上絵師」!!)の文字どおり全頁からくり仕掛けのミステリー、「しあわせの書」以来の経験ですわ。まんまと作者の思う壷。

 

菱形パズルの無限連鎖パターンは、有限・単立の「組市松紋」と区別する(必要があった?)ためか^^;、「組市松紋様」と名づけられている。ほとんど注目してなかったけど、2017年辺りから折り紙等々の東京五輪オフィシャルグッズにもなってました。Stand-aloneからConnectedへ、さらに新しい展開を見せたってとこか。

 

東京2020オリンピック
組市松紋様 折り紙
Tokolotokyo2020olympicorigami

 

東京2020パラリンピック
組市松紋様 折り紙
Tokolotokyo2020paralympicorigami

 

W150×H150mm
12枚入り
720円(税別)

 

オリンピックバージョンは紺、パラリンピックバージョンは臙脂(赤?)ということらしい。

 

東京2020オリンピック
東京2020パラリンピック
東京染小紋(そめこもん) 風呂敷クロス
Tokolotokyo2020olympicfuroshiki Tokolotokyo2020paralympicfuroshiki

 

絹100%
11,000円(税別)

 

東京2020オリンピック
東京2020パラリンピック
横浜捺染(なっせん) トートバッグ
Tokolotokyo2020totebag

 

綿
5,300円(税別)

 

わざわざ「風呂敷クロス」と馬鹿っぽい名前になっているのは、別途「風呂敷バッグ」なる製品があったからだと思いまス。風呂敷は「東京染小紋 伝統工芸士」の富田 篤の手になるという逸品、ト-トバッグは表面と裏でデザインが異なるってのが御自慢らしいです😆。どっちも即日完売だった由。

 

東京2020オリンピック
組市松紋様 手ぬぐい 藍
Tokolotokyo2020olympictenuguiindigo

 

東京2020パラリンピック
組市松紋様 手ぬぐい えんじ
Tokolotokyo2020paralympictenuguiburgundy

 

W350×H900mm
綿100%
1,300円(税別)

 

東京2020オリンピック
組市松紋様 扇子
デザインコンセプト「花吹雪/Flower Storm」
Tokolotokyo2020olympicsensuflowerstorm

 

-----
東京2020大会エンブレムと同じ3種類の四角形により構成されており、敷き詰めた状態から徐々に飛石のようにピースを減らし、花びらが舞い上がるようすを描いています。
-----

 

東京2020パラリンピック
組市松紋様 扇子
デザインコンセプト「円陣/Harmonized Formation」
Tokolotokyo2020paralympicsensuharmonized

 

-----
このデザインは組市松紋と同じ3種類の四角形により構成され、円陣が連続して組み合わさることで紋様が広がっていきます。スポーツを通して一致団結するようすを描いています。
-----

 

奉書紙・竹
7寸 30間
(閉じた状態)
W210mm×H26mm×D9mm
(開いた状態)
W210mm×H370mm×D27mm
6,000円(税別)
6,600円(税込)

 

両面差込なのがウリみたい。「国産扇子らしく白檀の香り付きです」という紹介文には結構笑った。

 

東京2020オリンピック
組市松紋様 団扇
デザインコンセプト「舞風(まいかぜ)/Wind Dance」
Tokolotokyo2020olympicuchiwawinddance

 

-----
東京2020大会エンブレムと同じ3種類の四角形により構成されており、敷き詰めた状態から徐々に飛石のようにピースを減らし、人々が勝利に歓喜し舞い上がるようすを描いています。
-----

 

東京2020パラリンピック
組市松紋様 団扇
デザインコンセプト「八重波/Multiwave」
Tokolotokyo2020paralympicuchiwamultiwave

 

-----
このデザインは組市松紋と同じ3種類の四角形により構成され、小さな波が幾重にも組み合わさり広がっていくようすを描いています。
-----

 

奉書紙・竹
W230mm×H360mm
3,800円(税別)

 

銀箔使いがオサレよね。持ち手はレーザー加工という実はハイテク製品。扇子にせよ団扇にせよ季節性の消耗品じゃねーかよ、というツッコミはおいといて。

 

見方を変えると次のようなことも言える。

 

以上の組市松紋様は、パラリンピックの扇子と団扇を除き、ピースの配列はいずれも同じものをベースとしている。つまり例えば「花吹雪/Flower Storm」と「舞風/Wind Dance」は基本同一なわけです。(ただし、モリサワと後出の明治ザ・チョコレートでは長方形/正方形の部分が藍色、残りの部分が白色でオリンピック/パラリンピックエンブレムと同じカラーパターン、その他の作品はその逆の配色だという点が異なるが。)一方、パラリンピックの扇子「円陣/Harmonized Formation」と団扇「八重波/Multiwave」ではピース配列自体がそれぞれ異なっているんですねえ。

野老はオリパラエンブレムにつき「パラリンピックは正解、五輪は正解を模索している図」と語っていた(cf. 2018.02.12「オリンピック/パラリンピックエンブレムの組市松紋のパズルを作ってみた(下段)」)。そのことからも、実はオリンピックよりパラリンピックの方を上位に置いているのではないかという気がするんですが、さて如何。

 

おまけ。
この1月に発売されたばかりのこんなもの。おまけつきなわけよ。

 

Tokolomeijichocolatebox

 

(続く)

2020年2月 9日 (日)

【加筆編】むすんで、つないで:第十二結節(国際芸術センター青森展ポスター・#1000 LIGHTs)

(承前)

 

Locality関連でいうと、2016年GW前の五輪エンブレム決定直前には次の作品展が開かれていた。

 

2016.02.06~03.13
青森公立大学 国際芸術センター青森(青森市)
野老朝雄 × 青森市所蔵作品展「個と群」
Tokolo2016aomoriindividualandgroup

 

ざっくり言えば、青森県の西の方、津軽地方の「こぎん刺し」(註:東の南部地方にも「菱刺し」がある)などとのコラボレーション。

 

-----
(2016.01 同センター発表資料 抜粋)

 

〔前略〕

 

【概要】
本展は、アーティストをゲストディレクターに招いて毎年冬季に開催している「青森市所蔵作品展」シリーズ第4弾です。今年度は紋や紋様を制作するアーティストの野老朝雄さんをお招きし、「パターン(柄、模様、紋、紋様)」に着目し、民具を中心とした青森市が所蔵する資料と、野老さん制作の作品を併せて展示します。

 

【見どころ】
1、青森の風土が生んだパターン

 

〔中略〕

 

2、青森の街で見つけたパターン

 

〔中略〕

 

3、群
展覧会タイトルにある「群」とはある定義と法則に基づいた集合を表す数学用語でもあります。野老さんは、自分でパターンを制作する際は定規とコンパスで再現できるようなシンプルな法則を使います。例えば、2015年9月11, 12日に本展関連イベントとして開催したキャンドルナイト「#1000 LIGHTs」では、[正三角形]と[正方形]をつなげるようにキャンドルを並べて美しい形を作り上げました。また、本展のチラシとポスターに描かれている[水玉模様]は野老さんによるデザインですが、この水玉もランダムに並んでいるのではなく、実は水玉の中心を結ぶと[正三角形]と[正方形]が現れ、規則的に並べられたデザインであることがわかります。本展でも、資料をある法則にのっとって並べることで「群」となり、あるパターンを生み出すかもしれません。

 

〔中略〕

 

Tokoro1000lightspattern
キャンドルを並べるために制作された図形。円の中心を結ぶと正三角形と正方形が現れる。

 

Tokolo2016aomoriindividualandgrouppatter
本展チラシの一部。
これも左の図と同様正三角形と正方形によって構成されている。

 

4、野老さんの作品の展示
野老さんは千葉 学氏や阿部仁史氏など建築家やファッションブランドのイッセイミヤケなどとコラボレーションし、建築、洋服、バッグなど様々な媒体にパターンの作品を提供してきました。本展では、野老さんが過去に制作した作品やコラボレーションで生まれた作品も展示します。野老さんのパターンと、青森で生まれたパターンの対比や共通点にご注目ください。
-----

 

驚くことに、フリーハンドで配置されたとばかり見えていた水玉という「個」の「群」にまで、そんな「律」が隠されていたとは。日テレのフラワーメーカーなんかとも同じ構造性があったわけです(cf.【第四結節】)。
あるいは、青森各地の刺し子にInspireされたというよりむしろ、江戸小紋の伝統を汲んだデザイン、と言えるのかもしれない。

 

鮫小紋
Samekomon

 

ほら、目が慣れてくれば、青海波の鱗形も現れてくるし、冒頭の水玉模様にもだんだん「律」が見えてきたでしょ。

 

キャンドル設計図の実物はこんな感じだった。まるで電気じかけのスタジアムのカクテルライトのよう(あるいは手術台の照明、それとも見たこともない深海の巨大発光ヒトデ)。

 

Tokoro1000lights

 

キャンドルナイトのチラシはこちら。これが野老デザインかどうかは不明だけれども。

 

2015.09.11~12
青森公立大学 国際芸術センター青森
青森市所蔵作品 × 野老朝雄 展覧会2016 関連イベント
#1000 LIGHTs ── キャンドルで描く光の模様
Tokoro1000lightsflyer

 

2001年のSeptember 11 Attacksをきっかけに野老は紋様の世界に没入していったということだから、それから14年目の当日に開かれたことにはその意味での重みもあるのだろう。

 

しかしなー。センター関係者達は、あと3ヵ月会期が遅かったら入場者数が10倍ぐらいに増えてたのにと口惜しがったろうなあ^^;。

 

(続く)

2020年2月 8日 (土)

【加筆編】むすんで、つないで:第十一結節(すくもロゴマーク・娯茶平連法被・轟神社紋様)

cf.
2017.09.11「阿波より藍をこめて・野老より永遠に;拡散」

 

(承前)

 

今回のsubseriesで見てきた野老作品は基本的に中央発信のもの、ないしは企業ものであって、ご当地ネタ的な要素はほとんど持っていない。東京都文京区だって、いくら地方自治体とは言え、文化的に歴史的に見て、今さら独自のLocalityは見出しにくい。ぶっちゃけ、東大があるから文京の名前もあるわけでしょ。その時点で既に「地方」たり得んのじゃないかね^^;。日本一の(世界一のとは言わない(^_-))俊秀が集まる学府は、『「東京」は「地方」からやって来る』の一典型でもあろう。
とまあ軽くぶちかましておいて、今回はLocalityやCommunityを前面に据えたものを挙げていこう。

 

2017年7月、舞台は再び徳島。

 

徳島県板野郡上板町(かみいたちょう)
すくもロゴマーク
野老朝雄(48歳:アーティスト)
Tokorokamiitatownlogomark

 

こちらは17×17マスの方眼紙。

 

-----
(2017.07.26 徳島新聞)

 

藍染の染料・すくもの生産量が全国一の上板町は、町内外への情報発信に活用するロゴマークを作った。2020年の東京五輪・パラリンピックの大会公式エンブレムをデザインしたアーティスト野老(ところ)朝雄さん(48)が手掛けた。
ロゴは、ジャパンブルーとも呼ばれる[藍色]を下地に、[八角形]で囲った漢字の[すくも]を[白]で表現した。県が今年制作し、野老さんがデザインした「藍」のロゴと共通の書体を採用している。
25日、町役場で発表会があり、七条 明町長や野老さんらが出席。七条町長は「産地である上板のPRにつなげたい」と意気込み、野老さんは「藍師が丹精込めたすくもを、たくさんの人に知ってもらうきっかけになれば」と話した。
役場正面玄関に、藍染愛好家らでつくる町藍染研究会が作製した「藍」と「すくも」のロゴが入ったタペストリー(縦190センチ、横90センチ)が左右に掲げられ、完成を祝った。
制作には国の地方創生交付金(総額2540万円)の一部を充てた。具体的な制作費は非公表。町は近く県や県藍染研究会、阿波藍製造保存会などと利用方法を協議する。
-----

 

[藍]のロゴとは、もちろんこれのことだろう。

 

徳島県
藍とくしま ロゴマーク
野老朝雄
〔2017年1月発表〕
藍とくしま

 

実はこれも17×17マスだった・・・。
ふと、「泥棒捕らえて繩を綯う」という古い言葉を思い出したりする。

 

♪有難の、有難の、藍染の御衣や。

 

今作りました。

 

「すくも」と読む漢字は、「蒅」「糘」「粭」「粠」「𥹖」「𥻂」など何種類もあるそうな(お使いの環境で出てこなかったらごめんなさいまし)。中国地方などで地名に用いられる、いわゆるローカル漢字が多いらしい。このデザインの場合は[蒅]でしょう。「草冠」に「染」とは、草木染全般に使えそうな字だ。まあ、読めはせんわな、普通。

 

因みに、ご当地にはすくも作りを担う藍師が2名いる、いや2名しかいない由。県内で他には2~3名らしい。それが厳しい現実です。「藍とくしま」の理念を徹底するなら、このロゴマークもご当地上板町以外の阿波藍の産地に使わせてやってもよさそうなものだが。

その翌月にはさらに・・・

 

徳島市
阿波おどり 娯茶平連
法被
野老朝雄(48歳:アーティスト)
Tokorogojaheirenhappycoat

 

「ごぢゃへい」という有力連の揃いの衣装が披露された。13×13マス、裾はきっちり市松模様(微笑)。[娯]の字はなにがしか、踊り手の姿を模してある感じです。単純な[平]の字ではマス数を満たすためにちょっと苦労したようですな。

 

-----
(2017.08.08 徳島新聞 抜粋)

 

徳島市の阿波踊り初日の12日、娯茶平の岡 秀昭連長(76)が、2020年の東京五輪・パラリンピックの大会公式エンブレムをデザインしたアーティスト野老(ところ)朝雄さん(48)が手掛けた藍染の法被を着て演舞場に踊り込む。7日、法被が出来上がり、同市の徳島新聞社で岡連長が披露した。

 

法被は、背中や両袖の表側に娯茶平の[娯]、襟や両袖の裏側などに[娯茶平]の文字をあしらった。県が今年制作し、野老さんがデザインした「藍」のロゴマークと同じ書体を採用している。
東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムに藍色が採用されたのを機に、藍染の法被で阿波踊りを盛り上げようと、岡連長が6月にプロダクトデザイナーの永原レキさん(35)=海陽町宍喰浦=らを通じて野老さんに相談。野老さんがデザイン制作を快諾し、藍染作家の阿部正臣さん(42)=上勝町旭=が染め上げた。

 

〔後略〕
-----

 

連長の突飛なファッションの方がまず目に飛び込んできてかなわぬが。

 

夕霧は捲毛のやうにほぐれ来てえにしだの薮も馬もかなはぬ
   齋藤 史

 

ご当地ではさらに、2019年になってこんなものも作られた。

 

徳島県海部郡海陽町(かいふぐん かいようちょう)
轟神社
紋様
野老朝雄(50歳:美術家)

Tokorotodorokishrinecrest

 

その名が示すとおり、この神社の御神体は名瀑の誉れ高い「轟の滝」(本滝・王餘魚滝/かれいだき)。酷道の悪名高い国道193号線を通らないと辿り着けません、悪しからず。
これには遂に最多、35×35マスが使われている。なんだかこれ↓に雰囲気が似てますねえ、特に(笑)。

 

【2020.01.25「むすんで、つないで:第七結節」】
宮城県塩竈市
菅野美術館
野老朝雄展 -Solo Exhibition of Asao TOKOLO-
ポスター
〔2007年7~9月開催〕
Tokolokannomuseum2007poster

 

こちらは23×23マス(実質的には21×21マス)。
[轟]と[竈]、普通のフォントでもちょっと似てるからね😌。

 

どうでもいいけど、塩竈市(正式表記は塩釜市ではなく塩竃市でもなく塩竈市である)の「塩」はもとは「鹽」と書いた。この字は前述の「藍」と共通点があるし一層複雑な字面だから、こちらもさぞや野老の九畳篆ゴコロの琴線を掻き鳴らしたに違いないと推測します。

 

-----
(2019.11.16 徳島新聞)

 

2020年東京五輪・パラリンピックの大会エンブレムを手掛けた美術家野老朝雄さん(50)=東京都=が海陽町平井の轟神社の文様を制作したことを記念した石碑が神社境内に建立され、10日に行われた秋祭りで見物客らに披露された。
石碑は県産の青石製で、高さ120センチ、幅30センチ、奥行き11センチ。野老さんがデザインした神社の文様が下部に配され、梅枝紘一宮司(79)の書による神社名が刻まれている。

 

神社総代を務める永原レキさん(37)=同町宍喰浦、藍染スタジオ経営=が野老さんと親交があったことから、文様の制作につながった。石碑のほかに文様入りのTシャツやお守りも製作。今年の秋祭りでは、みこしの担ぎ手たちが身に着ける白装束も背中や襟元に文様を入れて新調した。
石碑の建立や白装束の新調にはクラウドファンディング(CF)で集まった約120万円の一部を活用した。同じく総代を務める岩本健輔さん(36)=同町大里、会社員=が神社運営の厳しさを知り、野老さんデザインの文様入りの返礼品を贈るCFを提案した。
岩本さんは「個人が資材を投じなくても祭りを継続していける仕組みが必要。目標額を達成できてほっとした」と話した。

 

今後も祭りの時期などにCFを行うほか、文様入りの新製品の製作も予定している。
-----

 

レキさん、大活躍の大貢献です(サーフィンの世界でも有名なおヒトらしい)。

 

-----
(2019.11.03 クラウドファンディングサイト READYFOR)

 

クラウドファンディングを始めてからあっという間に3週間が経とうとしています。
本当にたくさんの方々からのご支援をいただいており、大変感謝しております!今回はこのプロジェクトを立ち上げる一つのきっかけにもなった<轟神社新紋様>についてご紹介させていただきます。

 

プロジェクトページ本文中にもありますが、こちらの紋様は著名な美術家である野老朝雄氏より轟神社へ奉納して頂きました。[轟]の文字がモチーフになっています。
野老氏が大切にしている色の一つである“藍/Japan Blue”…これをきっかけに天然藍染料蒅(すくも)の日本一の生産地として日本の藍染文化を支えてきた徳島県と野老氏の繋がりが生まれました。そして、同じく藍色がコンセプトカラーとなった東京2020大会にサーフィンが史上初めて正式種目に決定したことからサーフィンのメッカでもある海陽町にも訪問して下さり、その際に参拝された轟神社で轟本滝の壮大さや祭りの由縁・歴史に感銘を受け、この轟紋様を制作・奉納してくださいました。

 

時間がない中で大慌てで作った今回のプロジェクト。東京オリンピックパラリンピックを来夏に控えた令和元年轟神社秋季例大祭、エンブレムデザイナー野老さんが奉納してくださった“阿波海部轟神社オリジナル紋様”のパワーを最大限に活かすには今年の例大祭までにどうにかこのプロジェクトを立ち上げる必要がありました。そして必ず成功させる必要があります。
納期が短い中ご無理を承知で多くの方々に依頼しご協力をいただき、この新紋様を施した手ぬぐいやTシャツ、バスタオル、御守りなどをご支援の御礼の品としてご用意させていただきました。加えて、海部川の恵みや徳島が誇る藍染製品など、阿波海部の特産品もご用意しておりますので、 これらご当地の産品からもぜひ皆様に海部川流域の自然や歴史文化の魅力を感じて頂けましたら幸いです。
-----

 

しかし、う~~ん。不思議な話ではあるなあ。「奉納」とあるからには野老は無報酬だったんですよねえ??もしそうだとしたら、ちょっとおかしくない?クラウドファンディングまでやってるのに。「個人が資材を投じなくても祭りを継続していける仕組み」(「資材」は徳島新聞の馬鹿記者が「私財」を書き間違えたのだと思う)と言いながら、その「一つのきっかけにもなった」デザイナーは割を食うというわけ??それってSpec Work以下の話じゃん(cf. 2016.08.04~06「恐怖の "Spec Work"」)。そんな説得力のないことじゃ120万円が底をついた先はどうやっていくんだろう。そしてその先の阿波藍はどうなっていくんだろう。

 

そもそも御神紋(でしょ?)を、なぜ今作ったんだろう。これまで持たなかったというのかしらん?しかも有難いシンボルマークを、言っちゃ悪いがこんな簡単に、ですよ。「機は遂に熟した」という状況ではなかったことは上述の「時間がない中で大慌てで作った」という言葉からして明らかである。
シビアに見れば、だんだん、祭りの費用を賄うためのクラウドファンディングにキャッチーなネタが欲しかっただけじゃないのかと思えてくる。

 

さらに気になるのは、地方の自治体/団体における野老作品が、九畳篆タイプに偏ってしまっている(ように思える)こと。前にも書いたけど、野老にとって、そのパターンは昔日の「千本ノック時代」の修業の産物に過ぎず、新しく生み出された「何か」ではないのではないか。

 

ともあれ、「墓石に掘れるか」「身体に刻めるか」(cf.【第七結節】)と述べていた野老にとり、その墓碑銘とTattooがまた一つ出来上がってしまったわけやね。

 

20191110todorokishrine

 

(続く)

2020年2月 2日 (日)

【加筆編】むすんで、つないで:第十結節(みかんぐみ・愛知万博トヨタグループサイト)

(承前)

 

つながる紋章だと、こういうものも作られていた。

 

神奈川県横浜市中区
株式会社みかんぐみ
手ぬぐい/LUV
野老朝雄
Tokolomikangumitoweldaidai2

 


Tokolomikangumitoweldaidai

 

常盤緑
Tokolomikangumitoweltokiwamidori

 

檜皮
Tokolomikangumitowelhiwada

 

350 × 850mm
1,550円(税込)

 

「みかんぐみ」は、加茂紀和子、曽我部昌史、竹内昌義、マニュエル・タルディッツの4人による建築設計事務所。野老とのコラボにより手ぬぐいが作られたというわけ。通販ショップ “MOS” だけの限定発売っす!!(な、何故手ぬぐいを!?)
両者の関わりは古く、みかんぐみのCIも野老の2006年の作。そもそもは、みかんぐみが2005年開催の愛知万博でトヨタグループパビリオンの設計を手がけた際、同パビリオンの映像を野老と共同制作したのが始まりらしい。

 

株式会社みかんぐみ
CI・ロゴデザイン
Tokolomikangumilogo

 

超簡単な九畳篆、て感じぃ😅。5×5マス。

 

愛知万博(愛・地球博)
トヨタグループサイト
キービジュアル
2005aichiexpotoyotapavillion

 

[蝶]がモチーフになってるんだそうです。

 

話を手ぬぐいに戻すと、デザインのピースは、家紋にある「洲浜」のトコロ柄的展開、てなことなんでしょう。

 

Suhama

 

でもあることが再度気になって調べたら、ネット上にやっぱり転がっていた↓。

 

Suhamaandmaihama

 

洲浜紋の向うを張って舞浜紋とはねえ(笑)。合体すると「違い洲浜」になるわけよ(爆)(cf. 2009.03.29「嗣嗣嗣嗣嗣 家紋夜話」)。

 

Chigaisuhama

 

こういうものもあった。【第九結節】で取り上げた「組六紋」by 野老の展開例。

 

長野県上田市
上田商工会議所
ueda↑up(上田アッププロジェクト)
 &
東京都渋谷区
株式会社かまわぬ
まめぐい
Tokorokumirokumonmameguitowel

 

地元商工会と今様手ぬぐい専門店のコラボで、「まめぐい」は「豆 + 手ぬぐい」の意味。洲浜・結び雁金は六連銭とともに真田家の紋所です(cf. 2009.04.07「団 家紋夜話」)2009.03.25「延々々々々 家紋夜話」)。

 

Musubikarigane

 

Rokurensen

 

//

 

結局のところ野老デザインとは、展開力が強いというよりむしろ、元から連続性・反復性をその基礎に置いていて、その一部分を取り出して独立させるところに特徴があると言えそうだ。そこは「群」たる「文様」→「個」たる「マ-ク」という逆成的プロセスになるわけね。オリパラエンブレムも、まず初めに組市松紋を見せられて、その後で菱形による平面充填という姿が浮かび上がってきたわけだけれど、実はベクトルは逆向きなのではないかと。

 

(まだ続く)

2020年2月 1日 (土)

【加筆編】むすんで、つないで:第九結節(文京区シンボルマーク・文京区紋章・組六紋)

(承前)

 

これまで見てきた文字系TOKOLO紋は、基本的に、比較的複雑な字形の漢字を九畳篆よろしく縦と横の太線だけで構成したものだったけれど、曲線をベースにしたものも作られている。

 

東京都文京区
シンボルマーク
野老朝雄(ところ あさお)(文京区:東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会エンブレムデザインアーティスト)
Tokorobunkyowardsymblemark

 

野老がご当地在住とは存じませなんだ。区制70周年記念で、2017年1月18日の庁議で決定されている。ただし、その後2月27日の区長記者会見で発表・3月15日の区制70周年記念式典で正式制定と、随分勿体をつけたみたい。What an Untimely Disclosure!!

「5」を基本数にした野老デザインも今まで見たことがなかった感じです。そしてああ、これもきっとさ定規とコンパスだけで作れるんだろうな(五角形だから分度器も要るかな)。

これがまたすごいのは、stand-aloneだけじゃなく連続文様としての利用も想定してあったこと。

 

-----
平成29年1月18日庁議資料
総務部

 

文京区シンボルマークの決定について

 

以下を文京区のシンボルマークとする。

 

Tokorobunkyowardsymblemark

 

1 デザインの意図
・「文」は文教の府である区の性格が出る文字なので、大きさの異なる[円]を組み合わせることにより[文]と読める形を制作した。
・紋章と同様に中心に二つの[同心円]を配置することで、紋章とのつながりを示した。
・シンボルマークはつながることを前提とした個であり、マークをつなげることで、様々な姿に発展させていくことが可能とした。

 

2 「つなげる」の発展例
Tokorobunkyowardsymbolmarkvariation1 Tokorobunkyowardsymbolmarkvariation2
-----

 

「個」の文字も見えるから、コンセプトの文章は野老サイドで作ったんでしょう。
利用のための規定類を整備した際の発表資料では、次の一文が追加されている。

 

-----
(2017.07.25 同区発表資料 抜粋)

 

また、基本の色は、区の花であるつつじの色をイメージした[マゼンタ100%]とし、利用の場面により他の色を利用することも可能とした。
-----

 

庁議資料には出てこないということは、こちらは後付けの理屈だろう。「区の花であるつつじの色をイメージ」というのは、いかにも地方の小役人様の、いやお役人様の考えそうな発想で、およそ野老らしからぬ思考回路だと思うけど。「緑と赤の補色で目立たせたかった」じゃダメなの?

 

そもそもこれ、M100ですか?ほんとに?

 

M100

 

ああ、合ってるのか、大体。

 

同区サイトにはこのようにも出ている。

 

-----
シンボルマークのコンセプト
文京区基本構想では、将来都市像として、「歴史と文化と緑に育まれた、みんなが主役のまち『文の京』」を掲げ、その中では、「多様な主体が対等なパートナーとして、ふれ合い、支え合い、助け合える、みんなが主役のまちづくりを浸透させていきます。」としています。この将来都市像を実現するうえで、重要な要素が、「人々のつながり」であると考え、「つなげる」をコンセプトにしたシンボルマークとしました。

 

シンボルマークのデザイン
シンボルマークのデザインは、大きさの異なる[円]を組み合わせることにより、[文]の形を表現しています。また、昭和26年に決定した文京区紋章とデザイン上のつながりも意図して制作されています。
-----

 

シンボルマークにつながっているとされた古い紋章はこのデザイン。

 

東京都文京区
文京区紋章
千葉喬弘(たかみつ)(本名 一彦:19歳:東京藝術大学美術学部学生)
Chibabunkyowardcrest

 

-----
区の紋章は、昭和26年3月1日に制定されました。昭和25年10月、区民の愛区精神を育て、文化芸術活動を活発にするため、一般から広く募集しました。中から、文京区の姿を象徴する[文]の字を図案化したものが選ばれ、これを正式に区の紋章としました。
-----

 

終戦後まだ5年という時代に1,080点を集めたそうで、それって実にすげえと思う(今、その当時の父親の日記を読んだりしているので特にそう思うのかもな)。

 

実はこの千葉こそ、前回書いた千葉 学の父君(@_@) (@_@)。藝大卒業後、東映や日活に美術監督として勤めたほか、1970年大阪万博の日本館のサブプロデューサー等も務めた。
文京区が千葉親子にインタビューした動画も公開されており、地味目だけど大変興味深い。シンボルマーク記者会見には野老だけではなく千葉(父)も登場していて、父子二代、野老とは因縁浅からぬ間柄のようです。(願わくば、このシンボルマークの仕事がご当地にある東京大学の副学長たる千葉(子)の口利きなんかであったりせぬことを。)

 

文字ではないけれど、これも同類項。

 

長野県上田市
上田商工会議所
上田プロジェクト
組六紋
野老朝雄(デザイナー)
Tokorokumirokumon

 

かの有名な「六連銭/ろくれんせん/むつれんせん」の紋所(cf. 2009.03.25「延々々々々 家紋夜話」;「六文銭」は俗称である)をアレンジしたデザインで、やはり「個」を「つなげる」思想に立っている。

 

Rokurensen

 

よく見ると、連続バージョンのパターン配列の最小単位はこれも正方形と正三角形であることに気づきます。
こちらは五輪エンブレムの組市松紋に先立って作られたものだった(ただし、「組六紋」の名称は2016年7月に発表されたらしい)。

 

-----
(2016.08.20 NIKKEI STYLE 抜粋)

 

上田プロジェクトはリーダーである藤本つむぎ工房(上田市)の佐藤元政営業部長、事務局長の協和食品(同)の宮下 修社長ら5人を中心に、3年前から新商品開発や販路開拓の勉強会を開催。ブランド統一の重要性に行き着き、昨夏に野老氏にデザイン制作を依頼した。野老氏が10月に上田を訪問してメンバーと話し合い、11月に4種類の基本形を完成させた。
組六紋は上田ゆかりの真田氏の家紋[六文銭]を基に、一文銭に[筋]を入れてデザインしたもの。組み合わせで富の象徴である米俵やぶどうの房に見える。基本形は単色だが、カラー化など自由な展開が可能。野老氏が五輪向けにデザインした「組市松紋」とは制作時期も近く姉妹のような存在だ。プロジェクトの略称や上田市の読み(上だ)をもじった[UP↑]を組六紋と合わせて使う。
幸運が訪れたのは4月25日。野老氏のデザインが五輪公式エンブレムに選ばれ、組六紋への関心も急上昇した。想定外の追い風を受けてデザインは様々な商品に活用されている。
メンバー内では藤本が上田産繭を使った化粧用商品「玉繭コスメ」、箱山食糧販売店(上田市)が「りんご米」などブランド米の包装に使用。飯島商店(同)のみすゞ飴(あめ)、八幡屋礒五郎(長野市)の上田限定のスパイスなど地元の著名商品にも使われ始めた。
-----

 

ほんとの姉妹は文京区にいると思うぞ。

 

-----
(同上)

 

上田市で7月1日に開かれた日本デザイン学会の研究発表大会で基調講演した野老朝雄氏は、上田プロジェクトについて熱意を込めて語った。
「真田氏の六文銭は子どもの脳裏にも焼き付く形の持つ強さがある」という野老氏。「六文銭を今の時代の紋にできないか考えた。組六紋は筋を入れることで輝きとつながりを表現。六文銭と同じように100年、200年もつものができるといい」と期待を込めた。
組六紋をベースにしたカラー化などのアレンジは他のデザイナーができるようにし、使用する際には野老氏に1件ずつ確認を取る。「さらに普及させるには権利関係を明確にした利用のガイドラインを作り、審査機関も必要になる」と宮下氏はみる。
野老氏は自らの制作に携わる姿勢を「いかに事象を他人事でなく自分事にできるか」と語る。
組六紋の成長も、まさに地元がいかに積極的に関わっていくかにかかっている。
------

 

単色版をベーシックとして、他の色にも展開可能としたところも同じ。うーむ。手法的にもう固まっちゃってるんだなあ。ひょっとしたら、文京区でもバリエーション展開には野老の確認を要することになっていたのかもしれない。

 

ん?おろ?ここでも講演か。

 

2016.07.01
日本デザイン学会 第63回春季研究発表大会
特別講演「つながる/つなげる」
野老朝雄(アーティスト)
@サントミューゼ(上田市)

 

因みに野老の直前に講演したのは往年のコメディアン、小松政夫(福岡県出身)だったとか。

 

つまりは、上田市には僥倖が向こうから転がり込んできたわけですね。僥倖と言えば、2016年はNHK大河ドラマで真田幸村の生涯が取り上げられてもいた。嵩に懸かって攻め立てれ状態だったんやな。

 

でもなあ。その後どのぐらい世の中に浸透したんでしょう。大河ドラマの題名だって、もはや「真田丸」だったか「黒田丸」(cf.【その8】)だったかすらあやふやだし。

 

(続く)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想