« 【加筆編】むすんで、つないで:第十六結節:前節(PPP PATTERN DISH・study for hydrangea・FRAMEFLAME・ICCカード) | トップページ | 【加筆編】むすんで、つないで:第十七結節(五千五十水玉紋様皿・LEAF TILE・PPP TOKOLO PATTERN TILE・野老紋様暖簾) »

2020年3月22日 (日)

【加筆編】むすんで、つないで:第十六結節:後節(ベビーハイドランジア)

(承前)

 

FRAMEFLAME
TOKOLO patterns
study for hydrangea
Tokoloframeflamehydrangeastudy

 

実は、FRAMEFLAMEは既に活動を事実上停止している様子。
しかし一方、2020年3月、つまり今月、組十文字紋様のデザインは遂に商品化された、「ベビーハイドランジア」と名づけられて。

 

神奈川県横浜市港北区
株式会社ダッドウェイ
Belt Cover/6重ガーゼベルトカバー
Tokolodadwayhydrangeabeltcover

 

W 23cm × H 16cm
1,800円(税抜)

 

ベビーカーやベビーキャリアにおしゃれに取り付けて使う「育児用品」です、多分イクメンなDad用。他に、W 118cm × H 118cmで3,500円(税抜)する「Swaddle/おくるみガーゼストール」なんてものも出ている(そんなもの、大きめのバスタオルで必要十分)。

 

しかし、ああ、やっぱり。習作にあった「点」は削られている。

 

Tokolodadwayhydrangea

 

まあ、ツルの想像はぼちぼち当たっていたようです。

 

-----
(同社サイト 抜粋)

 

今回、ダッドウェイとのコラボレーションとなった「ベビーハイドランジア」は、優しい紫陽花のモチーフがとても印象的です。
このモチーフは、野老さんのデザインされた既存パターンの仕様変更からできた柄なのだそうですが、実はこの紫陽花モチーフには特別な思い出があると言います。

 

「幼い頃の記憶をたどると、生まれた家の玄関脇に植わっていた見事な紫陽花を思い出します。
年に一度、紫がかったピンクやブルーの美しい花が咲き、その様はある種のアナウンスのようでした。

 

当時の私は、紫陽花の中心部分のプツプツしている感じや、車の中から窓にぶつかる雨粒を見るのが好きで、よく眺めていました。
それが今、自分のデザインにおいての個・群・律へとつながるのかもしれません。
私にとっては個が群になる時に、ある種の意味を為すのです」

 

〔後略〕
-----

 

そんな情緒的な話はこの際どうでもいい。ツルが知りたいのは、この↓十字形の六角組みの微妙な角度がどのようにして割り出されているのか、どんな「律」があるのかってこと。

 

Tokoloframeflameflat4pod3

 

TOKOLOデザインにここまでハマってみていつも思うのは、新しい何かを一つ見つけると、そこからまた新しい何かがいくつか立ち現れてくるということ。毎回もうこれで終わろう終わろうと思っているのに、ずるずるとここまで来ちゃったのもそのせいです。その度に自分のリテラシーの低さも痛感します、追いかけるのだけでもう必死💦💦。

そしてそこが、何を見ても同じな塩キャラ塩ロゴや彦根 正あたりの「丸にブーメラン」自治体章なんかの公募デザインとは決定的に異なる点だと思うわけです。

 

(続く)

« 【加筆編】むすんで、つないで:第十六結節:前節(PPP PATTERN DISH・study for hydrangea・FRAMEFLAME・ICCカード) | トップページ | 【加筆編】むすんで、つないで:第十七結節(五千五十水玉紋様皿・LEAF TILE・PPP TOKOLO PATTERN TILE・野老紋様暖簾) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【加筆編】むすんで、つないで:第十六結節:前節(PPP PATTERN DISH・study for hydrangea・FRAMEFLAME・ICCカード) | トップページ | 【加筆編】むすんで、つないで:第十七結節(五千五十水玉紋様皿・LEAF TILE・PPP TOKOLO PATTERN TILE・野老紋様暖簾) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想